総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名寺田 匡宏
氏名(かな)てらだ まさひろ
所属研究部
職名客員准教授
着任日 
離任日 
職歴総合地球環境学研究所特任准教授(2012)
総合地球環境学研究所客員准教授(2015)
マックス・プランク科学史研究所客員研究員(ベルリン・ドイツ)(2016)
学位文学修士(大阪大学 1998)
専攻・バックグラウンド環境学
歴史学/メタヒストリー
アンソロポシーン研究
自己紹介メールアドレス terada[at]chikyu.ac.jp
([at]を@に置き換えてください。)

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

寺田匡宏 2018年03月 カタストロフと時間--記憶/語りと歴史の生成(エネルゲイア). 地球研和文学術叢書 人間環境学と地域. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, 902pp.  http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2241

寺田匡宏(編著) 2016年09月 『災厄からの立ち直りーー高校生のための〈世界〉に耳を澄ませる方法』. あいり出版, 京都市, 304 pp.  http://airpub.jp/shop-new/goodsprev.cgi?gno=978-4-86555-033-7

寺田匡宏 2015年03月 『人は火山に何を見るのかーー環境と記憶/歴史』. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, 208pp.  http://www.showado-kyoto.jp/book/b193082.html

【分担執筆】

寺田匡宏 2018年03月 「能動/受動と環境主体性」. 三村豊編 『超学際主義宣言――地域に人をどう巻き込むか?』. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, p. iv-iv.

Terada, Masahiro 2015年04月 Nhật Bản cận đại nhìn từ hình thức tồn tại của "nơi chốn"/Ký ức chung của cộng đồng về thiên tai thời hiện đại - Phân tích so sánh về biểu tượng phục hưng và tưởng niệm tại các công trình kiến trúc và địa điểm của bảo tàng, khu tưởng niệm về Đại động đất Kanto, Đại động đất Hanshin(<場>のあり方から見た日本の近代/現代における自然災害の公的記憶――関東大震災と阪神大震災に関する博物館・メモリアルのトポスと建築における復興と慰霊の表象の比較分析). Bài giảng chuyên đề nghiên cứu Nhật Bản - Thảm họa và phục hưng. NXB Thế giới, Hà Nội, Hanoi, Vietnam, pp.195-223. ベトナム文,翻訳:ファン・ティ・トゥ・ジャン(trans. by Pham Thi Thu Giang)(ベトナム語)

寺田匡宏 2016年07月 「広島平和記念資料館」. 『単元別入試精選問題集 アイルI’ll 小6 広島地区』. 学書, 名古屋市, pp.56-57. [記憶と表現]研究会『訪ねてみよう 戦争を学ぶミュージアム/メモリアル』(岩波ジュニア新書,2005年,44-47頁所収)の再録。広島大学附属中学校入試問題出題。

Masahiro Terada 2016,04 “ (Discussions on the Technosphere)”. Continent. 5.2/2016, The Technosphere, Now. , Berlin, Germany, p.62-62.

Masahiro Terada 2016,04 “a continent. inter-view”. Nina Jäger, Paul Boshears, Bernhard Garnicnig, Jamie Allen, Lital Khaikin (ed.) continent.. continent., (Web publishing), pp.53-56.  http://www.continentcontinent.cc/index.php/continent/article/view/247

Olivier Hamant, Ellen Irons, Gregor Lax, Dariya Manova, Anna Lillie Svensson and Masahiro Terada 2016,04 “A Slobjects Exercise: What’s in Our Pockets?”. Campus 2014 The Anthropocene Issue. Anthropocene Curriculum web site. anthropocene-curriculum.org, Berlin.  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2014/slow-media/a-slobjects-exercise-what-s-in-our-pockets/

Heather Davis, Judith Marlen Dobler, Sandra van der Hel, Johannes Lundershausen, Anna-Sophie Springer, Fabio Vladimir Sánchez-Calderón, Masahiro Terada, Alexandra Toland and Anne-Kathrin Winkler-Hanns, 2016,04 “Plastic and Surrogacy". Campus 2014 The Anthropocene Issue. Anthropocene Curriculum web site. anthropocene-curriculum.org, Berlin.  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2014/filtering-the-anthropocene/plastic-in-fertility/

寺田匡宏 2015年12月 「神戸という記憶の<場>ーー公的、集合的、個的記憶の相克とすみわけ」. 木村周平・清水展編 新しい人間、新しい社会:復興の物語を再創造する. 災害対応の地域研究, 5. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.115-160.

寺田匡宏 2015年04月 「<場>のあり方から見た日本の近代/現代における自然災害の公的記憶――関東大震災と阪神大震災に関する博物館・メモリアルのトポスと建築における復興と慰霊の表象の比較分析」. ベトナム国立大学ハノイ校人文社会科学大大学東洋学部日本研究学科ヴォ・ミン・ヴ編 『災害と復興』. 日本学研究論文集, 5. 世界出版社, ハノイ,ベトナム, pp.147-168.

寺田匡宏 2015年03月 「「無名の死者」の捏造ーー阪神・淡路大震災のメモリアル博物館における被災と復興像の演出の特徴」. 木部暢子編 『災害に学ぶーー文化資源の保全と再生』. 勉誠出版, 東京都千代田区, pp.61-115.  http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100450

寺田匡宏 2013年07月 「広島平和記念資料館」. 『単元別入試精選問題集 小6』. 学書, 名古屋市, pp.60-61. [記憶と表現]研究会『訪ねてみよう 戦争を学ぶミュージアム/メモリアル』(岩波ジュニア新書,2005年,44-47頁所収)の再録。広島大学附属中学校入試問題出題。

論文

【原著】

Masahiro Terada 2018,03 “Between Active and Passive: Japanese Language and Environmental Subjectivity in the Epoch of the Anthropocene” . 三村豊 (ed.) 『超学際主義宣言――地域に人をどう巻き込むか?』. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.i-iii.

Masahiro Terada 2016,11 „Floating and Anthropos: A lesson in / from Aerocene“. Anthropocene-Curriculum website. Haus der Kulturen der Welt, Berlin, Germany,  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2016/knowing-in-the-anthropocene/floating-and-anthropos/

Masahiro Terada 2016,11 ”The Reed, Slime Mold, and Sprout: On Becoming and the Form of Time“. Anthropocene-Curriculum website. Haus der Kulturen der Welt,, Berlin, Germany,  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2016/co-evolutionary-perspectives-on-the-technosphere/the-reed-slime-mold-and-sprout/

寺田匡宏 2013年09月 「見えにくい災厄にどう向き合うか-フクシマ - 東京/アウシュヴィッツ - ベルリン-」. 『歴史学研究』(909):29-33.  http://rekiken.jp/journal/2013.html

その他の出版物

【報告書】

寺田匡宏 2013年03月 「編集後記」. 総合地球環境学研究所 研究推進戦略センター編 『統合知の形成をめざして;地球研 研究推進戦略センター5年6か月の軌跡』. p.126-126.

寺田匡宏 2013年03月 「市民と子どもを対象にしたサイエンス・コミュニケーション」. 総合地球環境学研究所 研究推進戦略センター編 『統合知の形成をめざして;地球研 研究推進戦略センター5年6か月の軌跡』. pp.41-43.

寺田匡宏 2013年03月 「学術コミュニティを対象とした刊行物の発行」. 総合地球環境学研究所 研究推進戦略センター編 『統合知の形成をめざして;地球研 研究推進戦略センター5年6か月の軌跡』. pp.50-51.

【書評】

寺田匡宏 2014年11月 「『伊谷純一郎著作集』全6巻」 (伊谷純一郎 2007年 『伊谷純一郎著作集』全6巻 に関する書評). Humanity&Nature 地球研ニュース(51):7.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_51.pdf

寺田匡宏 2014年07月 「『縁側から庭へ』エマニュエル・マレス Emmanuel Mares」 (エマニュエル・マレス 2014年 『縁側から庭へ』 に関する書評). Humanity&Nature 地球研ニュース(49):15.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_49.pdf

寺田匡宏 2013年07月 「人間科学としての地球環境学ー人とつながる自然・自然とつながる人」 (立本成文 2013年03月 『人間科学としての地球環境学ー人とつながる自然・自然とつながる人』 に関する書評). Humanity&Nature 地球研ニュース(43):11.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_43.pdf

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

磯部洋明、寺田匡宏、熊澤輝一、遠山真理 2018年05月 「先端技術と向き合う〈第4回〉地球の外にいくつもの「環境」ができるときーー新たなアクターが拓く火星移住という未来. 『Humanity & Nature 地球研ニュース』  (72):8-12.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_72_2.pdf

寺田匡宏 2018年03月 「兆候としての先端技術と「未来史」を書くことーー「先端技術と向き合う」意味」. 『Humanity & Nature 地球研ニュース』 (71):5-5.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_71.pdf

田中樹+ベノワ・アザール+寺田匡宏 2017年03月 「人類世(Anthropocene)における複数形の人類景(Anthripo-scenes)」. Humanity&Nature 地球研ニュース (65):2-4.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_65.pdf

寺田匡宏 2016年11月 「サッカートイレーードイツのとある町」. Humanity&Nature (63):4.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_63.pdf

Masahiro Terada 2016年04月 ”(Maruyama(1914-1966) focuses on the term naru(なる)…)”. Flugblatt (#7):1-1.

寺田匡宏 2016年01月 「歴史ナラティブとしてのアンソロポシーン言説--日本からの発信の可能性」. Humanity&Nature 地球研ニュース (58):11.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_58_2.pdf

寺田匡宏 2015年03月 「「アンソロポシーン・キャンパス」参加報告 Anthropocene Curriculum & Anthropocene Campus 20014年11月14日ー22日」. Humanity&Nature 地球研ニュース (53):12.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_53_2.pdf

門司和彦・福士由紀・中川千草・寺田匡宏・菊地直樹 2015年01月 感染症の危機管理と研究者の役割. Humanity & Nature (52):2-5.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_52.pdf

マレー・ハイン,申基徹,ヤップ・ミンリー,大西拓一郎,寺田匡宏 2014年09月 「<ことば>から考える地球環境学 日本語編 リンガ・フランカとしての日本語と地球環境学の未来」. Humanity & Nature (50):10-13.  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/img/newsletter_50.pdf

石山俊,三村豊,小木曽彩菜,寺田匡宏 2014年05月 「展示を通してプロジェクトの成果を統合し公開する」. Humanity & Nature (48):5-7.  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/newsletter/pdf/newsletter_48.pdf

寺田匡宏 2014年03月 「文理の枠にとらわれない自由な探求心を育むー京都府立洛北高校「スーパーサイエンスハイスクール」への協力」. 『Humanity & Nature』 (47):10.  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/newsletter/pdf/newsletter_47.pdf

阿部健一,田中樹,寺田匡宏,熊澤輝一 2014年03月 「地球環境学の魅力を発信し,地球研「コミュニティ」の拡大をねらう」. 『Humanity & Nature』 (47):2-4.  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/newsletter/pdf/newsletter_47.pdf

藤原潤子,石山俊,市川光太郎,濱崎宏則,寺田匡宏 2013年07月 「<ことば>から考える地球環境学【フィールドワーク編】」. Humanity&Nature 地球研ニュース (43):6-8.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_43.pdf

寺田匡宏 2013年07月 「開催報告 2013年6月29日 第12回 地球研フォーラム 「“共に創る”地球環境研究」が開催されました」. 地球環境学研究所 ホームページ .  http://www.chikyu.ac.jp/archive/event/forum/12/forum_20130629_past.html

寺田匡宏 2013年07月 「イベントの報告 第50回地球研市民セミナー 持続可能な地域づくりを支える科学 2013年5月24日」. Humanity&Nature (43):14.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_43.pdf

寺田匡宏 2014年01月 「編集後記」. Humanity&Nature (46):16.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_46_2.pdf

寺田匡宏 2014年01月 「イベントの報告 第55回地球研市民セミナー 地球温暖化リスクと人類の選択 2013年12月11日」. Humanity&Nature (46):14.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_46_2.pdf

寺田匡宏 2013年11月 「編集後記」. Humanity&Nature (45):16.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_45_2.pdf

寺田匡宏 2013年09月 「イベントの報告 第52回地球研市民セミナー 水俣からMINAMATAへ 2013年9月10日」. Humanity&Nature 地球研ニュース (44):14.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_44.pdf

寺田匡宏 2013年03月 「機構シンポジウムの報告 人間文化研究機構第20回公開講演会・シンポジウム コモンズ--豊かさのために分かちあう」. 『Humanity & Nature』 (41):4-6.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_41.pdf

寺田匡宏 2013年03月 「編集後記」. 『Humanity & Nature』 (41):16.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_41.pdf

【その他】

2014年07月12日 寺田匡宏「趣旨説明」「わたしも地球環境の一部であるのだから,・・・(コメント)」(第13回地球研フォーラム「地球環境をどうデザインするか?」の当日配布用のプログラム)  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/event/forum/13/index.html

2014年06月 「わたしも地球環境の一部であるのだから,・・・(コメント)」(第13回地球研フォーラム「地球環境をどうデザインするか?」の事前宣伝用のチラシ)  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/event/forum/13/forum_20140712.pdf

会合等での研究発表

【口頭発表】

寺田匡宏 ”Whose Antoropocene, By Whom the Antoropocene is Narratede?: The Anthropocene as a Historical Discourse and the Problem of Subjectivity”. 第9回地球研東京セミナー地球環境と民主主義-人新世(Anthropocene)における学び」, 2018年01月27日, 東京大学駒場キャンパス. (本人発表).  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2018/0127.html

Masahiro Terada ” Narrating History, Narrating Evolution: Temporality for Humanity and Living Beings ". Habitatscape on Terra: Towards a Mesological Understanding of Humanity and Nature , 2017.03.16, Research Institute for Humanity and Nature, Koyoto, Japan. (本人発表).  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2017/img/0315-16_2.pdf

Masahiro Terada “Anthropocene concept as a question for life-world: From a view point of energy (ενέργεια), becoming, and time”. Colloque international IIAC-CNRS/EHESS et RIHN-Kyoto ”Paysages dans l’anthropocene/ Landscapes in the Anthropocene”, 2016.12.05-2016.12.08, Paris, France. (本人発表).  http://ffj.ehess.fr/upload/Actualites/Events/2016/AFFICHE_anthropocene-3.pdf

寺田匡宏 「A Passage to Shantiniketan(ビデオ・プレゼンテーション)」. 第132回 地球研セミナー、モンスーン・アジアにおける人と自然――アジアからの環境研究のための日本とインドの対話:言語と文学の視点で, 2016.06.07, 総合地球環境学研究所,京都市. (本人発表).  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/rihn-seminars/no132.html

Manfred Laubichlar, Jürgen Renn, Masahiro Terada, and Daniel Niles „Co-evolutionary Perspectives on the Technosphere. Interview“. Anthropocene-Curriculum website, 2016.04.14, Haus der Kulturen der Welt, Berlin, Germany. (本人発表).  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2016/co-evolutionary-perspectives-on-the-technosphere/

Masahiro Terada “Nature, Artificiality, and Becoming: Anthropocene/ Technosphere Thesis as a Historical Narrative”. “Conceptualizing the persistence of human-environmental knowledge through time, objects, and landscapes”, 2016.02.23, 総合地球環境学研究所,京都市. (本人発表).  http://www.chikyu.ac.jp/fooddiversity/achievements/file/flyer_danielWS.pdf

寺田匡宏 「100 Years of Food: Quest for Long-life Narrative 百年の食語り」. 地球研プレリサーチ「持続可能な食消費を実現するライフワールドの構築─食農体系の転換にむけて」年次研究会, 2016.02.07, 総合地球環境学研究所,京都市. (本人発表).

Masahiro Terada “The Anthropocene concept and Japanese historical narrative:Becoming, nature, and artificiality”. #1Anthropocene Workshop, 2015.09.17, 総合地球環境学研究所,京都市. (本人発表).  http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2015/img/0917.pdf

寺田匡宏 「災厄からの再生のための記録と記憶の〈場〉ー災害・紛争後の記憶をつなぐ実践・支援とその可能性ー」. 京都大学地域研究統合情報センター2014年度共同研究ワークショップおよび共同利用・共同研究報告会, 2015年04月26日, 京都大学地域研究統合情報センター(京都市左京区). (本人発表).  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=375

寺田匡宏 「縄田浩志 「できたこととできなかったこと、伝わったことと伝わらなかったこと:展示「砂漠を生き抜く」と出版『砂漠誌』を通じて」へのコメント 」. 京都大学地域研究統合情報センター共同研究「災厄からの再生のための記録と記憶の〈場〉ー災害・紛争後の記憶をつなぐ実践・支援とその可能性ー」第1回研究会, 2014年05月23日, 京都大学地域研究統合情報センター(京都市左京区). (本人発表).

寺田匡宏 「災厄からの再生のための記録と記憶の〈場〉ー災害・紛争後の記憶をつなぐ実践・支援とその可能性ー」. 京都大学地域研究統合情報センター2013年度共同研究ワークショップおよび共同利用・共同研究報告会, 2014年04月26日-2014年04月27日, 京都大学地域研究統合情報センター(京都市左京区). (本人発表).  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=310

寺田匡宏 「災害2年5か月後の三陸を見て考えたこと~記憶・記録・展示・被災物の視点から~」. 京都大学地域研究統合情報センター共同研究「災厄からの再生のための記録と記憶の〈場〉ー災害・紛争後の記憶をつなぐ実践・支援とその可能性ー」第1回研究会, 2013年08月10日, 京都大学地域研究統合情報センター. (本人発表).

寺田匡宏 「ミュージアム展示における被災像と復興像ー阪神・淡路大震災のメモリアル博物館における演出法と語られる物語に関する分析」. 科学研究費補助金基盤B「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」第2回研究会, 2014年02月18日, 京都大学東南アジア研究所.

寺田匡宏 「<場>の中の記憶――記憶のネットワークにむけての試論」. 第5回京都=アチェ「災害と社会」国際ワークショップ「災害後社会の復興における記憶と記録―コミュニティを結び育てる場としてのミュージアム―, 2013年09月18日, 京都大学地域研究統合情報センター.  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=1595

寺田匡宏 「阪神・淡路大震災(1995年)のメモリアル博物館における事実・再現・演出の特徴に関する考察」. 科学研究費補助金「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」代表・清水展(京都大学東南アジア研究所教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(B)に係る研究会, 2012年07月22日, 京都大学東南アジア研究センター,京都市. (本人発表).

寺田匡宏 コメント. 国際ワークショップ「武器をアートにーモザンビークにおける平和構築の営みを考える」, 2013年07月13日, 国立民族学博物館. (本人発表).  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/corp/20130713

寺田匡宏 「自然災害・戦争などに関する博物館における「復興」の表現の特徴」. 国立民族博物学博物館共同研究「災害復興における在来知-無形文化の再生と記憶の継承-」, 2013年05月11日, 国立民族学博物館. (本人発表).  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/12jr148

寺田匡宏 「見えにくい災厄にどう向き合うか ; フクシマ—東京/アウシュヴィッツ—ベルリン」. 第209回 地球研談話会セミナー, 2013年02月12日, 総合地球環境学研究所,京都市. (本人発表).

【ポスター発表】

Masahiro Terada “Nature, Artificiality, and Becoming: An insight on narrative of the Anthropocene from the view point of Japanese historiography”. Colloque international IIAC-CNRS/EHESS et RIHN-Kyoto ”Paysages dans l’anthropocene/ Landscapes in the Anthropocene”, 2016.12.05-2016.12.08, Paris, France. (本人発表).  http://ffj.ehess.fr/upload/Actualites/Events/2016/AFFICHE_anthropocene-3.pdf

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Masahiro Terada “Nature, Artificiality, and Becoming”. Anthropocene Campus 2016/ Technosphere Issue, 2016.04.16, Haus der Kulturen der Welt, Berlin, Germany.  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2016/

寺田匡宏 「Globalization of the memory as cultural praxis : A comparison between Germany, Indonesia, and Japan」. SPA Bhopal Knowledge Exchange Series, 2013.02.26, School of Planning and Architecture, Bhopal, India.

寺田匡宏 「災厄の「見えにくさ」と距離 アウシュヴィッツ-ベルリン/フクシマ-東京」. 記憶の写し絵 内戦・テロと震災・原発事故の経験から紡ぐ私たちの新しい物語, 2012年12月22日, 京都市 キャンパスプラザ京都. 主催:京都大学地域研究統合情報センター、共催:マレーシア映画文化研究会  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=1127

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

“Seminar Co-evolutionary perspectives on the Technosphere” in the Anthropocene Campus 2016/ Technosphere Issue, Convener. 2016年04月15日-2016年04月17日, Haus der Kulturen der Welt, Berlin, Germany. With Manfred Laubichler, Jürgen Renn, Daniel Niles, Joyeeta Gupta,and Sander van der Leeuw  http://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/campus-2016/

その他の成果物等

【創作活動】

「A Passage to Shantiniketan」 2016年07月. DVD, 寺田匡宏. カラー、7分40秒

「百年の食語り100 Years of Food Narrative: Quest for Long-life Narrative」 2016年02月. DVD, 寺田匡宏. カラー,4分

「Sustainable Foodscape Planning in Asia」 2016年01月. DVD , 寺田匡宏. カラー,2分

【その他】

2013年06月07日 寺田匡宏「フェイスブックで世界のおやつを知り隊 後篇」,『総合地球環境学研究所 公式 FACEBOOK』  https://www.facebook.com/RIHN.official

2013年05月31日 寺田匡宏「フェイスブックで世界のおやつを知り隊 前篇」,『総合地球環境学研究所 公式 FACEBOOK』  https://www.facebook.com/RIHN.official

2013年03月21日 寺田匡宏「中庭/パティオ」,『総合地球環境学研究所 公式 FACE BOOK』  https://www.facebook.com/RIHN.official

調査研究活動

【海外調査】

負の記憶の継承に関する調査. ソウル(韓国), 2013年03月08日-2013年03月11日. 科学研究費補助金「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」代表・清水展(京都大学東南アジア研究所教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(B)に係る調査.

負の記憶の継承に関する調査. デリー,ボパール(インド), 2013年02月20日-2013年02月28日. 科学研究費補助金「災害対応の地域研究の創出―「防災スマトラ・モデル」の構築とその実践的活用」代表・山本博之(京都大学地域研究統合情報センター准教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(A)に係る調査

負の記憶の継承に関する調査. マドリッド(スペイン),サラマンカ(スペイン), 2013年01月26日-2013年02月04日. 科学研究費補助金「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」代表・清水展(京都大学東南アジア研究所教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(B)に係る調査

負の記憶の継承に関する調査. パリ(フランス),ベルリン(ドイツ), 2012年12月24日-2013年01月07日. 科学研究費補助金「災害対応の地域研究の創出―「防災スマトラ・モデル」の構築とその実践的活用」代表・山本博之(京都大学地域研究統合情報センター准教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(A)に係る調査

負の記憶の継承に関する調査. 北京(中国), 2012年12月14日-2012年12月17日. 科学研究費補助金「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」代表・清水展(京都大学東南アジア研究所教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(B)に係る調査

負の記憶の継承に関する調査. プノンペン(カンボジア), 2012年11月27日-2012年11月30日. 科学研究費補助金「災害対応の地域研究の創出―「防災スマトラ・モデル」の構築とその実践的活用」代表・山本博之(京都大学地域研究統合情報センター准教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(A)に係る調査

外部資金の獲得

【科研費】

「ブーゲンビル戦の二つの記憶—草の根からの和解に向けて」(代表者:同志社大学・研究開発推進機構・研究員・大西正幸)(研究分担者) 2015年04月01日-2018年03月31日. 挑戦的萌芽研究.

「自然災害からの創造的な復興の支援を目指す統合的な民俗誌的研究」(代表・清水展京都大学東南アジア研究所教授)(研究分担者) 2013年04月01日-2015年03月31日. 基盤研究(B) 海外学術調査 (23401042).  http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/projects/kakenhi/kaken-projects_ja.html

「災害対応の地域研究の創出-「防災スマトラ・モデル」の構築とその実践的活用」(代表・山本博之京都大学地域研究統合情報センター准教授)(研究分担者) 2013年04月01日-2015年03月31日. 基盤研究(A) (23241081).  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/~yama/bosai/

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

世界文化会館Hous der Kulturen der Welt(ドイツ・ベルリン), 国際プログラムアンソロポシーン・カリキュラム、アクティブ・メンバー (「アンソロポシーン・イースト・アジア」担当). 2017年04月- .  https://www.anthropocene-curriculum.org/pages/root/related-projects/anthropocene-east-asia/

世界文化会館 Haus der Kulturen der Welt, Anthropocene Campus 2016 "Technoshere"のセミナー組織者(Convener). 2015年07月-2016年04月.  http://www.hkw.de/en/programm/projekte/2015/curriculum_campus_technosphere/campus_the_technosphere_issue.php

独立行政法人日本学生支援機構, 日本留学試験(日本語)アイテムライター (日本留学試験のうち「日本語」の問題文のアイテムを作成する). 2012年10月-2014年07月.

国立民族学博物館, 共同研究員 (共同研究「災害復興における在来知―無形文化財の再生と記憶の継承」(代表・橋本裕之追手門大学教授)). 2012年04月-2015年03月.  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/project/iurp/12jr148

京都大学地域研究統合情報センター, 共同研究員 (共同研究「紛争・災害後社会のメディアと記憶」(代表・西芳美京都大学地域研究統合情報センター准教授)). 2012年04月-2001年03月.  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/project/kyodo2012-61

京都大学東南アジア研究センター, 連携研究者 (科学研究費補助金「自然災害からの創造的復興の支援を目指す統合的な民族誌的研究」(代表・清水展京都大学東南アジア研究所教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(B)). 2011年04月-2013年03月.  http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/projects/kakenhi/kaken-projects_ja.html

京都大学地域研究統合情報センター, 連携研究者 (科学研究費補助金「災害対応の地域研究の創出―「防災スマトラ・モデル」の構築とその実践的活用」(代表・山本博之京都大学地域研究統合情報センター准教授)、2011年度~2014年度、基盤研究(A)。). 2011年04月-2013年03月.  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/~yama/bosai/

【共同研究員、所外客員など】

ドイツ・マックス・プランク科学史研究所, 共同研究員 (研究グループ「知とアンソロポシーン――構築される地球史Anthropocene Knowledge: Earth History in the Making」). 2016年08月- .  https://www.mpiwg-berlin.mpg.de/project/anthropocene-earth-history

国立民族学博物館, 文化資源共同研究員. 2015年04月-2016年03月.

京都大学地域研究統合情報センター, 共同研究員(共同研究代表者) (「災厄からの再生のための記録と記憶の〈場〉ー災害・紛争後の記憶をつなぐ実践・支援とその可能性ー」). 2013年04月-2015年03月.  http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/project/kyodo25-4-2-1

【依頼講演】

アリストテレスを読む. 文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール「洛北サイエンスⅡ」講義, 2014年04月24日, 京都府立洛北高校.

教育

【大学院教育・研究員などの受け入れ】

(2014年度) 都府立洛北高校スーパーサイエンスハイスクール事業運営コーディネーター 中高一貫コース高校2年生 (16人). 部科学省指定研究校スーパー・サイエンス・ハイスクール事業に係るコーディネート

(2013年度) 京都府立洛北高校スーパーサイエンスハイスクール事業運営コーディネーター 中高一貫コース高校2年生 (21人). 文部科学省指定研究校スーパー・サイエンス・ハイスクール事業に係るコーディネート  http://www.kyoto-be.ne.jp/rakuhoku-hs/ssh/