総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名マキシミリアン スピーゲルバーグ
氏名(かな)Maximilian SPIEGELBERG
所属研究部
職名プロジェクト研究員
着任日2017-05-01
離任日 
生年1981
職歴2013-2010 Coordinator, Interdisciplinary Distance-learning Environmental Studies Master, FernUni Hagen
2009 Field Assistant, Project on Combating Desertification, GTZ Turkmenistan & Bonn
学位Ph.D. Environmental Management (Kyoto Uni, 2017)
M.A. Peace & Conflict Studies (Philipps Uni Marburg, 2009)
B.Sc. Environmental & Resource Management (BTU Cottbus, 2006)
自己紹介領域、文化、技能の枠組みを超えた交流を通じた持続可能な社会への転換に興味があり、様々な国や地域で暮らしながら研究や仕事をしてきました。2017年に、京都大学にて環境マネジメント専攻の博士号を取得し、現在は総合地球環境学研究所FEASTプロジェクトの研究員として勤務しています。最近は、オーガニック・マーケット、養蜂、(都市)農園を中心に研究を進めています。
ホームページhttp://feastproject.org

 

論文

【原著】

Spiegelberg, Maximilian; Baltazar, Dalton Erick; Sarigumba, Maria Paula E.; Orencio, Pedcris M.; Hoshino, Satoshi; Hashimoto, Shizuka; Taniguchi, Makoto; Endo; Aiko 2017,06 Unfolding livelihood aspects of the Water–Energy–FoodNexus in the Dampalit Watershed, Philippines. Journal of Hydrology: Regional Studies (Elsevier) 11:53-68. DOI:10.1016/j.ejrh.2015.10.009 (査読付).

その他の出版物

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

Spiegelberg, Maximilian, 真貝理香, C.D.D. Rupprecht, 甘靖超 2019年01月 平成29年度若手研究者支援経費・所長裁量経費の活動報告その1:ミツバチとともに未来をつくる. Humanity & Nature Newsletter 74:10-12.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_74.pdf?fbclid=IwAR2fLCdPhxuPvK5eReki8hp5RA6JYDPagUJrDtna2yjQsAuA7AEWphnwjY8

会合等での研究発表

【口頭発表】

Spiegelberg, Maximilian 趣旨説明. 第23回地球研地域連携セミナー京都:ミツバチと共に未来をつくる~ミツバチに優しいまちづくり・わたしたちにできること~, 2018年11月04日, 京都市中京区役所.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/area-seminars/no23.html

Spiegelberg, Maximilian The new force of beekeeping is an old one: about hobby beekeepers in Japan. The 14th Asian Apicultural Association Conference: Bees, Environment and Sustainability, 2018.10.22-2018.10.25, Jakarta, Indonesia. (本人発表).  https://www.aaaconference2018.com/

Spiegelberg, Maximilian Honey bees in urban Kyoto—a revival story? Bee super-highways and potential impact on urban agriculture. World Social Science Forum 2018 - CS3-02 The wild food basket: recreating urban and rural ecosystems as food sources, 2018.09.25-2018.09.28, Fukuoka Convention Center, Fukuoka. (本人発表).  http://www.wssf2018.org/programme.html

スピーゲルバーグ・マキシミリアン ネオニコチノイドと暮らす:京都におけるネオニコチノイドを含有する家庭用品の使用状況、消費者動向・意識の探求/Living with Neonics - Exploring the use, attitude and awareness around neonic household products in Kyoto. 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 2018年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募助成 公開プレゼンテーション, 2018.03.18, 東京.

Masuhara, Naoki; Spiegelberg, Maximilian; Taniguchi, Makoto Human-Environmental Security in the Asia-Pacific Ring of Fire: Approaching the Water-Energy-Food Nexus. International Symposium on Earth Science and Technology 2014, 2014.12.04-2014.12.05, 福岡県福岡市. (本人発表).

【ポスター発表】

Spiegelberg, Maximilian; Cai, Lihua; Shimizu, Natuski “Kyoto University CoHHo garden – A community space”. Kyoto University International Symposium “Food & Sustainability”, 2018.10.29-2018.10.30, Kyoto University.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Spiegelberg, Maximilian Honeybee Geographies: Exploring new productions of nature, space, knowledge, and power. American Association of Geographers Annual Meeting 2018, 2018.04.10-2018.04.14, New Orleans, Louisiana, USA. Panelist

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

American Association of Geographers Annual Meeting 2018 - Mapping urban food production I, Session Organizers. 2018年04月10日-2018年04月14日, New Orleans, Louisiana, USA. (Rupprecht, C.D.D. and Spiegelberg, M)  https://aag.secure-abstracts.com/AAG%20Annual%20Meeting%202018/sessions-gallery/82

American Association of Geographers Annual Meeting 2018 - Mapping urban food production II, Session Organizers. 2018年04月10日-2018年04月14日, New Orleans, Louisiana, USA. (Rupprecht, C.D.D. and Spiegelberg, M)  https://aag.secure-abstracts.com/AAG%20Annual%20Meeting%202018/sessions-gallery/11404

調査研究活動

【国内調査】

蜜源植物の確保を⽬的とした森林整備の制度および技術の解明. , 2018年10月01日-2020年09月30日. Tamura, Norie; Shinkai, Rika; Spiegelberg, Maximilian; Rupprecht, Christoph; Kan Seizcou

Investigating the transformative elements of Kyoto’s Beescape. Kyoto, 2018年09月01日-2019年03月30日. Christoph Rupprecht, Rika Shinkai, Kan Seizcou; 総合地球環境学研究所 若手研究者支援経費

ネオニコチノイドと暮らす:京都におけるネオニコチノイドを含有する系家庭用品の使用状況、消費者動向・意識の探求. 京都, 2018年04月01日-2019年03月30日. 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

Assessing localized rural & urban socio-ecological beekeeping potential. 京都 & 長野, 2017年08月01日-2018年03月30日. Christoph Rupprecht, Rika Shinkai; 総合地球環境学研究所 若手研究者支援経費

クルベジ圃場視察. 京都府亀岡市, 2017年05月17日. (柴田晃、稲葉敦、吉川直樹、藤原なつみ、土屋一彬、小林舞、Christoph Rupprecht、Maximilian Spiegelberg)

【海外調査】

台湾のトウヨウミツバチの養蜂家:都市と農村部におけるランドスケープの管理者としての役割. 台湾, 2018年11月14日-2018年12月15日. 若手研究者海外派遣プログラム

ブータンにおける食の生産と消費. ブータン, 2018年01月23日-2018年02月05日. (Maximilian Spiegelberg)

社会活動・所外活動

【依頼講演】

Enough is as good as a feast: Transitioning to sustainable food. みんなで作る「いただきます」: 持続可能な食への転換. PechaKucha Night Kyoto Vol. 27 Seeds of Sustainability, 2017年11月04日, Urbanguild, Kyoto. (Maximilian Spiegelberg)