スタッフ プロフィール

氏名田村 典江
氏名(かな)たむら のりえ
所属研究部
職名プロジェクト上級研究員
生年1975
学歴京都大学農学部水産学科卒業(1998)
京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻修士課程修了(2001)
京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻博士課程研究指導認定(2004)
職歴アミタ株式会社(2005)
株式会社自然産業研究所(2010)
大学共同利用機関法人総合地球環境学研究所(2016)
学位農学博士(京都大学 2007)
専攻・バックグラウンド水産学
自然資源管理
林業政策
所属学会林業経済学会
日本森林学会
地域漁業学会
公共政策学会

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

田村 典江 2014年05月 海を創る、森を創る―漁民の森づくりと地域管理―. 三俣 学編 エコロジーとコモンズ 環境ガバナンスと地域自立の思想. 晃洋書房, 京都府京都市右京区.  http://www.koyoshobo.co.jp/booklist/10396/

田村 典江 2010年08月 水産エコラベル:その役割と影響. 田中克・川合真一郎・谷口順彦・坂田泰造編 水産の21世紀 海から拓く食料自給. 京都大学学術出版会, 京都府京都市左京区, pp.176-186.  http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1689

田村 典江 2008年03月 . 三俣学・森本早苗・室田武編 コモンズ研究のフロンティア-山野海川の共的世界. 東京大学出版会, 東京都目黒区.  http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-046095-8.html

論文

【原著】

大石卓史・大南絢一・田村典江・八木信行 2010年05月 水産エコラベル製品に対する消費者の潜在的需要の推定. 日本水産学会誌 76(1) :26-33. DOI:http://doi.org/10.2331/suisan.76.26.(査読付).  

大石卓史・大南絢一・山崎淳・田村典江 MSC認証水産物に対する消費者選好の分析-京都府産ズワイガニ及びアカガレイを対象として-. フードシステム研究 17(3) :260-263. DOI:http://doi.org/10.5874/jfsr.17.159.(査読付).  

その他の出版物

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

田村 典江 2017年07月 食べること、暮らすこと. Humanity & Nature Newsletter 67 :5-6.特集1 第18回地球研地域連携セミナーの報告「地域の<あたりまえ>を見つめ直す バウンダリー・オブジェクトとしての世界農業遺産」.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_67_2.pdf

田村 典江 2016年07月 小さなビジネスでつなぐ地域の暮らし. Humanity & Nature Newsletter 61 :12-12.百聞一見-フィールドからの体験レポート.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_61.pdf

会合等での研究発表

【口頭発表】

Norie Tamura, Mikitaro Shobayashi Analyzing differences in how small-scale farming and local commons are viewed between central and local governments: A case study in Japan. the XVI Biennial IASC Conference , 2017,07,10-2017,07,14, Utrecht, the Netherlands.(本人発表).  https://www.iasc2017.org/

田村典江 制度設計に影響を及ぼす要因について-森林総合監理士制度の形成過程の事例研究. 公共政策学会 第21回研究大会, 2017年06月17日-2017年06月18日, 富山県富山市.(本人発表).  http://ppsa.jp/nenpotaikai.html

Norie Tamura Potential for GIAHS to lead the regeneration of local food system - a case study from Gifu, Japan. 2017 AAG Annual Meeting, 2017,04,04-2017,04,09, Boston, Massachusetts, USA.(本人発表).  http://www.aag.org/cs/annualmeeting/annual_meeting_highlights/2017_boston_highlights

田村 典江 森林・林業分野の人材育成と教育研究機関. 第128回日本森林学会大会, 2017年03月26日-2017年03月29日, 鹿児島県鹿児島市.(本人発表).  http://www.forestry.jp/meeting/meeting128/

田村 典江 亀岡市における食生活調査結果報告および地球研FEASTプロジェクトについて. 一まち一キャンパス報告会プログラム, 2017年03月04日-2017年03月04日, 京都府亀岡市.(本人発表).  

田村典江,小林舞 ローカルフードシステムの視点から考える狩猟肉利用. 「消費からみた狩猟研究の新展開――野生獣肉の流通と食文化をめぐる応用人類学的研究」研究会, 2017年01月28日-2017年01月29日, 大阪府吹田市.(本人発表).  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/16jrw012

田村 典江 地域おこし協力隊を利用した林業就業の取組-島根県津和野町の事例から-. 林業経済学会2016年秋季大会, 2016年11月11日-2016年11月14日, 島根県松江市.(本人発表).  http://www.jfes.org/kenkyukai/JFES_2016_Fall/2016_fall.html

Norie Tamura Eco-labeling and local fishery in Japan – a case study from first Japanese MSC certified fishery . Second International Conference of the Sustainable Consumption Research and Action Initiative , 2016,06,15-2016,06,17, Orono, Maine, USA.(本人発表).  http://scorai.org/scorai-2016/

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

第128回日本森林学会企画シンポジウム「"森林・林業分野の人材育成"と教育研究機関の役割-新しい林学を求めて」, コーディネータ (企画シンポジウムのコーディネート). 2017年03月27日-2017年03月27日, 鹿児島県鹿児島市.  https://www.forestry.jp/meeting/meeting128/symposium.html#S1

調査研究活動

【国内調査】

新規就農支援に関する制度の把握. 東京都千代田区, 2017年06月05日-2017年06月30日.  

エゾシカのフードシステムに関する調査. 北海道釧路市, 2017年05月30日-2017年06月01日.  

【海外調査】

ロッテンブルク林業大学における狩猟教育や、狩猟と農村開発の関係についてヒアリングを行った. ドイツ、バーデン・ビュルテンベルク州、ロッテンブルク市, 2017年07月17日-2017年07月17日.  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

鹿児島大学農学部職域プロジェクト, 検討委員 (プロジェクトの実施内容に係る助言、調査協力). 2017年07月-2018年03月.  

岐阜県立森林文化アカデミー, 岐阜県地域森林監理士養成研修運営委員会委員 (岐阜県地域森林監理士の養成や認定に関する意見、提案). 2017年05月-2022年05月.  http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/shinrin/shinrin-keikaku/11511/shinrinkarishi-jukoushaboshuu.html

【依頼講演】

「食を巡る消費と生産のあるべき姿」. 平成29年度地球環境『自然学』講座 第9回, 2017年08月26日-2017年08月26日, 大阪府大阪市.  http://www.sizen-daigaku.com/~sizengaku/

「未来の林業を考える-政策、資源、流通、社会」. 東北海道木材協会講演会, 2017年06月02日, 北海道帯広市.  

「森林所有者の社会的経済的地位向上」. 平成28年度対馬林業懇話会, 2017年02月17日-2017年02月17日, 長崎県対馬市.  

【メディア出演など】

エゾシカゼミナール (ゲスト). FMくしろ, 2017年06月21日-2017年06月28日.  http://www.fm946.com/podcast/podcast02/

【その他】

2017年08月18日 亀岡市役所で開催された「亀岡食生活調査」報告会において、FEASTプロジェクトの紹介と司会進行を行った。  

2017年06月30日 立命館大学政策科学部、高村学人教授「都市・環境法」において、ゲスト講師として、講義を行った