総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名松田 浩子
氏名(かな)まつだ ひろこ
所属総合地球環境学研究所
職名プロジェクト研究員
着任日2010
離任日 
学歴東京外国語大学インドネシア・マレーシア語学科卒業(1989)
インドネシア・北スマトラ大学文学部聴講生(1989-1991)
北海道大学工学部建築都市学科卒業(2002)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了(2005)
オランダ・デルフト工科大建築学部都市計画学科外来研究員(2009)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程単位取得退学(2010)
職歴社団法人共同通信社(1992-1997)
学位工学博士(東京大学 2012)
専攻・バックグラウンドインドネシア地域研究
建築都市史
土木史
一級建築士
所属学会日本建築学会

 

論文

【原著】

松田浩子 2013年03月 オランダ東インド会社によるバタヴィアの水路網と空間形成. 日本建築学会計画系論文集 78(685):705-714. (査読付).

松田浩子、村松伸 2006年 バタヴィアの市街地拡大と「水」への対応—近現代に再編成されたジャカルタの都市遺産資産に関する研究その2—. 日本建築学会大会学術講演梗概集F-2:351-352.

松田浩子 2005年02月 忘れられた地形・水系—扇状地都市岐阜を事例とした河成平野における近現代都市空間形成史—. 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士論文.

松田浩子 2005年 扇状地都市・岐阜の近現代都市形成における洪水に対応した空間の変遷に関する考察. 日本建築学会大会学術講演梗概集F-1:725-726.

松田浩子、鏡味洋史 2002年 札幌市における低平地の治水を考慮した都市計画の現状分析. 日本建築学会北海道支部研究報告集(75):127-130.

その他の出版物

【解説】

松田浩子 2014年02月 新刊紹介:新井健一郎著『首都をつくるージャカルタ創造の50年』. 史学雑誌 123(2):124-125.

【その他の著作(商業誌)】

松田浩子 2010年 都市の地脈・水脈⑤ジャカルタ—時の流れに埋もれる歴史. ファインスチール 2009年(No.1):11-12.

松田浩子 2009年 都市の地脈・水脈③ロッテルダム—水とシティデザインが浸透する街. ファインスチール 2009年(No.1):11-12.

松田浩子 2009年 都市の地脈・水脈④ドルドレヒト—洪水と向き合う歴史の積層. ファインスチール 2009年(No.3):11-12.

松田浩子 2008年 都市の地脈・水脈②大阪—自然と人が編み込む都市. ファインスチール 2008年(No.3):11-12.

松田浩子 2008年 都市の地脈・水脈①岐阜—濁流にさらされる扇の要. ファインスチール 2008年(No.1):11-12.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

松田浩子 2011年12月 所員紹介ー私が考える地球環境問題と未来:都市の狩人. 地球研ニュースレター (34):13.

会合等での研究発表

【口頭発表】

松田浩子 Floods and Change of the Water Management in Batavia under the Dutch Rule. World History for Current Issues (Emvironmental Issues, Globalization and Conflicts), 2013.10.06, the University of Tokyo. (本人発表).

松田浩子 Floods and Urban Kampungs in Batavia, 1853-1940. Jakarta's Past: Space, Ethnicity and Urban Development, 2013.04.03, 京都市. (本人発表).

松田浩子 Floods and Cities in Japan. Water History Conference Delft 2010, 2010.06.16-2010.06.20, オランダ・デルフト工科大学. (本人発表).