スタッフ プロフィール

氏名陀安 一郎
氏名(かな)たやす いちろう
所属研究基盤国際センター
職名教授
生年1969
学歴京都大学 理学部 卒業(1992)
京都大学 大学院 理学研究科 動物学専攻 修士課程修了(1994)
京都大学 大学院 理学研究科 動物学専攻 博士後期課程修了(1997)
職歴日本学術振興会 特別研究員(PD)京都大学大学院 農学研究科(1997)
日本学術振興会 海外特別研究員 フランス国Laboratoire d'Ecologie des Sols Tropicaux, Institut de Recherche pour le Développement(2000)
総合地球環境学研究所 研究部 助手(2002)
京都大学 生態学研究センター 助教授(2003)
京都大学 生態学研究センター 准教授(2007)
総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター 教授(2014)
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 教授(2016)
学位博士(理学)(京都大学 1997)
修士(理学)(京都大学 1994)
専攻・バックグラウンド同位体生態学
動物生態学
陸水生態学
土壌生態学
同位体環境学
所属学会日本生態学会
日本陸水学会
日本土壌動物学会
The International Union for the Study of Social Insects
日本地球惑星科学連合
Advancing the Science of Limnology and Oceanography
受賞歴第16回井上研究奨励賞(1999)
自己紹介専門は「同位体生態学」:安定同位体分析および放射性同位体の手法を用い、食物網構造や物質循環といった生物と環境にかかわる事柄を研究をしてきました。現在は、陸域生態系および水域生態系の両方の観点を持った、集水域レベルの研究「集水域の同位体生態学」を主課題としています。総合地球環境学研究所では、さらに広い視点での「同位体環境学」の研究をしていきたいと思っております。
ホームページhttp://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~tayasu/tayasu/Japanese.html

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

Shibata, J.-y, Karube, Z., Sakai, Y., Takeyama, T., Tayasu, I., Yachi, S., Nakano, S.-i. and Okuda, N. 2014,04 Long-Term and Spatial Variation in the Diversity of Littoral Benthic Macroinvertebrate Fauna in Lake Biwa, Japan. Nakano, S.-i.; Yahara, T.; Nakashizuka, T. (ed.) Integrative Observations and Assessments. Ecological Research Monographs / Asia-Pacific Biodiversity Observation Network. Springer, pp.151-166. DOI:10.1007/978-4-431-54783-9_8.  http://dx.doi.org/10.1007/978-4-431-54783-9_8

論文

【原著】

Shinozuka, K., Chiwa, M., Tayasu, I., Yoshimizu, C., Otsuki, K. and Kume, A. 2017,09 Differences in stream water nitrate concentrations between a nitrogen-saturated upland forest and a downstream mixed land use river basin. Hydrology 4 :43. DOI:10.3390/hydrology4030043.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3390/hydrology4030043

Okano, J., Nakano, S., Tayasu, I. and Okuda, N. 2017,07 Differential responses of two ecologically similar case-bearing caddisflies species to a fish chemical cue: implication for a coexistence mechanism.. Zoological Science . DOI:10.2108/zs160207.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2108/zs160207

Matsubayashi, J., Saitoh, Y., Uehara, Y., Osada, Y., Habu, J., Sasaki, T. and Tayasu, I. 2017,06 Incremental analysis of vertebral centra can reconstruct the stable isotope chronology of teleost fishes.. Methods in Ecology and Evolution . DOI:10.1111/2041-210X.12834.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/2041-210X.12834

Ishikawa, N.F., Chikaraishi, Y., Ohkouchi, N., Murakami, A.R., Tayasu, I., Togashi, H., Okano, J.-I., Sakai, Y., Iwata, T., Kondoh, M. and Okuda, N. 2017,05 Integrated trophic position decreases in more diverse communities of stream food webs. Scientific Reports 7 :2130. DOI:10.1038/s41598-017-02155-8.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/s41598-017-02155-8

Matsubayashi, J., Ohta, T., Takahashi, O. and Tayasu, I. 2017,01 Reconstruction of the extinct Ezo wolf’s diet. Journal of Zoology 302 :88-93. DOI:10.1111/jzo.12436.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/jzo.12436

Naoe, S., Tayasu, I, Masaki, T. and Koike, S. 2016,09 Negative correlation between altitudes and oxygen isotope ratios of seeds: exploring its applicability to assess vertical seed dispersal.. Ecology and Evolution (6) :6817-6823. DOI:10.1002/ece3.2380.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/ece3.2380

Kusaka, S., Ishimaru, E., Hyodo, F., Gakuhari, T., Yoneda M., Yumoto, T. and Tayasu, I. 2016,09 Homogeneous diet of contemporary Japanese inferred from stable isotope ratios of hair.. Scientific Reports 6 :33122. DOI:10.1038/srep33122.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/srep33122

Matsubayashi, J., Tayasu, I., Morimoto, J.O. and Mano, T. 2016,07 Testing for a predicted decrease in body size in brown bears (Ursus arctos) based on a historical shift in diet.. Canadian Journal of Zoology 94 :489-495. DOI:10.1139/cjz-2016-0046.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1139/cjz-2016-0046

Matsubayashi, J., Otsubo, K., Morimoto, J.O., Nakamura, F. and Tayasu, I. 2016,09 Feeding habits may explain the morphological uniqueness of brown bears on Etorofu Island, Southern Kuril Islands in East Asia. . Biological Journal of the Linnean Society 119 :99-105. DOI:10.1111/bij.12798.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/bij.12798

Ishikawa, N.F., Togashi, H., Kato, Y., Yoshimura, M., Kohmatsu, Y., Yoshimizu, C., Ogawa, N.O., Ohte, N., Tokuchi, N., Ohkouchi, N. and Tayasu, I. 2016,05 Terrestrial-aquatic linkage on stream food webs along a forest chronosequence: multi-isotopic evidence.. Ecology 97 :1146-1158. DOI:10.1890/15-1133.1.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1890/15-1133.1

Naoe, S., Tayasu, I, Sakai, Y., Masaki, T., Kobayashi, K., Nakajima, A., Sato, Y., Kiyokawa, H. and Koike, S. 2016,04 Mountain climbing bears save cherry species from global warming by their vertical seed dispersal.. Current Biology 26 :R315-R316. DOI:10.1016/j.cub.2016.03.002.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2016.03.002

Haraguchi, T.F. and Tayasu, I. 2016,01 Turnover of species and guilds in shrub spider communities in a 100-year post-logging chronosequence.. Environmental Entomology 45 :117-126. DOI:10.1093/ee/nvv142.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1093/ee/nvv142

Akamatsu, F., Suzuki, Y., Kato, Y., Yoshimizu, C. and Tayasu, I. 2016,01 A comparison of freeze-dry and oven-dry preparation methods for bulk and compound-specific carbon stable isotope analyses: examples using the benthic macroinvertebrates Stenopsyche marmorata and Epeorus latifolium.. Rapid Communications in Mass Spectrometry 30 :137-142. DOI:10.1002/rcm.7421.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/rcm.7421

Ishida, T., Tayasu, I. and Takenaka, C. 2015,11 Quantitative reconstruction of sulfur deposition using a mixing model based on sulfur isotope ratios in tree rings.. Journal of Environmental Quality 44 :1800-1808. DOI:10.2134/jeq2014.11.0506.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2134/jeq2014.11.0506

Itoh, M., Kobayashi, Y., Chen, T-Y., Tokida, T., Fukui, M., Kojima, H., Miki, T., Tayasu, I., Shiah, F-K. and Okuda, N. 2015,07 Effect of inter-annual variation in winter vertical mixing on CH4 dynamics in a subtropical reservoir.. Journal of Geophysical Research-Biogeosciences 120 :1246-1261. DOI:10.1002/2015JG002972.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/2015JG002972

Ishida, T., Tayasu, I. and Takenaka, C. 2015,07 Characterization of sulfur deposition over the period of industrialization in Japan using sulfur isotope ratio in Japanese cedar tree rings taken from stumps.. Environmental Monitoring and Assessment 187 :459. DOI:10.1007/s10661-015-4678-0.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10661-015-4678-0

Ishikawa, N.F., Tayasu, I., Yamane, M., Yokoyama, Y., Sakai, S. and Ohkouchi, N. 2015,05 Sources of dissolved inorganic carbon in two small streams with different bedrock geology: insights from carbon isotopes.. Radiocarbon 57(3) :439-448. DOI:10.2458/azu_rc.57.18348.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2458/azu_rc.57.18348

Matsubayashi, J., Morimoto, J.O., Tayasu, I., Mano, T., Nakajima, M., Takahashi, O., Kobayashi, K. and Nakamura, F. 2015,03 Major decline in marine and terrestrial animal consumption by brown bears (Ursus arctos). Scientific Reports 5 :9203. DOI:10.1038/srep09203.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/srep09203

Ishikawa, N.F., Kato, Y., Togashi, H., Yoshimura, M., Yoshimizu, C., Okuda, N. and Tayasu, I. 2014,07 Stable nitrogen isotopic composition of amino acids reveals food web structure in stream ecosystems. Oecologia 175 :911-922. DOI:10.1007/s00442-014-2936-4.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s00442-014-2936-4

Ishikawa, N.F., Uchida, M., Shibata, Y. and Tayasu, I. 2014,05 Carbon storage reservoirs in watersheds support stream food webs via periphyton production. Ecology 95 :1264-1271. DOI:10.1890/13-0976.1.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1890/13-0976.1

石丸恵利子, 日下宗一郎, 米田穣, 陀安一郎, 湯本貴和 2014年03月 長門国府跡(金谷地区)から出土した毛髪の炭素・窒素安定同位体分析. 下関市立考古博物館研究紀要 18 :1-7.  

Umezawa, Y., Yamaguchi, A., Ishizaka, J., Hasegawa, T., Yoshimizu, C., Tayasu, I., Yoshimura, H., Morii, Y., Aoshima, T., and Yamawaki, N. 2014,02 Seasonal shifts in the contributions of the Changjiang River and the Kuroshio Current to nitrate dynamics at the continental shelf of the northern East China Sea based on a nitrate dual isotopic composition approach. Biogeosciences 11 :1297-1317. DOI:10.5194/bg-11-1297-2014.(査読付).  http://dx.doi.org/10.5194/bg-11-1297-2014

【総説】

Ohkouchi, N., Chikaraishi, Y, Close, H.G., Fry, B., Larsen, T., Madigan, D.J., McCarthy, M.D., McMahon, K.W., Nagata, T., Naito, Y.I., Ogawa, N.O., Popp, B.N., Steffan, S., Takano, Y., Tayasu, I., Wyatt, A.S.J., Yamaguchi, Y.T. and Yokoyama, Y. 2017,08 Advances in the application of amino acid nitrogen isotopic analysis in ecological and biogeochemical studies.. Organic Geochemistry . DOI:10.1016/j.orggeochem.2017.07.009.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.orggeochem.2017.07.009

その他の出版物

【解説】

冨樫博幸,大手信人,石川尚人,加藤義和,吉村真由美,神松幸弘,由水千景,徳地直子,陀安一郎 2016年12月 マルチ安定同位体情報を利用した人間活動が河川生態系へ及ぼす影響解明. 昆虫と自然 51(13) :33-35.  

冨樫博幸,石川尚人,加藤義和,吉村真由美,神松幸弘,由水千景,徳地直子,大手信人,陀安一郎 2016年06月 森林施業が河川食物網へ及ぼす長期的影響の解明: 安定同位体比を利用して. 昆虫と自然 51(5) :38-40.  

加藤義和, 陀安一郎 2014年04月 安定同位体分析が拓く環境科学の地平. 環境技術 43 :209-214.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

陀安一郎 2017年03月 ネットワークの拡がりが促す同位体環境学の発展. 地球研ニュース 65 :8-9.  

陀安一郎,申基澈,木庭啓介 2016年03月 第II期の同位体環境学共同研究を総括し、第III期への発展を期待する. 地球研ニュース 59 :10-11.  

陀安一郎 2015年09月 コアプロジェクトFS紹介「環境研究における超学際的アプローチのための新しい同位体利用法の開発」. 地球研ニュース 56 :9.  

陀安一郎 2015年03月 気がつけば、あっという間の11年. 京都大学生態学研究センターニュース 127 :8.  

陀安一郎 2015年03月 和田英太郎先生と同位体生態学. 地球研ニュース 53 :2.  

陀安一郎 2015年03月 「学校で習わない生き物の不思議」報告. 京都大学生態学研究センターニュース 127 :17.  

陀安一郎 2014年11月 生態研と地球研の相互交流で、共同研究の基盤作りを. 地球研ニュース 51 :4.  

陀安一郎 2014年07月 生物多様性の機能評価のための安定同位体指標に関する研究. 京都大学生態学研究センターニュース 125 :4.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

陀安一郎 多元素同位体、多元素分析アプローチについて. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月18日, 早稲田大学,東京.(本人発表).  

陀安一郎 同位体環境学共同研究の視点と目標. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.(本人発表).  

藤永承平,小林由紀,潮雅之,Uhram Song, 村上綾,陀安一郎,石川尚人,岡野淳一,柯佳吟,富樫博幸,酒井陽一郎,伊藤雅之,大手信人,中野伸一,岩田智也,奥田昇 野洲川・安曇川水系における河床バイオフィルムの微生物群集構造. 日本陸水学会第81回大会, 2016年11月06日, 琉球大学農学部,那覇.  

石田卓也,上原佳敏,岩田智也,Osbert Leo A. Privaldos, 淺野悟史,池谷透,尾坂兼一,井手淳一郎,陀安一郎,奥田昇 流域スケールにおけるリン酸酸素同位体比分布は何を示すか?. 日本陸水学会第81回大会, 2016年11月06日, 琉球大学農学部,那覇.  

岡本智夏,竹内望,太田民久,陀安一郎 日本の積雪域におけるセッケイカワゲラとその食物網の安定同位体解析. 雪氷研究大会, 2016年09月30日, 名古屋大学,名古屋.  

井手淳一郎,Cid-Andres Abigail P.,石田卓也,陀安一郎,奥田昇 河川のリン酸-酸素安定同位体比の変動と流域の地質特性. 水文・水資源学会2016年総会研究発表会, 2016年09月16日, コラッセふくしま,福島.  

Ichiro Tayasu, Chikage Yoshimizu, Yoshito Chikaraishi, Nanako O. Ogawa, Naohiko Ohkouchi Feeding habits of detrivorous animals revealed by nitrogen isotope signatures of individual amino acids. The XVII International Colloquium on Soil Zoology, 2016,08,24, Nara.(本人発表).  

Noboru Okuda, Yoichiro Sakai, Jun-ya Shibata, Zin-ichi Karube, Yoshikazu Kato, Takefumi Komiya, Yutaka Okuzaki, Michio Hori, Ichiro Tayasu, Shigeo Yachi, Shin-ichi Nakano, Toshi Nagata Spatio-temporal dynamics of food webs in the ancient Lake Biwa: Causes and consequences of changing biodiversity. SIL 2016 Congress, 2016,07,31-2016,08,05, Torino, Italy.  

Naoto F. Ishikawa, Ichiro Tayasu, Naohiko Ohkouchi, Timothy I. Eglinton Application of bulk and compound-specific radiocarbon analyses to ecological research in aquatic systems. ASLO summer meeting, 2016,06,08, Santa Fe.  

奥田昇, 岩田智也, 林拓矢, 村上綾, 陀安一郎, 石川尚人, 岡野淳一, 冨樫博幸, 中野伸一, 酒井陽一郎, U. Song, 尾坂兼一, Cid, A.P. 流域の栄養循環を駆動する河床微生物群集の生態系機能評価. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月26日, 幕張メッセ,千葉.  

中野孝教,申基澈,太田民久,草野由貴子,陀安一郎,山田佳裕,横尾頼子,辻村真貴,池田浩一,帰山寿章,山田明弘,下島浩平,小澤弘幸 福井県大野盆地の地下水の地球化学的水脈診断. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

佐瀨裕之,高橋正通,松田和秀,佐藤啓市,谷川東子,山下尚之,大泉毅,石田卓也,上迫正人,小林亮,内山重輝,齋藤辰善,諸橋 将雪,福原晴夫,金子真司,井上隆信,山田俊郎,竹中千里,陀安一郎,中野孝教,袴田 共之,太田誠一 中部日本の森林集水域における河川化学性と大気由来の硫黄の動態. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

陀安一郎, 申ギチョル, 中野孝教 多元素同位体を利用した地球環境学研究の展開. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.(本人発表).  

Ichiro Tayasu, Naoto F. Ishikawa, Takanori Nakano, Ki-Cheol Shin, Yutaka Kurita Use of multiple isotopes in watershed ecology”. IsoEcol 2016, 2016,04,07, Ito Hall, The University of Tokyo, Tokyo,.(本人発表).  

直江将司, 陀安一郎, 酒井陽一郎, 正木隆, 小林和樹, 中島晶子, 佐藤嘉和, 山崎晃司, 清川紘樹, 小池伸介 登山家グマが温暖化の危機からサクラを救う:彼らの垂直方向の種子散布に注目して. 第63回日本生態学会仙台大会, 2016年03月22日, 仙台国際センター,仙台.  

石川尚人,陀安一郎,山根雅子,坂井三郎,大河内直彦 炭素安定同位体比と放射性炭素天然存在比を用いた河川溶存無機炭素の起源推定. 日本陸水学会第80回大会, 2015年09月28日, 北海道大学函館キャンパス,函館.  

岡本智夏,竹内望,太田民久,陀安一郎 日本の積雪域におけるセッケイカワゲラとその食物網-炭素・窒素安定同位体解析による雪氷上の食物網の解析-. 雪氷研究大会, 2015年09月14日, 松本,長野.  

原口岳,陀安一郎 森林における円網造網性クモのエサ資源利用に影響を及ぼす要因の検討-Δ14C値の測定による解明-. 日本蜘蛛学会第47回大会, 2015年08月23日, 京都女子大学,京都.  

Tomoaki Ichie, Ryo Yoshihara, Kanae Takayama, Shuichi Igarashi, Tanaka Kenzo, Kaoru Niiyama, Abd Rahman Kassim, Christine Dawn Fletcher and Ichiro Tayasu Analysis of the past 50 years’ tree growth by using 14C dating in an aseasonal tropical rain forest. 52th Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation, 2015,07,14, Hawaii Convention Center, Honolulu Hawaii.  

陀安一郎,中野孝教,栗田豊 沿岸生態系研究手法としての多元素同位体の利用. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.(本人発表).  

中野孝教, 申基澈, 陀安一郎, 由水千景,奥田昇,加藤義和,神松幸弘,栗田豊,天野洋典,冨樫博幸,石山大三 トレーサビリティー基盤情報としての環境水の多元素同位体比マップ:東北日本の例. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

松林順,陀安一郎 安定同位体比を用いた食性解析におけるmixing problem の影響とその解消方法について. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

奥田昇,Cid Abigail,陀安一郎,井手淳一郎 リン酸‐酸素安定同位体分析が拓くリン循環研究の黎明. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

市栄智明,吉原良,五十嵐秀一,田中憲蔵,新山馨,Abd Rahman Kassim,Christine Dawn Fletcher,陀安一郎 放射性炭素を用いた熱帯雨林樹木の過去50年の成長量解析. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月21日, 鹿児島大学,鹿児島.  

陀安一郎, 由水千景,加藤義和,神松幸弘,奥田昇,冨樫博幸,天野洋典,栗田豊,申ギチョル,中野孝教 河川溶存物質の多元素同位体比を指標とした、水系における生物の生息地情報検出手法. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月19日, 鹿児島大学,鹿児島.(本人発表).  

Ishikawa, N.F., Togashi, H., Kato, Y., Yoshimura, M., Kohmatsu, Y., Yoshimizu, C., Ogawa, N.O., Ohkouchi, N., Ohte, N., Tokuchi, N. and Tayasu, I. Terrestrial-aquatic linkage on stream food webs along a forest chronosequence: multi-isotopic evidence. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015,03,19, 鹿児島大学,鹿児島.  

日下宗一郎,陀安一郎,米田穣 関東貝塚縄文人骨と動物骨のアミノ酸窒素安定同位体分析. 日本人類学会, 2014年11月02日, 浜松.  

赤松史一,岡野淳一,藤永承平,加藤義和,由水千景,中野伸一,陀安一郎 脂肪酸分析によるヒゲナガカワトビケラの微生物利用評価. 日本陸水学会第79回大会, 2014年09月12日, 筑波大学,つくば.  

苅部甚一,武山智博,酒井陽一郎,奥田昇,陀安一郎,由水千景,高津文人,永田俊 琵琶湖沿岸帯における底生動物群集の構造と食物網のエネルギーフロー. 日本陸水学会第79回大会, 2014年09月12日, 筑波大学,つくば.  

Yoichiro Sakai, Zin’ichi Karube, Jun-ya Shibata, Tomohiro Takeyama, Ichiro Tayasu, Shigeo Yachi, Shin-icni Nakano, Noboru Okuda The impact of land uses on benthic macroinvertebrate diversity in the coastal ecosystem of Lake Biwa. International Symposium on River and Lake Environment, 2014,08,25-2014,08,27, Chuncheon, KOREA,.  

Ichiro Tayasu Use of carbon-14 in terrestrial food webs. Radiocarbon Conference, 2014,08,21, Belfast, UK.(本人発表).  

市栄智明, 吉田昌平, 吉原良, 五十嵐秀一, 永益英敏, 兵藤不二夫, 陀安一郎 フタバガキ科樹木の種子生産に対する貯蔵炭水化物の貢献度. 第24回日本熱帯生態学会年次大会, 2014年06月14日, 宇都宮大学,宇都宮.  

Abigail P. Cid, Uhram Song, Ichiro Tayasu, Jun-ichi Okano, Hiroyuki Togashi, Naoto Ishikawa, Aya Murakami, Takuya Hayashi, Tomoya Iwata, Ken-ichi Osaka, Shin-ichi Nakano and Noboru Okuda Tracking phosphorus sources and cycling in freshwater: stable isotope approach. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014,05,02, パシフィコ横浜,横浜.  

陀安一郎,加藤義和,石川尚人,由水千景,原口岳,奥田昇,徳地直子,神松幸弘,冨樫博幸,吉村真由美,大手信人,近藤倫生 安定同位体比によって測定された栄養構造が示す生物多様性指標について. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月28日, パシフィコ横浜,横浜.(本人発表).  

大手信人,冨樫博幸,徳地直子,吉村真由美,加藤義和,石川尚人,近藤倫生, 陀安一郎 河川への人為起源窒素の負荷が水棲生物の食物網構造に与える影響. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月28日, パシフィコ横浜,横浜.  

Noboru Okuda, Ichiro Tayasu, Shin-ichi Nakano, Masayuki Ito, Manabu Fukui, Hisaya Kojima, Kohei Kogure, Megumi Fujibayashi, Chikako Maruo, Pei-Chi Ho, Chun-Wei Chang, Liang Zhang, Wei-Hsuan Teng, Takeshi Miki, Chih-hao Hsieh, Yuki Kobayashi, Chih-Chung Chang and Fuh-Kwo Shiah Methanotrophic food webs as a carbon recycling system in lakes under climate changes. The 6th EAFES International Congress, 2014,04,09-2014,04,11, Haikou, China.  

【ポスター発表】

札本果,中野孝教,申基澈,森誠一,久米学,西田翔太郎,木庭啓介,陀安一郎 小型河川魚の移動パターン解明のための複数組織同位体比の利用. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月15日, 早稲田大学,東京.  

山本雄大,陀安一郎,中野孝教,横山正,申基澈,藪崎志穂,太田民久,大串健一,藤澤未雪,伊藤真之,蛯名邦禎 兵庫県千種川の水質に関する地球化学的研究. 第12回共生のひろば, 2017年02月11日, 兵庫県立人と自然の博物館,兵庫.  

近藤康久,陀安一郎,中野孝教,申基澈,薮崎志穂,山田佳裕,大河内博,真庭譲,西村寿々美,横尾頼子,帰山寿章,山田明弘,下島浩平,小沢弘幸 GIS を用いた多元素同位体情報の可視化とその意義. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

鎌内宏光,太田民久,山口高志,石田卓也,陀安一郎 北海道東部沿岸域における海霧を介した海洋と陸上生態系のつながり. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

徳増実,中野孝教,申基澈,薮崎志穂,陀安一郎,山田佳裕 愛媛県西条市の流域の水質モニタリング. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

山本雄大,陀安一郎,中野孝教,横山正,申基澈,藪崎志穂,太田民久,三橋弘宗,大串健一,藤澤未雪,伊藤真之,蛯名邦禎 兵庫県千種川の水質に関する地球化学的研究. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

中野孝教,申基澈,薮崎志穂,陀安一郎,山田佳裕,大河内博,真庭譲,西村寿々美,横尾頼子,帰山寿章,山田明弘,下島浩平,小沢弘幸 福井県大野市の地下水モニタリング. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

石渡晃起,竹内望,太田民久,陀安一郎 日本の積雪中で活動するトビムシの生態—CN 安定同位体分析,個体群密度,体長測定による積雪上での生活史の推定—. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

岡本智夏,竹内望,陀安一郎,太田民久 日本の積雪域におけるセッケイカワゲラとその食物網の安定同位体解析その②. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

松林順,陀安一郎 放射性炭素同位体比分析による骨の代謝メカニズムの解明と、同位体比の年次変化の復元手法の開発. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

齋藤辰善,山下尚之,諸橋将雪,猪股弥生,内山重輝,中田誠,中野孝教,陀安一郎,申基澈,大泉毅,佐瀨裕之 日本海沿岸部スギ森林集水域における硫黄及びストロンチウム同位体比の年間及び垂直変動. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

札本果,中野孝教,申基澈,森誠一,久米学,西田翔太朗,木庭啓介,陀安一郎 小型魚類の河川内移動履歴解明における脊椎骨Sr 同位体比の利用の検討. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

齋藤有,申基澈,中野孝教,松林順,加藤義和,陀安一郎 東北沿岸における貝類軟組織のNd 同位体比の地理的多様性とその要因. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

加藤義和,近藤倫生,石川尚人,冨樫博幸,神松幸弘,吉村真由美,由水千景,原口岳,長田穣,大手信人,徳地直子,奥田昇,陀安一郎 アンフォールディングに基づく食物網複雑性指標:河川生態系での実証. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

石田卓也,上原佳敏,岩田智也,Osbert Leo A. Privaldos,淺野悟史,池谷透,尾坂兼一,井手淳一郎,陀安一郎,奥田昇 リン酸酸素同位体比を用いた流域スケールにおけるリン動態の解明. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

原口岳,陀安一郎 捕食者Δ14C 値を指標に用いた、腐生性資源流入に対する伐採撹乱の影響評価. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

Kamauchi H., Akasaka M., Sakimoto M., Suzuki S., Ohta T. and Tayasu I. Sea-fog and coastal forest in eastern Hokkaido, Japan. 7th International Conference on Fog, Fog Collection and Dew, 2016,07,26, Wrocław, Poland.  

篠塚賢一,智和正明,陀安一郎,由水千景,久米篤 窒素飽和した森林からの流出に下流部の窒素負荷と河川勾配が与える影響. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

大串健一,中野孝教,陀安一郎,横山正,太田民久,草野由貴子,三橋弘宗,伊藤真之,蛯名邦禎 兵庫県千種川の水質と安定同位体の特徴. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

齋藤有,中野孝教,申基澈,山下勝行,天川裕史,由水千景,松林順,加藤義和,冨樫博幸,天野洋典,栗田豊,奥田昇,陀安一郎「東北沿岸における貝類軟組織Sr-Nd同位体比の地域変化 日本地球惑星科学連合2016年連合大会. , 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

近藤康久,熊澤輝一,関野 樹,陀安一郎,中野孝教 同位体環境学のオントロジーを構築する. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

齋藤辰善,山下尚之,諸橋将雪,猪股弥生,内山重輝,中田誠,中野孝教,陀安一郎,申基澈,大泉毅,佐瀬裕之 国内2森林集水域におけるストロンチウム同位体比の年間及び垂直変動. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

札本果,申基澈,中野孝教,森誠一,久米学,西田翔太郎,陀安一郎 ストロンチウム安定同位体比と元素濃度を用いた水の動態と魚の過去の移動追跡. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

岡本智夏,竹内望,陀安一郎,太田民久 日本の積雪域におけるセッケイカワゲラとその食物網の安定同位体解析. 日本地球惑星科学連合2016年連合大会, 2016年05月24日, 幕張メッセ,千葉.  

Jun Matsubayashi, Ichiro Tayasu Dietary reconstruction of the extinct Ezo wolf (Canis lupus hattai). IsoEcol 2016, 2016,04,05, Ito Hall, The University of Tokyo, Tokyo.  

Konomi Fudamoto, Ichiro Tayasu, Takanori Nakano, Shin Ki-Cheol, Seiichi Mori, Manabu Kume, Syotaro Nishida 87Sr/86Sr of whole otoliths reveal the different movement patterns between upstream and downstream populations of three‐spined sticklebacks. IsoEcol 2016, 2016,04,05, Ito Hall, The University of Tokyo, Tokyo,.  

陀安一郎, 由水千景, 松林順, 加藤義和, 長田穣, 奥田昇, 斉藤有, 申ギチョル, 中野孝教, 神松幸弘, 近藤倫生, 冨樫博幸, 天野洋典, 栗田豊 溶存物質および生物の多元素同位体組成が示す生態系情報:東北太平洋岸地域の例. 第63回日本生態学会仙台大会, 2016年03月24日, 仙台国際センター,仙台.(本人発表).  

札本果,森誠一,久米学,西田翔太郎,申基澈,中野孝教,陀安一郎 ストロンチウム安定同位体比からみた淡水型イトヨ(Gasterosteus aculeatus)の河川支流内移動性. 第63回日本生態学会仙台大会, 2016年03月22日, 仙台国際センター,仙台.  

佐瀨裕之,高橋正通,松田和秀,佐藤啓市,谷川東子,山下尚之,大泉毅,石田卓也,上迫正人,小林亮,内山重輝,齋藤辰善,諸橋将雪,福原晴夫,金子真司,井上隆信,山田俊郎,竹中千里,陀安一郎,中野孝教,袴田共之,太田誠一 伊自良湖集水域における河川化学性の長期トレンドと硫黄の流入・流出収支. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

申基澈, 中野孝教, 草野由貴子, 大田民久, 陀安一郎, 山田佳裕, 横尾頼子, 帰山寿章, 山田明広, 下島浩平, 佐藤実 福井県大野盆地の地下水の持続的利用に向けた水脈診断. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

大串健一, 中野孝教, 陀安一郎, 横山正, 三橋弘宗, 草野由貴子, 太田民久, 野村麻衣, 伊藤真之, 蛯名邦禎 兵庫県千種川流域圏における水環境マップ作成(予報). 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

篠塚賢一, 智和正明, 陀安一郎, 由水千景, 久米篤 窒素飽和の森林が下流部の異なる窒素負荷源や河川勾配が河川窒素循環に与える影響評価. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

近藤康久,熊澤輝一, 安富奈津子, 関野樹, 中野孝教, 陀安一郎 同位体環境学の知識体系の可視化に関する基礎的研究. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都 .  

五十嵐秀一,吉田昌平,田中憲蔵,正木隆,永益英敏,兵藤不二夫,陀安一郎,市栄智明 温帯と熱帯における樹木の結実周期と樹体内貯蔵炭水化物の関係. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

松林順, 陀安一郎 安定同位体分析を応用した生物間相互作用の空間モデリング. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

岡本智夏, 竹内望, 陀安一郎, 太田民久 日本の積雪域におけるセッケイカワゲラとその食物網の安定同位体解析. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

札本果, 森誠一, 申基澈, 中野孝教, 陀安一郎 87Sr/86Srを用いた小型淡水魚の河川内の行動パターン評価. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

鎌内宏光, 太田民久, 陀安一郎 北海道東部沿岸域における海霧が陸上生態系に与える影響の検出. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 総合地球環境学研究所,京都.  

奥田昇,岩田智也,林拓矢,村上綾,陀安一郎,石川尚人,岡野淳一,冨樫博幸,中野伸一,酒井陽一郎,Song, U., 尾坂兼一,Cid, A.P. 河川生態系の生物多様性と栄養循環機能:流域スケールからのアプローチ. 日本陸水学会第80回大会, 2015年09月29日, 北海道大学函館キャンパス,函館.  

古川智慧, 山下美沙, SHIN Kicheol, 山下勝行, 中野孝教, 陀安一郎 東北地方の河川堆積物の吸着元素と河川水の水質成分の比較検討. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

由水千景, SHIN Kicheol 中野孝教, 奥田昇, 加藤義和, 神松幸弘, 栗田豊, 冨樫博幸, 天野洋典, 陀安一郎 窒素・酸素安定同位体比からみた東北域河川水の硝酸イオンの起源. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

札本果,申基澈,中野孝教,森誠一,陀安一郎 大槌域における河川水と淡水型イトヨのストロンチウム同位体比:現在の生息域と過去の移動の推定法として. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

Abigail P. Cid, Uhram Song, Ichiro Tayasu, Jun-ichi Okano, Hiroyuki Togashi, Naoto F. Ishikawa, Aya Murakami, Takuya Hayashi, Tomoya Iwata, Ken-ichi Osaka, Shin-ichi Nakano and Noboru Okuda Spatial distributions of REE, heavy metals and oxygen isotope of phosphate in the Yasu river, Shiga, Japan. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015,05,27, 幕張メッセ,千葉.  

篠塚賢一, 智和正明, 陀安一郎, 由水千景, 久米篤 福岡市都市近郊の窒素飽和が下流域の河川水質に及ぼす影響評価. 日本地球惑星科学連合2015年連合大会, 2015年05月27日, 幕張メッセ,千葉.  

冨樫博幸,石川尚人,加藤義和,吉村真由美,神松幸弘,由水千景,徳地直子,大手信人,陀安一郎 マルチアイソトープ解析による森林施業が河川生態系へ及ぼす長期的影響とその解明. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月21日, 鹿児島大学,鹿児島.  

松林順, 陀安一郎, 野別貴博 ヒグマとサケを例とした、海洋-陸域物質輸送の評価手法に関する研究. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月21日, 鹿児島大学,鹿児島.  

原口岳,陀安一郎 森林に造網するクモ類の体サイズに応じた餌源の変化に、林齢が及ぼす影響 −Δ14C値の測定による解明−. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月21日, 鹿児島大学,鹿児島.  

札本果,申基澈,中野孝教,森誠一,陀安一郎 Sr安定同位体比を用いた魚類の生息地特定手法の開発 ―大槌町淡水型イトヨの例―. 第62回日本生態学会鹿児島大会, 2015年03月19日, 鹿児島大学,鹿児島.  

Yoichiro Sakai, Zin’ichi Karube, Jun-ya Shibata, Tomohiro Takeyama, Ichiro Tayasu, Shigeo Yachi, Shin-icni Nakano, Noboru Okuda The impact of land uses on benthic macroinvertebrate diversity in the coastal ecosystem of Lake Biwa, JAPAN. 2015 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2015,02,22-2015,02,27, Granada, Spain.  

加藤義和, 奥田昇, 由水千景, 陀安一郎 アミノ酸窒素安定同位体比が明らかにする高次捕食魚ハスの栄養段階―100年間の変遷―. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

後藤洋加,梅澤有,天野雅男,山口敦子,陀安一郎,由水千景,加藤義和,原田一孝,石橋敏章 バルクとアミノ酸の安定同位体比分析を組み合わせた有明海及び大村湾個体群のスナメリの摂餌生態解析. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

古川智慧,山下 美沙,申 基澈,山下 勝行,中野 孝教,陀安 一郎 東北地方の河川堆積物の吸着元素と河川水の水質成分の比較検討. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

中野孝教,申基澈,多田洋平,安部豊,陀安一郎,石山大三 東北地方の河川水の多項目水質マップ. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

日下 宗一郎,陀安 一郎,米田 穣 関東貝塚縄文人骨と動物骨のアミノ酸窒素安定同位体分析. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

Abigail P. Cid, Uhram Song, Ichiro Tayasu, and Noboru Okuda Development of a phosphate-oxygen isotope analysis and its application to freshwater ecosystem studies. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014,12,22, 総合地球環境学研究所,京都.  

松林順, 陀安一郎 炭素・窒素・イオウ同位体を用いたヒグマ食性の時系列変化の解析. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

由水千景, 申基澈, 中野孝教, 奥田昇, 加藤義和, 神松幸弘, 栗田豊, 冨樫博幸, 天野洋典, 陀安一郎 東北地方東部の河川における硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比の空間分布. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所,京都.  

赤松史一, 鈴木彌生子, 加藤義和, 由水千景, 陀安一郎 乾燥処理の違いによる脂肪酸の炭素安定同位体比への影響. 日本陸水学会甲信越支部会第40回研究発表会, 2014年11月29日-2014年11月30日, すずむし荘,長野県北安曇郡松川村.  

後藤洋加,梅澤有,天野雅男,山口敦子,由水千景,陀安一郎,原田一孝,石橋敏章 バルクとアミノ酸の安定同位体比分析を組み合わせたスナメリの摂餌生態解析. 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014年09月21日, 九州大学,福岡.  

後藤洋加,梅澤有,天野雅男,山口敦子,由水千景,陀安一郎,原田一孝,石橋敏章 アミノ酸のδ15N値を用いたスナメリの栄養段階推定式の改良と長崎周辺個体群の摂餌生態. 2014年度日本海洋学会秋季大会, 2014年09月14日, 長崎大学,長崎.  

野崎龍,梅澤有,山口聖,西内耕, 岡慎一郎,陀安一郎,由水千景 東シナ海における硝酸の起源と植物プランクトンによる利用の季節・地域別特性. 2014年度日本海洋学会秋季大会, 2014年09月14日, 長崎大学,長崎.若手ベストポスター賞受賞.  

加藤義和,奥田昇,由水千景,陀安一郎 アミノ酸窒素安定同位体比を用いた捕食性魚類の栄養段階推定―栄養起源の混合を考慮して―. 日本陸水学会第79回大会, 2014年09月13日, 筑波大学,つくば.  

酒井 陽一郎,苅部 甚一,柴田 淳也,武山 智博,陀安 一郎,谷内 茂雄,中野 伸一,奥田 昇 集水域の土地利用が琵琶湖沿岸域のベントス群集の多様性に与える影響. 日本陸水学会第79回大会, 2014年09月13日, 筑波大学,つくば.  

由水千景,申基澈,中野孝教,奥田昇,加藤義和,神松幸弘,栗田豊,冨樫博幸,天野洋典,陀安一郎 東北地方の河川における各種安定同位体の空間分布調査(予報)−硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比からみた河川環境. 日本陸水学会第79回大会, 2014年09月13日, 筑波大学,つくば.  

西村隆秀, 林功貴, 明渡絵里朱, 高木祐子, 中川強, 谷口光隆, 松倉千昭, 江面浩, 陀安一郎, 秋田求, 泉井桂 C4光合成のCO2代謝酵素及び輸送系の導入によるC3植物のC4化への試み― 4種類の遺伝子を導入した組換え体トマトの作出 ―. 第32回日本植物細胞分子生物学会, 2014年08月21日, 盛岡.  

石田 卓也, 陀安 一郎, 竹中 千里 年輪中のδ34S値を用いたイオウ沈着履歴の評価. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月28日, パシフィコ横浜,横浜.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Ichiro Tayasu, Naoto F. Ishikawa, Yoshikazu Kato, Chikage Yoshimizu, Nobuhito Ohte, Naoko Tokuchi Natural isotope tracers for studying stream ecology. Goldschmidt2016, 2016,06,30, Pacifico Yokohama, Yokohama.  

中野孝教, 申基澈, 斎藤有, 陀安一郎, 徳増実, 帰山寿章, 横尾頼子, 山田佳裕 健全な水循環に向けた水質モニタリング体制の提案. 第64回質量分析総合討論会, 2016年05月18日, ホテル阪急エキスポパーク,大阪.  

中野孝教,申基澈,草野由貴子,大田民久,陀安一郎,山田佳裕,横尾頼子,辻村真貴,池田浩一,大野市 水質マップによる大野市の市街地地下水の水脈診断. 日本地下水学会2015 年秋季講演会, 2015年10月23日, 福井県大野市.  

中野孝教,陀安一郎 フューチャ―アースと多項目水質マップ作り:水圏・土壌圏環境地球化学の基盤形成. 2015年度日本地球化学会年会, 2015年09月16日, 横浜国立大学,横浜.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

IsoEcol2016, Organizing Committee (Organizing Committee). 2016年04月03日-2016年04月08日, Tokyo.  

【組織運営】

日本生態学会, 専務理事. 2017年03月-2019年03月.  

日本生態学会, Ecological Research, Associate Editor-in-Chief. 2014年01月-2017年12月.  

外部資金の獲得

【科研費】

多元素同位体・分子レベル同位体手法による生態系トレーサビリティー技術の確立(研究代表者) 2016年04月01日-2020年03月31日. 基盤研究(A)一般 (16H02524).  

地質由来重元素安定同位体比を用いた、生物の移動履歴情報に関する精密解析手法の開発(研究代表者) 2015年04月01日-2017年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (15K14602).  

分子レベル同位体比精密分析による生態系解析手法の開発(研究代表者) 2013年04月01日-2016年03月31日. 基盤研究(B)一般 (25291101).  

代謝マップ同位体比からみた生態系解析研究(研究代表者) 2013年04月01日-2015年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (25650146).  

放射性炭素分析法を用いた樹木の結実豊凶と資源貯蔵との関係性の解明(研究分担者) 2012年04月01日-2015年03月31日. 基盤研究(B)海外 (24405032).  

【各省庁等からの研究費(科研費以外)】

沿岸生態系の多様性機能評価のための多元素同位体トレーサー技術の開発 2013年10月01日-2019年03月31日. 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ), 研究領域「海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する基盤技術の創出」.  

【その他の競争的資金】

重元素同位体比を用いた河川に生息する魚類の生息履歴情報解析手法の開発 2015年04月01日-2016年03月31日. 河川整備基金助成事業, 調査・研究部門 (27-1215-016).  

社会活動・所外活動

【依頼講演】

安定同位体でわかる生き物のつながり. 第65 回「地球研市民セミナー」, 2015年12月04日, ハートピア京都,京都.  

人と生き物のつながり. 京大ウィークス一般公開, 2014年10月18日, 京都大学生態学研究センター,大津.  

あなたの安定同位体比はいくつ?食物網を同位体で解析する. 彦根東高等学校スーパーサイエンスハイスクール講師, 2014年08月26日, 京都大学生態学研究センター,大津.