総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名金本圭一朗
氏名(かな)かねもと けいいちろう
所属研究部
職名准教授
着任日2018/10/01
離任日 
受賞歴Highly Cited Researcher in the field of Cross-Field, Clarivate Analytics, 2018
Outstanding Reviewer Awards for Environmental Research Letters, IOP Publishing, 2018
ホームページhttps://sites.google.com/site/keiichirokanemoto/

 

論文

【原著】

Moinul Islam, Keiichiro Kanemoto, Shunsuke Managi 2019,02 Growth potential for CO2 emissions transfer by tariff reduction. Environmental Research Letters. DOI:10.1088/1748-9326/aaf688 (査読付).

Arne Geschke, Julien Ugon, Manfred Lenzen, Keiichiro Kanemoto, Daniel Moran 2019,01 Balancing and Reconciling Large Multi-Regional Input-Output Databases Using Parallel Optimisation and High-Performance Computing. Journal of Economic Structures 8(2). DOI:10.1186/s40008-019-0133-7 (査読付).

Keiichiro Kanemoto, Tesshu Hanaka, Shigemi Kagawa, Keisuke Nansai 2018,07 Industrial clusters with substantial carbon-reduction potential. Economic Systems Research. DOI:10.1080/09535314.2018.1492369 (査読付).

Daniel Moran, Keiichiro Kanemoto, Magnus Jiborn, Richard Wood, Johannes Többen, Karen Seto. 2018,06 Carbon footprints of 13 000 cities. Environmental Research Letters 13(6). DOI:10.1088/1748-9326/aac72a (査読付).

会合等での研究発表

【口頭発表】

Keiichiro Kanemoto Spatial Footprint Analysis. Australia – Japan Computational Sustainability Research Workshop, December 2018, Sydney. (本人発表).

土中哲秀, 金本圭一朗, 加河茂美 帰属分析を用いた環境経済構造の把握. 環太平洋産業連関分 析学会, 2018年11月02日-2018年11月04日, 愛知県名古屋市.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

金本圭一朗 “企業のグローバルサプライチェーンが 引き起こす森林リスクについて ‒ 先端研究より”. エンゲージメントの世界の潮流と日本の状況セミナー, 2018年11月25日-2018年11月26日, 東京都中央区.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

環太平洋産業連関分析学会 (座長、討論者). 2018年11月02日-2018年11月04日, 愛知県名古屋市.

エコバランス国際会議, 実行委員. 2018年10月08日, 東京都墨田区.