総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名武藤 望生
氏名(かな)むとう のぞむ
所属研究部 エリアケイパビリティープロジェクト
職名プロジェクト研究推進支援員
着任日 
離任日 
生年1986
学歴京都大学農学部卒業(2008)
京都大学大学院農学研究科修士課程修了(2010)
京都大学大学院農学研究科博士課程修了(2013)
職歴総合地球環境学研究所リサーチアシスタント(2012-2013)
学位農学博士(京都大学 2013)
専攻・バックグラウンド魚類学
分類学
系統学
集団遺伝学
所属学会日本魚類学会
日本進化学会
日本生物地理学会

 

論文

【原著】

Muto N, Takayama K, Kai Y. 2015 First record of abnormal body coloration in a rockfish Sebastes trivittatus (Scorpaenoidei: Sebastidae). Ichthyological Research in press.. (査読付).

Muto N, Alama UB, Hata H, Guzman AMT, Cruz R, Gaje A, Traifalgar RFM, Kakioka R, Takeshima H, Motomura H, Muto F, Babaran RP, Ishikawa S 2015 Genetic and morphological differences among the three species of the genus Rastrelliger (Perciformes: Scombridae). Ichthyological Research. DOI:10.1007/s10228-015-0498-z (査読付).

Nakabo T., Tohkairin A., Muto N., Watanabe Y., Miura Y., Miura H., Aoyagi T., Kaji N., Nakayama K., Kai Y. 2014,05 Growth-related morphology of "Kunimasu" (Oncorhynchus kawamurae: Family Salmonidae) from Lake Saiko, Yamanashi Prefecture, Japan. Ichthyological Research 61:115-130. (査読付).

Kai Y., Muto N., Noda T., Orr JW. 2013,11 First record of the rockfish Sebastes melanops from the western North Pacific, with comments on its synonymy (Osteichthyes: Scorpaenoidei: Sebastidae). Species Diversity 18:175-182. (査読付).

Kai Y., Muto N., Nakabo T. 2013,10 Sebastodes tanakae Snyder 1911, a junior synonym of Sebastes trivittatus Hilgendorf 1880 (Scorpaenoidei: Sebastidae). Ichthyological Research 60:272-276. (査読付).

Nakayama K., Muto N., Nakabo T. 2013,10 Mitochondrial DNA sequence divergence between “Kunimasu” (Oncorhynchus kawamurae) and “Himemasu” (O. nerka) in Lake Saiko, Yamanashi Prefecture, Japan, and their identification using multiplex haplotype-specific PCR. Ichthyological Research 60:277-281. (査読付).

Muto N., Kai Y., Noda T., Nakabo T. 2013,07 Extensive hybridization and associated geographic trends between two rockfishes Sebastes vulpes and S. zonatus (Teleostei: Scorpaeniformes: Sebastidae). Journal of Evolutionary Biology 26:1750-1762. (査読付).

Muto N., Nakayama K., Nakabo T. 2013,05 Distinct genetic isolation between “Kunimasu” (Oncorhynchus kawamurae) and “Himemasu” (O. nerka) in Lake Saiko, Yamanashi Prefecture, Japan, inferred from microsatellite analysis. Ichthyological Research 60(2):188-194. (査読付).

Muto N., Kai Y., Noda T., Nakabo T. 2013,05 First record of albinism in the rockfish Sebastes pachycephalus complex (Scorpaeniformes: Scorpaenidae). Ichthyological Research 60(2):195-197. (査読付).

久保田 信, 新稲一仁, 東海林 明, 武藤望生, 中坊徹次. 2012年 アラハダカ(ハダカイワシ科)が和歌山県白浜町に所在する京都大学瀬戸臨海実験所”北浜”と市原海岸へ漂着. 瀬戸臨海実験所年報 25:40-41. (査読付).

Nakabo T., Nakayama K., Muto N., Miyazawa M. 2011 Oncorhynchus kawamurae “Kunimasu”, a deep water trout, discovered in Lake Saiko, 70 years after extinction in the original habitat, Lake Tazawa, Japan. Ichthyological Research 58:180-183. (査読付).

久保田 信, 武藤望生, 東海林 明, 中坊徹次. 2011年 アラハダカMyctophum asperum(ハダカイワシ科)の和歌山県白浜町京都大学瀬戸臨海実験所”北浜”への漂着. 南紀生物 53:123-123. (査読付).

久保田 信, 田名瀬 英朋, 武藤望生, 東海林 明, 木村一昌, 中坊徹次. 2011年 和歌山県田辺湾における2011年冬季の異例の数の凍死魚の漂着. 漂着物学会誌 9:13-16. (査読付).

Muto N., Kai Y., Nakabo T. 2011 Genetic and morphological differences between Sebastes vulpes and S. zonatus (Teleostei: Scorpaeniformes: Scorpaenidae). Fishery Bulletin 109:429-439. (査読付).

会合等での研究発表

【口頭発表】

Muto N, Kakioka R, Takeshima H, Alama UB, Hata H, Guzman AMT, Cruz R, Gaje A, Traifalgar RFM, Yangphonkhan B, Phuttarakusa K, Arnupapboon S, Vilasri V, Babaran RP, Motomura H, Muto F Coastal fish diversity in the South China Sea. International Workshop on Area-capability studies in Coastal Zone of Southeast Asia, 2015.12.13-2015.12.14, 総合地球環境学研究所.

吉川 尚,武藤望生,柿岡 諒,高木 映,石川智士,堀 美菜,林崎健一,Hort Sitha,Nao Thuok 乾季及び雨季のトンレサップ湖における魚類群集の食性解析. 第5回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月-2015年12月, 総合地球環境学研究所.

武藤望生,Ulysses ALAMA,畑 晴陵,武島弘彦,柿岡 諒,Arnold GAJE, Ramon CRUZ,Armi GUZMAN,Rex TRAIFALGAR,Ricardo BABARAN,本村浩之,武藤文人,石川智士 グルクマ属魚類3種の遺伝的・形態的差異. 2015年度日本魚類学会年会, 2015年09月-2015年09月, 近畿大学奈良キャンパス.

Muto N. Genetic population structure of commercially important coastal fishes in the South China Sea. Mini-symposium on marine fish biodiversity in Southeast Asia, December 2014-December 2014, Institute of Marine Environment and Resources, Haiphong city, Vietnam. (本人発表).

武藤望生,柿岡 諒,Osman Bin MUDA,Sukchai ARNUPAPBOON,Kamolrat PHUTTHARAKSA,Arnold GAJE, Ramon CRUZ, Ulysses B. ALAMA, Rex Ferdinand M. TRAIFALGAR, Ricardo P. BABARAN,武島弘彦,本村浩之,武藤文人,石川智士 南シナ海におけるアジ科魚類3種の遺伝的集団構造. 2014年度日本魚類学会年会, 2014年11月14日-2014年11月17日, 神奈川県小田原市. (本人発表).

武藤文人,鈴木健太,野原健司,佐藤 崇,武藤望生,石川智士 チリ・ペルー産のマルアナゴの遺伝学的・形態学的比較. 平成26年度日本水産学会春季大会, 2014年03月-2014年03月, 北海道大学函館キャンパス.

山﨑 曜,武藤望生,武島弘彦. NGSを用いた大量STR作成. 魚類の多様性研究における次世代シーケンシング技術の活用, 2014年02月01日-2014年02月02日, 東京大学大気海洋研究所.

武藤望生. STRUCTUREとその関連ソフトの使い方. 集団遺伝分析ワークショップ, 2013年11月24日-2013年11月25日, 総合地球環境学研究所. (本人発表).

武藤望生,高木 映,本村浩之,緒方悠香,Somnuk Pornpatimakorn, 他5名. 南シナ海沿岸魚類の多様性形成史に関する比較系統地理学的研究(予報). 2013年度日本魚類学会年会, 2013年10月, 宮崎県宮崎市. (本人発表).

Nakabo T., Tohkairin A., Muto N., Kai Y., Nakayama K. “Kunimasu”, Oncorhynchus kawamurae Jordan and McGregor, 1925 (Salmoniformes: Salmonidae), rescued from extinction!. 9th Indo-Pacific Fish Conference, June 2013, Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan.

Muto N., Kai Y., Noda T., Nakabo T. Historical divergence followed by secondary contact in Sebastes trivittatus (Scorpaeniformes: Sebastidae). 9th Indo-Pacific Fish Conference, June 2013, Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan. (本人発表).

武藤望生, 甲斐嘉晃, 野田 勉, 中坊徹次. シマゾイとタヌキメバルにおける過去の交雑の痕跡. 2012年度日本魚類学会年会, 2012年09月, 水産大学校キャンパス. (本人発表).

Muto N., Kai Y., Noda T., Nakabo T. Extensive introgressive hybridization in marine fishes and its geographic trends: a case of rockfishes Sebastes vulpes and S. zonatus (Scorpaeniformes: Scorpaenidae) from Japan. Fish Barcode of Life World Conference 2012, June 2012, International Pavilion C, Expo 2012, Yeosu, Korea. (本人発表).

武藤望生, 甲斐嘉晃, 野田 勉,中坊徹次. 石川県能登半島周辺と岩手県宮古市周辺におけるキツネメバルとタヌキメバルの遺伝的・形態的相違. 2009年度日本魚類学会年会, 2009年10月, 東京海洋大学品川キャンパス. (本人発表).

知念良直,古市義人,武藤望生,加藤木 健,服部正和,他6名. 京都医療センターにおける未治療2型糖尿病患者の10年間にわたる臨床経過観察研究. 第43回日本糖尿病学会近畿地方会, 2006年11月, 国立京都国際会館.

【ポスター発表】

柿岡諒,武藤望生,武島弘彦,Osman MUDA,Sukchai ARNUPAPBOON,Kamolrat PHUTTHARAKSA,Nguyen VAN QUAN, Arnold GAJE,Ramon CRUZ,Ulysses ALAMA,Armi GUZMAN,Rex TRAIFALGAR,Ricardo BABARAN,本村浩之,武藤文人,石川智士 南シナ海におけるメガネタマガシラの遺伝的集団構造. 2015年度日本魚類学会年会, 2015年09月-2015年09月, 近畿大学奈良キャンパス.

Muto N., Kai Y., Noda T., Nakabo T. Geographic trends in introgressive hybridization between two rockfishes, Sebastes vulpes and S. zonatus (Teleostei: Scorpaeniformes: Scorpaenidae) from Japan. The 2011 Conference of the Society for Molecular Biology and Evolution, June 2011, 京都大学百周年時計台記念館. (本人発表).

武藤望生, 甲斐嘉晃, 野田勉, 中坊徹次. 岩手県宮古市周辺におけるキツネメバルとタヌキメバルの形態比較. 2010年度日本魚類学会年会, 2010年09月, 三重県文化会館. (本人発表).

武藤望生, 甲斐嘉晃, 中坊徹次. キチジ(カサゴ目:フサカサゴ科)にみられる形態的2型 (予報). 2008年度日本魚類学会年会, 2008年09月, 愛媛大学城北キャンパス. (本人発表).

服部正和,知念良直,武藤望生,古市義人,島津 章,他6名. 初診時未治療2型糖尿病患者の1995〜2005年にわたる臨床経過観察研究:重症・軽症2型糖尿病(二次予防のために). 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年05月, 仙台サンプラザ.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

中山耕至, 武藤望生. クニマスとヒメマスとの遺伝的差異. 山梨県富士河口湖町特別シンポジウム「クニマスとともに生きる」, 2012年03月, 山梨県富士河口湖町中央公民館.

武藤望生. メバル属魚類の分類と系統. 第25回京都大学総合博物館セミナー, 2011年04月, 京都大学総合博物館.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

次世代シーケンサーにより得られた大量データに基づくマイクロサテライト多型解析用プライマーの設計とマルチプレックスPCR系の構築 (企画・運営). 2014年05月30日, 京都大学理学研究科.

魚類の多様性研究における次世代シーケンシング技術の活用 (企画). 2014年02月01日-2014年02月02日, 東京大学大気海洋研究所.

集団遺伝分析ワークショップ (企画・運営). 2013年11月24日-2013年11月25日, 総合地球環境学研究所.

外部資金の獲得

【科研費】

更新世の氷期-間氷期サイクルが南シナ海沿岸魚類の多様性形成過程に与えた影響の解明 (研究代表者) 2014年04月01日-2017年03月31日. 若手研究(B) (26840131).

【その他の競争的資金】

メバル属シマゾイにみられる大きく分化したミトコンドリアDNA系統の正体の解明 - 分子遺伝学的・形態学的分析の統合による包括的アプローチ 2013年04月-2014年03月. 平成25年度笹川科学研究助成.

種間の遺伝子流動が生物多様性に及ぼす影響―浅海性メバル属魚類を例とした定量的研究 2012年09月-2014年09月. 公益信託ミキモト海洋生態研究助成基金 平成24年度研究助成.

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

「西湖のクニマス交雑せず 近縁種のヒメマスと」. 京都新聞, 2012年12月06日 朝刊, 27.