スタッフ プロフィール

氏名渡辺 一生
氏名(かな)わたなべ かずお
所属研究部
職名プロジェクト上級研究員
生年1978年
学歴四日市大学環境情報学部環境情報学科卒業(2001)
信州大学大学院修士課程農学研究科森林科学専攻修了(2004)
岐阜大学大学院博士課程連合農学研究科生物環境科学専攻修了(2008)
職歴京都大学東南アジア研究所研究員(科学研究)(2008)
京都大学生存基盤科学研究ユニット研究員(科学研究)(2009)
京都大学東南アジア研究所研究員(機関研究)(2009)
京都大学東南アジア研究所研究員(グローバルCOE)(2010)
京都大学東南アジア研究所特定研究員(グローバルCOE)(2011)
アメリカ連邦政府イースト・ウエストセンター 外国人研究員(2012)
京都大学東南アジア研究所研究員(機関研究)(2012)
総合地球環境学研究所プロジェクト研究員(2013)
甲南大学非常勤研究員(担当:情報地理学)(2013)
学位農学博士(岐阜大学 2008)
森林科学修士(信州大学 2004)
専攻・バックグラウンド農学
地理情報学
地域研究
所属学会農業農村工学会
システム農学会
熱帯農学会
東南アジア学会

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

渡辺一生 2015年06月 タイの社会と稲作-地域に根ざした生き方と知恵. 佐島隆, 佐藤史郎, 岩崎真哉, 村田隆志編 国際学入門 言語・文化・地域から考える. 法律文化社, 京都, pp.82-89.

渡辺一生, 増田和也, 川井秀一 2012年12月 第9章 泥炭湿地林の減少とアブラヤシおよびアカシア林の展開過程. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.255-269.

鈴木遥, 鮫島弘光, 藤田素子, 渡辺一生, 増田和也, 水野広祐 2012年12月 第8章 インドネシア・リアウ州にける調査地域の概要. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.221-254.

藤田素子, 渡辺一生, 水野広祐, 増田和也, 川井秀一, 鮫島弘光, 杉原薫, 小林茂男, 甲山治, 鈴木遥 2012年12月 終章 熱帯バイオマス社会の再生に向けて. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.395-408.

水野広祐, 藤田素子, 渡辺一生, 川井秀一 2012年12月 序章 熱帯バイオマス社会と本書の目的. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.1-10.

渡辺一生, 川井秀一, 水野広祐, 増田和也 2012年12月 第13章 企業と小農のバイオマス生産. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.353-370.

川井秀一, 渡辺一生 2012年12月 第3章 東南アジアにおける熱帯造林地のバイオマス評価. 川井秀一, 水野広祐, 藤田素子編 熱帯バイオマス社会の再生-インドネシアの泥炭湿地から-. 講座 生存基盤論, 第4巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.75-97.

河野泰之, 佐藤孝宏, 渡辺一生 2012年03月 第10章 熱帯生存圏における農業発展のメカニズム. 柳澤雅之, 河野泰之, 甲山治, 神崎護編 地球圏・生命圏の潜在力-熱帯地域社会の生存基盤-. 講座 生存基盤論, 第2巻. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.257-282.

河野泰之, 宮川修一, 渡辺一生 2009年10月 第8章 一つの村の水稲収量図から社会の変化を読み取る―東南アジアの農業発展―. 水島司, 柴山守編 地域研究のためのGIS入門. 古今書院, 東京都千代田区, pp.81-91.

論文

【原著】

Keisuke HOSHIKAWA, Takanori NAGANO, Akihiko KOTERA, Kazuo WATANABE, Yoichi FUJIHARA and Osamu KOZAN 2014,03 Classification of crop fields in northeast Thailand based on hydrological characteristics detected by L-band SAR backscatter data. Remote Sensing Letters 5(4):323-331. DOI:10.1080/2150704X.2014.902547 (査読付).

Takashi Tanaka, Takahiro Sato, Kazuo Watanabe, Ying Wang, Dan Yang, Hiromo Inoue, Kunzhi Li and Tatsuya Inamura 2013,01 The Irrigation System and Land Use Effect on Surface Water Quality in River, at lake Dianchi, Yunnan, China. Journal of Environmental Science 25(6):1107-1116. (査読付).  http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S100107421260206X

渡辺一生, 星川和俊, 宮川修一 2008年01月 タイ国東北部・ドンデーン村における天水田の区画改変とその水稲生産への影響. 農業農村工学会論文集 76(1):45-52. (査読付).

渡辺一生, 星川和俊, 宮川修一 2007年07月 タイ国東北部・ドンデーン村の過去70年間における天水田域拡大過程. 農業農村工学会論文集 75(5):31-37. (査読付).

Miyagawa S., Tsuji T., Watanabe K. and Hoshikawa K. 2006,12 Long-term and spatial evaluation of rice crop performance of rain-fed paddy fields in a village of Northeast Thailand. TROPICS 15(1):39-49. (査読付).

Watanabe K. and Hoshikawa K. 2005,02 Development of Rain-Fed Paddy Fields in Don Daeng Village, Northeast Thailand, During the Last 70 Years. J.Agric.Meteorol 60(5):973-976. (査読付).

会合等での研究発表

【口頭発表】

Kazuo WATANABE, Yuya OGAWA and Mamoru KANZAKI Remote Sensing Analysis for Mangrove Damage Assessment by Super Typhoon Yolanda in Batan Bay, Panay Island. International Scientific Conference on Fisheries and Aquatic Sciences: Towards Disaster and Climate Resilience, 2014.10.22-2014.10.23, Diversion 21 Hotel Iloilo City, Philippines. (本人発表).

Kazuo WATANABE Changes in Rice Production system in Don Daeng Village, Northeast Thailand. KKU-CSEAS Conference on Rural Northeast Thailand in Transition: Land Use, Farming Systems and Households, 2014.09.16, Khon Kaen University. (本人発表).

渡辺一生 エリアケイパビリティー・インデックスー東南アジア沿岸域の潜在力をはかるー. 国際開発学会第15回春季大会, 2014年06月21日, 同志社大学 新町キャンパス. (本人発表).

Kazuo WATANABE, Yasuyuki KONO and Osamu KOZAN Spatial Data Collection and Land Use Analysis in Comal Watershed. Comal in the Decentralization Era: Socio-economic Transformation of a North Coast District of Java in a Historical Context since the 19th Century, 2014.03.10-2014.03.11, The First Meeting Room (Ruang Sidang 1), Faculty of Cultural Science, Gadjah Mada University, Yogyakarta, Indonesia. (本人発表).

Kazuo WATANABE Transition of Rain-fed Rice Growing System in Don Daeng Village, Northeast Thailand. Seminar on “Northeast Thailand in Transition: Landscape, Livelihood and Life”, 2014.02.11, Khon Kaen University, Thailand. (本人発表).

Kazuo WATANABE Area Capability Information Sharing System "ACSh". ACI Project Seminar in Thailand, 2013.11.11-2013.11.13, Kasetsart University, Thailand. (本人発表).

Kazuo WATANABE and Sattoshi ISHIKAWA Area Capability Index (ACI). ACI Project Seminar in Thailand, 2013.11.11-2013.11.13, Kasetsart University, Thailand. (本人発表).

Watanabe K., Kawai S., Mizuno K. and Masuda K. Characteristics of the Biomass Production by Peasant and Company in the Peat Swamp Area in Riau Province, Indonesia. Socio Political and Economic Reform in Southeast Asia: Assessments and the Way Forward, 2013.05.09-2013.05.12, 2nd Floor PDII Building, LIPI Campus, Jakarta, Indonesia. (本人発表).

Watanabe, K. The Development Path of a Rain-fed Paddy Village in Northeast Thailand: From Bench Mark Researches of 40 Years. Perspectives on Sustainability, 2012.10.12, Lipsius Building, Leiden University, Netherlands. (本人発表).

渡辺一生, 増田和也 スマトラ島・リアウ泥炭湿地林におけるオイルパームおよびアカシアプランテーションの拡大過程. 東南アジア学会, 2012年06月02日-2012年06月03日, 京都文教大学. (本人発表).

Watanabe, K. The Development Path of a Rain-fed Paddy Village Based on Subsistence Rice Production: A case study in Northeast Thailand. Research Program Seminar, 2012.05.30, John A. Burns Hall, East-West Center, Hawaii, USA.. (本人発表).

Watanabe, K. Spontaneous Agricultural Development Based on Subsistence Rice Production -A Case Study in Northeast Thailand-. Research Program Seminar, 2012.04.24, Center for Agriculture in the Tropics and Suntropics, Hohenheim University, Germany. (本人発表).

Watanabe K., Kozan O and Kawai S. Appropriately SAR Image Producing and Processing for the Hilly Area. Sustainable Use of Tropical Rainforest with the Intensive Forest Management and Advanced Utilization of Forest Resources, 2012.02.27-2012.02.28, 2nd Floor PDII Building, LIPI Campus. (本人発表).

Watanabe K. and Kawai S. Land Use and Biomass on Peat Swamp Area in The Giam Siak Kecil-Bukit Batu Biosphere Reserve. The 2nd International Workshop On South-South Corporation For Sustainable Development in The Three Major Tropical Humid BRAZIL-INDONESIA-REPUBLIC DEMOCRATIC OF CONGO, 2011.10.04-2011.10.08, Hotel Labersa, Pekanbaru, Riau Indonesia. (本人発表).

Watanabe K. and Kawai S. Land Use and Biomass Monitoring to Achieve Sustainability of Peat Swamp Area. JSPS Global COE Program, The Fifth International Conference In Search of Sustainable Humanosphere in Asia and Africa, Proceedings of the Final International Conference, 2011.07.19, Center for Southeast Asia Study, Kyoto University. (本人発表).

渡辺一生, 河野泰之, 舟橋和雄, 宮川修一, 林行夫, 足達慶尚 分野融合型集落定点調査情報の時空間データベースの構築と共有に関する研究(2010年度報告). 京都大学地域研究統合情報センター共同利用成果報告会, 2011年04月22日, 京都大学地域研究統合情報センター. (本人発表).

川井秀一, 大村喜治, 甲山治, 渡辺一生 琵琶湖集水域における森林バイオマスの動態評価と持続的利用モデルの構築. 京都大学生存基盤科学ユニット 研究成果報告会, 2011年02月03日, 京都大学生存圏研究所. (本人発表).

渡辺一生 リアウ・バイオスフィアリザーブにおける炭素循環モニタリング構築に向けた現地調査報告. 第34回G-COEパラダイム研究会, 2011年01月24日, 京都大学東南アジア研究所. (本人発表).

渡辺一生 東北タイ・ドンデーン村における半世紀にわたる現地調査とその時空間データベースの構築. 分野融合型集落定点調査情報の時空間データベースの構築と共有に関する研究会, 2011年01月15日, 京都大学地域研究都合情報センター. (本人発表).

【ポスター発表】

Mizuno K., Watanabe K., Masuda K., Fujita M., Samejima S., Gunawan H., and Muhammad A. Reconstruction of Forest-based Society by Conservation and Rehabilitation of Peat Land with the Introduction of People’s Forest in Riau, Indonesia. 12th Science Council of Asia (SCA) conference and International Symposium, 2012.07.11, Bogor, Indonesia. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Kazuo WATANABE Consideration about "Sufficiency Economy" from Thai Agricultural Village. Sustainable Development: Sharing Wisdom between Thailand and Japan, 2014.11.14, Doshisya University.

渡辺一生 ENVI/SARscapeによる荒廃した泥炭湿地の分布状況の把握ーインドネシア・スマトラ島の事例ー. EXELISVISユーザーカンファレンス, 2012年09月11日, 秋葉原UDXカンファレンスルーム.

渡辺一生, 川井秀一, 甲山治 劣化した泥炭地のバイオマスモニタリング. 第154回 東南アジアの自然と農業研究会, 2012年02月03日, 京都大学東南アジア研究所.

調査研究活動

【海外調査】

フィールドワーク. Pontinak, Indonesia, 2013年02月23日-2013年03月07日.

フィールドワーク. Khon Kaen, Thailand, 2013年02月07日-2013年02月22日.

フォーラム参加. 11月10日工科大学, スラバヤ, 2013年02月03日-2013年02月06日.

ディスカッション,資料収集. Institute of International Asian Studies, Leiden University, 2012年10月05日-2012年10月14日.

研究打ち合わせ. Ministry of Research and Technology Republic of Indonesia, Jakarta, 2012年09月15日-2012年10月02日.

フィールドワーク. Khon Kaen, Thailand, 2012年08月20日-2012年09月06日.

研究発表. Bogor Agriculture University, 2012年07月10日-2012年07月15日.

講義. 中国科学院,北京, 2012年06月24日-2012年06月30日.

研究発表,資料収集. Hohenheim University, Germany, 2012年04月09日-9201年04月28日.

研究発表,資料収集. East-West Center, USA., 2012年03月01日-2012年04月08日.

研究発表. Indonesian Institute of Sciences, Jakarta, 2012年02月26日-2012年02月29日.

研究発表,資料収集. Queensland University, Brisbane, 2012年02月04日-2012年02月25日.

資料収集. Jakarta, 2012年01月29日-2012年02月02日.

外部資金の獲得

【科研費】

長期データとフィールド調査によるインドネシア地域持続型生存基盤の研究(研究分担者) 2011年04月01日-2014年03月31日. 科学研究費補助金基盤研究(B) (23401013).

「熱帯の産米林農村に在来する生物の機能を活用した農業生産と資源利用との調和」(研究分担者) 2011年04月01日-2014年03月31日. 科学研究費補助金基盤研究(B) (23401013).

「「関係価値」概念の導入による生態系サービスの再編」 2010年04月01日-2014年03月31日. 科学研究費補助金基盤研究(A) (22241012).

「タイ高度経済成長期の天水田集落における自給的稲作継続メカニズムの解明」(研究代表者) 2010年04月01日-2013年03月31日. 研究費補助科学金若手研究(B) (22710248005).

「東南アジア農山漁村の生業転換と持続型生存基盤の再構築」 2010年04月01日-2014年03月31日. 科学研究費補助金基盤研究(A) (22241058).

「中国西部内陸部の集約的農業における環境負荷の現状評価とその改善に関する研究」 2009年04月01日-2014年03月31日. 科学研究費補助金基盤研究(A) (21255007).

【受託研究】

「熱帯多雨林における集約的森林管理と森林資源の高度利用による持続的利用パラダイムの創出」 2010年04月01日-2013年03月31日. 科学技術戦略推進費, 国際共同研究の推進.

【その他の競争的資金】

熱帯泥炭湿地を起源とする河川水の溶存物質の流下過程に伴う量的質的変化の解明 2012年04月01日-2013年03月31日. 生存基盤科学研究ユニット 萌芽研究.