総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名加藤 久明
氏名(かな)かとう ひさあき
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名プロジェクト研究推進支援員
着任日2011-08-01
離任日2016-03-31
生年1980
学歴駿河台大学文化情報学部知識情報学科レコード・アーイアイヴズ・コース卒業(2002.3)
駿河台大学大学院文化情報学研究科文化情報学専攻修士課程修了(2004.3)
千葉商科大学大学院政策研究科政策専攻博士課程修了(2008.3)
職歴駿河台大学文化情報学研究所特別研究員 (2004-2013.3)
千葉商科大学経済研究所客員研究員 (2005-2007.3)
立命館サステイナビリティ学研究センター客員研究員 (2007-2009.5)
立命館グローバル・イノベーション研究機構研究員(2008.11-2009.4)
立命館グローバル・イノベーション研究機構ポスト・ドクトラル・フェロー[IR3S協力機関研究員] (2009.6-2010.3)
立命館グローバル・イノベーション研究機構ポスト・ドクトラル・フェロー[「低炭素社会実現のための基盤技術開発と戦略的イノベーション」プロジェクト研究員] (2010.4-2011.7)
立命館大学政策科学部非常勤講師 (2010.4-2015.9)
総合地球環境学研究所研究部プロジェクト研究推進支援員[C-09-Init] (2011.08.01-)
立命館サステイナビリティ学研究センター客員研究員 (2011.10-)
日本経済大学リスクマネジメント研究所研究員(訪問)(2012.10-)
学位博士(政策研究) (千葉商科大学 2007)
修士(文化情報学) (駿河台大学 2003)
専攻・バックグラウンド図書館情報学・人文社会情報学
環境影響評価・環境政策
経営学
社会学
所属学会政策情報学会
記録管理学会
人工知能学会
国際公共経済学会
Japan Young Water Professionals (Japan-YWP)
自己紹介Transdisciplinaryをポリシーとしてきた「専門無き研究者」です。常に知と方法の多様なプリズムの中で自分をリフレイミングすることをモットーとしています。学部では文化情報学という領域でArchival Scienceを学びながら、理論社会学のゼミで学問的な方法論とprincipleを習得しました。これをベースに修士において当時、経営学や記録管理学においてホットな話題であったKnowledge Managementの代表的な理論である知識創造理論(Ikujiro Nonaka)の研究を行い、博士課程では非営利組織活動における個人の評価をベースとしたアウトカム研究を行いました。地球研では、プロジェクト研究推進支援だけでなく、これまでの組織論的な視点をベースにIWRMの再検討を行っています。
ホームページhttp://members.jcom.home.ne.jp/hisaaki-k/

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

加藤久明 2015年11月 III部「コンテクスト/関係論」, 「市民目線」, 「多元主義」. 中道寿一, 朽木量編 政策研究を越える新地平: 政策情報学の試み. 福村出版, 東京, pp.238-242, 243-245.

Hisaaki Kato, Wang XinHui and NAKAGAMI Ken’ichi 2014,08 Prospects for International Cooperation on Water Safety to Construct Water Conservation City-Based on Comparative Studies Between Fukuoka City and Zhengzhou City, Henan, China- Based on comparative studies between Fukuoka City and Zhengzhou City, Henan, China. NAKAGAMI Ken'ichi, G. A. Choudhury, LI Jianhua and FUKUSHI Kensuke (ed.) Strategic Adaptation Towards Water Crisis. The University Press Limited, Dhaka, Bangladesh, pp.73-82.

加藤久明 2014年01月 6.9 社会組織の読み解き方. 地球環境学マニュアル2:はかる・みせる・読み解く. 朝倉書店, 東京, pp.112-113.

加藤久明 2011年02月 第II部 3.6 「国際互恵」と広域低炭素社会. 梅田 靖ほか編著編 都市・農村連携と低炭素社会のエコデザイン. 技報堂出版, 東京, pp.143-148.

論文

【原著】

加藤久明, 仲上健一 2016年02月 統合的水資源管理の自己超克: 近代的統合を経た適応型管理に基づく地域の未来設計. 政策情報学会誌 9(1):43-53. (査読付).

I Wayan Budiasa, Budi Indra Setiawan, Hisaaki Kato, Nobuyuki Sekino, Jumpei Kubota 2015,12 THE ROLE OF THE SUBAK SYSTEM AND TOURISM ON LAND USE CHANGES WITHIN THE SABA WATERSHED, NORTHERN BALI, INDONESIA. Journal of ISSAAS 21(2):31-47. (査読付).

Satyanto K. Saptomo, Yudi Chadirin, Budi I. Setiawan, I Wayan Budiasa, Hisaaki Kato, Junpei Kubota 2015,08 QUANTIFYING WATER BALANCE OF SUBAK PADDY FIELD BASED ON CONTINUOUS FIELD MONITORING. Jurnal Teknologi (Sciences & Engineering; Universiti Teknologi Malaysia) 76(15):53-59. (査読付).

矢尾田清幸, 加藤久明, Macrina T. Zafaralla, 嘉田良平 2015年04月 魚群探知機を応用した簡易水深測定法の開発: フィリピン共和国ラグナ湖の水深図作成を事例として. システム農学 31(2):51-57. (査読付).

Budi I. Setiawan, Arief Imansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi and Hisaaki Kato 2014,09 SRI PADDY GROWTH AND GHG EMISSIONS AT VARIOUS GROUNDWATER LEVELS. IRRIGATION AND DRAINAGE (Article first published online):1-9. (査読付). Published online in Wiley Online Library (wileyonlinelibrary.com) DOI: 10.1002/ird.1866

Satyanto K. Saptomo, Budi I. Setiawan, Chusnul Arif, Sutoyo, Liyantono, I Wayan Budiasa, Hisaki Kato, Takao Nakagiri, and Junpei Kubota 2014,06 A FIELD MONITORING STATION NETWORK FOR SUPPORTING THE DEVELOPMENT OF AN INTEGRATED WATER RESOURCES MANAGEMENT SYSTEM. Proceedings of the Asia-Pacific Advanced Network 37:30-41. (査読付).

Chusnul Arif, Budi. I. Setiawan, Masaru Mizoguchi, Satyanto. K. Saptomo, Sutoyo, Liyantono, I Wayan Budiasa, Hisaaki Kato and Jumpei Kubota, Tetsu Ito 2014,06 Performance of Quasi Real-Time Paddy Field Monitoring Systems in Indonesia. Proceedings of the Asia-Pacific Advanced Network 37:10-19. (査読付).

Budi I. Setiawan, Arief Irmansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi, Hisaaki Kato 2013,12 Effects of groundwater level on CH4 and N2O emissions under SRI paddy management in Indonesia. TAIWAN WATER CONSERVANCY 61(4):135-146. (査読付).

仲上健一, 加藤久明, 王新輝 2012年10月 節水型都市構築のための国際水安全協力事業の展望. 政策科学(立命館大学政策科学会) 20(1):71-78.

仲上健一, 加藤久明, 濱崎宏則 2011年10月 環境イノベーションと社会・経済. 国際公共経済研究(国際公共経済学会)(22):54-60. (査読付).

任洪波, 小泉國茂, 周瑋生, 仲上健一, 加藤久明 2010年09月 都市農村連携による分散型エネルギーシステムと国際資源循環. 環境技術(環境技術学会) 39(9):543-548.

加藤久明 2010年03月 持続可能なイノベーションに関する一考察:「生活起点」の視点から. 政策科学(立命館大学政策科学会)(17):65-75.

加藤久明 2009年11月 「低炭素社会」の到来と社会モデルの転換:持続可能な調和社会モデル構築への方途. 政策情報学会誌 3(1):69-84. (査読付).

加藤久明 2007年06月 アウトカムに視座を置いた非営利組織活動研究:活動参加者の「学習」と「価値創造」に主眼を置いた概念枠組みに関する一考察. 千葉商大論叢 45(1):45-68. (査読付).

加藤久明 2006年12月 日本における図書館の基本原理 : 羽仁五郎の発言に関する批判的考察. 千葉商大論叢 44(3):105-119. (査読付).

加藤久明 2006年09月 組織進化論 : 「組織化」の理論を中心に. 千葉商大論叢 44(2):203-222. (査読付).

加藤久明 2006年06月 組織的知識創造理論の理論的前提. 千葉商大論叢 44(1):89-108. (査読付).

加藤久明 2006年03月 非営利組織と規模の戦略 : 公共図書館の経営プロセス解体. 千葉商大論叢 43(3・4合併号):119-137. (査読付).

【総説】

渡邉紹裕, 加藤久明, 田村うらら 2012年10月 水土の知:「統合的水資源管理」に向けての再定礎. 環境技術 41(10):594-599.

加藤久明 2010年 持続可能な森林経営. 環境工学研究(空気調和・衛生工学会近畿支部環境工学研究会)(285):15-23.

加藤久明 2009年 国家間連携としての「国際互恵」 : 持続可能な圏域構築に必要とされる社会関係資本構築に向けて. API Working Papers(政策情報学会 3・4(合併号):43-51.

加藤久明 2009年 大学研究所時代の終焉とネットワーク型研究センターの未来 : 立命館サステイナビリティ学研究センターが目指した研究拠点の変革. API Working Papers(政策情報学会) 3・4(合併号):53-63.

加藤久明 2008年 糸魚川市における中心市街地活性化への取組み:地方都市再生の取組み. 国府台経済研究(千葉商科大学経済研究所) 19(2):135-155.

加藤久明 2007年 「トランスメディア」概念の概要とその展望:政策情報学会トランスメディア研究プロジェクトにおける活動から. 政策情報学会誌 1(1):154-163. (査読付). 査読付き研究ノート

加藤久明 2007年 組織進化論の理論的課題:野中郁次郎によるカール・ワイクへの批判を中心に. CUC DISCUSSION PAPER SERIES(千葉商科大学国府台学会)(14):1-14.

加藤久明 2007年 非営利組織におけるアウトカム評価:不可視的な活動成果の評価に関する一考察. CUC DISCUSSION PAPER SERIES(千葉商科大学国府台学会)(15):1-30.

加藤久明 2007年 「社会死」を回避する非営利組織活動:その可能性と方向性に関する一考察. API Working Papers(政策情報学会) 2(1):47-60.

加藤久明 2006年 組織的知識創造理論とナレッジ・マネジメント理論研究:野中郁次郎による研究の理論的前提に関する批判的考察. CUC DISCUSSION PAPER SERIES(千葉商科大学国府台学会)(10):1-30.

加藤久明 2006年 非営利組織論の学問的な位置付け:目的要因と説明要因、先行研究における言及を中心に. CUC DISCUSSION PAPER SERIES(千葉商科大学国府台学会)(11):1-13.

加藤久明 2006年 「生活起点」発想の政策概念:21世紀の地方都市再開発における前提条件. Research Paper Series(千葉商科大学経済研究所)(37):1-17.

加藤久明 2006年 組織化される継続的な学習. API Working Papers(政策情報学会) 1(1):23-29.

加藤久明 2006年 非営利組織における学習成果創造:博物館を事例としたその可能性に関する考察. CUC DISCUSSION PAPER SERIES(千葉商科大学国府台学会)(12):1-17.

加藤久明 2005年 「21世紀の地方都市再開発研究」における問題視角 : 社会共通資本、情報化、グローバリゼーション. Research Paper Series(千葉商科大学経済研究所)(36):1-10.

その他の出版物

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

加藤久明 2012年06月 水資源をめぐる諸問題を解決するための統合的管理を考える:World Water Forum 日本パビリオン・ブース出展ならびにサイドイベント(イベントの報告). 総合地球環境学研究所報 (37):10.

会合等での研究発表

【口頭発表】

Takao Nakagiri, Miyo Yoshizaki, Hisaaki Kato, D. Agnes Rampisela, Akihiko Kotera, Jumpei Kubota, Haruhiko Horino and Shinji Sakurai Possibility of Estimation of Actually Cultivated Area in Paddy Field Using Modis Images. ISSAAS2015 (International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences), 2015.11.07-2015.11.09, Tokyo University of Agriculture, Tokyo, Japan.

I Wayan Budiasa, Satyanto Krido Saptomo, Yudi Chadirin, Chusnul Arif, Budi Indra Setiawan, Hisaaki Kato, Agnes Rampisela, Jumpei Kubota A COMMUNITY ESTABLISHMENT FOR ACHIEVING IMPLEMENTATION OF INTEGRATED WATER RESOURCES MANAGEMENT AND SUSTAINABLE AGRICULTURE AT SABA RIVER BASIN LEVEL, NORTHERN BALI, INDONESIA. ISSAAS2015 (International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences ), 2015.11.06-2015.11.09, Tokyo University of Agriculture, Tokyo, Japan.

SatyantoK. Saptomo, YudiChadirin, Budi I. Setiawan, I WayanBudiasa, Hisaaki Kato, Jumpei Kubota QUANTIFYING WATER BALANCE OF SUBAK PADDY FIELD BASED ON CONTINUOUS FIELD MONITORING. PAWEES-INWEPF Joint Internatilnal Conference 2015, 2015.08.19-2015.08.20, Kuala Lumpur, Malaysia.

Hisaaki KATO Lessons Learned in Co-producing Knowledge: Establishing the Saba River Basin Community, Bali. 10th RIHN International Symposium, Session2 Knowledge Co-Production in Water Governance: Stories from the field, 2015.06.17-2015.06.19, Kyoto, RIHN. (本人発表).

Budi I. Setiawan, Sutoyo, I Wayan Budiasa, Hisaaki KATO, Jumpei Kubota Seasonal Variability of Rainfall in Saba Watershed of Bali Island. GRENE-CAAM Workshop, 2015.03.12-2015.03.15, Hanoi, Vietnam.

加藤久明, 仲上健一 統合を経た適応型水管理への転換 : 余呉湖と周辺地域の未来設計を手がかりに. 政策情報学会第10回研究大会, 2014年11月29日, 関西大学高槻ミューズキャンパス. (本人発表).

I Wayan Budiasa, Nobuyuki Sekino, Hisaaki Kato, Jumpei Kubota and Budi I. Setiawan The Role of Subak Facing Land Use Changes and Tourism Development Within Saba Watershed, Northern of Bali Provience, Indonesia. ISSAAS2014, 2014.11.08-2014.11.09, Tokyo University of Agriculture.

Budi I. Setiawan, I Wayan Budiasa, Jumpei Kubota and Hisaaki Kato Co-designing Integrated Water Resource Management: A Case Study in Saba Watershed of Bali Island. PAWEES2014 International Conference, 2014.10.30-2014.10.31, Kaohsiung, Taiwan.

中桐貴生, 堀野治彦, 櫻井伸治, 吉崎弥代, D.Agnes Rampisela, 加藤久明 MODIS画像を用いた水田における作付面積の推定. 平成26年度農業農村工学会大会講演会, 2014年08月26日-2014年08月28日, 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター.

矢尾田清幸, 加藤久明, Macrina T. Zafaralla, 嘉田良平 魚群探知機を応用した簡易深度測定法の開発: フィリピン共和国ラグナ湖の水深図作成を事例として. システム農学会2014年度春季大会, 2014年05月24日-2014年05月24日, 東京農業大学世田谷キャンパス.

加藤久明, 矢尾田清幸 社会と科学の共創」としての水土測定技術の移転:インドネシアならびにフィリピンにおける協働の試み. 政策情報学会第9回研究大会, 2013年11月30日, 大阪富国生命ビル. (本人発表).

Budi I. Setiawan, Arief Imansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Hisaaki Kato, Masaru Mizoguchi SRI Paddy Growth and GHG Emission subjected to lowering Groundwater Level. 12th PAWEES 2013, 2013.10.30-2013.11.01, Cheongju, South Korea.

Budi Setiawan, Arief Irmansyah, Chusnul Arif, Tsugihiro Watanabe, Masaru Mizoguchi and Hisaaki Kato CHARACTERISTICS OF CH4 AND N2O EMISSIONS UNDER VARIOUS GROUNDWATER LEVELS IN SRI PADDY FIELDS(No.401). First World Irrigation Forum, 2013.09.29-2013.10.03, Mardin, Turkey. Workshop 3. Management of Water, Crops and Soils under Climate Change Groups: Full Papers 8p

HASHIMOTO WATANABE Satoko, NAKAMURA Kimihito, HAMASAKI Hironori, IMAGAWA Chie, KATO Hisaaki, WATANABE Tsugihiro The Characteristics of Water quality of Water System in Agricultural Area Reusing Drainage Water (No.159). First World Irrigation Forum, 2013.09.29-2013.10.03, Mardin, Turkey. 3.3 Irrigation and drainage for environmental sustainability: Full Papers 7p

加藤久明, 濱崎宏則, 渡部慧子, 今川智絵, 中桐貴生 生活起点発想に基づく統合的水資源管理の再構築: インドネシア・バリ島ならびにスラウェシ島における当事者起点のフィールド研究. 政策情報学会第8回研究大会, 2012年12月01日-2012年12月01日, 千葉県市川市, 千葉商科大学. (本人発表).

加藤久明, 今川智絵, 濱崎宏則, 渡部慧子 地域レベルの水資源管理と全球水循環モデルが持つ知見の融合が持つ政策的意義:バリ島北部を中心に. 第20回日本雨水資源化システム学会大会, 2012年11月03日-2012年11月04日, 沖縄県座間味村離島振興総合センター. (本人発表).

今川智絵, 花崎直太, 加藤久明, 濱崎宏則, 渡部慧子, 半藤逸樹 水資源アセスメントのための全球水資源モデル予測に対する不確実性解析の試み. 第20回日本雨水資源化システム学会大会, 2012年11月03日-2012年11月04日, 沖縄県座間味村離島振興総合センター.

加藤久明, 濱崎宏則, 渡邉紹裕, 仲上健一 統合的水資源管理のための「水土の知」:再検討に必要な方法論デザインの試み. 第12回 環境技術学会年次大会, 2012年09月03日-2012年09月03日, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス.

加藤久明 持続可能な森林経営の可能性と今後の展開. 第3回RCSフォーラム(立命館サステイナビリティ学研究センター), 2012年01月27日, 京都府京都市, 立命館大学衣笠キャンパス. (本人発表).

加藤久明, 仲上健一 「水土の知」としての統合的水資源管理 : その再検討に向けた視点の検討. 政策情報学会第7回研究大会, 2011年11月12日, 大分県別府市, 立命館アジア太平洋大学. (本人発表).

Hisaaki Kato Rethinking of IWRM, from the Viewpoint of Management and Organization Theory. Workshop of the Research Project on "Wisdom of Land and Water Management", 2011.11.12-2011.11.15, Kyoro, RIHN. (本人発表). Supported by RIHN C-09-Init

加藤久明, 三浦逸朗, 酒井達雄, 廉 本寧, 河合陽平, 吉岡修哉 持続可能な森林経営による農山村の生活圏再生に関する研究. 日中科学技術シンポジウム2011(日本技術士会近畿支部), 2011年10月29日, 大阪府大阪市, アジア太平洋貿易センター. (本人発表).

Hisaaki Kato "Convivial Organization" for Renewal of Integrated Water Resources Management Framework: Focusing up on Collaborate Activities for Water Resources Management in the context of Modern Organizational Theory "Cooperative System” Revisited". International Symposium Long Term Vision For The Sustainable Water & Land Use, 2011.09.20-2011.09.23, Turkey, Adiyaman University. (本人発表). Supported by CREST and RIHN C-09-Init

王 新輝, 加藤久明, 仲上健一 節水型都市構築のための国際水安全協力事業の展望. 水資源・環境学会2011年研究大会, 2011年06月04日, 京都府長岡京市, 長岡京市中央生涯学習センター.

Ken'ichi Nakagami, Hisaaki Kato, Hironori Hamasaki, Wang Xin Hui, Atsuko Nonaka Water Resources Management and Sustainable Society. 2010 ENVOL International Symposium(Graduate GP Program Environmental Option Leaders for the Asia Pacific (ENVOL) Program), 2011.01.22, Beppu, Ritsumeikan Asia Pacific University. Supported by JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research(B)[20310027]

仲上健一, 加藤久明, 濱崎宏則 環境イノベーションと社会経済. 国際公共経済学会第25回研究大会, 2010年12月10日, 京都府京都市, 立命館大学衣笠キャンパス. (本人発表).

加藤久明 持続可能な森林経営. 環境工学研究会(空気調和・衛生工学会近畿支部), 2010年09月22日, 大阪府大阪市, キャンパスポート大阪. (本人発表).

加藤久明 国家間連携としての「国際互恵」と広域低炭素社会. 日中低炭素経済ワークショップ, 2010年09月20日, 中国上海, 同済大学. (本人発表). 環境省地球環境研究総合推進費E-0804

Wang Xin Hui, Hisaaki Kato, Ken'ichi Nakagami Observation of Water Conservation Plan in Fukuoka City and Zhengzhou City. Shanghai Water Research Workshop, 2010.09.20, Shanghai, East China Normal University. Supported by JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research(B)[20310027]

Hisaaki Kato A Narrative Element in Urban Water Supply Side: Case Study on Modern Water Industry in Japan. Shanhai Water Research Workshop, 2010.09.20, Shanghai, East China Normal University. (本人発表). Supported by JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research(B)[20310027]

加藤久明, 濱崎宏則 一般化された「政策」を考える: 「責任の共同投資としてのガバナンス」という視点から. 第5回政策情報学フォーラム(政策情報学会), 2010年07月10日, 東京都, 立命館東京キャンパス. (本人発表).

加藤久明 持続可能な森林経営のための成熟された低炭素技術の再評価. RCS春季・プログレスレポート会議研究報告(立命館サステイナビリティ学研究センター), 2010年05月29日, 京都府京都市, キャンパスプラザ京都. (本人発表).

加藤久明 持続可能な森林経営と木質バイオマス活用による農山村再生研究. 第11回BKCフォーラム(立命館サステイナビリティ学研究センター), 2010年05月19日, 滋賀県草津市, 立命館大学びわこ・くわつキャンパス. (本人発表).

加藤久明 国家間連携としての「国際互恵」 : 社会関係資本からのアプローチによる持続可能な圏域構築の試み. 環境省地球環境研究総合推進費Hc-084公開シンポジウム, 2010年01月28日, 京都府京都市, 立命館大学朱雀キャンパス. (本人発表).

加藤久明, 酒井達雄 木質バイオマス活用による中小農村コミュニティ再構築事業. 第10回BKCフォーラム(立命館サステイナビリティ学研究センター), 2009年12月05日, 滋賀県草津市, 立命館大学びわこ・くわつキャンパス. (本人発表).

加藤久明 ConceptとしてのPolicy Informatics. 第4回政策情報学フォーラム(政策情報学会), 2009年07月11日, 東京都, 立命館東京キャンパス. (本人発表).

源高志, 澤田龍一, 山田善弘, 加藤久明 急がれるトランスメディア概念の定着. 政策情報学会第3回研究大会, 2007年11月17日, 京都府京都市, 立命館大学朱雀キャンパス.

加藤久明 日本型ナレッジマネジメント理論の再検討 : 組織的知識創造理論研究の批判的考察. 記録管理学会2004年度研究大会, 2004年05月29日, 東京都港区, 南青山会館. (本人発表). 2003年度記録管理学会研究助成対象研究報告

【ポスター発表】

橋本(渡部)慧子,中村公人,丸山誠史,宮川千絵,多田洋平,濱﨑宏則,今川智絵,加藤久明,渡邉紹裕 異なる取水源を利用する水田地域の用水水質特性: 滋賀県愛知川流域を対象として. 総合地球環境学研究所 第2回 同位体環境学シンポジウム, 2013年02月18日-2013年02月19日, 京都府京都市,総合地球環境学研究所.

Yaqien Gisno Ogalelano, Takao NAKAGIRI, Hiroki OUE, Dorotea Agnes RAMPISELA, Sartika LABAN, Hisaaki KATO Possibilities of Approach Integrating RS Multi-Data Analysis and GIS for Water Resources Management and Environmental Monitoring: The case study of Bili-Bili Irrigation System, Indonesia. The 20th CEReS International Symposium on Microsatellites for Remote Sensing (SOMIRES 2013) and The 231th RISH Symposium, 2013.08.08-2013.08.09, Chiba, Chiba University. (Proceedings, pp.47-48)

Hironori HAMASAKI, Hisaaki KATO, and Takao NAKAGIRI. Possibilities of approach integrating ‘hardware’ and ‘software’ for sustainable water resources management: – the case of Bali, Indonesia. The 4th International Water Association Asia-Pacific Young Water Professionals Conference, 2012.12.07-2012.12.10, National Museum of Emerging Science and Innovation "Miraikan", Tokyo, Japan.

Hironori Hamasaki, Hisaaki Kato, Chie Imagawa and Satoko Watanabe Rethinking integrated water resources management (IWRM): Need for reframing IWRM for futurability. 10th International Symposium on Southeast Asian Water Environment in Hanoi, 2012.11.08-2012.11.10, Vietnam, Hanoi.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Hisaaki KATO From Stories to Lessons in Social Leaning from the Field (Panelist). 10th RIHN International Symposium, Session2 Knowledge Co-Production in Water Governance: Stories from the field, 2015.06.17-2015.06.19, Kyoto, RIHN.

加藤久明 未来設計の要件としての「統合」: 社会とアカデミズムの連携を題材に. 政策情報学会 第8回研究大会 パネルディスカッション, 2012年12月01日-2012年12月01日, 千葉県市川市, 千葉商科大学.

学会活動(運営など)

【組織運営】

国際公共経済学会, 幹事. 2010年06月-2011年12月.

政策情報学会, 理事. 2007年11月-2012年11月.

調査研究活動

【海外調査】

インドネシア・サバ川流域委員会との共同活動提案(関連行政セクター). インドネシア・バリ島デンパサールおよびサバ川流域, 2016年01月23日-2016年01月31日.

インドネシア・サバ川流域委員会総会、最終ステイクホルダー会合ならびに関連調査. インドネシア;バリ島サバ河流域, 2015年10月19日-2015年10月25日.

知識移転を主体とした地域水環境共同調査. フィリピン・リザール州・アンゴノ市, 2015年10月08日-2015年10月12日.

中国における杜仲人工林ならびに産学連携調査. 中国;新疆ウイグル自治区, 2015年09月18日-2015年09月22日.

第7回世界水フォーラム. 韓国, 2015年04月11日-2015年04月17日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした流域委員会設立のための準備会合. インドネシア;バリ島・スリリット, 2015年03月22日-2015年03月25日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした新規流域委員会の準備に関する研究者調整. インドネシア;バリ島・デンパサール, 2015年03月07日-2015年03月10日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした新規流域委員会の設置準備会合. インドネシア;バリ島・デンパサールならびにスリリット, 2015年02月15日-2015年02月21日.

知識移転を主体とした地域水環境共同調査. フィリピン・リザール州・アンゴノ市, 2015年02月08日-2015年02月15日.

インドネシア・南スラウェシ・ステイクホルダー会合. インドネシア;スラウェシ島南部ジェネベラン河流域, 2015年01月27日-2015年01月31日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした新規流域委員会の準備に関する研究者調整. インドネシア;ジャカルタおよびボゴール, 2015年01月15日-2015年01月18日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした流域委員会設立のための準備会合. インドネシア;バリ島・スリリット, 2014年12月09日-2014年12月14日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象とした新規流域委員会の準備に関する会合. ウダヤナ大学(バリ島・デンパサール), 2014年12月03日-2014年12月06日.

インドネシア・バリ島サバ河流域を対象としたステイクホルダーへの社会調査. バリ島サバ河流域, 2014年11月20日-2014年11月25日.

中国における杜仲人工林ならびに産学連携調査. 中華人民共和国陝西省・安徽省, 2014年10月27日-2014年10月31日.

インドネシア・バリ島サバ川流域を対象としたステイクホルダー会合. ブレレン県スリリット, 2014年10月24日-2014年10月26日.

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域(水文および流域委員会調査), 2014年08月10日-2014年08月17日.

インドネシアにおける流域委員会ならびに関係行政セクター調査. インドネシア・ジャカルタ, 2014年05月11日-2014年05月16日.

プランテーションにおける排水実態調査. インドネシア;南スマトラ, 2014年03月29日-2014年04月06日.

フィリピン・ラグナ湖流域水文調査. ラグナ湖(West Lake), 2014年03月15日-2014年03月19日. (R-06との共同調査)

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域ならびにスラウェシ島南部ジェネベラン河流域(水文調査), 2014年02月19日-2014年02月28日.

フィリピン・ラグナ湖流域水文調査. サンタロサ川, ニュイガン川ならびに両河川と関係するラグナ湖域, 2014年01月28日-2014年02月04日. (R-06との共同調査)

フィリピン・ラグナ湖流域水文調査. ロス・バノス, サンタロサ, カランバ, パクサンハン川流域, 2013年12月15日-2013年12月20日. (R-06との共同調査)

中国内陸部における杜仲人工林調査. 中華人民共和国陝西省, 漢中市および西安市, 2013年11月21日-2013年11月26日.

フィリピン・ラグナ湖流域水文調査. ロス・バノス, サンタロサ, カランバ, パクサンハン川流域, 2013年11月09日-2013年11月13日. (R-06との共同調査)

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域ならびにスラウェシ島南部ジェネベラン河流域(水文調査), 2013年09月06日-2013年09月18日.

Asia Water Week 2013. フィリピン;マニラ・アジア開発銀行, 2013年03月13日-2013年03月15日.

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域ならびにスラウェシ島南部ジェネベラン河流域(水文調査), 2013年02月27日-2013年03月07日.

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域ならびにスラウェシ島南部ジェネベラン河流域(水文調査), 2012年08月30日-2012年09月11日.

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;バリ島サバ河流域ならびにスラウェシ島南部ジェネベラン河流域, 2012年03月24日-2012年04月03日.

第6回世界水フォーラム. フランス;マルセイユ, 2012年03月10日-2012年03月18日.

C-09-Initインドネシア調査対象地域フィールドワーク. インドネシア;スラウェシ島南部ジェネベラン河流域・ビリビリ灌漑地区調査(水文情報収集ならびに観測拠点選定), 2012年02月27日-2012年03月05日.

トルコにおけるC-09-Init対象調査地域の視察調査ならびに情報収集. トルコ;セイハン河流域およびユーフラテス河上流部, 2011年09月16日-2011年09月26日.

中国上海市圏ならびに太湖における水環境調査. 中国;上海市・無錫市・蘇州市, 2011年08月25日-2011年08月31日.

中国上海市圏ならびに太湖における水環境調査. 中国;上海市・無錫市・蘇州市, 2010年09月16日-2010年09月21日.

外部資金の獲得

【科研費】

簡易測定手法を用いた「地域当事者による水質診断」指標のデザイニング(研究代表者) 2015年04月01日-2017年03月31日. 基盤研究(C)(一般) (15K00672).

気候変動による水資源環境影響評価分析と統合的水管理(研究分担者) 2008年04月01日-2011年03月31日. 基盤研究(B) (20310027).

【共同研究】

広域低炭素化社会実現のためのエネルギー・資源システムの改変と政策的実証研究(ST4) (環境省) 2009年04月01日-2011年03月31日. 地球環境研究総合推進費 (E-0804(ST4)). 課題名:「都市・農村の地域連携を基礎とした低炭素社会のエコデザイン」

低炭素社会実現のための基盤技術開発と戦略的イノベーション (立命館グローバル・イノベーション研究機構) 2008年04月01日-2012年03月31日. 特定領域型R-GIRO研究プログラムプロジェクト, 環境領域.

将来の気候変動への適応に向けた社会システム設計に関する研究 (立命館大学) 2006年04月01日-2010年03月31日. 学内提案公募型推進プログラム 政策的重点研究拠点.

21世紀地方都市再開発 (千葉商科大学経済研究所) 2005年04月01日-2008年03月01日. 研究プロジェクト.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

一般社団法人テラプロジェクト, 専門会員 (産学連携および共同研究への助言). 2011年04月

【依頼講演】

自然資源のガバナンスを考える : 持続可能な森林管理を手掛かりに. 日本経済大学リスクマネジメント研究所 公開セミナー, 2014年10月11日, 日本経済大学渋谷キャンパス.

水土をめぐる知と方法を「関係」という視点から捉え直す:人間と人間、人間と自然の関係を起点として. 智の木イーヴニングトーク, 2012年08月29日-2012年08月29日, 大阪フコク生命ビル 4F LiFE TREE TOWN (主催団体:智の木協会).  http://www.chinoki.jp/

【メディア出演など】

THE「世界遺産」:「バリ島の棚田と水利システム」 (監修者). TBSビジョン, 2013年03月03日-2013年03月03日.

教育

【非常勤講師】

立命館大学, 政策科学部, 環境社会学. 2015年04月-2015年09月.

立命館大学, 政策科学部, 環境社会学. 2014年04月-2014年09月.

立命館大学, 政策科学部, 環境社会学. 2013年04月-2013年09月.

立命館大学, 政策科学部, 環境社会学. 2012年04月-2012年09月.

立命館大学, 政策科学部, サステイナビリティ学入門(分担). 2011年06月-2011年06月.

立命館大学, 政策科学部, 環境社会学. 2011年04月-2011年09月.

立命館大学, 政策科学部, サステイナビリティ学入門(分担). 2010年06月-2010年07月.