総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名羽生 淳子
氏名(かな)はぶ じゅんこ
所属研究部
職名教授
着任日2014-05-17
離任日2016-08-15
生年1959
学歴慶應義塾大学文学部史学科民族学考古学専攻卒業(1982)
慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了(1984)
マッギル大学人類学科博士課程修了(博士号取得)(1996)
職歴東京大学理学部助手(1984)
マッギル大学人類学科講師(1994)
カリフォルニア大学バークレー校人類学科助教授(1996)
カリフォルニア大学バークレー校人類学科准教授(2002)
カリフォルニア大学バークレー校人類学科教授(2010)
総合地球環境学研究所研究部教授(2014)
総合地球環境学研究所研究部客員教授(2016)
学位人類学博士(マッギル大学 1996)
史学修士(慶応義塾大学 1984)
所属学会American Anthropological Association
Society for American Archaeology
Sigma Xi
American Geophysical Union
Indo-Pacific Prehistory Association
東アジア考古学会
日本考古学協会
考古学研究会
日本人類学会
日本第四紀学会
日本文化財科学会
鹿児島県考古学会
Association for Edo Period Archaeology
自己紹介東京大学理学部助手、マッギル大学人類学科講師、カリフォルニア大学バークレー校人類学科助教授、准教授を経て2010年より同校人類学科教授。環境考古学と生態人類学の立場から、地域と地球環境問題の解決に役立つ国際発信をめざします。

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

Fitzhugh, Ben・Habu, Junko 2002年12月 Beyond Foraging and Collecting: Evolutionary Change in Hunter-Gatherer Settlement Systems. Kluwer Academic/Plenum, New York, USA, 442pp.

羽生淳子 1989年 東京大学遺跡調査室発掘調査報告書一 東京大学本郷構内の遺跡 理学部七号館地点. 東京大学, 東京, 542pp.

Habu, Junko 2001,01 Subsistence-Settlement Systems and Intersite Variability in the Moroiso Phase of the Early Jomon Period of Japan. International Monographs in Prehistory, Ann Arbor, MI, USA, 207pp.

Habu, Junko 2004,07 Ancient Jomon of Japan. Campridge University Press, Cambridge, UK, 332pp.

Habu, Junko・Fawcett, Clare・Matsunaga, John 2008年07月 Evaluating Multiple Narratives: Beyond Nationalist, Colonialist, Imperialist Archaeologie. Springer Science & Business Media, New York, USA, 217pp.

Habu, Junko・Savelle, James・Koyama, Shozo・Hongo, Hitomi 2003年 Hunter-Gatherers of the North Pacific Rim. Senri Ethnological Studies, 63. 国立民族学博物館, 大阪府吹田市, 277pp.

Habu, Junko, John W. Olsen and Peter Lape 2017 Handbook of East and Southeast Asian Archaeology. . Springer, New York, NY (In press)

羽生淳子、佐々木剛、福永真弓 2017年 ヤマ・カワ・ウミに生きる知恵と工夫―岩手県閉伊川流域における在来知を活用した環境教育の実践― . 東海大学出版, 神奈川県平塚市, 272pp.

【分担執筆】

羽生淳子 2019年01月 横浜市港北区高田貝塚とその周辺の縄文時代前期遺跡―緊急発掘資料と表面採集資料からわかること―. 白石浩之編 旧石器時代文化から縄文時代文化の潮流―研究の視点―. 六一書房, 東京, pp.399-411.

羽生淳子 2019年01月 在来知とレジリエンス―持続可能モデルへ転換する―. 公益財団法人日本生命財団編 人と自然の環境学. 東京大学出版会, 東京, pp.41-60.

羽生淳子 2018年12月 世界から見た縄文文化. 御所野縄文博物館編 世界から見た北の縄文―御所野遺跡と北海道・北東北の縄文遺跡群―. 新泉社, 東京, pp.45-66.

羽生淳子 2016年03月 食の多様性と文化の盛衰. 羽生淳子,武藤康弘,高瀬克範,小林正史,小林謙一編 縄文時代の食と住まい. ものが語る歴史シリーズ, 32. 同成社, 東京都千代田区, pp.1-25.

論文

【原著】

Habu, J. 2018,11 Jomon Food Diversity, Climate Change and Long-term Sustainability: What I Have Learned by Doing Archaeological and Ethnographic Studies in Japan. The SAA Archaeological Record 18(4):27-30.

Crema, E., Habu, J., Kobayashi, K., Madella, M. 2016,04 Summed Probability Distribution of 14C Dates Suggests Regional Divergences in the Population Dynamics of the Jomon Period in Eastern Japan. PLOS One. DOI:http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0154809 (査読付).

Habu, Junko 2014年04月 Post-Pleistocene Transformations of Hunter-Gatherers in East Asia: The Jomon and Chulmun. Cummings, V・Jordan, P・Zvelebil, M編 The Oxford Handbook of the Archaeology and Anthropology of Hunter-Gatherers. Oxford University Press, Oxford, UK, pp.507-520. DOI:10.1093/oxfordhb/9780199551224.013.043 (査読付).

Habu, Junko 2014年08月 Early Sedentism in East Asia: From Late Palaeolithic to Early Agricultural Societies in Insular East Asia. Renfrew, C・Bahn, P編 Handbook of World Archaeology. Cambridge University Press, Cambridge, UK, pp.724-741.

羽生淳子 2015年10月 歴史生態学から見た長期的な文化変化と人為的生体システム:縄文時代前・中期の事例から. 第四紀研究 54:299-310.

羽生淳子 2016年09月 食の多様性と気候変動-縄文時代前期・中期の事例から-. 考古学研究 63(2):38-50. (査読付).

羽生淳子 2017年01月 縄文時代の食と環境. 科学 87(2). (印刷中)

Habu, Junko・Hall, M 2013年05月 Climate change, human impacts on the landscape, and subsistence specialization: historical ecology and changes in Jomon hunter-gatherer lifeways. Thompson, Victor・Waggoner, James編 The Historical Archaeology of Small Scale Economies. University Press of Florida, Gainesville, FL, USA, pp.65-78. DOI:10.5744/florida/9780813042428.003.0004

Heron, Carl, Junko Habu, Mio K. Owens, Yumiko Ito, Yvette Eley, Alexandre Lucquoin, Anita Randini, Hayley Saul, Cynthianne D. Spitteri and Oliver Craig 2016,08 Molecular and isotopic investigations of pottery and 'charred remains' from Sannai Maruyama and Sannai Maruyama No.9, Aomori Prefecture, Japan. Japanese Journal of Archaeology  4(1):29-52.  http://www.jjarchaeology.jp/contents/pdf/vol004/4-1_029.pdf

真貝理香・菅野智則・山本直人・羽生淳子・松井章・Duncan McLaren・Dale R. Croes 2015年12月 カナダ・トリケット島における先史時代遺跡の調査. 考古学研究 62(3):16-20.

その他の出版物

【報告書】

羽生淳子、伊藤由美子、安達香織編 2016年03月 青森市合子沢松森(4)遺跡-2008・2009・2010年度発掘報告書-. 76pp.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

羽生淳子 2015年05月 食にはじまる不平等の歴史ー現代の課題解決を考古学の知見に求める. Humanity&Nature Newsletter 54:7.

羽生淳子 2016年09月 わたしと地球研 学際的、超学際的、そして国際的な共同研究をめざして. Humanity&Nature Newsletter 62:15.

羽生淳子他 2015年07月 小規模経済プロジェクトNewsletter No. 1 (日・英).

羽生淳子他 2015年11月 小規模経済プロジェクトNewsletter No. 2 (日英併記).

羽生淳子他 2016年01月 小規模経済プロジェクトNewsletter No. 3(日英併記).

羽生淳子他 2016年04月 小規模経済プロジェクトNewsletter No. 4(日英併記).

羽生淳子他 2016年07月 小規模経済プロジェクトNewsletter No.5(日英併記).

会合等での研究発表

【口頭発表】

Fitzhugh, B., Yoneda, M., Habu, J., Taylor, J., Kamenov, G., Shinkai, R. and Krigbaum, J. Okhotsk culture mobility in the context of maritime subsistence and seasonally frozen coasts. ESSAS Annual Science Meeting "Scientific Challenges in a Changing Arctic&Subarctic", 2016.03.07-2016.03.09, Yokohama World Porters, Yokohama.

Habu, Junko Introduction: Long-term sustainability in contemporary Japan and the world. Towards Long-term Sustainability: In Response to the 3.11 Earthquake and the Fukushima Nuclear Disaster, 2012年04月21日, カリフォルニア大学バークレー校.

Habu, Junko Anthropology of Japan: Environment, Energy and Contemporary Japanese Society. Teaching 3.11 Workshop, 2012年06月29日, 上智大学.

Habu, Junko Introduction: The Role of Anthropology in Disaster Japan; Responses to the 3/11 Earthquake and the Fukushima Accident. Annual Meeting of the American Anthropological Association, 2012年11月17日, アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ.

Habu, Junko Introduction: Eco-Activism in Japan and US Post-Fukushima. Eco-Activism in Japan and US Post-Fukushima, 2013年02月09日, カリフォルニア大学バークレー校.

Habu, Junko Jomon Food Diversity and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. The 78th Annual Meeting of the Society for American Archaeology, 2013年04月02日, アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル.

Habu, Junko Jomon Food Diversity and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. Historical Ecology Workshop, 2013年05月30日, トロント大学.

Habu, Junko Archaeology, Food Diversity and Long-term Sustainability of Human Societies. Departmental Talk Series, Department of Anthropology, 2013年09月16日, カリフォルニア大学バークレー校.

羽生淳子 東アジアの「定住狩猟採集民」・縄文人. 第8回民博・共同研究会, 2014年07月26日, 国立民族学博物館、大阪府吹田市.

羽生淳子 定住・移動と人為生態系:歴史生態学の視点から. 日本第四紀学会2014年大会, 2014年09月05日-2014年09月09日, 東京大学大気海洋研究所、千葉県柏市.

羽生淳子 縄文人に主食はあったかー食の多様性と環境問題. 第6回地球研東京セミナー, 2015年01月16日, 有楽町朝日ホール、東京都千代田区.

Habu, Junko Long-term Sustainability through Place-Based, Small-scale Economies: Approaches from Historical Ecology. Workshop: Food Diversity and Long-Term Sustainabality, 2015年03月11日, カリフォルニア大学バークレー校.

Habu, Junko Human Ecodynamics and Their Changes in Prehistoric Japan: Food Diversity, Climate Change and Long-term Sustainability of Hunter-Gatherer System. International Union for Quaternary Research Congress, 2015.07.26-2015.08.02, Nagoya Convention Center, Nagoya.

Habu, Junko Sedentism, Subsistence Specialization and Human Impacts on the Environment: A Case Study from the Jomon Period, Northern Japan. International Workshop "Climate Change and Food Diversity in the Past and Present: Comparative Studies on the North Pacific and Atlantic Coasts", 2015.07.30, RIHN, Kyoto.

羽生淳子 小規模経済プロジェクトにおけるデータ共有・公開の課題と展望. コアプロジェクトFS 第1回研究会 オープンサイエンス時代の社会協働に基づく地球環境研究を支援する情報サービスの実現プロジェクトFS 第1回研究会 オープンサイエンス時代の社会協働に基づく地球環境研究を支援する情報サービスの実現, 2015年10月02日-2015年10月03日, 総合地球環境学研究所(京都市北区).

Habu, Junko Food Diversity, Demography and Climate Change: Lessons from the Prehistoric Jomon Period, Japan. World Archaeological Congress, 2016.08.28-2016.09.02, Doshisha University, Kyoto.

Habu, Junko, Barbara Rose Johnston and Rika Shinkai Indigenouse rights, cultural heritage, landscapes, and dam construction: the case from Nibutani in Hokkaido, Japan. World Archaeological Congress, 2016.08.28-2016.09.02, Doshisha University, Kyoto.

Habu, Junko・Weber, Steven Mobility, Food Diversity and Climate Change: Prehistoric Cases from East and South Asia. Society for American Archaeology, 2014年04月23日-2014年04月27日, アメリカ合衆国テキサス州オースティン.

Hamada, S., Thornton, T., Shinkai, R. and Habu, J. Economies in the North Pacific. ESSAS Annual Science Meeting "Scientific Challenges in a Changing Arctic&Subarctic", 2016.03.06-2016.03.06, Yokohama World Porpers, Yokoama.

Johnston, Barbara, R. and Junko Habu Doing archaeology and cultural heritage work in nuclear disaster zones: environmental health risks and worker concerns. World Archaeoloigcal Congress, 2016.08.28-2016.09.02, Doshisha University, Kyoto.

Kawahata, H., Hatta, Y., Ota, Y., Yoshida, A. and Habu, J. Quantitative Reconstruction of Temperature in Northern Japan for the Last 2000 Years and the Influential Factors to Determine Climatic Fluctuation. European Geosciences Union-General Assembly 2016, 2016.04.17-2016.04.22, Austria Center Vienna, Austria.

川幡 穂高、八田 良樹、羽生 淳子、吉田 明弘 北日本における過去6,700年間の温度変化と人類活動. 日本地球惑星科学連合連合大会2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉県千葉市幕張メッセ.

Yamaguchi, Tomiko and Junko Habu Institutional Expertise and Lay Responses to Soil Contamination: The Experience of Farmers in Fukushima. The Third ISA Forum of Sociology, 2016.07.10-2016.07.13, Vienna, Austria.

吉田 明弘・川幡 穂高・羽生淳子 北海道内浦湾海底コアの花粉分析データからみた完新世中期の寒冷化. 日本地球惑星科学連合連合大会2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉県千葉市幕張メッセ.

【ポスター発表】

伊藤由美子、羽生淳子、大西智和、稲野祐介 青森市合子沢松森遺跡から出土したウルシ科果実 Anacardiaceae fruits excavated from Goshizawa-matumori Site in Aomori City. 第29回植生史学会大会, 2014年11月23日, 鹿児島大学.

米田穣・日下宗一郎・羽生淳子 骨の同位体比からみた縄文時代中期から後期への「人口激減」. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2014年12月22日, 総合地球環境学研究所.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Habu, Junko Jomon Food Diversity and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. , 2012年05月09日, スタンフォード考古学センター.

Habu, Junko Food diversity and long-term sustainability of human cultures: lessons from Jomon archaeology. ベイエリア日本大学ネットワーク, 2012年05月09日, アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ.

Habu, Junko Jomon Food Diversity and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. , 2012年10月08日, カリフォルニア大学デイビス校.

Habu, Junko Archaeology, Food Diversity and Long-term Sustainability of Human Societies. , 2013年10月18日, ワシントン大学.

羽生淳子 UC バークレー校の大学院教育-考古学領域における次世代育成-. 民族学考古学三田会講演会, 2014年06月07日, 慶応義塾大学三田キャンパス.

羽生淳子 食の多様性と文化の盛衰. 文化資源学セミナー「考古学と現代社会」第四回, 2014年10月26日, 東京国立博物館、東京都台東区.

Habu, Junko Archaeology, food diversity and long-term sustainability of human societies: Lessons from prehistoric Japan. 2014 Senior Fellowship Program in National Museum of Korea, 2014年11月09日-2014年11月15日, 韓国ソウル特別市龍山区.

Habu, Junko Nuclear Issues in Japan: The Great East Japan Earthquake and the Nuclear Disaster at Fukushima Daiichi. The Society of Woman Geographers, 2015.03.14, Minerva House, Berkeley, CA, USA.

Habu, Junko Jomon Pit-dwelllings, Sedentism, and Food Diversity. The 80th Annual Meeting of Society for American Archaeology, 2015年04月16日, アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ. (代理発表)

羽生淳子 食の多様性と文化の盛衰―考古学からみた環境問題. 第62回地球研市民セミナー, 2015年04月30日, 京都府京都市.

Habu, Junko Graduate Education in North America: Training a New Generation of Scholars in the Field of Archaeology, Anthropology, and Related Fields. Guanghua Humanity Foundation Academic Exchange Seminar, 2015.06.01, Fudan University, Shanghai, China.

Habu, Junko Food Diversity and Long-term Sustainability, Lesson from Prehistoric Japan. Guanghua Humanity Foundation Academic Exchange Seminar, 2015.06.02, Fudan University, Shanghai, China.

羽生淳子 縄文人の食べ物と文化の盛衰. 第30回縮小社会研究会, 2015年09月05日, 日本基督教団根津教会, 東京都文京区.

羽生淳子 縄文生態研究と酒詰仲男. 公開講演会縄文貝塚研究と酒詰仲男, 2015年10月11日, 同志社大学今出川校, 京都市上京区.

Habu, Junko Jomon Food Diversity, Climate Change and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. , 2016.01.28, Willamette University, Oregon, USA.

Habu, Junko Jomon Food Diversity, Climate Change and Long-term Sustainability: Lessons from Prehistoric Japan. , 2016.02.04, Arizona State University.

羽生淳子 食の多様性と気候変動―縄文時代前期・中期の事例から―. 考古学研究会第62回総会, 2016年04月16日-2016年04月17日, .

羽生淳子 食の多様性・気候変動と生業・集落システムのレジリエンス:縄文時代の事例研究. 日本地球惑星科学連合 連合大会2016年大会, 2016年05月22日-2016年05月26日, 千葉県千葉市幕張メッセ.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

The Role of Anthropology in Disaster Japan; Responses to the 3/11 Earthquake and the Fukushima Accident (運営に関する全体的な事項). 2012年11月17日, アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ.

Eco-Activism in Japan and US Post-Fukushima (運営に関する全体的な事項). 2013年02月09日.  http://ieas.berkeley.edu/cjs/berkeley_japan_prize_current.html

Towards Long-term Sustainability: In Response to the 3.11 Earthquake and the Fukushima Nuclear Disaster (運営に関する全体的な事項). 2012年04月20日-2012年04月21日, カリフォルニア大学バークレー校.  http://ieas.berkeley.edu/events/2012.04.20w.html

CJS-JSPS Symposium 2014: Long-term Sustainability through Place-based, Small-scale economies (運営に関する全体的な事項). 2014年09月26日-2014年09月28日, カリフォルニア大学バークレー校.  http://jspssustainabilityconference2014.weebly.com/

Workshop: Food Diversity and Long-Term Sustainability (運営に関する全体的な事項). 2015年03月11日, カリフォルニア大学バークレー校..

International Workshop “Climate Change and Food Diversity in the Past and Present: Comparative Studies on the North Pacific and Atlantic Coasts” (会議運営). 2015年07月30日, 総合地球環境学研究所, 京都市北区.

NPO法人南アジア文化遺産センター・NPO法人WAC Japan講演会, (共催). 2015年08月03日, 同志社大学室町キャンパス寒梅館.

環境考古学講演会‐北米北西海岸の低湿地遺跡からみた植物利用・景観復元・海水準変動, (共催). 2015年08月04日, 奈良文化財研究所・小講堂.

Acorn Processing Workshop. 2016年01月31日, Visalia, California, USA.

学問としてのアグロエコロジーと農業の新たなビジョン. 2016年02月08日, 総合地球環境学研究所、京都.

Workshop: Does everything change? Conceptualizing the persistence of human-environmental knowledge through time, objects, and landscapes. 2016年02月23日, 総合地球環境学研究所、京都.

アグロエコロジー短期実習コース. 2016年05月20日-2016年05月21日, 総合地球環境学研究所講演室、京都市内農園.

アグロエコロジー・ワークショップ:北米とラテンアメリカにおけるアグロエコロジーー日本との比較検証-. 2016年05月21日-2016年05月22日, 総合地球環境学研究所.

小規模経済プロジェクト研究会「ヒ素汚染土壌の植物を用いた汚染物質除去:成功例と今後の課題」. 2016年07月01日, 総合地球環境学研究所.

ニッセイ研究助成環境ワークショップ 閉伊川流域の山の幸と保存食「山は宝だ」写真展・交流会. 2016年07月29日, 岩手県 薬師塗漆工芸館.

ニッセイ研究助成環境ワークショップ「サーモンランド探検隊ジオが育む美味しい水と生物との関り」. 2016年07月30日, 岩手県閉伊川中流域・川内地区川原.

ニッセイ研究助成環境ワークショップ 閉伊川流域の山の幸と保存食「山は宝だ」写真展・交流会. 2016年07月31日, リアスハーバー宮古.

ニッセイ研究助成環境ワークショップ「磯鶏・藤原 はまの記憶、こころの記憶~これからの100年のために~」. 2016年07月31日, リアスハーバー宮古.

World Archaeological Congress, セッションオーガナイザー (Session 5&6 "Distributed long-term observation networks of the past: Using paleo-climate and cultural resource data for understanding the past, present and future of climate change," Session 7&8 ”Mining, resource, development and indigenous cultural heritage: The good, the bad and the ugly," and Session 9 "Understandng prehistoric change in demography and subsistence" ). 2016年08月28日-2016年09月02日, Doushisha University, Kyoto.

Nuclear Disasters, Systemic Resilience, and the Power of Traditional Ecological Knowledge-Comparative Studies and Emerging Experiences in Fukushima and the Marshall Islands 核被災、システムのレジリエンスと在来知 ―福島とマーシャル諸島を比較する視点から― (会議運営). 2016年08月31日, 総合地球環境学研究所, 京都市北区.

外部資金の獲得

【その他の競争的資金】

ヤマ・カワ・ウミに生きる知恵と工夫ー岩手県閉伊川流域における在来知を活用した環境教育の実践ー 2014年10月01日-2016年09月30日. 公益財団法人 日本生命財団 平成26年度学際的総合研究助成.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

American Anthropological Association, 実行委員 (The 2012 Annual Meeting of the American Anthropological Association in San Francisco). 2012年

Department of Archaeology, Durham University, 特派員 (Antiquity). 2006年-2012年.

Henry Luce Foundation and American Council of Learned Societies, 顧問委員 (Luce/ACLS Initiative on East and Southeast Asian Archaeology and Early History). 2005年06月-2009年10月.

Journal of East Asian Archaeology, 編集委員.

韓国国立中央博物館, 編纂委員 (Journal of Korean Art and Archaeology). 2013年-2015年.

公益社団法人日本地球惑星科学連合, 編集委員 (Progress in Earth and Planetary Science). 2013年

奈良文化財研究所, 客員研究員. 2016年04月

日本人類学会, 編集委員 (Anthropological Science). 2004年

日本考古学協会, 編集委員 (Japanese Journal of Archaeology). 2013年

日本考古学協会, 編集委員 (日本考古学). 2005年-2012年.

The Society for Japanese Studies, 編集委員 (Journal of Japanese Studies). 2011年

【依頼講演】

食の多様性と縄文考古学. , 2015年12月05日, 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館.

縄文人の主食と縄文社会. つがる市合併10周年記念シンポジウム「どこまでわかったか縄文の環境・社会・生業」, 2015年02月14日, 青森県つがる市.

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

インタビュー「ココが聞きたいッ!考古学の最前線 考古学から現代社会へ」(羽生淳子). 2015年03月, 考古学研究 61(4(別冊)).

探究人 総合地球環境学研究所教授 羽生淳子. 京都新聞, 2016年04月23日.  http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20160424000112

歴史の鍵穴 縄文時代の人口減少 食の多様性喪失が原因か. 毎日新聞, 2016年07月20日 夕刊, 4.

閉伊川流域の恵み紹介 山の幸や料理の写真30点. 岩手日報, 2016年07月30日.

閉伊川流域の山の幸を紹介。山は宝だ写真展. 2016年08月29日, 月刊「みやこわが町」 (9月号).

立場を超えて社会問う 世界考古学会議京都大会. 毎日新聞, 2016年09月21日 朝刊(東京版).

災害からの教訓 共有探る 京都で世界考古学会議. 朝日新聞, 2016年09月28日 夕刊(大阪版), 3.