総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名大澤 隆将
氏名(かな)おおさわ たかまさ
所属研究部
職名研究員
着任日2017-10-01
離任日 
学歴早稲田大学第一文学部総合人文学科人文専修(2003)
東京海洋大学大学院海洋環境保全学専攻博士前期課程修了(2009)
London School of Economics and Political Science, MSc in Social Anthropology (Taught Course) (2010)
University of Edinburgh, School of Social and Political Science, PhD in Social Anthropology (2016)
職歴総合地球環境学研究所研究員 (2017)
東京海洋大学海洋工学部博士研究員 (2015)
学位PhD (University of Edinburgh 2016)
MSc (London School of Economics and Political Science 2010)
海洋科学修士 (東京海洋大学 2009)
専攻・バックグラウンド社会人類学
所属学会文化人類学会
The International Society for Hunter Gatherer Research

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

Osawa, T. 2017,02 'Perception of Political Power: A case of Suku Asli in eastern Sumatra'. Ngo van Le et al. (ed.) Việt Nam và Đông Nam Á trong bối cảnh toàn cầu hóa. National Vietnamese University Press, Ho Chi Minh City, pp.265-291.  http://nxbdhqghcm.edu.vn/san-pham/1/sach/55/ky-yeu-hoi-thao-khoa-hoc/1981/viet-nam-va-dong-nam-a-trong-boi-canh-toan-cau-hoa-.htm

論文

【原著】

大澤隆将 2018年04月 「シアク川河口島嶼河口沿岸部に暮らすオラン・アスリの集団的呼称についての考察」. 熱帯泥炭社会プロジェクトディスカッションペーパーシリーズ No. 3:pp. 1-12.

Osawa, T. 2017,12 'Associating Land with People: Land and Collective Identity among the Suku Asli of Sumatra'. Jurnal Antoropologi: Isu-isu Sosial Budaya 19(2):109-123. DOI:10.25077/jaisb.v19.n2.p109-123.2017 (査読付).

大澤隆将 2017年03月 「国家の拒絶と受容―東部スマトラ沿岸部の部族社会における周縁性と権力に対する態度」. 『文化人類学』 81(4):567-585. (査読付).  http://www.jasca.org/publication/jjca/frame-jjca.html

その他の出版物

【書評】

大澤隆将 2020年03月 「森の学校―森棲みの人々の学校とは、その模索を通じて綴られた女性活動家の自伝的民族誌」 (Butet Manurung 2016年 Sokola Rimba に関する書評). 『カパルの本棚』(インドネシア研究懇話会のHP掲載).  https://kapal-indonesia-jepang.net/kontribusi/rakbuku/manurung-sokola-rimba/

大澤隆将 2019年10月 書評:「援助・住民参加・主体性:『反政治装置』」 (James Ferguson 1994年 The Anti-Politics Machine: 'Development', Depoliticization, and Bureaucratic Power in Lesotho. に関する書評). Humanity & NAture Newsletter: 地球研ニュース 78:15-15.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

榊原正幸・大澤隆将 2020年02月 「プロジェクトリーダーに迫る!-国連や民間企業の力が問題解決の可能性を拓く」. Humanity & NAture Newsletter: 地球研ニュース 79:x-xx.

Takamasa Osawa, Ryosuke Kajita 2020年02月 'Summary of Indonesian fires in 2019'. 熱帯泥炭社会プロジェクトニュースレター No.8:5-7.

梶田諒介・大澤隆将 2019年12月 「2019年7月~10月のインドネシア泥炭火災・煙害に関する現地報道」. 熱帯泥炭社会プロジェクトニュースレター No. 7:1-4.

大澤隆将 2019年10月 「編集後記」. Humanity & NAture Newsletter: 地球研ニュース 78:16-16.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/

大澤隆将 2018年12月 「ニュースヘッドライン:2018年7月~10月分」. 熱帯泥炭社会プロジェクトニュースレター No. 5:7.  http://www.chikyu.ac.jp/peatlands/img/newsletter/vol5.pdf

大澤隆将 2018年08月 「ニュースヘッドライン:2018年4月~6月」. 熱帯泥炭社会プロジェクトニュースレター No. 4:7.  http://www.chikyu.ac.jp/peatlands/img/newsletter/vol4.pdf

大澤隆将 2018年07月 「百聞一見:相手の世界を理解するということ」. Humanity and Nature Newsletter: 地球研ニュース No. 73:13.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_73.pdf

大澤隆将 2018年04月 「2018年のリアウ州泥炭火災に関する被害面積報道のまとめ」. 熱帯泥炭社会プロジェクトニュースレター No. 3:p. 7.  http://www.chikyu.ac.jp/peatlands/img/newsletter/vol3.pdf

会合等での研究発表

【口頭発表】

大澤隆将 「空間認識の錯綜:国家、開発、泥炭」. 研究会:統治のフロンティア空間をめぐる人類学, 2019年10月27日, 国立民族学博物館、吹田市. (本人発表).  https://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/18jr197

大澤隆将 「議論無き選挙:東部スマトラに暮らすアキットの村落長選挙を通して」. 文化人類学会第53回研究大会, 2019年06月01日-2019年06月02日, 東北大学、仙台市. (本人発表).  https://confit.atlas.jp/guide/event/jasca53rd/top

Osawa T. 'Peat environment and tribal people: A study of eastern Sumatra'. The 3rd Anniversary of Indonesia-Kyoto Collaborative Agreements for Peatland Restoration in Indonesia, 2019.03.22, Kyoto University, Kyoto.. (本人発表).

Osawa, T. 'Externalization of state power: Orang asli on the eastern coast of Sumatra′. 12th International Conference on Hunting and Gathering Societies (CHAGS 12), 2018.07.26, Malaysia Sains University, Penang. (本人発表).

大澤隆将 「カテゴリ、先住民、泥炭—スマトラ東岸部先住民の人類学的研究を通して」. 第296回地球研談話会セミナー, 2018年06月19日, 総合地球環境学研究所、京都. (本人発表).

Osawa, T. ’Perception of political power: A case of Suku Asli in eastern Sumatra‘’. International Conference: Vietnam and Southeast Asia: Integration and Development, 2016.12.06, Phu Yen province、Vietnam. (本人発表).  http://en.hcmussh.edu.vn/?ArticleId=f5bcd230-1efd-4452-ba20-da59e0d8a1fb

Osawa, T. ’Maritime state, indigenous people and Chinese migrants: The history of ethnic alliance on the eastern coast of Sumatra′. International Marine Culture Conference, 2016.05.12, National Kaohsiung University, Kaohsiung, Taiwan. (本人発表).

Osawa, T. ’”Ancestral land” and collective identity among the Suku Asli of Sumatra’. ASA (Association of Social Anthropologists of the Uk) 14th Decennial Conference, 2014.06.21, University of Edinburgh, Edinburgh, UK. (本人発表).  https://www.theasa.org/conferences/asa14/index.shtml

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Osawa, T. 'Political communication between "indigenous people" and the government in Bengkalis'. Webinar Kuliah Umum Jurusan Ilmu Pemelintahan FISIP UNRI, 2020.09.21, Webinar held by FISIP, Riau University, Pekanbaru, Indonesia. (その他) インドネシア語による招待講演

Osawa, T. 'Indigenous knowledge, environmental research and transdisciplinary approach'. Senpling 2019: Seminar National Pelestarian Lingkungan, 2019.11.16, Hotel Pangeran, Pekanbaru. Keynote Speaker

Osawa, T. 'Orang Asli and the ethnic Chinese: Cultural Symbiosys and its formation on the eastern coast of Sumatra'. みんぱくワークショップ「アジアにおける狩猟採集民:生態学的適応と社会関係」, 2019.10.19, 国立民族学博物館、吹田市.  http://paleoasia.jp/activity/2019/1019102223/

Adi Prasetijo Orang Rimba: True Custodian of The Forest . The 297th Minpaku Research Department Joint Seminar, 2019.09.25, National Museum of Ethnology, Osaka. Commentator of the presentation.

大澤隆将 「国家権力との距離感-東部スマトラに暮らすオラン・アスリのアナキズム」. 京都人類学研究会, 2018年06月08日, 京都大学、京都市.

大澤隆将 「インドネシア周縁部の人類学的フィールドワークを通して」. 多文化コミュニケーション入門, 2018年05月15日, 甲南女子大学、神戸市.

Osawa, T. 'Research experience in Indonesia by a Japanese anthropologist. A practice of qualitative method‘’. Open Seminar of Andalas University, 2017.08.29, Padang, Indonesia. (その他)

Osawa, T. ’Who is the Akit? History and ethnicity of orang asli in Riau′. Open Seminar of Riau Islamic University, 2017.08.26, Riau Islamic University, Pekanbaru, Indonesia. (その他)

T. Osawa ‛Hidupan antara sungai dan hutan: Suku Asli dan lingkungan dari perspectif anthropologi.’. Riau University Open Seminar, 2012.12.19, Pekanbaru. (その他)

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

International Workshop: Praktik Wawancara Kuisioner Lingkungan, Workshop Organizer. 2020年01月25日, Riau University, Pekanbaru.

'Social transformation of Orang Rimba of Jambi under environmental change'、 総合地球環境学研究所プログラム1セミナー (企画・運営). 2019年10月21日-2019年10月21日, 総合地球環境学研究所、京都市.

´"Indigenous" space and local politics´, ASA (Association of Social Anthropologists of the Uk) 14th Decennial Conference (Panel Convenor). 2014年06月21日, University of Edinburgh, Edinburgh.  https://www.nomadit.co.uk/asa/asa2014/panels.php5?PanelID=2705

調査研究活動

【海外調査】

「東部スマトラのオラン・アスリ社会における選挙と民主主義の社会人類学的研究」. インドネシア、リアウ州、ベンカリス県, 2017年04月01日-2020年03月31日.

「スマトラ島東岸部ブンカリス島に暮らすスク・アスリの先住民性に関する研究」. インドネシア、リアウ州、ベンカリス県, 2012年01月-2012年12月.

「スマトラ島東岸ルパット島に暮らすアキットのシャーマニズムに関する研究」. インドネシア、リアウ州、ベンカリス県, 2006年07月-2007年12月.

外部資金の獲得

【科研費】

「東部スマトラにおける民族の分枝・存続に関する比較研究:資源利用と生業選択を通して」(研究代表者) 2020年04月-2023年03月. 若手研究 (20K13293).

「インドネシアにおける土地所有権と泥炭地回復」(研究分担者) 2019年04月01日-2021年03月31日. 基盤研究(B) (19H04350 ).

「東部スマトラのオラン・アスリ社会における選挙と民主主義の社会人類学的研究」(研究代表者) 2017年04月-2019年03月. 若手研究(B) (17K17729).

【共同研究】

「統治のフロンティア空間をめぐる人類学」 (国立民族学博物館) 2018年10月01日-2021年09月30日. 共同利用研究. 研究分担者として

教育

【非常勤講師】

敦賀市立看護大学, 看護学科, 比較文化論. 2019年04月-2019年08月.