スタッフ プロフィール

氏名市川 光太郎
氏名(かな)いちかわ こうたろう
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名プロジェクト研究員
生年1978
学歴京都大学農学部生物生産科学科卒業 (2003)
京都大学大学院情報学研究科博士前期課程修了 (2005) 
京都大学大学院情報学研究科博士後期課程 期間短縮修了 (2007)
職歴日本学術振興会特別研究員(DC1)(2005)
日本学術振興会特別研究員(PD)(資格変更)(2007.9)
日本学術振興会特別研究員(PD)(新規採用)(2008.4)
人間文化研究機構総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員 (2010.10)
学位農学学士 (京都大学 2003)
情報学修士 (京都大学 2005)
情報学博士 (京都大学 2007)
専攻・バックグラウンド水圏生物音響学
所属学会日本水産学会
アメリカ音響学会(Acoustical Society of America)
海洋理工学会
日本バイオロギング研究会
受賞歴1. (要確認)TOP 10 ARTICLES PUBLISHED IN THE SAME DOMAIN SINCE YOUR PUBLICATION (2011), BioMedLib, March 24, 2011.
2. (要確認)TOP 10 ARTICLES PUBLISHED IN THE SAME DOMAIN SINCE YOUR PUBLICATION (2011), BioMedLib, February 23, 2011.
3. (要確認)TOP 10 ARTICLES PUBLISHED IN THE SAME DOMAIN SINCE YOUR PUBLICATION (2010), BioMedLib, September 10, 2010.
4. 海洋理工学会平成19年度業績賞 (2008), 海洋理工学会, 5月16日(京都大学情報学研究科バイオテレメトリーチームの一員として受賞)
5. Poster award (2004): Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Chika Tsutsumi & Kanjana Adulyanukosol, Acoustical monitoring of dugong, OCEANS’04/TECHNO-OCEAN, November 10-12, 2004
自己紹介ジュゴンの鳴き声を用いた行動生態研究をしています。主に、タイ国・タリボン島、オーストラリア・モートン湾で調査してきました。ジュゴンが「いつ、どこで、何を」しているのかを解明して、現地住民の負担の少ないジュゴン保護を目指しています。地球研プロジェクト「アラブ社会におけるなりわい生態系の研究:ポスト石油時代に向けて」(プロジェクトリーダー:縄田浩志)において、アラブ地方の現地住民のなりわいを守りつつジュゴン保護と共存できる施策に貢献します。
ホームページhttp://bg66.soc.i.kyoto-u.ac.jp/ichikawa/kotaro/HP.htm

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

市川光太郎 2014年01月 小型記録計を用いた海棲哺乳類の行動計測について. 総合地球環境学研究所編 地球環境学マニュアル2―はかる・みせる・読みとく―. 地球環境学マニュアル, 2. 朝倉書店, 東京都新宿区新小川町6-29, pp.64-65.  

市川光太郎、バドゥルッディーン・ハラファッラー・アーダム、アーディル・ムハンマド・サーリフ、荒井修亮 2014年 紅海西岸ドンゴナーブ湾の漁民とジュゴン . 篠田謙一・縄田浩志編 『砂漠誌―人間・動物・植物が水を分かち合う知恵』. 国立科学博物館叢書. 東海大学出版会, 神奈川県秦野市.近刊  

市川光太郎 2013年06月 人魚のハナウタ!?-ジュゴンの鳴き声研究. 古田正美編 Toba Super Aquarium. 鳥羽水族館, 三重県鳥羽市, pp.14-15.  

ICHIKAWA, Kotaro 2013 Notes on the aerial surveys. Hiroshi NAWATA (ed.) Dryland Mangroves. Arab Subsistence Monograph Series, 2. Shoukadoh Book Sellers, Kamigyo-ku, Kyoto, pp.31.also in Arabic  

市川光太郎 2009年 「ジュゴンはいつ鳴く?」、「八重山のジュゴン伝説」、「Nature calls me」、「ステレオ式自動水中音録音装置」、. バイオロギング研究会編 バイオロギング―最新科学で解明する動物生態学 (WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ) . (WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ), 1. 京都通信社, 中京区室町通御池上ル御池之町 309番地, pp.ジュゴンはいつ鳴く?」(82-85), 「Nature calls me」(86-87), 「ステレオ式自動水中音録音装置」(88), 「八重山のジュゴン伝説」(89), .  http://www.kyoto-info.com/kyoto/shigoto/books/index.html#23

市川光太郎 2006年10月 鳴音を利用したジュゴンの行動追跡. 山本勝太郎、山根 猛、光永 靖編 「テレメトリー -水生動物の行動と漁具の運動解析におけるテレメトリー手法の現状と展開」. 水産学シリーズ, 152. 恒星社厚生閣, 〒160-0008 新宿区三栄町8, pp.65-75.ISBN:7699-1048-7  http://www.kouseisha.com/02_fisheries/1048_7.html

論文

【原著】

MATSUO, Yuuki, ICHIKAWA, Kotaro, ANDO-MIZOBATA, Noriko, ARAI, Nobuaki 2013,10 Cyclic change of dugong’s vocal behavior . Journal of Advanced Marined Science and Technology 19(1) :1-4.(査読付).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai and Kanjana Adulyanukosol 2012,11 Clumped distribution of vocalising dugongs (Dugong dugon) monitored by passive acoustic and visual observations in Thai waters. Proceedings of Acoustics 2012-Fremantle :130-133.(査読付).  

Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., and Adulyanukosol, K. 2011,06 Callback response of dugongs to conspecific chirp playbacks. Journal of Acoustical Society of America 129(6) :3623-3629.(査読付).  

Noriko Ando-Mizobata, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Hidehiro Kato 2011,03 Dugong vocalization in relation to ambient noise. Proceedings of the 6th International Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 10th SEASTAR2000 workshop), : 55-59.(査読付).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, Kanjana Adulyanukosl 2010,02 Spatial distribution of dugongs by acoustic and visual observation in Thailand. Proceedings of the 5th international Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science :39-42.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/107338

Nanako Amamoto, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomonari Akamtatsu, Tomio Shinke, and Kanjana Adulyanukosol 2009 The depth of water effects the feeding ground selection by dugongs in dry season. Journal of Advanced Marined Science and Technology 15(2) :149-157.(査読付).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Kotoe Sasamori, Yukio Miyauchi, Yuki Abe, Kanjana Adulyanukosol, and Nobuaki Arai. 2009 Detection probability of vocalizing dugongs during playback of conspecific calls. Journal of Acoustical Society of America 126( 4) :1954-1959.(査読付).  

赤松友成,新家富雄,笹森琴絵,宮内幸雄,阿部由紀, Kanjana Adulyanukosol,荒井修亮,市川光太郎 2009年 受動的音響探査によるジュゴンの発見確率の推定. 海洋理工学会誌 15 :35-46.(査読付).  

市川光太郎、荒井修亮、赤松友成、新家富雄、Kanjana Adulyanukosol 2009年 タイ国でのジュゴン音響観察. 海洋理工学会誌 15 :63-66.(査読付).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosl 2009 Preliminary estimation of detection rate of dugong acoustical observation. Proceedings of 4th International Symposium on SEASTAR 2000 and Asian Bio-logging Science. (Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop). :47-50.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/71022

Rika Shiraki, Kotaro Ichikawa, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosol 2009 Development of detection devise for dugong calls. Proceedings of 4th International Symposium on SEASTAR 2000 and Asian Bio-logging Science. (Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop :59-62.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/71020

Nanako Amamoto, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosol 2009 Seasonal characterization of dugong feeding and biomass utilization on selected site in Talibong Island. Proceedings of 4th International Symposium on SEASTAR 2000 and Asian Bio-logging Science. (Proceedings of the 8th SEASTAR 2000 Workshop). :41-44.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/71024

Naoko Okumura, Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai,Tomio Shinke, Takeshi Hara, Kanjana Adulyanukosol. 2007,05 Stability of Call Sequence in Dugongs' Vocalization. Proceedings of OCEANS’06 Asia Pacific IEEE –Singapore :12-15. DOI:http://dx.doi.org/10.1109/OCEANSAP.2006.4393936.(査読付).  

Kawabata Y, Okuyama J, Ichikawa K, Asami K, Chimura M, Yoseda K, Arai N. 2006,12 Possibility of position estimates for bottom-dwelling aquatic animals in a small area using ultrasonic coded transmitters and passive monitoring receivers. The 3rd international Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science :83-87.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/49748

Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Arai, N., Akamatsu, T., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K 2006,09 Feeding behavior of wild dugongs monitored by a passive acoustical method using an underwater recording system. J. Acoust. Soc. Am. 120(3) :1356-1360. DOI:http://dx.doi.org/10.1121/1.2221529.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1121/1.2221529

Ichikawa, Kotaro, Tsutsumi, Chika, Arai, Nobuaki, Akamatsu, Tomonari, Shinke, Tomio, Hara, Takeshi, and Adulyanukosol, Kanjana 2006,04 Dugong (Dugong dugon) vocalization patterns recorded by automatic underwater sound monitoring systems. Journal of the Acoustical Society of America 119 :3726-3733.(査読付).  

堤 千華、市川 光太郎、赤松 友成、荒井 修亮、新家 富雄、原 武史 2005年10月 . Journal of Advanced Marine Science and Technology Society = 海洋理工学会誌 11(1) :77-80 .(査読付).  http://ci.nii.ac.jp/naid/10016909392

Okumura, N., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. 2005 Pattern analyses on the vocal structure of dugong calls. Proceedings of the 2nd International symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 6th SEASTAR2000 Workshop) :29-32.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44079

Sakamoto, S., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol, K. 2005 Analysis on ship noise around dugongs’habitat. Proceedings of the 2nd International symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 6th SEASTAR2000 Workshop :33-36.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44081

Hishimoto, Y., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N 2005 The acoustical characteristics of dugong calls and the behavioral correlates observed in Toba aquarium. Proceedings of the 2nd International symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 6th SEASTAR2000 Workshop) :25-28.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44078

Ichikawa, K., Tsutsumi, C., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol,K 2005 Acoustic detection of dugong using automatic underwater sound monitoring systems: AUSOMS-D. Proceedings of the International Symposium on SEASTAR2000 and Bio-logging Science (The 5th SEASTAR2000 Workshop) :64-68.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44106

Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. 2005 Monitoring dugong feeding behavior in a tidal flat by visual and acoustic observation. Proceedings of the 2nd International symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 6th SEASTAR2000 Workshop) :37-44.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44082

Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. 2004 A visual-acoustic combined observation method to monitor seagrass bed utilization by dugongs (Dugong dugon) in a tidal flat. Proceedings of the 5th SEASTAR 2000 Workshop :69-71.(査読付).  http://www.pmbc.go.th/webpmbc/MarEndager/Download/Dugong/2004_Tsutsumi_et_Du_Visual_Acoustic_Behavior_Monitoring.pdf

市川光太郎、新家富雄、伊藤万祐子、荒井修亮、赤松友成、細谷誠一、原武史、Kanjana Adulyanukosol、 2003年06月 ジュゴンの位置を声で確認する -水中音響工学の可能性-. 海洋理工学会誌 9(2) :221-226.(査読付).  http://cse.fra.affrc.go.jp/akamatsu/at/P02.pdf

Ichikawa, K., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol,K. 2003 Acoustical analyses on the calls of dugong. Proceedings of the 4th SEASTAR 2000 Workshop :72-76.(査読付).  http://hdl.handle.net/2433/44136

その他の出版物

【その他の著作(商業誌)】

市川光太郎 2013年06月 ジュゴンの声を聴く──古宇利島における受動的音響観察. 科学 83(7) :776-777.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

市川光太郎 紅海西岸ドンゴナーブ湾のジュゴンの生態と海洋保護区. 民族自然誌研究会第73回例会, 2014年01月25日, 京都、楽友会館2F会議・講演室.(本人発表).  

小関俊太郎、河野時廣、市川光太郎、角川雅俊 イルカショーにおけるステレオ録音による個体識別の試み(その2)-複数個体による鳴音への対応-. 平成25年海洋理工学会秋季大会, 2013年10月22日, 京都大学.  

松尾侑紀・市川光太郎・木下こづえ 飼育下におけるジュゴンのホルモン分泌と発声行動の関連性. 平成25年海洋理工学会秋季大会, 2013年10月22日, 京都大学.  

中川正博(京大院情報)・市川光太郎(地球研)・新家富雄(アクアサウンド)・荒井修亮(京大院情報) 超音波バイオテレメトリーのための周波数変調方式を用いた超音波発信機の開発と評価. 東京海洋大学品川キャンパス, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

市川光太郎(地球研)・Badr Eldinn Khalf alla Adm・Abdelmoneim Karamalla Gaiballa(紅海大)・縄田浩志(地球研) 音響バイオロギングによるジュゴンの摂餌行動観察. 平成 25 年度日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.(本人発表).  

菊池和紀(京大院情報)・藤岡 鉱・福田漠生(水研セ国際水研)・市川光太郎(地球研)・三田村啓理・荒井修亮(京大院情報) 高精度音響測位システムによるクロマグロ0歳魚の群行動観測. 平成 25 年度日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

福田漠生・藤岡 紘・竹内幸夫(水研セ国際水研)・三田村啓理・菊池和紀・荒井修亮(京大院情報)・市川光太郎(地球研) 魚群構成個体数によるクロマグロの群構造の違いについて. 平成 25 年度日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

小関俊太郎・河野時廣(東海大)・市川光太郎(地球研)・角川雅俊(おたる水族館) イルカショーにおけるハンドウイルカの鳴音についてステレオ録音による個体識別の試み. 平成 25 年度日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

松尾侑紀、市川光太郎、木下こづえ、荒井修亮 飼育下におけるジュゴンの生理周期と鳴音発声の関連性. 2012 年度 勇魚会(海棲哺乳類の会)シンポジウム「海棲哺乳類の摂餌生態と餌環境」, 2013年01月12日-2013年01月13日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

Ichikawa, Kotaro, Akamatsu, Tomonari, Shinke, Tomio, Arai, Nobuaki, Adulyanukosol, Kanjana. Clumped distribution of vocalising dugongs (Dugong dugon) monitored by passive acoustic and visual observations in Thai waters. Acoustics 2012 Fremantle: Acoustics, Development and the Environment, 2012,11,21-2012,11,23, Perth, Australia.(本人発表).  

小見山桜楽(京大院情報)・市川光太郎(地球研)・荒井修亮(京大院情報) 生物音響研究のための鳴音コンター抽出ソフトウェアの開発と適用. 海洋理工学会平成 24 年度春季大会, 2012年05月24日-2012年05月25日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

松尾侑紀(京大院) 市川光太郎(地球研) 溝端紀子・荒井修亮(京大院) タイ国タリボン島周辺海域におけるジュゴン発声行動の周期性. 海洋理工学会平成 24 年度春季大会, 2012年05月24日-2012年05月25日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Kanjana Adulyanukosol, Giovanni Damiani, Janet Lanyon, Hiroshi Nawata Intraspecific variation in vocal repertoire among dugong populations. THE ACOUSTICS 2012 HONG KONG, 2012,05,13-2012,05,18, Hong Kong.(本人発表).  

藤岡 紘・福田漠生・三田村啓理・荒井修亮・市川光太郎・竹内幸夫 屋外生簀でのクロマグロの群行動の定量評価. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

三田村啓理・市川光太郎・河野時廣・新家富雄・荒井修亮 広帯域高精度測位バイオテレメトリーを用いたヒメマスの母川回帰行動モニタリング. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

Sakura Komiyama, Kotaro Ichikawa and Nobuaki Arai Development of software for extracting contours of animal vocalization . The 8th International Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 12th SEASTAR2000 Workshop) , 2012,02,20-2012,02,21, Bangkok, Thailand.  

Ichikawa, K., Adulyanukosol, K., Akamatsu, T., Arai, N., Ando-Mizobata, N., Shinke, T., Spatial distribution patterns of solitary, cow-calf pairs and vocalizing dugongs around Talibong Island, Thailand . 19th biennial conference on the biology of marine mammals , 2011,11,27-2011,12,02, Tampa, Florida, USA.(本人発表).  

Ichikawa K., Akamatsu, T., Adulyanukosol, K., Damiani, G., Lanyon, J Intraspecific variation in vocal repertoire among dugong populations. the Fifth International Sirenian Symposium 2011, 2011,11,27, Tampa, Florida, USA.(本人発表).  

Damiani, Giovanni, Ichikawa, Kotaro, Lanyon, Janet Acoustic characteristics of dugong vocalizations and vocal behaviour of herds in southern Queensland, Australia . Fifth International Sirenian Symposium 2011 , 2011,11,27, Tampa, Florida, USA.  

三田村啓理・市川光太郎・小路 淳・新家富雄・荒井修亮 バイオテレメトリーを用いた小型魚類の行動研究2 新技術の開発とアカメバルの移動モニタリング. 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011年09月28日-2011年10月02日, 長崎大学.  

市川光太郎・三田村啓理・荒井修亮・新家富雄・小路 淳 バイオテレメトリーを用いた小型魚類の行動研究1 高精度音響測位システムの開発 . 平成23年度日本水産学会秋季大会 , 2011年09月27日-2011年10月02日, 長崎大学 .(本人発表).  

野田琢嗣、奥山隼一、三田村啓理、市川光太郎、荒井修亮 動物装着型データロガーにより得られる水圏動物の運動に関する時系列データから類似パタンを抽出する試み . 統計関連学会 , 2011年09月04日-2011年09月07日, 九州大学 .  

Mitamura, H., Ichikawa, K., Shida, Y., Watanabe, H., Yokota, T., Shoji, J., Shinke, T., and Arai, N., A brand-new acoustic positioning telemetry system monitors movements of a site-specific fish, the black rockfish Sebastes inermis, . 1st International Conference on Fish Telemetery, 2011 , 2011,06,12-2011,06,18, Sapporo, Japan.  

Ichikawa, K., Mitamura, H., Shinke, T., Shida, Y., Watanabe, H., Yokota, T., Shoji, J., and Arai, N., Development of a fine-scale acoustic positioning and telemetry system, . 1st International Conference on Fish Telemetery, 2011 , 2011,06,12-2011,06,18, Sapporo, Japan.(本人発表).  

市川光太郎・三田村啓理・渡邊春隆・横田高士・荒井修亮・至田佳晃・新家富雄・小路淳 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究3 高精度音響測位システムの開発. 平成23年度日本水産学会春季大会, 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス .(本人発表).  

荒井修亮・三田村啓理・奥山隼一・木村里子・野田琢嗣・溝端紀子・Matiss Zagars・市川光太郎・安田十也・横田高士・河端雄毅・新家富雄 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究1 バイオテレメトリー研究の成果総括と展望 . 平成23年度日本水産学会春季大会 , 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス .  

渡邊春隆・三田村啓理・市川光太郎・横田高士・至田佳晃・小路淳・上村泰洋・森田拓真・木下光・荒井修亮 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究2 瀬戸内海生野島沿岸における アカメバル成魚のアマモ場利用 . 平成23年度日本水産学会春季大会 , 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス .  

三田村啓理・市川光太郎・至田佳晃・渡邊春隆・横田高士・小路淳・新家富雄・荒井修亮 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究4 新技術の開発とアカメバルの移動モニタリング . 平成23年度日本水産学会春季大会 , 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス .  

Kotaro Ichikawa, Kanjana Adulyanukosol, Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Noriko Ando-Mizobata, Tomio Shinke Habitat segregation between solitary dugongs and cow-calf pairs around Talibong Island, Thailand . The 7th international symposium on SEASTAR2000 and Asian Biologging Science (The 11th SEASTAR2000 workshop) , 2011,03,08-2011,03,09, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

Kotaro Ichikawa Conservation of Keystone Species in Human Subsistence Ecosystems: Studies on vocal behavior of the dugongs in Thailand. RIHN Satellite Symposium for IAS International Conference 2010:Keystone Species of Human Subsistence Ecosystems in Arab Societies, 2010,12,20-2010,12,21, RIHN, Kyoto.(本人発表).  

溝端紀子、市川光太郎、荒井修亮、加藤秀弘 船舶通過前後におけるジュゴン鳴音特性の比較. 平成22年度日本水産学会春季大会, 2010年03月26日-2010年03月30日, 日本大学藤沢キャンパス.  

新家富雄,鴨志田隆,笠充彦,市川光太郎,荒井修亮 海棲哺乳類の鳴音を見る~低周波鳴音データの解析と公開システムの開発~. 勇魚会シンポジウム, 2010年03月21日-2010年03月22日, 東海大学海洋学部.  

Noriko Mizobata, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai Dugong Vocalization in relation to Environmental Noise. The 6th International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2010,02,23-2010,02,25, Bangkok, Thailand.  

Kotaro Ichikawa, Naoko Okumura, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, and Kanjana Adulyanukosol Variance in acoustic characteristics of Dugong calls : Potential cues for age determination. The 6th International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2010,02,23-2010,02,25, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

市川光太郎、天本奈々子、荒井修亮、赤松友成、新家富雄、Kanjana Adulyanukosol ジュゴンはいつ摂餌場に来遊するか. 平成21年度日本水産学会大会, 2009年03月27日-2009年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).(本人発表).  

Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, & Kanjana Adulyanukosol Estimation of detection probability of dugongs by underwater and land-base observation in Thailand. The 9th SEASTAR 2000 Workshop(2007), 2009,03,06, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

市川光太郎、赤松友成、新家富雄、荒井修亮、原 武史、Kanjana Adulyanukosol 受動的音響観察によるジュゴンの音響検出確率. 海洋理工学会平成20年度春季大会, 2008年05月16日, 海洋研究開発機構.(本人発表).  

市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol タリボン島周辺海域におけるジュゴンの行動解明 ~ジュゴンの鳴音音響特性と個体間距離~. 平成20年度日本水産学会大会, 2008年03月27日-2008年03月31日, 東海大学海洋学部.(本人発表).  

白木里香,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol タリボン島周辺海域におけるジュゴンの行動解明~テッポウエビ雑音除去による鳴音検出アルゴリズム~. 平成20年度日本水産学会大会, 2008年03月27日-2008年03月31日, 東海大学海洋学部.  

Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Call-back behavior and inter-individual spacing of Dugongs (Dugon dugon) suggest ranging function in the context of vocal exchange. The 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007), 2007,12,15-2007,12,17, Phuket, Thailand.(本人発表).  

Amamoto, N., Ichikawa, K., Arai, N., Akamatsu, T., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Study on characteristics of feeding ground utilization by Dugongs. The 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007), 2007,12,15-2007,12,17, Phuket, Thailand.  

Shiraki, R., Ichikawa, K., Shinke T., Arai, N., Akamatsu, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Development of detection devise for Dugong calls. The 8th SEASTAR 2000 Workshop(2007), 2007,12,15-2007,12,17, Phuket, Thailand.  

K. Ichikawa, T. Akamatsu, N. Arai, T. Shinke, T. Hara, and K.Adulyanukosol: "Evidence of spacing behavior and the propagation characteristics of dugong (Dugong dugon) calls suggest their ranging function and the acoustical scouting distance, . The 17th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals (2007), 2007,11,29-2007,12,03, Capetown, South Africa.(本人発表).  

天本奈々子,市川光太郎,荒井修亮,赤松友成,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol, タイ国タリボン島におけるジュゴンの摂餌に関する研究. 海洋理工学会春季講演論文集, pp.99-100 (2007), 2007年05月18日, 海洋研究開発機構 東京事務所.  

奥村直子・市川光太郎・荒井修亮・赤松友成・新家富雄・原武史・Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用6 ~ジュゴン鳴音の発声パターンと地域間比較~. 平成19年度日本水産学会大会, 2007年03月27日-2007年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).  

天本奈々子・市川光太郎・荒井修亮・赤松友成・新家富雄 ・原武史・Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用7 ~摂餌音を指標としたジュゴンの藻場利用状況~. 平成19年度日本水産学会大会, 2007年03月27日-2007年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).  

坂本志磨子・市川光太郎・荒井修亮・ 赤松友成・新家富雄・原武史・Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用5 ~ジュゴンの発声に対する船舶騒音の影響~. 平成19年度日本水産学会大会, 2007年03月27日-2007年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).  

Kotaro Ichikawa, Tomonori Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Takeshi Hara and Kanjana Adulyanukosol WILD DUGONGS RESPOND ACOUSTICALLY TO THEIR NEIGHBORS. The 3rd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2006,12,13-2006,12,14, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

Yoichiro Hishimoto, Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu and Nobuaki Arai THE CORRELATION BETWEEN VOCALIZATION AND BEHAVIOR OF CAPTIVE DUGONGS. The 3rd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2006,12,13-2006,12,14, Bangkok, Thailand.  

Matiss Zagars, Kou Ikejima, Nobuaki Arai, Hiromichi Mitamura, Kotaro Ichikawa and Prasert Tongnunui MIGRATION PAGGEN OF LUTJANUS ARGENTIMACULATUS IN THE MANGROVE ESTUARY IN TRANG PROVINCE, THAILAND AS REVELED BY ULTRASONIC TELEMETORY. The 3rd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2006,12,13-2006,12,14, Bangkok, Thailand.  

Shimako Sakamoto, Kotaro Ichikawa, Tomonori Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Takeshi Hara and Kanjana Adulyanukosol DEVELOPMENT OF A METHOD FOR MONITORING SHIP NAVIGATIONS. The 3rd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2006,12,13-2006,12,14, Bangkok, Thailand.  

Naoko Okumura, Kotaro Ichikawa ,Tomonari Akamatsu, Nobuaki Arai, Tomio Shinke, Takeshi Hara and Kanjana Adulyanukosol PATTERN ANALYSIS ON THE VOCAL STRUCTURE OF CALLS AND GEOGRAPHIC VARIATIONS AMONG THREE AREAS. The 3rd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2006,12,13-2006,12,14, Bangkok, Thailand.  

市川光太郎、赤松友成、新家富雄、荒井修亮、原武史、Kanjana Adulyanukosol ジュゴンの同種他個体鳴音に対する反応とアクティブスペースに関する研究. 海洋理工学会平成18年度秋季大会, 2006年10月24日, 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールI.(本人発表).  

Naoko Okumura , Kotaro Ichikawa ,Tomonari Akamatsu , Nobuaki Arai, Tomio Shinke, Takeshi Hara, and Kanjana Adulyanukosol STABILITY OF CALL SEQUENCE IN DUGONGS’ VOCALIZATION. Ocean’s 06 Asia Pacific IEEE-Singapore, 2006,05,16-2006,05,19, Swissotel, The Stamford, Singapore.  

市川光太郎 鳴音を利用したジュゴンの行動追跡. 平成18年度日本水産学会大会・シンポジウム「水生動物の行動と漁具の運動解析におけるテレメトリー手法の現状と展開」, 2006年03月29日-2006年04月02日, 高知大学(朝倉キャンパス).(本人発表).  

坂本志磨子・市川光太郎・荒井修亮・赤松友成・新家富雄・原 武史・Kanjana Adulyanukosol 受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得 2 ~船舶騒音に対する逃避行動~. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月29日-2006年04月02日, 高知大学(朝倉キャンパス).  

菱本陽一郎・市川光太郎・赤松友成・荒井修亮 受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得 4 ~飼育個体の鳴音発声時の行動~. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月29日-2006年04月02日, 高知大学(朝倉キャンパス).  

堤 千華・市川光太郎・赤松友成・荒井修亮・新家富雄・原 武史・Kanjana Adulyanukosol 受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得 1 ~摂餌音を利用した摂餌行動解析~. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月29日-2006年04月02日, 高知大学(朝倉キャンパス).  

奥村直子・市川光太郎・荒井修亮・赤松友成・新家富雄・原 武史・Kanjana Adulyanukosol 受動的音響観察によるジュゴンの行動情報の取得 3 ~鳴音発声パターンの分類と構造化~. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月29日-2006年04月02日, 高知大学(朝倉キャンパス).  

Hishimoto, Y., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N. The acoustical characteristics of dugong calls and the behavioral correlates observed in Toba aquarium. The 2nd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2005,12,13-2005,12,15, Bangkok, Thailand.  

Okumura, N., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Pattern analyses on the vocal structure of dugong calls. The 2nd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2005,12,13-2005,12,15, Bangkok, Thailand.  

Sakamoto, S., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Shinke, T., Arai, N., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Analysis on ship noise around dugongs’habitat. The 2nd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2005,12,13-2005,12,15, Bangkok, Thailand.  

Tsutsumi, C., Ichikawa, K., Akamatsu, T., Arai, N., Shinke, T., Hara, T., and Adulyanukosol, K. Monitoring dugong feeding behavior in a tidal flat by visual and acoustic observation. The 2nd International symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2005,12,13-2005,12,15, Bangkok, Thailand.  

市川 光太郎・堤千華・荒井修亮・赤松友成・新家富雄・原武史・Kanjana Adulyanukosol タイ国Talibong島南部海域におけるジュゴンの周期的発声頻度変化と来遊個体数. 第17回エアロ・アクアバイオメカニズム研究会, 2005年10月20日, 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールⅡ.(本人発表).  

堤千華,市川光太郎,赤松友成,荒井修亮,新家富雄,原武史,Kanjana Adulyanukosol 受動的音響観測によるジュゴンの生態情報の取得1―ジュゴンの摂餌行動モニタリング―. 海洋理工学会平成17年度秋季大会, 2005年10月14日, 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールⅡ.  

T. Akamatsu, K. Ichikawa, C. Tsutsumi, T. Shinke, N. Arai, T. Hara, and K. Adulyanukosol A hydrophone array system to monitor the underwater phonating behavior of dugong. 9th International Mammalogical Congress, 2005,07,31-2005,08,05, 北海道札幌市.  

堤 千華・市川光太郎、赤松友成、荒井修亮、新家富雄、原 武史、Kanjana Adulyanukosol 干潟の海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動モニタリング. 海洋理工学会平成17年度春季大会, 2005年06月03日, 海洋研究開発機構 東京事務所.  

市川光太郎・堤千華・赤松友成・新家富雄・荒井修亮・原武史・Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 8 ~鳴音情報解析によるジュゴンの行動追跡~  . 平成17年度日本水産学会大会, 2005年03月31日-2005年04月04日, 東京海洋大学(品川キャンパス).(本人発表).  

堤 千華・市川光太郎・赤松友成・荒井修亮・新家富雄・原 武史・Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 9 ~干潟の海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動~  . 平成17年度日本水産学会大会, 2005年03月31日-2005年04月04日, 東京海洋大学(品川キャンパス).  

菱本陽一郎・市川光太郎・荒井修亮・藤原建紀 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 10 ~鳴音の音響特性に基づくジュゴンの行動推定~ . 平成17年度日本水産学会大会, 2005年03月31日-2005年04月04日, 東京海洋大学(品川キャンパス).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Takeshi Hara& Kanjana Adulyanukosol Acoustic detection of Dugongs using automatic underwater sound monitoring systems: AUSOMS-D. International Symposium on SEASTAR 2000 and Bio-logging Science, 2004,12,13-2004,12,15, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

市川光太郎,赤松友成,新家富雄,荒井修亮,堤千華、原武史,Kanjana Adulyanukosol ジュゴンモニタリングネットワークの構築 2 -ジュゴン鳴音発信源の追跡について-. 海洋理工学会平成16年度秋季大会, 2004年10月15日, 京都大学百周年時計台記念館.(本人発表).  

新家富雄, 清水 浩(システムインテック), 市川 光太郎, 荒井 修亮(京大院情報), 松田 秋彦, 赤松 友成(水工研) ジュゴン探査装置の開発. 海洋音響学会2004年度研究発表会, 2004年05月27日, 東京工業大学百年記念館フェライト会議室 .  

新家富雄、利根川辰光、市川光太郎、荒井修亮、松田秋彦、赤松友成 ジュゴンモニタリングネットワークの構築-ジュゴン探査装置の設置間隔の検討-. 海洋理工学会春季大会, 2004年05月13日-2004年05月14日, 東京年金厚生会館.  

市川光太郎、荒井修亮、赤松友成、原武史、新家富雄、Kanjana Adulyanukosol バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用10 ~ジュゴン鳴音の音響学的解析を用いたモニタリングネットワークの構築~. 2004年度日本水産学会大会, 2004年04月01日-2004年04月05日, 鹿児島大学郡本キャンパス.(本人発表).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara & Kanjana Adulyanukosol Acoustical analyses on the calls of dugong - Constructing a monitoring method for dugong-. Seagrass conservation conference, 2004,02,20, Phuket, Thailand.(本人発表).  

Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara& Kanjana Adulyanukosol Acoustical analyses on the calls of dugong. The 4th SEASTAR2000 workshop, 2003,12,11-2003,12,13, Bangkok, Thailand.(本人発表).  

市川光太郎、荒井修亮、赤松友成、Kanjana Adulyanukosol ジュゴンモニタリング手法の確立~混獲防止システムの開発を目指して~. 平成15年度日本水産学会近畿支部後期例会, 2003年11月28日, キャンパスプラザ京都.(本人発表).  

市川光太郎、荒井修亮、赤松友成、原武史、細谷誠一、Kanjana Adulyanukosol、伊藤万祐子、三谷曜子 鳴いたジュゴンの方位を知る~新しい野外行動観察手法~. 第22回日本動物行動学会大会, 2003年10月29日-2003年10月31日, 北海道札幌市、北海道大学学術交流会館.(本人発表).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Takeshi Hara & Kanjana Adulyanukosol Acoustical analyses on the calls of dugong. Aquatic mammals workshop, 2003,02,12, Kyoto, JAPAN..(本人発表).  

【ポスター発表】

ICHIKAWA, Kotaro, Khalf alla Adm, Badr Eldinn, ARAI, Nobuaki, Karamalla Gaiballa, Abdelmoneim, NAWATA, Hiroshi Acoustic bio-logging of dugongs in Dungonab Bay, Sudan. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, 2013,12,09-2013,12,13, Dunedin, New Zealand.(本人発表).  

MATSUO, Yuuki, ICHIKAWA, Kotaro, MIZOBATA, Noriko, KINOSHITA, Kozue and ARAI, Nobuaki CYCLIC CHANGE OF DUGONG’S VOCAL BEHAVIOUR. 20th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, 2013,12,09-2013,12,13, Dunedin, New Zealand.  

松尾侑紀(京大院情報)・市川光太郎(地球研)・溝端紀子(京大院情報)・木下こづえ(京大野生研)・荒井修亮(京大院情報) ジュゴンの糞中プロジェステロンの抽出・測定の試み〜生理周期と鳴音発声における関連性の解明に向けて〜. 平成 25 年度日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京海洋大学品川キャンパス.  

Masahiro Nakagawa, Kotaro Ichikawa, Toyoki Sasakura, Hiromichi Mitamura and Nobuaki Arai Development and evaluation of ultrasonic transmitter using frequency modulation for biotelemetry. The 1stDesign Symposium on Conservation of Ecosystem (SEASTAR2000), 2013,03,18-2013,03,19, Kyoto University, Japan.  

Sakura Komiyama, Kotaro Ichikawa and Nobuaki Arai Individual difference of dugong vocalization. The 1stDesign Symposium on Conservation of Ecosystem (SEASTAR2000), 2013,03,18-2013,03,19, Kyoto University, Japan.  

Kazunori Kikuchi, Kotaro Ichikawa, Ko Fujioka, Hiromu Fukuda, Hiromichi Mitamura and Nobuaki Arai Development of a fine-scale acoustic positioning and temeletry system for schooling behavior of bluefin tuna. The 1stDesign Symposium on Conservation of Ecosystem (SEASTAR2000), 2013,03,18-2013,03,19, Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto, Japan.  

Yuuki Matsuo, Kotaro Ichikawa, Noriko Mizobata, Kozue Kinoshita and Nobuaki Arai Cyclic change of dugng's vocal behavior. The 1stDesign Symposium on Conservation of Ecosystem (SEASTAR2000), 2013,03,18-2013,03,19, .  

島尻千優・河野時廣・市川光太郎 おたる水族館におけるペンギンの鳴音解析―ペンギンの気持ちの理解を目指して―. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

小見山桜楽・市川光太郎・荒井修亮 水中鳴音情報に基づくジュゴンの生態解明1-鳴音コンター抽出ソフトウェアの開発と適用-. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

竹内祥子・河野時廣・市川光太郎 イルカショーにおけるハンドウイルカの鳴音について. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

松尾侑紀・市川光太郎・溝端紀子・荒井修亮 水中鳴音情報に基づくジュゴンの生態解明2ジュゴンの発声行動に周期性はあるか. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

市川光太郎・赤松友成・荒井修亮・Janet LANYON 水中鳴音情報に基づくジュゴンの生態解明3-ジュゴン鳴音の音響特性比較-. 平成24年度日本水産学会春季大会, 2012年03月26日-2012年03月30日, 東京海洋大学 品川キャンパス.(本人発表).  

Damiani, Giovanni, Ichikawa, Kotaro, Lanyon, Janet Acoustic characteristics of dugong vocalizations and vocal behaviour of herds in southern Queensland, Australia.. 19th biennial conference on the biology of marine mammals, 2011,11,27-2011,12,02, Tampa. Florida.  

Noriko Ando-Mizobata, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai, Kanjana Adulyanukosol Daily patterns of vocal characteristics of dugongs in Thailand. 19th biennial conference on the biology of marine mammals, 2011,11,27-2011,12,02, Tampa, Florida, USA.  

市川光太郎・赤松友成・荒井修亮・溝端紀子・新家富雄・Kanjana Adulyanukosl ジュゴン母仔および発声個体の海域利用特性. 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011年09月28日-2011年10月02日, 長崎大学.(本人発表).  

市川光太郎・赤松友成・荒井修亮・溝端紀子・新家富雄・Kanjana Adulyanukosl 水中音響情報を用いたジュゴンの行動生態研究1 ジュゴンの母仔は特定海域に集まる、そして鳴かない. 平成23年度日本水産学会春季大会, 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス.(本人発表).  

溝端紀子・市川光太郎・荒井修亮・加藤秀弘 水中音響情報を用いたジュゴンの行動生態研究2 海中騒音によってジュゴン発声は変わるのか. 平成23年度日本水産学会春季大会, 2011年03月27日-2011年03月31日, 東京海洋大学 品川キャンパス.  

Ichikawa, Kotaro; Akamatsu, Tomonari; Shinke, Tomio; Arai, Nobuaki; Kotoe Sasamori; Yukio Miyauchi; Yuki Abe; Kanjana Adulyanukosol; Vocal hot spots of dugongs (Dugong dugon) monitored using simultaneous passive acoustic methods and visual observations in Thai waters.. 18th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, 2009,10,12-2009,10,16, Quebec, Canada.(本人発表).  

白木里香、市川光太郎、荒井修亮、新家富雄、赤松友成、Kanjana Adulyanukosol ジュゴン鳴音の自動検出アルゴリズムの開発. 平成21年度日本水産学会大会, 2009年03月27日-2009年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).(本人発表).  

Rika Shiraki, Kotaro Ichikawa, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Tomonari Akamatsu and Kanjana Adulyanukosol Development of detection algorithms for dugong calls. the 13th Auditory Research Forum, 2008,12,06, Shiga, Japan.  

市川光太郎・赤松友成・新家富雄・荒井修亮・原武史・Kanjana Adulyanukosol ジュゴン(Dugong dugon)の鳴音特性と個体間情報伝達. 平成19年度日本水産学会大会, 2007年03月27日-2007年03月31日, 東京海洋大学(品川キャンパス).(本人発表).  

新家富雄(システムインテック)ほか 水中ステレオモニター装置 & Dugon Biological Survey. 勇魚会シンポジウム「海に生きる哺乳類」, 2006年03月04日, 大阪コミュニケーションアート専門学校.  

市川光太郎(京都大)ほか The Function of dugong's chirp calls, revealed in a wild playback experiments. 勇魚会シンポジウム「海に生きる哺乳類」, 2006年03月04日, 大阪コミュニケーションアート専門学校.  

堤千華(京都大)ほか 干潟の海草藻場におけるジュゴンの摂餌行動モニタリングに関する研究. 勇魚会シンポジウム「海に生きる哺乳類」, 2006年03月04日, 大阪コミュニケーションアート専門学校.  

Ichikawa, K.; Tsutsumi, C.; Akamatsu, T.; Shinke, T.; Arai, N.; Hara, T.; Adulyanukosol, K. The function of dugongs’ chirp calls, revealed in a wild playback experiment. the 16th Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals, 2005,12,10-2005,12,16, California, San Diego,USA.(本人発表).  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Chika Tsutsumi & Kanjana Adulyanukosol Acoustical monitoring of dugong. OCEANS’04/TECHNO-OCEAN, 2004,11,10-2004,11,12, 神戸国際展示場エントランスホール、神戸、日本.(本人発表).ポスター賞受賞.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Badreldinn Khalafalla Adam, ICHIKAWA Kotaro, Abdelmoneim Karamalla Gaiballa, Moamer Eltayeb Ali Current status and distribution of dugongs (Dugong dugon) in Sudan. RIHN 8th International Symposium “Risk Societies, Edge Environments: Ecosystems and Livelihoods in the Balance”, 2013,10,23-2013,10,25, RIHN, Kyoto.  

市川光太郎 音響技術を用いた海産哺乳類の生態調査. 平成25年海洋理工学会秋季大会シンポジウム:海洋での音響計測の課題と展望, 2013年10月21日, 京都大学.  

Yoichiro Hishimoto, Kotaro Ichikawa, Nobuaki Arai Behavior and the vocalization characteristics of the dugong observed in Toba aquarium. 1st International Conference on Seagrass Ecology and Dugong 2009, 2009,12,02-2009,12,04, Trang, Thailand.招待講演.  

Kotaro Ichikawa, Tomonari Akamatsu, Tomio Shinke, Nobuaki Arai, Kanjana Adulyanukosol, Spatial concentration of dugong vocalizations monitored using a towed stereo hydrophone system.. 1st International Conference on Seagrass Ecology and Dugong 2009, 2009,12,02-2009,12,04, Trang, Thailand.招待講演.  

赤松友成,新家富雄,笹森琴絵,宮内幸雄,阿部由紀,Kanjana Adulyanukosol,荒井修亮,市川光太郎, 受動的音響探査によるジュゴンの発見確率の推定. 海洋理工学会平成20年度秋季大会シンポジウム「ジュゴンと漁業の共存のための技術開発」, 2008年11月10日, 京都大学.  

市川光太郎、荒井修亮、赤松友成、新家富雄、原武史、Kanjana Adulyanukosol タイ国でのジュゴン音響観察と展望. 海洋理工学会平成20年度秋季大会シンポジウム「ジュゴンと漁業の共存のための技術開発」 , 2008年11月10日, 京都大学.  

市川光太郎 響きでジュゴンを守る-音響情報学が救う生態系. 京都大学博物館ワークショップ・長尾真前総長と大橋力先生による熱帯雨林超音響装置寄付記念「心と自然を癒す響き」 , 2007年07月08日, 京都大学総合博物館.  

Ichikawa, Kotaro; Akamatsu, Tomonari; Arai, Nobuaki; Shinke, Tomio & Adulyanukosol, Kanjana. Wild dugongs’ vocal responses to conspecific calls. 4th JOINT MEETING OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA AND THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2006,11,28-2006,12,02, Honolulu, Hawaii.招待講演.  

市川光太郎 鳴き声から分かるジュゴンの行動. 第3回 東海大学海洋学部サテライトシンポジウム“Research on Marine Mammals”, 2005年12月04日, 静岡県清水区折戸.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

ACOUSTICS 2012 HONG KONG, Session organizer (生物音響学のセッションのとりまとめ). 2012年05月13日-2012年05月18日, 香港.  http://acoustics2012hk.org/

その他の成果物等

【特許出願】

水圏生物のモニタリング装置及び方法 (発案および技術開発). 2011-183767, , 出願中.  

調査研究活動

【国内調査】

ジュゴンの摂餌音の数と摂餌量の関係. 鳥羽水族館, 2013年02月07日-2013年02月09日.  

ジュゴンのメスの鳴音録音. 鳥羽水族館, 2012年11月12日-2012年11月14日.  

ジュゴンの摂餌音の数と摂餌量の関係. 鳥羽水族館, 2012年05月26日-2012年05月27日.  

イルカショー中の鳴音と行動. おたる水族館, 2012年02月01日-2012年02月02日.  

飼育下のペンギンの行動観察および鳴音録音. おたる水族館, 2012年02月01日-2012年02月02日.  

高精度音響測位技術の確立. 北海道 支笏湖, 2011年10月05日-2011年10月07日.  

ジュゴンの音響観察. 沖縄県古宇利島, 2011年09月04日-2011年09月11日.  

高精度音響測位技術の確立. 高知県土佐久礼, 2011年08月19日-2011年08月23日.  

高精度音響測位技術の確立. 広島県生野島, 2011年08月01日-2011年08月04日.  

飼育下のトゲウナギの鳴音録音. 岐阜県 アクアトトぎふ, 2011年06月05日-2011年06月08日.  

高精度音響測位技術の確立. 和歌山県白浜町, 2011年05月23日-2011年05月24日.  

高精度音響測位技術の確立. 広島県生野島, 2011年05月16日-2011年05月17日.  

高精度音響測位技術の確立. 広島県生野島, 2011年05月08日-2011年05月09日.  

高精度音響測位技術の確立. 和歌山県白浜町, 2011年04月11日-2011年04月13日.  

イルカショー中の鳴音と行動記録. 小樽水族館, 2011年02月01日-2011年02月03日.  

飼育下のペンギンの行動観察および鳴音録音. 北海道・サンピアザ水族館, 2010年02月15日-2010年02月20日.  

超音波ピンガーの音響測位システムの開発. 京都府舞鶴湾、神奈川県浦賀港、広島県生野島, 2009年04月. 2010年10月1日現在継続中.  

飼育下のペンギンの行動観察と鳴音録音. 北海道・サンピアザ水族館, 2009年01月24日-2009年01月25日.  

飼育下のメコンオオナマズの鳴音録音. 長崎ペンギン水族館, 2008年11月16日-2008年11月23日.  

飼育下のメコンオオナマズの鳴音録音. アクア・トトぎふ, 2008年09月24日.  

飼育下のジュゴンの行動観察および鳴音録音. 三重県・鳥羽水族館, 2003年09月-2010年09月. 2010年10月1日現在継続中.  

【海外調査】

ジュゴンの音響バイオロギング. スーダン・ドンゴナーブ湾, 2013年02月25日-2013年03月22日.  

ジュゴンの音響バイオロギング. スーダン・ドンゴナーブ湾, 2012年09月12日-2012年10月19日.  

ジュゴンの音響バイオロギング. スーダン・ドンゴナーブ湾, 2012年06月02日-2012年07月18日.  

ジュゴンの音響観察・生態調査. スーダン・ドンゴナーブ湾, 2012年02月11日-2012年03月21日.  

ジュゴンの音響観察の視察. オーストラリア・シャーク湾, 2011年07月07日-2011年07月15日.  

マングローブ林の観察およびジュゴンの音響観察. スーダン・ドンゴナーブ湾他, 2011年06月23日-2011年07月02日.  

ジュゴンの音響観察. オーストラリア・モートン湾, 2011年03月13日-2011年03月24日.  

飼育下のジュゴンの行動観察および鳴音録音. オーストラリア・シドニー水族館, 2010年09月09日-2010年09月14日.  

飼育下のジュゴンの行動観察および鳴音録音. オーストラリア・シドニー水族館, 2010年06月06日-2010年06月09日.  

ジュゴンの音響観察と捕獲に基づく行動観察. オーストラリア・モートン湾、ハーヴィー湾, 2010年03月31日-2010年09月. 2010年10月1日現在継続中.  

ジュゴンの音響観察. フィリピン・ダバオ, 2007年12月19日-2007年12月22日.  

ジュゴンの受動的音響観察手法の確立と適用. タイ国トラン県タリボン島周辺海域, 2003年02月-2010年09月. 2010年10月1日現在継続中.  

外部資金の獲得

【科研費】

冷・温水期におけるジュゴンの摂餌場利用特性の比較(研究代表者) 2013年04月01日-2015年03月31日. (25871062). 若手B.  

環境・行動情報に基づくジュゴンの経時的コアエリアマップの作成及び混獲回避策の提言(研究代表者) 2008年04月01日-20100931. 特別研究員奨励費 (20・5260).  

水中鳴音情報解析によるジュゴンの回遊と個体間情報伝達に関する研究(研究代表者) 2005年04月01日-2008年03月31日. 特別研究員奨励費 (17・2327).  

【その他の競争的資金】

ジュゴンの行動圏と摂餌場利用特性の解明 2012年04月01日-2012年02月10日. 平成24年度笹川科学研究助成 (24-520).  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

特定非営利活動法人地球環境カレッジ・「ジュゴン研究会」, 幹事 (ジュゴンの行動生態調査および研究会運営). 2008年06月. 継続中.  

ジュゴンと漁業との共存のための技術開発研究, 委員 (ジュゴンの行動生態調査). 2005年04月-2008年03月.  

【依頼講演】

紅海西岸ドンゴナーブ湾のジュゴンの生態と海洋保護区. 企画展講演会「アラブ社会のなりわい生態系―動物篇」, 2014年01月13日, 国立科学博物館.  

音を使ったジュゴンの生態調査. 平成25年度 地球環境学の扉 第3回講義, 2013年11月27日, 総合地球環境学研究所.  

響きでジュゴンを守る-音響情報学が救う生態系-. 公開講座『大型海洋生物を守る、でも大型海洋生物を食べる』, 2008年06月14日, 東海大学札幌キャンパス.  

ジュゴンの鳴き声のヒミツに迫る. 学問ワンダーランド, 2005年10月16日, 河合塾大阪校.  

. 学問ワンダーランド, 2004年, .  

【メディア出演など】

妹尾和夫のパラダイスKyoto・京都パラ塾 (ゲスト). KBS京都, 2013年09月20日.  

【その他】

2012年12月27日 生き物の音から考える水辺のエコロジー、NHK文化講座京都教室、京都水族館  

2012年08月03日 人魚!?ジュゴンの歌声のヒミツ、地球研オープンハウス  

2011年08月05日 人魚!?ジュゴンの歌声のヒミツ、地球研オープンハウス  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

イルカの水中のおしゃべりに聞き耳 小樽. 北海道新聞, 2012年02月06日 (Web版).  http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=animal&v=106571810002

. 読売新聞, 2012年02月06日 朝刊.  

. 北海道新聞, 2012年02月04日 朝刊(小樽・後志版).  

スーパーニュース. UHB, 2012年02月01日.  

イルカ 動きと声記録. 北海道新聞, 2011年02月02日 朝刊(小樽・後志版).  

東海大生 イルカ調査. 読売新聞, 2011年02月02日 .  

. Bangkok Post, 2007年04月08日 .  

. 水産経済新聞, 2006年10月27日 .  

. 新聞赤旗, 2005年06月05日 .  

. デイリーヨミウリ, 2004年08月27日 .  

. 讀賣新聞, 2004年07月24日 .  

「スタジオパークからこんにちは」. NHK総合テレビ, 2004年04月23日.  

. Bangkok Post, 2004年04月18日 .  

. 毎日新聞, 2004年01月28日 .  

教育

【非常勤講師】

東海大学, 生物学部, 大型魚類哺乳類生態学. 2010年02月-2012年02月.  

北海道東海大学, 生物理工学部, 大型魚類哺乳類生態学. 2009年01月-2009年02月.