総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名ウヤル アイスン
氏名(かな)うやる あいすん
所属総合地球環境学研究所 研究推進戦略センター・戦略策定部門
職名助教
着任日2010年1月1日
離任日 
生年1980
学歴中東工科大学政治経済学部国際関係学科卒業 (トルコ、2001)
中東工科大学大学院社会学研究科国際関係論修士課程 終了 (トルコ、2004)
山口大学大学院東アジア研究科東アジア専攻博士課程 終了 (2008)
職歴ハジェッテペ大学政治経済学部国際関係学科 研究助手 (トルコ、2001-2005)
龍谷大学アフラシア平和開発研究センター 博士研究員 (2008-2010)
龍谷大学国際文化学部 非常勤講師 (2009~)
同志社大学社会学部 嘱託講師 (2010~)
同志社大学ILA 嘱託講師 (2011~)
学位(学術)博士 (山口大学 2008)
(国際関係論) 修士 (中東工科大学 2004)
専攻・バックグラウンド国際関係論
国際政治経済
所属学会International Studies Association (ISA)、International Political Science Association (IPSA), 日本国際政治学会 (JAIR)、アジア政経学会 (JAAS)、ヨーロッパ日本研究協会 (EAJS)、政治社会学会 (ASPOS)、日本トルコ交流協会
受賞歴財団法人 国際通貨研究所(IIMA)設立10周年記念懸賞論文「アジア地域の経済協力促進のために何をすべきか」、第1位受賞 (2005)
山口大学学長賞、受賞 (2008)

 

著書(執筆等)

【翻訳・共訳】

アイスン ウヤル、 2011,09 "Haşimoto Kingorou’nun Atatürk İmajı’na İstinâden Japon Faşizmi ve Modernizasyonun Seyri 「近代化の行方と日本ファシズム—橋本欣五郎のアタチュルク像を手掛りとして—」竹下賢". A. Mete Tuncoku (ed.) Japon Araştırmacıların Gözünden Türkiye Sempozyumu (日本人研究者の目から見たトルコシンポジウム).[ pp.29-36. (トルコ語)

著書(編集等)

【編集・共編】

Tsuyoshi Kato and Aysun Uyar (ed.) 2009,12 The Question of Poverty and Development in Conflict and Conflict Resolution. Afrasia Symposium Series, 4. 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター, 京都, 278pp.

Hisashi Nakamura, Yoshio Kawamura, Shiro Sato, Shinya Ishizaka and Aysun Uyar (ed.) 2009,01 Resources under Stress: Sustainability of the Local Community in Asia and Africa. Afrasia Symposium Series, 3. 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター, 京都, 340pp.

Takeshi Hamashita, Pauline Kent, Ayako Iwatani and Aysun Uyar (ed.) 2008,03 Changing Identities and Networks in the Globalising World: Negotiation, Conflict Prevention and Conflict Resolution in Everyday Life. Afrasia Symposium Series, 2. 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター, 京都, 301pp.

論文

【原著】

アイスン ウヤル、 2012年11月 地域環境協力のあり方―国際関係論から総合地球環境学とのインターディシプリナリーな視点へ―. 政治社会論叢 1(1):61-72. (査読付).

アイスン ウヤル、 2011,10 “Japonya’nın Entegre Çevre Çalışmalarında Kadın Araştırmacıların Rolü (日本の総合的環境学における女性研究者の立場)". A. Mete Tuncoku (ed.) Toplumsal Gelişmede Türk ve Japon Kadınının Eğitimi (トルコと日本の社会開発において女性教育). Ankara: Çanakkale Onsekiz Mart Üniversitesi Yayınları (ISBN: 978-605-4222-16-2), pp.229-247. (トルコ語)

アイスン ウヤル・佐野 東生(共編)、 2011年06月 「西アジア・中央アジアと日本の交流」. 松原 広志・須藤 護・佐野 東生編 文化交流のエリア・スタディーズ. ミネルヴァ, 京都, pp.213-243.  http://www.minervashobo.co.jp/book/b86707.html

Aysun Uyar 2011,05 “21.Yüzyılda Türkiye ve Japonya İlişkileri: Karşılıklı İşbirliğinde Stratejik Kültürel Etkileşme (Turkey and Japan Relations in the 21st Century: Strategic Cultural Interaction in Bilateral Cooperation)” Aysun Uyar, 303-323. Yelda Demirag and Ozlen Celebi (ed.) 21. Yüzyılda Türk Dış Politikası: Son On Yıl (Turkish Foreign Policy in the 21st Century: The Last Ten Years). Palme Yayinevi (Turkey), Ankara, pp.303-323. (トルコ語)  http://www.eserkitap.com/PALME---TURK-DIS-POLITIKASI-SON-ON-YIL---YELDA-DEMIRAG---OZLEN-CELEBI_u_r_n_11375.htm

アイスン ウヤル、 2010年03月 「東南アジアにおける労働移動の統制—地域経済連携協定を砥通して」. ポーリン ケント・北原淳編 アフラシア叢書2—紛争解決 グローバル化 地域 文化. ミネルヴァ書房, 京都, pp.157-178.

Aysun Uyar, 2007,11 An Approach to Promote Regional Economic Co-operation in Asia: Asymmetric Functionality. Ritsumeikan Journal of Asia Pacific Studies 23:41-58. (査読付).

Aysun Uyar, 2006,10 Japan’s Changing Perception towards the Preferential Trade Agreements in Southeast Asia. TAPACAY–The Turkish Yearbook of Asia-Pacific Studies 1:21-35. (査読付).

その他の出版物

【解説】

アイスン ウヤル 2012,04 ENVIRONMENTAL PROBLEM IS NOT ONLY THE PROBLEM OF NATURAL SCIENCE BUT ALSO THE PROBLEM OF SOCIAL SCIENCE . ORSAM Water Research Program, Expert`s Opinion.  http://www.orsam.org.tr/en/WaterResources/showExpertsOpinion.aspx?ID=327

【報告書】

Pauline Kent, Ma. Reinaruth D. Carlos, Aysun Uyar and Shincha Park (ed.) 2012,11 Research Series 1: Policy Dialogue and Governance of Migration: Comparative Cases from Europe and Asia-Pacific. Research Series, 龍谷大学アフラシア研究センター,,]

Ma. Reinaruth D. Carlos, Ruben Caragay and Aysun Uyar (ed.) 2010,03 The Migration of Filipino Care Workers to Japan under the Japan-Philippines Economic Partnership Agreement (JPEPA). Proceedings of the 2nd Philippines-Japan Conference on Migration, (Afrasia Research Series 10),]

Aysun Uyar (ed.) 2010,03 Political Configuration of Thailand’s Free Trade Agreements within the Framework of Southeast Asian Regional Economic Cooperation. Afrasia Working Paper Series, Afrasia Working Paper Series (43),]

Noriatsu Matsui and Aysun Uyar, 2006年12月 Loose Functional Integration in Northeast Asia: The Northeast Asian Development Bank, GSEAS Working Paper 06-02, Graduate School of East Asian Studies, Yamaguchi University. 25pp.

Aysun Uyar, 2005年12月 What Should be done to Promote Regional Economic Cooperation in Asia?, GSEAS Working Paper 05-02, Graduate School of East Asian Studies, Yamaguchi University. 21pp.

Aysun Uyar, 2004年11月 ASEAN and China: Different Aspects of the Economic Co-operation. EIAS Briefing Paper, European Institute for Asian Studies, 25pp.

【書評】

Aysun Uyar, 2008年12月 Foreign Policy Making and Power Sharing in the Philippines and Japan. Globalization, Democratization and Asian Leadership: Power Sharing, Foreign Policy and Society in the Philippines and Japan, by Vincent Kelly Pollard. Hants: Ashgate Publishing Ltd. 2004, 203 pp. TAPACAY–The Turkish Yearbook of Asia-Pacific Studies 3.

Aysun Uyar, 2008年08月 Regional Trade Agreements in Asia, Tran van Hoa and Charles Harvie (eds.), Cheltenham (UK) and Northampton (USA): Edwar Elgar. 2008. 284 pp.. East Asia Integration Studies.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

アイスン ウヤル 2013年01月 RIHN News, No.6.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_06.pdf

アイスン ウヤル 2012年10月 RIHN News, No.5.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_05.pdf

アイスン ウヤル 2012年10月 Introduction of RIHN and GEC-Japan Platform. JSPS San Francisco Office Newsletter 27:8.

アイスン ウヤル 2012年07月 RIHN News, No.4.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_04.pdf

アイスン ウヤル 2012年04月 RIHN News, No.3.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_02_01.pdf

アイスン ウヤル 2012年04月 2011年度EPM(Environmental Policy Making)勉強会の活動について. Humanity and Nature ニュースレター 36:10-11.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_36.pdf

アイスン ウヤル 2012年03月 RIHN News, No.2.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_01_02.pdf

アイスン ウヤル 2011年10月 . RIHN News, No.1 .  http://www.chikyu.ac.jp/archive/RIHN_News/RIHN_News_01_01.pdf

アイスン ウヤル、 2011年04月 2010年度EPM(Environmental Policy Making)勉強会の活動について. Humanity and Nature ニュースレター 31:18-19.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_31.pdf

林憲吾・アイスン ウヤル、 2010年08月 世界をめぐって『地球環境学』の方向と課題を見極める. Humanity and Nature ニュースレター (27):2-4.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/newsletter/pdf/newsletter_27.pdf

アイスン ウヤル、 2008年10月 トルコにおける国際政治学の動向-METU国際関係論学会参加記-. JAIR ニュースレター 117:10.

Aysun Uyar, 2003年10月 Europe’s Evolving Policy Objectives in Central Asia. EurAsia Bulletin (European Institute for Asian Studies) 7:10-11.

会合等での研究発表

【口頭発表】

アイスン ウヤル、 地球研における環境政策研究の方向性. 第20回EPM勉強会、総合地球環境学研究所, 2013.02.26, 京都. (本人発表).

アイスン ウヤル (コメンテーター)、 Governance of International Migration: Perspectives of Sending Countries. University of Philippines Third World Studies Center – Afrasia Center Joint Seminar, 2013.02.04, マニラ、フルピン. (本人発表).

アイスン ウヤル、Joerg Balsiger Comparative Analysis of European and East Asian Regional Environmental Governance. Tokyo Conference on Earth System Governance , 2013.01.28-2013.01.31, 東京. (本人発表).

アイスン ウヤル、Müge Kınacıoğlu Changing Concept of Human Security from Traditional to Environmental one along Socio-ecological boundaries. BRIT XII Conference, 2012.11.13-2012.11.16, 福岡. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Shifting Boundaries of Regionalism: Environmental Encounters of the East Asian Regional Economic Cooperation. IPSA 22nd World Congress of Political Science, 2012.07.08-2012.07.12, マドリッド、スペイン. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Rio+20の国際環境政治:これからの方向について. 第16回EPM勉強会、総合地球環境学研究所., 2012年07月06日, 京都. (本人発表).

アイスン ウヤル (コメンテーター)、 Panel on Reflecting on Asian Perspectives on R2P. Doshisha University Second International Conference on Humanitarian Intervention, 2012.06.24-2012.06.25, 京都. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Environmental Regionalism` in Regionalizing and Participating East Asia. International Conference of Environmental Governance in China, 2012.06.02-2012.06.03, 北京、中国. (本人発表).

Makoto Taniguchi and Aysun Uyar Global Environmental Change-Japan Initiative for Sustainability Development and Environmental Research in Asia. Planet under Pressure Conference, 2012.03.26-2012.03.29, ロンドン、UK. (本人発表).

アイスン ウヤル、 国際関係論における地球環境協力―機能的協力の視点から. 政治社会学会第2回総会および研究会, 2011年09月18日-2011年09月19日, 同志社大学、京都. (本人発表).

Aysun Uyar, Rage of Environmental Regionalism in East Asia: Japan’s Prospective Regional-Economic Partnership Agreements”. 13th International Conference of EAJS, 2011.08.24-2011.08.28, タリン、エストニア. (本人発表).

Aysun Uyar, Environmental Regionalism in Southeast Asia: Green Encounter of the ASEAN Community. WISC-Third Global International Studies Conference, 2011.08.17-2011.08.20, ポルト、ポルトガル. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Changing Dynamics of Human Security: From International Relations to Environmental Human Security. IAFOR-ACSEE, 2011.06.03-2011.06.05, 日本、大阪. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Considering Environment Assertion of Preferential Trade Agreements in East Asia. ISA-International Studies Association Convention, 2011.03.16-2011.03.19, モントリオール、カナダ. (本人発表).

アイスン ウヤル、 地域主義と環境ガバナンス:東アジアにおける地域経済協力の事例から. 「第165回地球研談話会セミナー」, 2010年11月30日, 総合地球環境学研究所. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Environment Aspect of Free Trade Agreements in East Asia: Any Hope for Potential China-Japan-Korea Free Trade Agreement?. 社会科学国際学会, 2010.10.08-2010.10.09, イズミル、トルコ. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Women Researchers in Japan`s Integrated Environmental Studies. トルコと日本の社会開発における女性の教育, 2010.10.06-2010.10.07, チャナッカレ、トルコ. (本人発表).

アイスン ウヤル、 地球研における『環境政策の決定メカにズム』研究のアジェンダ設定. 「EPM勉強会」, 2010年09月30日, 総合地球環境学研究所. (本人発表).

Aysun Uyar, Regional Research Cooperation on Water Managemet in Cities:Comparative Analysis of Regional Actors and Frameworks of the EU and East Asian Experiences. The Second Japan Water Forum-Danish Water Forum Water and Climate Workshop, 2010.09.09, ストックホルム、スウェーデン. (本人発表).

アイスン ウヤル、 Regional Trade Agreements in East Asia: Searching for New Regional Mechanisms for Environmental Issues. 第7回パン・ヨーロッパ国際関係学会, 2010.09.09-2010.09.11, ストックホルム、スウェーデン. (本人発表).

Aysun Uyar, Governance of Regional Labour Migration in Southeast Asia: ASEAN Free Trade Area. ICAS6 (International Institute for Asian Studies and Chungnam National University), 2009.08.06-2009.08.09, テジョン、韓国. (本人発表).

Aysun Uyar, Environmental Apprehension of Turkey`s Accession to the EU: `Water and Agriculture` Aspect. HEAR-MET ワークショップ (総合地球環境学研究所), 2009.07.16, 京都. (本人発表).

アイスン ウヤル、 文化と紛争. アフラシア第3版第2回研究会( 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター), 2009.06.27, 京都. (本人発表).

アイスン ウヤル、 紛争とは何か、紛争解決とは何か—国際政治経済学の視点から—. アフラシア全体研究会(龍谷大学アフラシア平和開発研究センター), 2009.02.27, 京都. (本人発表).

Aysun Uyar, Reginalisation Networks of Japan in East Asia: From the Experience of Japan’s Economic Partnership Agreement. 50th ISA Convention (International Studies Association), 2009.02.12-2009.02.14, ニューヨーク、米国. (本人発表).

Aysun Uyar, Regionalism in East Asia: A New Path for Japan as a Hegemonic Pretender?. 第8回METU国際関係論学会(中東工科大学), 2008.06.18-2008.06.20, アンカラ、トルコ. (本人発表).

Aysun Uyar, Political Economic Analysis of Economic Partnership Agreements within Japanese Foreign Policy Making. 山口大学大学院東アジア研究科東アジア博士学位論文報告会, 2008.03.17, 山口. (本人発表).

Aysun Uyar, Preferential Trade Agreements of Japan: Implications for Japan-East Asia Economic Relations. 第11回日本アジア研究会(明治学院大学), 2007.06.23-2007.06.24, 東京. (本人発表).

Aysun Uyar, Political Economic Evaluation of Japan’s Economic Partnership Agreements. Inaugural Conference of JSA-ASEAN (National University of Singapore), 2006.10.12-2006.10.14, シンガポール. (本人発表).

Aysun Uyar, Chinese and Japanese Economic Attitudes towards ASEAN. ICAS4 (International Institute for Asian Studies and Shanghai Academy of Social Sciences), 2005.08.20-2005.08.24, 上海、中国. (本人発表).

Aysun Uyar, Changing Perception of Japan towards the Bilateral Trade Agreements in Southeast Asia. The 15th Biennial Conference of Asian Studies Association of Australia (The Australian National University), 2004.06.29-2004.07.02, キャンベラ、アーストラリア. (本人発表).

Aysun Uyar, ‘Decline’ Paradigm of the Silk Road. 第1回国際シルクロードシンポジウム, 2003.06.25-2003.06.27, トビリシ、グルジア. (本人発表).

Aysun Uyar, Transformation of Chinese Foreign Policy. 第1回METU国際関係論学会(中東工科大学), 2002.07.03-2002.07.05, アンカラ、トルコ. (本人発表).

【ポスター発表】

アイスン ウヤル、 Environmental Regionalism` within Global Change and Sustainability Development of Asia. Planet under Pressure Conference, 2012.03.26-2012.03.29, ロンドン、UK. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

アイスン ウヤル、 東アジアの環境安全保障に関する学際ワークショップ報告. 第11回地球研地域連携セミナー、地球研-九州大学, 2012年06月10日, 福岡.

アイスン ウヤル、 International Cooperation on Environment and Disaster Prevention: Examples from Tohoku Disasters. 同志社大学、JENESYS プログラム, 2012.05.14, 京都.

Aysun Uyar, International Environmental Politics . 「同志社大学 Stay in Kyoto プログラム」, 2012.01.13, 同志社大学.

アイスン ウヤル、 国際関係論と地球環境問題. 「京都府立北稜高等学校 “地球環境学の扉” RIHN レクチャーシリーズ」, 2011年11月22日, 総合地球環境学研究所.

アイスン ウヤル、 Global Environmental Politics and International Relations. 「同志社大学国際教育インスティテュートのRIHN見学」, 2011年07月01日, 総合地球環境学研究所.

アイスン ウヤル、 国際関係論における地球環境問題」. 「環境システム学概論」, 2011年05月27日, 同志社大学理工学部.

アイスン ウヤル、 Integrated Environmental Studies at RIHN. 「同志社大学グローバル・スタディーズ研究科のRIHN見学」, 2010.08.09, 総合地球環境学研究所.

Aysun Uyar, Economic Partnership Agreements (EPAs) as Japan’s Recitation of Regional Cooperation in East Asia. 関西公法・政治若手研究会, 2008年09月28日, 京都.

Aysun Uyar, What Should be Done to Promote Economic Cooperation in Asia?. 財団法人 国際通貨研究所地域協力に関する第二回ワークショップ, 2005.12.16, 東京.

アイスン ウヤル、 ASEAN and Asia in the 21st Century and the New Regionalism. 「日本ASEAN交流年2003」記念事業 第9回 外務省グローバル・ユース・エクスチェンジ事業 シンポジウム, 2003.01.31, 東京.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

Comparing Regional Environmental Governance in East Asia and Europe (EE-REG) Workshop, 主催担当者(Aysun Uyar and Joerg Balsiger). 2013年01月24日-2013年01月25日, 総合地球環境学研究所、京都.  http://www.reg-observatory.org/events/eereg/eereg_index.php

International Symposium on Future Asia, 実行委員. 2012年12月13日-2012年12月14日, 総合地球環境学研究所 、京都.

ICSU ROAP Asia-Pacific Workshop, 参加者. 2012年11月21日-2012年11月23日, クアラルンプール、マレーシア.

Panel I: Women Moving: Micro-Level Case Studies of Migrant Women, The Second Afrasian International Symposium, 司会. 2012年11月17日-2012年11月18日, 龍谷大学、京都.

東アジアの環境安全保障に関する学際ワークショップ、地球研・九州大学東アジア環境研究機構合同ワークショップ, ワークショップ コーディネーター. 2012年05月19日-2012年05月20日, 福岡.

Planet under Pressure Conference, Asia Vision Session 実行委員・司会. 2012年03月26日-2012年03月29日, ロンドン、UK.

The 6th World Water Forum, 地球研ブーツ運営委員. 2012年03月12日-2012年03月17日, マルセイユ、フランス.

Boğaziçi University-Ryukoku University Afrasian Research Center First International Workshop, 実行委員・司会. 2012年03月03日, イスタンブール、トルコ.

京都環境文化学術フォーラム, MC. 2012年02月11日, 総合地球環境学研究所、京都.

第5回ベルモント フォーラム, 実行委員. 2012年01月17日-2012年01月18日, 総合地球環境学研究所、京都.

STSフォーラム・RCC会議, 運営委員 (総合地球環境学研究所). 2011年10月01日.

The 21th World Water Week, 地球研ブーツ, ブーツ運営委員、担当. 2011年08月21日-2011年08月27日, ストックホルム、スウェーデン.

第10回地球研フォーラム, MC. 2011年07月03日, 国立京都国際会館、京都.

総合地球環境学研究所創立10周年記念シンポジウム, MC. 2011年04月20日, 総合地球環境学研究所、京都.

京都環境文化学術フォーラム, MC. 2011年02月12日, 総合地球環境学研究所、京都.

第1回地球研キッヅセミナー, 司会. 2010年08月23日, 総合地球環境学研究所、京都.

IASS-Japan-Germany Workshop on Integrated Environmental Research, コーディネーション、運営. 2010年03月14日-2010年03月15日, 総合地球環境学研究所、京都.

京都環境文化学術フォーラム, MC. 2010年02月13日, 国立京都国際会館、京都.

第36回地球研国際セミナー「現代インドの経済発展と環境問題」, 司会. 2009年12月18日, 総合地球環境学研究所、京都.

アフラシア 平和開発研究センター第4回国際シンポジウム「貧困と開発の地平から―紛争と紛争解決を問う―」, 実行委員. 2009年11月15日-2009年11月16日, 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター、京都.

朝日・大学パートナーズシンポジウム Who Cares? 誰が私たちの面倒をみるの?―介護現場のいま―, 実行委員. 2009年06月20日, 龍谷大学アフラシア平和開発研究センター・朝日新聞社大阪本社、京都.

第5回世界水フォーラム, 参加者 (フォーラム エクスポ、総合地球環境学研究所ブーツ). 2009年03月16日-2009年03月22日, イスタンブール、トルコ.

地球研オープンハウス運営委員会, 運営委員 (2011年度より).

EPM勉強会, 担当 (2010年度より).

地球研国際シンポジウム実行委員会, 運営委員 (2010年度より).

調査研究活動

【国内調査】

山口大学大学院東アジア研究科東アジア開発、情報化社会と日本の国際協力プロジェクト(RA). 日本, 2005年08月01日-2008年03月01日.

【海外調査】

Rio+20 UN Conference on Sustainable Development. ブラジル, 2012年06月12日-2012年06月18日.

2012年度地球研国際動向調査. ヨーロッパ, ブラジル, 東南アジア. , 2012年.

2011年度地球研国際動向調査. ヨーロッパ, 2011年.

2010年度地球研国際動向調査. ヨーロッパ、米国, 2010年.

タイ国のASEANにおける自由貿易協定(FTA). タイ国, 2006年12月05日-2006年12月18日.

ヨーロッパ日本研究協会データベース更新プロジェクト (グループ コーディネーター). ヨーロッパ, 2006年06月01日-2008年12月30日.

ヨーロッパ・アシア研究所 (EIAS) . ベルギー, 2003年09月01日-2003年12月31日.

欧州安全保障協力機構(OSCE) コソボミッション国際選挙オブザーバー. コソボ, 2002年10月05日-2002年10月20日.

欧州安全保障協力機構(OSCE)、コソボミッション国際選挙スーパーバイザー. ギリシヤ、コソボ, 2001年11月10日-2201年11月20日.

外部資金の獲得

【受託研究】

地域経済協力における環境問題の枠組み―環太平洋戦略的経済連携協定のポテンシャル環境フレームワークについて― 2012年06月01日-2013年03月31日. 総合地球環境学研究所 平成24年度所長裁量経費.

地域環境変化に対する地域環境ガバナンスに向けてー東アジアとヨーロッパにおける環境地域協力の比較研究ワークショップの開催事業 2012年06月01日-2013年03月31日. 総合地球環境学研究所 平成24年度所長裁量 研究支援充実経費.

「環境的地域主義の実施研究―EUの地域協力に基づく環境政策を事例として 」 2011年09月01日-2012年03月31日. 総合地球環境学研究所 平成23年度所長裁量経費.

【共同研究】

北東アジアの越境環境協力を再考する―協力促進の阻害要因に関する比較分析― (代表者:北海道大学 教授 児矢野マリ) 2012年11月01日-2013年10月01日. 住友財団2012年度環境研究助成.

アジア・太平洋地域における人の移動にともなう紛争と和解についての総合研究―市民社会・言語・政治経済を通してみる多文化社会の可能性― (龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター) 2011年07月15日-2014年03月31日.

EUの環境外交:越境大気汚染問題と地球温暖化外交の連続性の研究 (研究メンバー) (米本昌平 (東京大学先端科学技術研究センター)) 2009年04月01日-2011年03月31日. 三井物産環境基金.

社会活動・所外活動

【依頼講演】

現代イスラーム社会と諸問題. 龍谷大学国際文化学部 教員免許状更新講習, 2009年07月30日, 瀬田.

【メディア出演など】

(トルコの魚食事情). 2012年10月,食文化誌VESTA―世界の魚食文化特集 88 :21-24.  http://www.syokubunka.or.jp/publish/vesta/detail/post-58.html

BBC Turkish Radio News (コメント). BBC Turkce Radyo, 2011年03月11日. (トルコ語)

BBC Turkish Radio News (コメント). BBC Turkce Radyo, 2009年09月16日. (トルコ語)

【その他】

2013年02月17日 (審査員) 第2回 同志社 中学生・高校生 英語大会 ― 立石杯 ― 、同志社大学、京都

2012年02月19日 (審査員) 第1回 同志社 中学生・高校生 英語大会 ― 立石杯 ― 、同志社大学、京都

教育

【非常勤講師】

龍谷大学, 国際文化学部, 国際政治入門. 2010年10月-2011年03月.

龍谷大学, 国際文化学部, International Politics. 2010年09月-2011年03月.

同志社大学, 社会学部, 現在社会学特論I. 2010年04月-2012年04月.

龍谷大学, 国際文化学部, 国際政治論/アジアの政治文化A. 2009年10月-2010年03月.

龍谷大学, 国際文化学部, 国際社会と日本B. 2009年10月-2010年09月.

龍谷大学, 国際文化学部, 生活と文化C (共同). 2009年04月-2009年09月.

同志社大学, Institute for Liberal Arts, Japan and Asia, 2011年4月より.

龍谷大学, 国際文化学部, Introduction to International Politics, 2011年10月より.

同志社大学, Institute for Liberal Arts , International Cooperation Policy、2012年10月より.