総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名小林 舞
氏名(かな)こばやし まい
所属研究部
職名プロジェクト研究員
着任日2016-04-01
離任日 
生年1983
学歴Clark University 地理学科留学(2004)
Smith College 学部卒業(2006)
京都大学大学院地球環境学舎陸域生態系管理論分野修士過程修了(2012)
京都大学大学院地球環境学舎景観生態保全論分野博士課程修了(2016)
職歴NGO Project Bona Fide, ボランティアコーディネーター(2008)
Watershed Stewards Project, US Forest Service, Casper Creek Watershed Study, フィールド研究員(2006)
学位地球環境学博士(京都大学 2016)
環境マネジメント修士(京都大学 2012)
専攻・バックグラウンド環境学
農村開発
環境社会学
所属学会American Association of Geographers (AAG)
International Association for the Study of the Commons (IASC)
Sustainable Consumption Research and Action Initiative (SCORAI)
International Society of Ethnobiology (ISE)
日本造園学会
環境情報科学センター
Sigma Xi The Scientific Research Society

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

林 耕次、太田和彦、嶋田奈穂子、小林 舞、遠山真理 2018年05月 平成29年度 所長裁量経費グループ研究の報告「風土が支える日本酒、日本酒が支える風土」. Humanity & Nature Newsletter , 72. , 総合地球環境学研究所 環境基盤国際センター, 4-7  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_72_2.pdf

Mai Kobayashi 2017 Joining a nest of Activist Scholars. FEAST Project Reports.  https://feastproject.org/en/blog_elikadurai21/

小林 舞 2016年07月 精霊の宿る国ブータンの変わりゆく森と人びと. Humanity & Nature Newsletter , 61. , 総合地球環境学研究所 基盤国際センター, 13pp.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_61.pdf

【分担執筆】

小林舞、湯本貴和 2019年 ブータンの街角にたむろするイヌたち. 池田光穂、大石高典、近藤祉秋編 犬と人間をめぐる思考(仮). 勉誠出版 株式会社, 東京都千代田区. 初稿入り2019年出版予定。

小林舞 2017年07月 ブータンの緩やかなトランジッション ~現地調査の経験を踏まえて~. 根津耕昌編 農藝ハンドブック 特集「山と生きる」. 農藝ハンドブック, 2. あらたま農藝舎, pp.150-167.  http://aratama.theshop.jp/items/7484909

著書(編集等)

【監修】

マーク・エデルマン(著)、サトゥルニーノ・ボラス・Jr.(著)、舩田 クラーセン さやか(監訳)、岡田 ロマンアルカラ 佳奈(訳)著(池上甲一・久野秀二・舩田クラーセンさやか・西川芳昭・ 小林舞監修) 2018年11月 国境を越える農民運動ー世界を変える草の根のダイナミクス . グローバル時代の食と農 , 2. 明石書店, 東京都千代田区外神田6-9-5, A5判 208ページ

イアン・スクーンズ (著)、西川芳昭(監訳)、西川小百合(訳)著(池上甲一・久野秀二・舩田クラーセンさやか・西川芳昭・小林舞監修) 2018年11月 持続可能な暮らしと農村開発 ―アプローチの展開と新たな挑戦. グローバル時代の食と農, 1. 明石書店, 東京都千代田区外神田6-9-5, A5・176ページ

論文

【原著】

McGreevy R. Steven, Mai Kobayashi & Keiko Tanaka 2018,09 Agrarian pathways for the next generation of Japanese farmers. Canadian Journal of Development Studies . DOI:https://doi.org/10.1080/02255189.2018.1517642 (査読付).

小林舞、井崎敦子 2017年10月 地域で小さな経済を回すということ : 京都ファーマーズ・マーケット代表との対話 (特集 持続可能なランドスケープと農業 : 生産から消費まで. ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 81(3):278-281. (査読付).

Kobayashi, Mai 2017,03 Transitions in Seed Sovereignty in Western Bhutan. Journal of Environmental Information Science 45(5):21-30. DOI:https://www.jstage.jst.go.jp/article/ceispapersen/45.5/0/45.5_21/_article (査読付).

Kobayashi, Mai, Rekha Chhetri, Katsue Fukamachi, Shozo Shibata 2015,11 Transitions in Forest Leaf Litter Use and Agricultural Practices in Wester Bhutan . 環境情報科学論文集 29:117-122. DOI:http://doi.org/10.11492/ceispapers.ceis29.0_117 (査読付).

Kobayashi, Mai, Rekha Chhetri, Katsue Fukamachi 2015,03 Transition of Agriculture towards Organic Farming in Bhutan. ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs 16:66-72. DOI:10.14989/HSM.16.66 (査読付).

その他の出版物

【報告書】

大石 高典 , 小林 舞 , 細貝 瑞季 , 木村 元則 , 桜庭 俊太 2016年03月 ミツバチとの対話、人との対話—環境知の翻訳はいかに可能か. 田中 樹 , 石川 智士 , 清水 貴夫 , 遠藤 仁編 人びとと出会い考えるー総合地球環境学研究所TD座談会記録. TD研究, pp.45-94.

会合等での研究発表

【口頭発表】

Mai Kobayashi The informal economies of unattended food stands: Case studies from Tsushima and Kyoto. World Social Science Forum: WSSD 2018 Fukuoka, 2018.09.25-2018.09.28, Fukuoka International Congress Center. (本人発表).  http://www.wssf2018.org/

Mai Kobayashi A look in to Bhutan’s transitions in wild food security. World Social Science Forum: WSSF 2018 Fukuoka, 2018.09.25-2018.09.28, Fukuoka International Congress Center. (本人発表).  http://www.wssf2018.org/

Kobayashi, Mai The dragon's tryst with happiness: meat sovereignty, and Bhutan's culture of sin. The First North-South Conference on Degrowth-Descrecimiento, 2018.09.03-2018.09.07, Mexico City, Mexico. (本人発表).  https://degrowth.descrecimiento.org/

Kobayashi, Mai The dragon's tryst with happiness: meat sovereignty, and Bhutan's culture of sin. 6th Degrowth Conference, 2018.08.21-2018.08.25, Malmö, Sweden. (本人発表).  https://malmo.degrowth.org/conference-concept/

小林舞 ブータンにおける肉食の罪を巡る文化と食の主権に関する考察. 消費からみた狩猟研究の新展開ー野生獣肉の流通と食文化をめぐる応用人類学的研究研究会, 2018年06月30日, 国立民族学博物館.  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/16jrw012

Kobayashi, Mai Bhutan's Changing Landscape of Food Sharing: what persists and is resisted within the nation's modernizing efforts. American Association of Geographers Annual Meeting, 2018.04.10-2018.04.14, New Orleans, Luisiana, USA. (本人発表).  http://www.aag.org/

Kobayashi, Mai Bhutan’s fertility transition: organic agriculture and the adaptation of peasant farmers in the Himalayan Kingdom. XVI Biennial IASC Conference , 2017.07.10-2017.07.14, Utrecht, the Netherlands. (本人発表).

Kobayashi, Mai Strategic Workshop for Transforming Japan's Involvement in the Global Food System - An analysis of Japanese Domestic Policies <A background view>. ICAS International Colloquium - The Future of Food and Challenges for Agriculture in the 21st Century, 2017.04.24-2017.04.26, Vitoria Gasteiz, Alava, Basque Country, Europe. (本人発表).  http://elikadura21.eus/en/

Kobayashi, Mai Bhutan’s Changing Landscape of Food Production: an Organic Agriculture Policy and the Adaptation of Peasant Farmers in the Himalayan Kingdom. American Association of Geographers (AAG) Annual Meeting, 2017.04.05-2017.04.09, Boston, USA. (本人発表).

Kobayashi, Mai The Roots of Food Security in Western Bhutan Adaptation of Peasant Farmers in an Era of Organic Agriculture. 15th Congress of the International Society of Ethno­biology (ISE), 2016.08.01-2016.08.07, Makerere University, Kampala, Uganda. (本人発表).  https://isecongress2016.org/

Kobayashi, Mai Bhutan’s Gentle Transition: Organic Agriculture, the Changing Face of Seed Procurement & Food Security. Second International Conference of the Sustainable Consumption Research and Action Initiative (SCORAI), 2016.06.15-2016.06.17, University of Maine, Orono. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

小林舞 ブータンの有機農業政策の失敗(?)から考えてみよう. 地球研 x ナレッジキャピタル -おいしい地球環境学-, 2017年12月12日, CAFE Lab. / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F.  https://kc-i.jp/activity/chogakko/chikyu/vol01/vol03.php

小林舞 Changing Landscape of Food Production in Western Bhutan: Adaptation of Peasant Farmers in an Era of Organic Agriculture. ブータン王立大学合同ワークショップ, 2016.07.14, 京都大学、時計台記念館会議室Ⅳ.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

マーケットが つくる・まもる・つなぐ くらしー京都ファーマーズマーケット2周年記念セミナー, 企画責任者 (総括、司会、発表). 2018年11月25日, 総合地球環境学研究所セミナー室.

日本・ブラジル・モザンビーク 国際シンポジウム「3カ国民衆会議」, シンポジウム実行委員 (運営、記録). 2018年11月20日-2018年11月22日, 聖心女子大学 4 号館 聖心グローバルプラザ.  https://www.ngo-jvc.net/jp/notice/data/2018_triangular_program.pdf

外部資金の獲得

【共同研究】

ウラム・スクール―アジア近隣諸国における持続可能で健康な生活様式を維持するための連帯と食用植物の保全の強化を目的とする国境を超えた食の教育ネットワーク (マレーシア国民大学民族研究センター) 2018年10月-2020年10月. トヨタ財団国際助成プログラム, 新しい文化の創造:これからのアジアの共通基盤の構築 (D18-N-0197).  http://toyotafound.force.com/psearch/JoseiDetail?name=D18-N-0197

【その他の競争的資金】

ブータンにおける食料主権の構築:宗教とスピリチャリティーの観点から 2018年02月22日-2019年02月28日. 平成30年度人間文化研究機構若手研究者海外派遣プロクラム. 基幹研究プロジェクト名:機関拠点型基幹研究プロジェクト「アジアの多様な自然・文化複合に基づく未来可能社会の創発」の推進(Transformation towards Sustainable Futures in Complex Human-Nature Systems in Asia)

ブータン西部における有機農業政策への小農の適応:森林資源利用の時空間的変遷の復元という観点から 2017年04月01日-2018年03月31日. 公益財団法人日本科学協会笹川科学研究助成, 学術研究部門 (29-128).

The Roots of Security in Western Bhutan(西部ブータンにおける食料生産の変遷:農民と種子の関係に着目して) 2016年07月. 公益信託澁澤民族学振興基 , 国際研究参加旅費助成助成.  http://www.sfes.jp/past/travel_awardee.html

社会活動・所外活動

【依頼講演】

「土から“おいしい”を考えよう」. Social Innovation Laboraoty Kyoto 「素材から学ぶくらしの学校2018」, 2018年11月24日, mumokuteki cafe&foods 京都店 3F.  https://social-innovation.kyoto.jp/spread/2631?fbclid=IwAR1IS4Nj4YtPn86RRmi6S6A1bhedZH0yyT_uDOgBXdVAlvPiRBT8uLV6lkU

教育

【非常勤講師】

京都大学, 農学部, Foreign Food and Environmental Economics III(専門外国書講義III(英語II)). 2018年09月-2019年02月.

同志社大学, Graduate School of Global Studies, Global Society and Environmental Issues (地球環境問題2). 2018年09月-2019年03月.

同志社大学, Graduate School of Global Studies , Global Society and Environmental Issues (地球環境問題2). 2017年10月-2017年03月.

京都大学, 農学部, Foreign Food and Environmental Economics III(専門外国書講義III(英語II)). 2017年09月-2018年03月.

京都外国語大学, 生活と環境. 2016年04月-2016年08月.