スタッフ プロフィール

氏名窪田 順平
氏名(かな)くぼた じゅんぺい
所属総合地球環境学研究所 研究推進戦略センター
職名教授
生年1957
学歴京都大学農学部林学科卒(1981)
京都大学大学院農学研究科林学専攻修士課程修了(1983)
京都大学大学院農学研究科林学専攻博士課程修了(1987)
職歴京都大学農学部附属演習林助手(1987)
東京農工大学農学部助手(1989)
東京農工大学農学部助教授(1996)
総合地球環境学研究所研究部助教授(2002)
総合地球環境学研究所研究部准教授(2008)
総合地球環境学研究所研究推進戦略センター教授(2012)
学位農学博士(京都大学 1987)
農学修士(京都大学 1983)
専攻・バックグラウンド水文学
森林水文学
砂防学
所属学会日本森林科学会
水文・水資源学会
砂防学会
受賞歴Water Environment Federation Excellence Award, McKee Groundwater Protection, Restoration, Sustainable Use Medal (2009)

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

窪田順平 2015年05月 中国における水管理のガバナンス-水利権取引の導入をめぐって-. 北川秀樹・窪田順平編 流域ガバナンスと中国の環境政策-日中の経験と知恵を持続可能な水利用に活かす-. 白桃書房, 東京都千代田区.  

窪田順平 2015年03月 気候変動とカザフ草原の歴史-気候・植生の復元から. 宇山智彦・藤本透子編 カザフスタンを知るための60章. エリアスタディーズ, 134. 明石書店, 東京都千代田区, pp.72-77.  

窪田順平 2015年03月 砂漠を緑に? 変貌する石炭の町・烏海. 阿部健一編 五感/五環. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.38-41.  

窪田順平 2015年02月 乾燥・半乾燥地域の農業開発と水資源保全. 北川秀樹編 中国乾燥地の環境と開発. 成文堂, 東京都新宿区, pp.117-134.  

窪田順平 2014年01月 5.4 生態系・生業・民族の交錯と社会の流動性. 総合地球環境学研究所編 地球環境学マニュアル1. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.86-89.  

郭南燕・窪田順平・佐藤洋一郎・村松 伸 2013年11月 第3編 東アジア海をめぐる人と自然 座談会2 フィールドとしての中国. 木部暢子・小松和彦・佐藤洋一郎編 アジアの人々の自然観をたどる. 勉誠出版, 東京都千代田区, pp.289-341.  

窪田順平 2013年03月 適応としての移動-中央ユーラシアにおける環境変動と人間の適応. 佐藤洋一郎・谷口真人編 イエローベルトの環境史-サヘルからシルクロードへ-. (株)弘文堂, 東京都千代田区, pp.154-167.  

半藤逸樹・窪田順平 2012年05月 レジリアンス概念論. 香坂 玲編 地域のレジリアンス-大災害の記憶に学ぶ-. 清水弘文堂書房, 東京都目黒区, pp.51-74.  

窪田順平 2010年07月 地球環境問題-地域と地球をつなぐこと-. 信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所編 山・ひと・自然-厳しい自然を豊かに生きる-. 山岳科学ブックレット, 6. 信州大学山岳科学総合研究所, 長野県松本市, pp.4-15.  

窪田順平 2010年03月 シルクロードの人と水. 秋道智彌編 水と文明-制御と共存の新たな歴史-. 昭和堂, 京都市左京区, pp.173-204.  

窪田順平・中村知子 2010年02月 中国の水問題と節水政策の行方. 秋道智彌・小松和彦・中村康夫編 人と水-水と環境. 勉誠出版, 東京都千代田区, pp.275-303.  

窪田順平 2009年11月 シルクロード・乾燥地の暮らしとその変容-近代的開発の影で-. 信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所編 山と自然に魅せられて-研究の現場から未来への提言-. 山岳科学ブックレット, 3. 信州大学山岳科学総合研究所, 長野県松本市, pp.51-53.  

窪田順平 2009年06月 中央ユーラシアの気候・水資源とその変遷. 佐藤洋一郎監修、鞍田崇編 ユーラシア農耕史 3 砂漠・牧場の農耕と風土. 臨川書店, 京都市左京区, pp.93-140.  

窪田順平 2009年02月 地球環境問題としての乾燥・半乾燥地域の水問題-黒河流域における農業開発を例として. 中尾正義・銭新・鄭躍軍編 中国の水環境問題-開発のもたらす水不足. 勉誠出版, pp.15-30.  

窪田順平 2008年03月 遊牧社会が生んだ「移動」の知恵. 総合地球環境学研究所編 地球の処方箋-環境問題の根源に迫る. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.6-9.  

窪田順平 2007年03月 黒河流域の自然と水利用. 中尾正義・フフバートル・小長谷有紀編 中国辺境地域の50年-黒河流域の人々からみた現代史. 東方書店, 東京都千代田区, pp.17-40.  

窪田順平 2006年07月 「植林」は砂漠化を防げるか?. 日髙敏隆+総合地球環境学研究所編編 子どもたちに語るこれからの地球. 講談社, 東京都文京区, pp.41-56.  

著書(編集等)

【編集・共編】

窪田順平編 2016年03月 水を分かつ-地域の未来可能性の共創-. 勉誠出版, 東京都千代田区, 326pp.  

北川秀樹・窪田順平編 2015年05月 流域ガバナンスと中国の環境政策-日中の経験と知恵を持続可能な水利用に活かす-. 白桃書房, 東京都千代田区, 256pp.  

川端善一郎・孔海南・呉徳意・福士由紀・窪田順平編 2014年03月 湖の現状と未来可能性. RIHN-China Study Series, No. 3. 松香堂書店, 京都市上京区, 192pp.  

窪田順平編 2012年03月 ユーラシアの東西を眺める-歴史学と環境学の間. 総合地球環境学研究所イリプロジェクト, 京都市北区, 157pp.  

Jumpei Kubota and Mitsuko Watanabe (ed.) 2012,03 Toward a Sutainable Society in Central Asia: An Historical Perspective on the Future. Ili Project, RIHN, Kita-ku, Kyoto, 122pp.  

Mitsuko Watanabe and Jumpei Kubota (ed.) 2010,08 Reconceptualizing Cultural and Environmental Change in Central Asia: An historical Perspective on the Future. Ili Project, RIHN, Kita-ku, Kyoto, 215pp.  

窪田順平編 2010年03月 ユーラシア中央域の歴史構図-13~15世紀の東西. 総合地球環境学研究所イリプロジェクト, 京都市北区, 430pp.  

窪田順平編 2009年10月 モノの越境と地球環境問題-グローバル化時代の知産知消-. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, 215pp.  

窪田順平・承志・井上充幸編 2009年03月 イリ河流域歴史地理論集-ユーラシア深奥部からの眺め. 松香堂, 京都市左京区, 315pp.  

【監修】

応地利明著 (窪田順平監修) 2012年12月 中央ユーラシア環境史 4.生態・生業・民族の交響. 臨川書店, 京都市, 427pp.  

渡邉三津子編 (窪田順平監修) 2012年03月 中央ユーラシア環境史 3.激動の近現代. 臨川書店, 301pp.  

承志編 (窪田順平監修) 2012年03月 中央ユーラシア環境史 2.国境の出現. 臨川書店, 京都市左京区, 268pp.  

奈良間千之編 (窪田順平監修) 2012年03月 中央ユーラシア環境史 1.環境変動と人間. 臨川書店, 京都市左京区, 312pp.  

論文

【原著】

Yuan Wanga, Li Li, Jumpei Kubota, Xiaodong Zhu, Genfa Lu 2016,05 Are fluctuations in Japan’s consumption of non-fossil energy permanent or transitory?. Applied Energy (169) :187-196. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.apenergy.2016.02.009.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1016/j.apenergy.2016.02.009

Yuan Wang, Li Lia, Jumpei Kubotac, Rong Hana, Xiaodong Zhua, Genfa Lua 2016,04 Does urbanization lead to more carbon emission? -Evidence from a panel of BRICS countries. Applied Energy (168) :375-380. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.apenergy.2016.01.105.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1016/j.apenergy.2016.01.105

Jumpei Kubota 2016,03 China's Environmental Problems and Prospectus for Japanese Cooperation. The Journal of Contemporary China Studies 5(1) :3-10.(査読付).  

Takashi Chiba, Kunihiko Endo, Toshihiko Sugai, Tsuyoshi Haraguchi, Reisuke Kondo, Jumpei Kubota 2016,03 Reconstruction of Lake Balkhash levels and precipitation/evaporation changes during the last 2000 years from fossil diatom assemblages. Quaternary International (397) :330-341. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.quaint.2015.08.009.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1016/j.quaint.2015.08.009

Yuan Wang, Lili Chen, Jumpei Kubota 2016,01 The relationship between urbanization, energy use and carbon emissions: evidence from a panel of Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) countries. Journal of Cleaner Production 11.2 :1368-1374. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.jclepro.2015.06.041.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1016/j.jclepro.2015.06.041

Yuan Wang, Xian Zhang, Jumpei Kubota, Xiaodong Zhu, Genfa Lu 2015,08 A semi-parametric panel data analysis on the urbanization-carbon emissions nexus for OECD countires. Renweable and Sustainable Energy Reviews 48 :704-709. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.rser.2015.04.046.(査読付).  

Nozomu Takeuchi, Koji Fujita Vladimir B. Aizen, Chiyuki Narama, Yusuke Yokoyama, Sachiko Okamoto, Kazuhiro Naoki, Jumpei Kubota 2014,11 The disappearance of glaciers in the Tien Shan Mountains in Central Asia at the end of Pleistocene. Quaternary Science Reviews 103 :26-33. DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.quascirev.2014.09.006.(査読付).  http://dx.doi.org/http://dx.doi.org/10.1016/j.quascirev.2014.09.006

窪田順平 2014年05月 中国の環境問題と日中環境協力の可能性. Nippon.com .WEB出版、日本語のほか、英語、中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、スペイン語、ロシア語で掲載.  http://www.nippon.com/ja/in-depth/a03101/

窪田 順平 2013年12月 中央ユーラシアの人間と自然の相互作用の歴史的変遷-地球研・イリプロジェクトの成果から-. 沙漠研究 23(3) :129-135.  

窪田順平 2013年01月 社会の流動性とレジリアンス-中央ユーラシアの人間と自然の相互作用の総合的研究の成果から. 史林 96(1) :100-127.(査読付).  

Tomohiro Akiyama, Jia Li, Jumpei Kubota, Yuki Konagaya and Mitsuko Watanabe 2012,11 Perspectives on Sustainability Assessment: An Integral Approach to Historical Changes in Social Systems and Water Environment in the Ili River Basin of Central Eurasia, 1900–2008. World Future 68(2) :595-627. DOI:10.1080/02604027.2012.693852.(査読付).  

窪田順平 2012,08 中国西北部黒河流域的農業開発和水資源利用. 中日干旱区開発与環境保護論文集. 西北農林科技大学出版社, 中国・西安市, pp.13-21. (中国語)  

窪田順平 2012年05月 中央アジア乾燥・半乾燥地域の人と自然-歴史的変遷を中心に. 日本緑化工学会誌 37(4) :455-459.  

Akiko Sakai, Mitsuyuki Inoue, Koji Fujita, Chiyuki Narama, Jumpei Kubota, Masayoshi Nakawo and Tandong Yao 2012,04 Variations in discharge from the Qilian mountains, northwest China, and its effect on the agricultural communities of the Heihe basin, over the last two millennia. Water History 4(2) :177-196. DOI:10.1007/s12685-012-0057-8.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s12685-012-0057-8

窪田順平 2012年03月 中央ユーラシアの人と自然の歴史-ユーラシア深奥部の眺め. シーダー (6) :13-18.  

窪田順平 2012年03月 中国の環境問題. HUMAN 2 :124-134.  

K. Fujita, N. Takeuchi, S. A. Nikitin, A. B. Surazakov, S. Okamoto, V. B. Aizen, and J. Kubota 2011,07 Favorable climatic regime for maintaining the present-day geometry of the Gregoriev Glacier, Inner Tien Shan. The Cryosphere 5 :539-549. DOI:doi:10.5194/tc-5-539-2011.(査読付).  

K. Fujita, N. Takeuchi, S. A. Nikitin, A. B. Surazakov, S. Okamoto, V. B. Aizen, and J. Kubota 2011,03 Ideal climatic variables for the present-day geometry of the Gregoriev Glacier, Inner Tien Shan, Kyrgyzstan, derived from GPS data and energy-mass balance measurements. The Cryosphere Discussion 5 :855-883. DOI:doi:10.5194/tcd-5-855-2011.(査読付).  

窪田順平 2011年01月 水の多様な役割-海外の水資源に依存する日本. 外交 (4) :111-119.  

Akiko Sakai, Koji Fujita, Chiyuki Narama, Jumpei Kubota, Masayoshi Nakawo and Tandong Yao 2010 Reconstructions of annual discharge and equilibrium line altitude of glaciers at Qilian Shan, northwest China, from 1978 to 2002. Hydrological Processes :2798-2806. DOI:10.1002/hyp.7700.(査読付).  

Genxu Wang, Jian Zhou, Jumpei Kubota, Jianping Su 2008 Evaluation of Groundwater Dynamic Regime with Groundwater Depth Evaluation Indexes. Water Environment Research 80(6) :547-560.(査読付).  

山崎祐介・窪田順平・陳菁・中尾正義 2007年04月 黒河中流域の灌漑農地開発に伴う水収支の変化. 沈衛栄・中尾正義・史金波編 黒水城人文与環境研究. 中国人民大学出版社, 中国北京市, pp.165-188.  

秋山知宏・山崎祐介・王根緒・藤田耕史・中尾正義・窪田順平・小長谷有紀 2007年04月 黒河流域における水利用がその下流域の水循環に与えた影響. 沈衛栄・中尾正義・史金波編 黒水城人文与環境研究. 中国人民大学出版社, 中国北京市, pp.189-212.  

Genxu Wang , Jingqi Liu, Jumpei Kubota, and Ling Chen 2007 Effects of land-use changes on hydrological processes in the middle basin of the Heihe River, northwest China,. Hydrological Processes 21(10) :1370-1382.(査読付).  

Kazuyoshi Suzuki, Jumpei Kubota, Hironori Yabuki, Tetsuo Ohata and Valery Vuglinsky 2007 Moss beneath a leafless larch canopy: influence on water and energy balances in the southern mountainous taiga of eastern Siberia. Hydrological Processes 21(15) :1982-1991.(査読付).  

T. Akiyama, A. Sakai, Y. Yamazaki, G. Wang, K. Fujita, M. Nakawo, J. Kubota and Y. Konagaya 2007 Surfacewater-groundwater interaction in the Heihe River basin, Northwestern China. Bulletin of Glaciological Research 24 :87-94.(査読付).  

Jinkui Wu, Yongjian Ding, Genxu Wang, Yongping Shen, Yusuke Yamazaki, Jumpei Kubota 2006 Energy Balance of Irrigated Intercropping Field in the Middle Reaches of Heihe River Basin. Chinese Geographical Science 16(3) :243-248. DOI:10.1007/s11769-006-0243-7.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s11769-006-0243-7

Kazuyoshi Suzuki, Jumpei Kubota, Tetsuo Ohata and Valery Vuglinsky 2006 Influence of snow ablation and frozen ground on spring runoff generation in the Mogot Experimental Watershed, southern mountainous taiga of eastern Siberia. Nordic Hydrology 37(1) :21-29.(査読付).  

Genxu WANG, Yibo WANG and Jumpei KUBOTA 2006,09 Land-cover changes and its impact on ecological varaiebales in the headwaters area of the Yangtze River, China. Environmental Monitoring and Assessment 120 :361-385.(査読付).  DOI: 10.1007/s10661-005-9068-6

Kazuyoshi Suzuki, Jumpei Kubota, Yinsheng Zhang, Tsutomu Kadota, Tetsuo Ohata and Valery Vuglinsky 2006 Snow ablation in an open field and larch forest of the southern mountainous region of eastern Siberia. Hydrological Sciences Journal 51(3) :465-480.(査読付).  

Yusuke Yamazaki, Jumpei Kubota, Tetsuo Ohata, and Varely Vuglinsky and Takahisa Mizuyama 2006 Seasonal changes in runoff characteristics on a permafrost watershed in the southern mountainous region of eastern Siberia. Hydrological Processes 20 :453-467.(査読付).  

WU Jin-kui1, DING Yong-jian, WANG Gen-xu,SHEN Yong-ping1, Yusuke YAMAZAKI, Jumpei KUBOTA 2005,10 Evapotranspiration of Low-lying Prairie Wetland in Middle Reaches of Heihe River in Northwest China. CHINESE GEOGRAPHICAL SCIENCE 15(4) :325-329.(査読付).  

Genxu Wang, Lingyuan Yang, Jumpei Kubota and Ling Chen 2005 Impacts of land use changes on groundwater resources in Heihe River basin.. ACTA GEOGRAPHICA SINICA 60(3) :456-466. (中国語) (査読付).  

Kazuyoshi SUZUKI, Jumpei Kubota, Tetsuo Ohata and Varely Vuglinsky 2005 The impact of snow processes on snowmelt runoff generation in the southern mountain taiga, eastern Siberia. Journal of Agriculture Meteorology 60(5) :817-820.(査読付).  

Akiko SAKAI, Koji Fujita and Jumpei Kubota 2004 Evaporation and percolation effect on melting at debris-covered Lirung Glacier, Nepal Himalayas, 1996. Bulletin of Glaciological Research 21 :9-15.(査読付).  

窪田順平 2004年 森林と水-神話と現実. 科学(岩波書店) 74(3) :311-316.  

A. Sugimoto, D. Naito, N. Yanagisawa, K. Ichiyanagi, N. Kurita, J. Kubota, T. Kotake, T. Ohata, T. C. Maximov, A. N. Fedorov 2003 haracteristics of soil moisture in permafrost observed in East Siberian taiga with stable isotopes of water. Hydrological Processes 17(6) :1073-1092.(査読付).  

【総説】

窪田順平 2011年05月 人間にとっての気候変動-気候史研究の史料と方法. 歴史と地理 (644) :28-35.  

その他の出版物

【解説】

窪田 順平 2013年07月 認識から行動へ-新たな環境研究の動き"Future Earth". アジ研ワールド・トレンド (214) :1.  http://d-arch.ide.go.jp/idedp/ZWT/ZWT201307_002.pdf

窪田順平 2010年10月 ボーリングコア. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂 , 東京都千代田区, pp.388-389.  

窪田順平 2010年10月 砂漠化の進行. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂 , 東京都千代田区, pp.480-481.  

窪田順平 2010年10月 植林神話. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂 , 東京都千代田区, pp.486-487.  

窪田順平 2010年10月 緑のダム. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂 , 東京都千代田区, pp.490-491.  

窪田順平 2009年07月 植林活動の功罪. 日本沙漠学会編 沙漠の事典. 丸善 , 東京都中央区, pp.22.  

窪田順平 2009年07月 現代の貧困と井戸. 日本沙漠学会編 沙漠の辞典. 丸善 , 東京都中央区, pp.177.  

窪田順平 2005年08月 1.緑化の機能-1.1防災・土地保全機能. 日本緑化工学会編 環境緑化の事典. 朝倉書店 , 東京都文京区, pp.5-11.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

窪田順平 2008年 乾燥・半乾燥地域における人間活動が水資源・水循環に与えた影響-中国北西部・黒河流域を例として-. 沙漠誌ノート 5 :39-43.  

窪田順平 2007年07月 オアシスで会ったひとたち. アジア遊学『特集 環境問題を黒河にさぐる』 99 :144-147.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

Jumpei Kubota Historical human-nature interactions and their effects on the hydrological processes in arid regions of Central Eurasia. Annual Conference of Chinese Hydraulic Engineering Society 2014, 2013,11,26-2013,11,28, Guangzhou, China.(本人発表).  

Jumpei Kubota Historical human-nature interactions and their effects on the hydrological processes in arid regions of Central Eurasia -A multi-disciplinary approach on global environmental problems. 2013 Korea Water Resources Association Conference, 2013,05,23-2013,05,24, Gwangju, South Korea.(本人発表).  

窪田順平 文化・環境に配慮した復興-災害の記憶とまちづくり-. シンポジウム「大規模災害と人間文化研究」, 2013年03月21日, 大阪府吹田市.  

窪田順平 環境問題と外交:「東アジア」環境問題研究共有の限界と可能性. ワークショップ「日中関係の危険な現状―打開策をどう見出すか?―」, 2012年12月09日, 名古屋市.(本人発表).  

Jumepi Kubota Bridging gaps between scientific knowledge and societal perception for unexpected disasters. World Congress on Risk 2012, 2012,07,18-2012,07,20, Sydney, Australia.(本人発表).  

窪田順平 中国の流域環境ガバナンスの可能性-水環境政策実施過程の事例から-. 中日流域治理国际研讨会, 2012年05月26日, 中国・武漢市.(本人発表).  

窪田順平 限られた水と多すぎる水. 第10回地球研フォーラム, 2011年07月03日, 京都市.(本人発表).  

Jumpei Kubota Climate change and human activities in Central Asia. The 3rd Ecohistory Program Symposium, 2011,02,20, Kyoto, Japan.(本人発表).  

Jumpei Kubota Interaction between Human activities and the Environment in arid regions of Eastern Eurasia -Outcomes of RIHN's research projects. The International Symposium on Combating Desertification in East Asia, 2011,02,07-2011,02,08, Fukuoka, Japan.(本人発表).  

窪田順平 節水政策実施過程における地方政府の役割-甘粛省張掖市を例に-. 中国の環境法政策とガバナンスに関する日中国際シンポジウム, 2010年09月13日-2010年09月14日, 京都府京都市.(本人発表).  

Jumpei Kubota Outcomes of the hydrological research in RIHN's Oasis Project during 2001-2006. International Symposium on "Ecohydrology in the Heihe River, China -An Integrating Research Project on hydrological Processes, 2010,07,10, Lanzhow, China.(本人発表).  

Jumpei Kubota Effects of human activities on the hydrological processes in arid regions of Central Eurasia –a multi-disciplinary approach. International Workshop on Changes in Surface and Ground Water in the Tarim River Basin, November 2009, Xi’an, China.(本人発表).  

Jumpei Kubota Effects of human activities on the hydrological processes in arid regions of Central Eurasia -a multi-disciplinary research project. International Workshop on the Northern Eurasia High Mountain Ecosystems, September 2009, Bishkek, Kyrgyzstan.(本人発表).  

Jumpei Kubota, Yusuke Yamazaki and Wang Genxu Environmental Issues on Water caused by Agricultural Development in arid regions –A case study in the Heihe River Basin, Western China. The 16th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Science, July 2009, Kunming, China.(本人発表).  

Jumpei Kubota Impacts of Human Activities on the Ecosystem in the Heihe River Basin, Western China: An Historical Perspective on the Future. The 16th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Science, July 2009, Kunming, China.(本人発表).  

J. Kubota Historical interactions between human activities and environmental changes in arid regions of Central Eurasia. IHDP 7th Open Meeting, April 2009, Bonn, Germany.(本人発表).  

J. Kubota Impacts of Agricultural Development on the Environment in the Heihe River Basin, Western China. IHDP 7th Open Meeting, April 2009, Bonn, Germany.(本人発表).  

窪田順平 偏在する水・土地・食料とグローバル化. 日本と中国における食と環境に関する国際シンポジウム, 2008年11月, 江蘇省農業科学院、中国・南京市. (日本語,中国語) (本人発表).  

J. Kubota Evaluation of Human Impacts on the Ecohydrological System in the Ili-Balkhash Basin Kazakhstan. Joint meeting of the Scientific Advisory Committee and Task Forces on UNESCO’s Ecohydrology Programme, December 2007, Maringa, Brazil..(本人発表).  

窪田順平 地球環境問題としての半乾燥・乾燥域の水問題-黒河流域における農業開発を例として. 社会開発と水資源・水環境問題に関する国際シンポジウム, 2007年11月09日, 南京国際会議大酒店、中国・南京市.  

窪田順平 環境問題としての半乾燥・乾燥域の水利用-黒河流域における農業開発を例として. 自然環境と民俗地理学中日国際シンポジウム, 2007年10月28日, 北京師範大学,中国・北京市.(本人発表).  

Jumpei Kubota Global change and its impact on humans and nature. UNESCO regional workshop on " Assessment of Snow-Glacier and Water Resources in Central Asia", 2006,11,27, Almaty, Kazakhstan.  

Jumpei Kubota Impacts of Human Activities on the Hydrological Cycle in the Heihe River Basin, Western China. The International Workshop “Research on Population, Resources and Environment in Xinjiang, August 2006, Beijing, China.(本人発表).  

Jumpei Kubota Who Possesses Water? –When Oases dry up-. Water and Cultural Diversity Mediating for Sustainable Development, Session FT4-32, the 4th World Water Forum, March 2006, Mexico City, Mexico.(本人発表).  

Jumpei Kubota Impacts of Human Activities on the Hydrological Cycle in the Heihe River Basin, Western China. Asia Oceania Geosciences Society's 3rd Annual Meeting (AOGS 2006), June 2005, Singapore, Singapore.(本人発表).  

Jumpei Kubota Hydrological Modeling for Evaluating the Effects of Glaciers and Snow Cover on the Hydrological Cycle in an Inland River Basin of Western China. IAHS VIIth Scientific Assembly, April 2005, Foz do Iguaçu, Brazil.(本人発表).  

Jumpei Kubota Impacts of Human Activities on the Hydrological Cycle in the Heihe River Basin, Western China. The 4th International Symposium on the Tibetan Plateau, August 2004, Lhasa, China.  

Jumpei Kubota Water Budget on a Small Forested Watershed in the Southern Mountainous Region of Eastern Siberia. International Workshop on Water Balances in the Northern Research Basins, March 2004, Victoria, Canada.(本人発表).  

Jumpei Kubota Water and Energy Budget in the Southern Mountainous Region, Eastern Siberia.. The IUGG 2003 General Assembly, July 2003, Sapporo, Japan.(本人発表).  

Jumpei Kubota Changes in the Hydrological Cycle and Its Effects on the Environment in an Inland River Basin of Western China.. The IUGG 2003 General Assembly , July 2003, Sapporo, Japan.(本人発表).  

【ポスター発表】

Jumpei Kubota Water and Energy Budget in the Southern Mountainous Region of Eastern Siberia. The 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, December 2004, Kyoto, Japan.(本人発表).  

Jumpei Kubota Water and Energy Budget in the Southern Mountainous Region of Eastern Siberia. ACSYS Final Scientific Meeting, November 2003, St. Petersburg, Russia.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

窪田 順平 水循環の変化と人間の対応に関わるリスクの重要性. 水資源・環境学会第32回研究大会, 2015年06月06日, 茨木市.  

窪田順平 アラル海問題再考―過去から未来へ―. 政治社会学会特別セッション「文理融合のフロンティアとしての水文学」, 2014年11月01日, 東京都千代田区.  

窪田順平 乾燥地・半乾燥地の水問題と科学者の役割. 日本水文科学会公開シンポジウム「海外学術研究および国際貢献における水文科学の役割」, 2014年10月05日, 東広島市.  

窪田順平 中央アジアの人間と自然の相互作用の歴史的変遷. 2013年沙漠学会秋季シンポジウム, 2013年09月28日, 東京都小金井市.  

窪田順平 地球環境学におけるTrans-disciplinary(超学際性)の意味するもの. 政治社会学会第3 回研究会特別セッション「プログラム科学論」, 2012年11月24日, 東京都三鷹市.  

窪田順平 中国環境問題の現状と課題-東アジア環境問題研究への展開. The 6th International Symposium on the East Asia Environmental Problems (EAEP2012), 2012年11月06日-2012年11月07日, 福岡市.  

窪田順平 国境を越えた環境協力の可能性. 第11回地球研地域セミナー「東アジアの『環境』安全保障:風上・風下論を超えて」, 2012年06月10日, 福岡市.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/event/area-seminar/11/index.html

窪田順平 中央アジアの水環境問題. 参議院地球環境・食糧問題研究会, 2012年02月22日, 東京都千代田区.  

窪田順平 環境ガバナンスの可能性-中国の環境政策実施過程の事例から-. 京都環境文化学術フォーラムスペシャルセッション, 2011年02月07日, 京都府京都市.  

Jumpei Kubota Historical interaction between human and the environment in arid regions of Central Eurasia -a transdisciplinary research project. International Symposium on "Ancient and Medieval Urbanization of Eurasia and Development of Almaty city", 2010,11,16-2010,11,17, Almaty, Kazakhstan.  

窪田順平 森林・草原を生かすこと―新たな水土の知を目指して. 第3回焼き畑サミット in 大分, 2009年11月13日, 大分県大分市.  

Jumpei Kubota Historical interaction between human and the environment in arid regions of Central Eurasia. The 1st International Conference “Aral: Past, Present and Future - Two Centuries of the Aral Sea Investigations”, October 2009, St. Petersburg, Russia.  

窪田順平 シルクロードの人と水. 人間文化研究機構連携研究「人と水」シンポジウム「水と文明」, 2007年02月, 東京.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

International Waorkshop "Toward a Sustainable Society in Central Asia:An Historical Perspective on the Future”, Organizer. 2012年01月10日-2012年01月11日, Almaty, Kazakhstan.  

International workshop on “Environmental Governance in China”, Organizer. 2010年03月18日-2010年03月19日, 総合地球環境学研究所、京都府京都市.  

International workshop “Reconceptualizing Cultural and Environmental Change in Central Asia: An Historical Perspective on the Future”, Organizer. 2009年01月31日-2009年02月02日, 総合地球環境学研究所,京都市.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/122/20090201-02_InternationalWorkshopA4.pdf

自然環境と民俗地理学中日国際シンポジウム (自然環境と人類の生存」セッション座長、コメンテーター). 2007年10月27日, 北京師範大学、中国・北京市.  

日本沙漠学会第18回学術大会, 大会実行委員長. 2007年05月19日-2007年05月20日, 総合地球環境学研究所、京都府京都市.  

調査研究活動

【海外調査】

宜昌、三峡ダム等巡検. 中華人民共和国, 2009年03月.  

アルマトゥ周辺水文調査. カザフスタン共和国, 2008年09月29日-2008年10月06日.  

アルマトゥ周辺遺跡調査. カザフスタン共和国, 2008年07月.  

アルマトゥ周辺水文調査. カザフスタン共和国, 2008年05月.  

イリプロジェクト遺跡予備調査. カザフスタン・アルマトゥ市周辺、キルギズ・スイヤーブ、イシククル周辺, 2007年09月.  

外部資金の獲得

【科研費】

中国における「節水」政策影響評価のための実態解明と問題点の抽出(研究代表者) 2010年-2011年. 萌芽 (22651010).  

中央ユーラシア乾燥域における近年の水文環境の変容と人間活動影響評価(研究代表者) 2006年-2008年. 基盤研究(B) (18405002).  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

日本学術会議, 特任連携会員 (IUGG・IAHS委員長). 2015年04月-2017年03月.  

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター, 運営委員. 2014年04月-2016年03月.  

東京外国語大学アジア・アフリカ研究センター, 海外調査専門委員. 2010年04月.  

水文・水資源学会, 理事 (副会長、表彰選考委員長). 2012年07月-2014年06月.  

日本学術会議, 特任連携会員 (建築学委員会河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会委員). 2011年01月-2011年09月.  

日本技術者教育認定機構, 認定・審査調整委員会 (委員). 2002年04月-2010年03月.  

国土交通省, 河川技術五箇年計画技術検討会「安全な国土形成と危機管理体制の充実」分科会 (委員). 2001年-2003年.  

東京都, 伊豆諸島土砂災害対策検討委員会(土石流・泥流分科会) (委員). 2000年-2005年.  

【依頼講演】

世界の水が危ない!? ー知っているようで知らない世界の水事情ー. 第25回環境フォーラム, 2015年06月05日, 名古屋市.(パネリスト).  

森林と水~日本と世界の環境問題をめぐって~. 京都SKYシニア大学, 2015年01月13日, 京都市.  

世界各地の水と人の関係:望ましい水利用のあり方を考える. 宝塚国際理解ゼミナール, 2014年07月28日, 宝塚市.  

東日本大震災から学ぶこと. 北白川小学校キャンプ, 2011年08月20日, 北白川小学校、京都市左京区.  

草原が水循環に果たす役割. 阿蘇草原再生協議会講演会, 2010年03月13日, 阿蘇市.  

オアシスの水が涸れるとき-地球環境問題としての水の危機-. 京都大学総合博物館レクチャーシリーズNo. 70, 2009年09月, 京都大学総合博物館、京都市左京区.  

森林と水-環境問題をめぐる神話-. 京都橘ロータリークラブ・年次講演会, 2008年11月25日, 京都市左京区.  

植生が水循環に果たす役割-森林と草原のちがい-. (財)阿蘇グリーンストック「阿蘇の地下水函養を考える」ミニシンポジウム, 2008年11月, 阿蘇市.  

植林は砂漠化を防げるか?. 東大阪ロータリークラブ講演会「かけがえのない水-地域から考える地球環境-」, 2006年02月, 東大阪市.  

【その他】

2013年05月21日 「グローバル化するアジアの環境問題と東アジア成熟社会の模索」、ワンアジア財団「アジア共同体講座」東アジア研究(環日本海地域とアジア共同体)第7回、新潟県立大学、新潟市  

2012年05月14日 「中央ユーラシアの人と自然の歴史-ユーラシア深奥部の眺め-」、北海道大学スラブ研究センター公開講座「ユーラシアの自然と環境は誰が守るのか」、北海道大学、札幌市  

2010年02月 「中央ユーラシアの人と環境の関わりの歴史的変遷-環境問題としての乾燥・半乾燥地の水問題」、兵庫県阪神シニアカレッジ、尼崎市中小企業センター、尼崎市  

2010年01月 「オアシス・カレーズ・灌漑水路」、京都精華大学公開講座、京都精華大学shin-bi、京都市  

2009年02月 「中央ユーラシアの人と環境の関わりの歴史的変遷-環境問題としての乾燥・半乾燥地の水問題」、兵庫県阪神シニアカレッジ、尼崎市中小企業センター、尼崎市  

2008年06月 「シルクロード:消えゆく水」京都精華大学公開講座,京都精華大学交流センター,京都市  

2008年02月 「中央ユーラシアの人と環境の関わりの歴史的変遷-環境問題としての乾燥・半乾燥地の水問題」兵庫県阪神シニアカレッジ,尼崎市中小企業センター,尼崎市  

2008年02月 「シルクロードの人と水の歴史」高槻市真上公民館環境講座,高槻市真上公民館,高槻市  

2007年11月27日 「シルクロード:消えゆく水」、京都精華大学公開講座、京都精華大学交流センター、京都市  

2007年04月20日 「シルクロード:人と自然のせめぎ合い」,第18回地球研市民セミナー,地球研,京都市  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

九大と地球研 東アジア環境セミナー詳報 「越境汚染」各国と連携を. 西日本新聞, 2012年07月26日 朝刊, 9.  

草原が危ない「第4部」 九州の水がめ 潤い育む阿蘇(2) 草原が森林になれば. 熊本日日新聞, 2011年08月16日 朝刊, 24面.  

住民、自治体のつなぎ役に. 京都新聞, 2011年06月08日 朝刊, 10面.  

京都まなびの系譜-探検家 No.7 「中央アジアで」. 京都新聞, 2010年03月28日 朝刊, 3面.  

山・ひと・自然-研究の現場から No. 32 「シルクロードの暮らしとその変容」. 中日新聞, 2009年12月12日 朝刊(長野版), 21面.  

ネイチャー・クライシス 水が鳴らす警鐘 巨大内陸湖、消滅の危機 . 日本経済新聞, 2009年08月23日 朝刊.  

教育

【博士論文等の審査】

(2015) 1.  

【非常勤講師】

龍谷大学, 政策学部, 環境論. 2014年11月.  

京都府立大学, 生命環境学部, 現代の食糧問題. 2014年10月.  

京都大学大学院, 農学研究科, 地域環境科学特別講義Ⅲ. 2014年04月-2014年09月.  

神戸大学, 農学部, 環境工学. 2013年10月-2014年03月.  

龍谷大学, 政策学部, 環境論. 2013年10月.  

京都府立大学, 生命環境学部, 現代の食糧問題. 2012年10月.  

筑波大学, 生命環境科学研究科, 特別講義. 2010年01月.  

神戸大学, 農学部食料環境システム学科, 環境工学. 2009年10月-2010年03月.