スタッフ プロフィール

氏名奥田 昇
氏名(かな)おくだ のぼる
所属研究部
職名准教授
生年1969
学歴東京理科大学理工学部応用生物科学卒業(1992)
愛媛大学大学院理学研究科修士課程修了(1994)
京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(1998)
職歴日本学術振興会特別研究員(1998)
愛媛大学沿岸環境科学研究センター研究機関研究員(2002)
京都大学生態学研究センター助教授(2005)
京都大学生態学研究センター准教授(2007)
総合地球環境学研究所客員准教授(2013)
総合地球環境学研究所准教授(2014)
学位理学博士(京都大学 1998)
理学修士(愛媛大学 1994)
所属学会日本魚類学会
日本生態学会
日本動物行動学会
日本進化学会
日本水産学会
日本陸水学会
受賞歴日本魚類学会奨励賞(2005)
国際シンポジウム「Long-team Variations in the coastal Environments and Ecosystems」ポスター賞(2004)
CHED REPUBLICA AWARDS賞(2016)
35th Association of Systematic Biologists of the Philippines-Symposium and Annual Meeting「Taxonomic Sufficiency: Implications from ecological studies on aquatic insects in Philippine watersheds」 ポスター賞(2017)

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

熊谷道夫・浜端悦治・奥田昇 2015年10月 琵琶湖は呼吸する. 海鳴社, 東京都千代田区, 176pp. ISBN:978-4-87525-321-1.  

Okuda, N., K. Watanabe, K. Fukumori, S. Nakano & T. Nakazawa 2013 "Biodiversity in aquatic systems and environments:Lake Biwa". Springer Japan, Chiyoda-ku,Tokyo, 91pp.  

【分担執筆】

奥田昇 2015年10月 内湖の消失と再生. 熊谷道夫・浜端悦治・奥田昇編 琵琶湖は呼吸する. 海鳴社, 東京都千代田区, pp.139-147.ISBN:978-4-87525-321-1  

奥田昇 2015年10月 琶湖の固有魚と水産業. 熊谷道夫・浜端悦治・奥田昇編 琵琶湖は呼吸する. 海鳴社, 東京都千代田区, pp.86-93.ISBN:978-4-87525-321-1  

奥田昇 2015年10月 外来魚による被害と加害. 熊谷道夫・浜端悦治・奥田昇編 琵琶湖は呼吸する. 海鳴社, 東京都千代田区, pp.109-117.ISBN:978-4-87525-321-1  

仲澤剛史・奥田昇 2014年12月 生物標本を利用した湖沼生態系の復元. 占部城太郎編 湖沼近過去調査法. 共立出版, 東京都文京区, pp.193-214.ISDN:978-4-320-05735-7  

Shibata, J., Z. Karube, Y. Sakai, T. Takeyama, I. Tayasu, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda 2014 Long-Term and Spatial Variation in the Diversity of Littoral Benthic Macroinvertebrate Fauna in Lake Biwa, Japan. Nakano, S., T. Yahara, T.Nakashizuka (ed.) Integrative Observations and Assessments. Asia-Pacific Biodiversity Observation Network. Springer Japan, Chiyoda-ku,Tokyo, pp.151-166. DOI:10.1007/978-4-431-54783-9.  http://dx.doi.org/10.1007/978-4-431-54783-9

奥田昇 2013年11月 . 上田恵介他編 行動生物学辞典. 東京化学同人, 東京都文京区, pp.637.  

Okuda, N. & K. Fukumori 2013 Predator diversity changes the world: from gene to ecosystem. Okuda et al. (ed.) Biodiversity in aquatic systems and environments. Lake Biwa. Springer Japan, Chiyoda-ku,Tokyo, pp.21-49. DOI:10.1007/978-4-431-54150-9_2.  http://dx.doi.org/10.1007/978-4-431-54150-9_2

奥田昇 2012年08月 生命のるつぼ「琵琶湖」:生息地のつながりが育む生物多様性. 阿形清和, 森哲、井上 敬・高井正成・高林純示・船山典子・村山美穂編 生き物たちのつづれ織り・下巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.162-171.  

奥田昇 2012年03月 琵琶湖がつなぐ人の暮らしと生きものたち. 日本生態学会編 エコロジー講座5 生物のつながりをみつめよう. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.44-55.  

奥田昇 2012年03月 魚類の表現型多型と生態系の相互作用:生態-進化フィードバック. 吉田 丈人・鏡味 麻衣子・加藤 元海編 淡水生態学のフロンティア. 共立出版, 東京都文京区, pp.61-72.  

奥田昇 2012年02月 . 永田 俊・熊谷道夫・吉山浩平編 温暖化の湖沼学. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.289.  

Okuda, N., T. Takeyama, T. Komiya, Y. Kato, Y. Okuzaki, Z. Karube, Y. Sakai, M. Hori, I. Tayasu & T. Nagata 2012 A food web and its long-term dynamics in Lake Biwa: a stable isotope approach. Kawanabe, H. et al. (ed.) Lake Biwa: Interactions between Nature and People. Springer Academic, Amsterdam, pp.205-210.  http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~nokuda/research&education/paper%20PDF/Okuda%202012a.pdf

論文

【原著】

Itoh, M., Kojima,H. P.-C. Ho, C.-W. Chang, T.-Y. Chen, S. S.-Y. Hsiao, Kobayashi,Y. Fujibayashi,M. S.-J. Kao, C.-h. Hsieh, Fukui,M. Okuda,N. Miki,T. F.-K. Shiah. 2017,09 Integrating isotopic, microbial, and modeling approaches to understand methane dynamics in a frequently disturbed deep reservoir in Taiwan. Ecological Research (in press ) . DOI:10.1007/s11284-017-1502-z.  http://dx.doi.org/10.1007/s11284-017-1502-z

Okano, J.Tayasu,I. Nakano,S. & Okuda,N.  2017,09 Differential responses of two ecologically similar case-bearing caddisflies species to a fish chemical cue: implication for a coexistence mechanism. Zoological Science(in press) .  

Nakazawa, T., S.-Y. V. Liu, Y. Sakai, K. S. Araki, C.-H. Tsai & Okuda,N. 2017,09 Spatial genetic structure and body size divergence in endangered Gymnogobius isaza in ancient Lake Biwa. Mitochondrial DNA Part A . DOI:10.1080/24701394.2017.1357708.  http://dx.doi.org/10.1080/24701394.2017.1357708

Matsubayashi,J. Saitoh,Y. Osada,Y. Uehara,Y. Haru,J. Sasaki,T. Tayasu,I. 2017,07 Incremental analysis of vertebral centra can reconstruct the stable isotope chronology of teleost fishes. British Ecological Society . DOI:10.1111/2041-210X.12834.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/2041-210X.12834

Okuda, N., Y. Sakai, K. Fukumori, S.-M. Yang, C. Hsieh, F.-K. Shiah 2017,06 Food web properties of the recently constructed, deep subtropical Fei-Tsui Reservoir in comparison with the ancient Lake Biwa. Hydrobiologia in press . DOI:10.1007/s10750-017-3258-4.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10750-017-3258-4

Ishikawa, N. F., Y. Chikaraishi, N. Ohkouchi, A. R. Murakami, I. Tayasu, H. Togashi, J. Okano, Y. Sakai, T. Iwata, M. Kondoh & N. Okuda 2017,04 Integrated trophic position decreases in more diverse communities of stream food webs. Scientific Reports 7 :2130. DOI:10.1038/s41598-017-02155-8.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/s41598-017-02155-8

Kobayashi, Y., H. Kojima, M. Itoh, N. Okuda, M. Fukui, F.-K. Shiah 2016,11 Abundance of planktonic methane-oxidizing bacteria in a subtropical reservoir. Plankton & Benthos Research 11(4) :144-146. DOI:10.3800/pbr.11.144.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3800/pbr.11.144

Briones, J. C. A., R. D. S. Papa, G. A. Cauyan, N. Mendoza & N. Okuda 2016,09 Fish diversity and trophic interactions in Lake Sampaloc (Luzon Is., Philippines). Tropical Ecology 57(3) :567-581.(査読付).ISSN 0564-3295.  http://tropecol.com/pdf/open/PDF_57_3/17%20Briones%20et%20al-f.pdf

Ho, P.-C., N. Okuda, T. Miki, M. Itoh, F.-K. Shiah, C.-W. Chang, S. S.-Y. Hsiao, S.-J. Kao, M. Fujibayashi & C.-H. Hsieh 2016,08 Summer profundal hypoxia determines the coupling of methanotrophic production and the pelagic food web in a subtropical reservoir. Freshwater Biology (61) :1694-1706. DOI:10.1111/fwb.12809.(査読付).  

Ohba, S., N. Okuda & S. Kudo 2016,05 Sexual selection of male parental care in giant water bugs.. Royal Society open science (3). DOI:10.1098/rsos.150720 .(査読付).  

Itoh, M., Y. Kobayashi, T.-Y. Chen, T. Tokida, M. Fukui, H. Kojima, T. Miki, I. Tayasu, F.-K. Shiah & N. Okuda 2015,07 Effect of interannual variation in winter vertical mixing on CH4 dynamics in a subtropical reservoir.. Journal of Geophysical Research: Biogeosciences 120(7) :1246-1261. DOI:10.1002/2015JG002972.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/2015JG002972

Kakioka, R., T.Kokita, H.kumada, K.Watanabe & N.Okuda 2015,07 Genomic architectue of habitat-related divegence and signature of directional selection in the body shapes of Gnathopogon fishes.. Molecular Ecology 24(16) :4159-4174. DOI:10.1111/mec.13309.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/mec.13309

Kobayashi,Y., Y.Hodoki, K.Ohbayashi, N.Okuda & S.Nakano  2015,03 Change in bacterial community structure associated with phytoplankton succession in outdoor experimental ponds. Plankton and Benthos Research 10(1) :34-44. DOI:10.3800/pbr.10.34.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3800/pbr.10.34

Garcia, V. O. S., R. D. S. Papa, J. C. A. Briones, N. Mendoza, N. Okuda & A. C. Diesmos 2014,12 Food habits and distribution of the Lake Taal sea snake (Hydrophis semperi Garman, 1881) and the sympatric little file snake (Acrochordus granulatus Schneider, 1799) in Lake Taal, Philippines. Asian Herpetological Research 5(4) :255-262. DOI:10.3724/SP.J.1245.2014.00255.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3724/SP.J.1245.2014.00255

Kojima, H., R. Tokizawa, K. Kogure, Y. Kobayashi, M. Itoh, N. Okuda, F.-K. Shiah & M. Fukui 2014,07 Community structure of planktonic methane-oxidizing bacteria in a subtropical reservoir characterized by dominance of phylotype closely related to nitrite reducer. Scientific Reports 4 :5728.(査読付).  

Ishikawa, N. F., Y. Kato, H. Togashi, M. Yoshimura, C. Yoshimizu, N. Okuda & I. Tayasu 2014,07 Stable nitrogen isotopic composition of amino acids reveals food web structure in stream ecosystems. Oecologia 175(3) :911-922. DOI:10.1007/s00442-014-2936-4.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s00442-014-2936-4

Hamaoka, H., A. Kaneda, N. Okuda & K. Omori 2014,01 Upwelling-like bottom intrusion enhances the pelagic-benthic coupling by a fish predator in a coastal food web. Aquatic Ecology 48(1) :63-71.(査読付).  

Uchii, K., N. Okuda, T. Minamoto & Z. Kawabata 2013,06 An emerging infectious pathogen endangers an ancient lineage of common carp by acting synergistically with conspecific exotic strains. Animal Conservation 16 :324-330.(査読付).  

Ohbayashi K., Y. Hodoki, Y. Kobayashi, N. Okuda & S. Nakano 2013,04 Genotypic composition and the relationship between genotypic composition and geographical proximity of the cyanobacterium Microcystis aeruginosa in western Japan. Canadian Journal of Microbiology 59 :266-272.(査読付).  

Sakai Y., Z. Karube, T. Takeyama, A. Kohzu, C. Yoshimizu, T. Nagata, I. Tayasu & N. Okuda 2013,01 Seasonal and site-specific variability in terrigenous particulate organic carbon concentration in near-shore waters of Lake Biwa, Japan. Limnology 14 :167-177.(査読付).  

Kobayashi, Y., Y. Hodoki, K. Ohbayashi, N. Okuda & S. Nakano 2013,01 Grazing impact on the cyanobacterium Microcystis aeruginosa by the heterotrophic flagellate Collodictyon triciliatum in an experimental pond. Limnology 14(1) :43-49.(査読付).  

Kakioka R., T. Kokita, H. Kumada, K. Watanabe & N. Okuda 2013,01 A RAD-based linkage map for QTL analysis and comparative genomics in the gudgeons (genus Gnathopogon, Cyprinidae). BMC Genomics 14 :32.(査読付).  

Hodoki Y., K. Ohbayashi, Y. Kobayashi, N. Okuda & S. Nakano 2013,01 Anatoxin-a-producing Raphidiopsis mediterranea Skuja var. grandis Hill is one ecotype of non-heterocytous Cuspidothrix issatschenkoi (Usačve) Rajaniemi et al. in Japanese lakes. Harmful Algae 21−22 :44-53.(査読付).  

Ohba, S., J. Takahashi & N. Okuda 2013 A non-lethal sampling method for estimating the trophic position of an endangered giant water bug using stable isotope analysis. Insect Conservation and Diversity 6 :155-161.(査読付).  

Briones, J. C., C.-H. Tsai, T. Nakazawa, Y. Sakai, R. D. S. Papa, C.-H. Hsieh & N. Okuda 2012年12月 Long-term changes in the diet of Gymnogobius isaza from Lake Biwa, Japan: effects of body size and environmental prey availability. PLoS ONE 7(12) :e53167.(査読付).  

Araki, K. S., T. Nakazawa, A. Kawakita, H. Kudoh & N. Okuda 2012,03 Development of nine markers and characterization of the microsatellite loci in the endangered Gymnogobius isaza (Gobiidae). International Journal of Molecular Sciences 13(5) :5700-5705. DOI:10.3390/ijms13055700.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3390/ijms13055700

【総説】

奥田昇 2015年12月 リン酸-酸素安定同位体分析が拓くリン循環研究の黎明. 地球環境 20(1) :103-110.  

大園享司・松岡俊将・藤永承平・保原達・奥田昇 2015年12月 水草堆肥を施用して土壌のリンを効率的に利用する. 地球環境 20(1) :11-16.  

奥田昇 2014年02月 連載記事 検証琵琶湖 第16回 消えた内湖と再生. 週刊滋賀民報  (2202).(査読付).2014年2月9日4面.  

奥田昇 2013年12月 連載記事 検証琵琶湖 第11回 外来魚による被害と加害. 週刊滋賀民報 (2194).(査読付).2013年12月8日4面.  

奥田昇 2013年11月 連載記事 検証琵琶湖 第11回 固有魚と水産業. 週刊滋賀民報 2192.(査読付).2013年11月10日4面.  

福森香代子・奥田昇 2013年03月 生物代謝のスケールアップ:個体から生態系へ. 日本生態学会誌 63(1) :113-123.(査読付).  

奥田昇 2012年07月 安定同位体を用いた水田生態系の構造と機能の評価手法. 日本生態学会誌 62(2) :207-215.(査読付).  

その他の出版物

【報告書】

高村典子ほか 2017年03月 陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究(S-9-4). 平成23-27年度 環境省環境研究総合推進費終了研究等成果報告書. , pp.125.  http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h27/h27_suishin_report.html

Asano, S., K.Wakita, I. Saizen, & N. Okuda 2016 Can the spawn of the Japanese brown frog (Rana japonica, Ranidae) be a local environmental index to evaluate environmentally friendly rice paddies? . The proceeding of 37th Asian Conference on Remote Sensing Ab0263. , pp.1-9.  http://www.a-a-r-s.org/acrs/administrator/components/com_jresearch/files/publications/Ab%200263.pdf

陀安一郎・奥田昇・徳地直子・大手信人・近藤倫生 2015年03月 生物多様性の機能評価のための安定同位体指標に関する研究. 平成26年度環境研究総合推進費研究委託業務報告書. , .  

高村典子・小熊宏之・松崎慎一郎・福島武彦・松下文経・西廣淳・冨士田裕子・中村太士・中野伸一・奥田昇・谷内茂雄・島谷幸宏・鹿野雄一 2015年03月 陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究. 平成26年度環境研究総合推進費研究委託業務報告書. , .  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

Okuda, N. 2017年03月 The Adaptive Watershed Governance: Biodiversity, Nutrient Cycling and Human Well-being. Asia’s Transformations to Sustainability: Past, Present and Future of the Anthropocene. :207-221.RIHN 11th International Symposium Proceedings.  

奥田昇 2017年01月 社会に必要とされる生態学をめざして. 地球研ニュース (64) :15.  file:///Users/erec/Downloads/newsletter_64.pdf

Cabanillas-Terán, N., P. Loor-Andrade, J. Marin & N. Okuda 2015年04月 Algal diversity drives trophic niche partitioning between sympatric grazers in marine rocky reefs.. 京都大学生態学研究センターニュース (129) :13-13.  

奥田昇 2015年03月 超学際科学への挑戦. 京都大学生態学研究センターニュース 127 :9.  ‎

奥田昇 2014年11月 Summer monitoring program for young scientists in Kiso River. 京都大学生態学研究センターニュース (126) :10.  

藤林恵・丸尾知佳子・由水千景・陀安一郎・謝志豪・夏復國・奥田昇 2014年07月 メタン酸化細菌のマーカー脂肪酸分析技術の開発. 京都大学生態学研究センターニュース (125) :11.  

Shiah, F.-K., Y. Kobayashi, M. Itoh & N. Okuda 2014年03月 Distribution of methane oxidizing bacteria in the Fei-Tsui reservoir, Taiwan. 生態学研究センターニュース 123 :9-9.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

(予定)高橋卓也・淺野悟史・内田由紀子・竹村幸祐・福島慎太郎・松下京平・奥田昇 「森林にかかわる主観的幸福度に影響する要因の探索:滋賀県野洲川流域を対象として」. 林業経済学会2017年秋季大会, 2017年11月10日-2017年11月13日, 九州大学. .  

奥田昇・上原佳敏・片岡佳孝・亀甲武志・申基澈・大竹二雄 「琵琶湖固有種ニゴロブナによる母田回帰: I.進化的背景と保全研究の展望」. 2017年度日本魚類学会, 2017年09月15日-2017年09月18日, 北海道大学 函館キャンパス  .  

Teramura, K. M, Allen. J, Hargrove. J. D, Austin. S,Walsh. W, Porack. N, Trippel.Takata,K. Okuda,N. Yodo,T & Kitagawa,T. “Construction of Genetic Linkage Maps of the Largemouth Bass”. American Fisheries Society 147th Annual Meeting, 2017,08,20-2017,08,24, Tampa Convention Center, Florida.  

淺野悟史・脇田健一・西前出・奥田昇 「地域の環境ものさし」が促進する環境保全型農業と生きもののにぎわい. システム農学会2017年度春季大会, 2017年06月28日, 新潟大学 五十嵐キャンパス.  http://jass-net.org/niigata2017/

Cabanillas-Terán, N., P. L. Andrade, J. Marin & N. Okuda “Trophic niche partioning of Diadema mexicanum and Eucidaris thouarsii in rocky reef bottoms of Ecuador”. IX Congreso Mexicano de Arrecifes Coralinos, 2017,06,13-2017,06,16, Chetumal, Quintana Roo.  

Peralta, E. M., J. C. A. Briones, N. Okuda, F. S. Magbanua & R. D. S. Papa “Taxonomic Sufficiency: Implications from ecological studies on aquatic insects in Philippine watersheds”. 35th Association of Systematic Biologists of the Philippines-Symposium and Annual Meeting, 2017,05,28-2017,05,31, University of St. La Salle, Bacolod City.  

Ko, C.-Y., T. Iwata, J.-Y. Lee, A. Murakami, J. Okano, N. F. Ishikawa, Y. Sakai, I. Tayasu, M. Itoh, U. Song, H. Togashi, S. Nakano, N. Ohte & N. Okuda “Alpha and beta diversity of benthic macroinvertebrates in natural and disturbed river watersheds and their environmental driver”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月21日, Makuhari Messe.  

Fujinaga, S., Y. Kobayashi, A. R. Murakami, M. Ushio, U. Song, I. Tayasu, N. F. Ishikawa, J. Okano, C.-Y. Ko, H. Togashi, Y. Sakai, M. Itoh, N. Ohte, S. Nakano, T. Iwata1 & N. Okuda “Bacterial community composition and richness in biofilms of the Yasu and Ado Rivers”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,21, Makuhari Messe.  

Ide, J., A. P. Cid-Andres, T. Ishida, K. Osaka, T. Iwata, T. Hayashi, M. Akashi, I. Tayasu & N. Okuda “Comparisons of oxygen isotope ratio of phosphate in river water and rocks between two watersheds in central Japan”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,21, Makuhari Messe.  

Ishida, T., Y. Uehara1, T. Iwata, O. Privaldos, S. Asano, T. Ikeya, K. Osaka, J. Ide, I. Tayasu & Noboru Okuda “Biogeochemical cycling of phosphate in the Yasu River Watershed: Insight from oxygen isotope of phosphate”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月21日, Makuhari Messe.  

Osaka, K., S. Chishiro, T. Iwata & N. Okuda “The quantitative evaluation of bio-available particulate phosphorus discharged from Yasu River”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,21, Makuhari Messe.  

De Jesus, I. B. B., J. C. A. Briones, O. L. A. Privaldos, E. M. Peralta, Y. Uehara, T. Ishida, A. S. Borja, F. S. Magbanua, R. D. S. Papa, T. Iwata & N. Okuda “Quantification of phosphorus and nitrogen uptake in a tropical freshwater ecosystem in Southeast Asia suggests N limitation”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,21, Makuhari Messe.  

Iwata. T., T. Hayashi, M. Akashi, A. R. Murakami & N. Okuda “Nitrogen and phosphorus dynamics in two Japanese river networks with contrasting watershed land use”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月21日, Makuhari Messe.  

Trino, E. M. C., I. B. B. De Jesus, E. M. Peralta, H. Guerrero, A. Santos-Borja, F. Magbanua, J. C. Briones, R. D. Papa & N. Okuda “Biodiversity Assessment of Littoral Macrozoobenthos in Laguna de Bay, Philippines”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts. JpGU-AGU Joint Meeting 2017. , 2017,05,21, Makuhari Messe.  

Onodera, S., M. Saito, S. Ban, G. Jin, Y. Tomozawa & N. Okuda “Spatial Variation in Lacustrine Groundwater Discharge (LGD) as a Nutrient Source in Lake Biwa, Japan”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月21日, Makuhari Messe.  

Peralta, E. M., L. Batucan, Y. Uehara, T. Ishida, Y. Kobayashi, C.-Y. Ko, T. Iwata, A. Borja, J. C. Briones, R. D. Papa, F. Magbanua & N. Okuda “Benthic macroinvertebrates response to water quality and canopy cover of a heavily impacted tropical subwatershed”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,21, Makuhari Messe.  

Okuda, N. “Toward synthesis of watershed sciences”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,03,20, Makuhari Messe.(本人発表).  

奥田昇 「生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性」In:自由集会「Future Earthでなにをする?:Trans-disciplinaryな研究とは?」. 第64回日本生態学会, 2017年03月15日, 東京大学.(本人発表).  

淺野悟史・脇田健一・西前出・奥田昇 水田の空間統計分析によるニホンアカガエルの産卵場所と農地管理の関係」. 日本生態学会近畿地区会, 2016年12月17日, 大阪市.  

Okuda, N. Toward the adaptive watershed governance to enhance biodiversity-driven nutrient cycling and human well-being. The 16th World Lake Conference, 2016,11,07-2016,11,11, Bali.(本人発表).  

Triño, E. M. C., I. B. B De Jesus, E. M. Peralta, H. J. A. Guerrero, C. G. S. M. Arce, J. J. A. Domingo, M. A. Maute, M. D. S. San Miguel, J. C. A. Briones, F. S. Magbanua, A. C. Santos-Borja, R. D. S. Papa & N. Okuda Biodiversity Assessment of Littoral Macrozoobenthos in Laguna de Bay, PhilippinesThe. The 16th World Lake Conference, 2016,11,07-2016,11,11, Bali.  

藤永承平・小林由紀・村上綾・潮雅之・Uhram Song・陀安一郎・石川尚人・岡野淳一・柯佳吟・富樫博幸・酒井陽一郎・伊藤雅之・大手信人・中野伸一・岩田智也・奥田昇 野洲川・安曇川水系における河床バイオフィルムの微生物群集構造. 第81回日本陸水学会, 2016年11月03日-2016年11月06日, 琉球大学.  

尾坂兼一・千代真照・岩田智也・奥田昇 野洲川における生物利用性の高い懸濁態リンの動態」. 第81回日本陸水学会, 2016年11月03日-2016年11月06日, 琉球大学.  

石田卓也・上原佳敏・岩田智也・Osbert Leo A. Privaldos・淺野悟史・池谷透・尾坂兼一・井手淳一郎・陀安一郎・奥田昇 流域スケールにおけるリン酸酸素同位体比分布は何を示すか?. 第81回日本陸水学会, 2016年11月03日-2016年11月06日, 琉球大学.  

上原佳敏・片岡佳孝・亀甲武志・石田卓也・淺野悟史・小林由紀・大竹二雄・奥田昇 琵琶湖流域に生息する水田産卵魚の耳石Sr安定同位体比を用いた回遊履歴の推定. 第81回日本陸水学会, 2016年11月03日-2016年11月06日, 琉球大学.  

岡野 淳一・奥田 昇 生態系エンジニアによる環境・群集改変の地域変異. 琉球大学, 2016年11月03日-2016年11月06日, 琉球大学.  

Asano S., K. Wakita, I. Saizen & N. Okuda Can the spawn of the Japanese brown frog (Rana japonica, Ranidae) be a local environmental index to evaluate environmentally friendly rice paddies?. 37th Asian Conference on Remote Sensing, 2016,10,17-2016,10,21, Colombo.  

柿岡諒・近藤剛毅・永野惇・手塚あゆみ・奥田昇・小北智之 日本産タモロコ属魚類におけるゲノムワイドな遺伝的変異. 第49回日本魚類学会, 2016年09月23日-2016年09月26日, 岐阜大学.  

De Jesus, I. B., O. L. A. Privaldos, A. S. Borja, F. S. Magbanua, R. D. S. Papa, T. Iwata & N. Okuda A pioneer in tropical streams: determination of phosphorous and nitrogen uptake in Silang-Santa Rosa watershed, Philippines. 48th Annual National Convention of the Federation of Institutions for Marine and Freshwater Sciences, 2016,09,21-2016,09,23, University of Eastern Philippines, Catarman.  

Peralta, E., Batucan L. S. Jr., Briones, J. C. A, F. S. Magbanua, R. D. S. Papa, Magbanua F. S. & N. Okuda Benthic macroinvertebrates assemblages and biological metrics in relation to land cover and environmental factors in Silang-Santa Rosa subwatershed, Philippines. 48th Annual National Convention of the Federation of Institutions for Marine and Freshwater Sciences, 2016,09,21-2016,09,23, University of Eastern Philippines, Catarman.  

井手淳一郎・Cid Abigail・石田卓也・陀安一郎・奥田昇 河川のリン酸-酸素安定同位体比の変動と流域の地質特性. 水資源学会2016年総会, 2016年09月15日-2016年09月17日, コラッセふくしま、福島.  

Okuda, N., Y. Sakai, J. Shibata, Z. Karube, Y. Kato, T. Komiya, Y. Okuzaki, M. Hori, I. Tayasu, S. Yachi, S. Nakano & T. Nagata Spatio-temporal dynamics of food webs in the ancient Lake Biwa: Causes and consequences of changing biodiversity. The 33rd Congress of the International Society of Limnology, 2016,07,31-2016,08,05, Trino, Italy.(本人発表).  

Kudo, S., N. Okuda, S. Ohba Male egg-caring is sexually selected in giant water bugs. ISBE2016 Conference,, 2016,07,28-2016,08,03, University of Exeter.  

Okuda, N. Methanotrophic food webs as a carbon recycling system in lakes under climate changes (Invited talk) . The 1st Philippine Symposium on Freshwater Biodiversity and Ecosystems, 2016,06,07-2016,06,10, University of Santo Tomas, Manila,.  

淺野 悟史・脇田 健一・奥田 昇 参加型アカガエル卵隗調査がもつ地域固有の環境指標としての可能性―滋賀県甲賀市の谷津田地域を例に. システム農学会2016春季大会, 2016年05月28日, 九州大学.  

Chishiro, S., K. Osaka, K. Fujita O. Nagafuchi & N. Okuda Evaluation of the source and bioavailability of particulate phosphorus in Yasu River by using sequential extraction methods. JpGU Meeting 2016, 2016,05,22-3016,05,26, Makuhari Messe.  

奥田昇 超学際科学に基づく順応的流域ガバナンス:生物多様性が駆動する栄養循環と人間のしあわせ. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉市幕張メッセ.(本人発表).  

奥田昇・岩田智也・林拓矢・村上綾・陀安一郎・石川尚人・岡野淳一・冨樫博幸・中野伸一・酒井陽一郎・Song Uhram・尾坂兼一・Cid Abigail 流域の栄養循環を駆動する河床微生物群集の生態系機能評価. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉市幕張メッセ.(本人発表).  

小野寺真一・齋藤光代・伴 修平・森田みなみ・金广哲・友澤裕介・奥田 昇 琵琶湖における地下水湧出の分布と栄養塩流出に及ぼす影響 -現状と課題-. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉市幕張メッセ.  

Saitoh, Y., T. Nakano, K.-C. Shin, K. Yamashita, H. Amakawa, C. Yoshimizu, J. Matsubayashi, Y. Kato, H. Togashi, Y. Amano, Y. Kurita, N. Okuda & I. Tayasu Spatial variation of neodymium and strontium isotope ratios of shellfish soft bodies in the coastal sea of eastern Tohoku District. JpGU Meeting 2016, 2016,05,22-3016,05,26, Makuhari Messe.  

Ide, J., H. Somura, T. Nakamura, Y. Mori, I. Takeda & K. Nishida Spatial variations in river nitrate concentration from upper toward lower reaches in the hilly and mountainous area. The 127th Annual Meeting of the Japanese Forest Society, 2016,03,27-2016,03,30, Kanagawa, Japan.  

浦部美佐子・神谷英里・奥田昇 寄生虫の安定同位体比の特異性. 東北大学東北アジア研究センター創設20周年記念式典・国際シンポジウム「東北アジア:地域研究の新たなパラダイム」, 2015年12月05日-2015年12月06日, 仙台市.  

程木義邦・大林夏湖・小林由紀・高巣裕之・奥田昇・中野伸一 日本に分布する有毒ラン藻とその環境特性. 日本微生物生態学会第30回大会, 2015年10月17日-2015年10月20日, 土浦市.  

酒井陽一郎・小板橋忠俊・柴田淳也・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 富栄養化と温暖化が沖帯ベントス群集に与える影響の評価. 日本陸水学会第79回大会, 2015年09月27日-2015年09月29日, 北海道函館市.  

奥田昇・岩田智也・林拓矢・村上綾・陀安一郎・石川尚人・岡野淳一・冨樫博幸・中野伸一・酒井陽一郎・Song Uhram・尾坂兼一・Cid Abigail 河川生態系の生物多様性と栄養循環機能:流域スケールからのアプローチ. 日本陸水学会第79回大会, 2015年09月27日-2015年09月29日, 北海道函館市.  

Ide, J., H. Somura, T. Nakamura, Y. Mori, I. Takeda & K. Nishida Spatial variations in concentration and nitrogen and oxygen stable isotopes of river nitrate in a hilly and mountainous area, western Japan. The 4th International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2015,07,06-2015,07,09, Kelowna, BC, Canada.  

Cid, A.P.,U. Song, I. Tayasu, J. Okano, H. Togashi, N.F. Ishikawa, A. Murakami, T. Hayashi, T. Iwata , K. Osaka, S. Nakano & N. Okuda Spatial distributions of REE, heavy metals and oxygen isotope of phosphate in the Yasu river, Shiga, Japan. JpGU Meeting 2015, 2015年05月24日-2015年05月28日, Makuhari Messe.(本人発表).  

奥田昇・Abigail P. Cid・陀安一郎・井手淳一郎 リン酸ー酸素安定同位体分析が拓くリン循環研究の黎明. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月22日-2015年05月26日, 千葉市.(本人発表).  

中野孝教・申基澈・陀安一郎・由水千景・加藤義和・奥田昇・神松幸弘・冨樫博幸・天野洋典・栗田豊・石山大三 トレーサビリティー基盤情報としての環境水の多元素同位体比マップ:東北日本の例. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月22日-2015年05月26日, 千葉市.  

谷内茂雄・奥田昇・酒井陽一郎・北澤大輔・中野伸一 温暖化に伴う琵琶湖底生種の絶滅リスク評価モデルの解析. 第62回日本生態学会, 2015年03月18日-2015年03月22日, 鹿児島市.3/21発表.  

Ho, P.-C., N. Okuda, M. Itoh, T. Miki, F.-K. Shiah, C.-W. Chang & C.-H. Hsieh Summer hypoxia determines the coupling of methanotrophic and pelagic foodweb. The 62nd ESJ Annual Meeting, 2015,03,18-2015,03,22, Kagoshima.  

Itoh, M., Y. Kobayashi, T.-Y. Chen, T. Tokida, M. Fukui, H. Kojima, T. Miki, I. Tayasu, F.-K. Shiah & N. Okuda CH4 dynamics in a subtropical reservoir under climate changes. The 62nd ESJ Annual Meeting, 2015年03月18日-2015年03月22日, Kagoshima.  

Okuda, N. What's the methanotrophic food web?. The 62nd ESJ Annual Meeting, 2015,03,18-2015,03,22, Kagoshima.(本人発表).  

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 アミノ酸窒素安定同位体比が明らかにする高次捕食魚ハスの栄養段階―100年間の変遷. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 京都.  

由水千景・申基澈・中野孝教・奥田昇・加藤義和・神松幸弘・栗田豊・冨樫博幸・天野洋典・陀安一郎 東北地方東部の河川における硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比の空間分布. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 京都.  

柿岡諒・小北智之・熊田裕喜・渡辺勝敏・奥田昇 タモロコ属魚類の生息場所利用の分化に関連した形態変異の遺伝的基盤. 第45回日本魚類学会, 2014年09月21日-2014年09月24日, 山口県下関市.  

苅部甚一・武山智博・酒井陽一郎・奥田昇・陀安一郎・由水千景・高津文人・永田俊 琵琶湖沿岸帯における底生動物群集の構造と食物網のエネルギーフロー. 第79回日本陸水学会, 2014年09月10日-2014年09月13日, 茨城県つくば市.  

Yachi, S., D. Kitazawa, S. Nakano, Y. Sakai & N. Okuda Toward the evaluation of extinction risk of Lake Biwa benthic species due to global warming. JSMB/SMB 2014, 2014年07月28日-2014年08月01日, 大阪府大阪市.  

奥田昇 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会 - 生態システムの健全性. リン資源リサイクルシンポジウム, 2014年07月24日, 大阪.(本人発表).  

Okuda, N., I. Tayasu, S. Nakano, M. Ito, M. Fukui, H. Kojima, K. Kogure, M. Fujibayashi, C. Maruo, P.-C. Ho, C.-W. Chang, L. Zhang, W.-H. Teng, T. Miki, C.-H. Hsieh, Y. Kobayashi, C.-C. Chang & F.-K. Shiah Methanotrophic food webs as a carbon recycling system in lakes under climate changes. The 6th EAFES International Congress, 2014,04,09-2014,04,11, Haikou, China.(本人発表).  

谷内茂雄・奥田 昇・酒井陽一郎・北澤大輔・中野伸一 温暖化と富栄養化に伴う湖底貧酸素化に対する底生種の絶滅リスク評価. 第61回日本生態学会, 2014年03月14日-2014年03月18日, 広島県広島市.  

岡野淳一・奥田昇 ヒゲナガカワトビケラ幼虫における営巣行動の変異. 日本動物行動学会第32回大会, 2013年11月29日-2013年12月01日, 広島県東広島市.  

奥田昇 標本が拓く魚類学の無限の可能性:琵琶湖の過去・現在・未来  In:セッション 日本の古代湖・琵琶湖における魚類進化と生態研究の現在とこれから. 第46回日本魚類学会, 2013年10月03日-2013年10月06日, 宮崎県宮崎市.(本人発表).  

柿岡諒・小北智之・熊田裕喜・渡辺勝敏・奥田昇 琵琶湖沖帯環境への適応:タモロコ属魚類における形態分化の遺伝的基盤の探索 In:セッション 日本の古代湖・琵琶湖における魚類進化と生態研究の現在とこれから. 第46回日本魚類学会, 2013年10月03日-2013年10月06日, 宮崎県宮崎市.  

酒井 陽一郎・武山 智博・苅部 甚一・陀安 一郎・奥田 昇 安定同位体比から見た琵琶湖産アユの回遊行動多型 In:セッション 日本の古代湖・琵琶湖における魚類進化と生態研究の現在とこれから. 第46回日本魚類学会, 2013年10月03日-2013年10月06日, 宮崎県宮崎市.  

奥田昇 大津臨湖実験所の遺産:生物標本が語る琵琶湖100 年史 In: 公開シンポジウム 湖沼の長期モニタリングを考える:京大・大津臨湖創設から1 0 0 年を経て. 第78回日本陸水学会, 2013年09月10日-2013年09月13日, 滋賀県大津市.(本人発表).  

柿岡諒・小北智之・熊田裕喜・渡辺勝敏・奥田昇 生息環境の異なるタモロコ属魚類で分化した体型関連形質の遺伝的基盤. 日本進化学会第15回大会, 2013年08月28日-2013年08月31日, 茨城県つくば市.  

Kakioka, R., T. Kokita, H. Kumada, K. Watanabe & N. Okuda Genetic architecture of habitat-related divergence in body shape in Gnathopogon (Teleostei: Cyprinidae). 9th Indo-Pacific Fish Conference, 2013年06月24日-2013年06月28日, 沖縄県.  

Ishikawa, N. F., Y. Kato, H.Togashi, M. Yoshimura, C. Yoshimizu, N. Okuda & I. Tayasu Analysis of stream food webs using stable nitrogen isotope ratios of amino acids. JpGU Meeting 2013, 2013,05,19-2013,05,24, 千葉県千葉市.  

内井喜美子・奥田昇・小北智之・馬渕浩司・西田睦・川端善一郎 琵琶湖のコイの遺伝子型に応じた生息地利用の違い. 第60回日本生態学会, 2013年03月05日-2013年03月09日, 静岡県静岡市.  

Shibata, J., Z. Karube, Y. Sakai, T. Takeyama, I. Tayasu, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda Historical and geographical patterns of biodiversity in the ancient Lake Biwa, Japan. International Workshop on Freshwater Biodiversity Conservation in Asia, 2012年11月26日-2012年11月27日, Fukuoka.  

Shibata, J., Z. Karube, Y. Sakai, T. Takeyama, I. Tayasu, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda Environmental pressures for littoral benthic macro-invertebrate fauna in large lake ecosystem. International Conference on Indonesian Inland Waters III, November 2012, Palembang, Indonesia.  

Nakano, S., H. Amano, S. Hiroishi, Y. Hodoki, T. Honma, T. Kataoka, Y. Kobayashi, R. Kondo, K. Ohbayashi, N. Okuda, Y. Takao, Y. Tanabe, T. Tanaka & M. M. Watanabe Ecophysiology and phylogeography of bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa in Asian eutrophic lakes. The 15th International Symposium on River and Lake Environments, 2012,10,15-2012,10,19, Zhangjiajie City, Hunan Province, China.  

大林夏湖・程木義邦・小林由紀・高巣裕之・奥田昇・中野伸一 日本国内における有害ラン藻類の分布状況. 第77回日本陸水学会, 2012年09月21日-2012年09月24日, 愛知県名古屋市.  

程木義邦・大林夏湖・小林由紀・高巣裕之・奥田昇・中野伸一 アナトキシンa生産株Cuspidothrix issatschenkoiの分布と生理生態学的特性. 第77回日本陸水学会, 2012年09月14日-2012年09月17日, 愛知県名古屋市.  

柿岡諒・小北智之・熊田裕喜・渡辺勝敏・奥田昇 RADタグマーカーによるタモロコ属魚類の連鎖地図作成と比較ゲノム解析. 日本進化学会第14回大会, 2012年08月21日-2012年08月24日, 東京八王子市.  

Okuda N., Y. Kato, T. Komiya, Y. Okuzaki, M. Hori, I. Tayasu & T. Nagata Biological specimens tell us a centurial history of ecosystem alterations in the ancient Lake Biwa. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012,07,08-2012,07,13, Otsu city.(本人発表).  

Briones, J. A., C. Tsai, T. Nakazawa, Y. Sakai, M. Urabe, R. Papa, C. Hsieh, N. Okuda Long-term changes in the diet and intestinal parasite fauna ofGymnogobius isaza from Lake Biwa, Japan: Effects of body size and prey availability. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012,07,08-2012,07,13, Otsu.  

Tayasu, I., N. Okuda, N. Tokuchi, N. Ohte & M. Kondoh Multiple isotope approach for studying material flow and food web structures of stream ecosystems in Lake Biwa watershed. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012,07,08-2012,07,13, Otsu.  

Uchii K., N. Okuda, T. Minamoto, A. Telschow, Z. Kawabata Transmission dynamics of an emerging pathogen Cyprinid herpesvirus 3 and its impact on host population genetic structure. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月08日-2012年07月13日, Otsu City.  

【ポスター発表】

Tan, A. K. V., A. E. Belen, C. Perez, G. R. Buenaventura, E. M. Peralta, I. B. B. De Jesus, P. Palomares, J. C. Briones, T. Ikeya, F. Magbanua, R. D. Papa & N. Okuda “Stream Benthic Macroinvertebrates Response to Water Quality of Urban and Rural Areas of the Marikina Watershed”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月20日, Makuhari Messe.  

Jin, G., M. Saito, S. Onodera, T. Ishida, N. Okuda, R. Yi, S. Ban & Y. Tomozawa “Characteristic of oxygen isotope ratio of phosphate in endmember of Lake Biwa”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017,, 2017,05,20, Makuhari Messe.  

Espiritu, K. G. R., J. N. A. De Vera, F. G. G. Cantre1, E. M. Peralta, I. B. B. De Jesus, P. Palomares, J. C. Briones, T. Ikeya, F. Magbanua, R. D. Papa & N. Okuda “Land use impact on benthic macroinvertebrate assemblages in selected lotic ecosystems in a government-declared protected landscape”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,20, Makuhari Messe.  

Ikeya, T. C.-Y. Ko, E. M. Peralta, T. Ishida, Y. Uehara, S. Asano, N. Okuda, M. Ushio, S. Fujinaga, I. Tayasu & T. Iwata The community composition and diversity of epilithic bacterium and microalgae in a Japanese river system during irrigation season”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,20, Makuhari Messe.  

Uehara, Y., Y. Kataoka, T. Kikkou, T. Ishida, S. Asano, Y. Kobayashi, T. Otake & N. Okuda “Migration routes of pelagic crucian carp "Carassius auratus grandoculis" endemic to Lake Biwa revealed by otolith Sr stable isotopes”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月20日, Makuhari Messe.  

Asano S., Y. Uehara, H. Nakashima, M. Tokito, I. Saizen, O. L. Privaldos, K. Osaka & N. Okuda “Spatial Pattern of Ground Water Utilization in Silang-Santa Rosa Sub-watershed”In: Biodiversity, nutrients and other materials in ecosystems from headwaters to coasts.. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017,05,20, Makuhari Messe., May 20, 2017, Makuhari.  

淺野悟史・脇田健一・西前出・奥田昇 水田の保全活動がニホンアカガエルの産卵場所選択に及ぼす影響. 第64回日本生態学会, 2017年03月16日, 東京大学.  

上原佳敏・片岡佳孝・亀甲武志・石田卓也・淺野悟志・小林由紀・大竹二雄・奥田昇 琵琶湖流域に生息するニゴロブナの耳石Sr安定同位体比を用いた回遊履歴の推定. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 地球研.  

石田卓也・上原佳敏・岩田智也・Osbert Leo A. Privaldos・淺野悟史・池谷透 リン酸酸素同位体比を用いた流域スケールにおけるリン動態の解明. 第6回同位体環境学シンポジウム, 2016年12月22日, 地球研.  

淺野悟史・脇田健一・西前出・奥田昇 谷津田の環境保全を測る「ものさし」としてのニホンアカガエルの卵隗調査. 第7回琵琶湖地域の水田生物研究会, 2016年12月18日, 琵琶湖博物館.  

奥田昇 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性. 第63回日本生態学会, 2016年03月20日-2016年03月24日, 宮城県仙台市 仙台国際センター.(本人発表).  

浦部美佐子・神谷英里・奥田昇 寄生虫の安定同位体比は寄生組織を反映しているか?. 第63回日本生態学会, 2016年03月20日-2016年03月24日, 宮城県仙台市 仙台国際センター.  

陀安一郎・由水千景・松林順・加藤義和・長田穣・奥田昇・斉藤有・申ギチョル・中野孝教・神松幸弘・近藤倫生・冨樫博幸・天野洋典・栗田豊 溶存物質および生物の多元素同位体組成が示す生態系情報:東北太平洋岸地域の例. 第63回日本生態学会, 2016年03月20日-2016年03月24日, 宮城県仙台市 仙台国際センター.(本人発表).  

酒井陽一郎・小板橋忠俊・柴田淳也・岡野淳一・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 地球温暖化とそれに伴う湖底の貧酸素化が琵琶湖深水層のベントス群集に与える影響. 第63回日本生態学会, 2016年03月20日-2016年03月24日, 宮城県仙台市 仙台国際センター.(本人発表).  

淺野悟史・脇田健一・西前出・奥田昇 水田の保全活動がニホンアカガエルの産卵場所選択に及ぼす影響. 第64回日本生態学会, 2016年03月16日, 東京大学.  

上原佳敏・奥田昇 琵琶湖集水域における魚類の回遊履歴の推定. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日, 京都市 総合地球環境学研究所.  ‎

千代 真照・尾坂 兼一・永淵 修・奥田昇 野洲川における降雨時の生物利用可能懸濁態リンの流出量の測定. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月24日-2015年05月28日, 幕張メッセ.5/27発表.  

由水千景・申基澈・中野孝教・奥田昇・加藤義和・神松幸弘・栗田豊・冨樫博幸・天野洋典・陀安一郎 窒素・酸素安定同位体比からみた東北域河川水の硝酸イオンの起源. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月24日-2015年05月28日, 幕張メッセ.  

陀安一郎・由水千景・加藤義和・神松幸弘・奥田昇・冨樫博幸・天野洋典・栗田豊・申ギチョル・中野孝教 河川溶存物質の多元素同位体比を指標とした、水系における生物の生息地情報検出手法. 第62回日本生態学会, 2015年03月18日-2015年03月22日, 鹿児島県鹿児島市.3/19発表.  

酒井陽一郎・柴田淳也・合田幸子・山口真奈・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 琵琶湖内湖における生物多様性とその地理的変異の要因. 第62回日本生態学会, 2015年03月18日-2015年03月22日, 鹿児島市.3/21発表.  

Sakai, Y., Z. Karube, J. Shibata, T. Takeyama, I. Tayasu, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda The impact of land uses on benthic macroinvertebrate diversity in the coastal ecosystem of Lake Biwa. 2015 ASLO Aquatic Science Meeting, 2015,02,22-2015,02,27, Granada,Spain.  

由水千景・申基澈・中野孝教・奥田昇・加藤義和・神松幸弘・栗田豊・冨樫博幸・天野洋典・陀安一郎 東北地方東部の河川における硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比の空間分布. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日-2014年12月22日, 京都市.  

酒井 陽一郎・苅部 甚一・柴田 淳也・武山 智博・陀安 一郎・谷内 茂雄・中野 伸一・奥田 昇 集水域の土地利用が琵琶湖沿岸域のベントス群集の多様性に与える影響. 第79回日本陸水学会, 2014年09月10日-2014年09月13日, 茨城県つくば市.  

岡野淳一・奥田昇 ヒゲナガカワトビケラの造網による河川底質安定化の地域的な違い. 第79回日本陸水学会, 2014年09月10日-2014年09月13日, 茨城県つくば市.  

由水千景・申基澈・中野孝教・奥田昇・加藤義和・神松幸弘・栗田豊・冨樫博幸・天野洋典・陀安一郎 東北地方の河川における各種安定同位体の空間分布調査(予報)-硝酸イオンの窒素・酸素安定同位体比からみた河川環境-. 第79回日本陸水学会, 2014年09月10日-2014年09月13日, 茨城県つくば市.  

加藤義和・奥田昇・由水千景・陀安一郎 アミノ酸窒素安定同位体比を用いた捕食性魚類の栄養段階推定―栄養起源の混合を考慮して―. 第79回日本陸水学会, 2014年09月10日-2014年09月13日, 茨城県つくば市.  

Sakai, Y., Z. Karube, J. Shibata, T. Takeyama, I. Tayasu, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda The impact of land uses on benthic macroinvertebrate diversity in the coastal ecosystem of Lake Biwa. ISRLE2014, 2014年08月24日-2014年08月27日, Chuncheon,Korea.  

Ban, S., Q. Wu, N. Hishida, K. Fujita, O. Nagafuchi & N. Okuda Bioaccumulation of mercury from seston to fish through the food web in Lake Biwa. ISRLE2014, 2014,08,24-2014,08,27, Chuncheon,Korea.  

Sakai, Y. & N. Okuda Intraspecific differences in vertical habitat and food utilization by crustacean zooplankton: stable isotopic evidence. ISRLE2014, 2014,08,24-2014,08,27, Chuncheon,Korea.(本人発表).  

Cid, A.P.,U. Song, I. Tayasu, J. Okano, H. Togashi, N.F. Ishikawa, A. Murakami, T. Hayashi, T. Iwata , K. Osaka, S. Nakano & N. Okuda Tracking phosphorus sources and cycling in freshwater: stable isotope approach. JpGU Meeting 2014, 2014,04,28-2014,05,02, 神奈川県横浜市.  

陀安 一郎・加藤 義和・石川 尚人・由水 千景・原口 岳・奥田 昇・徳地 直子・神松 幸弘・冨樫 博幸・吉村 真由美・大手 信人・近藤 倫生 安定同位体比によって測定された栄養構造が示す生物多様性指標について. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014年04月28日-2014年05月02日, 神奈川県横浜市.  

岡野淳一・奥田昇 生態系エンジニアの地域変異による環境改変効果の差異. 第61回日本生態学会, 2014年03月14日-2014年03月18日, 広島県東広島市.  

酒井陽一郎・柴田淳也・苅部甚一・武山智博・陀安一郎・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 集水域の土地利用様式が琵琶湖沿岸域の環境および生物多様性に与える影響の評価. 第61回日本生態学会, 2014年03月14日-2014年03月18日, 広島県広島市.  

Cid, A.P.,U. Song, I. Tayasu, J. Okano, H. Togashi, N.F. Ishikawa, A. Murakami, T. Hayashi, T. Iwata , K. Osaka, S. Nakano & N. Okuda A new technique to trace phosphorus sources and cycling in watersheds. ILTER 2013, 2013年10月07日-2013年10月12日, Seoul.  

加藤義和・石川尚人・冨樫博幸・由水千景・奥田昇・陀安一郎 琵琶湖集水域のヨシノボリ属におけるアミノ酸窒素安定同位体比の流程変化. 第78回日本陸水学会, 2013年09月10日-2013年09月13日, 滋賀県大津市.  

酒井 陽一郎・武山 智博・苅部 甚一・陀安 一郎・奥田 昇 安定同位体比からみた琵琶湖沿岸域における陸封アユの餌資源利用様式と回遊行動の多型. 第78回日本陸水学会, 2013年09月10日-2013年09月13日, 滋賀県大津市.  

柴田淳也・苅部甚一・酒井陽一郎・武山智博・陀安一郎・佐藤祐一・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 相補性解析による琵琶湖沿岸態における多様性保全地域の優先度評価. 第78回日本陸水学会, 2013年09月10日-2013年09月13日, 滋賀県大津市.  

Cid, A.P.,U. Song, I. Tayasu, J. Okano, H. Togashi, N.F. Ishikawa, A. Murakami, T. Hayashi, T. Iwata , K. Osaka, S. Nakano & N. Okuda Tracing sources and cycling of phosphorus in a watershed using phosphate isotopes of oxygen. 78回日本陸水学会, 2013,09,10-2013,09,13, 滋賀県大津市.  

Kobayashi, Y., M. Ito, H. Kojima, C.-H. M. Lin, K. Kuo, K.-W. Wang, M. Fukui, F.-K. Shiah & N. Okuda Spatio-temporal dynamics of aerobic methane oxidizing bacterial community and its”methanotrophic pathways in the pelagic food web of subtropical Fei-Tsui Reservoir. 13th Symposium on Aquatic Microbial Ecology, 2013,09,08-2013,09,13, Stresa, Italy.  

Murakami, A., N. Okuda, T. Iwata, R. Williams & S. Nakano Different land use patterns affect responses of river epilithic biofilms: A case study in Yasu River watershed, Shiga, Japan. 13th Symposium on Aquatic Microbial Ecology, 2013,09,08-2013,09,13, Stresa, Italy.  

Okuda, K., Y. Ikeda, J. Takebayasi, T. Kuramoto, T. Kitagawa, N. Okuda, T. Yodo & K. Takata “Inter-annual changes in genetic structures of largemouth bass hybrid populations between two subspecies based on SNPs analysis in Japan”. 9th Indo-Pacific Fish Conference, 2013年06月24日-2013年06月28日, 沖縄県.  

Cid, A.P.,U. Song, I. Tayasu, J. Okano, H. Togashi, N.F. Ishikawa, A. Murakami, T. Hayashi, T. Iwata , K. Osaka, S. Nakano & N. Okuda Phosphate oxygen isotopes as a tool to trace phosphorus sources and cycling in a watershed. JpGU Meeting 2013, 2013,05,19-2013,05,24, 千葉県千葉市.  

柴田淳也・苅部甚一・酒井陽一郎・武山智博・陀安一郎・佐藤祐一・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 相補性解析による琵琶湖沿岸生態系の非代替性評価と保護地域のギャップ解析. 第60回日本生態学会, 2013年03月05日-2013年03月09日, 静岡県静岡市.  

石川尚人・加藤義和・冨樫博幸・吉村真由美・由水千景・奥田昇・陀安一郎 河川複雑系食物網の高精度解析 ~アミノ酸窒素安定同位体比からのアプローチ~. 第60回日本生態学会, 2013年03月05日-2013年03月09日, 静岡県静岡市.  

加藤義和・石川尚人・冨樫博幸・由水千景・陀安一郎・奥田昇 アミノ酸の窒素安定同位体比を用いた琵琶湖産魚類の栄養段階推定. 第60回日本生態学会, 2013年03月05日-2013年03月09日, 静岡県静岡市.  

奥田孝太・池田雄基・竹林惇・藏本泰輔・北川忠生・奥田 昇・淀 大我・高田啓介 SNPs解析によるオオクチバス2亜種混成集団の集団構造の経年変化. 第45回日本魚類学会, 2012年09月21日-2012年09月24日, 山口県下関市.  

柴田淳也・苅部甚一・酒井陽一郎・武山智博・陀安一郎・佐藤祐一・谷内茂雄・中野伸一・奥田昇 琵琶湖沿岸生態系の生物多様性に影響を及ぼす駆動因. 第77回日本陸水学会, 2012年09月14日-2012年09月17日, 愛知県名古屋市.  

加藤義和・石川尚人・冨樫博幸・由水千景・奥田昇・陀安一郎 アミノ酸の窒素安定同位体比を用いた琵琶湖流域の食物網解析. 第77回日本陸水学会, 2012年09月14日-2012年09月17日, 愛知県名古屋市.  

程木義邦・大林夏湖・小林由紀・奥田昇・中野伸一 アナトキシンa生産株のRaphidiopsis mediterranea var. grandisはCuspidothrix issatschenkoi のecotypeだった!?. 第77回日本陸水学会, 2012年09月14日-2012年09月17日, 愛知県名古屋市.  

Shibata, J., Z. Karube, Y. Sakai, T. Takeyama, I. Tayasu, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda Historical And Geographical Patterns Of Biodiversity in The Ancient Lake Biwa, Japan. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月08日-2012年07月13日, Otsu.  

Kato, Y., N. F. Ishikawa, H. Togashi, M. Yoshimura, M. Itoh, K. Osaka, N. Okuda, N. Ohte, C. Yoshimizu & I. Tayasu “Food web analysis based on &delta;<sup>15</sup>N of amino acid in river ecosystem”. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月08日-2012年07月13日, Otsu.  

Sakai, Y. & N. Okuda “Intraspecific differences in vertical habitat utilization by crustacean zooplankton: stable isotopic evidence”. 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月08日-2012年07月13日, Otsu.  

Shibata J., Z. Karube, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda The ancient Lake Biwa as a biodiversity hot spot: how to detect drivers of biodiversity loss?. Planet Under Pressure, 2012,03,26-2012,03,29, London.  

大庭伸也・奥田昇 非破壊的サンプリングによる高次捕食者の栄養段階の推定. 第59回日本生態学会, 2012年03月17日-2012年03月21日, 滋賀県大津市.  

Shibata J., Z. Karube, Y. Sakai, T. Takeyama, I. Tayasu, Y. Satoh, S. Yachi, S. Nakano & N. Okuda The ancient Lake Biwa as a model of Asian lake ecosystems: historical and geographical patterns of biodiversity. Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress, 2012年03月17日-2012年03月21日, Otsu.  

Kobayashi Y., Y. Hodoki, K. Ohbayashi, H. Amano, T. Tanaka, N. Okuda & S. Nakano “Grazing on the cyanobacterium Microcystis aeruginosa by the heterotrophic flagellate Collodictyon triciliatum in an experimental pond”. Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress, 2012年03月17日-2012年03月21日, Otsu.  

Sakai, Y., K. Fukumori, K. Nishimatsu, I. Tayasu & N. Okuda Predator feeding functional diversity as a driver for lake food web alterations. Kyoto University and The University of Tokyo Global COE Joint Symposium, 2012,01,20-2012,01,21, Tokyo.  

Kakioka, R., T. Kokita, H. Kumada, K. Watanabe & N. Okuda “Next-generation RAD sequencing for the genome-wide genetic marker discovery and linkage analysis in Gnathopogon fishes”. Kyoto University and The University of Tokyo Global COE Joint Symposium, 2012年01月20日-2012年01月21日, Tokyo.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

奥田昇 大規模水域の環境負荷問題と水質汚濁源の管理~八郎湖の現状と琵琶湖の先行事例. 日本生態学会東北地区会第60回大会, 2015年12月05日-2015年12月06日, ユフォーレ、秋田市.基調講演.  

奥田昇 Biodiversity-driven Nutrient Cycling and Human Well-being in Social-Ecological Systems. 第 4 回 Future Earth in Asia ワークショップ, 2015,11,19, 地球研 京都市.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2015/1119.html

奥田昇 水でつながる人の暮らしと琵琶湖の生物多様性 In:公開講演会 生物間相互作用が作り出す生物多様性. 第59回日本生態学会, 2012年03月17日, 滋賀県大津市.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

The 62nd ESJ Annual Meeting, Symposium Session, Methanotrophic food webs as a carbon recycling system, Organization (Symposium Session). 2015年03月18日-2015年03月18日, Kagoshima City.  

つなぐ・つながる生物多様性ー大学共同利用・共同研究拠点による生態学が捉えた地球生物圏の変化 京都大学生態学研究センターシリーズ公開講演会, 第一回 京都大学の琵琶湖研究100年と今後の多様な共同研究のために, 実行委員 (司会). 2014年07月26日, 滋賀県大津市.  

外部資金の獲得

【科研費】

ピーコックバスがタイの生態系に与える影響の解明と対応策(連携) 2017年04月01日-2020年03月31日. 基盤B海外 (). 日本学術振興会.  

多元素同位体・分子レベル同位体手法による生態系トレーサビリティー技術の確立(連携) 2016年04月01日-2020年03月31日. 基盤A (). 日本学術振興会.  

湖沼の炭素・窒素循環を駆動するメタン栄養食物網のグローバルパターン解明(研究代表者) 2016年04月01日-2018年03月31日. 基盤B海外 (616H057740). 日本学術振興会 .  

流域動脈説に基づく河川生態系の生物多様性とリン代謝機能の関係解明(研究代表者) 2012年04月01日-2015年03月31日. 基盤B (24370010).  

亜熱帯湖沼のメタン栄養食物網と炭素リサイクル機能の評価(研究代表者) 2012年04月01日-2015年03月31日. 基盤B海外 (24405007).  

【各省庁等からの研究費(科研費以外)】

沿岸生態系の多様性機能評価のための多元素同位体トレーサー技術の開発 2013年04月01日-2019年03月31日. . 独立行政法人科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(CREST).  

【共同研究】

湖沼メタン酸化細菌叢とメタン栄養食物網のグローバルパターンの解明 (北海道大学低温科学研究所) 2013年04月01日-2015年03月31日. 研究集会 (14-5).  

【その他の競争的資金】

オープンサイエンスと社会協働の融合に基づく琵琶湖流域圏⽔草資源活⽤コミュニティーの形成(分担) 2017年04月01日-2020年03月31日. . 三井物産環境基金.  

リン酸ー酸素安定同位体比を用いた流域リン循環診断手法の開発 2016年04月01日-2017年03月31日. 公益財団法人 河川財団, 調査・研究部門 一般的助成 (26-1211-010).  

河川生態系の生物多様性とリン循環機能の評価:流域スケールからのアプローチ 2016年04月01日-2017年03月31日. . 公益財団法人河川財団 河川基金.  

亜熱帯湖沼のメタン栄養食物網と炭素リサイクル機能の評価 2012年04月01日-2013年03月31日. 一般財団法人伊藤忠兵衛基金.  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

日本陸水学会, 評議員. 2014年04月-2015年03月.  

日本陸水学会, 陸水学雑誌編集委員. 2014年04月-2016年12月.  

日本学術振興会, 科学研究費委員会専門委員. 2013年04月-2014年03月.  

日本生態学会, 野外安全管理委員. 2012年04月-2016年12月.  

JaLTER, 副代表. 2012年04月-2013年03月.  

日本陸水学会, 庶務幹事. 2011年04月-2012年03月.  

JaLTER, 将来計画委員長. 2011年04月-2012年03月.  

JaLTER, 代表者委員. 2010年04月-2014年12月.  

農林水産省, 生物多様性保全手法確立調査検討委員. 2009年04月-2011年03月.  

日本生態学会, 将来計画委員. 2008年04月-2016年12月.  

【依頼講演】

生物多様性が育む人のつながり:琵琶湖の経験. 第16回地球研地域連携セミナー「北潟湖の未来可能性:身近な湖の活かしかた」, 2016年03月, . .  

社会と科学の知の共創による流域ガバナンス-琵琶湖を事例として-. 日本生態学会東北地区会第60回大会シンポジウム, 2015年12月, .基調講演「大規模水域の環境負荷問題と水質汚濁源の管理~八郎湖の現状と琵琶湖の先行事例」 .  

語り合おう! 野洲川流域の人と自然のつながり. 第5回マザーレイクフォーラム びわコミ会議2015, 2015年08月22日, 大津市.  

古代湖・びわ湖の魚のふしぎ. 地球研オープンハウス キッズセミナー 未来のサイエンティスト養成事業, 2015年07月31日, 京都市.  http://www.chikyu.ac.jp/openhouse/2015/kids.html

水でつながる京の暮らしと明日のびわ湖. 第63回地球研市民セミナー, 2015年05月19日, 京都市.  

生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会ー生態システムの健全性. 第2回流域環境研究会, 2015年03月12日, 北海道札幌市.  

A centurial history of ecosystem alterations in the ancient Lake Biwa: Stable isotopic approaches. フィリピン大学ディリマン校生物学研究所 特別セミナー, 2015年02月18日, フィリピン.  

Stable isotopes as a proxy for biodiversity and ecosystem functioning. セントトーマス大学生物科学科 特別セミナー, 2015年02月17日, フィリピン.  

学際科学のススメー社会と科学の知の共創をめざしてー. 九州大学決断科学大学院プログラム特別講義, 2014年12月15日, 福岡市.  

農地土壌を含む自然生態系における持続的なリン資源循環に向けて. リン資源リサイクル推進協議会,第11回リン資源リサイクルシンポジウム, 2014年07月24日, 大阪府大阪市.  

Stable isotopes as a proxy for biodiversity and ecosystem functioning. フィリピン大学ディリマン校生物学研究所 特別セミナー, 2014年02月, フィリピン.  

びわ湖がつなぐ生き物と文化の多様性. 京都大学生態学研究センター一般公開, 2013年11月02日, 滋賀県大津市.  

大津臨湖実験所の遺産・生物標本が語るび琵琶湖100年史. 日本陸水学会公開シンポジウム, 2013年09月10日-2013年09月13日, 滋賀県大津市.  

学校では教えてくれない生物学:生態系の測り方. 京都大学出前講義 滋賀県立守山高校にて, 2013年03月, 滋賀県守山市.  

フィールド実習を活用した長期生態系モニタリングの試み:琵琶湖・木曽川サイトを例に. 水産・臨海・臨湖実験所フィールド実習ワークショップにて講演, 2012年11月30日, 京都府京都市.  

生物間相互作用が作り出す生物多様性. 第59回日本生態学会公開講演会, -2012年03月, . .  

温暖化に翻弄される水辺の生き物たち~琵琶湖に迫り来る第4の危機. 京大サロントーク, 2011年09月, . .  

地球温暖化と陸水生物 ~失われゆく琵琶湖の生物多様性. 兵庫県立大学専門教育講演会, 2011年03月, 兵庫県立大学.  

【メディア出演など】

Kyoto University Academic Talk. FM京都, 2013年01月.