スタッフ プロフィール

氏名安成 哲三
氏名(かな)やすなり てつぞう
所属総合地球環境学研究所
職名所長
生年1947
学歴京都大学理学部卒業(1971)
京都大学大学院理学研究科修士課程修了(1974)
京都大学大学院理学研究科博士課程修了(1977)
職歴京都大学東南アジア研究センター助手 (1977)
筑波大学地球科学系講師(1982)
筑波大学地球科学系助教授(1990)
筑波大学地球科学系教授(1992)
地球フロンティア研究システム水循環予測研究領域長兼任(1997)
地球観測フロンティア研究システム水循環観測研究領域長兼任(1999)
筑波大学地球科学系教授併任(2002)
名古屋大学水循環研究センター教授(2002)
東京大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻教授併任(2003)
筑波大学名誉教授(2003)
名古屋大学21世紀COE「太陽・地球・生命圏相互作用系の変動学」拠点リーダー兼任(2003)
名古屋大学高等研究院教授(併任)(2003)
東京大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻教授(客員)(2004)
海洋開発研究機構地球環境フロンティア研究センター水循環変動予測研究プログラム プログラムディレクター兼任(2005)
日本学術会議連携会員(特任)(2005)
日本学術会議連携会員(2006)
名古屋大学地球生命研研究機構長(兼任)(2008)
日本学術会議会員(2008)
名古屋大学グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」拠点リーダー(2009)
名古屋大学地球水循環研究センター特任教授(2012)
総合地球環境学研究所 所長(2013)
学位理学博士(京都大学 1981)
専攻・バックグラウンド気候学
気象学
地球環境学
所属学会American Geophysical Union
American Meteorological Society
水文・水資源学会
日本気象学会
日本雪氷学会
日本地理学会
受賞歴日本学術振興会秩父宮記念学術賞 共同受賞(1980)
日本気象学会山本賞(1981)
日本気象学会賞(1986)
第1回日経地球環境技術賞(1991)
三菱財団自然科学研究助成金(1994)
日本気象学会藤原賞(2002)
水文・水資源学会国際賞(2006)
モンゴル国自然環境功労研究者賞(2008)
水文・水資源学会功績賞(2014)
日本地球惑星科学連合フェロー(2015)
環境科学会論文賞(2015)
水文・水資源学会名誉会員(2018)
ホームページhttp://www.chikyu.ac.jp/yasunari/yasunari.bak/

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

安成 哲三 2018年05月 地球気候学 ―システムとしての気候の変動・変化・進化―. 東京大学出版会, 232pp.

西村祐二郎、奥村晃史、安成哲三、伊藤英樹、宍戸俊夫、吉村壽哉、杉山直、遠藤正智、鈴木文二 2017年02月 高等学校 改訂地学基礎. 第一学習社, 192pp.

西村祐二郎、奥村晃史、安成哲三、伊藤英樹、鈴木文冶二、杉山直、遠藤正智、吉村壽哉 2012年 高等学校 地学基礎. 第一学習社

渡邊誠一郎,檜山哲哉,安成哲三 2008年 新しい地球学-太陽‐地球-生命圏相互作用系の変動学. 名古屋大学出版会

Sperber, K.R., Tetsuzo Yasunari  , [pdf] 2006年 The 1st Pan-WCRP Workshop on Monsoon Climate System: Toward Better Prediction of the Monsoons . ICPO Publication Series, No.103. IGPO Publication Series, No.38.

新田 尚, 伊藤朋之, 木村龍治, 住 明正, 安成哲三 2002年 キーワード 気象の事典. 朝倉書店, 520pp.

安成哲三, 米本昌平 1999年 地球環境とアジア. 岩波講座「地球環境学」, 第2巻. 岩波書店, 302pp.

和田英太郎, 安成哲三 1999年 水・物質循環系の変化. 岩波講座「地球環境学」, 第4巻. 岩波書店, 348pp.

安成哲三, 岩坂泰信 1999年 大気環境の変化. 岩波講座「地球環境学」, 第3巻. 岩波書店, 326pp.

安成哲三, 柏谷健二 1992年 地球環境変動とミランコヴィッチ・サイクル. 古今書院, 174pp.

安成哲三,藤井理行 1983年 ヒマラヤの気候と氷河 ー大気圏と雪氷圏の相互作用ー. 東京堂出版, 254pp.

【分担執筆】

Tetsuzo Yasunari, Hein Mallee, and Reiichiro Ishii 2018,10 Asia's Sustainability Challenges and Future Earth. Global Change and Future Earth -The Geoscience Perspective-. Cambridge University Press, pp.388-397 .

安成 哲三 2018年06月 Future Earth:未来可能な地球社会をめざして. 鈴木康弘・山岡耕春・寶馨 編 おだやかで恵み豊かな地球のために 地球人間圏科学入門. 古今書院, pp.184-198 .

安成 哲三 2014年10月 3.1 近代科学の限界 ― 環境問題はなぜ解決しないか. 渡邉 誠一郎・中塚 武・王 智弘 編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, pp.63-74 .

佐藤 永、安成 哲三 2014年10月 2.2 産業革命以降のローカルな環境問題. 渡邉 誠一郎・中塚 武・王 智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会, pp.32-38.

安成 哲三、佐藤 永 2014年10月 2.3 20世紀中盤以降のグローバルな環境問題. 渡邉 誠一郎・中塚 武・王 智弘編 臨床環境学. 名古屋大学出版会. , pp.39-53 .

安成哲三 2014年09月 地球システムの変容. 飯吉厚夫・稲崎一郎・福井弘道(中部大学)編 持続可能な社会をめざして~「未来」をつくるESD. 平凡社, pp.34-41.

安成哲三 2013年10月 気候変化と地球温暖化. 人文地理学会編 人文地理学事典. 丸善出版株式会社, pp.576-579.

安成哲三 2011年 第2章 水循環システ ムとしてのアジアモンスーンとその変動. 清水裕之・檜山哲哉・河村則行編 水の環境学-人との関わりから考える. 名古屋大学出版会. 328pp

安成哲三 2011年 第10章:地球の気候とその変動のしくみ、第11章:地球気候におけるアジアモンスーン、第12章:近年の「地球温暖化」と異常気象. 現代地球科学. 財団法人放送大学教育振興会, pp.168-228.

安成哲三 2010年 京都大学の「気候学研究」は何をやってきたか?-気候学40年史の批判的総括. 京大地球物理学研究の百年. 財団法人国際高等研究所フェロー研究会, pp.109-112.

安成哲三 2010年 過去の気候変化から学ぶ「地球温暖化」の意味 変化する地球環境に対峙する新たな知の創出. 総合地球環境学研究所編 地球環境学辞典. 弘文堂, pp.22-23.

安成哲三 2008年 「地球温暖化」と環日本海の気候・環境変化. 日本海学推進機構編 日本海・過去から未来へ. 日本海学の新世紀, 8 総集編. , pp.308-318.

YASUNARI.T. et al, 2008 Recent Trends in summer Precipitation in China and Mongolia. Monsoon Asia Integrated Regional Study on Global Change. Change in the Human-Monsoon System of East Asia in the Context of Global Change, 1. World Science Publishing.

YASUNARI Tetsuzo, et al. 2008 Recent Trends in summer Precipitation in China and Mongolia. Changes in the Human-Monsoon System of East Asia in the Context of Global Change. Monsoon Asia Integrated Regional Study on Global Change, Vol.1. World Science Publishing, pp.91-104.

安成哲三 2007年 地球的氣候取決於西蔵的騎喜馬拉雅山(第三節). 梅棹忠夫、山本紀夫編 「山的世界」. 臺灣商務印書館. 「山の世界」(岩波書店)の中国語版・賴惠鈴訳

安成 哲三 2007年 古典から読む「地球学」の精神. 岩波書店編集部編 ブックガイド文庫で読む科学. 岩波科学ライブラリー132. , pp.81-92.

安成哲三 2006年03月 チリ・パタゴニア探検への道. 京大探 検者の会編 京大探検部【1956-2006】. 新樹社 , pp.361-395.

Yasunari Tetsuzo 2006 Land-atmosphere interaction. B. Wang (ed.) The Asian Monsoon. , pp.459-478.

Yasunari, T 2006 Water and Carbon Cycle in Terrestrial Ecosystems -The Textbook for Fifteenth IHP Training Course in 2005. Tetsuya Hiyama (ed.) Role of Vegetation in the Earth Climate System. Hydrospheric Atmospheric Center (HyARC), Nagoya university and United Nation Educational Scientific and Cultural Organization (UNESCO), pp.165-187.

Yasunari Tetsuzo 2006 Water and Carbon Cycle in Terrestrial Ecosystems . Tetsuya Hiyama (ed.) Role of Vegetation in the Earth Climate System. The Textbook for Fifteenth IHP Training Course in 2005, Chapter 8. Hydrospheric Atmospheric Center (HyARC), Nagoya university and United Nation Educational Scientific and Cultural Organization (UNESCO), pp.165-187.

安成 哲三 2005年 10-4 大気大循環 モンスーン. 気象ハンドブック 第3版. 朝倉書店, pp.121-131.

安成 哲三 2004年 チベット・ヒマラヤが決める地球の気候. 梅棹忠夫, 山本紀夫編 「山の世界」. 岩波書店, pp.106-114.

Yasunari Tetsuzo 2004 Role of Human-induced Large-scale Land-use/cover Change on the Water Cycle and Climate in Monsoon Asia. IGBP Series, "Vegetation, Water, Humans and the Climate", Chapter. A.8 The Asian Monsoon Climate. Springer, pp.115-120.

安成 哲三 2003年 第3章大気陸面相後作用とモンスーン「チベット高原での大気陸面相互作用とアジアモンスーン」. 川 村 隆一編 モンスーン研究の最前線. 気象研究ノート. , pp.99-114.

Yasunari Tetsuzo 2001年 The Role of Large-Scale Vegetation and Land Use in the Water Cycle and Climate in Monsoon Asia. W. Steffen, J. Jaeger, D.J. Carson, C. Bradshaw編 "Challenges of a Changing Earth". IGBP Series, Chapter. 24. Springer, pp.129-132. (Proceedings of the Global Change Open Science Conference, Amsterdam, The Netherlands, 10-13 July 2001)

住明正, 安成哲三, 山形俊男, 増田耕一, 阿部彩子, 増田富士雄, 余田成男 1996年 . 気候変動論. 岩波講座 地球惑星科学, 11. , pp.33-68.

Yasunari Tetsuzo 1992 Role of Monsoon on Global Climate. . J.S. Theon, T. Matsuno, T. Sakata, N. Fugono (ed.) TetsuzoTHE GLOBAL ROLE OF TROPICAL RAINFALL. , pp.129-143.

Yasunari Tetsuzo, Y. Morinaga, H. Igarashi, K. Masuda 1991 Snow Mass Climatology over the Eurasian Continent Derived from NIMBUS-7 SMMR Data. Distribution of snow mass by satellite remote sensing.. S. Murai (ed.) "Applications of remote sensing in Asia and Oceania". Asian Association on Remote Sensing, pp.352-355.

安成 哲三 1990年 熱帯とモンスーン. 高谷 好一編 「東南アジアの自然」. 講座東南アジア学, 第二章. 弘文堂, pp.51-74.

Yasunari Tetsuzo, et al. 1990 Observed Climate Variations and Change. C.K. Folland, T.R. Karl, K.YA. Vinnikov (ed.) Climate Change, The IPCC Scientific Assessment. Cambridge University Press, pp.195-238.

Yasunari Tetsuzo 1990 Changes in Atmospheric Circulation Patterns associated with the Recent Warming in the Northern Hemisphere.. "Observed Climate Variations Changes : Contribution in support of section 7 of 1990 IPCC scientific assessment." . , pp.1-7.

Masatoshi M. Yoshino, Tetsuzo Yasunari 1988 Climatic Anomalies of El Nino andAnti-El Nino Years and Their Socioeconomic Impacts in Japan.. M.Glantz, R.Katz , M.Krenz (ed.) Climate Crisis. , pp.50-54.

Yasunari Tetsuzo, R. Suppiah 1988 Some problems on the interannual variability of Indonesian monsoon rainfall.. J.S.Theon & N.Fugono (ed.) "Tropical Rainfall Measurements". Deepak Publ, pp.113-121.

安成 哲三 1986年 気候変動の時空間スケールに関する一考察. 河村 武編 「気候変動の周期性と地域性」. 古今書院, pp.27-40.

【翻訳・共訳】

粕谷健二, 山本淳之, 大村 誠, 福山 薫, 安成哲三 1992年 気候変動の天文学理論と氷河時代. 古今書院, 526pp. 原著: ミランコヴィ ッチ著 . ,

著書(編集等)

【編集・共編】

Yoshitsugu Hayashi, Tetsuzo Yasunari, Hiroshi Kanzawa, Hirokazu Kato, Eds (ed.) 2016,07 Climate Change, Energy Use, and Sustainability: Diagnosis and Prescription after the Great East Japan Earthquake. Nagoya University. Springer , 115pp.

Michael Manton, Tetsuzo Yasunari, Ailikun, Hein Mallee, Rodel Lasco, Ramachandran Ramesh (ed.) 2015,05 Initial Strategic Research Plan for Future Earth in Asia. China Meteorological Press, 116pp.

日本気象学会 地球環境問題委員会編 2014年12月 地球温暖化 -そのメカニズムと不確実性- . 朝倉書店, 168pp.

吉﨑 正憲、野田 彰、秋元 肇、阿部 彩子、大畑 哲夫、金谷 有剛、才野 敏郎、佐久間 弘文、鈴木 力英、時岡 達志、深澤 理郎、村田 昌彦、安成 哲三、渡邉 修一編 2013年10月 図説 地球環境の事典. 朝倉書店, 378pp.

林 良嗣、安成 哲三、神沢 博、加藤 博和編 2013年04月 東日本大震災後の持続可能な社会-世界の識者が語る診断から治療まで-. 名古屋大学環境学叢書, 3. 明石書店, 139pp.

Chang, C.-P., Y. Ding, N.-C. Lau, R. H. Johnson, B. Wang, Tetsuzo Yasunari (ed.) 2011 The Global Monsoon System. Research and Forecast (2nd Edition)World Scientific Series on Asia-Pacific Weather and Climate, Vol. 5. World Scientific Publication Company, 608pp.

Chang, C.-P., Y. Ding, N.-C. Lau, R. H. Johnson, B. Wang, and T. Yasunari (ed.) 2011 The Global Monsoon System, Research and Forecast (2nd Edition). World Scientific Series on Asia-Pacific Weather and Climate, 5. World Scientific Publication Company, 608pp.

安成哲三編 1997年 気象研究ノート. , 290pp. 1993年/94年夏の異常気象の解明(189)

安成哲三編 1993年 気象研究ノート. , 248pp. 大気・雪氷相互作用(177)

論文

【原著】

安成哲三 2018年11月 Future Earth―その科学的意義と日本の役割. 地域研究 JCAS Review Vol.18(No.1):5-20.

Kanamori, H., T. Kumagai, H. Fujinami, T. Hiyama and T. Yasunari 2018,09 Effects of long- and short-term atmospheric water cycles on the water balance over the Maritime Continent. Journal of Hydrometeorology Vol.19:1413-1427. (査読付).

Kanamori, H., T. Kumagai, H. Fujinami, T. Hiyama and T. Yasunari 2018,09 Effects of long- and short-term atmospheric water cycles on the water balance over the Maritime Continent. JOURNAL OF HYDROMETEOROLOGY VOLUME 19:1413-1427. (査読付).

Naoyuki Kurita, Mayumi Horikawa, Hironari Kanamori, Hatsuki Fujinami, Tomo'omi Kumagai, Tomonori Kume, Tetsuzo Yasunari 2018,05 Interpretation of El Niño–Southern Oscillation‐related precipitation anomalies in north‐western Borneo using isotopic tracers. Hydrological Processes:2176-2186. (査読付).

安成 哲三 2018年03月 「地球環境問題はどう解決できるか―Future Earthの取り組みについて」. 学術の動向 第23巻(第3号):66-69.

山内恭、安成哲三、松野太郎、岩田修二、鬼頭昭雄、井上治郎、田中正之、岩坂泰信、山崎孝治、神山孝吉、藤井理行、中尾正義 2017年 参考-1990年気象学会シンポジウム「南極気候における南極氷床の役割」南極氷床と大気物質循環・気候. 気象研究ノート第233号(平沢尚彦・山内恭 編):399-452.

A.P. Dimri, T. Yasunari, B.S. Kotlia, U.C.Mohanty, D.R. Sikka 2016,10 Indian winter monsoon: Present and past. Earth-Science Reviews 163:297-322. (査読付).

安成哲三 2016年08月 科学通信 リレーエッセイ 地球を俯瞰する自然地理学「Future Earth―地球と人類の持続可能な未来をめざして」. 科学 86(8):757-759.

植松光夫、小池勲夫、甲山隆司、安成哲三 2015年11月 生命を育む地球環境の変動;将来予測と適応を目指して. 地球環境 Vol.20(No.2):127-134.

安成哲三 2015年09月 Future Earth ―地球環境変化研究における新たな国際的な枠組み―. 天気 Vol.62(No.9):3-11.

Fujinami, H., T. Yasunari and T. Watanabe 2015,05 Trend and Interannual Variation in Summer Precipitation in Eastern Siberia in Recent Decades. Int. J. Climatology. DOI:DOI: 10.1002/joc.4352 (査読付).

Takahashi Hiroshi G., Hatsuki Fujinami, Tetsuzo Yasunari, Jun Matsumoto and Somchai Baimoung 2015,02 Role of Tropical Cyclones along the Monsoon Trough in the 2011 Thai Flood and Interannual Variability. Journal of Climate vol.28:1465-1476.

劉 晨、林 良嗣、安成 哲三 2014年06月 上海市の都市化が地域窒素収支に及ぼす影響の解析と対策提案 ―社会経済要因を物質循環に結び付けて―. 環境科学会誌 27(5):265-276. (査読付).

Hyung-Jin Kim, Kumiko Takata, Katsunori Tanaka, Ryoji Yamashima, Jun Matsumoto, Kazuyuki Saito, Toshihiko Takemura, and Tetsuzo Yasunari 2014 Regional climatic effects according to different estimations of biogenic volatile organic compounds during the Asian summer monsoon. Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences 50(4):423-435. (査読付).

Daisuke Hatsuzuka, Tetsuzo Yasunari, Hatsuki Fujinami 2014 Characteristics of Low Pressure Systems Associated with Intraseasonal Oscillation of Rainfall over Bangladesh during Boreal Summer. Monthly Weather Review vol.142:4758-4774. (査読付).

安成 哲三 2013年07月 Future Earth -地球環境変化研究における新たな国際的な枠組み- . 季刊「環境研究」 特集:地球環境科学とグローバルガバナンス(170):5-13. 公益財団法人 日立環境財団発行

AP Dimri, T Yasunari, A Wiltshire, P Kumar, C Mathison,, J Ridley, D Jacob 2013 Application of regional climate models to the Indian winter monsoon over the western Himalayas. Science of the total environment. DOI:10:1016/j.scitotenv.2013.01.040 (査読付).

Hatsuki Fujinami, Tetsuzo Yasunari, Akihito Morimoto 2013 Dynamics of distinct intraseasonal oscillation in summer monsoon rainfall over the Meghalaya-Bangladesh-western Myanmar region: covariability between the tropics and mid-latitudes. Clim Dyn. DOI:10.1007/s00382-013-2040-1 (査読付).

Tomo'omi Kumagai, Hironari Kanamori, Tetsuzo Yasunari 2013 Deforestation-induced reduction in rainfall. Hydrological Processes. (査読付).

Chen Liu, Jinling Fei, Yoshitsugu Hayashi, Tetsuzo Yasunari 2013 Socioeconomic Driving Factors of Nitrogen Load from Food Consumption by Decomposition Analysis and Preventive Measurement. AMBIO. (査読付).

Chen Liu, Chunjing Zou, Qinxue Wang, Yoshitsugu Hayashi, Tetsuzo Yasunari 2013 Impact assessment of human diet changes with rapid urbanization on regional nitrogen and phosphorus flows - a case study of the megacity Shanghai. Environ Sci Pollut Res. DOI:10.1007/s11356-013-2006-1 (査読付).

Yasunari, T., Niles D.N., Taniguchi,M. and Chen, D. 2013 Asia: Proving Ground for Global Sustainability. Current Opinion in Environmental Sustainability. DOI:10.1002/jgrd.50210 (査読付).

安成哲三 2013年 「ヒマラヤの上昇と人類の進化」-第三紀末から第四紀におけるテクトニクス・気候生態系・人類進化をめぐって-. ヒマラヤ学誌 14:19-38. (査読付).

Abe, M. M. Hori, T. Yasunari, A. Kitoh 2013 Effects of the Tibetan Plateau on the onset of the summer monsoon in South Asia: The role of the air-sea interaction. J. Geophy Res.. DOI:10.1002/jgrd.50210 (査読付).

Kanamori, H., T. Yasunari, and K. Kuraji 2013 Modulation of the diurnal cycle of rainfall associated with the MJO observed by a dense hourly rain gauge network at Sarawak, Borneo. J. Climate 26. DOI:10.1175/JCLI-D-12-00158.1 (査読付).

Fukutomi Yoshiki, Yasunari Tetsuzo 2013 Extratropical forcing of tropical wave disturbances along the Indian Ocean ITCZ. Journal of Geophysical Research:1154-1171. (査読付).

Kajikawa, Y., T. Yasunari, S. Yoshida, and H. Fujinami 2012 Advanced Asian summer monsoon onset in recent decades. Geophys. Res. Lett. 39(L03803). DOI:10.1029/2011GL050540 (査読付).

安成哲三 2012年 地球環境変化研究における世界気候研究計画(WCRP)と地球圏生物圏国際協同研究計画(IGBP)の役割. 地球環境研究の統合と挑戦-国際共同研究と未来設計イニシアティブ-.

安成哲三、熊谷朝臣、栗田進、立入郁、小野朗子、上野健一、徐健青、浅沼順、佐藤友徳、市井和仁、羽島知洋、馬渕和雄 2012年 「ユーラシア・アジアモンスーン地域の気候-陸域相互作用」の報告. 天気 59(5):381-392.

西田佐和子,伊藤香純,中川弥智子,安成哲三,山本浩之,横山智 2012年 第14回名古屋大学博物館特別記念録 熱帯林-多様性のゆりかご-. Bull. Nagoya Univ. Museum 27:225-247.

Tanaka, K., H.-J. Kim, K. Saito, H. G. Takahashi, M. Watanabe, T. Yokohata, M. Kimoto, K. Takata, and T. Yasunari 2012 How have both cultivation and warming influenced annual global isoprene and monoterpene emissions since the preindustrial era?. Atmos. Chem. Phys. 12:16515-16555. (査読付).

Mathison, C., A. Wiltshire, A. P. Dimri, P. Falloon, D. Jacob, P. Kumar, E. Moors, J. Ridley, C. Siderius, M. Stoffel, and T. Yasunari 2012 Regional projections of North Indian climate for adaptation studies. Science of Total Environment. DOI:10. 1016/ j.scitotenv.2012.04.066 (査読付).

V. Prasanna, J. Subere, K. Dwijendra, G. Srinivasan, T. Yasunari 2012 Development of Daily Gridded Rainfall Dataset over the Ganga, Brahmaputra and Meghna River Basins. Meteorol. Appl. . DOI:10.1002/met.1327 (査読付).

Fukutomi, Y. and T. Yasunari 2012 Structure and characteristics of submonthly-scale waves along the Indian Ocean ITCZ. Climate Dynamics in press. (査読付).

Fujinami, H., D. Hatsuzuka, T. Yasunari, T. Hayashi, T. Terao, F. Murata, M. Kiguchi, Y. Yamane, J. Matsumoto, Md. N. Islam and A. Habib 2011 Characteristic intraseasonal oscillation of rainfall and its effect on interannual variability over Bangladesh during boreal summer. Int. J. Climatol. 31:1192-1204. DOI:10.1002/joc.2146 (査読付).

Zhang, N.-N., T. Yasunari and T. Ohta 2011 Dynamics of the larch taiga-permafrost coupled system in Siberia under climate change. Environ. Res. Lett. 6(2). DOI:10. 1088/1748-9326/6/2/024003 (査読付).

Yasunari, J. T., A. Stohl, R. S. Hayano, J. F. Burkhart, S. Eckhardt, and T. Yasunari 2011 Cesium-137 deposition and contamination of Japanese soils due to the Fukushima nuclear accident. PNAS. DOI:10.1073/pnas.1112058108 (査読付).

Kim, H-J., K. Takata, B. Wang, M. Watanabe, M. Kimoto, T.Yokohata, and T. Yasunari 2011 Global Monsoon, El Nino, and their Interannual Linkage Simulated by MIROC5 and the CMIP3 CGCMs. J. Climate 24:5604-5618. DOI:10.1175/2011JCLI4132.1 (査読付).

成瀬廉二、岩田修二、安成哲三、藤井理行 2011年 パタゴニア氷河研究の萌芽-1960年代の学術探検-. 雪氷 73(1):15-27.

Liu, C., Q. Wang, Y. Yang, K. Wang, Z. Ouyang, Y. Li, A. Lei. And T. Yasunari 2011 Recent trends of nitrogen flow of typical agro-ecosystems in China ? major problems and potential solutions. J. Sci. Food. Agr.. DOI:10.1002/jsfa.4725 (査読付).

Fukutomi, Y. , K. Masuda, and T. Yasunari 2011 Spatiotemporal structures of the intraseasonal oscillations of precipitation over northern Eurasia during summer. International Journal of Climatology. DOI:10.1002/joc.2293 (査読付).

Xu, J. M. Masuda, Y. Ishigooka, T. Kuwagata, S. Haginoya, T. Hayasaka and T. Yasunari 2011 Estimation and Verification of Daily Surface Shortwave Flux over China. J. Meteorol. Soc. Japan 89A:225-238. DOI:10.2151/jmsj.2011-A14 (査読付).

Yamashima, R. K. Takata, J. Mastumoto and T. Yasunari 2011 Numerical Study of the impacts of Land Use/Cover Changes Between 1700 and 1850 on the Seasonal Hydroclimate in Monsoon Asia. J. Meteorol. Soc. Japan 89A:291-298. DOI:10.2151/ jmsj.2011-A19 (査読付).

V. Prasanna and T.Yasunari 2010 Simulated changes in the atmospheric water balance over South Asia in the eight IPCC AR4 coupled climate models. Theor. Appl. Climatol. 104(1, 2):139-158. DOI:10.1007/s00704-010-0331-6 (査読付).

須藤健悟, 高田久美子, 竹村俊彦, 神沢博, 安成哲三 2010年 植生改変・エアロゾル複合効果がアジアの気候に及ぼす影響の評価. 低温科学 68:129-136 . (査読付).

Ma X., Y. Fukushima, T. Yasunari, M. Matsuoka, Y. Sato, F. Kimura ans H. Zheng 2010 Examination of the water budget in upstream and midstream regions of the Yellow River, China. Hydrol. Process. 24:618-630. DOI:10.1002/hyp.7556 (査読付).

Takahashi, H. G., T. Yoshikane, M. Hara, K. Takata and T. Yasunari 2010 High-resolution modelling of the potential impact of land surface conditions on regional climate over Indochina associated with the diurnal precipitation cycle. Int. J. Climatology. DOI:10.1002/joc/2119 (査読付).

Takahashi, H. G., H. Fujinami, T. Yasunari and J. Matsumoto 2010 Diurnal rainfall pattern observed by TRMM-PR around the Indochina Peninsula. J. Geophys. Res. . DOI:10.1029/2009JD0120155 (査読付).

Liu, P. , Y. Kajikawa, B. Wang, A. Kitoh, T. Yasunari, T. Li, H. Annamalai, X. Fu, K. Kikuchi, R. Mizuta, K. Rajendran, D.E. Waliser, and D. Kim 2009 Tropical Intraseasonal Variability in the MRI-20km60L AGCM. J. Climate 22:2006-2022. DOI:10.1175 /2008JCLI2406.1 (査読付).

Takata, K., K. Saito and T. Yasunari 2009 Changes in the Asian monsoon climate during 1700-1850 induced by preindustrial cultivation. Proc.Nat. Acad. Sci.,USA. DOI:10.1073/pnas.0807346106 (査読付).

Kajikawa, Y., T. Yasunari and B. Wang 2009 Decadal change in intraseasonal variability over the South China Sea. Geophys. Res. Lett. 36(L06810). DOI:10.1029/2009GL037174 (査読付).

V. Prasanna and T. Yasunari 2009 Time-Space Characteristics of Seasonal and Interannual Variations of Atmospheric Water Balance over South Asia. J. Meteorol. Soc. Japan 87(2):263-287. DOI:10.2151/jmsj.87.263 (査読付).

H. Fujinami and T. Yasunari 2009 The Effects of Midlatitude Waves over and around the Tibetan Plateau on Submonthly Variability of the East Asian Summer Monsoon. Monthly Weather Review 137:2286-2304. DOI:10.1175/2009MWR2826.1 (査読付).

Fukutomi, Y. and T. Yasunari 2009 Cross-equatorial Influences of Submonthly scale Southerly surges over the eastern Indian Ocean during Southern Hemisphere winter. J. Geophys. Res. 114. DOI:10.1029/2008JD011441 (査読付).

Takahashi, H. G., T. Yoshikane, M. Hara, and T. Yasunari 2009 High-resolution regional climate simulations of the long-term decrease in September rainfall over Indochina. Atmospheric Science Letters 10:14-18. DOI:10.1002/asl.203 (査読付).

Oouchi, K. A. T. Noda, M. Satoh, B. Wang, S. P. Xie, H. G. Takahashi and T. Yasunari 2009 AsianSummer Monsoon Simulated by a Global Cloud-System-Resolving Model: Diurnal to Intra-Seasonal Variability. Geophys. Res. Lett. 36(L11815). DOI:10.1029/ 2009GL038271 (査読付).

安成哲三 2009年 学術会議だより~地球・人間圏科学の新たな展開を期して~. JGL 日本地球惑星科学連合ニュースレター 5(3).

Kawase, H., T. Yoshikane, M. Hara, F. Kimura, T. Yasunari, B. Ailikun, H.Ueda and T. Inoue 2009 Intermodel Variability of Future Changes in the Baiu Rainband Estimated by the Pseudo Global Warming Downscaling Method. J. Geophys. Res 114(D24110). DOI:10.1029/2009JD01183 (査読付).

Jianqing, Xu, S. Yu, J. Liu, S. Haginoya, Y. Ishigooka, T. Kuwagata, M. Hara and T. Yasunari 2009 The Implication of Heat and Water Balance Changes in a Lake Basin on the Tibetan Plateau. Hydrological Res. Lett. 3:1-5. DOI:10.3178/HRL.3.1 (査読付).

Kawase, H., T. Yoshikane, M. Hara, B. Ailikun, F. Kimura and T. Yasunari 2008 Downscaling of the Climatic Change in the Mei-yu Rainband in East Asia by a Pseudo Climate Simulation Method. SOLA 4:73-76. DOI:10.2151/sola.2008-019 (査読付).

Takahashi, H. G.and T. Yasunari 2008 Decreasing Trend in Rainfall over Indochina during the Late Summer Monsoon: Impact of Tropical Cyclones. J. Meteorol. Soc. Japan 86(3):429-438. (査読付).

Miyazaki, C. and T. Yasunari 2008 Dominant Interannual and Decadal Variability of Winter Surface Air Temperature over Asia and the Surrounding Oceans. J.Climate 21:1371-1386. DOI:10.11752/2007JCLI1845.1 (査読付).

安成哲三 2008年 「『地球温暖化』でアジアの雨と雪はどう変わるか?」. 名古屋大学理学部・大学院理学研究科広報誌[理フィロソフィア] 15.

安成哲三 2008年 「人間活動はアジアモンスーンを変えつつあるのか?」. 科学 78(7):740-741.

Tangang, F. T., L. Juneng, E. Salimun, P. N Vinayachandran, Y. K. Seng, C. J. C. Reason, S. K. Behera, and T. Yasunari 2008 On the roles of the northeast cold surge, the Borneo vortex, the Madden-Julian Oscillation, and the Indian Ocean Dipole during the extreme 2006/2007 flood in southern Peninsular Malaysia. Geophys. Res. Lett. 35(L14S07). DOI:10.1029/2008GL033429 (査読付).

V. Prasanna and T. Yasunari 2008 Interannual Variability of Atmopsheric Water Balance Over South Peninsular India and Sri Lanka during Northeast Monsoon Season. Intl J. Climatol. DOI:10.1002/joc.1683 (査読付).

Ichikawa, H. and T. Yasunari 2008 Intraseasonal Variability in Diurnal Rainfall over New Guinea and the Surrounding Oceans during Austral Summer. J. Climate 21(12):2852-2868. DOI:10.1175/2007JCLI1784.1 (査読付).

安成哲三,阿部学,鬼頭昭雄 2007年 チベット高原の上昇は新第三紀以降のアジア・太平洋域の気候変化とアジアモンスーンの成立にどのような影響を与えたか?-大気海洋結合大循環モデル(MRI-CGCM)による数値実験結果から-. 天気 54(5):421-425.

Ichikawa, H. and T. Yasunari 2007 Propagating Diurnal Disturbances Embedded in the Madden-Julian Oscillation. Geophysical Research Letters 34(L18811). DOI:10. 1029 / 2007GL030480 (査読付).

Yasunari Tetsuzo 2007 Role of Land-Atmosphere Interaction on Asian Monsoon Climate. Journal of Meteorological Society of Japan 85B:55-75. (査読付).

安成哲三 2007年 地域・大陸スケールでの植生・気候相互作用. 天気 54:929-932.

安成哲三 2007年 GAME(アジアモンスーンエネルギー・水循環研究観測計画)-アジア発のWCRP国際共同研究プロジェクト-. 日本気象学会創立125周年特別号第2部気象研究ノート 215:159-171.

安成哲三 2007年 国際研究プロジェクトとは何だろうか?-GAMEから学んだこと-. 天気 54(2):131-136.

Fukutomi Y., K. Masuda and T. Yasunari 2007 Cyclone Activity Associated with the Interannual Seesaw Oscillation of Summer Precipitation over Northern Eurasia. Global and Planetary Change 56:387-398 . (査読付).

Kenneth R. Sperber and Tetsuzo Yasunari 2006,10 Workshop on Monsoon Climate Systems -Toward Better Prediction of the Monsoon-. BAMS 87:1339-1403. (査読付).

Wang, B., P. Webster, K. Kikuchi, T. Yasunari and Y. Qi 2006 Boreal summer quasi-monthly oscillation in the global tropics. Climate Dynamics 27:661-675. DOI:10.1007/s00382-006-0163-3 (査読付).

Saito K., T. Yasunari and K. Takata 2006 Relative Roles of Large-Scale Orograghy and Land Surface Processes on Global Hydroclimate. Part Ⅱ. Impacts on Hydroclimate over Eurasia. J. Hydrometeorol 7:642-659. (査読付).

Sakai S., R. Harrison, K. Momose, K. Kuraji, T. Yasunari, L. Chong, T. Nakashizuka 2006 Irregular Droughts Trigger Mass Flowering in Aseasonal Tropical Forests in Asia. American Journal of Botany 93(8):1134-1139 . (査読付).

Yasunari T., and T. Miwa 2006 Convective Cloud Systems Over the Tibetan Plateau and Their Impact on Meso-Scale Disturbances in the Meiyu/Baiu Frontal Zone -A Case Study in 1998-. J. Meteor. Soc. Japan 84(4):783-803. (査読付).

Endo N., T. Kadota, J. Matsumoto, B. Ailikun and T. Yasunari 2006 Climatology and Trends in Summer Precipitation Characteristics in Mongolia for the Period 1960-98. J. Meteor. Soc. Japan 84(3):543-551. (査読付).

Endo N. and T. Yasunari 2006 Changes in Low Cloudiness over China between 1971-1996. Jornal of Climate 17(9):1204-1213. (査読付).

Fujita K., L. G. Thompson, Y. kajikawa, Y. Ageta, T. Yasunari, A. Sakai and N. Takeuchi 2006 Thirty-year History of Glacier Melting in the Nepal Himalayas. J. Geophys. Res. 111(D03109). DOI:10.1029/2005JD005894 (査読付).

B. Goswami, G. X. Wu and T. Yasunari 2006 The Annual Cycle, Intraseasonal Oscillations, and Roadblock to Seasonal Predictability of the Asian Summer Monsoon. J. Climate 19(20):5078-5099. (査読付).

Takahashi H. G., and T. Yasunari 2006 A Climatological Monsoon Break in Rainfall over Indochina - A Singularity in the Seasonal March of the Asian Summer Monsoon. Journal of Climate 19(8):1545-1556. (査読付).

Yasunari T., K. Saito and K. Takata 2006 Relative Roles of Large-Scale Orograghy and Land Surface Processes on Global Hydroclimate. Part I: Impacts on Monsoon Systems and the Tropics. J. Hydrometeorol 7:626-641. (査読付).

Ichikawa H., and T. Yasunari 2006 Time-space Characteristics of Diurnal Rainfall over Borneo and Surrounding Oceans as Observed by TRMM-PR. Journal of Climate 19(7):1238-1260. (査読付).

Yasunari, T. 2005,08 A possible collaboration/coordination between WCRP and GWSP in Asia - suggestions from GAME (GEWEX Asian Monsoon Experiment)-. Proceeding of GWSP Asia Meeting , Kyoto:38-39.

Kumagai T., T. Saitoh, Y. Sato, H. Takahashi, O.J. Manfroi, T. Morooka, K. Kuraji, M. Suzuki, T. Yasunari and H. Komatsu 2005 Annual Water Balance and Seasonality of Evapotranspiration in a Bornean Tropical Rainforest. Agricultural and Forest Meteorology 128(81):92. (査読付).

Kajikawa Y., and T. Yasunari 2005 Interannual Variability of 10-25 and 30-60 day Variation over the South China Sea. Geophys. Res. Lett. 32(L04710). DOI:10.1029/ 2004GL021836 (査読付).

Abe M., T. Yasunari and A. Kitoh 2005 Sensitivity of the Central Asia Climate to Uplift of the Tibetan Plateau in the Coupled Climate Model (MRI-CGCM1). Island Arc 14 (4):378-388. (査読付).

Fukutomi Y. and T. Yasunari 2005 Southerly Surges on the Submonthly Time Scales over the Eastern Indian Ocean during the Southern Hemisphere Winter. Monthly Weather Reveiw 133(6):1637-1654. (査読付).

Ma Xieyao, T. Yasunari, T. Ohata and Y. Fukushima 2005 The Influence of River Ice on Spring Runoff in the Lena River, Sibeia. Annals of Glaciology 40:123-127. (査読付).

Fujinami H., S. Nomura and T. Yasunari 2005 Characteristics of Diurnal Variations in Convection and Precipitation over the Southern Tibetan Plateau during Summer. SOLA 1:49-52. DOI:10.2151/ sola.2005-014  (査読付).

Endo N., B. AiLi Kun and T. Yasunari 2005 Trends in Precipitation Amounts and the Number of Rainy Days and Heavy Rainfall Events during summer in China from 1961 to 2000. J. Meteor. Soc. Japan 83(4):621-631. (査読付).

Yasunari, T., R. Kawamura and M. Shinoda 2005 LAND- ATMOSPHERE- INTERACTION Report of the International Committee of the Third International Workshop on Monsoons.

安成 哲三 2005年 「地球温暖化」はアジアモンスーンをどう変えるか?. 科学 75(10):1150-1154.

Fukutomi Y., K. Masuda and T. Yasunari 2004 Role of Storm Track Activity in the Interannual Seesaw of Summer Precipitation over Northern Eurasia. J. Geophysical Research 109. DOI:10.1029/2003JD003912 (査読付).

安成 哲三 2004年 地球気候研究の21世紀における展開 ー第24回WCRP-JSCに 出席してー. 学術の動向 9(2):86-89.

安成 哲三 2004年 東アジアにおける近年の水循環と気候の変動について,2003年度秋季大会シンポジウム「東アジア域における環境変化と気候」の報告. 天気 51(7):797-800.

Miyazaki S., T. Yasunari, T. Miyamoto, I. Kaihotsu and T. Oki 2004 Agrometeorological Conditions of Grassland Vegetation in Central Mongolia and their Impact for Leaf Area Growth. J. Geophys. Res 109(D22106). DOI:10.1029/2004JD005179 (査読付).

Fujinami H. and T. Yasunari 2004 Submonthly Variability of Convection and Circulation over and around the Tibetan Plateau during the Boreal Summer. J. Meteor. Soc. Japan 82(6):1545-1564. (査読付).

Tomita T. T. Yoshikane and T. Yasunari 2004 Biennial and Lower-Frequency Variability Observed in the Early Summer Climate in the Western North Pacific. J. Climate 17:4254-4266. (査読付).

Abe M., T. Yasunari and A. Kitoh 2004 Effects of Large-scale Orography on the Coupled Atmosphere-Ocean System in the Tropical Indian and Pacific Oceans in Boreal Summer. J. Meteor. Soc. Japan 82(2):745-759. (査読付).

R. G. Lawford, R. Stewart, J. Roads, H. -J. Isemer, M. Manton, J. Marengo, T. Yasunari, S. Benedict, T. Koike and S. Williams 2004 Advancing Global- and Continental-Scale Hydrometeorology: Contributions of GEWEX Hydrometeorology Panel. Bull. Ameri. Meteo. Soc. 85(12):1917-1930. (査読付).

安成哲三、梶川義幸、阿部 学、吉兼隆生、名倉元樹、森 修一、斉藤和之、徐 健 青、高橋 洋、井上知栄、福富慶樹、横井 覚 2004年 国際アジアモンスーンシンポ ジウム(IAMS)参加報告. 天気 51(7):525-532.

Suzuki K., T. Yamanouchi, N. Hirasawa and T. Yasunari 2004 Seasonal Variation of Air Transport in the Antarctic and Atmospheric Circulation in 1997. Polar Meteorology and Glaciology 18:96-113. (査読付).

Choi. T, J, Hong, J. Kim, H. Lee, J. Asanuma, H. Ishikawa, O. Tsukamoto, G. Zhiqiu, Y. Ma, K. Ueno, J. Wang, T. Koike and T.Yasunari 2004 Turbulent Exchange of Heat, Water Vapor and Momentum over a Tibetan Prairie by Eddy Covariance and Flux Variance Measurements. J. Geophysical Research 109(D21106). DOI:10.1029/2004JD004767 (査読付).

Saito K., T. Yasunari and J. Cohen 2004 Changes in the Sub-decadal Covariability between Northern Hemisphere Snow Cover and the General Circulation of the Atmosphere. International Journal of Climatology 24(33):44. (査読付).

Kajikawa, Y., T. Yasunari and R. Kawamura 2003 The Role of the Local Hadley Circulation over the Western Pacific on the Zonally Asymmetric Anomalies over the Indian Ocean. J. Meteor. Soc. Japan 81(2):259-276. (査読付).

安成 哲三 2003年 気候の研究とは何だろうか? WCRP-JSC24に出席して. 天気 50:871-874.

安成 哲三 2003年 モンゴル草原はどう維持されてきたか?:生態気候システム学的序説. 科学 73(5):555-558.

Hori E. M. and T. Yasunari 2003 NAO Impact towards the Springtime Snow Disappearance in the Western Eurasian Continent. Geophysical Research Letters 30(19). DOI:10.1029/2003GL08103 (査読付).

Abe M., A. Kitoh and T. Yasunari 2003 An Evolution of the Asian Summer Monsoon Associated with Mountain Uplift -Simulation with the MRI Atmosphere-Ocean Coupled GCM-. J. Meteor. Soc. Japan 81(5):909-933. (査読付).

Ma X., T. Yasunari, T. Ohata, L. Natsagdorj, G. Davaa and D. Oyunbaatar 2003 Hydrological Regime Analysis of the Selenge River Basin, Mongolia. Hydrological Processes. Hydrol. Process 17:2929-2945. DOI:10.1002/hyp.1442 (査読付).

Suzuki, R., T. Nomaki, and T. Yasunari 2003 West-east contrast of Phenology and Climate in Northern Asia Revealed Using a Remotely Sensed Vegetation Index. Int. J. Biometeorol 47:126-138. (査読付).

Ma, Y., H. Ishikawa, O. Tsukamoto, M. Menenti, Z. Su, T. Yao, T. Koike and T. Yasunari 2003 Regionalization of Surface Fluxes over Heterogeneous Landscape of the Tibetan Plateau by Using Satellite Remote Sensing Data. J. Meteor. Soc. Japan 81(2):277-293. (査読付).

Fukutomi, Y., H. Igarashi, K. Masuda and T. Yasunari 2003 Interannual Variability of Summer Water Balance Components in Three Major River Basins of Northern Eurasia. J. of Hydrometeorology 4(2):283-296. (査読付).

安成 哲三 2002年 ヒマラヤではどんな時、悪天(大雪)になるのか - 91年梅里雪山、95年をネパールなどを例に, シンポジウム登山にまつわる科学 京都フィールド学への招待. 登山医学 22:15-22.

Fukutomi, Y. and T. Yasunari 2002 Tropical-Extratropical Interaction Associated with the 10-25-day Oscillation over the Western Pacific during the Northern Summer. J. Meteor. Soc. Japan 80(2):311-331. (査読付).

Terao, Y., Y. Sasano, H. Nakajima, H.L. Tanaka and T. Yasunari 2002 Stratospheric ozone loss in the 1996/1997 Arctic winter: Evaluation based on multiple trajectory analysis for double-sounded air parcels by ILAS. J. Geophys. Res. 107(D24-8210). DOI:10.1029/2001JD000615 (査読付).

安成 哲三 2002年 日本から雪がなくなる日?. 気候影響・利用研究会会報 3.

安成 哲三 2002年 地球温暖化は日本海側の気候をどう変えるか -日本海学の視点から-. 富山県・(財)とやま環境財団、「地球温暖化防止月間」講演会、平成13年12月3日.

安成 哲三 2001年03月 大気・水圏科学は何をめざすべきだろうか-私にとっての「名大水研」小史-. 名古屋大学大気水圏科学研究所シンポジウム 大気水圏科学の現状と将来.

Yasunari, T., Y. Yoshida, S. Sakai, T. Nagamitsu and T. Inoue 2001,03 Possible Meteorological Triggers of Staggered Mass Flowering in Tropical Rainforest of Sarawak. Abstract of International Symposium "Canopy Processes and Ecological Roles of Tropical Rain Forest" , 2001, Miri, Sarawak, Malaysia 12.

安成 哲三 2001年 アジアモンスーン地域における気候・水循環変動の研究. 学術月報 54(5):498-505.

安成 哲三 2001年 東南アジアの熱帯雨林にはシベリアからの寒気が必要?. 科学 71:1193-1197.

Terao, Y., H.L.Tanaka, T. Yasunari and Y. Sasano 2001 Analysis od chemical perturbation of stratospheric air parcel along the trajectory during the Arctic winter of 1996/1997 using ILAS data. Optical Remote Sensing of the Atmosphere and Clouds II.. SPIE-The International Society for Optical Engineering, 9-12 October, 2000, Sendai, Japan 4150:31-41.

宮崎 真、杉田 倫明、安成 哲三、鈴木 力栄、石川 裕彦、田中 賢治、山本 晋 2001年 各種プロジェクトにおけるフラックス測定. 気象研究ノート 「地表面フラック ス測定法」第9章(199):201-234.

Fujinami, H. and T. Yasunari 2001 The Seasonal and Intraseasonal Variability of Diurnal Cloud Activity over the Tibetan Plateau. J. Meteor. Soc. Japan 79(6):1207-1227. (査読付).

Suzuki, R., T. Nomaki and T. Yasunari 2001 Spatial Distribution and Its Seasonality of Satellite-Derived Vegetation Index (NDVI) and Climate in Siberia. Int. J. Climatol. 21:1321-1335. (査読付).

Ailikun, B. and T. Yasunari 2001 ENSO and Asian Summer Monsoon: Persistence and Transitivity in the Seasonal March. J. Meteor. Soc. Japan 79(1):145-159. (査読付).

Tomita, T., B. Wang, T. Yasunari and H. Nakamura 2001 Global patterns of decadal-scale variability observed in sea surface temperature and lower-tropospheric circulation fields. J. Geophys. Res. 106(C11):26805-26815. (査読付).

Yasunari, T., A. Yatagai and K. Masuda 2000 Time-space Characteristics of Atmospheric Water Balance in Monsoon Areas Based on ECMWF Reanalysis Data. . Proceedings of the Second WCRP International Conference on Reanalyses, '99.8.23-27, Reading, UK:261-264. (査読付).

小出 寛、大野木 和敏、安成 哲三、増田 耕一、大淵 済、R. クリシュナン、谷 田貝 亜紀代、金丸 秀樹 2000年 第2回再解析国際会議参加報告. 天気 47(4):267-276.

Morinaga Yuki, Kouiti Masuda, Motoki Nishimori and Tetsuzo Yasunari 2000 Relationships between Eurasian snow cover and the Indian summer monsoon rainfall. Proc. Int. Conf. on Climate Change and Variability, Tokyo Metropolitan Univ., Sept. 1999:293-298.

Sasano, Y., Y. Terao, H.L. Tanaka, T. Yasunari, H. Kanzawa, H. Nakajima, T. Yokota, H. Nakane, S. Hayashida, and N. Saitoh 2000 ILAS observations of chemical ozone loss in the Arctic vortex during early spring 1997. Geophysical Research Letters. 27 2:213-216. (査読付).

寺尾 有希夫、田中 博、安成 哲三、笹野 泰弘、中島 英彰、林田 佐智子、齋藤 尚子 2000年 ILASデータによる1997年冬~春期北極域の成層圏オゾン減少の評価. 平成11年 度研究集会講演集(第10回大気科学シンポジウム2000.1.6-1.7):57-60.

安成 哲三、小池 俊雄、中村 健治、隈 健一、沖 大幹、石川 裕彦、一柳 錦平、上野 健 一、江守 正多、桑形 恒男、田中 克典、玉川 一郎、寺尾 徹、戸田 求、宮崎 真、村田 文 絵、谷田貝 亜紀代、山田 広幸 2000年 第3回GEWEX国際会議及び第4回GAME国際会議報告. 天気 47:189-197.

Suzuki, R., S. Tanaka and T. Yasunari 2000 Relationships between Meridional Profiles of Satellite-derived Vegetation Index (NDVI) and Climate over Siberia. Int. J. Climatol. 20:955-967. (査読付).

Yasunari, T., A. Yatagai, and K. Masuda 1999 Seasonal and Interannual Variabilities of Atmospheric Water Balance in GEWEX Study Regions. GEWEX NEWS 9.

安成 哲三 1999年 変わりつつあるアジアモンスーン -ENSO結合システム-. 科学 69(8):713-716.

Fukutomi, Y. and T. Yasunari 1999 10-25 day Intraseasonal Variations of Convection and Circulation over East Asia and Western North Pacific during Early Summer. J. Meteor. Soc. Japan 77(3):753-769. (査読付).

Miyazaki, S., T. Yasunari and T. Adyasuren 1999 Abrupt Seasonal Changes of Surface Climate Observed in Northern Mongolia by an Automatic Weather Station. J. Meteor. Soc. Japan 77(2):583-593. (査読付).

Ogasawara, N., A. Kitoh, T. Yasunari and A. Noda 1999 Tropospheric Biennial Oscillation of ENSO-Monsoon System in the MRI Coupled GCM. J. Meteor. Soc. Japan 77(6):1247-1270. (査読付).

安成 哲三 1999年 第59回気候問題懇談会報告アジアモンスーンエネルギー・水循環研究観測計画(GAME)ーアジアモンスーン変動と水循環の予測へ向けてー. 測候時報 66:19-32.

安成 哲三 1999年 エル・ニーニョの地球環境学. エコソフィア 4:74-79.

川村 隆一、梶川 義幸、安成 哲三 1999年 ENSO/モンスーン循環に関するECMWF・ NCEP再解析データの相互比較. 防災科学技術研究所研究報告 59:61-72.

安成 哲三 1998年 GAME強化観測期間(IOP)を迎えて ー季節変化する太陽入射エネルギーはアジアモンスーンをどのように駆動しているかー. 天気 45:501-514.

Yatagai, A. and T. Yasunari 1998 Variation of Summer Water Vapor Transport Related to Precipitation over and around the Arid Region in the Interior of the Eurasian Continent. J. Meteor. Soc. Japan 76(5):799-815. (査読付).

Yasunari, T., M. Nishimori and T. Mito 1998 Trends and Inter-Decadal Variations of the Surface and Lower-Tropospheric Temperature in the Northern Hemisphere from 1964 to 93. J. Meteor. Soc. Japan 76(4):517-531. (査読付).

Webster, P.J., V.O. Magana, T.N. Palmer, J. Shukla, R.A. Tomas, N. Yanai and T. Yasunari 1998 Monsoons: Processes, predictabililty, and the Prospects for prediction. J. Geophys. Res. 103(C7):14451-14510. (査読付).

Suzuki, R., A. Yatagai and T. Yasunari 1998 Satellite-Derived Vegetation Index and Evapotranspiration Estimated by Using Assimilated Atmospheric Data over Asia. J. Meteor. Soc. Japan 76(4):663-671. (査読付).

日下博幸、西森基貴、安成哲三 1998年 最高・最低気温偏差の季節性を利用した都市化に伴う気温上昇率の推定. 天気 45(5):369-378. (査読付).

植田宏昭、安成哲三 1998年 西太平洋上の海洋性モンスーンの季節進行と日本付近の夏季天候との関係-1993年冷夏・1994年暑夏時の事例解析-. 天気 45(3):199-215. (査読付).

Ueda, H. and T. Yasunari 1998 Role of Warming over the Tibetan Plateau in Early Onset of the Summer Monsoon over the Bay of Bengal and the South China Sea. J. Meteor. Soc, Japan 76(1):1-12. (査読付).

Aoki, M., T. Chimura, I. Kaihotsu, T. Kurauchi, K. Mushiake, T. Nakaegawa, N. Ohte, P. Polsan, S. Semmer, M. Sugita, K. Tanaka, O. Tsukamoto and T. Yasunari 1998 Evaluation of Surface Fluxes Over a Paddy Field in Tropical Environment: Some findings from a preliminary observation of GAME. J. Japan. Soc. Hydrol. & Resour. 11(1):39-60. (査読付).

Tian, S.-F. and T. Yasunari 1998 Climatological Aspects and Mechanism of Spring Persistent Rains over Central China. J. Meteor. Soc. Japan 76(1):57-71. (査読付).

小池 俊雄、清水 収司、城岡 竜一、山田 広幸、上野 健一、藤井 秀幸、Liu Liping, 安成 哲三、住 明正、上田 博、上野 精一、山崎 孝 1998年 チベット高原における3次元ドップラレーダ試験運用・観測報告. 天気 45:483-487.

Yasunari, T 1997,02 Implementation of GAME/SCSMEX Intensive Observing Period (IOP) May to July, 1998. WMO Monsoon Workshop, Bali, Indonesia.

谷田貝 亜紀代、安成 哲三 1997年 GMS-5水蒸気チャネルを用いたチベット高原上 の水蒸気量変動、水蒸気輸送過程の研究(序報). 1996年度GAME国内研究集会発表要旨集(1996年12月9日~10日) 4:53-55.

安成 哲三、鼎 信次郎、遠藤 伸彦、谷田貝 亜紀代、沖 理子、沖 大幹、 上野 健一、塩原 匡貴 1997年 GEWEXはどこまで成果をだしたか-第2回GEWEX国際会議報告-. 天気 44:181-188.

菅田 誠治、千葉 長、田中 博、鳥谷 均、中村 一、西森 基貴、野瀬 純一、村 上 正隆、安成 哲三、吉門 洋、米谷 恒春 1997年 気象学会つくば大会'97実行委員会からの報告. 天気 44:582-585.

古野 朗子、安成 哲三 1997年 日本における1994年夏の異常高温の地域性とそのメ カニズム、 第2章熱収支と水循環過程から見た1993年冷夏と1994年暑夏. 気象研究ノート 189:89-96.

谷田貝亜紀代、安成哲三 1997年 タクラマカン砂漠周辺の降水と水蒸気輸送場の経年変動. 地学雑誌 106(2):260-269. (査読付).

安成 哲三 1996年 ユーラシア大陸における温暖化の実態解明へ向けた観測システムの開発②. 第27回三菱財団事業報告書 平成8年度:161-163.

安成 哲三 1996年 第26回三菱財団事業報告書 平成7年度 ユーラシア大陸における温暖化の実態解明へ向けた観測システムの開発. 財団法人三菱財団:274-275.

安成 哲三、岩崎 俊樹、小池 俊雄、鈴木 雅一、早坂 忠裕、福嶌 義宏 1996年 アジア におけるGEWEXとGAME(GEWEXアジアモンスーンエネルギー・水循環観測研究計画)に関 する第2回国際研究集会報告. 天気 43:49-55.

安成 哲三、田中 博、米谷 恒春、鬼頭 昭雄、光本 茂記、山内 恭、住 明正、村 治 能孝 1996年 極域気候変動に関する和達国際会議の報告 和達国際会議LOC委員会. 天気:415-422.

安成 哲三 1996年 GEWEX水文気象パネル(GHP)第1回会議(Visby, Sweden 95.8.31-9.3)出席報告. 水文・水資源学会誌 9:213-216.

Tanaka, H.L., K. Kimura and T. Yasunari 1996 Time Spectral Analysis for the Natural Variability of the Barotropic Model Atmosphere with Annual Cycle Forcing. J. Meteor. Soc. Japan 74(6):909-921. (査読付).

Tomita, T. and T. Yasunari 1996 Role of the Northeast Winter Monsoon on the Biennial Oscillation of the ENSO/Monsoon System. J. Meteor.Soc. Japan 74(4):399-413. (査読付).

Ueno, K., H. Iida, H. Yabuki, K. Seko, A. Sakai, G. S. Lhakupa, P. B. Kayastha, A. P. Pokhrel, M. L. Shrestha, T. Yasunri and M. Nakawo 1996 Establishment of the GEN Automatic Weather Station (AWS) in Khumbu region, Nepal Himalayas. Bulletin of Glacier Research 14:13-22. (査読付).

安成 哲三 1996年 アジアモンスーン / ENSO研究をめぐる世界の動向. 地球環境 1:41-48.

安成 哲三 1996年 GEWEX第1回水文気象パネル(GHP)出席報告. 天気 43:73-76.

西森基貴、安成哲三 1996年 東アジア・西太平洋地域における地上気圧場の長期的変動. 地理学評論 69A(10):793-816. (査読付).

Tanaka, H.L., R. Kanohgi and T. Yasunari 1996 Recent Abrupt Intensification of the Northern Polar Vortex since 1988. J. Meteor. Soc. Japan 74(5):947-954. (査読付).

安成哲三 1996年 気候システムの年々変動におけるモンスーンの役割. 海と空 72(1):31-40. (査読付).

Ueda, H. and T. Yasunari 1996 Maturing Process of the Summer Monsoon over the Western North Pacific. -A Coupled Ocean/Atmosphere System-. J. Meteor. Soc. Japan 74(4):493-508. (査読付).

Tanaka, H. L., R. Kanohgi and T. Yasunari 1995,11 Recent Abnormal Weather in the Arctic, Wadati Conference on Global Change and the Polar Climate. Tsukuba Science City Japan.

Yasunari, T., Mito and M. Nishimori 1995,11 Two Modes in the Recent Lower-Tropospheric Warming in the Northern Hemisphere. Wadati Conference on Global Change and the Polar Climate, Tsukuba Science City, Japan.

Ueda, H. and T. Yasunari, R. Kawamura 1995 Abrupt Seasonal Change of Large-Scale Convective Activity over the Western Pacific in the Northern Summer. J. Meteor. Soc.Japan 73(4):795-809. (査読付).

Yasuanri, T 1995 Global Warming and Asian Monsoon Variability-Toward Gewex Asian Monsoon Experiment-. Int. Symposium on Climate Change.

Yatagai, A. and T. Yasunari 1995 Interannual Variations of Summer Precipitation in the Arid/semi-arid Regions in China and Mongolia: Their Regionality and Relation to the Asian Summer Monsoon. J. Meteor.Soc. Japan 73(5):909-923. (査読付).

安成 哲三、岩崎 俊樹、小池 俊雄、鈴木 雅一、早坂 忠裕、福嶌 義宏 1995年 アジア におけるGEWEXとGAME(GEWEXアジアモンスーンエネルギー・水循環観測研究計画)に 関する第2回国際研究集会報告. 水文・水資源学会誌 8:517-529.

Yasunari, T., K. Ueno and T. Tomita 1994,05 Role of Tropical/Extra- Tropical Interactions on the Monsoon/Atmosphere-Ocean System (MAOS) in the Tropics. Proc. of the International Conference on Monsoon Variability and Prediction, International Centre for Theoretical Physics, Trieste, Italy:9-16.

Yatagai, A. and T. Yasunari 1994 Trends and Decadal-Scale Fluctuations of Surface Air Temperature and Precipitation over China and Mongolia during the Recent 40 Year Period (1951-1990). J. Meteor. Soc. Japan 72(6):937-957. (査読付).

安成 哲三、沖 大幹、松山 洋 1994年 J1.2:GEWEX Continental Scale International Project (GCIP). 天気 40:964-966.

安成 哲三 1994年 地球の論理と地域の論理 -- 生態地球科学の提唱 --. 文部省 科学研究費補助金重点領域研究「総合的地域研究」 、世界と地域の共存、 地域と生態環境 A01(7):33-34.

安成 哲三 1994年 アジアモンスーン エネルギー・水循環研究観測計画(GEWEX Asian Monsoon Experiment; GAME). 天気 41:459-464.

朴(小野)恵淑、安成哲三、沖 理子、尾田敏範 1994年 地上気温変動の季節性に着目した都市気候成分の解析. 地理学評論 67A(8):561-574. (査読付).

Wang, Y. and T. Yasunari 1994 A Diagnostic Analysis of the Wave Train Propagating from High-latitudes to Low-latitudes in Early Summer. J. Meteor. Soc. Japan 72(2):269-279. (査読付).

安成 哲三 1994年 LOC Grant顛末記ー登録小委員会雑感ー. 天気 40:117-118.

Yasunari Tetsuzo 1994 GEWEX-Related Asian Monsoon Experiment (GAME). Adv. Space. Res. 14(1):161-165. (査読付).

花輪 公雄、住 明正、竹内 謙介、杉ノ原 伸夫、遠藤 昌宏、時岡 達志、鬼頭 昭雄、 山形 俊男、安成 哲三、久保田 雅久、川村 隆一 1994年 第5回「大気ー海洋相互作用研 究会」報告. 天気 41:701-708.

安成 哲三 1994年 南極氷床コアにおけるグローバルシグナルとローカルシグナル ーボストーク・パラダイムを越えてー. 平成5年度科学研究費補助金総合研究 B「氷床コアによる古環境復元の学際的研究推進計画の検討」研究成果報告書、(代 表 藤野和夫):133-137.

安成 哲三、小池 俊雄 1994年 WCRPにおけるGEWEXの役割. 天気 41:487-491.

安成 哲三 1994年 アジアモンスーン エネルギー・水循環研究観測計画(GEWEX Asian Monsoon Experiment; GAME). 水文・水資源学会誌 7:343-345.

安成 哲三 1994年 グローバルなエネルギー・水循環におけるアジアモンスーンの役割 _GAMEに向けて. 測候時報 61(1):25-47.

川村 隆一、安成 哲三、植田 宏昭 1994年 西太平洋の大規模対流活動とTropical Cycloneの季節変化にみられる特異性. 防災科学技術研究所研究報告 53:1-18.

安成 哲三 1994年 縞縞におけるグローバルシグナルとローカルシグナル -南極氷床コア解析を例に-. 月刊地球 10:140-143.

安成 哲三、谷田貝 亜紀代 1994年 ユーラシア内陸域における水蒸気輸送・発散の季節変化. 平成6年度科学技術振興調整費による「砂漠化気候 の解明に関する国際共同研究」:1-10.

安成 哲三、小池 俊雄、上野 健一、松山 洋、沖 大幹 1994年 アジアにおける GEWEXと GAME(GEWEXアジアモンスーン研究観測計画)に関する国際会議(北京、 1994.3.3-3.6)出席報告. 天気 41:471-479.

Endo, N., K. Ueno and T. Yasunari 1994 Seasonal change of the troposphere in the early summer of 1993 over Central Tibet observed in the Tanggula mountains. Bull. Glacier Res. 12:25-30. (査読付).

Yatagai, A. and T. Yasunari 1993,11 The Precipitation and Water Vapor Transport over and around the Arid and Semii-arid Regions of China. Proceedings of International Symposium on HEIFE, Kyoto Univ.:51-61.

Tomita, T. and T. Yasunari 1993,02 Is the Fundamental Oscillation of ENSO/ Monsoon System Biennial?. Intern. WCRP Symp. '92, Nagoya.

森永 由紀、安成 哲三 1993年 広域積雪における大気・雪氷相互作用. 気象研究 ノート 197:41-76.

Tomita, T. and T. Yasunari 1993 On the two types of ENSO.. J. Meteor. Soc. Japan 71(2):273-284. (査読付).

Yasunari, T. and S. Kodama 1993 Intraseasonal Variability of Katabatic Wind Over East Antarctica and Planetary Flow Regime in the Southern Hemisphere. J. Geophys. Res. 98(7):13063-13070. (査読付).

安成 哲三 1993年 アジアモンスーンの思想. 文部省科学研究費補助金重点領域研究「総合的地域研究 」、世界と地域の共存、 地域と生態基盤 A01(1):15-18.

Morinaga, Y., T. Yasunari 1993 Recent global warming and variation of winter snow cover in Japan. Science Reports of the Institute of Geoscience, University of Tsukuba 14:49-59.

田 少奮、溝口 恵美、安成 哲三 1993年 水理実験センターにおける気温変動のスペクトル気候学. 筑波大学水理実験センター報告 17:73-78.

安成 哲三、小池 俊雄 1993年 地球の気候とアジアモンスーンの水循環. 科学 63:626-634.

Yasunari T. and A. Yatagai 1993 Interannual variability of large-scale moisture transport, divergence and monsoon rainfall anomaly over East Asia. Abstract submitted to the USA. -PRC Monsoon Workshop at Hangzhou,May 31-June 4.

杉田 倫明・上田 真也・遠藤 伸彦・大手 信人・沖 大幹・甲斐 憲次・ 榧根 勇・小池 俊雄・近藤 昭彦・嶋田 純・田中 正・辻村 真貴・田 少奮 ・韮沢 浩・原薗 芳信・檜山 哲哉・深見 和彦・安成 哲三 1993年 Tsukuba92: 水文学・境界層気象学における異なるスケール間の関係 解明のための共同観測計画(1)地表面から自由大気へのフラックス. ハイドロロジー 23:127-137.

Yasunari, T 1992 GEWEX-Related Asian Monsoon Experiment (GAME). COSPAR Proceeding '92 14(1):161-165.

Morinaga, Y. and T. Yasunari 1992 Interaction between the snow cover over Eurasian continent and the northern hemisphere surface air temperature. Proceedings of the International Symposium on the Little Ice Age Climate:300-305.

神沢 博、安成 哲三 1992年 極域研究連絡会1992年春季研究会 「南極域の物質循 環」の報告. 天気 39:775-778.

Yasunari, T. and Y. Seki 1992 Role of the Asian Monsoon on the Interannual Variability of the Global Climate System. J. Meteor. Soc. Japan 70(1):177-189. (査読付).

安成哲三 1992年 「地球温暖化」における不確定性と雪氷圏. 雪氷 54(4):371-379. (査読付).

安成哲三 1992年 2. 地球気候システムにおけるアジアモンスーンの役割. 天気 3(7):401-408. (査読付).

安成 哲三、増田 耕一、森永 由紀、五十嵐 弘道 1992年 北半球の積雪の衛星気候学的研究.. 平成3年度文部省科学研究費重点領域研究報告書.

安成 哲三 1992年 エルニーニョ・南方振動(ENSO)とモンスーン. 気候問題懇談会 59(5):199-206.

安成 哲三 1992年 モンスーン / 大気・海洋結合系(MAOS)の準2年振動. 気象研究ノート 176(51):62.

Igarashi, H. and T. Yasunari 1992 The relationship between snow mass distribution over the Eurasian continent and the Indian monsoon rainfall in summer. Proc. of IGS Symposium, Nagaoka.Ann. Glacial.

Tian, S.-F. and T. Yasunari 1992 Time and Space Structure of Interannual Variations in Summer Rainfall over China. J. Meteor. Soc. Japan 70(1):585-596. (査読付).

Yasunari, T 1991 Monsoon and ENSO: A Coupled Ocean/Land/Atmosphere System. TOGA Notes:9-13.

安成 哲三 1991年 「地球温暖化」と生物圏. 遺伝 45(8):23-28. (査読付).

Yasunari, T., 1991 The Monsoon Year ーA New Concept of the Climatic Year in theTropics. . Bull. American.Meteor. Soc. 72(9):1331-1338. (査読付).

Yasunari, T 1991 The Monsoon Year -A New Concept of the climatic Year in the Tropics-. Climatological Notes 40:5-15.

安成 哲三 1991年 氷床コア解析に新しいパラダイムを. 昭和63年~平成2年度科 学研究費補助金総合研究A「氷コア解析による氷河・氷床の動力学的特性と環境変動 に関する総合的研究」研究成果報告書(代表 若濱五郎).

安成 哲三 1991年 ユーラシア大陸の雪氷と地球気候システム. 雪氷 54:60-62.

安成 哲三 1991年 地球気候システムにおけるモンスーンの役割. 科学 61:697-704.

Yasunari, T 1990,07 Monsoon and ENSO -A Coupled Ocean/Land/Atmosphere System. Proc. International TOGA Sci. Conf., Hawaii. WMO/TD 379:111-120.

安成 哲三、山根 理子 1990年 気候変動の季節性に着目した都市気候成分の検出に ついて ー都市化による気温上昇量推定の新しい試みー. 1989年度文部省科学研究 費報告書「都市化の進展にともなう都市気候の変化に関する研究」(代表 西沢利 栄):73-81.

安成 哲三、森永 由紀、岩崎 友彦 1990年 国際シンポジウム「Ice and Climate(雪 氷圏と気候)」に参加して. 天気 37(3):165-168.

安成 哲三、蒲地 政文、鬼頭 昭雄、轡田 邦夫、住 明正、高藪 出、高藪 縁、竹 内 謙介、時岡 達志、冨田 智彦、中澤 哲夫、邊田 有理江、身延 庄士郎、山形 俊男 1990年 熱帯海洋と全球大気(TOGA)に関する国際研究集会に参加して. 天気 37:809-819.

木村 竜治、河崎 善一郎、山岬 正紀、安成 哲三、村山 信彦、山中 大学、近藤  豊、木田 秀次 1990年 「国際地球物理金沢会議(1990WPGM)」の報告. 天気 37:821-827.

安成 哲三 1990年 古モンスーンと氷期サイクル,およびチベット氷床説をめぐって. 月刊「海洋」 22:331-336.

Hirasawa, N. and T. Yasunari 1990 Variation in the Atmospheric Circulation over Asia and the Western Pacific Associated with the 40-day Oscillation of the Indian Summer Monsoon. J. Meteor. Soc. Japan 68(2):129-143. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1990 Impact of Indian Monsoon on the Coupled Atmosphere/Ocean System in the Tropical Pacific. Meteor. & Atmos. Phys. 44:29-41. (査読付).

安成 哲三 1989年 ユーラシア大陸の積雪とENSO -雪氷・大気・海洋結合系の提唱-. 地学雑誌 98(5):613-622. (査読付).

Yasunari, T. and S.-F. Tian 1989 Large-Scale Atmospheric Circulation Patterns Associated with the Cold Surges in Yunnan Province, China. Geograph. Rev. Japan B-62(2):161-169. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1989 A Possible Link of the QBOs Between the Stratosphere, Troposphere and Sea Surface Temperature in the Tropics. J. Meteor. Soc. Japan 67(3):483-493. (査読付).

安成 哲三 1988年 インドモンスーンと熱帯太平洋における大気・海洋結合系. 海洋科学 20:616-626.

新田 勍、安成 哲三、佐伯 理郎、山形 俊男、北村 佳照、山崎 孝治、鬼頭 昭雄、 川村 隆一 1988年 大気ー海洋相互作用に関するビアクネスシンポジウム. 天気 35(7):417-426.

樋口 敬二、安成 哲三 1988年 グローバル・グレイシオロジー、特に広域積雪域 の役割について. 昭和62年度科学技術庁委託調査研究報告書(科学技術振興調整 費)「地球系科学技術の研究開発方向の調査」:197-212.

Nomoto, S., T. Yasunari and M. -Y. Du 1988 A Preliminary Study on Fog and Cold Air Lake in Jinghong and Mengyang Basins, Xishuangbanna. Climatological Notes 38:167-180.

Yasunari, T 1988 Global Teleconnections Associated with Indian Monsoon and ENSO. Proc. Japan-US Workshop on ENSO, Nov. 1987, Tokyo, Meteorological Res. Report (Univ. of Tokyo) 88(1):30-38.

Morinaga, Y. and T. Yasunari 1987,08 Interactions between the Snow Cover and the Atmospheric Circulations in the Northern Hemisphere. Proceedings of the Vancouver Symposium. IAHS Publications Series 166(73):78. (査読付).

安成 哲三 1987年 「ヒマラヤ造山とモンスーンの成立 」をめぐる諸問題. 月刊「地球」 9:685-690.

Yasunari, T 1987 Tropical and Extratropical Teleconnections Associated with the Indian Summer Monsoon and the ENSO. Proc. P.R.C./U.S.A. Workshop on Monsoon, Kunming:1-12.

Yasunari, T. and K. Ueno 1987 The Snow Cover Environment in Sugadaira,Central Japan. Ann. Rep., Inst. Geosci., Univ. of Tsukuba 13:58-64.

安成 哲三、森永 由紀 1987年 北半球における雪氷域と大気循環の相互作用. 天 気 34(4):40-41.

Yasunari Tetsuzo 1987 Global Structure of El Nino/Southern Oscillation. Part I. El Nino Composites. J. Meteor. Soc. Japan 65(1):67-80. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1987 Global Structure of El Nino/Southern Oscillation. Part II. Time Evolution. J. Meteor. Soc. Japan 65(1):81-102. (査読付).

安成 哲三 1987年 CO2にともなう地球温暖化とアジアモンスーンの変動 ー気候シナリオおよびGCMによる研究の問題点ー. 昭和63~平成2年度科学研究費補 助金 総合研究A 研究成果報告書「来る半世紀の気候変動とわが国の食糧・エネルギー・水の予想に関する研究」:4-9.

安成 哲三 1987年 モンスーンの季節内変動と東アジアの循環場. 天気 34(11):689-692.

Yoshino, M. and T. Yasunari 1986 Climatic Anomalies of El Nino and Anti-El Nino years and Their Socio-economic Impacts in Japan. Sci. Rep., Inst. Geosci., Univ. of Tsukuba Section A(7):41-53.

Yasunari Tetsuzo 1986 Low-Frequency Interactions between the Summer Monsoon and the Northern Hemisphere Westerlies. J. Meteor. Soc. Japan 64(5):693-708. (査読付).

Yasunari, T 1986 A possible link of QBOs among the stratosphere, the troposphere and the sea surface temperature in the Tropics. Meteorological Res. Report (Univ. of Tokyo) 86(1):80-85.

Kakegawa H., T. Yasunari and T. Kawamura 1986 Seasonal and Intra-seasonal Fluctuations of Polar Anticyclone and Circumpolar Vortex over Antarctica. Proceedings of the Eighth Symposium on Polar Meteorology and Glaciology, 1985, Memoir of National Inst. Polar Res. 45:19-29.

安成 哲三、栗原 弘一 1986年 「インド・モンスーン長期予報100年」記念国 際セミナーに参加して. 天気 33:529-536.

安成 哲三 1986年 ENSO(エル・ニーニョ/南方振動)の全球的様相.. 天気 33(10):507-513. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1985,12 Zonally Propagating Modes of the Global East-West Circulation Associated with the Southern Oscillation. J. Meteor. Soc. Japan 63(6):1013-1029. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1985 Seasonal and Interannual Fluctuations of the 30-50 day Mode in the Zonal Mean Westerly Flow. GARP, Proc. Int. Conf. FGGE Tropics 44:3-4.

Yasunari, T. and T.N. Krishnamurti 1985 Global Structure of the Southern Oscillation. . Proc. of 1st WMO Workshop on the Diagnosis and Prediction of Monthly and Seasonal Atmospheric Variations on the Globe:,College Park, USA, July 29-Aug. 2.

安成 哲三 1984年 モンスーンと海南島. 地理 29(9):70-77.

安成 哲三 1984年 モンスーンの30-50日周期振動と中・高緯度循環. グロースベッター 22:1-16.

安成 哲三 1984年 モンスーンとは何だろうか ーその変動の意味するものー. 科学 54:487-494.

Ageta, Y., J.-Q. Qui and T. Yasunari 1983 Relations Between Meteorological Conditions and Mass Balance of a Glacier on the North Slope of Mt. Bogda, Tian Shan. Journal of Glaciology & Cryopedology 5(3):47-57. (査読付).

Yasunari, T 1982,10 A Quasi-biennial Oscillation Appearing in the Monthly Rainfall over Indonesia Region. Extended abstract of Regional Scientific Conference on Tropical Meteorology, Tsukuba.

Chang, T., and T. Yasunari 1982 Fluctuations of Global Surface Pressure Patterns during the Past 100 Years and Their Relation to Asian Monsoon. Part I. Northern Summer (July). J. Meteor.Soc. Japan 60(5):1132-1142. (査読付).

安成 哲三 1982年 モンスーン研究への利用. 気象研究ノート 145:61-88.

Yasunari Tetsuzo 1981 Structure of an Indian Summer Monsoon System with around 40-Day Period. J. Meteor. Soc. Japan 59(3):336-354. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1981 Temporal and Spatial Variations of Monthly Rainfall in Java, Indonesia. Southeast Asian Studies 19(2):170-186. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1981 Influence of the Southern Hemisphere Circulations on the Active-break Cycle of the Indian Summer Monsoon. Memoir of National Inst. Polar Res. Special Issue(19):223-233.

Yasunari Tetsuzo 1981 Structure of the Active-break Cycle of the Indian Summer Monsoon with Around 40-day Period.. Proc. Int. Conf. Sci. Results of MONEX 1:26-29.

Fushimi, H., T. Yasunari, H. Higuchi, A. Nagoshi, O. Watanabe, K. Ikegami, K. Higuchi, Y. Ageta, T. Ohata and C. Nakajima 1980 Preliminary Report on Flight Observations of 1976 and 1978 in the Nepal Himalayas. Seppyo 41:62-66. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1980 A Quasi-Stationary Appearance of 30 to 40 Day Period in the Cloudiness Fluctuations during the Summer Monsoon over India. J. Meteor. Soc. Japan 58(3):225-229. (査読付).

Iwata, S., Y. Fujii and T. Yasunari 1980 Preliminary Investigations of Sediment Core Samples from the Tsola-Tso Lake, Khumbu Himal. Seppyo 41:104-106. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1980 Air-borne Measurements of the Surface Temperature over the Nepal Himalayas. Seppyo 41:82-85. (査読付).

安成哲三 1980年 ヒマラヤの上昇とモンスーン気候の成立 -第三紀から第四紀にいたる気候体制の変化について-. 生物科学 32:36-44. (査読付).

安成哲三 1980年 大気循環系と氷河系. 月刊「地球」 2:180-188.

Yasunari Tetsuzo 1979 Cloudiness Fluctuations Associated with the Northern Hemisphere Summer Monsoon. J. Metor. Soc. Japan 57(3):227-242. (査読付).

Yasunari Tetsuzo and J. Inoue 1978 Characteristics of Monsoonal Precipitation around Peaks and Ridges in Shorong and Khumbu Himal. Seppyo 40:26-32. (査読付).

Yasunari Tetsuzo and C. Nakajima 1978 Air-borne Measurements of the Temperature Field over the Nepal Himalayas -A Preliminary Observation . Seppyo 40:33-36. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1977 Stationary Waves in the Southern Hemisphere Mid-Latitude Zone Revealed from Average Brightness Charts. Journal of the Meteorological Society of Japan 55(3):274-285. (査読付).

Yasunari Tetsuzo 1976 Spectral Analysis of Monsoonal Precipitation in the Nepal Himalaya. Seppyo(38):59-65. (査読付).

中島 暢太郎、井上 治郎、安成 哲三 1976年 ヒマラヤ周辺の気象について. 京大防災研究所年報 19A:1-30.

Yasunari Tetsuzo 1976 Seasonal Weather Variations in Khumbu Himal. Seppyo:74-83. (査読付).

安成哲三 地球気候システムにおける生物圏の役割-ユーラシア大陸における気候・生態系相互作用を中心に-. 環境 127(社団法人環境創造研究センター講演記録1-7):2011.

【総説】

A. P. Dimri, D. Niyogi, A. P. Barros, J. Ridley, U. C. Mohanty, T. Yasunari and D. R. Sikka, 2015 Western Disturbances: A Review. Reviews of Geophysics. (査読付). in press

その他の出版物

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

安成哲三、長谷川櫂 2018年01月 (巻頭対談)「四季とたわむれ、四季を詠む」. KOSMOS(国際花と緑の博覧会記念協会) (2号):2-13.

安成哲三 2017年10月 追悼文:地球をめぐる風と共に―国際的気候学者 吉野正敏先生を偲ぶ―. 天気 64(10):29-30.

安成哲三 2017年10月 編集後記. 学術の動向 22(10):132.

安成 哲三 2017年05月 所長からのメッセージ『地域と地球をつなぐ思想―「近代化」をどう超克するか』. 地球研ニュース Vol.66:2-3.

安成哲三 2016年09月 [連載]あのころ―1976~インドモンスーンにおける「床屋の看板」変動の発見. 気候適応史プロジェクトニューズレター (10号):7.

安成哲三 2016年03月 特集1 第3期中期計画での研究組織と体制「地球研の新たな〈かたち〉を求めて」. 地球研ニュース No.59:2-3.

安成哲三、石川智士、田中樹、渡辺一生、蒋宏偉、王智弘 2016年01月 特集1 新しい研究構想で盛り上がる「東アジアからインド洋に拡がる自然と文化の綾を再発見しよう」. 地球研ニュース No.58:2-3.

安成 哲三 2015年11月 特集1 第3回地球研・国語研合同研究の報告 情報のまとめと使い方 ―「方言」と伝統的暮らし・価値観から見直す地球環境学 今後の展望『人と自然の関係を言語から考える』. 地球研ニュース No.57:2-3.

安成哲三 2015年06月 まなびぃのつぼ「グローカルの思想―地域と地球を同時に考える―」. 京まなびぃニュースレター、京都市社会教育委員会 (第10号).

安成哲三 2015年05月 特集1 第Ⅲ期中期目標・中期計画の策定にむけて「総合地球環境学の新しいかたちをめざして」. 地球研ニュース No.54:2-3.

安成哲三 2015年 会賞受賞記念寄稿「水文・水資源学会功績賞を受賞して」. 学、水文・水資源学会誌 vol.28(No.1).

安成哲三 2014年10月 特集2 アジアの経済発展と地球環境の将来:人文・社会科学からのメッセージ「フーチャーアース:その目的、緊要性とアジアの重要性」. 学術の動向 19(10):84-85. 日本学術協力財団、日本学術会議

安成哲三 2014年09月 晴れときどき書評「地球と人類の未来のための新たな『風土学』の重要性~オギュスタン・ベルク『風土としての地球』などをめぐって」. 地球研ニュース No.50:15.

安成哲三 2014年 巻頭言「Future Earthにおけるリモートセンシングの重要性」. リモートセンシング学会誌 Vol.34 (No.4 衛星検証小特集号).

安成哲三 2014年 持続可能な地球社会へむけてのあらたな国際的枠組み- Future Earth の取り組み. SEEDer (10):6-13.

会合等での研究発表

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Tetsuzo Yasunari Outline of Research Institute for Humanity and Nature (RIHN). RIHN-SRC Workshop, 2018.10.29-2018.10.30, Stockholm Resilience Center(SRC), Sweden.

安成 哲三 変わりつつある地球 ~私たちは何をすべきか~. 地球研特別セミナー, 2018年09月11日, 地球研講演室(京都市).

安成 哲三 変わりつつある地球 ~私たちは何をすべきか~. 地球研特別セミナー, 2018年09月11日, 総合地球環境学研究所(京都市).

安成 哲三 「地球温暖化」で雨はどうなるか?~温室効果ガス増加による水循環の変化~. 地球研オープンハウス・ミニレクチャー, 2018年07月27日, 総合地球環境学研究所(京都市).

安成 哲三 「地球温暖化」と人類の未来 ~未来の地球のために、今知っておくべきこと~. 京都府立北稜高校特別講義, 2018年07月13日, 京都府立北稜高校(京都市).

安成 哲三 チリ・パタゴニアへ. シンポジウム 「探検大学の誕生」, 2018年06月17日, 京都大学吉田キャンパス国際科学イノベーション棟5F.

Tetsuzo Yasunari Future Earth: towards global sustainability of the anthropocene?. Future Earth, Mongolia, 2018.06.08, Ulaanbaatar, Mongolia.

安成 哲三 Future Earth-Global Research Projects(GRPs)による地球環境変化研究の統合. JpGU 2018 Union-07, 2018年05月20日, 幕張(千葉).

安成 哲三 未来可能な地球社会に向けて-地球と地域をつなぐFuture Earthの取組―, Future Earth -Toward global sustainability-. 地球環境京都会議2017(KYOTO+20), 2017年12月10日, 京都国際会館.

安成哲三 Future Earth ―その科学的意義と日本の役割―. 2017年度JCAS年次集会公開シンポジウム フューチャー・アースと地域研究者の協力の可能性, 2017年10月28日, 東北大学川内キャンパス講義棟B棟200教室(仙台市).

安成哲三 The Anthropocene and Future Earth: -地球と人類の共存・共生をめざして-. I-URICフロンティアコロキウム「共生・共存と多様性の維持」, 2017年09月20日, 総合地球環境学研究所 講演室.

安成哲三 地球環境問題はどう解決できるか -Future Earthの取り組みについて―. 日本学術会議地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会主催 日本学術会議公開シンポジウム「災害軽減と持続的社会の形成に向けた科学と社会の協働・協創」, 2017年09月17日, 日本学術会議講堂(東京).

安成 哲三 Future Earth -its importance & implication in Asia and Oceania-. AOGS 2017 Special Session 09, 2017.08.10, Singapore.

安成 哲三 Future EarthとWCRPの連携 -アジア地域における取り組みの重要性-. 日本学術会議主催公開シンポジウム「Future Earth 時代のWCRP」, 2017年07月28日, 東大駒場第2キャンパス(東京).

安成 哲三 The Asian Greenbelt - a possible tipping element for Future Earth. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.20, 幕張メッセ(千葉県).

安成 哲三 Future Earth: It's Importance and Implications in Asia. 金沢大学環日本海域環境研究センター共同利用・共同研究拠点推進シンポジウム, 2017.02.28, 金沢大学自然科学大講義棟レクチャーホール(金沢) .

Tetsuzo Yasunari Future Earth - its importance and implication in Asia. International symposium "Decision Science for Future Earth", 2017.02.19, Inamori Hall, Ito campus, Kyushu University (Fukuoka) .

安成 哲三 Future Earth ―持続可能な地球社会に向けての新たな国際的取り組み―. 京大地球物理学教室同窓会「京大知球会」講演会, 2017年02月18日, 京大理学研究科2号館(第1講義室)(京都) .

安成 哲三 地球温暖化はどうなるか?―そのアジア地域への影響―. 第51回ペストコントロールフォーラム, 2017年02月09日, くまもと県民交流館パレア(熊本).

安成 哲三 Future Earth: 持続可能な未来地球社会に向けて. 立正大学講演会, 2016年12月20日, 立正大学龍谷キャンパス(埼玉) .

安成 哲三 地球学をめざして~私の研究遍歴40年とこれから~. 立正大学サイエンスカフェ, 2016年12月20日, 立正大学熊谷キャンパス(埼玉) .

安成 哲三 地域・地球規模の環境問題への対応:Future Earthへの取組―持続可能な地球社会をめざして―. 高知工科大学主催セミナー「Future Earthのアジアにおける重要性」, 2016年11月14日, 高知工科大学永国寺キャンパス.

安成 哲三 Future Earthにおける災害・環境問題への取組における課題. 日本学術会議主催学術フォーラム「科学者は災害軽減と持続的社会の形成に役立っているか?」, 2016年11月13日, 日本学術会議講堂(東京) .

安成 哲三 未来可能な地球社会を目指して―地球研における学際・超学際研究の推進―. 大学共同利用機関協議会, 2016年11月09日, 学士会館(東京) .

安成 哲三 Future Earth in Asia: its importance & implication. RACC8 / STS forum, 2016.10.01, 京都国際会館.

安成 哲三 Future Earth: その科学と社会における意義. 環境経済・政策学会2016年大会, 2016年09月11日, 政策研究大学院大学(東京).

安成 哲三 Future Earth in Asia: its importance and implication. 1st Asian Science and Technology Conference for Disaster Risk Reduction, 2016.08.23-2016.08.24, Bangkok, Thailand.

安成哲三 Future Earth: its importance and implication in Asia. Wu Ta-You Science Camp, 2016.08.03, Hsitou, Taiwan.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its importance in Asia and Pacific. 2nd JASTIP Symposium in Jakarta, 2016.06.11, The Indonesian Institute of Sciences (LIPI), Jakarta.

安成 哲三 Future Earth: 地球人間圏の相互作用環の俯瞰解明に基づく地域からグローバルな持続可能性の追求. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月24日, 千葉幕張メッセ国際会議場(千葉).

安成 哲三 Future Earth: towards global sustainability of THE ANTHROPOCENE?. 北京大学地球環境学講座, 2016年03月15日, 北京大学、中国.

安成 哲三 アジアにおけるFuture Earthの重要性と意義. Future Earth Asian Perspective Symposium on Air Pollution Transdisciplinary Collaboration, 2016.02.29, Academia Sinica、台北.

安成 哲三 地域・地球規模の環境問題への対応-Future Earthへの取組-. 三重大学 国際環境シンポジウム, 2016年01月29日, 北伊勢上野信用金庫7階大会議室(三重県四日市) .

安成 哲三 Future Earth -持続可能な地球社会へ向けた新しい科学の展開-、. 九州大学決断科学特別講義, 2015年12月15日, 九州大学伊都キャンパスパブリック1号館1F共通ゼミ室(福岡) .

安成 哲三 Future Earth -持続可能な地球社会へ向けた新しい科学の展開-. 千葉大学環境リモートセンシング研究センター(CEReS)創立20周年記念式典, 2015年11月30日, 千葉大学けやき会館大ホール(千葉).

Tetsuzo Yasunari Future Earth: its importance and implication in Asia. The 13th International Conference on the Atmospheric Sciences and Application to Air Quality (ASAAQ13), 2015.11.11, Kobe International Conference Center(Hyogo).

Tetsuzo Yasunari Sustainable and resilient urban-rural system as a key issue of Future Earth in Asia. International Symposium on Co-design for Urbanization in China and the Asia-Pacific Region, 2015.10.23, Xiamen, China.

安成 哲三 Future Earth: towards global sustainability of THE ANTHROPOCENE?. Future Earth with INQUA, 国際第四紀学連合第19回大会, 2015.07.28, 名古屋.

Tetsuzo Yasunari Future Earth: its importance and implications in Asia. 26th IUGG General Assembly, 2015.06.23, Prague, Czech Republic.

Tetsuzo Yasunari Monsoon Asia as a key region for Future Earth. AGU Chapman Conference, 2015.06.15, Hong Kong, China.

安成 哲三 Future Earth~持続(未来)可能な地球社会をめざして~. 日本フンボルト協会講演会, 2015年06月13日, 京都府立医科大学 広小路キャンパス(京都).

安成 哲三 「地球温暖化」と人類の未来~未来の地球のために、今知っておくべきこと~. 洛北高校SSH講義, 2015年06月11日, 京都府立洛北高等学校(京都).

安成 哲三 Future Earth -towards global sustainability-. 地球惑星科学連合大会(U01), 2015年05月25日, 幕張メッセ国際会議場(千葉県).

安成 哲三 太陽・地球・生命圏相互作用系の統合的研究の重要性 ―「名古屋大学宇宙地球環境研究所」設立に向けて―. 地球惑星科学連合大会(U06), 2015年05月24日, 幕張メッセ国際会議場(千葉県).

安成 哲三 地球環境における森林生態系の役割-アジア・ユーラシア大陸を中心に―. モデルフォレスト協会講演, 2015年05月20日, 京都ガーデンパレス(京都).

安成 哲三 Future Earth~持続(未来)可能な地球社会をめざして~. 三重大学FE講演会, 2015年05月15日, 三重大学(三重県津市).

安成 哲三 Future Earth and its importance in Asia and Pacific. 「持続可能開発を支えるe-インフラ」ワークショップ, 2015.04.08, 東京大学生産技術研究所.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its importance in Asia and Pacific. Future Earth in Asia at CIFOR, 2015.03.16, Bogor, Indonesia.

Tetsuzo Yasunari Importance of Asian monsoon region in Future Earth. Asian monsoon Hydroclimate -Review of MAHASRI and Beyond-, 2015.03.04-2015.03.05, Nagoya University IB Building IB013 (Nagoya).

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its importance in Asia and Pacific. Future Earth in Asia, 2015.01.21-2015.01.22, RIHN (Kyoto) .

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia and Pacific. Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience (ISDRRR), 2015.01.14-2015.01.16, Ito Hall (Tokyo) .

Tetsuzo Yasunari Future Earth and Its Implication in Asia and Pacific. 中部大学5th Digital Earth Summit 2014, 2014.11.09, Winc Aichi(名古屋).

安成哲三 Future Earth ―持続(未来)可能な地球社会をめざして―. Future Earth ワークショップ「対話で考える日本の戦略」 , 2014年11月08日, 日本科学未来館(東京・お台場).

安成哲三 Future Earth その東アジアでの意義. イクレイ京都国際環境シンポジウム, 2014年11月05日, 京都国際会館.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia. RACC6, 2014.10.04, 京都国際会館.

安成哲三 Future Earth ―持続(未来)可能な地球社会をめざして―. JaLTER All Scientist Meeting 2014, 2014年09月29日, 京都大学芦生研究林(京都府南丹市) .

安成哲三 Future Earth ―持続(未来)可能な地球社会をめざして―. FutureEarth/Trans-disciplinary研究勉強会, 2014年09月26日, 国立環境研究所(つくば市).

安成哲三 災害と地球環境問題にどう取り組むべきか―モンスーンアジアにおけるFuture Earthの課題―. 日本学術会議公開シンポジウム, 2014年09月07日, 日本学術会議講堂(東京).

Tetsuzo Yasunari Importance of Future Earth in Asia/Pacific Region. Asia Oceania Geosciences Society(AOGS) 11th Annual Meeting, 2014.07.28-2014.08.01, ロイトン札幌、(札幌) .

安成哲三 地球温暖化は異常気象や自然災害をどう変えるか?、. 中部大学 開学50周年記念連続講演会―持続可能な地球と私のために災害対応を考える―, 2014年07月19日, ウィンクあいち(名古屋)  .

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia and Pacific. 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議, 2014.07.18, 日本学術会議(東京) .

安成哲三 地球温暖化を科学的に検証する. 滋賀サイエンスカフェ2014, 2014年07月15日, 滋賀県立近代美術館.

Tetsuzo Yasunari Important role of the Asian monsoon system in the global environmental change. Takio Murakami Memorial Symposium on Tropical Meteorology and Monsoon, 2014.07.02-2014.07.03, Honolulu, Hawaii.

安成哲三 「地球温暖化」と人類の未来~未来の地球のために、今知っておくべきこと~ . 洛北高校SSH講義, 2014年06月12日, 京都府立洛北高等学校.

安成哲三 Future Earth 人類と地球のための新たな科学の創成をめざして. 名古屋大学持続的共発展教育研究センター設立記念シンポジウム, 2014年05月09日, 名古屋大学.

安成哲三 Future Earth 地球環境研究のパラダイムシフトは可能か?、. 地球惑星連合大会, 2014年05月01日-2014年05月02日, パシフィコ横浜.

Tetsuzo Yasunari Future Earth:そのアジアでの重要性. 日中韓賢人会議(日本経済新聞社、中国・新華社、韓国・中央日報主催), 2014.04.22, 揚州、中国.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia and Pacific. CCEC Meeting, 2014.04.11-2014.04.12, 北京、中国.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia and Pacific. MAIRS Conference, 2014.04.09-2014.04.10, 北京、中国.

安成哲三 Future Earth:人類と地球のための新たな科学の創成をめざして. 日本森林学会テーマ別シンポ, 2014年03月29日, 大宮ソニックシティ(埼玉) .

安成哲三 Future Earth: 人類と地球のための新しい科学の創成をめざして. 環境科学会 市民公開講演会, 2014年03月15日, 国際連合大学エリザベス・ローズホール.

安成哲三 人類にとって地球とは何だろうか?未来の地球(Future Earth)に向けて. 地球環境学講座, 2014年03月12日, 北京大学、中国 .

Tetsuzo YASUNARI Future Earth and its implication in Asia and Pacific. GCOE-BCES国際シンポジウム, 2013.12.16-2013.12.17, 名古屋大学.

安成哲三 人間にとって地球とは何だろうか?. 日本学術会議近畿地区会議学術講演会「環境といのち 智恵なすわざの再生へ」, 2013年12月15日, 京都大学芝蘭会館稲盛ホール.

安成哲三 Future Earth:アジアの環境研究における意義. 農業環境技術研究所30周年記念シンポジウム, 2013年12月13日, 新宿明治安田生命ホール .

安成哲三 地球温暖化はアジアでどう現れつつあるか~IPCC第一作業部会第5次評価報告書を中心に~. 気候変動の身近な影響と適応策を考える~IPCC第38回総会に向けてin京都~, 2013年11月29日, 国立京都国際会館.

安成 哲三 地球温暖化はアジアでどう現れつつあるか~IPCC第一作業部会第5次評価報告書を中心に~. 気候変動の身近な影響と適応策を考える~IPCC第38回総会に向けてin京都~, 2013年11月29日-2013年11月29日, 国立京都国際会館(京都市).

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia and Pacific. ICSU 5th Regional Consultation in Seoul, 2013.11.26, Seoul, Korea.

安成哲三 「地球温暖化」と人類の未来 ~未来の地球のために、今知っておくべきこと~ . 「京まなびミーティング」特別講義, 2013年11月16日, 京都市立西京高等学校.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia. Lake HEAD Forum, 2013.11.07, Philippines.

Tetsuzo Yasunari Asian mega cities: Risks from Climate Change and Natural Hazards. RACC5, 2013.10.05, 京都国際会館.

Tetsuzo Yasunari Importance of Future Earth in Asia for local, regional and global sustainability(Current state of Future Earth in Japan). International Workshop on Future Earth in China, 2013.09.26-2013.09.27, Beijing, China.

Tetsuzo Yasunari Future Earth – A new international initiative toward global sustainability –. International Symposium"Developing Leaders for Managing Risks and Promoting Sustainability toward Establishing a Resilient and Sustainable Society", 2013.09.23, 国連大学、東京青山.

安成 哲三 再考:ヒマラヤの上昇と人類の進化. JAMSTEC/ GCPRP/T4 Informal Seminar, 2013年09月20日, JAMSTEC横浜.

Tetsuzo Yasunari 再考:ヒマラヤの上昇と人類の進化. 第33回日本登山医学会学術集会, 2013年06月15日, 京都大学.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia. 東アジア低炭素成長ナレッジ・プラットフォーム, 2013.05.17, イイノホール&カンファレンスセンター(東京).

Tetsuzo Yasunari How to implement Future Earth in Asia (Future Asia)?,. 神戸APN国際会議, 2013.04.11, 神戸.

Tetsuzo Yasunari Future Earth and its implication in Asia. SPARC WS, 2013.04.03, 京都大学.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

フューチャー・アース, 国際諮問委員. 2018年04月

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次および第6次評価報告書第1作業部会, 査読編集者. 2018年04月- .

Future Earth Advisory Committee, Advisory Committee Member. 2018年03月

京都文化創生機構, 顧問. 2017年05月

情報・システム研究機構, 教育研究評議会評議員. 2017年04月- .

GRENE事業北極気候変動分野事後評価委員会, 委員. 2016年11月-2017年03月.

学術の動向 編集委員会, 委員. 2016年07月- .

金沢大学, 環日本海域環境研究センター共同利用・共同研究拠点運営委員会委員. 2016年04月- .

京都大学東南アジア研究所共同利用・共同研究拠点運営委員会, 委員. 2016年04月- .

京都大学研究連携基盤基盤評価委員会, 委員. 2016年04月- .

北海道大学北極域研究共同推進拠点運営委員会, 委員. 2016年04月- .

京都大学研究連携基盤, 基盤評価委員会委員. 2016年04月- .

気象庁, 気候問題懇談会委員. 2015年11月-2017年03月.

名古屋大学宇宙地球環境研究所, 運営協議会 運営協議員. 2015年10月- .

IPCC 国内連絡会, メンバー. 2015年07月- .

IPCC WG1 国内幹事会, 委員. 2015年05月- .

一般社団法人水文・水資源学会, 国際誌編集委員会委員. 2014年11月-2016年09月.

日本学術会議, 連携会員. 2014年10月- .

IPCC AR5 国内連絡会, メンバー. 2014年09月-2015年03月.

金沢大学環日本海域環境研究センター, 将来構想諮問会議委員. 2014年07月-2015年03月.

文部科学省, 地球温暖化に関する学際的勉強会メンバー. 2014年03月-2015年03月.

IPCC国内連絡会, メンバー. 2014年01月- .

九州大学, 博士課程教育リーディングプログラム「持続可能な社会を拓く決断科学大学院プログラム」国内外部評価委員会委員. 2013年12月

日本学術会議, フューチャー・アースの推進に関する委員会委員長. 2013年08月- .

名古屋大学, 高等研究院院友. 2013年08月- .

名古屋大学太陽地球環境研究所, 外部評価委員. 2013年07月-2014年03月.

京都市社会教育委員会, 委員. 2013年07月- .

KYOTO地球環境の殿堂, 選考委員. 2013年07月- .

独立行政法人国立環境研究所, 環境研究総合推進費S-10アドバイザリーボード アドバイザー. 2013年06月-2014年03月.

IPCC WG1 国内幹事会, 委員. 2013年06月-2015年03月.

International Council for Science(ICSU), Future Earth国際科学委員. 2013年06月-2018年02月.

KYOTO地球環境の殿堂, 運営協議会 会長. 2013年05月- .

公益社団法人京都モデルフォレスト協会, 副理事長. 2013年05月- .

気象庁, 気候問題懇談会委員. 2013年04月-2014年03月.

IIASA, 日本委員会総会委員. 2013年04月- .

独立行政法人海洋研究開発機構, 招聘上席研究員. 2013年04月-2014年03月.

北海道大学, 低温科学研究所共同利用・共同研究拠点運営委員会委員. 2013年04月- .

文部科学省, 科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会地球観測推進部会北極研究戦略小委員会会員. 2013年03月-2015年02月.

国際応用システム科学研究所(IIASA), 科学諮問委員会委員. 2012年04月

IPCC第1ワーキンググループ, Review Editor. 2010年06月

MAIRS(モンスーンアジア総合的地域研究プログラム)、ESSP(システム研究パートナーシップ)、ICSU(国際科学会議)国際科学推進委員, 副委員長. 2009年04月

日本学術会議, 環境学・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP(2011年11月よりIGBP・WCRP・DIVERSITAS)合同分科会委員長. 2008年12月

日本学術会議, 会員. 2008年10月-2014年09月.

【メディア出演など】

「京都議定書誕生20周年~持続可能な都市文明を:左京 地球環境会議で宣言」. 京都新聞, 2017年12月11日 夕刊, 8面. (基調講演)

「地球環境京都会議2017:環境と調和 持続可能な都市へ~京都議定書議決20年」. 毎日新聞, 2017年12月08日 朝刊, 23面. (基調講演)

ワイド!スクランブル・昨今の台風やひょう、大雨の発生について (電話出演). テレビ朝日, 2017年07月24日.

スーパーJチャンネル・海面水温上昇と気象の関係について (電話出演). テレビ朝日, 2017年07月22日.

賢く「たたむ」都市の未来~我々はどこから来てどこへ向かうのか~vol.7 巨大災害. 朝日新聞, 2017年01月08日 朝刊, 3面.

「日本人の忘れ物 知恵会議 未来を拓く京都の集い」 . 京都新聞 , 2016年10月29日 朝刊, 11.

食と農の未来像探る 地球研、亀岡市と交流協定. 京都新聞, 2016年08月19日 朝刊, 23面.

科学の扉 『人新世』人類が地球を変える時代 -プラスチック「現代の化石」-  (コメント掲載). 朝日新聞, 2016年04月03日 朝刊, 27面.

Eの新話『環境研究者は「臨床医」たれ』地域知る人材育成課題. 日経産業新聞, 2015年11月19日 , 11.

Eの新話『環境研究者は「臨床医」たれ』地域知る人材育成課題. 日経産業新聞, 2015年11月19日 朝刊, 11.

「日本人の忘れもの知恵会議2015」 日本の伝統的な自然観を地球の未来社会に生かす. 京都新聞, 2015年01月01日 元日特別号.

関西View 「私を変えたあの時」 . 日本経済新聞, 2014年08月20日 夕刊, 13.

「現代のことば」 棚田の田植えから学ぶ. 京都新聞, 2014年06月11日 夕刊, 7面.

特集 日中韓賢人会議 . 日本経済新聞, 2014年05月01日 朝刊(関東), 8面9面.

「現代のことば」税金を考える. 京都新聞, 2014年04月17日 夕刊, 7面.

「現代のことば」「千年の都」の条件. 京都新聞, 2014年02月18日 夕刊, 7面.

「現代のことば」 国境なき地球の自然. 京都新聞, 2013年12月16日 夕刊, 7面.

「現代のことば」未来の地球を考える. 京都新聞, 2013年10月18日 夕刊, 7.

寸言「人材育成とは?-京大探検部の4年間-」. 2013年09月,京大広報 692 :.

エコラボトーク 分野を超えて考える「持続可能な人間社会への転換」. 2013年09月,名古屋大学大学院環境学研究科「環」 25 :2-6.

タクシーの持続性学 (「現代のことば」). 京都新聞, 2013年08月19日 夕刊, 7.

ON THE WAY ジャーナル ウィークエンド~内館牧子のエコひいきな人々~ (ゲスト出演。Future Earthの紹介。). TOKYO FM, 2013年08月10日-2013年08月11日.

多様性の意味 (企画特集「日本人の忘れ物」). 京都新聞, 2013年06月09日 .

地球研3代目所長安成哲三さん データ統合して生かす (文化). 読売新聞, 2013年05月21日 夕刊, 11.

太陽が変だ-地球環境への影響は (科学). 赤旗新聞, 2013年04月29日 , 14.

環境対策と防災・減炎一体 (所長就任紹介記事). 朝日新聞, 2013年04月17日 夕刊.

寸言「人材育成とは?」-京大探検部の4年間-」. 2013年,京大広報 (692) :.