スタッフ プロフィール

氏名武島 弘彦
氏名(かな)たけしま ひろひこ
所属研究高度化支援センター
職名特任助教
生年1973
学歴福井県立大学生物資源学部海洋生物資源学科卒業(1997)
東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻修士課程修了(2003)
東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻博士課程修了(2008)
職歴水産総合研究センター中央水産研究所内水面研究部研究支援職員(2008)
東京大学海洋研究所海洋生命学部門分子海洋科学分野特任研究員(2009)
東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員(2009)
東京大学大学院農学生命科学研究科特任助教(2009)
東京大学大気海洋研究所地球表層変動研究センター生物遺伝子変動分野特任研究員(2014)
学位博士(農学)(東京大学 2008)
専攻・バックグラウンド分子生態学
進化遺伝学
水産学
所属学会日本生態学会
日本分子生物学会
日本水産学会
日本魚類学会

 

論文

【原著】

Hirohiko Takeshima, Kei'ichiro Iguchi, Yasuyuki Hashiguchi, Mutsumi Nishida 2016 Using dense locality sampling resolves the subtle genetic population structure of the dispersive fish species Plecoglossus altivelis. Molecular Ecology . DOI:10.1111/mec.13650.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/mec.13650

Shotaro Hirase, Hirohiko Takeshima, Mutsumi Nishida, Wataru Iwasaki 2016,03 Parallel Mitogenome Sequencing Alleviates Random Rooting Effect in Phylogeography. Genome Biology and Evolution . DOI:10.1093/gbe/evw063.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1093/gbe/evw063

Nozomu Muto, Ulysses B. Alama, Harutaka Hata, Armi May T. Guzman, Ramon Cruz, Arnold Gaje, Rex Ferdinand M. Traifalgar, Ryo Kakioka, Hirohiko Takeshima, Hiroyuki Motomura, Fumihito Muto, Ricardo P. Babaran, Satoshi Ishikawa 2016,04 Genetic and morphological differences among the three species of the genus Rastrelliger (Perciformes: Scombridae). Ichthyological Research 63(2) :275-287. DOI:10.1007/s10228-015-0498-z.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10228-015-0498-z

Hiroshi Takahashi, Naohiko Takeshita, Hideaki Tanoue, Shusaku Ueda, Hirohiko Takeshima, Teruhisa Komatsu, Izumi Kinoshita, Mutsumi Nishida 2015年10月 Severely depleted genetic diversity and population structure of a large predatory marine fish (Lates japonicus) endemic to Japan. Conservation Genetics 16(5) :1155-1165. DOI:10.​1007/​s10592-015-0729-x.(査読付).  http://dx.doi.org/10.​1007/​s10592-015-0729-x

Hideki Hayakawa, Quang Dung Le, Masato Kinoshita, Yusuke Takehana, Kei Sakuma, Hirohiko Takeshima, Shigeaki Kojima, Kiyoshi Naruse, Koji Inoue 2015,07 Genetic similarity of the Hainan medaka populations collected from hyper- and hypoosmotic environments in northern Vietnam. Ocean Science Journal 50(2) :231-235. DOI:10.1007/s12601-015-0020-6.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s12601-015-0020-6

Makiko Yorifuji, Hirohiko Takeshima, Kohji Mabuchi, Toshiki Watanabe, Mutsumi Nishida 2015,01 Comparison of Symbiodinium dinoflagellate flora in sea slug populations of the Pteraeolidia ianthina complex. Marine Ecology Progress Series 521 :91-104. DOI:10.3354/meps11155.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3354/meps11155

Hirokazu Tanaka, Dik Heg, Hirohiko Takeshima, Tomohiro Takeyama, Satoshi Awata, Mutsumi Nishida, Masanori Kohda 2015,01 Group composition, relatedness, and dispersal in the cooperatively breeding cichlid Neolamprologus obscurus. Behavioral Ecology and Sociobiology 69(2) :169-181. DOI:10.1007/s00265-014-1830-8.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s00265-014-1830-8

Tappei Mishina, Mikumi Takada, Hirohiko Takeshima, Mitsunori Nakano, Ryoichi Tabata, Mutsumi Nishida, Katsutoshi Watanabe 2014,04 Molecular identification of species and ploidy of Carassius fishes in Lake Biwa, using mtDNA and microsatellite multiplex PCRs. Ichthyological Research 61(2) :169-175. DOI:10.1007/s10228-014-0388-9.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10228-014-0388-9

Takaharu Natsumeda, Tetsuya Tsuruta, Hirohiko Takeshima, Satoshi Awata and Kei'ichiro Iguchi 2014,04 Variation in morphological characteristics of Japanese fluvial sculpin related to different environmental conditions in a single river system in eastern Japan. Ecology of Freshwater Fish 23(2) :114-120. DOI:10.1111/eff.12045.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/eff.12045

外部資金の獲得

【科研費】

河川工作物が底生魚類の個体群・群集に及ぼす生態的影響の多面的評価手法の確立(研究分担者) 2016年04月01日-2019年03月31日. 基盤研究(B) (16H02966).  

脊椎動物の陸上進出を促した精子・生殖様式の多様化機構の解明:カジカ魚類の比較から(研究分担者) 2016年04月01日-2019年03月31日. 基盤研究(B) ().  

危機的状況にあるリュウキュウアユの存続に向けたメタ個体群構造の解明(研究代表者) 2015年04月01日-2018年03月31日. 基盤研究(C) (15K07538).  

暖流系生物の分布拡大で変遷する寒流域生物群集-漂着・繁殖あるいはゲノムパラサイト(研究分担者) 2014年04月01日-2017年03月31日. 基盤研究(B) (26292098).  

カジカ等の生態的移動弱者の生物多様性に配慮した河川管理方策の提案(研究分担者) 2013年04月01日-2015年03月31日. 基盤研究(C) (25340063).  

【その他の競争的資金】

頻繁な倍数性変化を生じる脊椎動物の遺伝子量補償機構の解明:雌性発生3倍体フナのケース(共同研究者) 2015年10月01日-2016年03月31日. 東京農業大学生物資源ゲノム解析センター,生物資源ゲノム解析拠点,平成27年度共同利用・共同研究課題.  

次世代シーケンサーを利用した魚類の絶滅種・絶滅個体群の遺伝的多様性解析(共同研究者) 2015年04月01日-2015年09月30日. 東京農業大学生物資源ゲノム解析センター,生物資源ゲノム解析拠点,平成27年度共同利用・共同研究課題.  

次世代シーケンシングによる魚類の集団ミトコンドリアゲノミクスへのアプローチ(研究代表者) 2014年04月01日-2015年03月31日. 東京農業大学生物資源ゲノム解析センター,生物資源ゲノム解析拠点,平成26年度共同利用・共同研究課題.  

河川工作物によって分断化された渓流域における,全断面魚道設置による細分化カジカ個体群の生態学的・遺伝学的回復に関する効果検証(研究分担者) 2014年04月01日-2017年03月31日. 河川整備基金助成事業(調査・研究部門).  

ホルマリン固定液浸標本からのDNA情報抽出技術の確立―タイプ標本DNAデータベース構築を目指して(研究担当者) 2014年04月01日-2016年03月31日. 独立行政法人国立科学博物館,館長支援経費.  

教育

【博士論文等の審査】

(2015) 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士学位審査.  

【非常勤講師】

大阪医科大学, セミナー2(理系). 2016年04月-2017年03月.