スタッフ プロフィール

氏名中塚 武
氏名(かな)なかつか たけし
所属研究部
職名教授
生年1963
学歴京都大学理学部卒業(1986)
名古屋大学大学院理学研究科大気水圏科学専攻博士前期課程修了(1988)
名古屋大学大学院理学研究科大気水圏科学専攻博士後期課程単位取得退学(1991)
職歴名古屋大学水圏科学研究所助手(1991)
名古屋大学大気水圏科学研究所助手(1993)
北海道大学低温科学研究所助教授(1996)
名古屋大学大学院環境学研究科教授(2008)
総合地球環境学研究所研究部教授(2013)
学位博士(理学)(名古屋大学 1995)
理学修士 (名古屋大学 1988)
専攻・バックグラウンド同位体地球化学
古気候学
海洋生物地球化学
所属学会日本地球化学会
日本海洋学会
日本気象学会
日本第四紀学会
日本文化財科学会
地球環境史学会
受賞歴日本海洋学会岡田賞(若手奨励賞)(1997)
日本地球化学会GJ賞(英文誌最優秀論文賞)(2005)
自己紹介地質学から始めて、海洋学、水文学、気候学、生態学などの地球表層の諸過程に関する研究を一通り行った後、現在は、地球環境変動に対する人間社会の適応可能性を探るために、気候変動に対する社会応答の歴史的関係の解明を軸にして、古気候学や気候学などの理系分野の研究者はもちろん、歴史学や考古学などの文系分野の研究者と共に、多分野横断型のプロジェクト研究を主宰している。

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

中塚 武 2015年03月 酸素同位体比を使った新しい年輪年代法の登場. 坂本 稔・中尾七重編 築何年?-炭素で調べる古建築の年代研究. 吉川弘文館, 東京都文京区, pp.176-180.  

中塚 武 2014年12月 代替指標から見た過去2000年間の気温変化(10-5-1). 日本気象学会 地球環境問題委員会編 地球温暖化―そのメカニズムと不確実性―. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.146-148.  

中塚 武 2014年09月 新しい環境学をめざして. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.309-312.  

劉 晨・中塚 武 2014年09月 窒素循環の歴史的展開-化学肥料がもたらした環境問題. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.259-275.  

中塚 武 2014年09月 環境問題の時間的構造-共通する発生・拡大のメカニズム. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.230-240.  

中塚 武 2014年09月 新しい基礎環境学の必要性. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.225-229.  

中塚 武 2014年09月 診断と治療の無限螺旋としての臨床環境学. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.218-221.  

中塚 武 2014年09月 臨床の現場での新しい環境学-診断と治療の統合. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.103 -109 .  

中塚 武 2014年09月 人類史的俯瞰-環境問題発生の連鎖構造. 渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, pp.54-61.  

中塚 武 2014年02月 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による気候変動の復元. 原 登志彦編 地球環境変動の生態学. 現代の生態学, 2. 共立出版, 東京都文京区, pp.193-215.  

著書(編集等)

【編集・共編】

渡邊誠一郎・中塚武・王智弘編 2014年09月 臨床環境学. 名古屋大学出版会, 名古屋市千種区, 317pp.  

論文

【原著】

Masaki Sano, A P Dimri, R. Ramesh, Chenxi Xu, Zhen Li, Takeshi Nakatsuka 2017,08 Moisture source signals preserved in a 242-year tree-ring δ18O chronology in the western Himalaya. Global and Planetary Change 157 :73-82. DOI:org/10.1016/j.gloplacha.2017.08.009.(査読付).  

PAGES2k Consortium (Julien Emile-Geay, Nicholas P. McKay, Darrell S. Kaufman, Lucien von Gunten, Jianghao Wang, Kevin J. Anchukaitis, Nerilie J. Abram, Jason A. Addison, Mark A.J. Curran, Michael N. Evans, Benjamin J. Henley, Zhixin Hao, Belen Martrat, Helen V. McGregor, Raphael Neukom, Gregory T. Pederson, Barbara Stenni, Kaustubh Thirumalai, Johannes P. Werner, Chenxi Xu, Dmitry V. Divine, Bronwyn C. Dixon, Joelle Gergis, Ignacio A. Mundo, Takeshi Nakatsuka, Steven J. Phipps, Cody C. Routson, Eric J. Steig, Jessica E. Tierney, Jonathan J. Tyler, Kathryn J. Allen, Nancy A.N. Bertler, Jesper Björklund, Brian M. Chase, Min-Te Chen, Ed Cook, Rixt de Jong, Kristine L. DeLong, Daniel A. Dixon, Alexey A. Ekaykin, Vasile Ersek, Helena L. Filipsson, Pierre Francus, Mandy B. Freund, Massimo Frezzotti, Narayan P. Gaire, Konrad Gajewski, Quansheng Ge, Hugues Goosse, Anastasia Gornostaeva, Martin Grosjean, Kazuho Horiuchi, Anne Hormes, Katrine Husum, Elisabeth Isaksson, Selvaraj Kandasamy, Kenji Kawamura, K. Halimeda Kilbourne, Nalan Koç, Guillaume Leduc, Hans W. Linderholm, Andrew M. Lorrey,Vladimir Mikhalenko, P. Graham Mortyn, Hideaki Motoyama, Andrew D. Moy,Robert Mulvaney, Philipp M. Munz, David J. Nash, Hans Oerter, Thomas Opel, Anais J. Orsi, Dmitriy V. Ovchinnikov, Trevor J. Porter, Heidi A. Roop,Casey Saenger, Masaki Sano, David Sauchyn, Krystyna M. Saunders, Marit-Solveig Seidenkrantz, Mirko Severi, Xuemei Shao, Marie-Alexandrine Sicre, Michael Sigl, Kate Sinclair, Scott St. George, Jeannine-Marie St. Jacques, Meloth Thamban, Udya Kuwar Thapa, Elizabeth R. Thomas, Chris Turney, Ryu Uemura, Andre E. Viau, Diana. Vladimirova, Eugene R. Wah, James W.C. White, Zicheng Yu & Jens Zinke) 2017,07 A global multiproxy database for temperature reconstructions of the Common Era. . Scientific Data 4. DOI:10.1038/sdata.2017.88.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/sdata.2017.88

Wataru Sakashita, Hiroko Miyahara, Yusuke Yokoyama, Takahiro Aze, Takeshi Nakatsuka, Yasuharu Hoshino, Motonari Ohyama, Hitoshi Yonenobu, Keiji Takemura 2017,06 Hydroclimate reconstruction in central Japan over the past four centuries from tree-ring cellulose δ18O.. Quaternary International . DOI:org/10.1016/j.quaint.2017.06.020.(査読付).  

Yu Liu, Kim M. Cobb, Huiming Song, Qiang Li, Ching-Yao Li, Takeshi Nakatsuka, Zhisheng An, Weijian Zhou, Qiufang Cai, Jinbao Li, Steven W. Leavitt, Changfeng Sun, Ruochen Mei, Chuan-Chou Shen, Ming-Hsun Chan, Junyan Sun, Libin Yan, Ying Lei, Yongyong Ma, Xuxiang Li, Deliang Chen, Hans W. Linderholm 2017,05 Recent enhancement of central Pacific El Niño variability relative to last eight centuries.. Nature Communications 8. DOI:10.1038/ncomms15386.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/ncomms15386

Chenxi Xu, Haifeng Zhu, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhen Li, Feng Shi, Eryuan Liang, Zhengtang Guo 2017,05 Sampling strategy and climatic implication of tree-ring cellulose oxygen isotopes of Hippophae tibetana and Abies georgei on the southeastern Tibetan Plateau. . International Journal of Biometeorology . DOI:10.1007/s00484-017-1365-6.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s00484-017-1365-6

中塚 武 2016年12月 高分解能古気候データから始まる新しい災害史研究の方向性.. 国立歴史民俗博物館研究報告 203 :9-26.(査読付).  

Naoyuki Kurita, Takeshi Nakatsuka, Keiko Ohnishi and Takumi Mitsutani 2016,10 Analysis of the interdecadal variability of summer precipitation in central Japan using a reconstructed 106-year-long oxygen isotope record from tree-ring cellulose.. Journal of Geophysical Research-Atmosphere 121(20) :12,089-12,107. DOI:10.1002/2016JD025463.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/2016JD025463

Chenxi Xu, Huaizhou Zheng, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhen Li, Junyi Ge 2016,06 Inter- and intra-annual tree-ring cellulose oxygen isotope variability in response to precipitation in Southeast China.. Trees - Structure and Function 30 :785-794. DOI:10.1007/s00468-015-1320-2.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s00468-015-1320-2

鎌谷かおる・佐野雅規・中塚 武 2016年06月 日本近世における年貢上納と気候変動-近世史研究における古気候データ活用の可能性をさぐる-. 日本史研究 646 :36-56.(査読付).  

中塚 武 2016年06月 高分解能古気候データを用いた新しい歴史学研究の可能性. 日本史研究 646 :3-18.(査読付).  

Chenxi Xu, Junyi Ge, Takeshi Nakatsuka, Liang Yi, Huaizhou Zheng, and Masaki Sano 2016,04 Potential utility of tree ring 18O series for reconstructing precipitation records from the lower reaches of the Yangtze River, southeast China.. Journal of Geophysical Research-Atmosphere 121(8) :3954-3968. DOI:10.1002/2015JD023610.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/2015JD023610

横山祐典・中塚 武・多田隆治 2015年11月 将来の気候・環境変動理解のための近過去復元研究. 地球環境 20 :189-194.(査読付).  

Chenxi Xu, Nathsuda Pumijumnong, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhen Li 2015,10 A tree-ring cellulose δ18O-based July–October precipitation reconstruction since AD 1828, northwest Thailand. Journal of Hydrology 529(2) :433-441. DOI:10.1016/j.jhydrol.2015.02.037.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.jhydrol.2015.02.037

Qiang Li, Yu Liu, Takeshi Nakatsuka, Huiming Song, Danny McCarroll, Yinke Yang, Jun Qi 2015,09 The 225-year precipitation variability inferred from tree-ring records in Shanxi Province, the North China, and its teleconnection with Indian summer monsoon. Global and Planetary Change 132 : 11-19. DOI:10.1016/j.gloplacha.2015.06.005.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.gloplacha.2015.06.005

中塚 武 2015年09月 酸素同位体比がもたらす新しい考古学研究の可能性. 考古学研究 62(2) :17-30.  

Feng Shi, Quansheng Ge, Bao Yang, Jianping Li, Fengmei Yang, Fredrik Charpentier Ljungqvist, Olga Solomina, Takeshi Nakatsuka, Ninglian Wang, Sen Zhao, Chenxi Xu, Keyan Fang, Masaki Sano, Guoqiang Chu, Zexin Fan, Narayan P. Gaire, Muhammad Usama Zafar 2015,08 A multi-proxy reconstruction of spatial and temporal variations in Asian summer temperatures over the last millennium. Climatic Change 131(4) :663-676. DOI:10.1007/s10584-015-1413-3.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10584-015-1413-3

Atsushi Tsuda, Hiroaki Saito, Hiromi Kasai, Jun Nishioka and Takeshi Nakatsuka 2015,06 Vertical segregation and population structure of ontogenetically migrating copepods Neocalanus cristatus, N. flemingeri, N. plumchrus and Eucalanus bungii during ice-free season in the Sea of Okhotsk. Journal of Oceanography 71(3) :271-285.(査読付).  

Wataru Sakashita, Yusuke Yokoyama, Hiroko Miyahara, Yasuhiko T. Yamaguchi, Takahiro Aze, Stephen P Obrochta, Takeshi Nakatsuka 2015,06 Relationship between early summer precipitation in Japan and the El Niño-Southern and Pacific Decadal Oscillations over the past 400 years. Quaternary International . DOI:10.1016/j.quaint.2015.05.054.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.quaint.2015.05.054

樋上 昇・中塚 武・大石恭平 2015年05月 稲沢市下津宿遺跡出土井戸枠の酸素同位体比年輪年代測定結果について. 愛知県埋蔵文化財センター研究紀要 16 :49-68.  

Mao Harada, Yumiko Watanabe, Takeshi Nakatsuka, Suyako Tazuru-Mizuno, Yoshiki Horikawa, Bambang Subiyanto, Junji Sugiyama, Toshitaka Tsuda, Takahiro Tagami 2015,04 Assessment of sungkai tree-ring δ18O proxy for paleoclimate reconstruction in western Java, Indonesia. Quaternary International . DOI:10.1016/j.quaint.2015.03.038.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.quaint.2015.03.038

Zhen Li, Takeshi Nakatsuka and Masaki Sano 2015,03 Tree-ring cellulose δ18O variability in pine and oak and its potential to reconstruct precipitation and relative humidity in central Japan. Geochemical Journal 49. DOI:10.2343/geochemj.2.0336.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2343/geochemj.2.0336

Akira Kagawa, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka, Tsutomu Ikeda, Satoshi Kubo 2015,01 An optimized method for stable isotope analysis of tree rings by extracting cellulose directly from cross-sectional laths. Chemical Geology 393-394 :16-25. DOI:10.1016/j.chemgeo.2014.11.019.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.chemgeo.2014.11.019

Jun Nishioka, Takeshi Nakatsuka, Kazuya Ono, Yu. N. Volkov, Alexey Scherbinin, Takayuki Shiraiwa 2014,08 Quantitative evaluation of iron transport processes in the Sea of Okhotsk. Progress in Oceanography 126 :180-193. DOI:10.1016/j.pocean.2014.04.011.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.pocean.2014.04.011

O. Seki, Y. Mikami, S. Nagao, J.A. Bendle, T. Nakatsuka, V.I. Kim, V.P. Shesterkin, A.N. Makinov, M. Fukushima, H.M. Moossen, S. Schouten 2014,08 Lignin phenols and BIT index distributions in the Amur River and the Sea of Okhotsk: Implications for the source and transport of particulate terrestrial organic matter to the ocean. Progress in Oceanography 126 :146-154. DOI:10.1016/j.pocean.2014.05.003.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.pocean.2014.05.003

Tomoki Yasuda, Yoshihiro Asahara, Ryo Ichikawa, Takeshi Nakatsuka, Hideki Minami, Seiya Nagao 2014,08 Distribution and transport processes of lithogenic material from the Amur River revealed by the Sr and Nd isotope ratios of sediments from the Sea of Okhotsk. Progress in Oceanography 126 :155-167. DOI:10.1016/j.pocean.2014.04.015.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.pocean.2014.04.015

Rumi Sohrin, Kunimatsu Imanishi, Yoshimi Suzuki, Kenshi Kuma, Ichiro Yasuda, Koji Suzuki, Takeshi Nakatsuka 2014,08 Distributions of dissolved organic carbon and nitrogen in the western Okhotsk Sea and their effluxes to the North Pacific. Progress in Oceanography 126 :168-179. DOI:10.1016/j.pocean.2014.05.014.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1016/j.pocean.2014.05.014

Chenxi Xu, Masaki Sano, Kei Yoshimura and Takeshi Nakatsuka 2014,07 Oxygen isotopes as a valuable tool for measuring annual growth in tropical trees that lack distinct annual rings. Geochemical Journal 48(4) :371-378. DOI:10.2343/geochemj.2.0312.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2343/geochemj.2.0312

Mao Harada, Yumiko Watanabe, Takeshi Nakatsuka, Suyako Tazuru-Mizuno, Yoshiki Horikawa, Junji Sugiyama, Toshitaka Tsuda and Takahiro Tagami 2014,05 Alpha-cellulose extraction procedure for the tropical tree sungkai (Peronema canescens Jack) by using an improved vessel for reliable paleoclimate reconstruction. Geochemical Journal 48(3) :299-307. DOI:10.2343/geochemj.2.0306.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2343/geochemj.2.0306

Chenxi Xu, Huaizhou Zheng, Takeshi Nakatsuka and Masaki Sano 2013,12 Oxygen isotope signatures preserved in tree ring cellulose as a proxy for April–September precipitation in Fujian, the subtropical region of southeast China. Journal of Geophysical Research: Atmospheres 118(23) :805-815. DOI:10.1002/2013JD019803.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/2013JD019803

Edward R. Cook, Paul J. Krusic, Kevin J. Anchukaitis, Brendan M. Buckley, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano 2013,12 Tree-ring reconstructed summer temperature anomalies for temperate East Asia since 800 C.E.. Climate Dynamics 41(11-12) :2957-2972.(査読付).  

Masahito Shigemitsu, J. Nishioka, Y.W. Watanabe, Y. Yamanaka, T. Nakatsuka, Y.N. Volkov 2013,12 Fe/Al ratios of suspended particulate matter from intermediate water in the Okhotsk Sea: Implications for long-distance lateral transport of particulate Fe. Marine Chemistry 157(20) :41-48.(査読付).  

Fengmei Yang, Feng Shi, Shuyuan Kang, Shigong Wang, Ziniu Xiao, Takeshi Nakatsuka, Jun Shi 2013,11 Comparison of the dryness/wetness index in China with the Monsoon Asia Drought Atlas. Theoretical and Applied Climatology 114(3-4) :553-566.(査読付).  

Jun Nishioka, Takeshi Nakatsuka, Yutaka W. Watanabe, Ichiro Yasuda, Kenshi Kuma, Hiroshi Ogawa, Naoto Ebuchi, Alexey Scherbinin, Yuri N. Volkov, Takayuki Shiraiwa and Masaaki Wakatsuchi 2013,09 Intensive mixing along an island chain controls oceanic biogeochemical cycles . Global Biogeochemical Cycles 27(3) :920-929. DOI:10.1002/gbc.20088.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/gbc.20088

Chenxi Xu, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka 2013,09 A 400-year record of hydroclimate variability and local ENSO history in northern Southeast Asia inferred from tree-ring δ18O. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 386(15) :588-598.(査読付).  

Masaki Sano, Phuntsho Tshering, Jiro Komori, Koji Fujita, Chenxi Xu and Takeshi Nakatsuka 2013,08 May–September precipitation in the Bhutan Himalaya since 1743 as reconstructed from tree ring cellulose δ18O . Journal of Geophysical Research: Atmospheres 118(15) :8399-8410. DOI:10.1002/jgrd.50664.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/jgrd.50664

Koji Sugie, Jun Nishioka, Kenshi Kuma, Yuri N. Volkov, Takeshi Nakatsuka 2013,05 Availability of particulate Fe to phytoplankton in the Sea of Okhotsk . Marine Chemistry 152(20) :20-31.(査読付).  

Moinuddin Ahmed, Kevin J. Anchukaitis, Asfawossen Asrat, Hemant P. Borgaonkar, Martina Braida, Brendan M. Buckley, Ulf Büntgen, Brian M. Chase, Duncan A. Christie, Edward R. Cook, Mark A. J. Curran, Henry F. Diaz, Jan Esper, Ze-Xin Fan, Narayan P. Gaire, Quansheng Ge, Joëlle Gergis, J Fidel González-Rouco, Hugues Goosse, Stefan W. Grab, Nicholas Graham, Rochelle Graham, Martin Grosjean, Sami T. Hanhijärvi, Darrell S. Kaufman, Thorsten Kiefer, Katsuhiko Kimura, Atte A. Korhola, Paul J. Krusic, Antonio Lara, Anne-Marie Lézine, Fredrik C. Ljungqvist, Andrew M. Lorrey, Jürg Luterbacher, Valérie Masson-Delmotte, Danny McCarroll, Joseph R. McConnell, Nicholas P. McKay, Mariano S. Morales, Andrew D. Moy, Robert Mulvaney, Ignacio A. Mundo, Takeshi Nakatsuka, David J. Nash, Raphael Neukom, Sharon E. Nicholson, Hans Oerter, Jonathan G. Palmer, Steven J. Phipps, Maria R. Prieto, Andres Rivera, Masaki Sano, Mirko Severi, Timothy M. Shanahan, Xuemei Shao, Feng Shi, Michael Sigl, Jason E. Smerdon, Olga N. Solomina, Eric J. Steig, Barbara Stenni, Meloth Thamban, Valerie Trouet, Chris S.M. Turney, Mohammed Umer, Tas van Ommen, Dirk Verschuren, Andre E. Viau, Ricardo Villalba, Bo M. Vinther, Lucien von Gunten, Sebastian Wagner, Eugene R. Wahl, Heinz Wanner, Johannes P. Werner, James W.C. White, Koh Yasue and Eduardo Zorita 2013,05 Continental-scale temperature variability during the past two millennia. Nature Geoscience 6 :339-346. DOI:10.1038/ngeo1797.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1038/ngeo1797

Tomonori Isada, Takahiro Iida, Hongbin Liu, Sei-Ichi Saitoh, Jun Nishioka, Takeshi Nakatsuka and Koji Suzuki 2013,04 Influence of Amur River discharge on phytoplankton photophysiology in the Sea of Okhotsk during late summer . Journal of Geophysical Research: Oceans 118(4) :1995-2013. DOI:10.1002/jgrc.20159.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1002/jgrc.20159

【総説】

中塚 武 2017年02月 気候変動が古代日本人に与えたインパクト.. 科学 87 :140-148.  

中塚 武 2015年02月 気候変動によって人間社会に何が起こるか-歴史からの教訓. 環境会議 2015年春号 :74-79.  

中塚 武 2014年12月 平家はなぜ滅んだのか-気候変動という視点. HUMAN 7 :132-141.  

中塚 武・佐野雅規 2014年02月 酸素同位体比を用いた新しい木材年輪年代法. 月刊地球号外 「第四紀研究における年代測定法の新展開:最近10年間の進展-(III)相対年代と古環境の高精度復元」(山田和芳・下岡順直・奥野 充編)海洋出版 63 :106-113.  

その他の出版物

【解説】

中塚 武 2017年09月 酸素同位体比を用いた古気候の復原と文献史学との対話. 科研費NEWS 2017年度(2) :4.  

中塚 武 2017年09月 原始・古代史の時間認識と気候変動. 歴博 (204) :15-18.  

中塚 武 2015年04月 中世温暖期と小氷期をめぐる最近の研究の動向. 世界史のしおり 2015年度(1学期号) :6-7.  

中塚 武 2015年03月 プロジェクト最前線「かつてない精度で気候と歴史の関係を解き明かす-気候適応史プロジェクト」. SEEDer (12) :86.  

中塚 武 2015年03月 酸素同位体比年輪年代法がもたらす新しい考古学研究の可能性. 考古学研究 61(4) :14-15.  

【報告書】

中塚 武・李 貞・對馬あかね・佐野雅規 2017年08月 第6章 自然科学的分析 第3節 酸素同位体比年輪年代測定. 大阪府文化財センター編編 瓜破北遺跡2」(大阪府文化財センター調査報告書 第285集). , pp.138-143.  

箱崎真隆・木村勝彦・佐野雅規・李 貞・對馬あかね・小林謙一・設楽政健・木村淳一・中塚 武 2017年03月 中道遺跡・川原館遺跡出土木材の酸素同位体比年輪年代測定(第3節). 青森市教育委員会編 「川原館遺跡・中道遺跡・東早稲田遺跡 発掘調査報告書(第二分冊)」 . , pp.256-259.  

木村勝彦・尾本雄道・法井光輝・中塚 武 2017年03月 第4章 自然科学分析 第6節 中西遺跡第15 次調査区埋没林の年輪年代学的分析. 奈良県立橿原考古学研究所編 中西遺跡I-京奈和自動車道「御所区間」建設に伴う調査報告書(8)(奈良県立橿原考古学研究所調査報告 第123冊). , pp.405-414.  

中塚 武・佐野雅規・村上由美子・許 晨曦 2016年03月 八日市地方遺跡から発掘された木材の年輪セルロース酸素同位体比による年代決定.. 小松市埋蔵文化財センター編 八日市地方遺跡発掘調査報告書・第6部. , pp.255-262.  

中塚 武・許 晨曦・佐野雅規 2014年03月 年輪セルロース酸素同位体比を用いた出土木材の年代決定. 愛知県埋蔵文化財センター編 愛知県埋蔵文化財センター調査報告書 第186集 一色青海遺跡Ⅲ(第2分冊). , pp.128-137.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

Takeshi Nakatsuka 2016年06月 Multi-decadal climate variability as triggers of societal regime shifts in Japan. PAGES Magazine 24(1) :18-19.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

中塚 武・佐野雅規・李 貞・對馬あかね・重岡優希 樹木年輪セルロースの酸素・水素同位体比の統合による中部日本の短周期及び長周期の夏季降水量変動の復元. 日本地球化学会2017年度年会, 2017年09月13日-2017年09月15日, 東京工業大学(東京都目黒区).(本人発表).  

Takeshi Nakatsuka and members of Historical Climate Adaptation project Climatic periodicity and societal response : Integrating paleoclimate data with historical and archaeological evidences. 8th World Archaeological Congress, 2016,08,28-2016,09,02, Kyoto Japan.(本人発表).  

Takeshi Nakatsuka Oxygen Isotope Dendroarchaeology-Its Background, Principle and Perspectives-. 8th World Archaeology Congress, 2016,08,28-2016,09,02, Kyoto Japan.(本人発表).  

中塚 武・佐野雅規・李 貞 酸素同位体比年輪年代測定のための劣化した考古材からのセルロース抽出法の開発. 日本文化財科学会2016年度大会, 2016年06月01日-2016年06月05日, 奈良県奈良市.(本人発表).  

Takeshi Nakatsuka Societal Adaptation to Climate Change-Integrating Palaeoclimatological Data with Historical and Archaeological Evidences in Japan-An introduction of an inter-disciplinary research project on Japanese environmental history. The Third Conference of East Asian Environmental History, 2015,10,22-2015,10,25, Takamatsu.(本人発表).  

中塚 武、村上由美子、浦 蓉子、神野 恵、金田明大 平城京造営期遺構からの出土切株材の年輪酸素同位体比による伐採年代測定. 日本文化財科学会第32回大会, 2015年07月11日-2015年07月12日, 東京都小金井市.(本人発表).  

Takeshi Nakatsuka Recent activities for paleo-climatological reconstructions in PAGES Asia 2k and RIHN. 日本地理学会「気候と災害の歴史研究グループ」シンポジウム・歴史時代の気候と災害, 2014年09月20日-2014年09月21日, 富山県富山市.(本人発表).  

中塚 武・ 大石恭平・ 樋上 昇 酸素同位体比を用いた愛知県稲沢市下津宿遺跡における大量の井戸枠檜材の年代決定. 日本文化財科学会2014年総会, 2014年07月05日, 奈良県奈良市.(本人発表).  

T. Nakatsuka, M. Sano, C. Xu, K. Kimura, T. Mitsutani Establishment of several millennia lengths of Tree-Ring Cellulose Oxygen Isotope Chronologies all over Japan. 3rd Asia 2k workshop , 2014,05,26-2014,05,27, Beijing, China.(本人発表).  

Takeshi Nakatsuka and others 400 years interval of amplification in quasi bi-decadal climate variability - a case of summer precipitation in Japan. Japan Geoscience Union 2014 Annual Meeting, 2014,04,28-2014,05,02, Nishi-ku, Yokohama.(本人発表).  

Takeshi NAKATSUKA et al Periodic amplification of multi-decadal hydroclimate variability at intervals of 400 years in central Japan as a trigger of major political regime shifts during last two millennia. 9th International Conference on Dendrochronology, 2014,01,13-2014,01,17, Melbourne, Australia.(本人発表).  

中塚 武ほか 過去2千年間の本州産の全木材を対象にした年輪酸素同位体比のクロノロジーの確立. 日本文化財科学会第30回大会, 2013年07月06日-2013年07月07日, 青森県弘前市.(本人発表).  

中塚 武ほか 中部日本のヒノキ年輪酸素同位体比に記録された400年周期で起こる夏季モンスーンの不安定化. 日本地球惑星連合2013年大会, 2013年05月18日-2013年05月24日, 千葉県千葉市.(本人発表).  

【ポスター発表】

中塚 武・佐野雅規・許 晨曦 日本の歴史時代における気候変動研究の課題. 日本地球化学会2014年度年会, 2014年09月16日-2014年09月18日, 富山県富山市.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

中塚 武 木材年輪の酸素同位体比を用いた遺跡の暦年代決定と気候変動の復元. 平成29年度 エル・おおさか 歴史セミナー(前期)第6回, 2017年09月25日, エル・おおさか(大阪市).  

中塚 武 セルロース酸素同位体比がもたらす気候変動と年輪年代の新しい研究展開. 日本第四紀学会2017年度総会, 2017年08月26日-2017年08月28日, 福岡大学(福岡市).  

中塚 武 日本における酸素同位体比年輪年代学の進展と今後の展望. “Korea-Japan dendrochronology workshop toward a new phase of archeology”, 2017年08月20日, 韓国・慶尚南道・昌原市.  

中塚 武 木曽ヒノキの年輪分析から分かること-森林環境の変遷と日本の歴史-. 木曽森林管理署特別講演会, 2017年05月29日, 長野県上松町.  

中塚 武 高分解能古気候データがもたらす歴史研究の新たな可能性. 社会経済史学会・第86回全国大会パネル「近世日本社会の気候変動への対応」, 2017年05月27日-2017年05月28日, 慶応大学三田キャンパス(東京都港区).  

中塚 武 気候変動から見た日本の歴史ー弥生時代から現代までー. 京都SKYシニア大学講義, 2017年03月21日, 京都市中京区.  

中塚 武 年輪セルロース酸素同位体比による年代測定法(気候と年代が拓く、新しい歴史学・考古学研究の可能性). 古田史学の会 新春古代史講演会, 2017年01月22日, 大阪府大阪市.  

中塚 武 気候変動によって人間社会に何が起きるのか-歴史からの考察. 2016年度第2回SPEED研究会, 2016年05月19日, 東京都千代田区.  

Takeshi Nakatsuka Analyses of Societal Adaptation to Climate Changes in the Past: Integrating Paleoclimatology with History and Archaeology in Japan. International Meeting of AJG (Association of Japanese Geographers) Study Group “History of Climate and Natural Disaster”, 2016,03,22, Shinjuku-ku, Tokyo.  

中塚 武 酸素同位体比を用いた新しい年輪年代測定と気候復元について. 福岡市・埋蔵文化財課・技術者会議, 2016年02月19日, 福岡県福岡市.  

中塚 武 日本史における気候変動と歴史記録の対比~『日本書紀』の6世紀の記述を焦点として~. 日本書紀研究会・1月例会, 2016年01月28日, 京都府京都市.  

Takeshi Nakatsuka Climate variations in East Asia and Japan during the last two millennia. ILTS International Symposium on Low Temperature Science, 2015,11,30-2015,12,02, Sapporo.  

中塚 武 過去2000年間の気候変動の歴史から学べること. 名古屋大学宇宙地球環境研究所(設立記念・公開講演会), 2015年11月03日, 名古屋市千種区.  

Takeshi Nakatsuka Recent development of proxy-based annually-resolved paleoclimatological datasets during last two millennia in Asia and world. The Third Conference of East Asian Environmental History, 2015,10,22-2015,10,25, Takamatsu.  

中塚 武 酸素同位体比を用いた新しい年輪年代測定について. 泉大津市文化財セミナー「科学で復元する弥生の世界!-気候変動と年代測定」, 2015年08月01日, 大阪府泉大津市.  

中塚 武 酸素同位体比年輪年代法の地球科学的応用の可能性と課題. 地球惑星連合2015年大会, 2015年05月22日-2015年05月26日, 千葉市美浜区.  

中塚 武 樹木年輪による高分解能古気候復元の現状と新しい歴史学研究の可能性―古気候復元を巡る世界と日本の研究史を踏まえて―. 日本史研究会4月例会, 2015年04月25日, 京都市左京区.  

中塚 武 気候変動によって日本社会に何が起きたか?~年輪の語る日本史~. 京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)セミナー, 2015年04月24日, 京都市中京区.  

中塚 武 酸素同位体比年輪年代法がもたらす新しい考古学研究の可能性. 考古学研究会第61回総会研究集会, 2015年04月18日-2015年04月19日, 岡山県岡山市.  

中塚 武 ・ 村上由美子 ・ 許 晨曦 年輪が語る年代と環境-酸素同位体比の分析から-. 科学分析でここまでわかった八日市地方遺跡, 2014年11月23日, 石川県小松市.  

中塚 武 酸素同位体比年輪年代測定の方法と応用の現状. 古代学協会・研究会, 2014年11月09日, 京都市中京区.  

Takeshi NAKATSUKA Recent Development of Oxygen Isotopic (d18O) Dendroarchaeology in Japan. Seminar in Institute of Earth Environment, 2014,08,25, Xi'an, China.  

Takeshi NAKATSUKA Oxygen Isotope Dendrochronology - Its Background, Development and Applications. Lecture in Institute of Earth Environment , 2014,08,22, Xi'an, China.  

Takeshi Nakatsuka The PAGES 2k network and Asia 2k Phase 1. 3rd Asia 2k workshop, 2014,05,26-2014,05,27, Beijing, China.  

中塚 武 ほか多数 年輪酸素同位体比による過去2千年間の本州中部における夏季降水量の年々変動の復元-歴史水文学への展開-. 日本地球惑星連合2014年度大会, 2014年04月28日-2014年05月02日, 横浜市西区.  

中塚 武・許 晨曦・佐野雅規・木村勝彦 木材年輪セルロースの酸素同位体比を用いた新しい高精度年代測定法. 日本地球惑星連合2014年度大会, 2014年04月28日-2014年05月02日, 横浜市西区.  

中塚 武 一色青海遺跡出土木材の年代測定について. 愛知県埋蔵文化財センター・一色青海遺跡検討会, 2013年11月09日, 愛知県弥富市.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

PAGES Asia 2k 4th Workshop, 実行委員長 (全体総括). 2015年03月19日-2015年03月20日, 京都市北区.  

【組織運営】

地球環境史学会, 評議員 (学会の運営に関する全般的な事項). 2012年10月-2014年03月.  

日本地球化学会, 英文誌Geochemical Journal編集委員 (Geochemical Journalの編集). 2008年04月-2015年03月.  

外部資金の獲得

【科研費】

年輪酸素同位体比を用いた日本列島における先史暦年代体系の再構築と気候変動影響評価(研究代表者) 2017年06月01日-2022年03月31日. 基盤研究S (17H06118).  

年輪酸素同位体比を用いた日本列島における先史暦年代体系の再構築と気候変動影響評価(研究代表者) 2017年04月01日-2017年05月31日. 基盤研究A (17H00943).  

酸素同位体比を用いた新しい木材年輪年代法の高度化に関する研究(研究代表者) 2014年04月01日-2017年03月31日. 基盤研究A (26244049).  

東アジア産樹木年輪による過去千年間の大気中炭素14濃度の復原(研究分担者) 2013年04月01日-2016年03月31日. 基盤研究B (25282075).  

酸素同位体比を用いた新しい木材年輪年代法の開発とその考古学的応用(研究代表者) 2011年04月01日-2014年03月31日. 基盤研究A (23242047).  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

東京大学大気海洋研究所, 運営協議会委員 (東京大学大気海洋研究所の運営に関する全ての事項). 2012年04月-2014年03月.  

海洋研究開発機構, BioGeosアドバイザリーボード委員 (BioGeosに関する研究活動全般へのアドバイス). 2009年04月-2014年03月.  

【共同研究員、所外客員など】

国立歴史民俗博物館, 共同研究員 (「年代情報に基づく木材の利用・活用に関する横断的研究」の共同研究). 2013年04月-2018年03月.  

国立歴史民俗博物館, 共同研究員 (「災害の記録と記憶をめぐる資料論的研究」に関する共同研究). 2012年04月-2017年03月.  

【依頼講演】

気候と歴史の関係から何を学ぶべきか?~弥生時代の静岡平野の遺跡を焦点として~. 静岡県・富士山の日記念講演会(埋蔵文化財センター), 2016年02月20日, 静岡県静岡市.  

木の年輪を測って木材の伐採年代を1年単位で、ピタリと決めよう!-年輪年代法の講義と実習-. 第2回地球環境学の扉(京都府立北陵高校), 2015年11月20日, 京都市左京区.  

樹木年輪からみた歴史時代の近畿・中部地方の気候変動と社会応答. 琵琶湖博物館・新琵琶湖学セミナー, 2015年01月17日, 滋賀県草津市.  

気候変動によって人間社会に何が起こったか-弥生から近世まで-. 第6回地球研東京セミナー, 2015年01月16日, 東京都千代田区.  

平家は気候変動で滅んだ?~樹木年輪の語る日本史~. 四国経済連合会・理事懇談会・講演会, 2014年11月10日, 香川県高松市.  

酸素同位体比を用いた新しい年輪年代法と古代史. 全国邪馬台国連絡協議会・第1回全国大会・講演会, 2014年10月05日, 東京都千代田区.  

平家は驕っていたから滅んだのか?-樹木年輪からの解答 ー. 第58回地球研市民セミナー, 2014年07月18日, 京都市北区.  

新たな年代測定法の誕生-年輪セルロース酸素同位体比による年代測定ー. 大阪府立近つ飛鳥博物館・講演会, 2014年03月15日, 大阪府南河内郡河南町.  

新しい年輪年代測定法の誕生‐酸素同位体比を使ってあらゆる木材の年代を1年単位でピタリと決める‐. 鳥取環境大学・講演会, 2014年01月08日, 鳥取県鳥取市.  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

木曽ヒノキの年輪分析から分かること-森林環境の変遷と日本の歴史. 木曽ケーブルテレビ8月特集番組, 2017年08月.  

諸説あり! #8「卑弥呼の正体とは」. BS-TBS, 2017年06月10日.  

木曽ヒノキ 年輪分析で日本史解釈 上松で研究者の講演会. 市民タイムス, 2017年05月30日 朝刊, 27面.  

国難災害 ニッポン2000年の「宿命」 卑弥呼も平家も秀吉も…歴史を動かした災害. 朝日放送, 2017年05月04日.  

1.2万年前アジア寒かった. 日本経済新聞社, 2017年04月23日 朝刊, 30面.  

ソフィア京都新聞文化会議. 京都新聞社, 2017年01月13日 朝刊, 3面.  

BS ザ・プレミアム 英雄たちの選択 新春スペシャル “ニッポン”のあけぼの 古代人のこころと文明に迫る. NHK, 2017年01月03日.  

コラム風知草「忘れた頃にやってくる」. 毎日新聞, 2015年10月26日 朝刊(全国版), 2面.  

NHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER Ⅱ」日本に迫る脅威 第1集 極端化する気象~海と大気の大変動~. NHK総合テレビ, 2015年09月05日-2015年09月05日.  

紀元前107年ごろと特定 小松・八日市地方遺跡 鉄器跡ある樹木. 北國新聞, 2014年11月04日 朝刊, 19面.  

気候の大変動が歴史を動かす!? 年輪に残る酸素から過去2千年の雨量が明らかに. 2014年09月13日, 月刊ジュニアアエラ(朝日新聞出版) (2014年10月号) :36-37.  

異常気象 歴史を乱した? 木の年輪から関係探る 地球研. 朝日新聞, 2014年09月09日 夕刊, 5面.  

ヒノキの年輪から400年に一度の気候激変期を確認. 2014年09月, 自然と科学の情報誌「ミルシル」 5(7) :33.  

過去2000年 年間降水量の変化推定 400年ごとに変動期 地球研「治水・利水の参考に」. 京都新聞, 2014年06月10日 夕刊, 1面.  

近畿降水量 4百年周期で変動 地球研の中塚教授 過去2千年間を分析. 産経新聞, 2014年06月02日 朝刊(京都版), 24面.  

中部の雨量2000分刻む 元名大教授ら 毎年の値、年輪で分析. 中日新聞, 2014年05月30日 朝刊, 28面.  

卑弥呼と荒天の関係は? 気候変動と歴史考える 地球研. 読売新聞, 2014年05月29日 夕刊, 7面.  

2000年分 降水量変動を復元 総合地球環境学研究所 中塚教授. 毎日新聞, 2014年05月27日 朝刊(京都版), 24面.  

大雨・干ばつ「400年に1度」 ヒノキから過去2000年間分析. 朝日新聞, 2014年05月27日 夕刊, 9面.  

BSプレミアム 英雄たちの選択~女王・卑弥呼“辺境”のサバイバル外交~. NHK, 2014年04月10日.  

NHKニュースにおける難波宮の柱根年代の酸素同位体比による決定に関する紹介. NHK大阪放送局, 2014年02月25日-2014年02月25日.  

難波宮から発掘された柱根の酸素同位体比を用いた年代決定の成功. 読売新聞, 2014年02月25日 朝刊, 38面.  

難波宮から発掘された柱根の酸素同位体比を用いた年代決定の成功. 朝日新聞, 2014年02月25日 朝刊, 37面.  

教育

【大学院教育・研究員などの受け入れ】

(2017) 博士前期(修士)課程(1) . 名古屋大学大学院環境学研究科.  

(2016) 博士前期(修士)課程(1) . 名古屋大学大学院環境学研究科.  

(2013) 博士後期課程(3) . 名古屋大学大学院環境学研究科.  

(2013) 博士前期(修士)課程(1) . 名古屋大学大学院環境学研究科.  

【博士論文等の審査】

(2016) 1.  

(2015) 2.  

(2013) 2.  

【非常勤講師】

三重大学, 生物資源学研究科・共生環境学専攻, 地球システム学特論. 2016年03月-2016年03月.  

名古屋大学, 大学院環境学研究科, 体系理解科目(温暖化概論). 2015年10月-2016年03月.  

名古屋大学, 理学部, 気候科学. 2015年10月-2016年03月.  

広島大学, 総合科学部, 環境科学特論B「同位体古気候学」. 2013年04月-2013年09月.