スタッフ プロフィール

氏名蒋 宏偉
氏名(かな)じゃん ほんうぇい
所属研究基盤国際センター
職名拠点研究員
生年1973
学歴華東師範大学電子工学学部卒業(1995)
筑波大学大学院環境科学研究科修了(2002)
東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻修了(2006)
学位保健学博士(東京大学 2006)
専攻・バックグラウンド人類生態学
所属学会日本生態人類学会
日本民族衛生学会
日本地理学会

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

蒋宏偉 2016年04月 ラオス水田稲作民の「のぐそ」を追う. 秋道智彌・赤坂憲雄編 人間の営みを探る. 玉川大学出版部, 東京, pp.202-216.

蒋 宏偉 2014年01月 人間行動調査. 総合地球環境学研究所編 地球環境マニュアル. 朝倉書店, 東京, pp.92-93.

門司和彦、蒋宏偉、福士由紀 2014 構築亜洲的健康型高齢社会:日本的現在与未来. 張開寧など (ed.) 健康老齢化的挑戦与思考. 中国社会科学出版社, 北京. (中国語)

蒋宏偉,梅崎昌裕 2009年 市場経済化する中国農村の土地利用変化. 水嶋司,柴山守 (編著)地域研究のためのGIS入門. 古今書院, 東京都千代田区.

蒋 宏偉 2004年 換金作物と貧困克服の試み,篠原徹(編著)中国・海南島:焼畑農耕の終焉. 東京大学出版会, 東京都文京区.

論文

【原著】

Hermann Feldmeier, Miklos Hazay, Megumi Sato, Pongvongsa Tiengkham, Futoshi Nishimoto, Hongwei Jiang, Vatsana Sopraseuth, and Kazuhiko Mojicorresponding author 2016,05 Morbidity assessment of Opisthorchis viverrini infection in rural Laos: I. Parasitological, clinical, ultrasonographical and biochemical findings. Tropical Medicine and Health 44(12):1-9. DOI:10.1186/s41182-016-0012-y (査読付).

Lin, L. and Jiang HW. 2016,04 Healthy Environment and Healthy Living in Urban China: An Emerging Field in Eco-Health Research. The Journal of Contemporary China Studies 5(1):69-78. DOI:http://dx.doi.org/10.1080/24761028.2016.11869093 (査読付).

Makiko Sekiyama, Hong Wei Jiang, Budhi Gunawan, Linda Dewanti, Ryo Honda, Hana Shimizu-Furusawa, Oekan S.Abdoellah and Chiho Watanabe 2015,10 Double Burden of Malnutrition in Rural West Java: Household-Level Analysis for Father-Child and Mother-Child Pairs and the Association with Dietary Intake. Nutrients 7(10):8376-8391. DOI:doi:10.3390/nu7105399 (査読付).

Yosuke Inoue, Masahiro Umezaki, Hongwei Jiang, Dandan Li, Jianwei Du, Yuming Jin, Bin Yang, Bai Li, Yufeng Li, and Chiho Watanabe 2014,12 Urinary Concentrations of Toxic and Essential Trace Elements among Rural Residents in Hainan Island, China. Int J Environ Res Public Health 11(12):13047-13064. DOI:doi: 10.3390/ijerph111213047 (査読付).

Konishi S, Parajuli RP, Takane E, Maharjan M, Tachibana K, Jiang HW, Pahari K, Inoue Y, Umezaki M, Watanabe C. 2014,05 Significant sex difference in the association between C-reactive protein concentration and anthropometry among 13- to 19-year olds, but not 6- to 12-year olds in Nepal. Am J Phys Anthropol 154(1):42-51. DOI:doi: 10.1002/ajpa.22470 (査読付).

Nonaka D, Pongvongsa T, Nishimoto F, Nansounthavong P, Hongwei J, Vongsouvanh A, Moji K, Phongmany P, Kobayashi J. 2014,02 Successful mobile phone network-based approach to integration of the health care system in rural Laos: strengthening lay health worker performance. Rural and Remote Health 14:1-9. (査読付).  http://www.rrh.org.au/publishedarticles/article_print_2588.pdf

Rena Zhou, Yang Li, Masahiro Umezaki, Yongming Ding, Hongwei Jiang, Alexis Comber, and Hua Fu1 2013,02 Journal of Environmental and Public Health. Journal of Environmental and Public Health 2013:1-7. DOI:http://dx.doi.org/10.1155/2013/239595 (査読付).

Alexis Comber, Masahiro Umezaki, Rena Zhou, Yongming Ding, Yang Li, Hua Fu, Hongwei Jiang & Andrew Tewkesbury 2012 Using shadows in high-resolution imagery to determine building height. Remote Sensing Letters 3(7):551-556. DOI:http://dx.doi.org/10.1080/01431161.2011.635161 (査読付).

Umezaki M., Jiang H.W. 2009,12 Changing Adaptive Strategies of Two Li Ethnic Minority Villages in a Mountainous Region of Hainan Island, China . Southeast Asian Studies 47(3):348-362. (査読付).

Hong Wei JIANG, Masahiro Umezaki, Ryutaro Ohtsuka 2006 Inter-household variation in adoption of cash cropping and its effects on labor and dietary patterns: a study in a Li hamlet in Hainan island, China.. Anthropological Science 114:165-173. DOI:10.1537 (査読付).

UMEZAKI, M., JIANG, H.W. and Liang, J.Y. 2005 Transformation of human-environment relationships in Wuzhishan region, Hainan, China: 1930s to present. . PLEC News and Views 7:6-11.

蒋 宏偉 2005 经济作物和克服贫困的尝试. 広西民族学院学報 27(1):44-53. (中国語) (査読付).

Krishina Pahari,梅崎昌裕,蒋宏偉 2002 Remote sensing of Li people’s habitats in Hainan Province, China.. アジア・太平洋の環境・開発・文化 4:191-197.

蒋 宏偉 2002年 換金作物栽培と出稼ぎの村における生業の現状. アジア・太平洋の環境・開発・文化 3:116-131.

その他の出版物

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

蒋 宏偉 2009年 生活の豊かさと青い山を求めて―中国海南島からの報告. 天地人 6:10-11.

蒋 宏偉  2007年 『おかずかご』としての水田-中国海南島リー族社会における水田環境の複合的利用. 歴博 141.

会合等での研究発表

【口頭発表】

JIANG Hongwei Reconstruction of land use change in the past 20 years: an application of geographic information science in two hamlets in Hainan Island of China. The 16th world congress, The International Union of Anthropological and Ethnological Science, Panel: The Harmonious Coexistence Between Human and Nature: a Study on Ethnic Culture and Biological Diversity in Yunnan Province, 2009.07.27-2009.07.31, Yunnan University, Kunming, China. (本人発表).

蒋宏偉 小型GPS と加速度計をもちいた人間の行動評価の試み」 ,2009年,笛吹. 第14回生態人類学会・総会, 2009年03月22日-2009年03月23日, 山梨県・笛吹. (本人発表).

蒋 宏偉 「中国・海南島ポーレー村に居住する人びとの活動パターン:小型GPSおよび加速度計を併用した生活時間調査」,富山大学,2007,高岡.. 第73回日本民族衛生学会・総会, 2007年11月08日-2007年11月09日, 富山県・高岡市. (本人発表).

蒋 宏偉・梅崎昌裕 中国・海南島ポーレー村の人口変動とその要因:1956~2004年を対象にした経時的復元. 第72回日本民族衛生学会・総会, 2006年11月09日-2006年11月10日, 沖縄県・那覇・沖縄看護大学. (本人発表).

蒋 宏偉 生業の市場経済化による農村開発:海南島・リー族の村落調査より」,2004,滋賀.. 第10回日本生態人類学会・総会, 2004年03月-2004年03月, 滋賀県. (本人発表).

【ポスター発表】

蒋 宏偉、西本 太、佐藤 廉也、横山 智 ラオス中部・アランノイの食生活と出生力─食事調査データの分析を中心に─. 日本地理学会・春季大会, 2017年03月28日-2017年03月30日, 筑波大学、茨城. (本人発表).

Jiang HW., Nishimoto F., Phonvonsa, T., Moji K. Human Outdoor Defecation And Time-spatial Patterns Of Human Activity In Endemic Area Of Liver Fluke In Savannakhet Province, Lao PDR. The 4th International One Health Congress and 6th Biennial Congress of the International Association for Ecology and Health, 2016.12.03-2016.12.07, Melbourne, Australia. (本人発表).

Jiang HW., Nishimoto F., Phonvonsa, T., Moji K. Daily Activity and Health Risk: a pilot activity survey in minority ethnic group village in Xepone, Lao PDR. The 10th National Health Research Forum Of Lao PDR, 2016.10.27-2016.10.28, Savankhet, Lao PDR.. (本人発表).

外部資金の獲得

【科研費】

南中国と周辺地域における地域伝統知を中心とした持続可能開発モデルの共創(研究代表者) 2017年04月01日-2019年03月31日. 基盤研究(C) (17K02061 ).

人間野外排便行動調査法の確立:住血吸虫症流行地域における調査研究(研究代表者) 2013年04月01日-2015年03月31日. 挑戦的萌芽研究 (25570015).

国家の開発政策・環境保護政策への地域住民の対応:中国海南島における調査研究(研究代表者) 2009年04月01日-2011年03月31日. 若手研究(B) (21710252).

中国・海南島山岳部における開発と環境保護(研究代表者) 2007年04月01日-2009年03月31日. 若手研究(B) (19710204).

【その他の競争的資金】

中国農村部における環境保護と住民生活改善の両立の可能性 2006年10月01日-2009年03月31日. トヨタ財団研究助成金 (D06-R-0214).