総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名田中 樹
氏名(かな)たなか うえる
所属研究部
職名教授
着任日2011-10-01
離任日2017-09-30
生年1960
学歴弘前大学農学部卒業(1983)
京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻修士課程修了(1990)
京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期課程中退(1990)
職歴青年海外協力隊(ケニア国・ジョモケニヤッタ農工大学・土壌学講師)(1983)
京都大学農学部農芸化学科(土壌学)助手(1990)
京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻(比較農業論)助教授(1999)
京都大学大学院地球環境学堂(陸域生態系管理論)准教授(2002)
総合地球環境学研究所(研究部)准教授(2011)
総合地球環境学研究所(研究部)教授(2016)
学位農学博士(京都大学博士 1997)
専攻・バックグラウンド環境農学
地域開発論
土壌学
陸域生態系管理論
所属学会日本土壌肥料学会
日本システム農学会
日本熱帯農業学会
日本国際地域開発学会
日本ペドロジー学会
日本土壌物理学会
日本国際開発学会
受賞歴土壌肥料学会奨励賞(2000)
ASABE論文賞(2010、共同)
SSPN Award 2012(2013、共同)
ベトナム・フエ大学名誉教授号(2012)
国際開発学会優秀ポスター発表賞(2013、代表)
国際開発学会優秀ポスター発表奨励賞(2013、共同)
日本沙漠学会ベストポスター賞(2013、共同)
日本沙漠学会ベストポスター賞(2014、共同)
20th World Congress of Soil Scienceベストポスター賞(2014、共同)
20th World Congress of Soil Science優秀発表賞(2014、共同)
EMASSA-2014 (Tamil Nadu, India)、ベストペーパー賞(2014、共同)
第41回日立環境財団環境賞(環境大臣賞、優秀賞)(2014、代表)
第25回日経地球環境技術賞(優秀賞)(2015、代表)

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

田中樹 2017年03月 手押し鋤が繋ぐ人と土のいい関係 . 田中樹編 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」, 京都市北区, pp.11-14.

田中樹 2017年03月 火入れについて-「貧者の斧」から「賢者の斧」へ- . 田中樹編 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」 , 京都市北区, pp.60-64.

田中樹 2017年03月 巡りめぐって-ケニアや自分との出会い. 田中樹編 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土, 京都市北区, pp.75-82.

田中樹 2017年03月 発想することの力. 田中樹編 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」, 京都市北区, pp.120-124.

田中樹 2017年03月 一枚の写真. 田中樹編 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」, 京都市北区, pp.125-126.

田中樹 2014年04月 砂漠の土. 縄田浩志・篠田謙一編 砂漠誌-人間・動物・植物が水を分かち合う知恵ー. 国立科学博物館叢書, 15. 東海大学出版, 神奈川県泰野市, pp.92 -96.

田中樹 2014年01月 土壌の粒度分析法. 総合地球環境学研究所(編)編 地球環境学マニュアル. 朝倉書店, 東京, pp.60-61.

田中樹 2014年01月 「砂漠化」、「過耕作」など. 土の百科事典編集委員会編 土の百科事典. 丸善, 東京都. p570

田中樹 2013年12月 コメント1:実効性ある砂漠化対処の糸口を探る. 星野仏方、縄田浩志編 外来植物メスキート. アラブなりわい生態系, 4. 臨川書店, 京都市左京区, pp.225-236.

田中樹 2008年 環境と現場認識-フィールドに学ぶ視点-. 京都大学地球環境学研究会編編 地球環境学へのアプローチ. 丸善.

田中樹 2004年 生態環境と人々の暮らしにどう関わるか-アフリカでの村落開発の試みから-. 京都大学地球環境学研究会編編 地球環境学のすすめ. 丸善, pp.234-248.

田中樹、櫻井克年 2001年 熱帯の台地土壌のその生産力評価. 久馬一剛編 熱帯土壌学. 名古屋大学出版会, pp.111-156.

田中樹 1998年 土壌クラスト. 根の事典編集委員会編 根の事典. 朝倉書店, pp.256-258.

田中樹 1997年 団粒分析・湿式篩別法. 土壌環境分析法編集委員会編 土壌環境分析法. 博友社, pp.40-43.

田中樹 1997年 土壌硬度・A.山中式土壌硬度計法. 土壌環境分析法編集委員会編 土壌環境分析法. 博友社, pp.33-35.

田中樹 1994年 土壌クラストとその形成条件. 農業技術大系、第3巻追録5号. 農山漁村文化協会.

著書(編集等)

【編集・共編】

田中樹編 2017年03月 フォトエッセイ フィールドで出会う暮らしの風景(電子版写真集). 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」, 京都市北区, 316pp.

田中樹編 2017年03月 フィールドで出会う風と人と土. 総合地球環境研究所・プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」, 京都市北区, 128pp.

Le Van An, Ueru Tanaka and Hirohide Kobayashi (ed.) 2013,09 Project report on local livelihood diversification for vulnerable people in natural disaseter prone areas. Agricultural Publishing House, Hanoi, Vietnam, 331pp.

Le Van An and Ueru Tanaka (ed.) 2013,09 Da Dang Sinh Ke Cho Cong Dong De Bi Ton Thuong O Khu Vuc Chiu Anh Huong Cua Tham Hoa Tu Nhien. Nha Xuat Ban Nong Nghiep, Hanoi (Vietnam), 267pp. (その他) (in Vietnamese)

田中樹、「シーダー」編集委員会(編集長:秋道智彌)編 2013年03月 特集:アフリカ開発支援-新たな糸口を探る-. シーダー(地域環境情報から考える地球の未来), 8. 昭和堂, 京都市左京区, 99pp. (特集部分p2-p67の編集、部分執筆、座談会)

T.T. Ho, V. A. Le and U. Tanaka (ed.) 2010,12 Community-based rural development approaches. Ngon Nghiep Press, Hanoi, Vietnam, 180pp. (その他)

【監修】

清水貴夫、町慶彦、宮川拓也、Roch Nazare Sawadogo著(田中樹監修) 2017年03月 ブルキナファソバム県の生業・砂漠化対処・開発のモノグラフ. 砂漠化をめぐる風と人と土フィールドノート, 9. 総合地球環境学研究所・「砂漠化をめぐる風と人と土」プロジェクト, 京都市北区, 109pp.

中村洋著(田中樹監修) 2017年03月 モンゴル国ドンドゴビ県で2010年榛に発生した自然災害による牧民世帯の経済階層移行に関する分析-”誰一人取り残さない”社会の実現に向けて”-. 砂漠化をめぐる風と人と土フィールドノート, 10. 総合地球環境学研究所・「砂漠化をめぐる風と人と土」プロジェクト, 京都市北区, 73pp.

中尾世治著(田中樹、清水貴夫、遠藤仁監修) 2016年03月 ムスリム文化連合ヴォルタ支部史料集:ムスリム文化連合ヴォルタ支部の設立からムスリム協会までの50年について(ボボ・ジュラソ、1962-2012). フィールドノート4. 砂漠化をめぐる風と人と土・プロジェクト、総合地球環境学研究所, 京都市, 184pp. (フランス語資料を含む)

藤本麻里子著(田中樹監修) 2016年03月 東アフリカインド洋島嶼地域ザンジバルにおけるダガー漁と人々の暮らし―輸出品としての干物加工産業の変遷と地域変容の動態―. 砂漠化をめぐる風と人と土フィールドノート, 7. 総合地球環境学研究所・「砂漠化をめぐる風と人と土」プロジェクト, 京都市北区, 77pp.

Vivek Dangi and Hitoshi Endo(Ueru Tanaka (supervisor)) 2016,03 Traditional Agricultural Tools of Haryana, India – A Record of Ordinary People’s Lives –. Desertification and Livelihood in Semi-Arid Afro-Eurasia Project, Kyoto, 134pp.

安藤薫著(田中樹監修) 2015年03月 ザンビア東部の農耕と土地資源. フィールドノート3. 砂漠化をめぐる風と人と土・プロジェクト、総合地球環境学研究所, 京都市, 66pp.

佐々木夕子、小村陽平著(田中樹監修) 2014年03月 西アフリカ・サヘル地域の人びとの暮らしと生業-ニジェール共和国の村落の事例から-. フィールドノート1. 砂漠化をめぐる風と人と土・プロジェクト、総合地球環境学研究所, 京都市, 116pp.

伊東未来著(田中樹監修) 2014年03月 マリ共和国ジェンネにおけるイスラームと市場. フィールドノート2. 砂漠化をめぐる風と人と土・プロジェクト、総合地球環境学研究所, 京都市, 68pp.

論文

【原著】

Ho Trung Thong, Le Nu Anh Thu, Dinh Van Tuyen and Tanaka Ueru 2017,05 Evaluation on nutrient values of brewery dried yeast and its effects on the growth performance and feed conversion ratio of colored chicken breed of starter and grower periods. Journal of Animal Husbandry Sciences and Technics – Animal Husbandry Association of Vietnam 219 (5/2017):17-23. (その他) (査読付). (in Vietnamese with English abstract)

Ho Trung Thong, Nguyen Van Chao and Tanaka Ueru 2016,01 Effects of supplimentations of biocharcoal and wood vinegar in the diets on emissions of ammonia and hydrogen sulfide from pig manure. Journal of Animal Husbandry Sciences and Technics 203(2/2016):66-72. (その他) (査読付). (in Vietnamese with English abstract)

Minh, V. T., Mizuno, K., Funakawa, S., Shinjo, H., Tanaka, U., and An., L. V. 2015,12 Introduction of vanilla in mountainous villages of central Vietnam. Tropical Agriculture and Development 59(4):199 -206. (査読付).

Ho Trung Thong, Ho Le Quynh Chau, Vu Chi Cuong and Tanaka Ueru 2015,10 Determination of ileal amino acid digestibilities of some feedstuffs for chickens. Journal of Animal Husbandry Sciences and Technics 8-2015 (197):38-44. (査読付).

Minh, V. T., Mizuno, K., Funakawa, S., Shinjo, H., Tanaka, U., and An., L. V. 2015,09 Home garden practices and crop contribution to livelihood in mountainous villages of central Vietnam. Tropical Agriculture and Development 59(3):118-126. (査読付).

田中樹 2015年03月 出会いと「知」の跳躍-ベトナムのお母さん方との小規模養豚で気付いたこと-. 犯罪と非行(179):10-15. 日立みらい財団、東京都千代田区

Ho Le Quynh Chau, Ho Trung Thong, Nguyen Van Chao, Pham Hoang Son Hung, Vu Van Hai, Le Van An, Ayako Fujieda, Tanaka Ueru, Miki Akamatsu 2014,11 Microbial and Parasitic Contamination on Fresh Vegetables Sold in Traditional Market in Hue City, Vietnam. Journal of Food and Nutrition Research 2(12):959-964. DOI:10.12691/jfnr-2-12-16 (査読付).

石本雄大、宮嵜英寿、田中樹 2014年08月 アフリカ半乾燥地サヘルにおける採集活動と食料安全保障 -ブルキナファソ北 東部の事例-. 雑穀研究 29:1-7. (査読付).

Ho Trung Thong, Nguyen Van Chao, Tanaka Ueru, Ho Le Quynh Chau 2014,04 Antibiotic resistance in Escherichia coli isolated from fecal samples in some provinces of Central Vietnam. Science and Technology Journal of Agriculture and Rural Development 4/2014:129-136. (その他) (査読付). (in Vietnamese with English summary)

石本雄大、宮嵜英寿、瀬戸進一、田中樹 2013年12月 サヘル地域における農牧民のセーフティネット-食料消費システムに組みこまれた生存の工夫-. 日本砂丘学会誌 60(2):73 -78. (査読付).

Ho Trung Thong, Vu Chi Cuong, Ho Le Quynh Chau, Tanaka Ueru, Nguyen Van Hoang 2013,11 Nitrogen-corrected metabolizable energy values and nutrient apparent digestibilities of fish meal for broiler. Science and Technology Journal of Agriculture and Rural Development (Ministry of Agriculture and Rural Development, Vietnam) 19:78-84. (その他) (査読付). (in Vietnamese)

宮嵜英寿、石本雄大、瀬戸進一、田中樹 2013年09月 西アフリカ・サヘル地域における牧畜民と農耕民のかかわりとその変遷-ブルキナファソ北東部T村の事例-. 沙漠研究 23(2):79-83. (査読付).

石本雄大、宮嵜英寿、梅津千恵子、田中樹 2013年09月 サヘル地域農牧民の食料確保におけるレジリアンス-ブルキナファソ北東部I村での出稼ぎ導入の事例-. 沙漠研究 23(2):73-77. (査読付).

Hidetoshi MIYAZAKI、Yudai ISHIMOTO、Ueru TANAKA、Chieko UMETSU 2013年08月 The role of the sweet potato in the crop diversification of small-scale farmers in SouthernProvince, Zambia. African Study Monographs 34(2):119-137. (査読付).

小村陽平、田中樹、佐々木夕子、真常仁志 2013年04月 サヘル地域の村落における「危機の年」の認識と対処行動-ニジェール南部のハウサおよびフルベの村落を事例に-. システム農学 29(2):41 -50 . (査読付).

Miki Akamatsu, Kosuke Tsujita, Vinai Pitiyont, Atinut Saejiew, Suratwadee Jiwajinda, Ueru Tanaka 2013,03 Pesticide residue analysis of soils collected from suburban agricultural fields around Bangkok. Tropical Agroculture and Development 57(1):8-15. (査読付).

Tran Thanh Duc, Ueru Tanaka and Hirohide Kobayashi 2012,12 Living with typhoon and flood disasters: a case study in Huong Phong commune, Tam Giang lagoon area, central Vietnam. SANSAI(6):85-96. (査読付).

田中樹、Le Van An、水野啓 2012年12月 ベトナム中部での生業多様化と社会的弱者層の支援への取り組み. 熱帯農業研究 5(2):116 -117.

伊ヶ崎健大、真常仁志、田中樹、岩井香泳子、小崎隆 2012年03月 西アフリカ・サヘル地域における草本植生劣化指標としての空間的ばらつきの可能性. 観光科学研究(5):15-21. (査読付).

Hirohide Kobayashi, Duc Tran Thanh, Ueru Tanaka 2012,03 Housing Conditions of a Lagoon Village in a Flood-prone Area of Central Vietnam. Journal of Asian Architecture and Building Engineering 11:1-8. (査読付).

Tran, T.D., Tanaka, U. Mizuno, K., Kobayashi, H. and Le, V.A. 2011,10 Livelihood activities and living condition related to poverty of households in Tan Giang lagoon area, Central Vietnam. J. JASS 27(4):159-166. (査読付).

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011,08 “Fallow Band System” a land management practice for controlling desertification and improving crop production in the Sahel, West Africa. 1. Effectiveness in desertification control and soil fertility improvement. Soil Sci. Plant Nutr. 57(4):573-586. (査読付).

J. Msaky, U. Tanaka, J. Mizuta, and T. Kosaki 2002,09 Copper Levels in Soils Treated with Fungicides under Traditional Agroforestry (kihamba) System in Moshi District, Tanzania. Japanese Journal of Tropical Agriculture 46(4):230 -238. (査読付).

Moritsuka, N., Tanaka, U., Tsunoda, M., Mtakwa, P., and Kosaki, T. 2000,06 Significance of plant residue management under the Matengo pit system in Mbinga district, Southern Tanzania. Tropical Agricultureand Development 44(2):130-137. (査読付).

佐々木夕子、伊ヶ崎健大、田中樹、真常仁志、飛田哲 2012年04月 西アフリカ・サヘル地域の村落において外部技術の導入経緯がその後の普及状況に与える影響. システム農学 28(2):73 -83 . (査読付).

Yuki Okamoto, Ueru Tanaka, Kei Mizuno and Le Van An 2012,04 Spatial transition of the fishery activities in Sam-An Truyen lagoon, Central Vietnam. システム農学 28(2):63-71. (査読付).

佐々木夕子、田中樹、伊ヶ崎健大、真常仁志、飛田哲 2011年10月 西アフリカ・サヘル地域の村落における農耕民および牧畜民の生業と暮らし-「危機の年」とその対処行動に注目して-. システム農学 27(4):149-157. (査読付).

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011,01 Field-Scale Aeolian Sediment Transport in the Sahel, West Africa. Soil Sci. Soc. Am. J. 75:1885-1897. (査読付).

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., and Kosaki, T. 2011 Aeolian materials sampler for measuring surface flux of soil nitrogen and carbon during wind erosion events in the Sahel, West Africa. Transactions of the ASABE 54(3):983-990. (査読付).

Rwezimula, F., Tanaka U., and Ikeno, J. 2010,04 Agro-ecological characteristics and inherent roles of indigenous farming systems in the eastern slope of Northern Uluguru Mountains, Tanzania. J. Agricultural Development Studies 20(3):65-71. (査読付).

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S. and Kosaki, T. 2010 Performance of Aeolian Materials Sampler for the determination of amount of coarse organic matter transported during wind erosion events in Sahel, West Africa. Pedologist 53(3):126-134. (査読付).

岡本侑樹、田中樹、水野啓、Nguyen P. N. 2009年04月 ベトナム中部Sam-An Truyenラグーンにおける季節的な底質環境変化と漁業資源管理. システム農学 25(1):71-78. (査読付). (優秀発表賞受賞)

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., and Kosaki, T. 2009 Sediment catcher to trap coarse organic matter and soil particles transported by wind. Transactions of the ASABE 52:487-492. (査読付).

飯塚明子、田中樹 2009年 京都大学地球環境学堂・国際協力プロジェクト概要-ベトナム中部自然災害常襲地での暮らしと安全の向上支援-. ベトナムの社会文化研究会編 ベトナムの社会と文化. 風響社, pp.227-235. (査読付).

Hayashi, K., Abdoulaye, T., Matsunaga, R., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S. and Tabo, R. 2008,10 Sustainable management of soil organic matter for agricultural land in the Sahel, West Africa. Advances in GeoEcology 39:371-378. (査読付).

Iizuka A., Le V. A., Tanaka U. 2008,04 Participatory rural development for sustainable livelihoods in central Vietnam . SANSAI 4:77-102. (査読付).

【総説】

田中樹、伊ヶ崎健大、清水貴夫、真常仁志、飛田哲 2015年03月 アフリカ半乾燥地での砂漠化への認識と実効ある対処技術の形成. 沙漠研究 24(3):349-353.

田中樹、伊ケ崎健大、真常仁志、飛田哲 2014年12月 風による土壌侵食の抑制と収量向上を両立させる砂漠化対処技術. 季刊環境研究 176:5-14. (第41回環境賞環境大臣賞・優秀賞)

その他の出版物

【解説】

MIYAZAKI H., ISHIMOTO Y., YAMASHITA M., TANAKA U. and UMETSU C. 2016,03 Coping Behaviors with Extremely Heavy Rainfall in Southern Zambia- Comparison between 2007/08 and 2009/10. VASANTHA KUMAR J., RATHAKRISHNAN T., PHILIP H., MURUGAN P.P. and JAGADEESAN M. (ed.) Extension Management Strategies For Sustainable Agriculture Opportunities & Challenges. New India Publishing Agency, New Delhi, India, pp.413-427. (査読付)

田中樹 2011年10月 現代土壌肥料学の断面(11)-西アフリカ半乾燥地での砂漠化をめぐるフィールド土壌学の取り組み-. 農業および園芸 76(11):1227-1235.

田中樹 2010年09月 西アフリカの砂漠化対処技術. 現代農業(2010年9月号):322-327.

田中樹 2000年06月 土壌クラストの形成機構および土壌荒廃過程への影響に関する研究. 日本土壌肥料学雑誌 71(3):315-316.

【報告書】

Ueru Tanaka, Yuko Sasaki, Takao Shimizu, Kenta Ikazaki 2012,08 Practical technique and extension method for desertification control in the Sahel, West Africa. Proceeding of International Symposium on Sustainability/Survivability Science for a Resilient Society Adaptable to Extreme Weather Conditions. Kyoto Univercity Global COE Program, pp.12-13.

Hidetoshi MIYAZAKI, Yudai ISHIMOTO and Ueru TANAKA 2012,03 The Importance of Sweet Potatoes in Rural Villages in Southern Province, Zambia. Working Paper on Social-Ecological Resilience Series 2012. pp.1-18.

Tran Thanh Duc, Ueru Tanaka, Hirohide Kobayashi 2011,03 Living with Typhoon and Flood Disasters in Huong Phong Commune, Tam Giang Lagoon Area, Central Vietnam. Asia Platform Annual Report 2010. pp.144-152.

【書評】

田中樹 2013年03月 (西川芳昭(編) 2012年03月 生物多様性を育む食と農-住民主体の種子管理を支える知恵と仕組み- に関する書評). 開発学研究 23(3):92 -93.

田中樹 2012年03月 (クリス・レイジ、イアン・スコーンズ、カミラ・トールミン編著;辻藤吾、荒木茂監訳 土を持続させるアフリカ農民-土・水保全のための在来技術- に関する書評). 国際農林業協力 34(4):52-53.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

田中樹 2015年08月 西アフリカ半乾燥地の手押し鋤-人と土のいい関係-. グローバルネット 297:8-9.

田中樹 2015年03月 第22回環境サイエンスカフェ講演録:砂漠化と向き合う-西アフリカにおける地域開発と砂漠化抑止-. 季刊環境研究 177:88-116. 日立環境財団、東京都千代田区

田中樹 2014年08月 特集(セミナー報告):アフリカ半乾燥帯での砂漠化対処と地域開発支援-住民目線での取り組みを探る-. グローバルネット (285):2-7.

会合等での研究発表

【口頭発表】

Ueru TANAKA Practical agro-ecosystems management with fragile environments in semi-arid Africa under desertification. Japanese - Swiss Ecohealth Colloquium, 2017.01.11-2017.01.12, Basel, Switzerland. (本人発表).

Ueru TANAKA Practical soil management techniques for ecosystems conservation and livelihood improvement under fragile environment in semi-arid Tropics. . France- Japan Joint Symposium “Landscape in the Anthropocene”, 2016年12月05日-2016年12月08日, Fondation France-Japon de l’EHESS, Paris, France. (本人発表).

MIYAZAKI H., K. P. SINGH, UCHIYAMA Y., ENDO H., ISHIMOTO Y. and TANAKA U. Pastoralism in Northwestern -Focus on Relationship between Pastoralist and Agriculturist  . France-Japan Joint Symposium “Landscape in the Anthropocene, 2016.12.05-2016.12.08, Fondation France-Japon de l’EHESS, Paris, France.

田中樹 ベトナム中部での生業多様化による社会的弱者層支援と生態環境保全に向けた取り組みのアイデア. 国際開発学会第27回全国大会, 2016年11月27日, 広島大学、東広島市  . (本人発表).

MIYAZAKI H., K. P. SINGH, UCHIYAMA Y., ENDO H., ISHIMOTO Y. and TANAKA U Livelihoods of Pastoral community in North West India. International Seminar on “Traditional Knowledge and Heritage of South Asia", 2016.11.15-2016.11.16, Rothak, Haryana, India.

Ueru TANAKA and Takao SHIMIZU Practical Techniques for Desertification Control and Livelihood Improvement in the Sahel, West Africa. 12th International Conference on Development of Drylands “Sustainable Development of Drylands in the Post 2015 World”, 2016.08.21-2016.08.24, Alexandria, Egypt. (本人発表).

田中樹 暮らしと生態環境保全を両立させるバリューの発想-ベトナム中部の事例から-. 環境月間・北大地球研合同セミナー「地域システムの中のバリューチェーン:その創発と駆動」, 2016年06月25日, 北海道大学、札幌市. (本人発表).

田中樹 アフリカ半乾燥地での砂漠化対処-「緑の長城計画(GGWSSI)」へのアイデアボックス-. 第179回学振ナイロビセミナー:在来知の再評価とアジア・アフリカ協働による砂漠化対処および地域開発アプローチを探る, 2016年06月18日, ナイロビ、ケニア. (本人発表).

Ueru TANAKA and Takao SHIMIZU Idea box of practical techniques contributing to “Great Green Wall Initiatives (GGWWI)” for desertification control and livelihood improvement in semi-arid Africa. Japan-BecA-ILRI Hub seminar, 2016.06.16, Nairobi, Kenya. (本人発表).

田中樹、清水貴夫 西アフリカ半乾燥地での砂漠化対処と暮らしの向上へのアイデアボックス-「緑の長城計画(GGWSSI)」への貢献を意識して-. システム農学会2016年度春季大会, 2016年05月28日, 九州大学、福岡市. (本人発表).

手代木功基, 内田諭, 真常仁志, 田中樹 干ばつは放牧にいかなる影響を与えるか?: ナミビア北中部におけるウシ放牧の GPS 解析. 2016年日本地理学会春季学術大会, 2016年03月21日, 東京.

宮嵜英寿, 石本雄大, 田中樹, 梅津千恵子 ザンビア南部州における気候変動対応農業のための作物普及に向けて. フューチャーアース企画ワークショップ「半乾燥熱帯農村部における気候変動レジリアンス構築に向けた総合的支援策策定のための超学際的研究の可能性」, 2016年03月14日, 長崎大学、長崎市.

Hidetoshi MIYAZAKI, Yudai ISHIMOTO, Ueru TANAKA, Chieko UMETSU Enhanced Food Security through Familiar Crops: A Case of Sweet Potato and Millet in Southern Zambia. The 5th Lusaka Resilience Workshop, "Climate Change, Agricultural Production and Nutrition: Towards Integrated Policy Design for Food Security", 2016.02.08, Lusaka, Zambia.

田中樹 西アフリカ半乾燥地での砂漠化対処および土壌管理技術を省みる. 国際開発学会大26回全国大会, 2015年11月28日-2015年11月29日, 新潟大学五十嵐キャンパス(新潟市). (本人発表).

伊ヶ崎健大、真常仁志、田中樹、舟川晋也、小崎隆 西アフリカ・サヘル地域において侵食程度が作物収量に与える影響. 日本土壌肥料学会2015年度大会, 2015年09月09日-2015年09月11日, 京都大学(京都市).

Ueru TANAKA A practical technique to control wind erosion and to improve crop performance - Possibility of technology transfer from Niger to Senegal - . ISM-RIHN Joint Seminar: Community development assistance based on local resources and social networks in the Sahel , 2015.02.04, ISM, Dakar (Senegal). (本人発表).

田中樹 人びとの暮らしに親和性のある砂漠化対処技術の形成. 北大・地球研合同ワークショップ「地域や人びとに寄り添う研究のあり方とは?」, 2014年11月01日, 北海道大学、札幌市. (本人発表).

伊ヶ崎健大・真常仁志・田中 樹・石川裕彦・舟川晋也・小﨑 隆 西アフリカ・サヘル地域における洪水発生メカニズムの解明. 日本土壌肥料学会2014年度大会, 2014年09月09日-2014年09月11日, 東京農工大学、東京都東小金井市.

Ueru TANAKA, Kenta IKAZAKI, Takao SHIMIZU, Yuko SASAKI, Hitoshi SHINJO, Satoshi TOBITA Designing of practical techniques for desertification control collaborating with local people in the Sahel, West Africa. 5th International Disaster and Risk Conference (IDRC) 2014, 2014.08.28, Davos, Swiss. (本人発表).

MUNIANDI JEGADEESAN, Hidetoshi Miyazaki and Ueru Tanaka Agrarian change and livelihood dynamics among small farmers in Tamil Nadu. International seminar organised by "Contemporary Indian Area Studies”, 2014.07.05, ASAFAS, Kyoto University, Kyoto.

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., Kosaki, T. “Fallow Band System”, a do-nothing practice for controlling desertification and improving crop production in the Sahel, West Africa. 20th World Congress of Soil Science, 2014.06.08-2014.06.13, Jeju, Korea. (Best Presentation Award)

石本雄大,宮嵜英寿,田中樹 南部アフリカ半乾燥熱帯の小農による土地資源管理 -ザンビア,シナゾングゥエ 地域における家畜飼養の事例-. 日本沙漠学会, 2014年05月31日-2014年06月01日, 東京都市大学横浜キャンパス、横浜市.

手代木功基, 田中樹 GPS首輪を用いた長時間の家畜の放牧行動の記録とその意義. 日本沙漠学会第25回学術大会, 2014年05月31日-2014年06月01日, 東京都市大学(横浜市).

Muniandi Jegadeesan, Hidetoshi Miyazaki and Ueru Tanaka Agrarian change and livelihood dynamics of small scale farmer in South Tamil Nadu, India. 日本沙漠学会, 2014.05.31-2014.06.01, 東京都市大学横浜キャンパス、横浜市.

宮嵜英寿、KP Singh、遠藤仁、田中樹 北西インド・ラージャスターン農村部における家畜飼養と資源利用. 日本沙漠学会, 2014年05月31日-2014年06月01日, 東京都市大学横浜キャンパス、横浜市.

内田諭, 手代木功基, 真常仁志, 田中樹 ナミビア北部における農牧民の定住化による景観の変容. システム農学会2014年度春季一般研究発表会, 2014年05月23日-2014年05月24日, 東京農業大学(東京都).

石本雄大・宮嵜英寿・田中樹 ザンビア南部州農村部の小規模農民による土地資源の利用実態 ―家畜飼料の 安定的確保のための放牧ルートの把握―. 日本アフリカ学会, 2014年05月23日-2014年05月25日, 京都大学、京都市左京区.

Hidetoshi MIYAZAKI, KP Singh, H. ENDO and U. TANAKA Relationships between pastoral community and agriculturists in Rajasthan, India. IUAES, 2014.05.15-2014.05.18, Makuhari, Chiba.

Ishimoto Yudai, Miyazaki Hidetoshi, Tanaka Ueru, Umetsu Chieko Social Capital and Small-Scale Farmers in Zambia: An Analysis of Mobile Phone Usage. Resilience 2014, 2014.05.04-2014.05.08, Montpellier, France.

Miyazaki Hidetoshi, Ishimoto Yudai, Yamashita Megumi, Tanaka Ueru, Umetsu Chieko How small scale farmers cope with two different timings of heavy rainfall events in Southern Zambia. Resilience 2014, 2014.05.04-2014.05.08, Montpellier, France.

宮嵜英寿、KP Singh、遠藤仁、田中樹 インド北西部ラージャスターンにおける牧畜民と農耕民のかかわり. 環境人類学研 究会, 2014年04月27日, 民俗学博物館、大阪府吹田市.

手代木功基, 内田諭, 真常仁志, 田中樹 ナミビア半乾燥地域の耕作地におけるギョウギシバの分布と農耕との関係. 2014年日本地理学会春季学術大会, 2014年03月27日-2014年03月30日, 東京都世田谷区.

高田華菜子、樋口浩和、田中樹、池野旬 インドネシアとタンザニアのホームガーデンにおける構成樹種の類似性. 日本熱帯農業学会第117回講演会, 2014年03月14日, 筑波大学(つくば市).

田中樹 アフリカ半乾燥地での幾つかの土壌管理技術の環境適合性および人々の暮らしとの親和性. 国際地域開発学会, 2013年11月09日, 弘前市・弘前大学. (本人発表).

K.P. Singh、 H. Miyazaki、 H. Endo、 J.S. Kharakwal、 Ueru Tanaka Save the indigenous agricultural techniques (Special Reference to Rajasthan). National Seminar on Traditional Storage Technology and Agricultural System, 2013.10.27-2013.10.28, Udaipur、 India.

Hidetoshi MIYAZAKI、 KP Singh、 H. ENDO、 U. TANAKA Soil Fertility Management for Smallholder Farmer in Semi Arid Tropics: In case of South Rajasthan. National Seminar on Traditional Storage Technology and Agricultural System, 2013.10.27-2013.10.28, Udaipur、 India.

伊ヶ崎健大・真常仁志・田中 樹・石川裕彦・舟川晋也・小﨑 隆 西アフリカ・サヘル地域において砂漠化が土壌水分動態に与える影響. 日本ペドロジー学会2013年度大会, 2013年10月25日, 東北大学、仙台市.

宮嵜英寿、遠藤仁、 KP Singh、田中樹 インド北西部半乾燥熱帯地域での土壌肥沃度管理 -ラージャスターン州南部農村部での事例-. 日本熱帯農業学会第114回講演会, 2013年09月14日-2013年09月15日, 網走市.

宮嵜英寿、石本雄大、瀬戸進一、田中樹 西アフリカ・サヘル地域での効果的な土壌肥沃度管理をめざして. 総合シンポジウム『アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明』, 2013年07月20日-2013年07月21日, 名古屋市(名古屋大学).

田中樹 サヘル地域の人々による実践可能な砂漠化対処技術を目指して. 愛媛大学・地球研究合同国際シンポジウム, 2013年06月22日, 愛媛県松山市. (本人発表).

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S., Kosaki, T. "Fallow Band System", a do-nothing practice for controlling wind erosion and improving soil fertility in the Sahel, West Africa. Conference on Desertification and Land Degradation, 2013.06.17-2013.06.18, Ghent, Belgium.

佐々木夕子、田中樹 西アフリカ・サヘル地域の村落における技術普及と社会ネットワーク―ニジェール共和国南西部の村落を事例として―. アフリカ学会, 2013年05月25日, 東京都・東京大学.

宮嵜英寿、石本雄大、山下恵、 田中樹、梅津千恵子 時期の異なる降雨イベントに小規模農民はどのように対処したか?-ザンビア南部州の事例-. 日本アフリカ学会、フォーラム「アフリカ半乾燥地における降雨変動リスクと生業の対応戦略」, 2013年05月25日-2013年05月26日, 東京都・東京大学.

石本雄大・宮嵜英寿・瀬戸進一・田中樹・梅津千恵子 西アフリカ・サヘル地域における農牧民のフードセキュリティー. 日本砂丘学会全国大会, 2012年09月27日-2012年09月28日, 徳島市.

Yudai Ishimoto, Hidetoshi Miyazaki, Ueru Tanaka, Chieko Umetsu Discussion on the Informal Safety Net by Mobile Phone in Southern Zambia. The 4th Lusaka Resilience Workshop, "Towards Comprehensive Food Security: Bridging Climate Resilience and Disaster Resilience", 2013.08.29, Lusaka, Zambia.

宮嵜英寿、石本雄大、山下恵、 田中樹、梅津千恵子 時期の異なる降雨イベントに小規模農民はどのように対処したか?-ザンビア南部州の事例-. 日本アフリカ学会、フォーラム「アフリカ半乾燥地における降雨変動リスクと生業の対応戦略」, 2013年05月25日-2013年05月26日, 東京、東京大学.

和田美野、樋口浩和、池野旬、田中樹 ザンジバルにおける自給的稲作農業を成立させる諸要因の検討. 日本熱帯農業学会大113回講演会, 2013年03月30日-2013年03月31日, 茨城県阿見町(茨城大学農学部).

H. Miyazaki, Y. Ishimoto, M. Yamashita, U. Tanaka, C. Umetsu Coping behaviors with extremely heavy rainfalls in Southern Zambia - Comparison between 2007/08 and 2009/10 -. RIHN-HUAF Collaboration Seminar on "African Development Assistance with Asia, 2013.03.06, CARD, Hue University of Agriculture and Forestry, Hue, Vietnam.

田中樹、佐々木夕子、清水貴夫、伊ヶ崎健大、真常仁志 実践性の高い砂漠化対処技術や普及法の開発と実証-地域の特徴や人々の暮らしとの親和性を与える技術設計を意識して-. 日本国際地域開発学会2012年秋季大会, 2012年12月08日, 新潟市(新潟大学駅南キャンパス). (本人発表).

小村陽平、田中樹、佐々木夕子、清水貴夫 サヘル地域の村落における出稼ぎ-ニジェール南部の農耕民ハウサの村落を事例に-. システム農学会2012年度秋季大会, 2012年11月02日-2012年11月03日, 長野県南箕輪村(信州大学農学部).

宮嵜英寿、石本雄大、田中樹、梅津千恵子 ザンビア南部州における有用植物利用とそのアクセス. 日本熱帯農業学会大112回講演会, 2012年10月06日-2012年10月07日, 名古屋市(名古屋大学).

真常仁志、安藤薫、野呂葉子、倉光源、竹中祥太朗、三浦励一、田中樹、柴田昌三、宮嵜英寿、Sesele Sokotela ザンビア東部州の疎開林における焼畑の農業生態学的研究、1.火入れと気象の年次変動がメイズ生産に与える影響. 日本熱帯農業学会大112回講演会, 2012年10月06日-2012年10月07日, 名古屋市(名古屋大学).

Ueru Tanaka, Sasaki, Y., Shimizu, T. and Ikazaki, K. Practical techniques and extension method for desertification cobtrol in the Sahel, West Africa. International Symposium on Sustainability/Survivability Science for a Resilient Society Adaptable to Extreme Weather Conditions, 2012.08.03-2012.08.04, 宇治市(京都大学おうばくプラザ). (本人発表).

田中樹、佐々木夕子、清水貴夫、伊ヶ崎健大、真常仁志、中村洋、瀬戸進一 サヘル地域での砂漠化対処に関する技術論の課題と展望. 国際開発学会 ポストイベント:西アフリカ内陸半乾燥地での砂漠化対処と生計向上支援のあり方を探る, 2012年06月03日, 横浜市(JICA横浜). (本人発表).

田中樹、伊ヶ崎健大、真常仁志、佐々木夕子、小村陽平 サヘル地域における砂漠化対処のスケールと技術論. 国際開発学会第13回春季大会、セッション11:<企画>砂漠化対処への実践技術と普及手法, 2012年06月02日, 横浜市(横浜国立大学). (本人発表).

瀬戸 進一、田中 樹、伊ヵ崎 健大、真常 仁志、中村 洋 ニジェール共和国における風食抑制技術の普及の成果と課題. 国際開発学会第13回春季大会、セッション11:<企画>砂漠化対処への実践技術と普及手法, 2012年06月02日, 横浜市(横浜国立大学).

佐々木夕子 、田中樹、伊ヶ崎健大、真常仁志、小村陽平 サヘル地域村落の社会ネットワークと導入技術の普及アプローチ. 国際開発学会第13回春季大会、セッション11:<企画>砂漠化対処への実践技術と普及手法, 2012年06月02日, 横浜市(横浜国立大学).

中村洋、 清水貴夫、瀬戸進一、 田中樹、真常仁志 在来技術の活用と生計向上を意識した水食抑制への取り組み. 国際開発学会第13回春季大会、セッション11:<企画>砂漠化対処への実践技術と普及手法, 2012年06月02日, 横浜市(横浜国立大学).

石本雄大、宮嵜英寿、田中樹 ブルキナファソ・サヘル地域における食料確保システムの変容-採集活動の役割に着目して-. 日本沙漠学会学術大会, 2012年05月26日-2012年05月27日, 帯広市(帯広畜産大学).

小村陽平、田中樹、佐々木夕子、真常仁志 サヘル地域における「危機の年」の認識と生業レベルでの対処行動-ニジェール南東部の農耕民および牧畜民の村落を事例に-. システム農学会2012年度春季大会, 2012年05月12日-2012年05月13日, 鳥取市(鳥取県民文化会館). (最優秀発表賞受賞)

伊ヶ崎健大、真常仁志、田中 樹、石川裕彦、舟川晋也、小﨑 隆 西アフリカ・サヘル地域において地表面の状態が土壌水分動態に与える影響. 日本熱帯農業学会大111回講演会, 2012年03月31日-2012年04月01日, 東京都府中市(東京農工大).

宮嵜英寿、石本雄大、真常仁志、田中樹 市場からみた生計維持活動:ザンビア南部州農村地域の事例. 日本熱帯農業学会第111回講演会, 2012年03月31日-2012年04月01日, 東京都府中市(東京農工大).

宮嵜英寿、石本雄大、真常仁志、田中樹 サツマイモは主要作物となるのか? -ザンビア南部における事例-. 日本国際地域開発学会 秋季大会, 2011年11月16日, 愛知 名古屋大学.

岡本侑樹、田中樹、水野啓、Le Van An ベトナム中部サムアンチュルエンラグーンにおける漁場利用の空間的遷移. システム農学会2011年秋季大会, 2011年10月23日, 広島県東広島市(広島大学).

笠井梓、岡本侑樹、NGUYEN Tung、TRAN Thanh Duc、小林広英、田中樹、水野啓 沿岸域の水郷における水辺空間の機能と地域住民との関係性について ~ベトナム中部ヴァンクアドン村の事例から~. システム農学会2011年秋季大会, 2011年10月23日, 広島県東広島市(広島大学).

H. Miyazaki, Masako Miyashita, Jungo Nishio, Ueru Tanaka and Hitoshi Shinjo Ecological Resilience of the Farms under Various Agro-Ecosystems in Southern Province of Zambia. Resilience International Symposium Building Social-Ecological Resilience in a Changing World, 2011.06.18-2011.06.20, 京都 総合地球環境学研究所.

Akiko Iizuka, Ueru Tanaka, Ho Tan Duc, Tran Thi Thu Hong Enhancing livelihood strategies to cope with natural disasters in Central Vietnam. システム農学会2011年春季大会, 2011.05.21, 京都市(京都大学).

岡本侑樹、田中樹、水野啓、Nguyen Phi Nam、Le Van An ベトナム中部タムジャンラグーンにおける漁業環境と底質特性変化. システム農学会2011年春季大会, 2011年05月21日, 京都市(京都大学).

Tran Thanh Duc, Ueru Tanaka, Hirohide Kobayashi, Kei Mizuno, Yuki Okamoto, Le Van An Living concition and vulnerability to flooding - a case study in a village of lagoon area, Central Vietnam -. システム農学会2011年春季大会, 2011.05.21, 京都市(京都大学).

宮嵜英寿、石本雄大、山下恵、真常仁志、田中樹 ザンビア南部における小規模農民の降雨変動リスクへの対処行動. 日本アフリカ学会, 2011年05月21日-2011年05月22日, 弘前.

Ikazaki, K., Shinjo, H., Tanaka, U., Tobita, S., Funakawa, S. and Kosaki, T. Field estimation of soil and nutrient flux by wind erosion in the Sahel region of West Africa. 5th Conference of the Africa Soil Science Society, 2010年11月22日, ヤウンデ市(カメルーン).

TRAN Thanh Duc, TANAKA Ueru, MIZUNO Kei, KOBAYASHI Hirohide, OKAMOTO Yuki Livelihoods and vulnerabilities of households in Tam Giang lagoon area,Central Vietnam. システム農学会2010年秋季大会, 2010.11.07-2010.11.07, 兵庫県西宮市(関西学院大学).

H. Miyazaki, Y. Ishimoto, M. Yamashita, H. Shinjo, U. Tanaka Land Use Management and Coping Behaviors with Climate Change -A case study of Southern Zambia-. GLP 2010 Open Science Meeting, 2010.10.17-2010.10.19, Arizona United States.

安藤薫、真常仁志、三浦励一、竹中祥太朗、倉光源、舟川晋也 ザンビア東部州の疎開林において農耕地への転換が土壌養分に与える影響. 日本土壌肥料学会, 2010年09月07日-2010年09月09日, 北海道札幌市(北海道大学).

真常仁志、林慶一、伊ヶ崎健大、田中樹、小崎隆、舟川晋也 西アフリカ・サヘル地域における牛ふん分解量とトウジンビエ生産量の経年変化. 日本土壌肥料学会, 2010年09月07日-2010年09月09日, 北海道札幌市(北海道大学).

田口高介、横山典枝、伊ヶ崎健大、真常仁志、田中樹、飛田哲、舟川晋也 西アフリカ・サヘル地域において休閑・耕作の年数が土壌養分及びトウジンビエ生育に与える影響. 日本土壌肥料学会, 2010年09月07日-2010年09月09日, 北海道札幌市(北海道大学).

H. Shinjo, U. Tanaka, K. Hayashi, and T. Abdoulaye Management of livestock excreta through corralling practice by sedentary pastoralists and its effect on millet production. JIRCAS/ICRISAT Workshop on Fertility Improvement of Sandy Soils in the Sahel, 2010.06.23, ニジェール国ニアメー市(国際半乾燥熱帯作物研究所・アフリカ中西部支所). (本人発表).

U. Tanaka, S. Seto, Y. Sasaki, H. Shinjo, K. Ikazaki, H. Nakamura, and S. Tobita Approaches to disseminate “fallow band system” in the Sahel. JIRCAS/ICRISAT Workshop on Fertility Improvement of Sandy Soils in the Sahel, 2010.06.23. (本人発表).

Y. Sasaki, U. Tanaka, H. Shinjo, R. Miura, H. Omae, and T. Abdoulaye Risk management system found in local livelihood in the Sahelian villages. JIRCAS/ICRISAT Workshop on Fertility Improvement of Sandy Soils in the Sahel, 2010.06.23.

K. Ikazaki, H. Shinjo, U. Tanaka, and S. Tobita A low-input agricultural practice “Strip Fallow System” for wind erosion control and improvement of crop production in the Sahel. JIRCAS/ICRISAT Workshop on Fertility Improvement of Sandy Soils in the Sahel, 2010.06.23.

佐々木夕子、田中樹、真常仁志、伊ヶ崎健大、飛田哲 西アフリカ・サヘル地域の村落における農耕民および牧畜民の生業と暮らし-「危機の年」とその対処行動に注目して-. システム農学会2010年春季大会, 2010年05月29日, 栃木県那須塩原市(草地試験場).

宮嵜英寿、宮下昌子、石本雄大、山下恵、真常仁志、田中樹 ザンビア南部州において地形条件がトウモロコシ生育およびその年変動に与える影響. 日本熱帯農業学会, 2010年03月27日-2010年03月28日, 千葉大学環境健康フィールド科学センター.

宮嵜英寿、石本雄大、真常仁志、田中樹 半乾燥熱帯地域の農民による極端気象への対処行動 -ザンビア南部州村落での事例-. 日本国際地域開発学会 秋季大会, 2009年11月28日, 奈良 近畿大学.

宮嵜英寿、瀬戸進一、真常仁志、田中樹 西アフリカ・サヘル地域における牧畜民フルベの生業活動とその季節動態 -ブルキナファソ北東部農村での事例-. システム農学会, 2009年11月13日, つくば市(イーアスホール). (本人発表).

伊ヶ崎健大、真常仁志、田中樹、飛田哲、舟川晋也、小崎隆 西アフリカ・サヘル地域における新たな砂漠化対処技術「耕地内休閑システム」の提案. 日本土壌肥料学会, 2009年09月16日, 京都市(京都大学).

飛田哲、真常仁志、横山典枝、伊ヶ崎健大、三浦励一、田中樹、林慶一 西アフリカ・サヘル帯の休閑地植物に関する生理生態学的研究-とくにそれらの窒素給源ならびに種間の競合について-. 日本土壌肥料学会, 2009年09月16日, 京都市(京都大学).

飛田哲、真常仁志、三浦励一、伊ヶ崎健大、横山典枝、田中樹、林慶一 サヘルの休閑地植物Cassia mimosoidesの特性とその活用による土壌肥沃度改善技術について. 日本熱帯農業学会, 2009年03月27日, 藤沢市(日本大学).

林慶一、Tahirou Abdoulaye、真常仁志、松永亮一、田中樹、Ramajita Tabo、飛田哲 西アフリカ・サヘル帯に於ける小農民の土壌観と肥沃度管理. 日本土壌肥料学会, 2008年09月09日, 名古屋市(名古屋市立大学).

伊ヶ崎健大、真常仁志、田中樹、飛田哲、小崎隆 西アフリカ・サヘル地域において風食が土壌肥沃度に与える影響. 本土壌肥料学会, 2008年09月09日, 名古屋市(名古屋市立大学).

真常仁志、伊ヶ崎健大、林慶一、田中樹、小崎隆 西アフリカ・サヘル地域のトウジンビエ生産に対する家畜糞施用と耕作年数の影響. 日本土壌肥料学会, 2008年09月09日, 名古屋市(名古屋市立大学).

宮嵜英寿、瀬戸進一、石本雄大、田中樹 西アフリカ・サヘル地域におけるパルカ-ジュシステムの役割 -ブルキナファソ北東部農村での事例-. 日本国際地域開発学会 秋季大会, 2006年, 東京.

宮崎英寿、田中樹、野田恵都子、久馬一剛、小﨑隆 西アフリカ農牧混交地における土壌肥沃度維持について,-ブルキナファソ北部・シルゲイ村の事例-. 日本土壌肥料学会, 2001年, 高地大学.

【ポスター発表】

SASAKI,Yuko, TANAKA, Ueru, IKAZAKI, Kenta, SHINJO, Hitoshi, TOBITA, Satoshi Improved Extension Method of Practical Technique to Cope with Desertification in Niger, West Africa. 3rd. UNCCD Science Conferene, 2015.03.09-2015.03.12, Cancun, Mexico.

MUNIANDI JEGADEESAN, Hidetoshi MIYAZAKI and Ueru TANAKA Agrarian Change and Livelihood Diversification in Tamil Nadu. A National Seminar on Extension Management Strategies for Sustainable Agriculture –Challenges and Opportunities (EMASSA-2014), 2014.12.12-2014.12.13, Home Science College and Research Institute Tamil Nadu Agricultural University, Madurai, India. (ベストポスター賞)  

Shinjo, H., Ikazaki, K., Imanaka, S., Tanaka, U., Hayashi, K., Tobita, S. and Kosaki, T Sustainable and efficient land management practices in the Sahel. 20th World Congress of Soil Science, 2014.06.08-2014.06.13, Jeju Korea. (Best Poster Award)

遠藤 仁,K.P. シン,宮嵜 英寿,田中 樹 インド北西部半乾燥地における畜力揚水灌漑システムの利用とその変容 ―ラー ジャスターン南部を事例として. 日本沙漠学会, 2014年05月31日-2014年06月01日, 東京都市大学横浜キャンパス、横浜市. (ベストポスター賞受賞)

宮嵜英寿、石本雄大、田中樹、梅津千恵子 ザンビア南部州農村部における生計維持活動 -商業的農業および市場活動に着 目して-. 日本アフリカ学会, 2014年05月23日-2014年05月25日, 京都大学、京都市左京区.

Ueru TANAKA, K. IKAZAKI, Y. SASAKI, H. SHINJO and S. TOBITA A technique practical for local people to improve crop performance with erosion control in the Sahel, West Africa. GCOE-ARS Final Symposium 2013, 2013.12.01-2013.12.03, Uji Campus, Kyoto University. (本人発表).

Ueru TANAKA, K. IKAZAKI, Y. SASAKI, H. SHINJO and S. TOBITA A technique practical and affordable for local people to improve crop performance with erosion control in the Sahel, West Africa. Conference on Desertification and Land Degradation, 2013.07.17-2013.07.18, University of Ghent, Belgium. (本人発表).

T. Shimizu, U. Tanaka, Y. Sasaki, K. Ikazaki, H. Shinjo and H. Nakamura Co-design of practical technique using local materials and knowledge to control water erosion with improvement of household income in Niger, West Africa. Conference on Desertification and Land Degradation, 2013.07.17-2013.07.18, University of Ghent, Belgium .

Yuko SASAKI, Ueru TANAKA, Kenta IKAZAKI, Hitoshi SHINJO, Satoshi TOBITA Lessons learnt from the extenstion of practical technique to control wind erosion with improvement of crop performance in Niger, West Africa. Conference on Desertification and Land Degradation, 2013.07.17-2013.07.18, University of Ghent, Belgium .

田中樹、伊ヶ崎健大 作物収量の向上と風食抑制を同時成立させる砂漠化対処技術とその普及. 国際開発学会第14回春季大会, 2013年06月08日, 宇都宮大学峰キャンパス(宇都宮市). (本人発表). 【優秀ポスター発表賞受賞】

佐々木夕子、田中樹 西アフリカ・サヘル地域における社会ネットワーク構造と女性世帯の生存戦略. 国際開発学会第14回春季大会, 2013年06月08日, 宇都宮大学峰キャンパス(宇都宮市). 【優秀ポスター発表奨励賞受賞】

石本雄大,宮嵜英寿,田中樹,梅津千恵子 半乾燥熱帯ザンビアにおけるセーフティネット -携帯電話活用の事例-. 日本沙漠学会学術大会, 2013年05月25日-2013年05月26日, 東広島市(広島大学). 【ベストポスター賞受賞】

石本雄大,宮嵜英寿,田中樹 ブルキナファソ・サヘル地域における食料確保システムの変容-採集活動の役割に着目して-. 日本沙漠学会学術大会, 2012年05月26日, 帯広市.

Hidetoshi MIYAZAKI, Y. ISHIMOTO, U. TANAKA, C. UMETSU Transformation of the ownership of indigenous trees as common resources - a case study in the semiarid tropics of Zambia -. IASC2013 (International Association for the Study of the Commons 2013), 2013.06.03-2013.06.07, kitafuji、Japan.

H. Miyazaki, Y. Ishimoto, M. Yamashita, H. Shinjo, U. Tanaka Adaptive and Coping Behaviors with Rainfall Fluctuation by Small-Scale Farmers in Southern Province of Zambia. Resilience International Symposium Building Social-Ecological Resilience in a Changing World, 2011.06.18-2011.06.20, RIHN, Kyoto, Japan.

H. Miyazaki, M. Yamashita, Y. Ishimoto, H. Shinjo, U. Tanaka Small-Scale Farmers’Adaptive and Coping Behaviors to Climatic Variability: A Case Study of Southern Zambia. Resilience 2011, 2011.03.11-2011.03.16, Arizona, United States.

Ueru Tanaka, K. Ikazaki, Y. Sasaki, H. Shinjo, S. Tobita Practical technique and extension method for improvement of crop performance with wind erosion control. UNCCD 2nd Scientific Coference, 2013.04.09-2013.04.12, Bonn (Germany). (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

田中樹 脆弱環境のもとでの暮らしと資源・生態環境保全の両立の可能性を探る. 高知大学研究拠点プロジェクト「革新的な水・バイオマス循環システムの構築」主催・特別講演会, 2017年06月19日, 高知大学農林海洋科学部(高知県南国市).

田中樹 村人と砂漠化対処の技術をつくる. 日本地球惑星科学連合 連合大会 2017年大会、セッションHCG35:社会とともに地球環境問題の解決に取り組む超学際研究の未来, 2017年05月20日-2017年05月24日, 幕張メッセ(千葉市). (2017年5月22日発表)

田中樹 暮らしの向上や災害対処、生態環境の保全をぜんぶかなえる?!-ベトナム中部の事例から-. 公開シンポジウム「食と暮らしのものがたり -テロワールを活かす-」, 2017年01月21日, 和歌山大学食農総合研究所、和歌山市.

田中樹 アフリカ半乾燥地での砂漠化問題と実効ある対処技術の形成  . 第17回北大アフリカ研究会, 2017年01月05日, 北海道大学、札幌市.

Ueru TANAKA Possibility and significance of the transfer of indigenous farming techniques from India to Africa. International Seminar on “Traditional Knowledge and Heritage of South Asia”, 2016.11.15-2016.11.16, All India Jat Heroes’ Memorial College、Rohtak, Haryana, India.

Ueru TANAKA and Takao SHIMIZU Experiences of desertification studies in West Africa and its applicability to Namibian environment. International Symposium “Livelihood and Agriculture under Variable Environment in North Central Region of Namibia, 2016年09月22日, Windhoek, Namibia.

田中樹 熱帯地域の脆弱環境に向き合う. JOCVナミビア特別セミナー, 2016年09月21日, ウィントフック、ナミビア.

田中樹 熱帯地域の脆弱環境と人と土. 持続可能性と資源貿易研究会, 2016年07月23日, 立教大学、東京都.

田中樹 アフリカにおける地域開発支援に関する技術論の課題と展望-人々の暮らしと土壌や生態環境とのかかわりをめぐって-. 日本土壌肥料学会2015年度京都大会公開シンポジウム, 2015年09月11日, 京都大学吉田キャンパス益川ホール.

田中樹 アフリカ半乾燥地での砂漠化への認識と実効ある対処技術の形成. 平成26年度日本沙漠学会乾燥地農学分科会講演会「砂漠化対処の新技術-温故知新-」, 2014年11月04日, 東京大学中島記念ホール、東京都.

Ueru Tanaka, Yuko Sasaki, Takao Shimizu and Kenta Ikazaki Design and verification of practical techniques concurrently enhancing farmland productivity and desertification control in the Sahel, West Africa. TICAD V Official Side Event, 2013.06.02, Yokohama, Japan.

Ueru Tanaka Local knowledge and soil-friendly tool in Sahelian traditional agriculture. International Forum on GIAHS, 2013.05.29, Nanao, Japan.

田中樹、水野啓、Le Van An ベトナム中部での生業多様化と社会的弱者層支援への取り組み. 日本熱帯農業学会・公開シンポジウム「熱帯農業協力における大学の役割と可能性」, 2012年03月31日, 東京都府中市(東京農工大学).

田中樹 自然災害常襲地での暮らしの向上と弱者層支援に向けて-フエでの草の根プロジェクトからの報告-. 第一回ベトナム草の根交流会, 2011年11月03日, ベトナム国ハノイ市(JICAベトナム事務所).

田中樹 「自給できない」地域とどう関わるか-西アフリカ・サヘル地域の生業と砂漠化対処から-. システム農学会2010年秋季大会、シンポジウム「気候変動と食糧生産の脆弱性」, 2010年11月06日, 兵庫県西宮市(関西学院大学).

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

France-Japan Joint Symposium “Landscape in the Anthropocene" (発表、企画、運営). 2016年12月05日-2016年12月08日, Fondation France-Japon de l’EHESS, Paris, France.

International Seminar on “Traditional Knowledge and Heritage of South Asia” (発表、企画、運営). 2016年11月15日-2016年11月16日, All India Jat Heroes’ Memorial College、Rohtak, Haryana, India.

International Symposium “Livelihood and Agriculture under Variable Environment in North Central Region of Namibia” (発表、企画、運営). 2016年09月22日, Windhoek, Namibia.

環境月間・北大地球研合同セミナー「地域システムの中のバリューチェーン:その創発と駆動」 (講演、企画、運営). 2016年06月25日, 北海道大学、札幌市.

第179回学振ナイロビセミナー:在来知の再評価とアジア・アフリカ協働による砂漠化対処および地域開発アプローチを探る (発表、企画、運営). 2016年06月18日, ナイロビ、ケニア.

Japan-BecA-ILRI Hub Seminar (発表、企画、運営). 2016年06月16日, ナイロビ、ケニア.

サステナビリティウィーク北大・地球研合同ワークショップ:「地域や人びとに寄り添う研究のあり方とは?」, 共同主催者 (企画・運営・連絡調整). 2014年11月01日, 北海道大学、札幌市.

システム農学会2014年度秋季大会シンポジウム「地球環境問題解決へのシステム論的アプローチ」, 幹事 (企画・運営). 2014年10月17日, 京都大学、京都市左京区.

西条環境セミナー, 会合統括 (企画・運営・連絡調整). 2014年09月16日-2014年09月21日, 愛媛県西条市.

地球環境月間・アフリカの暮らしと環境を考える合同セミナー:アフリカ半乾燥帯での砂漠化対処や地域開発支援について-住民目線での取り組みを探る-, 主催者 (会合統括、実施報告記事の作成). 2014年06月20日, 首都大学東京・秋葉原サテライトキャンパス、東京都千代田区.

国際開発学会ポストイベント:西アフリカ内陸半乾燥地での砂漠化対処と生計向上支援のあり方を探る, 運営アドバイザリー (企画、運営、講演). 2012年06月03日, 横浜市(JICA横浜). (地球・人間環境フォーラム、国際開発学会、環境省との共催イベント)

システム農学会2011年度春季大会(一般講演、シンポジウム), 運営委員 (学会準備、シンポジウム進行役). 2011年05月20日-2011年05月21日, 京都市(京都大学).

【組織運営】

日本システム農学会, 理事 (学会誌編集). 2011年09月-2014年08月.

日本国際地域開発学会, 委員 (学会誌編集). 2010年04月-2013年03月.

その他の成果物等

【企画・運営(展示など)】

かわはくスロープ展:砂漠の中の水, 情報提供者 (画像情報(写真3点)の提供). 2014年02月04日-2014年06月29日, 埼玉県立川の博物館、埼玉県大里郡.

調査研究活動

【海外調査】

在地生業の形成、資源・生態環境保全、貧困地域での学習支援(砂漠化プロの成果としての『「ヒトも自然も」を可能とする技術アプローチ』の実践展開事例)の視察と撮影. フエ市および周辺農村、ダナン市、ホイアン市(ベトナム), 2017年03月15日-2017年03月23日.

ハリヤーナ州ロータク周辺農村の土地利用および在来農具に関する調査、国際シンポの開催. ハリヤーナ州ロータク市周辺農村(インド), 2016年11月11日-2016年11月18日.

日仏合同調査:地熱発電開発のもとでの牧畜民社会(居住、文化、生業)の変容に関するフィールド調査、ケニア発電公社(KenGen)の地熱発電所施設の見学、これらのフィールド活動活動の学術映像の撮影. リフトバレー州(ケニア, 2016年10月08日-2016年10月15日.

砂漠化対処にかかる国際協力案件形成の打ち合わせ、牧畜地帯の村落での「緑の長城計画(GGWSSI)」の実践サイトの訪問. サンルイ市、ルーガ市周辺村落、ダカール市(セネガル), 2016年08月06日-2016年08月14日.

地域特産品の形成に関するフィールド実証試験のモニタリング. フエ市周辺(ベトナム, 2016年07月13日-2016年07月19日.

「ヒトも自然も」を可能とする地域開発アプローチを活かす地域開発案の形成可能性に関する打ち合わせ(タンザニア)、2件の国際セミナー(ケニア)、地熱発電所建設地でのマサイの強制移住に関する状況調査(ケニア). タンザニア(モロゴロ、ダルエスサラーム)、ケニア(ナイロビ、リフトバレー州, 2016年06月10日-2016年06月21日.

・ベトナム中部での地域開発案件(在地生業・資源・生態環境保全およびグリーンツーリズム)の形成にかかるフィールド調査. フエ市および周辺地域(ベトナム), 2016年04月09日-2016年04月16日.

ザンジバルおよびタンザニアにおける土地利用と土壌荒廃に関するフィールド調査. ザンジバル、モシ市・ムワンガ市・モロゴロ市(タンザニア), 2015年02月11日-2015年03月02日.

セネガル中西部の農牧混交地域における土地利用と生業活動に関するフィールド調査. ダカール市・リンゲーレ市(セネガル), 2015年01月28日-2015年02月08日.

ニジェール西部での砂漠化対処技術の普及状況に関する調査. ニアメー市(ニジェール), 2014年11月30日-2014年12月08日.

フィリピン中部沿岸域の暮らしと生業に関するフィールド調査. イロイロ市・カリボ市(フィリピン), 2014年10月23日-2014年10月29日.

ベトナムおよびインドネシアにおける屋敷林システムに関するフィールド調査. フエ市(ベトナム)およびジャカルタ周辺地域(インドネシア), 2014年09月24日-2014年10月02日.

ザンジバルにおける屋敷林システムに関するフィールド調査. ザンジバル(タンザニア連合共和国), 2014年07月09日-2014年07月24日.

セネガル・中南部の土地利用と土壌荒廃に関するフィールド調査. バンベイ、カオラック(セネガル), 2014年04月27日-2014年05月08日.

黄土高原での土地利用およびアワ作の在来農法に関するフィールド調査. 中国・楡林市, 2014年04月09日-2014年04月14日.

科研費(基盤A)研究「東アフリカにおける地方経済活性化の促進・制約要因に関する実証研究(代表:京都大学アジアアフリカ研究科・池野旬教授)」に関するフィールド調査. キリマンジャロ州、タンガ州(タンザニア)、マスカット市(オマーン), 2014年03月10日-2014年03月26日.

科研費(基盤B)研究「ベトナム都市農村連環発展に起因する生活質の変容と社会的脆弱性に関する調査研究(代表:京都大学地球環境学堂・小林広英准教授)」に関するフィールド調査. ホーチミン市(ベトナム)、ボゴール市(インドネシア), 2014年02月14日-2014年02月20日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド調査. ハルツーム市、ガダーレフ州、カッサラ州、紅海州(スーダン), 2013年12月07日-2013年12月22日.

地球研プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」でのフィールド調査. サンルイ市および周辺農村(セネガル), 2013年09月11日-2013年09月21日.

科研費(挑戦的萌芽)研究「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関するフィールド調査. ボゴール市(インドネシア)、フエ市(ベトナム), 2013年08月30日-2013年09月09日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド調査. ザンジバル(タンザニア), 2013年08月18日-2013年08月28日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド調査. ハノイ市、フエ市(ベトナム), 2013年07月14日-2013年07月20日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド調査. ボゴール(インドネシア), 2013年04月18日-2013年04月27日.

科研費(挑戦的萌芽)研究「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関するフィールド調査および成果発表. ベトナム中部・フエ市およびダナン市周辺, 2013年03月03日-2013年03月11日.

科研費(基盤B)研究『半乾燥熱帯アフリカに根ざした「緑の革命」実現のための耕地生態学的研究(代表:京都大学農学研究科・真常仁志助教)』をテーマとするフィールド研究. タンザニア・モロゴロ市およびザンジバル, 2012年11月18日-2012年11月28日.

科研費(基盤B)研究「インドシナ地域における高毒性およびジェネリック農薬の利用実態と潜在的リスクの評価」をテーマとするフィールド研究(代表:京都大学農学研究科・赤松美紀准教授)」にかかる分担研究業務. ベトナム・フエ市周辺村落, 2012年11月07日-2012年11月13日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド研究. スーダン・カッサラ州およびガダーレフ州, 2012年09月15日-2012年09月27日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド研究. ベトナム・フエ市周辺の山間部村落, 2012年08月29日-2012年09月07日.

科研費(基盤A)研究「アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開」に関するフィールド研究. スリランカ・アヌーダラプラ市周辺、インド・カルナータカ州、アンドラプラデシュ州、ラジャスタン州, 2012年07月11日-2012年07月29日.

科研費(挑戦的萌芽)研究「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関するフィールド調査. ベトナム中部・フエ市および周辺村落, 2012年06月19日-2012年06月26日.

科研費(挑戦的萌芽)研究「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関するフィールド調査. ベトナム・フエ市周辺, 2012年04月18日-2012年04月24日.

「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関する研究. カンボジア西部, 2012年03月05日-2012年03月11日.

地球研プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」でのフィールド調査. インド・ラジャスタン州, 2012年02月25日-2012年03月02日.

「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関する研究. ベトナム中部、南部, 2012年02月02日-2012年02月10日.

地球研プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」でのフィールド調査. ナミビア中部、北部, 2011年12月10日-2011年12月19日.

地球研プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」でのフィールド調査. ニジェール西部、南部, 2011年11月04日-2011年11月15日.

JICA草の根パートナー事業「ベトナム中部・自然災害常襲地のコミュニティと災害弱者層への総合的支援」でのフィールド調査と地域支援活動. JICA草の根パートナー事業「自然災害常襲地のコミュニティと災害弱者層への総合的支援」でのフィールド調査と地域支援活動, 2011年10月29日-2011年11月03日.

「在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援」に関する研究. ベトナム中部, 2011年09月03日-2011年09月19日.

JICA草の根パートナー事業「自然災害常襲地のコミュニティと災害弱者層への総合的支援」でのフィールド調査と地域支援活動. ベトナム中部, 2011年06月24日-2011年06月29日.

JICA草の根パートナー事業「自然災害常襲地のコミュニティと災害弱者層への総合的支援」でのフィールド調査と地域支援活動. ベトナム中部, 2011年05月22日-2011年05月28日.

外部資金の獲得

【科研費】

社会的弱者層が駆動する新たな在地コミュニティビジネスの実証的展開と成立要件の解明(研究代表者) 2014年04月01日-2017年03月31日. 挑戦的萌芽 (26570016).

ベトナム都市農村連環発展に起因する生活質の変容と社会的脆弱性に関する調査研究(研究分担者) 2013年04月01日-2018年03月31日. 基盤研究(B) (25303005).

アフリカにおける地方経済活性化と資源保全に関する実証研究-タンザニアの事例-(研究分担者) 2013年04月01日-2018年03月31日. 基盤研究(A) (25257107).

アフロ・ユーラシア貧困地域での生業多様化と安定化に向けた水平技術移転の実践的展開(研究代表者) 2012年04月01日-2017年03月31日. 基盤研究(A)  (24251005).

在地生業創成による社会的弱者層支援と資源・生態系保全の両立に向けた実践的地域支援(研究代表者) 2011年04月01日-2014年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (23651253).

インドシナ地域における高毒性およびジェネリック農薬の利用実態と潜在的リスクの評価(研究分担者) 2010年04月01日-2013年03月31日. 基盤研究(B) (70183134).

半乾燥熱帯アフリカに根ざした「緑の革命」実現のための耕地生態学的研究(研究分担者) 2010年04月01日-2014年03月31日. 基盤研究(B) (22405020).

インドシナ地域での社会的弱者層を取りまく緩慢なるハザードの実態と地域復元力の解明(研究分担者) 2008年04月01日-2012年03月31日. 基盤研究(B) (20401008).

西アフリカ内陸半乾燥地での砂漠化対処における水平技術移転アプローチに関する研究(研究代表者) 2008年04月-2012年03月31日. 基盤研究(B) (20405005).

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

地球・人間環境フォーラム, 「砂漠化対処技術の普及方策等の検討に関する専門支援委員会」委員(チーフアドバイザー) (アドバイザリー). 2011年10月-2012年03月.

地球・人間環境フォーラム, 「砂漠化対処技術の普及方策等の検討に関する専門支援委員会」委員(アドバイザー) (アドバイザリー). 2010年12月-2011年03月.

JICA草の根パートナー事業「ベトナム中部・自然災害常襲地のコミュニティと災害弱者層への総合的支援」, プロジェクトマネージャ (事業統括). 2010年10月-2013年09月.

JICA草の根パートナー事業「ニジェール国・サヘル地域での砂漠化対処および生計向上に向けた農民技術の形成と普及」, 技術サポーター (砂漠化対処技術にかかる専門的アドバイザリー). 2010年04月-2013年03月.

京都大学地球環境学堂, 科学振興調整費事業「環境マネジメント人材育成国際拠点」推進員 (ベトナム中部拠点での研究教育活動の支援). 2008年04月-2013年03月.

【共同研究員、所外客員など】

ベトナム国・フエ大学, 名誉教授. 2012年04月-2025年03月. (任期:2012-終身)

京都大学防災研究所GCOE「極端気象適応社会」教育ユニット, 特任教授 (研究および教育活動の推進). 2011年10月-2013年10月.

【依頼講演】

西アフリカの人びととつくる砂漠化対処の技術. SKYシニア大学「暮らし・環境コース」, 2017年01月31日, 京都新聞文化ホール、京都市. (田中樹)

アフリカ半乾燥地での砂漠化問題と解決に向けての取り組み. シニア自然大学校, 2016年09月16日, 総合地球環境学研究所、京都市. (田中樹)

地域資源や在来知を生かした実践技術をつくる-西アフリカ半乾燥地での砂漠化対処の取り組みから-. 第186回APEXセミナー, 2015年10月31日, 国際協力機構市ヶ谷研修所(東京都).

西アフリカ・サヘル地域での砂漠化対処の取り組み-人々の暮らしや生業と親和性のある実践技術をつくる-. JICA農村開発部ナレッジ勉強会, 2015年03月24日, 国際協力機構、東京都千代田区.

ベトナム中部・自然災害常襲地での 人々の暮らしの向上と生態環境の保全 -「発想する力」を地域開発支援に役立てる-. 第5回地球環境学講座, 2015年03月17日, 北京大学、北京市(中国). (中国語同時通訳).

生業活動を通じて生態環境を保全する-ベトナム中部での地域開発支援の事例を中心に-. JICAセネガル事務所特別セミナー, 2015年02月06日, ダカール市(セネガル).

ベトナム中部・自然災害常襲地での在地生業の形成支援 -「発想する力」を地域開発支援に役立てる-. 京都府立大学特別セミナー, 2014年11月10日, 京都府立大学、京都市左京区. (学部生・大学院生向け)

西アフリカ・サヘル地域の砂漠化問題と対処 -地域の人々に親和性ある実践可能な対処技術を目指して-. 東京農大特別セミナー, 2014年11月05日, 東京農業大学、東京都世田谷区. (学部生・大学院生向け)

Practical techniques to cope with desertification for local people in the Sahel, West Africa. Special Seminar in Tokyo University of Agriculture, 2014年11月05日, 東京農業大学、東京都世田谷区. (留学生向け)

アフリカ半乾燥地での砂漠化問題と 対処アプローチ -西アフリカでの取り組みを事例に-. 西条未来づくり講座, 2014年09月19日, 丹原高等学校、愛媛県西条市. (西条環境セミナー(2014年9月16日~21日)の一環として)

砂漠化問題と向き合う-西アフリカにおける地域開発と砂漠化抑止-. 日立環境財団サイエンスカフェ, 2014年09月03日, サロン・ド・冨山房 Folio、東京都千代田区.

Desertification and Livelihood in Semi-Arid Afro-Eurasia. コミュニティ開発論(特別講義), 2014年07月02日, 京都大学大学院地球環境学堂、京都市. (大学院生向け)

住民目線で砂漠化対処技術を考える-ニジェールやブルキナファソでの経験から-. JICAセネガル事務所セミナー, 2014年06月05日, ダカール市(セネガル).

アフリカ半乾燥地での 砂漠化問題と対処アプローチ. 楡林学院特別セミナー, 2014年05月13日, 楡林学院、楡林市(中国). (中国語同時通訳)

遠いアフリカでの砂漠化対処に取り組むワケ -地域の人々に親和性ある実践可能な対処技術を目指して-. 第13回地球研地域連携セミナー「地球の未来、地域の知力―環境問題の解決に向けて」, 2014年02月11日, 鳥取環境大学(鳥取市).

生業活動を通じて生態環境を保全する-ベトナム中部での地域開発支援の事例を中心に-. 国際協力機構・地球環境部勉強会, 2013年11月26日, 東京都四ツ谷(国際協力機構). (国際協力専門家向けセミナー)

風と人と土-西アフリカの人々の暮らしと砂漠化-. 京都市新町小学校・PTA共催講演会, 2013年11月22日, 京都市・新町小学校. (市民および小学生向けセミナー)

西アフリカ・サヘル地域の砂漠化問題と対処-地域の人々に親和性ある実践可能な対処技術を目指して-. 京都府立大学特別講義, 2013年11月22日, 京都市・京都府立大学. (学部生・大学院生向けセミナー)

生業活動を通じて生態環境を保全する ベトナム中部での地域開発支援の事例から- . 弘前大学農学生命科学部・第12回研究推進セミナー, 2013年11月06日, 弘前市. (学部生向けセミナー)

サヘル地域の人々に親和性のある実践可能な砂漠化対処技術を目指して- 西アフリカ・サヘル地域を事例に-. 東京農業大学特別セミナー, 2013年10月30日, 東京都・東京農業大学. (学部生向けセミナー)

Practical techniques to cope with desertification for local people . 東京農業大学特別セミナー, 2013年10月30日, 東京都・東京農業大学. (留学生向けセミナー)

地域の人々に親和性のある砂漠化対処技術の要件と設計- 西アフリカ・サヘル地域を事例に- . 砂漠化対処に関するコミュニティ支援のための公開勉強会, 2013年09月27日, 東京都市ヶ谷(国際協力機構・市ヶ谷研修所). (国際協力専門家向けセミナー)

Practical technique to improve crop performance and wind erosion control in the Sahel, West Africa. Special Seminar in Ankara , 2013年07月29日, Ministry of Water and Forest, Ankara, Turkey. (トルコ国・水森林省研究院・技官向けセミナー)

西アフリカ・サヘル地域での砂漠化対処について-研究プロジェクトの紹介-. 京都市岩倉南小PTAセミナー, 2013年07月21日, 京都市・総合地球環境学研究所. (市民向けセミナー)

地域の人々に親和性のある砂漠化対処技術の開発と普及-西アフリカ・サヘル地域を事例に-. 環境保全ネットワーク京都・講演会, 2013年07月06日, 京都市. (NGO向けセミナー)

アフリカの風土に学ぶ- 西アフリカ・サヘル地域の砂漠化対処をめぐって-(第一話)、農民の知恵に学ぶ - ベトナム中部の社会的弱者層支援をめぐって- (第二話). 洛北高等学校スーパーサイエンスコース講義, 2013年06月27日, 京都市洛北高等学校. (高校生向け講義)

実効ある砂漠化対処を目指して. 京都大学・地球環境学舎特別セミナー, 2013年06月13日, 京都市・京都大学地球環境学堂. (大学院生向けセミナー)

アフリカ半乾燥地での砂漠化問題と対処アプローチ. 第3回地球環境学講座, 2013年03月14日, 中国・北京市・北京大学. (中国語同時通訳)

遠い世界に思いをはせる-アフリカでの開発支援をめぐって-. 第48回地球研市民セミナー, 2013年01月18日, 京都市・総合地球環境学研究所. (市民向けセミナー)

フィールド研究を人びとの暮らしに役立てる-ベトナム中部での取り組みを事例に-. 鳥取環境大学・特別セミナー, 2012年06月15日, 鳥取市(鳥取環境大学).

「学び」の場としての西条~フィールド研究者から見た魅力と今後の関わり~. 西条未来づくり講座, 2010年08月21日, 愛媛県西条市. (市民向けセミナー)

【その他】

2017年05月12日 京都府立北陵高校「地球環境学の扉」での講義:「第一話:未知なるものに出会う-アフリカ半乾燥地での砂漠化とその対処-」、「第二話:想像することの力-ベトナム中部での暮らしの向上と生態環境の保全-」

2013年03月06日 日越合同セミナー「アジア人材によるアフリカ開発支援」(RIHN-HUAF Collaboration Seminar on "African Development Assistance with Asia") ベトナム国・フエ市(フエ農林大学)

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

くらし考:「地域の視点」って何でしょう?. 朝日新聞, 2010年09月05日(13), 25.

教育

【大学院教育・研究員などの受け入れ】

(2014年度) インターン研修員(長期・短期)の受け入れ(修士課程) (1). 京都大学地球環境学舎より.

(2013年度) インターン研修員(短期)の受け入れ(修士課程) (2). 京都大学地球環境学舎より

(2012年度) インターン研修員(短期)の受け入れ(修士課程) (2). 京都大学地球環境学舎より

【非常勤講師】

京都大学大学院, 地球環境学堂, 暮らし・環境・平和-ベトナムに学ぶ―. 2014年06月. (学部生向け、国際交流科目、1回)

京都大学, 地球環境学堂, コミュニティ開発論. 2013年07月. (大学院生向け、英語講義、1回)

京都大学, 地球環境学堂, 暮らし・環境・平和-ベトナムに学ぶ-. 2013年06月. (学部向け、国際交流科目、1回)

京都大学, 地球環境学堂, コミュニティ開発論. 2012年07月. (大学院生向け、英語講義、1回)

京都大学, 農学研究科, 日本の農業と環境. 2012年06月-2012年07月. (留学生向け英語講義、3回)

京都大学, 自然と文化. 2012年06月-2012年07月. (学部生向け、2回)

京都大学, 地球環境学堂, 暮らし・環境・平和-ベトナムに学ぶ-. 2012年05月. (学部生向け、国際交流科目、1回)

京都大学, 地球環境学堂, 環境リーダー論A. 2012年05月. (大学院生向け、英語講義、1回)

京都大学, 農学研究科, 比較農業論. 2012年04月-2012年05月. (大学院講義、7回)