スタッフ プロフィール

氏名鞍田 崇
氏名(かな)くらた たかし
所属総合地球環境学研究所
職名特任准教授
生年1970
学歴京都大学文学部哲学科卒業(1994)
京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了(1997)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学(2000)
職歴日本学術振興会特別研究員DC2(1999)
日本学術振興会特別研究員PD(2001)
総合地球環境学研究所プロジェクト研究員(2006)
総合地球環境学研究所プロジェクト上級研究員(2009)
総合地球環境学研究所特任准教授(2010)
学位博士(人間・環境学)(京都大学 2001)
修士(人間・環境学)(京都大学 1997)
学士(文学)(京都大学 1994)
専攻・バックグラウンド哲学、環境思想
ホームページhttp://blogs.brash.jp/kyoto_life/

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

鞍田崇 2012年01月 「つたなさの技法」. 鞍田崇+編集部編 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』. Next Creator Book. フィルムアート社, 東京都渋谷区, pp.12-14.  http://www.filmart.co.jp/cat138/post_162.php

鞍田崇 2012年01月 「民藝の思想とは何か」. 鞍田崇+編集部編 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』. Next Creator Book. フィルムアート社、, 東京都渋谷区, pp.39-55.  http://www.filmart.co.jp/cat138/post_162.php

鞍田崇 2012年01月 「柳宗悦」. 鞍田崇+編集部編 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』、. フィルムアート社, 東京都渋谷区, pp.146-147.  http://www.filmart.co.jp/cat138/post_162.php

鞍田崇・中沢新一 2012年01月 「民藝は私たちに何をもたらすか」. 鞍田崇+編集部編 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』. Next Creator Book. フィルムアート社, 東京都渋谷区, pp.pp22-38-pp124-143.  http://www.filmart.co.jp/cat138/post_162.php

鞍田崇 2010年10月 「環境思想―自然への感性とリアリティの再興」. 総合地球環境学研究所編『地球環境学事典』. 弘文堂, 東京都千代田区.  http://www.chikyu-kankyo.jp/

鞍田崇 2010年10月 「風土―文化と自然のインタラクション」. 総合地球環境学研究所編『地球環境学事典』. 弘文堂, 東京都千代田区.  http://www.chikyu-kankyo.jp/

鞍田崇 2009年06月 「風土への彷徨 ― スウェン・ヘディンと大谷光瑞」. 地球研ライブラリー, 7-3. 臨川書店, 京都市左京区.  http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04043-9.htm

鞍田崇 2009年03月 「高山寺と明恵上人」. 小川千恵・阿川弘子編 高山寺. 新版 古寺巡礼京都, 32. 淡交社, 京都市北区.  http://www.tankosha.co.jp/cgi-bin/bookdetail.cgi?pc=0000003502-000000

鞍田崇 2008年12月 「和辻哲郎と風土 ― 風土論の可能性を求めて」. 佐藤洋一郎(監修)・鞍田崇(編)編 『ユーラシア農耕史1』. 地球研ライブラリー, 7-1. 臨川書店, 京都市左京区.  http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04041-5.htm

【翻訳・共訳】

細谷葵・鞍田崇 2009年05月 『たべることは つながること ― しょくもつれんさの はなし』. 福音館の科学シリーズ. 福音館書店, 東京都文京区, 32pp. 原著: Patricia Lauber, Holly Keller著 Who Eats What?: Food Chains and Food Webs . Let's-Read-and-Find-Out Science, Stage 2. Harpercollins Childrens , NY(アメリカ), 32pp.  

鞍田崇 2006年07月 「自然経験における雰囲気的なもの」. 梶谷真司・斉藤渉・野村文宏編 『雰囲気の美学 ―新しい現象学の挑戦―』. 晃洋書房, 京都市右京区, pp.108-130. 原著: Gernot Boehme著 Atmosphaerisches in der Naturerfahrung. Suhrkamp , フランクフルト(ドイツ), . (その他)  

総田純次・鞍田崇 2006年07月 「人と人との間のコミュニケーションにおける雰囲気」. 梶谷真司・斉藤渉・野村文宏編 『雰囲気の美学 ―新しい現象学の挑戦―』. 晃洋書房, 京都市右京区, pp.206-221. 原著: Gernot Boehme著 Atomosphaeren in zwischenmenschlicher Kommunikation. Schwabe , バーゼル(スイス), . (その他)  

著書(編集等)

【編集・共編】

鞍田崇+編集部編 2012年01月 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』. Next Creator Book. フィルムアート社, 東京都渋谷区, 205pp.  http://www.filmart.co.jp/cat138/post_162.php

佐藤洋一郎(監)、原田信男・鞍田崇編 2011年10月 『焼畑の環境学―いま焼畑とは』. 地球研ライブラリー, 17. 思文閣出版, 京都市東山区, 588pp.  http://www.shibunkaku.co.jp/shuppan/shosai.php?code=9784784215881

佐藤洋一郎(監)・鞍田崇編 2010年01月 『ユーラシア農耕史5 農耕の変遷と環境問題』. 地球研ライブラリー, 7-5. 臨川書店, 京都市左京区, 256pp.  http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04045-3.htm

佐藤洋一郎(監)・鞍田崇編 2009年06月 『ユーラシア農耕史3 砂漠・牧場の農耕と風土』. 地球研ライブラリー, 7-3. 臨川書店, 京都市左京区, 254pp.  http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04043-9.htm

佐藤洋一郎(監)・鞍田崇編 2008年12月 『ユーラシア農耕史1 モンスーン農耕圏の人びとと植物』. 地球研ライブラリー, 7-1. 臨川書店, 京都市左京区, 274pp.  http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04041-5.htm

会合等での研究発表

【口頭発表】

Takashi Kurata 'Consilience of scientific knowledge from Asian perspective’. "The 7th International Human Dimension Program Open Meeting”, 2009,04,27-2009,04,30, World Conference Center Bonn (WCCB), Bonn, Germany.(本人発表).  http://www.unu.edu/events/files/2009/IHDP_OpenMeeting2009_brochure.pdf

【招待講演・特別講演、パネリスト】

鞍田崇 「〈民藝〉という言葉のもとに僕らが考えたこと」. 『〈民藝〉のレッスン つたなさの技法』出版記念トーク, 2012年03月01日, MEDIA SHOP(京都市中京区).  

鞍田崇 「京の暮らしの知恵と美」. 第26回国民文化祭・京都2011『京の暮らしの文化展』, 2011年10月29日, 京都芸術センター(京都市中京区).  

鞍田崇 「ファッションは地球を救うか?」. 『スローダウン・ザ・ファッション』, 2011年10月22日, Social Kitchen(京都市上京区).  

鞍田崇 「万物共存の哲学-環境思想としての朱子学 」. 『第34回地球研・市民セミナー』, 2009年09月11日, 総合地球環境学研究所(京都市北区).*ディスカッションの聞き手役.  

鞍田崇 「漆造形のエコロジー」. 『聴竹居との出会い−栗本夏樹・漆芸展』, 2009年05月30日, 聴竹居(京都府乙訓郡大山崎町).*栗本夏樹氏との対談.  http://chochikukyo.com/archive/090522.html

鞍田崇 「里山・里海からSATOYAMA SATOUMIへ」. 『第30回地球研・市民セミナー』, 2009年01月23日, ハートピア京都(京都市中京区).*パネルディスカッションの司会進行.  

鞍田崇 「生活の“かたち”−アートとエコロジーの対話のゆくえ」. 『21世紀文化論』, 2008年09月27日, 多摩美術大学レクチャーホール(東京都八王子市).  http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/iaa/article.php?id=51

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

『第3回焼畑サミット in 大分 よみがえる「農」と暮らしのかたち』 (企画実務・総合司会). 2009年11月13日, コンパルホール文化ホール(大分県大分市). .  

『第2回焼畑サミット in 鶴岡  焼畑と野焼きの文化―今、東北が熱い!―』 (企画実務). 2008年11月15日, 温海ふれあいセンター(山形県鶴岡市).  

『第1回焼畑サミット in 高知』 (企画実務). 2007年11月24日-2007年11月25日, 高知女子大学(高知県高知市).  

その他の成果物等

【企画・運営(展示など)】

人と自然:環境思想セミナーvol.27, (企画実務・司会進行). 2009年12月16日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「1928 - 風土・民芸・聴竹居」、講師:川島智生氏(建築史家)・松隈章氏(竹中工務店・聴竹居倶楽部代表) .  

人と自然:環境思想セミナーvol.26, (企画実務・司会進行). 2009年11月18日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「another view - ランドスケープのゆくえ」、講師:柴田敏雄氏(写真家) .  

人と自然:環境思想セミナーvol.25, (企画実務・司会進行). 2009年10月26日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「風土の中のうつわ」、講師:柳原睦夫氏(陶芸家・大阪芸術大学名誉教授) .  

人と自然:環境思想セミナーvol.24, (企画実務・司会進行). 2009年09月16日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「生きているスローフード:椎葉村だより」、講師:飯田辰彦氏(ノンフィクション作家).  

人と自然:環境思想セミナーvol.23, (企画実務・司会進行). 2009年08月14日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「身体環境としての衣服」、講師:鷲田清一氏(哲学者・大阪大学総長) .  

人と自然:環境思想セミナーvol.22, (企画実務・司会進行). 2009年07月10日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「エコロジーへの感性を養うアート」、講師:長谷川祐子氏(東京都現代美術館チーフキュレーター,多摩美術大学特任教授) .  

人と自然:環境思想セミナーvol.21, (企画実務・司会進行). 2009年06月24日, 総合地球環境学研究所(京都市北区).. テーマ:「俺はなぜ花を愛でるのか:AMPS AZUMA MAKOTO PRIVATE SEMINAR」、講師:東信氏(フラワー・アーティスト).  

人と自然:環境思想セミナーvol.20, (企画実務・司会進行). 2009年05月13日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「うるわしの暮らし:聴竹居との出会い」、講師:栗本夏樹氏(漆作家・京都市立芸術大学准教授).  

人と自然:環境思想セミナーvol.19, (企画実務・司会進行). 2009年04月15日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「素であること:生活の“寸法”」、講師:坂田和實氏(古道具坂田 主人).  

人と自然:環境思想セミナーvol.18, (企画実務・司会進行). 2009年02月09日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「神游(かんあそひ)の庭(ゆにわ):糺の森の原風景をもとめて」、講師:新木直人氏(賀茂御祖神社宮司).  

人と自然:環境思想セミナーvol.17, (企画実務・司会進行). 2008年12月22日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「掌に握りしめた雪のように:折口信夫と近代のゆくえ」、講師:安藤礼二氏(多摩美術大学准教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought17.pdf

人と自然:環境思想セミナーvol.16, (企画実務・司会進行). 2008年11月20日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「気配の痕跡:展示デザインと空間の記憶」、講師:木下史青氏(東京国立博物館デザイン企画室長).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought16.pdf

人と自然:環境思想セミナーvol.15, (企画実務・司会進行). 2008年10月01日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「われわれは何を失ったのか:焼畑と日本の基層文化」、講師:姫田忠義氏(民族文化映像研究所所長).  

人と自然:環境思想セミナーvol.14, (企画実務・司会進行). 2008年09月08日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「人間―この有限的なるもの:キリスト教における自然と原罪思想」、講師:中川明氏(カトリック垂水教会神父).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought14.pdf

人と自然:環境思想セミナーvol.13, (企画実務・司会進行). 2008年08月21日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「千年の食卓:平安王朝における食材と料理」、講師:堀場弘之氏(料理人・京料理「六盛」主人 ).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought13.pdf

吹田市立博物館平成20年度夏季展示 「千里の竹」公開シンポジウム「千里をかける竹」. , (企画実務). 2008年07月18日-2008年07月19日, 吹田市立博物館(大阪府吹田市).  

人と自然:環境思想セミナーvol.12, (企画実務・司会進行). 2008年07月15日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ「近き花、遠き花:「たてはな」と「なげいれ」に見る自然との関わり」、講師:川瀬敏郎氏(花人).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought12.pdf

人と自然:環境思想セミナー vol.11, (企画実務・司会進行). 2008年06月13日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ「深き淵より―de profundis:やきものの現在と自然」、講師:十五代 樂吉左衞門氏(陶芸家・樂美術館館長).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought11th.pdf

人と自然:環境思想セミナー vol.10, (企画実務・司会進行). 2008年05月23日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ「沈黙する美学:アートとエコロジーの対話の試み」、講師:グレゴリー・レヴィン氏(カリフォルニア大学バークレー校准教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought10.pdf

人と自然:環境思想セミナー vol.9, (企画実務・司会進行). 2008年04月24日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ「茶の湯とは何か―別なるライフスタイルへの問いかけ」、講師:熊倉功夫氏(国立民族学博物館名誉教授・林原美術館館長).  

人と自然:環境思想セミナー vol.8, (企画実務・司会進行). 2008年02月22日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「棲む: 建築と自然の歴史的関係」、講師:馬場徹氏 (建築家・建築商会主宰).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/Environmental%20Thoughts%20Seminar%208%20.pdf

人と自然:環境思想セミナー vol.7, (企画実務・司会進行). 2008年01月31日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「ピュシスとノモス:初期ギリシア自然学からソフィスト思潮へ」、講師:納富信留氏(慶応義塾大学准教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.6, (企画実務・司会進行). 2007年12月06日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「民芸運動の自然観と生活のかたち:バーナード・リーチをてがかりに」、講師:鈴木禎宏氏(お茶の水女子大学准教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.5, (企画実務・司会進行). 2007年11月01日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「ケルトから視るユーラシアの自然観」、講師:鶴岡真弓氏(多摩美術大学教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.4, (企画実務・司会進行). 2007年09月18日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「修験道と自然」、講師:鎌田東二氏(京都造形芸術大学教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.3, (企画実務・司会進行). 2007年08月28日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「神木聖樹の観念と神像の創造」、講師:堀越光信氏(四日市市立博物館主幹兼学芸員).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.2, (企画実務・司会進行). 2007年07月23日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「南方熊楠の森」、講師:松居竜五氏(龍谷大学准教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

人と自然:環境思想セミナーvol.1, (企画実務・司会進行). 2007年06月26日, 総合地球環境学研究所(京都市北区). テーマ:「あるべきやうわ:明恵の生涯」、講師:石塚晴道氏(北海道大学名誉教授).  http://www.chikyu.ac.jp/sato-project/thought.html

調査研究活動

【海外調査】

スウェン・ヘディン写真資料の現状調査. ストックホルム(スウェーデン), 2008年05月30日-2008年06月11日.  

社会活動・所外活動

【依頼講演】

「サン・チャイルドができるまで~人とアートのふれあい、これからの街とアートのあり方」. 『ようこそ!サン・チャイルド』, 2012年02月17日, 茨木市福祉文化会館(大阪府茨木市).*ヤノベケンジ氏との対談.  

「この まちで」. 『ろうそくの炎がささやく言葉』(勁草書房)朗読会, 2011年12月17日, 主水書房(堺市堺区).  

「愛おしさを紡ぐ」. 星ヶ丘学園・秋のフェスタ’11『つむぐ 笑顔』, 2011年11月03日, Sewing Gallery(大阪府枚方市).  

「俯瞰のてびき」. 京都造形芸術大学総合造形コース4回生展『失語の叫び』, 2011年07月30日, ART ZONE(京都市中京区).*河口龍夫氏との対談。.  

「オルタナティヴへの想像力」. 『3.11以降、変わったコト、変わらないコト。:茨木芸術中心といっしょに「見る、聞く、話す」ここだけの話』, 2011年05月27日, GLAN FABRIQUE(大阪府茨木市).*服部滋樹氏との対談。.  

「TALK TROPE:the sense~体感~」. 体験と体感“TROPE”, 2011年05月15日, graf (大阪市北区).*服部滋樹氏との対談.  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

「大震災から半年:ネット社会の忘れやすさ懸念」. 京都新聞、朝刊13面。, 2011年09月09日 朝刊, 13.  

教育

【非常勤講師】

京都精華大学, デザイン学部建築学科, エコロジー空間論. 2011年04月-2012年03月. *村松伸・林憲吾両氏との共同講義。.  

京都文教大学, 哲学. 2011年04月-2012年.  

京都市立芸術大学, 音楽学部, 総合演習Ⅱ. 2009年10月. *リレー講義のうちの1回.  

神戸大学, 大学院人間環境学科, 自然環境科学特論D. 2008年05月. *リレー講義のうちの1回.  http://syllabus.h.kobe-u.ac.jp/2009/contents/D1K0233.pdf

滋賀県立大学, 哲学概論A. 2008年04月-2012年03月.  http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/edu/syllabus/g_kankyo/kan_d33.html

愛知県立大学, 外国語学部, ドイツ語圏研究各論. 2008年01月-2008年03月.  

佛教大学, 文学部, 哲学、基礎ドイツ語. 2001年04月-2012年03月.  http://syllabus-pub.jp/bukkyo-u/index.html