総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名小田 龍聖
氏名(かな)おだ きみさと
所属研究部
職名プロジェクト研究員
着任日2019-04-01
離任日 
生年1985
学歴京都大学農学部森林科学科卒業(2007)
京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了(2009)
京都大学大学院農学研究科森林科学専攻博士後期課程修了(2018)
職歴総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員(2019)
奈良県立大学 兼任講師(2019)
大阪産業大学 非常勤契約助手(2019)
京都大学学際融合教育研究推進センター 研究員(2019)
泉佐野市臨時嘱託員(2019)
総合地球環境学研究所(FEAST Project)Research Assistant(2016)
学位博士(農学)(京都大学 2018)
修士(農学)(京都大学 2010)
専攻・バックグラウンド森林科学
環境デザイン学
景観生態学
文化景観
都市水系
所属学会日本造園学会
日本緑化工学会
ホームページhttps://researchmap.jp/odakimi/

 

論文

【原著】

曽根直幸、小田龍聖、守谷修 2019年10月 2019年度日本造園学会全国大会:フォーラム報告 都市農地から人口減少社会の将来像を考える-コンパクトシティのための「農」の新たなあり方とポテンシャル-. ランドスケープ研究 83(3):318-325.

小田龍聖, 深町加津枝, 柴田昌三 2019年08月 琵琶湖疏水水系における沈水植物の流入および分布状況. 日本緑化工学会誌 45(1):51-56. (査読付).

Oda Kimisato, Rupprecht Christoph D. D., Tsuchiya Kazuaki, McGreevy Steven R. 2018,04 Urban Agriculture as a Sustainability Transition Strategy for Shrinking Cities? Land Use Change Trajectory as an Obstacle in Kyoto City, Japan. SUSTAINABILITY 10.0(4.0). (査読付).

小田龍聖, 脱穎, 深町加津枝, 柴田昌三 2017年08月 京都市白川における都市内河川の空間構造に対する地域住民の選好性. 日本緑化工学会誌 43.0(1.0):92.0-96.0. (査読付).

小田慶喜, 小田龍聖, 三浦敏弘 2017年03月 新たなスポーツ文学の取り組みを考える : スポーツ文学講義の可能性. 身体運動文化論攷 16.0:129.0-147.0. (査読付).

小田龍聖, 深町加津枝, 柴田昌三 2016年08月 京都市東山区における河川環境に対する周辺住民の意識とその実態. 日本緑化工学会誌 42.0(1.0):38.0-43.0. (査読付).

小田慶喜, 三浦敏弘, 小田龍聖 2014年03月 身体運動文化における環境教育の教材研究 : 周辺の自然を継続的に理解する取り組み. 身体運動文化論攷 13.0:89.0-106.0. (査読付).

今西亜友美, 小田龍聖, 今西純一, 夏原由博, 森本幸裕 2012年08月 琵琶湖の浚渫土中の散布体バンクの種組成と空間的分布. 日本緑化工学会誌 38.0(1.0):85.0-90.0. (査読付).

小田龍聖, 三浦敏弘, 小田慶喜 2012年03月 身体運動文化における自然活動の教材研究 : 環境教育導入としてのオニバス調査. 身体運動文化論攷 11.0(0.0):111.0-128.0. (査読付).

会合等での研究発表

【口頭発表】

小田龍聖、深町加津枝、柴田昌三 琵琶湖疏水水系における沈水植物の流入および分布状況. 日本緑化工学会・第50回記念大会, 2019年09月14日-2019年09月15日, 福岡県福岡市.

ODA kimisato, Rupprecht Christoph D.D. Mapping agricultural land use change in Kyoto City (Japan) from 2007 to 2016. American Association of Geographers Annual Meeting, 2018.04.12-2018.04.12, new orleans. (本人発表).

Kim Satbyul, Rupprecht Christoph D.D., 小田龍聖 京都市における農地のマッピング×参与観察 -都市地域のインフォーマルな食農システムの解明に向けて-. 第32回人文機構シンポジウム「人文知による情報と知の体系化~異分野融合で何を創るか」(機構合同シンポジウム), 2018年02月26日-2018年02月26日.

ODA Kimisato, Rupprecht Christoph D.D. FOSS4Gを用いた京都盆地の農地の変遷の把握. FOSS4G 2017 kyoto, 2017年10月15日-2017年10月15日, 京都. (本人発表).

小田龍聖,脱穎,深町加津枝,柴田昌三 京都市白川における都市内河川の空間構造に対する地域住民の選好性. ELR2017名古屋, 2017年09月23日-2017年09月23日, 名古屋. (本人発表).

小田龍聖,深町加津枝,柴田昌三 京都市東山区における河川環境に対する周辺住民の意識とその実態. 第47回日本緑化工学会大会, 2016年10月02日-2016年10月02日, 京都. (本人発表).

小田龍聖 Importance of aqua ecosystem in historical urban areas. URBIO2014, 2014.10.10-2014.10.10, incheon. (本人発表).

【ポスター発表】

公益社団法人日本造園学会関西支部ランドスケープ遺産研究部会 ランドスケープ遺産 ~人が集う/愛でる/営む・敬う、ランドスケープ「資産」~. 2019年度日本造園学会関西支部大会(和歌山), 2019年10月27日-2019年10月27日, 和歌山県和歌山市. (本人発表). ランドスケープ遺産研究部会として展示(井原縁,大平和弘,小田龍聖)

小田龍聖,松井紫朗,森本幸裕 国際宇宙ステーションでの長期滞在に向けた植物ユニット「宇宙庭」の提案. URBIO2010 Urban Biodiversity & Design, 2010年05月21日-2010年05月21日, 名古屋. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

小田龍聖、Rupprecht Christoph 縮小社会から見た都市の農地. 応用哲学会サマースクール2019, 2019年09月15日-2019年09月17日, 京都府京都市.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

日本造園学会 関西支部 ランドスケープ遺産研究部会, 事務局 (ランドスケープ遺産の候補地提案、リストの作成と整理、分類、解説文の作成、展示などに関連する業務全般。). 2019年08月- .  https://www.kansai.jila-zouen.org/%e9%83%a8%e4%bc%9a%e6%b4%bb%e5%8b%95/%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%97%e9%81%ba%e7%94%a3%e7%a0%94%e7%a9%b6%e9%83%a8%e4%bc%9a/

【依頼講演】

京都の食と農の今と未来を考える. 地産地消プロジェクト報告会, 2020年02月27日, 京都市.  https://www.k-gpn.org/chisan200227/

京都の自然と野生動物とのかかわり 琵琶湖疏水の魚と水草. 野生動物学のすすめ , 2019年04月13日, 〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内 京都市動物園.

教育

【非常勤講師】

奈良県立大学, 地域創造学部, 科学技術と社会. 2019年10月- .