スタッフ プロフィール

氏名加藤 義和
氏名(かな)かとう よしかず
所属研究基盤国際センター 
職名センター研究員
生年1980
学歴信州大学理学部卒業(2004)
京都大学大学院理学研究科動物学専攻修士課程修了(2006)
京都大学大学院理学研究科動物学専攻博士課程修了(2009)
職歴東京大学大学院総合文化研究科特任研究員(2009)
京都大学生態学研究センター研究員(2011)
総合地球環境学研究所センター研究員(2015)
学位博士(理学)(京都大学 2009)
専攻・バックグラウンド水域生態学
所属学会日本生態学会
日本陸水学会
応用生態工学会
受賞歴河川整備基金助成事業優秀成果(2014)
ホームページhttp://yoshikatoo.web.fc2.com/

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

Okuda N., T. Takeyama, T. Komiya, Y. Kato, Y. Okuzaki, J. Karube, Y. Sakai, M. Hori, I. Tayasu, T. Nagata 2012,06 A food web and its long-term dynamics in Lake Biwa: a stable isotope approach. Kawanabe H., M. Nishino, M.i Maehata (ed.) Lake Biwa: Interaction between Nature and People. Springer Academic, Amsterdam, pp.205-210.

論文

【原著】

Kato Y., M. Kondoh, N. F. Ishikawa, H. Togashi, Y. Kohmatsu, M. Yoshimura, C. Yoshimizu, T. F. Haraguchi, Y. Osada, N. Ohte, N. Tokuchi, N. Okuda, T. Miki, I. Tayasu 2018,05 Using food network unfolding to evaluate food-web complexity in terms of biodiversity: theory and applications. Ecology Letters 21(7):1065-1074. DOI:10.1111/ele.12973 (査読付).

冨樫博幸, 大手信人, 石川尚人, 加藤義和, 吉村真由美, 神松幸弘, 由水千景, 徳地直子, 陀安一郎 2016年12月 マルチ安定同位体情報を利用した人間活動が河川生態系へ及ぼす影響解明. 昆虫と自然 51(13).

Kato Y., J. Nishihiro, T. Yoshida 2016,07 Floating-leaved macrophyte (Trapa japonica) drastically changes seasonal dynamics of a temperate lake ecosystem. Ecological Research 31(5):695-707. DOI:10.1007/s11284-016-1378-3 (査読付).

冨樫博幸, 石川尚人, 加藤義和, 吉村真由美, 神松幸弘, 由水千景, 大手信人, 徳地直子, 陀安一郎 2016年06月 森林施業が河川食物網へ及ぼす長期的影響とその解明: 安定同位体比を利用して. 昆虫と自然 51(7).

Ishikawa N. F., H. Togashi, Y. Kato, M. Yoshimura, Y. Kohmatsu, C. Yoshimizu, N. O. Ogawa, N. Ohte, N. Tokuchi, N. Ohkouchi, I. Tayasu 2016,05 Terrestrial–aquatic linkage in stream food webs along a forest chronosequence: multi-isotopic evidence. Ecology 97(5):1146-1158. DOI:10.1890/15-1133.1 (査読付).

Akamatsu F., Y. Suzuki, Y. Kato, C. Yoshimizu, I. Tayasu 2016,01 A comparison of freeze-drying and oven-drying preparation methods for bulk and compound-specific carbon stable isotope analyses: examples using the benthic macroinvertebrates Stenopsyche marmorata and Epeorus latifolium. Rapid Communications in Mass Spectrometry 30(1):137-142. DOI:10.1002/rcm.7421 (査読付).

Nishihiro J., Y. Kato, T. Yoshida, I. Washitani 2014,09 Heterogeneous distribution of a floating-leaved plant, Trapa japonica, in Lake Mikata, Japan, is determined by limitations on seed dispersal and harmful salinity levels. Ecological Research 29(5):981-989. DOI:10.1007/s11284-014-1186-6 (査読付).

Ishikawa N. F., Y. Kato, H. Togashi, M. Yoshimura, C. Yoshimizu, N. Okuda, I. Tayasu 2014,04 Stable nitrogen isotopic composition of amino acids reveals food web structure in stream ecosystems. Oecologia 175(3):911-922. DOI:10.1007/s00442-014-2936-4 (査読付).

Kato Y., Y. Takemon, N. Okuda, I. tayasu, M. Hori 2010,02 Spatial heterogeneity of trophic pathways in the invertebrate community of a temperate bog. Freshwater Biology 55(2):450-462. DOI:10.1111/j.1365-2427.2009.02295.x (査読付).

Kato Y., Y. Takemon, M. Hori 2009,12 Invertebrate assemblages in relation to habitat types on a floating mat in Mizorogaike Pond, Kyoto, Japan. Limnology 10(3):167-176. DOI:10.1007/s10201-009-0274-8 (査読付).

【総説】

加藤義和, 陀安一郎 2014年04月 安定同位体分析が拓く環境科学の地平(特集・環境分野における研究技術の最新動向). 環境技術 43(3):209-214.

会合等での研究発表

【口頭発表】

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 歴史標本から読み取る魚類の食性の長期変遷. 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月20日-2018年05月24日, 千葉市. (本人発表).

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 歴史標本から読み取る魚類の食性の長期変遷. 第65回日本生態学会大会シンポジウム“アミノ酸の窒素安定同位体比がせまる栄養段階研究の最前線”, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市. (本人発表).

Kato Y. Biological specimens reveal centurial dynamics of trophic level of fishes in Lake Biwa. 第61回日本生態学会 シンポジウム“Use of various isotope tools in watershed ecology”, March 2014, 広島市. (本人発表).

【ポスター発表】

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 歴史標本から読み取る魚類の食性の長期変遷. 第7回同位体環境学シンポジウム, 2017年12月22日, 京都市. (本人発表).

加藤義和・近藤倫生・石川尚人・冨樫博幸・神松幸弘・吉村真由美・由水千景・原口岳・長田穣・大手信人・ 徳地直子・奥田昇・陀安一郎 アンフォールディングに基づく食物網複雑性指標:河川生態系での実証. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月, 京都市. (本人発表).

山田紗友美・加藤義和・辻野亮・竹門康弘・占部城太郎 深泥池におけるトンボ幼生群集:構造決定におけるニッチフィルターと分散フィルターの役割. 応用生態工学会第19回全国大会, 2015年09月, 郡山市.

由水千景・申基澈・中野孝教・奥田昇・加藤義和・神松幸弘・栗田豊・冨樫博幸・天野洋典・陀安一郎 東北地方の河川における各種安定同位体の空間分布調査(予報)―硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比からみた河川環境. 第79回日本陸水学会大会, 2014年09月, つくば市.

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 アミノ酸窒素安定同位体比を用いた捕食性魚類の栄養段階推定―栄養起源の混合を考慮して―. 第79回日本陸水学会大会, 2014年09月, つくば市. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

加藤義和 シカ食害による植生への影響評価とモニタリング手法. 第7回自然再生講習会「京の里山再生-理念と技術」, 2014年09月, 京都市.

外部資金の獲得

【科研費】

水生植物ヒシの「キーストーン種」としての役割―植物体表面の動物群集に注目して―(研究代表者) 2011年04月01日-2013年03月31日. 若手研究(B) (23710280).

【その他の競争的資金】

琵琶湖流域に生息する魚類の生活史に応じた餌資源推定手法の開発 2013年04月01日-2014年03月31日. 河川整備基金, 調査・試験・研究部門 一般的助成 (25-1263-018).

アミノ酸同位体指標を用いた河川食物網の構造解析手法の開発 2012年04月01日-2013年03月31日. 河川整備基金, 調査・試験・研究部門 一般的助成 (24-1215-022).

教育

【非常勤講師】

大阪工業大学, 生物科学b. 2014年10月-2015年03月.

大阪工業大学, 生物科学b. 2013年10月-2014年03月.