スタッフ プロフィール

氏名山田 誠
氏名(かな)やまだ まこと
所属研究部
職名プロジェクト研究員
学位博士(理学)(京都大学 2005)
専攻・バックグラウンド水文学
陸水学
温泉科学
所属学会日本陸水学会
日本水文科学会
日本温泉科学会
日本地理学会
American Geophysical Union

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

高田将志、山田誠 2013年03月 春日山原始林とその周辺の地形・地質-森林の変化にかかわる要因は何か. 前迫ゆり編 世界遺産春日山原始林-照葉樹林とシカをめぐる生態と文化-. ナカニシヤ出版, pp.100-109.

KOBAYASHI Masao, YAMADA Makoto, YANG Heejun, HIJII Takaaki 2010 Study of the Groundwater Flow System in the Echi-gawa Alluvial Fan, Shiga Prefecture, Japan. Makoto Taniguchi ・ Ian P. Holman (ed.) Groundwater response to changing climate. Selected papers on hydrogeology, 16. CRC Pess.

論文

【原著】

山田誠 小路淳 寺本瞬 大沢信二 三島壮智 杉本亮 本田尚美 谷口真人 2016年03月 夏季の大分県日出町沿岸部におけるドローンを用いた海底湧水の探索. 日本水文科学会誌 46(1):29-38. DOI:10.4145/jahs.46.29 (査読付).

Makoto Yamada, Jun Shoji, Shinji Ohsawa, Taketoshi Mishima, Masaki Hata, Hisami Honda, Masahiko Fujii, Makoto Taniguchi 2016,02 Hot spring drainage impact on fish communities around temperate estuaries in southwestern Japan. Journal of Hydrology: Regional Studies. DOI:10.1016/j.ejrh.2015.12.060 (査読付). In Press

Tatsuya Utsunomiya, Masaki Hata, Ryo Sugimoto, Hisami Honda, Shiho Kobayashi, Yoji Miyata, Makoto Yamada, Osamu Tominaga, Jun Shoji, Makoto Taniguchi 2015,12 Higher species richness and abundance of fish and benthic invertebrates around submarine groundwater discharge in Obama Bay, Japan. Journal of Hydrology: Regional Studies. DOI:10.1016/j.ejrh.2015.11.012 (査読付). In Press

Masahiko Fujii, Soichiro Tanabe, Makoto Yamada Taketoshi Mishima, Takahiro Sawadate, Shinji Ohsawa 2015,11 Assessment of the potential for developing mini/micro hydropower: A case study in Beppu City, Japan. Journal of Hydrology: Regional Studies. DOI:10.1016/j.ejrh.2015.10.007 (査読付). In Press

熊木雅代,山田誠,浜崎健児,高村仁知,高田将志,和田恵次 2015年04月 和歌山県の河川における面源汚染の実態. E-journal GEO 10(1):1-17. DOI:10.4157/ejgeo.10.1 (査読付).

網田和宏、大沢信二、西村光史、山田誠、三島壮智、風早康平、森川徳敏、平島崇男 2014年02月 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉の起源-プレート脱水流体起源の可能性についての水文化学的検討-. 日本水文科学会誌 44(1):17-38. DOI:10.4145/jahs.44.17 (査読付).

青木美鈴、浜崎健児、山田誠 2013年05月 紀伊半島に生息するテナガエビ属(Macrorachium)3種のPCR-RFLP法を用いた同定手法の開発. DOI:10.3739/rikusui.74.85 (査読付).

Shinji Ohsawa, Takeshi Saito, Shin Yoshikawa, Hideo Mawatari, Makoto Yamada, Kazuhiro Amita, Nobuki Takamatsu, Yasuaki Sudo, Tsuneomi Kagiyama 2009,11 Color change of lake water at the active crater lake of Aso volcano, Yudamari, Japan: is it in response to change in water quality induced by volcanic activity?. Limnology 11:207-215. DOI:10.1007/s10201-009-0304-6 (査読付).

三島壮智, 大沢信二, 山田誠, 北岡豪一 2008年08月 少量の試料水を用いる環境水中の炭酸水素イオンの新たな定量分析法の開発. 日本水文科学会誌 38(4):157-168. DOI:10.4145/jahs.38.157 (査読付).

田中薫子、浜崎健児、山田誠、青木美鈴、遊佐陽一、和田恵次 2013年11月 紀伊半島3河川における十脚甲殻類の分布—平成23年台風12号による大洪水後の経時変化—. 地域自然史と保全 35(2):125-140. (査読付).

酒井拓哉、大沢信二、山田誠、三島壮智、大上和敏 2013年09月 温泉水・温泉付随ガスの地球化学データから見た大分県山香温泉の生成機構と温泉起源流体. 温泉科学 63(2):164-183. (査読付).

Kazutoshi Oue, Shinji Ohsawa, Makoto Yamada, Taketoshi Mishima and Takuya Sakai 2011,09 Geochemical Study of Water and Gas Samples from Funagoya Spa in Fukuoka Prefecture, Japan. Journal of Hot Spring Sciences(温泉科学) 61(2):116-122. (査読付).

下岡順直・三好雅也・馬渡秀夫・吉川慎・山本順司・渡辺克裕・齋藤武士・杉本健・山田誠・三好まどか・竹村恵二 2011年05月 七輪でマグマをつくる-身近なものを用いてマグマ形成過程を観察する-. 地学教育 64(3):53-69. (査読付).

Shinji OHSAWA, Takuya SAKAI, Makoto YAMADA, Taketoshi MISHIMA, Shin YOSHIKAWA, Tsuneomi KAGIYAMA 2011,03 Dissolved inorganic carbon rich in mantle component of hot spring waters from the Hitoyoshi basin in a non-volcanic region of Central Kyushu, Japan. Journal of Hot Spring Sciences(温泉科学) 60(4):410-417. (査読付).

酒井拓哉・大沢信二・山田誠・三島壮智・吉川慎・鍵山恒臣・大上和敏 2011年03月 九州中央部の非火山地域に湧出する温泉の炭酸成分の起源. 温泉科学 60(4):418-433. (査読付).

Makoto YAMADA, Shinji OHSAWA, Kohei KAZAHAYA, Masaya YASUHARA, Hiroshi TAKAHASHI, Kazuhiro AMITA, Hideo MAWATARI, Shin YOSHIKAWA 2011,01 Mixing of magmatic CO2 into volcano groundwater flow at Aso volcano assessed combining carbon and water stable isotopes. Journal of Geochemical Exploration 108:81-87. DOI:10.1016/j.gexplo.2010.10.007 (査読付).

Watanabe Y., Matsuoka H., Sakai S., Ueda J., Yamada M., Ohsawa S., Kiguchi M., Satomura T., Nakai S., Brahmantyo B., Maryunani K. A., Tagami T., TakemuraK., Yoden S. 2010,05 Comparison of Stable Isotope Time Series of Stalagmite and Meteorological Data from West Java, Indonesia. Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 293:90-97. DOI:10.1016/j.palaeo.2010.05.003 (査読付).

大沢信二, 網田和宏, 山田誠, 三島壮智, 風早康平 2010年03月 宮崎平野の大深度温泉井から流出する温泉水の地化学特性と成因‐温泉起源流体としての続成脱水流体‐. 温泉科学 59(4):295-319. (査読付).

Jianguo Du, Kazuhiro Amita, Shinji Ohsawa, Youlian Zhang, Chunli Kang, Makoto Yamada 2010,01 Experimental evidence on formation of imminent and short-term hydrochemical precursors for earthquakes. Applied Geochemistry 25:586-592. DOI:10.1016/j.apgeochem.2010.01.015 (査読付).

Lan Ao, Makoto Yamada, Masao Kobayashi, Osamu Mitamura 2009,10 Groundwater flow system estimated by stable isotopes of oxygen and hydrogen in an alluvial fan of the Echi River, Japan. Verh. Internat. Verein. Limnol. 30:1174-1178. (査読付).

Yamada M., S. Ohsawa, H. Matsuoka, Y. Watanabe, B. Brahmantyo, K. A. Maryunani, T. Tagami, K. Kitaoka, K. Takemura, S. Yoden 2008,04 Derivation of travel time of limestone cave drip water using tritium/helium 3 dating method. Geophysical Research Letters 35(L08405). DOI:10.1029/2008GL033237 (査読付).

山田誠, 平川丈志, 松田亮, 山口一裕, 北岡豪一, 日下部実 2006年11月 温泉水の水素と酸素の安定同位体比から推定される深部花崗岩中の水の由来. 日本水文科学会誌 36(4):205-218. (査読付).

網田和宏, 大沢信二, 杜建国, 山田誠 2005年06月 大分平野の深部に賦存される有馬型熱水の起源. 温泉科学 55(2):64-77. (査読付).

山田誠, 網田和宏, 大沢信二 2005年03月 同位体水文学的手法による九重火山南東麓に湧出する炭酸泉の形成機構の解明. 温泉科学 54(4):163-172. (査読付).

その他の出版物

【解説】

山田誠・大沢信二・北岡豪一 2013年12月 トリチウム-ヘリウム法による地下水の滞留時間の導出法とその応用. 号外地球 第四紀研究における年代測定法の新展開:最近10年間の進展-(Ⅱ)放射線損傷年代・放射年代- 62:203-206.

山田誠・大沢信二・風早康平・安原正也・高橋浩・網田和宏・馬渡秀夫・吉川慎 2008年12月 同位体水文学的手法による火山地下水流動系へのマグマ起源CO2の混入過程の研究-阿蘇火山を例にして-. 月刊地球 カルデラ生成噴火ー準備過程の理解に向けてー 60:114-120.

【報告書】

大沢信二・山田誠・三島壮智・酒井拓哉・大上和敏 2012年07月 希ガス同位体組成から見た山香町の温泉水の起源. 大分県温泉調査研究会報告 63. pp.1-9.

大沢信二・山田誠・三島壮智・酒井拓哉・大上和敏 2011年07月 山香町の温泉の生成機構. 大分県温泉調査研究会報告 62. pp.35-45.

酒井拓哉・川野田実夫・大沢信二・馬渡秀夫・山田誠・三島壮智 2011年07月 別府地域の河川水質への温泉排水の影響評価. 大分県温泉調査研究会報告 62. pp.47-58.

三島壮智・大沢信二・山田誠・北岡豪一 2010年07月 環境同位体をトレーサーとした別府温泉南部域を流動する温泉水の滞留時間の推定. 大分県温泉調査研究会報告 61. pp.41-49.

山田誠・三島壮智・大沢信二・酒井拓哉・齋藤光代 2010年07月 河川生態系に対する温泉排水の影響に関する研究-別府地域における河川水質と珪藻流出量の関係-. 大分県温泉調査研究会報告 61. pp.15-24.

大沢信二・山田誠・三島壮智・北岡豪一 2009年07月 天然同位体をトレーサーとした別府南部地域の温泉涵養域の推定-京大温泉実験井の同位体データの利活用-. 大分県温泉調査研究会報告 60. pp.7-18.

HAMADA Teiji, YAMADA Makoto, AO Lan, HORIUCHI Kimiko, YAN Heejun, KOBAYASHI Masao, NONOMURA Otoshige 2008,10 Groundwater Flow System in Alluvial Fan of Echi-gawa Traced by Groundwater Potential, Water Quality and Isotopic Compositions. Secretariat of RHF (ed.) Hydro-environments of Alluvial Fans in Japan. pp.211-222.

大沢信二・山崎一・高松信樹・山田誠・網田和宏・加藤尚之 2007年07月 温泉から河川への有用金属元素の流出-未利用温泉資源量に関する基礎調査と研究-. 大分県温泉調査研究会報告 58. pp.21-30.

網田和宏・山田誠・馬渡秀夫・大沢信二 2005年07月 温泉地における空気イオン測定(1). 大分県温泉調査研究会報告 56. pp.11-24.

大沢信二・網田和宏・山田誠・杜建国 2005年07月 大分県南部地域の温泉の同位体地球化学的調査-臼杵市の六ヶ迫鉱泉-. 大分県温泉調査研究会報告 56. pp.5-9.

山田誠・大沢信二 2004年07月 くじゅうタデ原地域指山湧水の水文化学的研究. 大分県温泉調査研究会報告 55. pp.5-10.

大沢信二・須藤靖明・馬渡秀夫・下田玄・宇津木充・網田和宏・吉川慎・山田誠・岩倉一敏・恩田裕二 2003年12月 阿蘇火山の火口湖「湯溜まり」の地球化学的性質. 九大地熱・火山研究報告12. pp.62-65.

山田誠・大沢信二・由佐悠紀 2003年12月 湧水の水素と酸素の安定同位体比からみた九重火山地域の地下水の涵養と流動. 九大・地熱火山研究報告 12. pp.66-74.

会合等での研究発表

【口頭発表】

山田誠 水利用とエネルギー利用のトレードオフ ~温泉水利用,河川生態系などの側面を中心に~. 平成28年度水産学会春季大会シンポジウム「地下水・湧水を介した陸―海のつながり:沿岸域における水産資源の持続的利用と地域社会」, 2016年03月26日, 東京都. (本人発表).

山田誠,大沢信二,三島壮智,小路淳,谷口真人 大分県日出町の海底湧水の起源. 日本地球惑星連合大会, 2015年05月24日-2015年05月28日, 千葉県. (本人発表).

山田誠・大沢信二・三島壮智・安部豊・谷口真人 大分県日出町の海底湧水の起源. 日本地球惑星連合大会, 2014年04月28日-2014年05月02日, 横浜市. (本人発表).

山田誠、大沢信二,三島壮智,酒井拓哉 温泉排水と河川を流下する珪藻量の関係. 第35回 陸水物理研究会, 2013年11月09日-2013年11月10日, 大分県別府市. (本人発表).

【ポスター発表】

水の安定同位体から見た福井県小浜市若狭地域における陸域と海域の地下水のつながり 水の安定同位体から見た福井県小浜市若狭地域における陸域と海域の地下水のつながり. 山田誠,杉本亮,小路淳,本田尚美,小林志保,富永修,谷口真人, 2015年05月24日-2015年05月28日, 千葉県. (本人発表).

Makoto Yamada, Jun Shoji, Taketoshi Mishima, Hisami Honda, Masahiko Fujii, Shinji Ohsawa and Makoto Taniguchi The impact of thermal energy and materials derived from the hot spring drainage on the fish community near the estuary. American Geophysical Union Fall Meeting, 2014.12.15-2014.12.19, San Francisco. (本人発表).

山田 誠・秦 正樹・宇都宮達也・三島壮智・小路 淳・大沢信二・谷口真人 温泉排水が河口周辺の魚類群集に与える影響. 日本温泉科学会, 2014年09月04日-2014年09月07日, 鳥取県東伯郡三朝町. (本人発表).

Makoto Yamada, Shinji Ohsawa, Taketoshi Mishima, Takuya Sakai Relationship Between Hot Spring Drainage and the Amount of Diatom Flowing in River. Asia Oceania Geosciences Society, Annual Meeting, 2014.07.28-2014.08.01, Sapporom, Hokkaido. (本人発表).

山田 誠,杉本 亮,大河内允基,本田 尚美,小林 志保,安部 豊,谷口真人 沿岸域海底下の地下水の水と溶存炭酸の安定同位体比. 日本地球惑星連合大会, 2014年04月28日-2014年05月02日, 横浜市. (本人発表).

Makoto Yamada, Shinji Ohsawa, Taketoshi Mishima and Takuya Sakai Relationship between hot spring drainage and the amount of diatom flowing in river. 2014 Ocean Sciences Meeting, 2014.02.23-2014.02.28, Honolulu, Hawaii. (本人発表).

Makoto Yamada, Kenji Hamasaki, Masayo Kumaki, Hitoshi Takamura,Masashi Takada, Keiji Wada Spatial Variation of Water Quality and its Relationship with Land Use in the Kii Peninsula. International Symposium on Connectivity of Hills, Humans and Oceans, 2013.11.26-2013.11.28, Kyoto. (本人発表).

Makoto Yamada, Kenji Hamasaki, Masayo Kumaki, Hitoshi Takamura,Masashi Takada, Keiji Wada Spatial variation of water and materials cycle in the Kii Peninsula, Japan. International Geographical Union (IGU) Kyoto Regional Conference 2013, 2013.08.04-2013.08.09, Kyoto. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

山田誠 紀伊半島における河川水質の地理的分布特性. 第17回紀伊半島研究会シンポジウム, 2013年12月14日, 奈良県奈良市.