総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名福嶌 義宏
氏名(かな)ふくしま よしひろ
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名教授
着任日2001-04-01
離任日2008-03-31
生年1942
学歴京都大学農学部林学科卒業(1966)
職歴京都大学農学部助手(1966)
京都大学農学部助教授(1989)
名古屋大学大気水圏科学研究所教授(1994)
名古屋大学大気水圏科学研究所附属共同研究観測プロジェクトセンター長併任(1997)
名古屋大学大気水圏科学研究所長併任(2000)
文部科学省大学共同利用機関 総合地球環境学研究所教授(2001)
大学共同利用機関法人・人間文化研究機構・総合地球環境学研究所教授(2004)
学位農学博士(京都大学 1981)
専攻・バックグラウンド森林水文学
砂防学
広域水文学
所属学会水文・水資源学会
受賞歴生態学琵琶湖賞(1992)
毎日出版文化賞(2008),地球研叢書「黄河断流」

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

福嶌義宏 2007年 黄河断流―中国巨大河川をめぐる水と環境問題. 地球研叢書. 昭和堂, 187pp.

著書(編集等)

【編集・共編】

福嶌義宏・谷口真人編 2008年 黄河の水環境問題―黄河断流を読み解く. 学報社出版, 272pp.

FUKUSHIMA, Y. as one of co-editors (ed.) 2007 Changes in water resources systems: Methodologies to maintain water security and ensure integrated management. IAHS Publication 315, 327pp.

論文

【原著】

Matsuoka, M., T. Hayasaka, Y. Fukushima and Y. Honda 2007,01 Land cover in East Asia classified using Terra MODIS and DMSP OLS products. International Journal of Remote Sensing Vol. 28(Nos):1-2. 221-248

Kobayashi,N., T. Hiyama, Y. Fukushima, M. L. Lopez, T. Hirano and Y. Fujinuma, 2007 Nighttime transpiration observed over a larch forest in Hokkaido, Japan. Water Resources Research Vol.43:1-15.

Xie, Pingping, A. Yatagai, M. Chen, T. Hayasaka, Y. Fukushima, C. Liu and S. Yang 2007 A gauge-based analysis of daily precipitation over East Asia. Journal of Hydrometeorology Vol.8(American Meteorological Society):607-626.

Saito, M., S. Onodera, K. Miyaoka, J. Chen, M. Taniguchi, G. Liu and Y. Fukushima 2007 Nitrate contamination in groundwater of the Yellow River Delta and its effect on the marine environment. IAHS Publ. 314:271-277.

Sato, Yoshinobu, X. Ma, M. Matsuoka and Y. Fukushima 2007 Analysis of long-term water balance in the source area of the Yellow River basin. Hydrological Processes 22(11):1618-1629. DOI:10.1002/hyp.6730

Higuchi, A., T. Hiyama, Y. Fukuta, R. Suzuki, Y. Fukushima 2007 he behavior of a surface temperature/vegetation index (TVX) matrix derived from 10-day composite AVHRR images over monsoon Asia. Hydrological Processes, 21 (9):1148-1156.

Chen , J., M. Taniguchi and Y. Fukushima 2007 Groundwater and its association with sustainability of agriculture in the North China Plain. IAHS Publ.315:258-265.

Chen, J., M. Taniguchi, G. Liu, K. Miyaoka, S. Onodera, T. Tokunaga and Y. Fukushima 2007 Nitrate pollution of groundwater in the Yellow River delta, China. Hydrological Journal 15(8):1605-1614. DOI:10.1007/s10040-007-0196-7

Onishi, A., H. Imura,J. Han,F. Shi and Y. Fukushima 2007 Socio-economic activities and the balance between water resource supply and demand in the Yellow River basin, China. IAHS Publication 315:320-327.

Sato, Yoshinobu, X. Ma, M. Matsuoka and Y. Fukushima 2007 Impacts of human activity on long-term water balance in the middle-reaches of the Yellow River basin. IAHS Publication 315:85-88.

Taniguchi, M., J. Chen and Y. Fukushima 2007 The hydrological impact zone in the lower reaches of the Yellow River: a new concept for water resources issues. IAHS Publ. 315:199-205.

その他の出版物

【報告書】

竹内邦良・福嶌義宏編 2007年 『メコンと黄河』文部科学省 人・自然・地球共生プロジェクト課題5「アジアモンスーン地域における人工・自然改変に伴う水資源変化予測モデルの開発」成果報告書. 267pp.

会合等での研究発表

【招待講演・特別講演、パネリスト】

福嶌義宏 乾燥地域の大河川、黄河の水利用と環境問題. 流域圏における水物質循環研究の最先端, 2008年03月24日, 筑波大学. 筑波大学が開催したシンポジウム

福嶌義宏 Japanese green-belt in mid-latitude: its natural features, devastation by agriculture and etc., reforestation and current issues. 地球研主催の第2回国際シンポジウム“Asian Green Belt: Its Past, present and the future”, 2007.10.30-2007.10.31, 京都駅近くのMiel Parque Kyoto.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

IUGG/IAHSアッセンブリー, HS3008のコンビナーおよび座長. 2007年06月, イタリア・ペルージャ市.

調査研究活動

【国内調査】

能登半島一帯の限界農林業地域巡検. 能登半島一帯, 2007年10月27日-2007年10月28日.

【海外調査】

中国南部湿潤地域巡検(杭州、武漢、成都、麗江、景洪). 中国南部(杭州、武漢、成都、麗江、景洪), 2007年08月.

社会活動・所外活動

【依頼講演】

黄河と華北平原の歴史. 第24回地球研市民セミナー, 2008年03月14日, 地球研の大講演室. 木下鉄矢教授と共に、黄河プロジェクトで得られた結果から、特に歴史的な観点からの治水策の変遷を話題提供

鴨川の環境問題. 京都市立新道小学校・総合的な学習, 2008年01月23日, 京都市立新道小学校. 授業

黄河断流と日本海、能登. 能登半島里山里海自然学校主催の開設1周年記念シンポシウム「東アジアにつながる能登半島:地球環境問題の視点から」, 2007年10月28日, 能登半島. 黄河プロジェクトの福嶌・檜山・大西・佐藤・柳が特別集中講演