スタッフ プロフィール

氏名中野 孝教
氏名(かな)なかの たかのり
所属総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター
職名教授
生年1950
学歴東京教育大学理学部地学科卒業(1974)、東京教育大学大学院理学研究科修士課程修了(1977)、筑波大学大学院博士課程地球科学研究科修了(1982)
職歴筑波大学地球科学系助手(1982)、筑波大学地球科学系助教授(1992)、総合地球環境学研究所研究部教授(2004)
学位理学博士(筑波大学 1982)、理学修士(東京教育大学 1977)
専攻・バックグラウンド同位体環境学
所属学会資源地質学会、日本地質学会、日本地球化学会、日本水文科学会、Society of Economic Geologist
受賞歴Ecological Research Award(2009)

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

中野孝教 2016年03月 大槌の水のつながりを考える. 谷口真人編 震災と地域の自然・文化ー大槌発・未来へのグランドデザイン. 昭和堂, pp.52-70.  

中野孝教、斎藤有、申基澈、佐々木和乙、徳増実 2015年 水循環を守り水を育てる条例策定に向けた西条市と地球研の水質協働研究 . RIVERFRONT. , pp.26-29.  

中野孝教 2015年 地下資源に染まる黄昏色の地球環境. 五感五環. 人と自然. 昭和堂, pp.22-26.  

中野孝教 2014年01月 なぜ大地をはかるのか. 総合地球環境学研究所編 地球環境学マニュアル2. 地球環境学マニュアル, 2. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.39.  

中野孝教 2014年01月 金属元素の安定同位体マップ. 総合地球環境学研究所編 地球環境学マニュアル2. 地球環境学マニュアル, 2. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.52-53.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2014年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎教授資料」. , pp.199.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2014年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎」. , pp.224.  

Takanori Nakano 2014 Use of Water Quality Analysis for Groundwater Traceability. Makoto Taniguchi, Tetsuya Hiyama (ed.) Groundwater as a Key for Adaptation to Changing Climate and Society. Global Environmental Studies. Springer, pp.45-67.  

中野孝教 2013年12月 食の安全と地球環境の保全をつなぐ産地情報マップ. 『シーダ』編集委員会編 シーダー 地域環境情報から考える地球の未来. シーダー, 9. 株式会社昭和堂, 京都市左京区, pp.10-16.  

木部暢子、窪薗春夫、小松和彦、佐藤洋一郎、中野孝教、安井眞奈美 2013年11月 座談会1 東アジア海の文化と歴史ー地域を越えた普遍性と固有性. 木部暢子・小松和彦・佐藤洋一郎編 アジアの人びとの自然観をたどる. 勉誠出版, 東京都千代田区, pp.211-288.  

中野孝教 2013年10月 ジオパークを楽しむ本、日本列島ジオサイト地質百選. 一般社団法人全国地質調査業協会連合会・特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構・ジオ多様性研究会 共編編 ジオ多様性と生物多様性をつなぐ水質多様性. 日本列島ジオサイト地質百選, 5. オーム社, 東京都千代田区, pp.146-151.  

中野孝教 2013年03月 地下資源に染まる黄昏色の地球環境. 『人と自然』編集委員会編 色をめぐる人と自然. 人と自然, 5. 株式会社昭和堂, 京都市左京区, pp.12-14.  

中野孝教 2013年03月 酒と水の多様性. 人間文化研究機構編 HUMANー知の森へのいざないー. HUMAN, 5. 株式会社平凡社, 東京都千代田区, pp.99-104.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2013年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎教授資料」. , pp.199.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2013年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎」. , pp.224.  

2012,06 Geochemical dilemma in coastal aquifer system:Lesson from history. Makoto Taniguchi, Takayuki Shiraiwa (ed.) The Dilemma of Boundaries Toward a New Concept of Catchment. Global Environmental Studies. Springer, pp.19-24.  

中野孝教 2012年03月 研究者と地域の地下水協働研究による町づくりネットワーク. HUMAN ー知の森へのいざないー. 株式会社平凡社, 東京都文京区, pp.92-96.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2012年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎教授資料」. , pp.199.  

家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 2012年 . 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「地学基礎」. , pp.224.  

中野孝教 2011年05月 水質成分による地下水のトレーサビリティー解析. 谷口真人編 地下水流動 モンスーンアジアの資源と循環. 共立出版, 東京都文京区, pp.142-162.  

日下宗一郎,覚張隆史,中野孝教 2011年 ストロンチウム同位体分析からわかる人や動物の移動. 湯本貴和,高原光,村上哲明編 環境史をとらえる技法. シリーズ日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 6. 文一総合出版, 東京, pp.199-202.  

中野孝教・齋藤 有 2010年12月 森と海の生き物をつなげる安定同位体. 秋道智彌編 大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ. 東北出版企画, 鶴岡市日枝鳥居上四九の六, pp.166-197.  

中野孝教 2010年10月 トレーサビリティと環境管理. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂, 東京都千代田区, pp.98-99.  

中野孝教 2010年09月 西条の水から地球環境を診る. 総合地球環境学研究所編 未来へつなぐ人と水 ー西条からの発信ー. 創風社出版, 愛媛県松山市, pp.38-65.  

中野孝教 2010年03月 「ボトル水の水質多様性と地球環境」. 田口理恵,久保正敏,秋道智彌編 水の器 手のひらから地球まで. 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構, pp.44-45.  

中野孝教、斎藤有、小林俊則 2010年03月 鳥海山の湧水に見る雨と地質と生き物のつながり. 秋道智彌編 鳥海山の水と暮らし 地域からのレポート. 東北出版企画, 山形県鶴岡市, pp.70-101.  

中野孝教 2010年03月 地球環境のトレーサビリティー. 和田英太郎・神松幸弘編 安定同位体というメガネ. 地球研叢書. 昭和堂, pp.59-100.  

中野孝教 2010年02月 地球環境とともに生きる水. 秋道智彌・小松和彦・中村康夫編 水と環境. 人と水, 1. 勉誠出版, pp.3-34.  

Takanori Nakano, Yu Saitoh, Toshinori Kobayashi, Seiichi Mori, Kichoel Shin, and Hiroshi Mizutani 2010 Strontium isotope ratios in water as an index of habitat and foraging sites of aquatic organisms. Naohiko Ohkouchi, Ichiro Tayasu, and Keiske Koba (ed.) Earth, Life, and Isotopes. Kyoto University Press, 京都市左京区, pp.71-84.  

中野孝教 2009年 流域環境学. 谷内茂雄、脇田健一、中野孝教、陀安一郎、田中拓弥編 流域環境学. 京都大学出版会, pp.564.和田英太郎監修  

山中勝、奥村維男、中野孝教、島野安雄 2009年 鹿児島県、屋久島の名水. 日本地下水学会編 新・名水を科学する. 技報堂出版, pp.179-184.  

中野孝教 2008年03月 おいしい水はもったいない水. 「人と水」編集委員会編 水と地球環境. 連携研究「人と水」研究連絡誌, 4. 昭和堂, 京都市, pp.16-19.  

中野孝教 2008年 地球規模の物質循環を追跡する. 総合地球環境学研究所編 地球の処方箋. 地球研叢書. 昭和堂, pp.148-151.  

中野孝教 2008年 廃鉱山の枯れ葉に学ぶ. 総合地球環境学研究所編 地球の処方箋、. 地球研叢書. 昭和堂, pp.152-155.  

中野孝教 2006年 ミネラル循環を屋久島に見る. 京都大学フィールド科学教育センター編 森里海連関学. 京都大学出版会, pp.81-98.  

中野孝教 2006年 砂漠化は地球環境に何をもたらすか. 日高敏隆・中尾正義 総合地球環境学研究所編 シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?. 地球研叢書. 昭和堂, pp.131-162.  

山中勝、奥村維男、中野孝教、島野安雄 2005年 名水を訪ねて(69)屋久島の名水. 日本地下水学会雑誌. , pp.253-262.  

力武常次、家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 . 高校教科書「地学I」と「地学I教科書ガイド」. 数研出版, pp.383.  

力武常次、家正則、小川勇二郎、永田豊、中野孝教、日江井栄二郎、平野正道、本蔵義守、浅野俊雄、池田宣弘、清水政義 . 高校教科書 「地学II」と「地学II教科書ガイド」. 数研出版, pp.394.  

著書(編集等)

【編集・共編】

中野孝教編 2008年03月 水と地球環境. 人と水, 第四号. 昭和堂, 32pp.  

論文

【原著】

Koshikawa、Kanao, M., Watanabe, M., Shin, K.H. Nishikioria, T., Takamatsua, T., Hayashi, S. and Nakano, T. 2016,03 Using isotopes to determine the contribution of volcanic ash to Sr and Ca in stream waters and plants in a granite watershed, Mt. Tsukuba, central Japan. Environmental Earth Sciences . DOI:10.1007/s12665-015-5097-9.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s12665-015-5097-9

中野孝教 2016年01月 同位体分析の基本的原理. ぶんせき :2-8.(査読付).  

Shin, Ki-choel, Anma, R., Nakano, T., Orihashi, Y. and Ike, S. 2015 The Taitao ophiolite-granite complex: a ridge-trench intersection oceanic lithosphere on-land and origin of calc-alkaline I-type granites Episode. 38(4) :285-297.(査読付).  

神谷貴文*, 渡邊雅之*+, 村中康秀*, 申基澈**, 中野孝教 2015年 富士山南部に分布する地下水の水質成分の地理的特徴とその起源. 地学雑誌 .(査読付).  

Nakano, T 2015 Potential of stable isotope ratios of geological origin in earth environmental studies. Proceedings of the Japan Adademy Ser. B, 92 .(査読付).  

Yoshioka, Y., Nakamura, K., Nakano, T., Horino, H., Nakano, T., Shin、K.C., and Kawashima, S. 2015 Evaluation of groundwater qualities in a paddy-dominated alluvial fan. Water Science & Tachnology:Water Supply 15(6) :1236-1243. DOI:10.2166/ws.2015.088. (中国語) (査読付).  http://dx.doi.org/10.2166/ws.2015.088

Kusaka, S., Uno, K. T., Nakano, T., Nakatsukasa, M. and Cerling, T.E. 2015 Carbon isotope ratios of human teeth record the evidence of terrestrial resource consumption during the Jomon period, Japan.. American Journal of Physical Anthropology 158(2) :300-311. DOI:10.1002/ajpa.22775.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/ajpa.22775

若狭 幸,石山 大三,松葉谷 治,佐藤 比奈子,申 基澈, 中野孝教 2015年 秋田県渋黒川‒玉川水系における流入する酸性温泉水と河川水の混合過程についてのストロンチウムおよび硫黄同位体比ならびに溶存化学成分を用いた解明. 地球化学 49 :1-9. DOI:10.14934/chikyukagaku.49.1.(査読付).  http://dx.doi.org/10.14934/chikyukagaku.49.1

Nakaya, S., Phan, H.M. H, Iwai, Y., Itoh, A., Aoki, H. and Nakano T. 2015 Longtime behavior of cesium (Cs) in natural spring drinking water. . Sustainability of Water Quality and Ecology 6 :20-30. DOI:10.1016/j.swaqe.2015.04.001.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.swaqe.2015.04.001

Segawa, T., Sugiyama, N.,, Kinoshita, T., Nakano, T., Nagaosa, K.,, Greenidae, D. and Kato, K. 2015 Microbes in Groundwater of a Volcanic Mountain, Mt. Fuji; 16S rDNA Phylogenetic Analysis as a Possible Indicator for the Transport Routes of Groundwater. Geomicrobiology Journal 32( 8) :677-688. DOI:10.1080/01490451.2014.991811.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1080/01490451.2014.991811

Yamada Y, Fukuda T, Omori K. and Nakano, T. 2015 Origin of particulate organic matter in a river with remarkable water pollution in、Shikoku Island, Japan. Limnology 16 :127-137. DOI:10.1007/s10201-015-0446-7.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10201-015-0446-7

Kusaka, S., Nakano, T 2014,03 Carbon and oxygen isotope ratios and their temperature dependence in carbonate and tooth enamel using GasBench II preparation device.. Rapid Communications in Mass Spectrometry 28(5) :563-567. DOI:10.1002/rcm.6799.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/rcm.6799

鹿園直建、荒川貴之、中野孝教 2014年 富士山南麓の地下水水質、流動と窒素汚染. 地学雑誌 123 :323-342.(査読付).  

Nagatsuka, N., Takeuchi, N., Nakano、T., Shin, K., and Kokado, E. 2014 Geographical variations in Sr and Nd isotopic ratios of cryoconite on Asian glaciers. Environ. Res. Lett. 9 :1-11. DOI:10.1088/1748-9326/9/4/045007.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1088/1748-9326/9/4/045007

Hosono、T., Lorphensriand, O., Onodera, S., Okawa, H.、Nakano, T., Yamanaka, T., Tsujimura, M., Taniguchi, M., 2014 Different isotopic evolutionary trends of δ34S and δ18O compositions of dissolved sulfate in an anaerobic deltaic aquifer system.. Applied Geochemistry 46 : 30-42.(査読付).  

Mahara, H., Ohta, T., Morikawa, N., Nakano, T., Tokumasu, M., Hukutani ,S., Igarashi,T 2014 Effects of terrigenic He components on tritium-helium dating: A case study of shallow groundwater in the Saijo Basin. Applied Geochemistry 50 :142-149.(査読付).  

○Gakuhari, T., Intoh, M., Nakano, T., and Yoneda, M. 2013 Strontium Isotope Analysis of Prehistoric Faunal Remains Excavated from Fais Island in Micro.. People and Culture in Oceania 29 :69-81.(査読付).  

Pankaj Kumar, Maki Tsujimura M., Nakano, T. and Tokumasu M. 2012,02 The effect of tidal fluctuation on ground water quality in coastal aquifer of Saijo plain, Ehime prefecture, Japan.. Desalination 286 :166-175. DOI:10.1016/j.desal.2011.11.017.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.desal.2011.11.017

Shikazono, N., Tatewaki, K., Mohiuddin,K. M., Nakano, T., Zakir, H.M. 2012 Sources, spatial variation, and speciation of heavy metals in sediments of the Tamagawa River in Central Japan.. Environmental Geochemistry and Health 34 :13-26. DOI:10.1007/s10653-011-9409-z.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10653-011-9409-z

Kusaka, S., Nakano, T., Morita, W. and Nakatsukasa, M. 2012 Strontium isotope analysis to reveal migration in relation to climate change and ritual tooth ablation of Jomon skeletal remains from western Japan. Journal of Anthropological Archaeolog 31 :551-563.(査読付).  

Nakano, T. 2012 Introduction of The Dilemma of Boundaries: Toward a New Concept of Catchment. Global Environmental Studies. Springer, pp.19-24.(査読付).  

Nakano, T., Yokoo, Y., Okumura, M., Jean S-R. and Satake, K.   2012 Evaluation of the Impacts of Marine Salts and Asian Dust on the Forested Yakushima Island Ecosystem, a World Natural Heritage Site in Japan. Water Air Soil Pollution 223(9) :5575-5597. DOI:10.1007/s11270-012-1297-z.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s11270-012-1297-z

Yu Saitoh, Toru Tamura, Yoshinori Komada, Takanori Nakano 2011,03 Strontium and neodymium isotopic signatures indicate the provenance and depositional process of loams intercalated in coastal dune sand, western Japan. Sedimentary Geology 236(3-4) :272-278.(査読付).  

Kusaka, T. Nakano, T. Yumoto, M. Nakatsukasa 2011 Strontium isotope evidence of migration and diet in relation to ritual tooth ablation : A case study from the Inariyama Jomon site, Japan. . Journal of Archaeological Science 38(No.1) :166-174.(査読付).  

Ohta T., Mahara, Y., Kubota, T., Saito, Y., Furutani, S., Fujii, T., Ando, A., Nakata, E., Nakano, T. and Abe, Y. 2011 Radionucluides in ancient relicts obtained from the Matsusaki site and the Hirohara shellmound on the Pacific coast of Japan. RADIOCARBON 52(Nr. 2-3) :526-533..(査読付).  

Hosono、T., Delinom, R., Nakano, T., Kagabu, M.,Shmada, J. 2011 Evolution model of δ34S and δ18O in dissolved sulfate in volcanic fan aquifers from recharge to coastal zone and through the Jakarta urban area, Indonesia. Science of the Total Environment 409 :2541-2554.(査読付).  

Ando, A., Khim, B-K., Nakano, T., Takata, H. 2011 Chemostratigraphic documentation of a complete Miocene intermediate-depth section in the Southern Ocean : Ocean Drilling Program Site 1120, Campbell Plateau of New Zealand. Marine Geology 279 :52-62.(査読付).  

Nagatsuka, N., Takeuchi, N., Nakano, T., and 2 others. 2010 Sr, Nd and Pb stable isotopes of surface dust on Ürümqi glacier No. 1 in western China.. Annals of Glaciology 51(56) :95-105.(査読付).  

Ando, A., Nakano, T., Kawahata, H., Yokoyama, Y. and Khim, B-K 2010 Testing seawater Sr isotope ratios on a glacial–interglacial timescale: An application of latest high-precision thermal ionization mass spectrometry. Geochemical Journal 44 :347-357.(査読付).  

Kume, T., Akca, E., Nakano, T., Nagano, T., Kapur, S. and Watanabe, T. 2010 Seasonal changes of fertilizer impacts on agricultural drainage in a salmized area in Adama, Turkey. Science of the Total Environment 408 :3319-3326.  

Kume, T., Akca, E., Nakano, T., Nagano, T., Kapur, S. and Watanabe, T. () , , v., -. 2010 Seasonal changes of fertilizer impacts on agricultural drainage in a salmized area in Adama, Turkey. Science of the Total Environment 408 :3319-3326.(査読付).  

T. Hosono, F. Siringan, T Yamanaka, Y. Umezawa, S. Onodera, T. Nakano and M. Taniguchi 2010 Application of multi-isotope ratios to study the source and quality of urban groundwater in Metro Manila, Philippines.. Applied Geochemistry 25 :900-909.(査読付).  

T. Hosono, T. Nakano, Y. Shimizu, S. Onodera, M. Taniguchi 2010 Hydrogeological constraint on nitrate and arsenic contamination in Asian metropolitan groundwater. . Hydrological Processes .(査読付).  

T. Hosono, C-H. Wang, Y. Umezawa, T. Nakano, S. Onodera, T. Nagata, C. Yoshimizu, I. Tayasu, M. Taniguchi 2010 Multiple isotope (H, O, N, S and Sr) approach elucidates complex pollution causes in the shallow groundwater of the Taipei urban area. . Journal of Hydrology .(査読付).  

T Hosono, O Lorphensriand, S Onodera, H Okawa, T Nakano, T Yamanaka, M Tsujimura, M Taniguchi 2010 Dissimilatory sulfate reduction and bacterial disproportionation of elemental sulfur explaining two different isotopic evolutional trends of δ34S and δ18O values of dissolved sulfate in anaerobic deltaic aquifer system. . Geochimica et Cosmochimica Acta .(査読付).  

Ando, A., Nakano, T., Kaiho, K., Kobayashi, T., Kokado, E. and Khim,B-K 2009 Onset of seawater 87Sr/86Sr excursion prior to Cenomanian-Turonian oceanic anoxic event? new Cretaceous strontium isotope curve from the central Pacific ocean.. Journal of Foraminiferal Research 39(no. 4) :322-334.(査読付).  

Kohzu, A., Tayasu, I., Yoshimizu, C., Maruyama, A., Kohmatsu, Y., Hyodo, F., Onoda, Y., Igeta, A., Matusi, K., Nakano, T., Wada,E., Nagata, T. and Takemon, Y. 2009 Nitrogen stable isotopic signatures of basal food items, primary consumers and omnivores in rivers with different levels of human impact.. Ecological Research 24 :127-136.(査読付).DOI 10 1-008-0489-x.  

Shin, K., Kurosawa, M., Anma, R. and Nakano, T. 2009 The genesis and mixing/mingling of mafic and felsic magmas of a back-arc granite pluton: the Miocene Tsushima pluton, southwestern Japan.. Resource Geology 59 :25-50.(査読付).  

Hosono, T., Ikawa, R., Shimada, J., Nakano, T., Saito, M., Onodera, S., Lee, K. K. and Taniguchi, M. 2009 Human impacts on groundwater flow and contamination deduced by multiple isotopes in Seoul City, South Korea.. Science of the total Environment 407 :3189-3197.(査読付).  

Kusaka S, Ando A, Nakano T, Yumoto T., Ishimaru E., Yoneda M., Hyodo, F., Katayama, K. 2009 A strontium isotope analysis on the relationship between ritual tooth ablation and migration among the Jomon people in Japan.. Journal of Archaeological Science 36 :2289-2297.(査読付).  

Nakano-Ohta, N., Kubota, T, Ando, A., Fujii, T, Fukutani, S, Nakata, E, Nakano, T, and Mahara, Y. 2009 Isotopic investigations for the origin of relic from the Matsusaki site, Japan. Applied Radiation and Isotopes 67 :1479-1483.(査読付).  

Morishita Y.、Nakano T. 2008,10 Role of basement in epithermal deposits: the Kushikino and Hishikari gold deposits, southwestern Japan. . Ore Geology Reviews 34 :597-609.(査読付).  

Kohzu, A., Miyajima, T., Tayasu., I., Yoshimizu, C., Hyodo, F., Matsui, K., Nakano, T., Wada, E., Fujita, N. and Nagata, T. 2008,10 Use of Stable Nitrogen Isotope Signatures of Riparian Macrophytes As an Indicator of Anthropogenic N Inputs to River Ecosystems. Environmental Science & Technology 42 (21) :7837-7841.(査読付).  

Hosono, T., Nakano, T., Shin K. and Murakami, H. 2008,09 Assimilation of lower to middle crust by high alumina basalt magma as an explanation for the origin of medium-K volcanic rocks in southern Kyushu, Japan.. Lithos 105 :51-62.(査読付).  

Kitano, J., Bolnick, D., Beauchamp, D.A., Mazur, M. M., Mori, S. and Nakano, T 2008,05 Reverse Evolution of Armor Plates in the Threespine Stickleback.. Current Biology 18 :769-774.(査読付).  

Hosono, T., Ikawa, R., Shimada, J., Nakano, T., Saito, M., Onodera, S., Lee, K-K. and Taniguchi, M. 2008,05 Human impacts on groundwater flow and contamination deduced by multiple isotopes in Seoul City, South Korea. Science of the Total Environment 407(9) :3189-3197. DOI:10.1016/j.scitotenv.2008.04.014.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.scitotenv.2008.04.014

Ogasawara, K., Takano, M., Nagato, H. and Nakano, T.  2008年 Cenozoic molluscan faunas and climate changes in northern Pacific related to Pacific gateway: review and perspective. Bulletin of the Geological Survey of Japan 58 :355-368.(査読付).  

Nakano, T., Tayasu, I., Yamada, Y., Hosono, T., Igeta, A., Hyodo, F., Ando, A., Saitoh, Y., Tanaka, T., Wada, E. and Yachi, S. 2008 Effect of agriculture on water quality of Lake Biwa tributaries, Japan. Science of the Total Environment 389 :132-148.(査読付).  

谷内茂雄、田中拓弥、中野孝教、陀安一郎、脇田健一、原雄一、和田英太郎 2007年 総合地球環境学研究所の琵琶湖―淀川水系への取り組み:農業濁水問題を事例にして. 環境科学会誌 20 :207-214.(査読付).  

Hosono, T., Nakano, T., Igeta, A., Tayasu, I., Tanaka, T. and Yachi, S. 2007 Impact of fertilizer on a small watershed of Lake Biwa: Use of sulfur and strontium isotopes in environmental diagnosis. Science of the Total Environment 384 :342-354.(査読付).  

Yamanaka, M., Nakano, T. and Tase, N. 2007 Sulfate reduction and sulfide oxidation in anoxic confined aquifers in the northeastern Osaka Basin, Japan. Journal of Hydrolog 335 :55-67.(査読付).  

山中勝、奥村維男、中野孝教  2007年 屋久島河川水にあらわれる同位体高度効果と流出特性. 日本水文科学会誌 37(2) :41-54.(査読付).  

Nakano, T., Morohashi, S, Yasuda, H., Sakai, M Aizawa, Shichi, K, Morisawa, T., Takahashi, M., Sanada, M., Matsuura, Y., Sakai, H., Akama, A., Okada, N. 2006 Determination of seasonal and regional variation in the provenance of dissolved cations in rain in Japan based on Sr and Pb isotopes. Atmospheric Environmen 40 :7409-7420.(査読付).  

鹿園直建、岩井修平、石原与四郎、中野孝教、五十嵐智秋 2006年 タービダイトシークエンスの地球化学的研究による古海洋環境推定:千葉県房総半島安房層群安野層の例. 地学雑誌 115 :669-690.  

Nakano, T., Morohashi, S, Yasuda, H., Sakai, M Aizawa, Shichi, K, Morisawa, T., Takahashi, M., Sanada, M., Matsuura, Y., Sakai, H., Akama, A., Okada, N. 2006 Determination of seasonal and regional variation in the provenance of dissolved cations in rain in Japan based on Sr and Pb isotopes. Atmospheric Environment 40 :7409-7420.(査読付).  

Yamanaka、M, Nakano、T. and Tase、N. 2005 Hydrogeochemical evolution of confined groundwater in northeastern Osaka Basin, Japan: estimation of confined groundwater flux based on a cation exchange mass balance method. Applied Geochemistry 20(2) :295-316 .(査読付).  

栗原行人、中野孝教、小笠原憲四郎 2005年 群馬県の中新統下仁田層から産出した化石イガイ科二枚貝Mytilus tichanovitchi Makiyama―その生層序学的・海洋古気候学的意義の再検討―. 地質学雑誌 111 :498-507.(査読付).  

Nakano, T., Nishikawa, M., Mori, I., Shin, Kichoel, Hosono, T., and Yokoo, Y. 2005 Source and evolution of the “perfect Asian dust storm” in early April 2001: implications of the Sr-Nd isotope ratios. Atmospheric Environment 39 :5568-5575.(査読付).  

Nakano, T., Tayasu, I., Wada, E., Igeta, A., Hyodo, F., and Miura, Y. 2005 Sulfur and strontium isotope geochemistry of tributary rivers of Lake Biwa: implications for human impact on the decadal change of lake water quality. Science of The Total Environment 345(1-3) :1-12.(査読付).  

Yokoo, Y., Nakano, T., Nishikawa, M. and Quan, H. 2004 Mineralogical variation of Sr-Nd isotopic and elemental compositions in loess and desert sand from the central Loess Plateau in China as a provenance tracer of wet and dry deposition in the northwestern Pacific. Chemical Geology 204(1-2) :45-62.(査読付).  

小川泰正、鹿園直建、石山大三、佐藤比奈子、水田敏夫、中野孝教 2004年 希土類元素からみた黒鉱鉱床中の硬石膏の成因論的考察. 資源地質 54(2) :159-166.(査読付).  

Takano, S., Ito, M., Nakano, T., Horikawa, K. and Nakamura, Y. 2004 Sequence-stratigraphic signatures of hemipelagic siltstones in deep-water successions: The Lower Pleistocene Kiwada and Otadai Formations, Boso Peninsula, Japan. Sedimentary Geology 170 :189-206.(査読付).  

Hosono, T. and Nakano, T. 2004 Pb-Sr isotopic evidence for contribution of deep crustal fluid to the Hishikari epithermal gold deposit, southwestern Japan. Earth and Planetary Science Letters 222 :61-69.(査読付).  

Nakano, T., Yokoo, Y., Nishikawa, M. and Koyanagi、H 2004 Regional Sr-Nd isotopic ratios of soil minerals in northern China as Asian dust fingerprints. Atmospheric Environment 38 :3061-3067.(査読付).  

Gakuhari, T., Intoh, M., Nakano, T., and Yoneda, M Strontium Isotope Analysis of Prehistoric Faunal Remains Excavated from Fais Island in Micro.. People and Culture in Oceania 28.(査読付).  

Nakano, T. Use of Water Quality Analysis for Groundwater Traceability、Groundwater flow in Monsoon Asia. Taniguchi (ed.) . Springer, (査読付).  

Maruyama, S., Tanaka, Y., Hirayama, S., Kusakabe, M., Zhang, J. and Nakano, T High-precision measurement of water isotopes using laser absorption spectrometry. Geochemical Journal .(査読付).  

その他の出版物

【解説】

中野孝教 2014年 同位体環境科学ー第一講 放射性起源の安定同位体と大気環境研究への適用ー. 大気環境学会誌 49(3) :39-46.  

【報告書】

中野孝教 2015年 水の循環と生物影響診断を基盤にした水ガバナンス手法の確立. 人間文化研究機構編 連携研究「アジアにおける自然と文化の重層的関係の歴史的解明」. , pp.415-425.  

農林水産消費安全技術センター 2015年 ストロンチウム同位体比によるタケノコ等野菜の水煮加工品の原材料原産地判別法の検討. 伊澤淳修、青山恵介、申基澈、中野孝教編 食品関係等調査研究報告. , pp.6-15.  

中野孝教 2014年 中心市街地の湧水・伏流水の調査研究:同位体解析による湧水マップ. 大槌町編 「大槌町の郷土財としての湧水環境に関する研究」. , pp. 9-24.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

中野孝教 2015年 同位体環境学の確立に向けた展開、和田英太郎名誉教授の功績と同位体環境学. 地球研ニュース 53 :3-4.  

中野孝教 2014年01月 研究者と社会との共創による同位体環境学の構築に向けて. Humanity&Nature Newsletter 46.  

中野孝教、松本拓也、平田岳史、申基澈 2014年 研究者と社会の共創による同位体環境学の構築に向けて、第三回同位体環境学シンポジウム報告. 地球研ニュース (46) :2 -4.  

中野孝教、陀安一郎 2014年 同位体環境学の 体系化を促進する 技術向上と連携強化 「同位体環境学講習会2014」 をふりかえる. 地球研ニュース (51) :2-3.  

中野孝教、日下宗一郎 2013年 地球研がめざす同位体環境学の創出に向けた次のステップへ、第二回同位体環境学シンポジウム報告. 地球研ニュース (42) :6-7.  

中野孝教 2013年 西条の水質マップ作りから始める湧水生態系保全ネットワーク. 湧水保全フォーラム全国大会inさいじょう :29-41.  

中野孝教  2013年 地下資源に染まる黄昏色の地球環境. 人間文化研究機構連携研究「自然と文化」研究連絡誌 (5) :12-14.昭和堂.  

中野孝教 2012年 鳥海山フォーラム~地下水脈調査でわかったこと~. 山形県みどり環境交付金事業 :2-23.  

中野孝教 2011年03月 火山と人をつなぐ金. 連携研究「自然と文化」研究連絡誌 (1) :16-19.  

中野孝教, 竹内望 2011年 同位体環境研究の可能性を活かすネットワークを形成する、第一回同位体環境学シンポジウム報告. 地球研ニュース (34) :6-7.  

中野孝教 2010年06月 ペットボトルから考える地球という器のなかの水. 月刊 みんぱく 34(6) :7-7.  

中野孝教 2010年02月 地球研コロキアム〈第6回〉 地球研発,地域環境情報 ー差異をみる,きく,はかる,しる. Humanity & Nature Newsletter (24) :10-11.  

中野孝教 2009年12月 地球研コロキアム〈第4回〉 資源の採掘技術にある負の側面を見極める. Humanity & Nature Newsletter (23) :9-9.  

中野孝教 2009年 「早稲田大学環境資源工学科に期待すること」. 早稲田大学創造理工学部 環境資源工学会報 (第44号) :14-15.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

中野孝教 小学生の水温マップ作成から始める環境実感都市づくり :越前大野の環境教育と湧水生態系保全に向けて. 大野市検討会, 2014年10月03日, 大野市.(本人発表).  

中野孝教 Ecosystem risk evaluation of Laguna watershed based on traceability information using multi-stable isotopes :Comment on the Lake-head symposium. Special LakeHEAD Symposium Environment and Health – Challenges of Laguna de Bay –, 2014,04,08, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 微量元素と安定同位体技術を用いた沿岸域の物質動態研究. 平成26年度公益社団法人日本水産学会春季大会ミニシンポジウム, 2014年03月31日-2014年03月31日, 北海道大学函館キャンパス.(本人発表).  

中野孝教 西条市の降水のモニタリング結果-水質成分と安定同位体による検討. 西条市地下水資源検討委員会報告, 2014年03月26日, 西条市役所.(本人発表).  

中野孝教 同位体環境学から地下水のつながりを探る. 大槌の宝 湧水の力を活用したまちづくり, 2014年02月08日, 大槌町中央公民館.(本人発表).  

中野孝教 同位体環境学の過去・現在・未来. 第3回 同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2013年12月18日, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 湧水の水質マップからわかること. 湧水協議会, 2013年08月29日, 越前大野市.(本人発表).  

中野孝教 道前平野地下水資源調査結果 の概要について :1. 水質からの報告. , 2013年07月19日, 西条市役所庁舎 本館5階大会議室.(本人発表).  

中野孝教 水質マップ作りから始める人と水のネットワーク. 大槌町ミニシンポジウム, 2013年05月19日, 役場庁舎多目的会議室.(本人発表).  

中野孝教 Future Asia研究に向けた環境マップ事業. 日本地球惑星科学連合 2013年度連合大会, 2013年05月19日-2013年05月24日, 幕張メッセ国際会議場.(本人発表).  

中野孝教 安定同位体を用いて追跡する黄砂と生態系のつながり. 地球研地球環境学講座, 2013年03月14日, 北京大学.(本人発表).  

中野孝教 アジアの環境マップ事業:水の多項目マップを用いた環境診断. 第2回 同位体環境学シンポジウム, 2013年02月18日-2013年02月19日, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 環境マップ事業:Future Asia にむけた同位体環境学の創出. 第2回 同位体環境学シンポジウム, 2013年02月18日-2013年02月19日, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 安定同位体手法を用いた環境のトレーサビリティー研究 ー農産物産地判別や健康診断への応用の可能性ー. 復興支援セミナー, 2013年01月28日, 宮城大学太白キャンパス.(本人発表).  

中野孝教 鳥海山地下水脈等調査結果報告 ~吉出山の地下水脈を水質マップから探る~. 鳥海山フォーラム ~地下水脈調査でわかった多くのこと~, 2012年12月24日, 鳥海温泉 遊楽里 鳥海文化ホール.(本人発表).  

中野孝教 アジア地域の環境マップ事業. , 2012年12月21日, 千葉大学.(本人発表).  

中野孝教 東北から始めるアジア地域の環境マップ事業:おいしい水を生み出す生態系サービス. , 2012年10月31日, 東北大学.(本人発表).  

中野孝教 マルチ元素・同位体による水質マップ作成事業:循環を基軸にした地下水管理への展開. 水循環に関する勉強会, 2012年07月13日, 公益財団法人リバーフロント研究所(東京都中央区).(本人発表).  

中野孝教 多項目水質マップ作成による資源地質型環境研究体制の提案. 資源地質学会第62回年会学術講演会, 2012年06月27日-2012年06月29日, 東京大学小柴ホール(東京都文京区).(本人発表).  

中野孝教 黄砂と生態系のつながりを探る. 第11回地球研地域連携セミナーFUKUOKA 東アジアの「環境」安全保障 風上・風下論を超えて, 2012年06月10日, エルガーラホール(福岡市中央区) .(本人発表).  

中野孝教 多項目水質マップによる市民連携型ー地下水診断. 公益社団法人日本地下水学会2011年秋季講演会(広島大会), 2011年10月20日, 広島グランドインテリジェントホテル.(本人発表).  

中野孝教 水質診断から始める町づくりネットワーク:研究者と地域の新しい協働をめざして. 大槌の過去、現在、未来を考える車座会議, 2011年10月10日-2011年10月10日, 大槌町中央公民館.(本人発表).  

中野孝教 ジオ多様性が生み出す水と生物の質的多様性. 2011年度第2回 ジオ多様性研究会, 2011年10月07日-2011年10月08日, JAMSTEC東京事務所.(本人発表).  

中野孝教 地球研の同位体分析施設と環境トレーサビリティ研究. 第1回 同位体環境学シンポジウム , 2011年09月29日-2011年09月30日, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 3月調査水試料の分析結果概略. , 2011年04月15日, 横浜国立大学 理学研究棟404室.(本人発表).  

中野孝教 水ヘルス班の報告. 門司プロ研究会, 2011年04月01日, 地球研講演室.(本人発表).  

中野孝教 Ecosystem risk evaluation of Laguna watershed based on traceability information using multi-stable isotopes. Mini-Workshop: RIHN, UPLB, UPM and LLDA teams, 2011,03,12, フィリピン大学ロスバニョス校.(本人発表).  

中野孝教 資源自立型社会に向けたトレーサビリティー診断法の開発と普及. , 2011年02月28日, 秋田大学環境資源センター.(本人発表).  

中野孝教 吉出山の地下水脈を探る. , 2011年02月26日, 遊佐町役場会議室.(本人発表).  

中野孝教 黄砂と酸性雨の安定同位体トレーサビリティー研究. , 2010年06月17日, 早稲田大学.(本人発表).  

中野孝教 吹田の水の質から考える人と地球環境のかかわり. 吹田市制施行70周年記念事業「水でつながる人とモノ」, 2010年06月13日, 国立民族学博物館.(本人発表).  

中野孝教 地球研・市民連携ワークショップ「びっくり!あなたの水もミネラルウォーター」. 水の器 手のひらから地球まで, 2010年06月12日, 国立民族学博物館.(本人発表).  

中野孝教 地球研・市民連携ワークショップ「水の形から見る地域」. 水の器・連携研究「人と水」フォーラム「水のペットボトルから見る地域と文化」, 2010年03月28日, 国立民族学博物館.(本人発表).  

中野孝教 安定同位体マップによる環境のトレーサビリティー診断について. プラズマ分光分析研究会第78回講演会, 2010年03月26日, 京都大学 宇治キャンパスおうばくプラザ.(本人発表).  

中野孝教 . 第7回道前平野地下水資源検討会, 2009年11月12日, 愛媛県西条市.  

中野孝教 「森と海の生き物をつなぐ安定同位体」. 人間文化研究機構連携研究「人と水」, 2009年11月07日, 岩手県大槌.  

中野孝教 「環日本海生態系の安定同位体トレーサビリティー診断」. 第3回環日本海域環境シンポジウム, 2009年10月29日, 金沢市(第4高等学校記念文化交流館). .  

中野孝教 地球温暖化と気候変動. , 2009年06月03日, 京都大学大学院 地球環境学堂.(本人発表).  

中野孝教 . 第6回道前平野地下水調査検討会, 2009年04月23日, 愛媛県西条市 .  

中野孝教 「鳥海山の水の起源を探る」. 山と湧水の学習会, 2009年02月12日, 山形県遊佐町、藤井公民館.  

中野孝教 鳥海の地質と生き物をつなぐ水. 大学改革シンポジウム, 2008年11月15日, 山形県 鳥海自然文化館「遊楽里」.(本人発表).  

中野孝教 西条のおいしい水を科学する. 水のつながりを考える ーふるさと西条のおいしい水を、未来へー, 2008年09月15日, 愛媛県西条市.(本人発表).  

中野孝教 安定同位体診断学にむけて. 和田英太郎名誉教授エジンバラ公賞受賞記念公演会 人と環境のつながりを診るめがねー安定同位体ー, 2008年07月13日, 京都市 ホテル京阪・桜の間.(本人発表).  

中野孝教 伊予西条の水質と地質. 連携研究「人と水」第3回研究会, 2007年10月13日, 愛媛県 西条市.(本人発表).  

西本聡志、勝山正則、斎藤有、中野孝教 花崗岩森林流域におけるSr同位体比を用いた地下水浸透・流出過程の解析. 水資源学会, , .  

【ポスター発表】

Ryoma AOKI(1),Hiroshi OKOCHI(1),Hiroko OGATA(1) Kazuki SHINMEN(1), Manabu IGAWA(2), Takanori Nakano(3) Trends of stream water chemistry in Tanzawa mountains resulting from changes in atmospheric deposition. International Conference of Asian Environmental Chemistry, 2014,11,24-2014,11,26, チュラポーン研究所 コンベンションセンター.  

中野孝教 岩手県大槌町の地下水の元素-安定同位体マップ. 第3回同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2013年12月18日, 総合地球環境学研究所.(本人発表).  

中野孝教 山形県遊佐町の湧水と表流水の水質マップ. 日本地球惑星科学連合 2013年度連合大会, 2013年05月19日-2013年05月24日, 幕張メッセ国際会議場.(本人発表).  

淀瀬達也、千葉 仁、中野孝教、丸山誠史 硫黄同位体比と水素・酸素同位体比から見た中国地方の大気降下物の起源. 第2回 同位体環境学シンポジウム, 2013年02月18日-2013年02月19日, 総合地球環境学研究所.  

森本真紀、丸山誠史、阿部 理、中塚 武、中野孝教 炭酸塩試料の炭素・酸素同位体比測定に向けたGas Bench Ⅱ- DELTA V Plus. 第2回 同位体環境学シンポジウム, 2013年02月18日-2013年02月19日, 総合地球環境学研究所.  

中野孝教 Use of multiple-isotope analytical system into aquatic ecosystem. 先進陸水海洋学会日本大会(ALSO), 2012,07,12, 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール.(本人発表).  

石山大三、川原谷浩、佐藤祐美、佐藤比奈子、張 建東、Pham Noc Can(秋田大・工資)、中野孝教、宮川千絵、丸山誠史(地球研) 秋田県の河川水の化学組成の特徴ー多項目水質マップ作成による資源地質型環境研究体制に提案における研究例ー. 資源地質学会第62回年会学術講演会, 2012年06月27日-2012年06月29日, 東京大学小柴ホール(東京都文京区).(本人発表).  

中野孝教 ラオス中部サバナケット州の水質診断. 日本地球惑星科学連合 2012年度連合大会, 2012年05月20日-2012年05月24日, 幕張メッセ国際会議場(千葉市).(本人発表).  

勝山正則、西本聡志、齋藤有、中野孝教、谷誠 Application of Strontium isotope to hydrogical study of groundwater dynamics in a weathered granite catchment. AGU Fall Meeting 2010, San Francisco, 2010,12,13-2010,12,17, サンフランシスコ.  

石丸恵利子・申基澈・寺村裕史・中野孝教・湯本貴和 「ストロンチウム同位体分析による狩猟採集域の読み解き」. 第13回動物考古学研究集会, 2009年12月19日-2009年12月20日, 茨城県自然博物館.  

覚張隆史、植月学、中野孝教、湯本貴和、米田穣 同位体分析による山梨県中世馬の産地識別. 第13回動物考古学研究集会, 2009年12月19日-2009年12月20日, ミュージアムパーク茨城県自然博物館.  

石丸恵利子・申基澈・寺村裕史・中野孝教・湯本貴和 「縄文時代の狩猟域を明らかにすることはできるのか?-ストロンチウム(Sr)同位体によるアプローチー」. 第10回関西縄文文化研究会, 2009年12月12日-2009年12月13日, 滋賀県立安土城考古博物館.  

石丸恵利子、申基澈、寺村裕史、辻野亮、中野孝教、湯本貴和 縄文・弥生時代の狩猟域 -ストロンチウム同位体分析を通じてー. 日本哺乳類学会2009年度台北大会, 2009年11月21日-2009年11月24日, 台湾大学.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

中野孝教 地下から始めた同位体マラソンを通して出会った人と学んだこと. 同位体環境学特別講演会, 2016年03月26日, 国立京都国際会館.  

中野孝教 . 市民化学活動研究会, 2015年06月13日-2015年06月14日, さよう文化情報センター.  

中野孝教 水のつながりを見る水質マップ事業. 第11回 柿田川シンポジウム「日本の湧水と柿田川」, 2014年11月08日, 三島商工会議所.  

中野孝教 水質マップ作りから始める地球環境保全ネットワーク. INS 水と環境研究会 第3回研究会, 2014年11月05日, 岩手大学工学部 総合教育研究棟.  

中野孝教 Isotope ecology using isotopic compositions of heavy elements. 安定同位体生態学ワークショップ2014, 2014,08,30-2014,09,05, 京都大学生態学研究センター.  

中野孝教 環境実感都市に向けた水質マップ作り. 知識情報基盤 分野ワークショップ, 2014年07月01日, 大阪市立大学大学院創造都市研究科 梅田サテライト教室.  

Takanori Nakano A new earth observation tool using multiple stable isotopes: an example of eutrophication diagnosis in Lake Biwa, Japan. 7th GEOSS Asia-Pacific Symposium, 2014,05,26-2014,05,28, Tokyo, Japan.  

中野孝教 環境実感都市に向けた水質マップ作り. 大阪市立大学創造都市研究科 知識情報基礎 分野ワークショップ, 2013年04月30日, 大阪市立大学大学院創造都市研究科 梅田サテライト教室.  

中野孝教 地球環境化学マップと同位体堆積学. 日本堆積学会 2013年千葉大会, 2013年04月10日-2013年04月15日, 千葉大学西千葉キャンパス.  

中野孝教 西条の水質マップ作りから始める湧水生態系保全ネットワーク. 湧水保全フォーラム全国大会inさいじょう ~これまでも水、これからも水~, 2012年10月12日-2012年10月12日, 西条市総合文化会館 小ホール.  

中野孝教 アジア地域の環境地球化学マップ事業. 2012年度 日本地球化学会年会 第59回, 2012年09月11日-2012年09月13日, 九州大学箱崎キャンパス文系地区(福岡市).  

中野孝教 地域連携による水のマルチ元素・同位体マップ作成と山地判別への展開. 日本分析化学会 表示・起源分析技術研究懇談会第7回講演会 「重元素同位体比を利用した起源推定技術」, 2012年07月04日, ティアラこうとう小ホール(東京都江東区).  

中野孝教 マルチ水質トレーサー法の開発とアジア版ジオアイソスケープへの展開. 日本地球惑星科学連合 2012年度連合大会, 2012年05月20日-2012年05月24日, 幕張メッセ国際会議場(千葉市).  

中野孝教 JaSPaシステムの利用:水質の多様性から生物を診る. 中国・四国地域に潜む多様な環境と生物ー「地球環境の縮図「JaSPaシステム」, 2011年05月14日, 香川大学 幸町北キャンパス.  

中野孝教 地球環境のトレーサビリティー研究. 新潟県高等学校理科研究会役員会, 2011年02月25日, 新潟県立新津南高等学校.  

中野孝教 岩石由来の安定同位体を用いた森林生態系の物質の循環. , 2010年10月01日, 京都大学農学部総合館.  

中野孝教 千の水が診るうちぬきの未来. 地下水シンポジウム 未来につなぐ地下水の科学 ~水の都 西条からの発信~, 2010年09月23日, 西条市.  

中野孝教 水・食・健康ー安定同位体で診るくらしと環境問題ー. 和田英太郎名誉教授エジンバラ公賞受賞記念公演会 人と環境のつながりを診るめがねー安定同位体ー, 2008年07月13日, 京都市 ホテル京阪・桜の間.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

日本地球惑星科学連合 2015年度連合大会, コンビーナ (環境トレーサビリティー手法の新展開). 2015年05月24日-2015年05月28日, 幕張メッセ国際会議場.  

日本地球惑星科学連合 2013年度連合大会, コンビーナ (同位体環境学の創出セッション). 2013年05月19日-2013年05月25日, 幕張メッセ国際会議場.  

【その他】

2010年 日本水文科学会 アブストラクト 「Time series analysis for the identification of tidal effect on groundwater in the coastal area of Saijyo Basin, Japan」  

2010年 日本水文科学会 アブストラクト 「愛媛県西条平野・周桑平野におけるフロン類(CFCs)による地下水流動系の解明」  

調査研究活動

【海外調査】

水質調査. フィリピン バタン湾, 2012年06月03日-2012年06月07日.  

水質調査. フィリピン ラグーナ流域, 2011年03月11日-2011年03月17日.  

水質調査. ラオス セポン州, 2010年08月02日-2010年08月09日.  

外部資金の獲得

【科研費】

氷河・氷床の暗色化のプロセスの解明(研究分担者) 2014年04月01日-2018年03月31日. 基盤研究(A) (26247078).  

津波塩水化プロセスの解明を起点とした水質診断ネットワークの創出(研究代表者) 2012年04月01日-2015年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (24651031).  

ラオス全土水質マップ作成による地域ジオ/エコヘルス研究の推進(研究分担者) 2012年04月01日-2015年03月31日. 基盤研究(A) (24241083).  

バックグラウンド黄砂の動態と高所における大気液相化学および植生への影響評価(研究分担者) 2010年04月01日-2013年03月31日. 基盤研究(B) (22310022).  

地質の安定同位体を利用した環境実感指標の開発:愛媛県西条市を事例に(研究代表者) 2009年04月01日-2011年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (21651012).  

環境同位体トレーサビリティー法を用いた陸域-淡水域生態系変化の原因解明(研究代表者) 2006年04月01日-2010年03月31日. 基盤研究(A) ().  

岩石に由来する安定同位体を用いた食品の産地判断法の開発(研究代表者) 2005年04月01日-2008年03月31日. 萌芽研究 ().  

【受託研究】

大野盆地における地下水質等分析 2015年11月04日-2016年03月20日. .  

西条市の地下水水質モニタリング 2015年10月26日-2016年03月10日. .  

香川県の地下水涵養に関するモニタリング手法の開発 2015年10月02日-2016年03月25日. .  

元素分析及びストロンチウム安定同位体分析によるサヤエンドウの原産地判別法の検討(継続)及びネギのストロンチウム安定同位体比分析による産地判別法の検討 2015年06月01日-2016年03月31日. .  

大野盆地における地下水質等分析 2015年01月08日-2015年08月31日. .  

「元素分析及びストロンチウム安定同位体比分析による冷凍ほうれんそうの原料原産地判別法の検討(継続)」、「元素分析及びストロンチウム安定同位体比分析によるサヤエンドウの原産地判別法の検討(新規)」及び「元素分析及びストロンチウム安定同位体比分析によるアスパラガスの原産地判別法の検討(新規)」 2014年06月01日-2015年03月31日. .  

湾岸生態系の多様性機能評価のための多元素同位体トレーサー技術の開発 2013年10月01日-2015年03月31日. .  

西条市の地下水モニタリング 2013年07月31日-2014年03月10日. .  

イトヨ湧水調査研究事業:同位体解析を含む伏流水調査 2013年07月08日-2014年02月28日. .  

「重元素同位体比分析による野菜類の産地判別法の検討」、「元素分析及びストロンチウム安定同位体比による冷凍ほうれんそうの原料産地判別法の検討」及び「ストロンチウム安定同位体比によるレンコン等水煮製品の産地判別法の開発」 2013年06月01日-2014年03月31日. .  

富士山における水循環の解明と持続可能な地下水利用に関する研究 2013年05月28日-2014年03月10日. .  

ストロンチウム安定同位体比分析によるゴボウ及びショウガ産地判別法の開発及び元素分析及びストロンチウム安定同位体比分析によるウナギ加工品の産地判別の開発について 2012年06月01日-2013年03月31日. .  

富士山における水循環の解明と持続可能な地下水利用に関する研究 2012年04月01日-2013年03月31日. .  

富士山における水循環の解明と持続可能な地下水利用に関する研究 2011年06月15日-2012年03月31日. .  

ストロンチウム安定同位体比分析によるゴボウ及びショウガ産地判別法の開発及び元素分析及びストロンチウム安定同位体比分析によるウナギ加工品の産地判別法の開発について 2011年06月01日-2012年03月31日. .  

鳥海山麓における湧水の地下水脈考察(継続) 2011年04月01日-2012年03月31日. .  

鳥海山麓における湧水の地下水脈考察 2011年01月04日-2011年03月31日. .  

西条市の堆積物の起源推定と元素吸着実態の解明研究 2010年10月-2011年03月18日. .  

ストロンチウム安定同位体比分析による産地判別法への適用について 2010年04月01日-2011年03月31日. .  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

西条市, 西条市地下水法システム研究会委員. 2014年10月-2016年09月.  

一般財団法人日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター, 平成26年度オゾン・酸性沈着の生態系影響評価ワーキンググループ委員. 2014年06月-2016年03月.  

西条市道前平野地下水資源調査研究委員会, 西条市道前平野地下水資源調査研究委員会委員. 2012年07月-2016年03月.  

遊佐町, 遊佐町水循環保全条例検討会議アドバイザー (条例案作成にあたっての立法事実等に関する助言). 2012年07月-2012年12月.  

日本学術会議, 地球惑星科学委員会IUGS分科会IAGC小委員会委員. 2012年03月-2014年09月.  

日本学術振興会, 専門委員. 2009年12月-2010年11月.  

西条市 地下水資源調査研究委員会, 委員. 2007年04月-2011年03月.  

【共同研究員、所外客員など】

名古屋大学, 客員教授 (大学院環境学研究科). 2010年08月-2014年03月.  

国立大学法人秋田大学, 客員教授. 2010年04月-2014年03月.  

【依頼講演】

市民と作る水質マップその2:京都の水から考える. 第67回地球研市民セミナー, 2016年03月25日-2016年03月25日, ハートピア京都.  

市民と作る水質マップ. 第64回地球研市民セミナー, 2015年11月20日, ハートピア京都.  

【その他】

2010年07月31日 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI 「地域連携による環境動態モニタリング教育の実践」  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

鳥海山フォーラム 2カ年の研究・調査報告. 荘内日報, 2012年12月26日 .  

地下水脈調査を報告 遊佐・鳥海山フォーラム. 山形新聞, 2012年12月25日 .  

「鳥海山麓・吉出山 遊佐の岩石採取の地下水の影響」調査報告会. 山形新聞, 2012年03月26日 朝刊.  

京都の水道水“力士型” 水の特徴「ヘキサ」で視覚化 イオンバランス地域ごとに個性. 京都新聞, 2010年06月05日 夕刊, 8面.  

【著書等に対する書評】

中野孝教・齋藤有 森と海の生き物をつなげる安定同位体 (秋道智彌他 2011年02月 大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ に関する書評). 朝日新聞 第2岩手, 2011年03月04日 朝刊(12), 28.  

中野孝教 世界屈指の湧水量、いもち病予防 鳥海山水系の恵み解明 遊佐のシンポ 報告書を刊行 (秋道智彌他 2010年03月 鳥海山の水と暮らしー地域からのレポートー に関する書評). 山形新聞, 2010年06月02日 朝刊, 11面.  

教育

【大学院教育・研究員などの受け入れ】

(2015) 受託研究員(2人) .  

(2014) 受託研究員(2人) .  

(2013) 日本学術振興会特別研究員(1人) .  

(2013) 受託研究員(2人) .  

(2012) 日本学術振興会特別研究員(1人) .  

(2012) 受託研究員(1人) .  

(2011) 受託研究員(1人) .  

(2010) 受託研究員(1人) .  

【非常勤講師】

熊本大学大学院, 理学部, 集中講義. 2015年07月-2015年07月.  

早稲田大学大学院, 創造工学研究科, 同位体環境学. 2015年04月-2015年06月.  

早稲田大学, 理工学術院, 同位体環境学. 2014年05月-2014年06月.  

熊本大学大学院, 自然科学研究科, 地下水学要論. 2013年04月-2014年03月.  

秋田大学, 国際資源学部国際資源学科, 資源開発環境学特別講義Ⅰ. 2013年04月-2014年03月.  

早稲田大学, 理工学術院, 同位体環境学(春学期集中). 2013年04月-2013年09月.  

岡山大学大学院, 自然科学研究科, 地球科学特別講義Ⅱ. 2012年08月-2012年08月.  

LLDA(Laguna Lake Development Authority), Stable Isotopes (SI) for Environmental Studies. 2012年08月-2012年08月. Philippines.  

神戸大学大学院, 人間発達環境学研究科, 水環境科学特論. 2012年07月-2012年08月.  

早稲田大学, 理工学術院, 同位体環境学. 2012年05月.  

熊本大学, 自然科学系, Gelk集中講義. 2011年10月.  

神戸大学大学院, 人間発達環境学研究科 自然環境論コース, 水環境化学特論. 2011年07月.  

筑波大学, 生命環境学郡 地球学類, 総合科目 ガイアの星Ⅰ. 2011年06月.  

早稲田大学理工学術院, 同位体環境学. 2011年05月-2011年06月.  

京都大学, 平成23年度リレー講義「森里海連環学ー森・川・海と人のつながりー」, 森里海間の物資循環ーミネラル成分. 2011年04月.  

西条市市民大学, 西条未来づくり講座「~西条は学びのフィールド~」, 「西条の水はみんなミネラルウォーター」. 2010年11月.  

ユネスコ・アジア太平洋地域国際水文学計画(IHP), IHP トレーニングコース, トレーサビリティー. 2010年11月.  

同志社大学, 経済学部, 科学と技術. 2010年10月.  

京都大学, 平成22年度リレー講義森里海連環学ー森・川・海と人のつながりー. 2010年10月.  

阪神シニアカレッジ, 地球環境のトレーサビリティー. 2010年06月.  

早稲田大学理工学術院, 同位体環境学. 2010年05月-2010年06月.  

国立大学法人秋田大学, 工学資源学部附属環境資源学研究センター. 2010年04月-2011年03月.  

京都大学, 総合人間学部, 森里海連環学. 2009年12月.  

阪神シニアカレッジ, 地球環境のトレーサビリティー診断-琵琶湖の水質診断-. 2009年07月.  

京都大学環境学堂. 2009年06月.  

早稲田大学, 理工学部環境資源工学科, 同位体環境学. 2009年05月-2009年06月.  

同志社大学, 経済学部, 物質循環をとらえる科学と技術. 2009年04月.  

京都精華大学.