スタッフ プロフィール

氏名本庄 三恵
氏名(かな)ほんじょう みえ
所属総合地球環境学研究所
職名プロジェクト研究員
学歴滋賀県立大学環境科学部卒業(1999)
京都大学大学院理学研究科生物科学専攻修士課程修了(2001)
京都大学大学院理学研究科生物科学専攻博士課程修了(2006)
職歴総合地球環境学研究所(2006)
学位博士(理学)(京都大 2006)
修士(理学)(京都大 2001)
専攻・バックグラウンド微生物生態学
陸水学
所属学会日本陸水学会
日本生態学会
ホームページhttp://www.chikyu.ac.jp/mhonjo/index.html

 

論文

【原著】

Xie J., Wu D., Chen X., Kong H., Pu X., Yang X., Minamoto T., Yamanaka H., Honjo M. N., Kawabata Z. Relationship between aquatic vegetation and water quality in the littoral zones of Lake Dian-chi and Lake Er-hai. Environmental Science & Technology [Wuhan] in press. (中国語) (査読付).  

Minamoto T., Honjo M. N., Yamanaka H., Uchii K., Kawabata Z. 2012,08 Nationwide Cyprinid herpesvirus 3 contamination in natural rivers of Japan. Research in Veterinary Science 93 :508-514. DOI:10.1016/j.rvsc.2011.06.004.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.rvsc.2011.06.004

*Minamoto T., *Yamanaka H., Takahara T., Honjo M. N., Kawabata Z. (*equal contribution) 2012,08 Surveillance of fish species composition using environmental DNA. Limnology 13 :193-197. DOI:10.1007/s10201-011-0362-4.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10201-011-0362-4

Honjo M. N., Minamoto T., Kawabata Z. 2012,03 Reservoirs of Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3) DNA in sediments of natural lakes and ponds. Veterinary Microbiology 155 :183-190. DOI:10.1016/j.vetmic.2011.09.005.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.vetmic.2011.09.005

Kawabata, Z., Minamoto, T., Honjo, M. N., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Asano, K., Itayama, T., Ichijo, T., Omori, K., Okuda, N., Kakehashi, M., Nasu, M., Matsui, K., Matsuoka, M., Kong, H., Takahara, T., Wu, D., Yonekura, R. 2011,11 Environment-KHV-carp-human linkage as a model for environmental diseases. Ecological Research 26(6) :1011-1016. DOI:10.1007/s11284-011-0881-9.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s11284-011-0881-9

Takahara, T., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Honjo, M. N., Minamoto, T., Yonekura, R., Itayama, T., Kohmatsu, Y., Ito, T., Kawabata, Z. 2011,10 Stress response to daily temperature fluctuation in common carp Cyprinus carpio L.. Hydrobiologia 675 :65-73. DOI:10.1007/s10750-011-0796-z.(査読付).  

Minamoto, T., Honjo, M. N., Yamanaka, H., Tanaka, N., Itayama, T., Kawabata, Z. 2011,06 Detection of cyprinid herpesvirus-3 DNA in lake plankton.. Research in Veterinary Science 90 :530-532 . DOI:doi:10.1016/j.rvsc.2010.07.006.(査読付).  http://dx.doi.org/doi:10.1016/j.rvsc.2010.07.006

Uchii, K., Telschow, A., Minamoto, T., Yamanaka, H., Honjo, M. N., Matsui, K., Kawabata, Z. 2011,02 Transmission dynamics of an emerging infectious disease in wildlife through host reproductive cycles.. The ISME Journal 5 :244-251. DOI:doi:10.1038/ismej.2010.123.(査読付).  http://dx.doi.org/doi:10.1038/ismej.2010.123

Honjo, M. N., Minamoto, T., Matsui, K., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Iida, T., & Kawabata, Z. 2010,01 Quantification of cyprinid herpesvirus 3 in environmental water using an external standard virus.. Applied and Environmental Microbiology 76 :161-168. DOI:10.1128/AEM.02011-09.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1128/AEM.02011-09

Minamoto, T., Honjo, M. N., Kawabata, Z. 2009,11 Seasonal Distribution of Cyprinid Herpesvirus 3 in Lake Biwa, Japan.. Applied and Environmental Microbiology 75 :6900-6904. DOI:10.1128/AEM.01411-09.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1128/AEM.01411-09

Minamoto, T., Honjo, M. N., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Iida, T., Kawabata, Z. 2009,03 Detection of cyprinid herpesvirus 3 DNA in river water during and after an outbreak. Veterinary Microbiology 135 :261-266. DOI:10.1016/j.vetmic.2008.09.081.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.vetmic.2008.09.081

Matsui, K., Honjo, M., Kohmatsu, Y., Uchii, K., Yonekura, R., Kawabata, Z. 2008,06 Detection and significance of koi herpesvirus (KHV) in freshwater environments.. Freshwater Biology 53 :1262-1272. DOI:10.1111/j.1365-2427.2007.01874.x .(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/j.1365-2427.2007.01874.x

Honjo, M., Matsui, K., Ishii, N., Nakanishi, M. & Kawabata, Z. 2007,01 Viral abundance and its related factors in a stratified lake. Fundamental and Applied Limnology/Archiv für Hydrobiologie 168(1) :105-112. DOI:10.1127/1863-9135/2007/0168-0105.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1127/1863-9135/2007/0168-0105

Honjo, M., Matsui, K., Ueki, M., Nakamura, R., Fuhrman, J. A. & Kawabata, Z. 2006 Diversity of virus-like agents killing Microcystis aeruginosa in a hyper-eutrophic pond.. Journal of Plankton Research 28 :407-412. DOI:10.1093/plankt/fbi128.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1093/plankt/fbi128

Matsui, K., Ishii, N., Honjo, M. & Kawabata, Z. 2004 Use of the SYBR Green I fluorescent dye and a centrifugal filter device for rapid determination of dissolved DNA concentration in fresh water.. Aquatic Microbial Ecology 36 :99-105. DOI:10.3354/ame036099 .  http://dx.doi.org/10.3354/ame036099

Matsui, K., Honjo, M. & Kawabata,Z. 2001 Estimation of the fate of dissolved DNA in thermally stratified lake water from the stability of exogenous plasmid DNA.. Aquatic Microbial Ecology 26(1) :95-102. DOI:10.3354/ame026095 .(査読付).  http://dx.doi.org/10.3354/ame026095

その他の出版物

【報告書】

本庄三恵, 松井一彰, 川端善一郎 2007年03月 アオコが発生するアクアトロンの水質が遺伝子伝播頻度に与える影響. 川端善一郎編 成果報告書. アクアトロンを用いた水域生態系における異なる遺伝子伝播経路の解析, 科学研究費補助金(基礎研究(A)) (16207001), pp.39-41.  

M. Honjo, K. Matsui, N. Ishii, M. Nakanishi and Z. Kawabata 2001年 Vertical distribution of viruses and related factors in a stratified lake.. . 21世紀の環境構造変化に対応できる「琵琶湖標準モデル」の開発-物理・化学・生物の普遍則に立脚した一般性のある予測モデルの新構築, 平成10-12年度科学研究費補助金 (基盤A1) (10308025), pp.86-90.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

Honjo, M. N., Minamoto, T, Kawabata, Z. Seasonal and spatial distribution of Cyprinid herpesvirus 1 and Cyprinid herpesvirus 2 in Lake Biwa, Japan. 日本生態学会第59回全国大会, 2012,03,17-2012,03,21, 大津市.(本人発表).  

源利文・本庄三恵・山中裕樹・川端善一郎 環境DNAを用いた魚類相把握法の開発. 日本生態学会第58回全国大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.  

源利文・本庄三恵・山中裕樹・内井喜美子・川端善一郎 全国の自然河川におけるコイヘルペスウイルスの分布. 日本陸水学会第75回大会, 2010年09月17日-2010年09月20日, 青森県弘前市.  

Honjo, M. N., Minamoto, T., Kawabata, Z. Detection of cyprinid herpesvirus-3 (CyHV-3) in environmental water and sediments. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010,05,13-2010,05,18, Jerusalem, Israel .(本人発表).  

Minamoto, T., Honjo, M. N., Kawabata, Z. Seasonal dynamics of CyHV-3 in natural freshwater environments. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010,05,13-2010,05,18, Jerusalem, Israel.  

本庄三恵, 源利文, 川端善一郎 堆積物におけるコイヘルペスウイルスの検出・定量. 第57回日本生態学会, 2010年03月15日-2010年03月20日, 東京都目黒区.(本人発表).  

山中裕樹・曽我部篤・大森浩二・源利文・三木健・齋藤保久・内井喜美子・本庄三恵・鈴木新・神松幸弘・川端善一郎 コイの行動性体温調節と環境水温の時空間的不均一性がコイヘルペスウイルス症の蔓延に与える影響について. 日本生態学会第57回全国大会, 2010年03月15日-2010年03月20日, 東京都目黒区.  

田中 伸幸、板山 朋聡、源 利文、本庄 三恵、川端 善一郎 環境水中の低密度ウイルスに対する濃縮システムの開発. 第44回日本水環境学会年会, 2010年03月15日-2010年03月17日, 福岡市.  

山中裕樹・曽我部篤・大森浩二・源利文・内井喜美子・本庄三恵・鈴木新・神松幸弘・川端善一郎 野外におけるコイの行動性体温調節とその季節変化:コイヘルペスウイルス病蔓延時期との対応について. 日本陸水学会第74回大会, 2009年09月15日-2009年09月17日, 大分県大分市.  

Honjo, M. N., Minamoto, T., Kawabata, Z. Detection of cyprinid herpesvirus 3 DNA in lake sediments. Workshop on CyHV-3 disease in an environment-human linkage, 2009,04,08, Kyoto、Japan.(本人発表).  

Minamoto, T., Honjo, M. N., Kawabata, Z. Seasonal distribution of cyprinid herpesvirus 3 in Lake Biwa. Workshop on CyHV-3 disease in an environment-human linkage, 2009,04,08, Kyoto, Japan.  

源利文、本庄三恵、川端善一郎 琵琶湖におけるコイヘルペスウイルスの分布と季節変化. 第56回日本生態学会, 2009年03月17日-2009年03月21日, 盛岡.  

本庄三恵、源利文、松井一彰、内井喜美子、山中裕樹、鈴木新、神松幸弘、飯田貴次、川端善一郎 環境水中に存在するコイヘルペスウイルスの定量. 第73回日本陸水学会, 2008年10月11日-2008年10月13日, 札幌.(本人発表).  

Tanaka, N., Itayama, T., Honjo, M., Minamoto, T., Kawabata, Z. Development of a Rapid Concentration System for Virus in Environmental water. 12th International Conference on Integrated Diffuse Pollution Management (IWA DIPCON 2008), 2008,08,27, in Khon Kaen, Thailand.  

Kawabata, Z., Minamoto, T., Honjo, M. N., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y. KHV-Carp-Human linkages: Case study in Lake Biwa, Japan. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008,06,11, in Kyoto, Japan.  

田中伸幸、板山朋聡、源利文 、本庄三恵 、川端善一郎 ウイルス状粒子の迅速濃縮法とKHVの検出. 第42回日本水環境学会, 2008年03月19日-2008年03月21日, 名古屋.  

本庄三恵、垣原登志子、藤原正幸、Choi Kwangsoon、植木昌也、川端善一郎 Microcystis aeruginosaを死滅させるウイルス様因子の組成と殺藻能力に与える水温の影響. 第71回日本陸水学会, 2006年09月15日-2006年09月18日, 愛媛県松山市.(本人発表).  

中村亮太、植木昌也、本庄三恵、川端善一郎 Microcystis溶解細菌の溶解作用に対する付着細菌群集の影響. 第69回日本陸水学会, 2004年09月17日-2004年09月20日, 新潟県新潟市.  

本庄三恵、垣原登志子、福島忠雄、藤原正幸、Choi Kwangsoon、植木昌也、川端善一郎 Microcystis aeruginosaを死滅させるウイルスの多様性とその潜在的殺藻能力. 第69回日本陸水学会, 2004年09月17日-2004年09月20日, 新潟県新潟市.(本人発表).  

松井一彰, 本庄三恵, 川端善一郎 プラスミドDNAを用いた湖における細胞外DNAの消長解析. 日本微生物生態学会第17回大会, 2001年11月09日-2001年11月11日, 静岡県静岡市.  

本庄三恵, 松井一彰, 中西正己, 川端善一郎 琵琶湖北湖におけるリンの存在形態とその量の鉛直分布. 第65回日本陸水学会, 2000年09月15日-2000年09月17日, 福岡.(本人発表).  

本庄三恵, 松井一彰, 石井信昌, 中西正己, 川端善一郎 琵琶湖北湖におけるウィルスの鉛直分布とその要因. 第65回日本陸水学会, 2000年09月15日-2000年09月17日, 福岡.(本人発表).  

【ポスター発表】

Honjo, M. N., Minamoto, T, Yamanaka, H., Takahara, T., Kawabata, Z. Seasonal and spatial distribution of Cyprinid herpesvirus 3 in water and sediment of a lagoon of lake Biwa, Japan.. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012,07,08-2012,07,13, 大津市.(本人発表).  

高原輝彦・山中裕樹・鈴木新・本庄三恵・源利文・米倉竜次・板山朋聡・神松幸弘・伊東尚史・川端善一郎 コイにとっての岸辺環境の有用性とストレス回避のトレードオフ. 日本生態学会第58回全国大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.  

山中裕樹、神松幸弘、源利文、本庄三恵、内井喜美子、鈴木新、川端善一郎 湖岸形態と水温分布:魚類への影響の考察. 第56回日本生態学会, 2009年03月17日-2009年03月21日, 盛岡.  

松井一彰、本庄三恵、川端善一郎、内井喜美子 大腸菌における遺伝子水平伝播経路を指標にした淡水環境特性の評価. 第24回微生物生態学会, 2008年11月25日-2008年11月28日, 札幌.  

Honjo, M. N., Minamoto, T., Matsui, K., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Iida, T., Kawabata, Z. Quantification method of Koi herpesvirus (KHV) in environmental water using cation-coated filter method and external standard virus. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008,06,11-2008,06,12, in Kyoto, Japan.(本人発表).  

Minamoto, T., Honjo, M. N., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Kawabata, Z. Detection of koi herpesvirus DNA from natural river water. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008,06,11-2008,06,12, in Kyoto, Japan.  

Itayama, T., Tanaka, N., Honjo, M. N., Minamoto, T., Kawabata, Z. Development of an on site rapid concentration system for virus in environmental water. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008,06,11-2008,06,12, in Kyoto, Japan.  

Yamanaka, H., Sogabe, A., Kohmatsu, Y., Minamoto, T., Honjo, M. N., Uchii, K., Suzuki, A. A., Omori, K., Kawabata, Z. Relationship of lake morphometry and shore configuration to the temperature distribution in lagoons, and implications for its effect on fish health. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008,06,11-2008,06,12, in Kyoto, Japan.  

Honjo, M., Matsui, K., Ueki, M., Nakamura, R., Fuhrman, J. A. and Kawabata, Z. Diversity of viruses infectious to bloom-forming cyanobacteria, Microcystis aeruginosa in a hyper-eutrophic pond. Symposium “Perspectives of the Biodiversity Research in the Western Pacific and Asiain the 21st Century”, December 2003, Kyoto.(本人発表).  

Honjo, M., Matsui, K., Ueki, M., Nakamura, R. and Kawabata, Z. Diversity of cyanophages infectious to Microcystis aeruginosa in a hyper-eutrophic pond. THE 3rd ALGAL VIRUS WORKSHOP, May 2002, Hiroshima.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

源 利文、本庄 三恵、内井 喜美子、山中 裕樹、鈴木 新、神松 幸弘、米倉 竜次、大森 浩二、板山 朋聡、田中 伸幸、浅野 耕太、白江 祐介、奥田 昇、川端 善一郎 コイヘルペスウイルス感染症と人間の相互作用環(シンポジウムS12: 環境改変-感染症-人間のつながり). . 日本生態学会第57回全国大会, 2010年03月15日-2010年03月20日, 東京都目黒区.  

調査研究活動

【国内調査】

琵琶湖内湖および周辺河川における病原微生物の生態調査. 滋賀県近江八幡市、守山市、草津市,, 2010年04月-2010年07月.  

琵琶湖における病原微生物の生態調査. 滋賀県・琵琶湖一帯, 2010年04月-2010年07月.  

コイの実験池における微生物群集と水質調査. 福岡県太宰府市, 2010年02月-2010年03月.  

中禅寺湖および周辺河川における病原微生物調査. 栃木県日光市, 2009年11月02日-2009年11月03日.  

琵琶湖における病原微生物の生態調査. 滋賀県・琵琶湖一帯, 2009年04月-2010年03月.  

琵琶湖内湖および周辺河川における病原微生物の生態調査. 滋賀県近江八幡市、守山市、草津市, 2009年04月-2010年03月.  

霞ヶ浦における病原微生物の生態調査. 茨城県土浦市, 2008年07月31日.  

全国の一級河川における病原微生物の生態調査. 関東、東海、近畿, 2008年07月.  

琵琶湖周辺内湖の水辺の物理構造と水環境との関係調査. 滋賀県高島町、近江八幡市、守山市, 2008年04月-2009年03月.  

琵琶湖における病原微生物の生態調査. 滋賀県・琵琶湖一帯, 2008年04月-2009年03月.  

河川における病原生物の生態調査. 京都府・由良川流域, 2007年07月-2007年10月.  

琵琶湖周辺内湖の水辺の物理構造と水環境との関係調査. 滋賀県高島市、東近江市、近江八幡市, 2007年07月-2007年10月.  

琵琶湖における病原生物の生態調査. 滋賀県・琵琶湖一帯, 2007年05月-2008年03月.  

【海外調査】

ErhaiおよびDianchiにおける病原微生物の生態調査. 中国雲南省昆明市・大理市, 2010年08月02日-2010年08月12日.  

外部資金の獲得

【科研費】

水域生態系において懸濁物質がウィルス感染に与える影響(研究代表者) 2008年04月-2012年03月. 若手B (207100135001).  

社会活動・所外活動

【共同研究員、所外客員など】

京都大学生態学研究センター, 協力研究員 (水域生態系におけるウィルスの動態解析). 2008年04月-2011年03月.  

京都大学生態学研究センター, 協力研究員 (水域生態系におけるウィルスの動態解析). 2007年04月-2008年03月.  

【その他】

2007年10月10日 「淡水環境における微生物の働き」、「環境システム学概論Ⅱ」出張講義、 同志社大学、京田辺市