総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名日下 宗一郎
氏名(かな)くさか そういちろう
所属研究高度化支援センター
職名外来研究員
着任日 
離任日 
学位理学博士(京都大学 2011)
専攻・バックグラウンド自然人類学
同位体地球化学
所属学会日本人類学会
アメリカ形質人類学会
日本地球惑星連合
受賞歴Anthropological Science 論文奨励賞(2009)
ホームページhttp://www.soichirokusaka.com

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

日下宗一郎, 片山一道 2012年08月 縄文人の実像にせまる −安定同位体分析によるアプローチ. 阿形清和・森哲・井上敬・高井正成・高林純示・船山典子・村山美穂編 生き物たちのつづれ織り 上. 京都大学学術出版会, 京都, pp.3-12.

日下宗一郎,覚張隆史,中野孝教 2011年04月 ストロンチウム同位体分析からわかる人や動物の移動. 湯本貴和・高原光・村上哲明編 環境史をとらえる技法. シリーズ日本列島の三万五千年——人と自然の環境史, 第6巻. 文一総合出版, 東京, pp.199-202.

米田穣,陀安一郎,石丸恵利子,兵藤不二夫,日下宗一郎,覚張隆史,湯本貴和 2011年04月 同位体からみた日本列島の食生態の変遷. 湯本貴和・高原光・村上哲明編 環境史をとらえる技法. シリーズ日本列島の三万五千年——人と自然の環境史, 第6巻. 文一総合出版, 東京, pp.85-103.

論文

【原著】

Kusaka, S. Nakano, T. 2014,03 Carbon and oxygen isotope ratios and their temperature dependence in carbonate and tooth enamel using GasBench II preparation device. Rapid Communications in Mass Spectrometry 28(5):563-567. DOI:10.1002/rcm.6799 (査読付).

Kusaka, S., Nakano, T., Morita, W., Nakatsukasa, M. 2012,12 Strontium isotope analysis to reveal migration in relation to climate change and ritual tooth ablation of Jomon skeletal remains from western Japan. Journal of Anthropological Archaeology 31(4):551-563. DOI:10.1016/j.jaa.2012.05.004 (査読付).

Hyodo, F., Kusaka, S., Wardle, D.A., Nilsson, MC. 2013,03 Changes in stable nitrogen and carbon isotope ratios of plants and soil across a boreal forest fire chronosequence. Plant and Soil 364(1-2):315-323. DOI:10.1007/s11104-012-1339-8 (査読付).

Morita, W., Kusaka, S., Yano, W., Nakatsukasa, M. 2012,09 Dental metric variability associated with human migration from skeletal remains of two Jomon sites (Yoshigo and Inariyama) in the Atsumi Peninsula area. Anthropological Science 120(2):167-177. DOI:10.1537/ase.110428 (査読付).

日下宗一郎 2012年06月 縄文時代人の食性と集団間移動−安定同位体分析による試論−. 考古学研究 59(1):92-102. (査読付).

日下 宗一郎, 五十嵐 健行, 兵藤 不二夫, 藤澤 珠織, 片山 一道 2011年06月 伏見城跡遺跡から出土した江戸時代人骨の安定同位体による食性分析. Anthropological Science (Japanese Series) 119:9-17. DOI:10.1537/asj.119.9 (査読付).

Kusaka, S., Nakano, T., Yumoto, T., Nakatsukasa, M. 2011,01 Strontium isotope evidence of migration and diet in relation to ritual tooth ablation: A case study from the Inariyama Jomon site, Japan. Journal of Archaeological Science 38(1):166-174. DOI:10.1016/j.jas.2010.09.001 (査読付).

Temple, D.H., Kusaka, S., Sciulli, P.W. 2011,01 Patterns of social identity in relation to tooth ablation among prehistoric Jomon foragers from the Yoshigo site, Aichi prefecture, Japan. International Journal of Osteoarchaeology 21(3):323-335. DOI:10.1002/oa.1146 (査読付).

Kusaka, S., Hyodo, F., Yumoto, T., Nakatsukasa, M. 2010,08 Carbon and nitrogen stable isotope analysis on the diet of Jomon populations from two coastal regions of Japan. Journal of Archaeological Science 37(8):1968-1977. DOI:10.1016/j.jas.2010.03.002 (査読付).

Kusaka, S., Ando, A., Nakano, T., Yumoto, T., Ishimaru, E., Yoneda, M., Hyodo, F., Katayama, K. 2009,10 A strontium isotope analysis on the relationship between ritual tooth ablation and migration among the Jomon people in Japan. Journal of Archaeological Science 36(10):2289-2297. DOI:10.1016/j.jas.2009.06.013 (査読付).

Kusaka, S., Ikarashi, T., Hyodo, F., Yumoto, T., Katayama K. 2008,08 Variability in stable isotope ratios in two Late-Final Jomon communities in the Tokai coastal region and its relationship with sex and ritual tooth ablation. Anthropological Science 116(2):171-181. DOI:10.1537/ase.070703 (査読付). 平成21年度 Anthropological Science 論文奨励賞、日本人類学会、2009年10月4日

【総説】

日下宗一郎 2012年06月 ストロンチウム同位体分析による移入者の判別とその解釈. 考古学ジャーナル 630:7-11.

外部資金の獲得

【科研費】

安定同位体分析を用いた縄文時代人の食性と社会組織の解明(研究代表者) 2012年04月01日-2014年03月31日. 特別研究員奨励費研究 (12J02772).  http://kaken.nii.ac.jp/d/p/12J02772/2012/1/ja.ja.html

安定同位体分析による縄文人の食性と集団間移動の解明(研究代表者) 2009年04月01日-2012年03月31日. 特別研究員奨励費研究 (09J00939).  http://kaken.nii.ac.jp/d/p/09J00939

報道等による成果の紹介

【著書等に対する書評】

ニュートンプレス 2011年05月 「縄文の抜歯風習と主食 儀礼による歯の抜き方の差は,縄文人の食べ物や出身のちがいを示すようだ。 Journal of Archaeological Science 2011年1月号」 (4. Kusaka, S., Nakano, T., Yumoto, T., Nakatsukasa, M. 2011年01月 Strontium isotope evidence of migration and diet in relation to ritual tooth ablation: A case study from the Inariyama Jomon site, Japan に関する書評). Newton 1:9.

教育

【非常勤講師】

龍谷大学, 人類学のすすめ. 2013年04月-2013年09月.

龍谷大学, 自然系講義. 2012年04月-2013年03月.

龍谷大学, 人類学のすすめ. 2010年10月-2011年03月.