スタッフ プロフィール

氏名石川 智士
氏名(かな)いしかわ さとし
所属総合地球環境学研究所
職名教授
生年1967
学歴下関水産大学校卒業(1993)
広島大学生物圏科学研究科博士課程前期 修了(1995)
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程後期 修了(1998)
職歴リサーチアソシエイト 東京大学農学部 (1998)
研究員 株式会社国際水産技術開発 (2001)
CREST研究員、科学技術振興機構 (2003)
助教授 東海大学海洋学部 (2006)
准教授 東海大学海洋学部(2008)
准教授 東海大学大学院地球環境科学研究科(2008)
准教授 総合地球環境学研究所 (2012)
教授 総合地球環境学研究所(2016)
学位修士(学術) 広島大学
博士(農学) 東京大学
専攻・バックグラウンド水産学
保全生態学
地域開発学
集団遺伝学
所属学会日本水産学会
日本魚類学会
水産海洋学会
いきもの文化誌学会
受賞歴日本魚類学会 論文賞(2004)
日本水産学会 論文賞(2007)
自己紹介水産資源生物学から研究をはじめ、資源解析、魚類学、集団遺伝学と研究を展開し、その後、地域開発や保全生態学の研究を進めている。遺伝解析や元素分析のツールを使いながら、生物多様性や生態系の健全性を調べ。地域研究から生態系サービスや社会構造・制度・経済構造との関係性を調べることで、地域開発と保全の両立を可能とする道(エリアケイパビリティーの向上)を模索している。

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

石川智士・渡辺一生 2017年03月 地域と対話するサイエンス:エリアケイパビリティー論. 勉誠出版, 東京都, 325pp.  

石川智士・渡辺一生 2017年03月 地域が生まれる、資源が育てる;エリアケイパビリティーの実践. 勉誠出版, 東京都, 288pp.  

【分担執筆】

石川智士 2016年03月 4.15 内水面漁業. 水産海洋ハンドブック 第3版. 生物研究社, 東京都港区, pp.292-293.  

ISHIKAWA Satoshi, WATANABE Kazuo 2015,11 Area-capability - Promoting the use of local resources. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.1-17.ISBN 978-4-906888-19-1  

石川智士、渡辺一生 2015年11月 エリアケイパビリティー —地域資源活用のすすめ-. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.1-17.ISBN 978-4-906888-18-4  

Mina Hori, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura 2011,03 Small-scale fisheries by farmers around the Tonle Sap Lake of Cambodia. . W. W. Taylor, A. J. Lynch, and M. G. Schechter (ed.) Sustainable fisheries: multi-level approaches to a global problem. American Fisheries Society, Bethesda, Maryland., pp.185-196.  

石川 智士 2009年09月 トンレサープ湖. 人と水. 人間文化研究機構. 昭和堂, 京都, pp.24-25.ISBN978-4-8122-0919-6  

石川 智士 2009年06月 ウナギ属魚類の集団構造と種分化. 海洋の生命史. 海洋生命系のダイナミックス, 1. 東海大学出版, 神奈川, pp.322-340.ISBN978-4-486-01685-4  

石川 智士 2009年03月 東南アジア沿岸資源の持続的利用にむけたデータベースの構築. 人間文化研究機構編 シーダー. 昭和堂, 京都, pp.55-56.ISBN978-4-8122-0920-2  

Mina Hori, Satoshi Ishikawa, Vuthy Ly, Thuok Nao, Hisashi Kurokura 2009 Role and prospects of traders in Cambodian small-scale fishing: The case of Chhnok Tru village, Kampong Chhnang province. Satoshi Takizawa, Futoshi Kurisu, Hiroyasu Satoh (ed.) Southeast Asian Environment. 3. IWA publishing, London, UK, pp.117-121.  

山田 紗英子、石川 智士 2008年03月 小規模養殖と人びとのかかわり. 人と魚の自然誌―母なるメコン河に生きる. 世界思想社, 京都, pp.111-128.ISBN978-7907-1324-1  

榎本 憲泰、石川 智士 2008年03月 トンレサープ湖の水産資源と管理. 人と魚の自然誌―母なるメコン河に生きる. 世界思想社, 京都, pp.201-219.ISBN978-7907-1324-1  

石川 智士、佐野 幸輔、塩田 知恵子 2008年03月 海産物消費と食の安全. 人と魚の自然誌―母なるメコン河に生きる. 世界思想社, 京都, pp.167-182.ISBN978-7907-1324-1  

木村 呼郎、石川 智士、塚本 勝巳、 2001年08月 アナゴの集団構造. 月刊海洋, 374. 海洋出版株式会社, 東京, pp.556-560.ISSN 0916-2011  

石川 智士 1999年08月 オオウナギの集団構造. 月刊海洋. 別冊, 18. 海洋出版株式会社, 東京, pp.65-68.ISSN 0916-2011  

著書(編集等)

【編集・共編】

BOUTSON Anukorn, EBATA Keigo, ISHIKAWA Satoshi, WATANABE Kazuo, ARIMOTO Takafumi (ed.) 2016,03 Field guides on small-scale fisheries in Rayong, Thailand. Research Institute for Humanity and Nature, Kita-ku, Kyoto, 73pp. ISBN 078-4-906888-26-9.  

石川智士・吉川尚編 2016年03月 幡豆の海と人びと-Living and nature of coastal community in Higashi-Hazu. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 362pp. ISBN 978-4-906888-28-3.  

石川智士・仁木将人・吉川尚編 2016年02月 幡豆の干潟探索ガイドブック. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 81pp. ISBN 978-4-906888-22-1.  

Hiroyuki Motomura・Satoshi Ishikawa (ed.) 2013,02 Fish Collection Building and Procedures Manual. English Edition. The Kagoshima University Museum, Kagoshima and the Research Institute for Humanity, 鹿児島県鹿児島市、京都府京都市北区, 70pp. translated by Akira Takagi and Yuka Ogata.  

論文

【原著】

ISHIKAWA Satoshi, HORI Mina, KUROKURA Hisashi, 2017,03 A Strategy for Fisheries Resources Management in Southeast Asia: A Case Study of an Inland Fishery around Tonle Sap Lake in Cambodia. Aqua-BioScience Monographs 10(2) :23-40. DOI:doi:10.5047/absm.2017.01002.0023.(査読付).  http://dx.doi.org/doi:10.5047/absm.2017.01002.0023

TAKESHIMA Hirohiko, MUTO Nozomu, SAKAI Yasuyuki, ISHIGURO Naoya, IGUCHI Keiichiro, ISHIKAWA Satoshi, NISHIDA Mutsumi, 2017,02 Rapid and effective isolation of candidate sequences for development of microsatellite markers in 30 fish species by using kit-based target capture and multiplexed parallel sequencing. Conservation Genetic Resour . DOI:DOI 10.1007/s12686-017-0699-z.(査読付).  http://dx.doi.org/DOI 10.1007/s12686-017-0699-z

MUTO Nozomu, TAKESHIMA Hirohiko, KAKIOKA Ryo, ALAMA Ulysses B., GUZMAN Arim May G., CRUZ Ramon S., GAJE Arnold G., TRAIFALGAR Rex Ferdinand M., MOTOMURA Hiroyuki, MUTO Fumihito, BABARAN Ricardo P., ISHIKAWA Satoshi 2016,07 Rapid and cost-effective molecular identification of the three mackerel species of the genus Rastrelliger (Perciformes: Scombridae) using PCR-RFLP analysis. Marine Biodiversity 47 :609-611. DOI:10.1007/s12526-016-0537-7.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s12526-016-0537-7

Yuki OKAMOTO, Nozumu MUTO, Koetsu KON, Kazuya WATANABE, Takashi YOSHIKAWA, Jintana SALAENO, Satoshi ISHIKAWA 2016,05 Stable isotope analysis suggests the existence of multiple populations of streaked spinefoot (Siganus javus L.) in Bandon Bay, Southern Thailand. International Aquatic Research . DOI:DOI 10.1007/s40071-016-0132-3.(査読付).  http://dx.doi.org/DOI 10.1007/s40071-016-0132-3

宮本佳則、内田圭一、甘糟和夫、長谷川浩平、THEPAROONART Yuttana、ANONGPONYOSKUN Monton、石川智士、MINLEE Yap、笹倉豊喜 2016年04月 GPSプロッタ魚群探知機に取り付ける簡易型音響資源調査システムの視察. The Journal of the Marine Acoustics Society of Japan 43(2) :71-78.(査読付).  

近藤康久、石川智士、榎本真美 2015年12月 専門技能ボランティアとの協働による地球環境研究を支援するための情報サービスの開発. 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 2015(2) :131-138.  

Chanakarn Sukudom, Methee Kaewnern, Idsariya Wudtisin, Takashi Yoshikawa, Yuki Okamoto, Kazuya Watanabe, Satoshi Ishikawa and Jintana Salaenoi 2015,06 Organic contents and pH profiles of sediments in cockle farm at Bandon Bay, Surat Thani Province. KHON KAEN AGR. J. 43(3) :265-276. (その他) (査読付).  

Muto N, Alama UB, Hata H, Guzman AMT, Cruz R, Gaje A, Traifalgar RFM, Kakioka R, Takeshima H, Motomura H, Muto F, Babaran RP, Ishikawa S 2015 Genetic and morphological differences among the three species of the genus Rastrelliger (Perciformes: Scombridae). Ichthyological Research . DOI:10.1007/s10228-015-0498-z.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1007/s10228-015-0498-z

坂上憲光、李銀姫、山田吉彦、川崎一平、仁木将人、小野林太郎、石川智士 2014年02月 石垣島におけるものづくりを通じた海洋環境教室. 工学教育 62(3) :47-52.(査読付).  

李銀姫、仁木将人、吉川尚、石川智士 2014年01月 海洋教育における漁協の取り組みと機能をめぐって―愛知県東幡豆漁協を事例に―. 東海大学紀要海洋学部「海―自然と文化」 12(1) :12-22.(査読付).  

Kazuhiro Enomoto, Satoshi Ishikawa, Mina Hori, Saroeung Lieng, Sitha Hort, Lim Song Srun, Nao Thuok, Hisashi Kurokura 2009,01 Evaluation of stock status of Channa micropeltes in Tonle Sap Lake, Cambodia, by means of CPUE analysis.. La Mer 46(3) :97-104.(査読付).ISSN 0385-4787.  

Satoshi ISHIKAWA, Mina HORI, Akira P TAKAGI, Thuok NAO, Kazuhiro ENOMOTO, Hisashi KUROKURA 2008,10 Historical changes on the fisheries management in Cambodia. Tropics 17(4) :315-323.(査読付).ISSN 0917-415x.  

Shun Watanabe, Jun Aoyama, Michael J. Miller, Satoshi Ishikawa, Eric Feunteun, Katsumi Tsukamoto 2008,09 Evidence of Population Structure in the Giant Mottled Eel, Anguilla marmorata, Using Total Number of Vertebrae.. Copeia 2008 3 :680-688.(査読付).ISSN: 0045-8511.  

AKIRA TAKAGI,SATOSHI ISHIKAWA,THUOK NAO, HORT SITHA,MASANORI NAKATANI, MUTSUMI NISHIDA , HISASHI KUROKURA 2006,12 Tandem repeat sequence segments in the control region of Bronze featherback, Notopterus notopterus, mitochondrial DNA.. Fisheries Science 72 :1319-1321.(査読付).ISSN0919-9268.  

Hori Mina, Ishikawa Satoshi, Heng Ponley, Thay Somony, Ly Vuty, Nao Thuok, Kurokura Hisashi, 2006,08 Role of small-scale fishing in Kompong Thom province, Cambodia. Fisheries Science 72 :846-854.(査読付).ISSN0919-9268.  

AKIRA TAKAGI,SATOSHI ISHIKAWA,THUOK NAO, HORT SITHA,MASANORI NAKATANI, MUTSUMI NISHIDA , HISASHI KUROKURA 2006,08 Genetic differentiation of the Bronze featherback Notopterus notopterus, between the Mekong River ant Tonle Sap Lake populatins inferred from mitochondrial DNA analysis.. Fisheries Science 72 :750-754.(査読付).ISSN0919-9268.  

大平 智恵、石川 智士、黒倉 寿 2005年12月 メコンデルタの複合農業(VACシステム)の実態と今後の展開. 熱帯農業 49(4) :294-301.(査読付).  

高橋 信吾、石川 智士、黒倉 寿 2005年04月 カンボジアの内水面漁業. 水文・水資源学会誌 18(2) :185-193.(査読付).  

SATOSHI ISHIKAWA, KATSUMI TSUKAMOTO, MUTSUMI NISHIDA, 2004,12 Genetic evidence for multiple populations of the giant mottled eel, Anguilla marmorata, in the Pacific and Indian Oceans.. Ichthy. Research 51 :343-353.(査読付).ISSN 1341-8998.  

Yobuo Kimura, Satoshi Ishikawa, Tadasi Tokai, Mutsumi Nishida, Katsumi Tsukamoto 2004,11 Early life history characteristics and genetic homogeneity of Conger myriaster leptocephali along the east coast of central Japan.. Fisheries Research 70 :61-69.(査読付).ISSN: 0165-7836.  

T.Komatsu, T. Ishikawa, N. Yamaguchi, Y. Hori, A. Sugawara, and H. Ohba 2003,09 But next time?: unsuccessful establishment of the Mediterranean strain of the green seaweed Caulerpa taxifolia in the Sea of Japan.. Biological Invasion 5 :275-277.(査読付).ISSN 1387-3547.  

KIMURA, Yobuo, Satoshi ISHIKAWA, Mutsumi NISHIDA , Katsumi TSUKAMOTO 2003,06 Isolation and characterization of microsatellite loci from the Japanese conger eel Conger myriaster.. Molecular Ecology Notes 3 :203-204.(査読付).ISSN 1471-8278.  

TSUKAMOTO, Katsumi, Tsuguo OTAKE, Noritaka MOCHIOKA, Tae-Won LEE, Hans FRICKE, Tadashi INAGAKI, Jun AOYAMA, Satoshi ISHIKAWA, Shingo KIMURA, Michael J. MILLER, Hiroshi HASUKMOTO, Machiko OYA , Yuzuru SUZUKI, 2003,03 Seamounts, new moon and eel spawning: the search for the spawning site of the Japanese eel.. Environmental Biology of Fishes 66 :221-229.(査読付).ISSN 0378-1909.  

ISHIKAWA, Satoshi, Yobuo KIMURA, Tadashi TOKAI, Katsumi TSUKAMOTO, Mutsumi NISHIDA 2001,12 Genetic population structure in Japanese conger eel, Conger myriaster examined by mitochondrial and nuclear DNA analyses.. Fisheries Science 67 :1081-1087.(査読付).ISSN0919-9268.  

Satoshi Ishikawa, Katsumi Tsukamoto and Mutsumi Nishida 2001,12 Utility of Microsatellite Markers for Eel Study. J. Taiwan Fish. Res.. pp.149-151.(査読付).  

SATOSHI ISHIKAWA, KUNIHIRO SUZUKI, TADASHI INAGAKI, SHUN WATANABE, YOBUO KIMURA, AKIHIRO OKAMURA, TSUGUO OTAKE, NORITAKA MOCHIOKA, YUZURU SUZUKI, HIROSHI HASUMOTO, MACHIKO OYA, MICHAEL J. MILLER, TAE WON LEE, HANS FRICK AND KATSUMI TSUKAMOTO 2001,12 Spawning time and place of the Japanese eel Anguilla japonica in the North Equatorial Current of the western North Pacific Ocean.. Fisheries Science 67 :1097-1103.(査読付).ISSN0919-9268.  

ISHIKAWA, Satoshi, Katsumi TSUKAMOTO, Mutsumi NISHIDA 2001,12 Characterization of microsatellite loci from the Japanese eel Anguilla japonica.. Molecular Ecology Notes 1 :140-142.(査読付).ISSN 1471-8278.  

Jun AOYAMA, Satoshi ISHIKAWA, Tsuguo OTAKE, Noritaka MOCHIOKA, Yuzuru Suzuki, Shun Watanabe, Akira Shinoda, Jun Inoue, Peter m Lokman, Tadashi Inagaki, Machiko Oya, Hiroshi Hasumoto, Kaoru Kubokawa, Tae Won Lee, Hans Fricke, Katsumi Tsukamoto 2001,08 Molecular approach to species identification of eggs with respect to determination of the spawning site of the Japanese eel Anguilla japonica.. Fisheries Science 67 :761-763.(査読付).ISSN0919-9268.  

Takaomi Arai, Jun Aoyama, Satoshi Ishikawa, Michael J. Miller, Tuguo Otake, Tadashi Inagaki, Katsumi Tsukamoto 2001,05 Early life history of tropical Anguilla leptocephali in the western Pacific Ocean.. Marine Biology 138 :887-895.(査読付).ISSN 0025-3162.  

ISHIKAWA, Satoshi, Mutsumi NISHIDA, Jun AOYAMA, Katsumi TSUKAMOTO 2001,04 Population structure of Japanese eel Anguilla japonica examined by mitochondrial DNA analysis. Fisheries Science 67 :246-253.(査読付).ISSN0919-9268.  

INOUE, Jun, Masaki MIYA, Jun AOYAMA, Satoshi ISHIKAWA, Katsumi TSUKAMOTO, Mutsumi NISHIDA, 2001,02 Complete Mitochondrial DNA Sequence of the Japanese Eel, Anguilla japonica. Fisheries Science 67 :118-125.(査読付).ISSN0919-9268.  

ISHIKAWA, Satoshi, Yobuo KIMURA, Tadashi TOKAI, Katsumi TSUKAMOTO, Mutsumi NISHIDA 2000,12 Gene rearrangement around the control region in the mitochondrial genomes of conger eel Conger myriaster.. Fisheries Science 66 :1186-1188.(査読付).ISSN0919-9268.  

AOYAMA, Jun, Shun WATANABE, Satoshi ISHIKAWA, Mutsumi NISHIDA and Katsumi TSUKAMOTO 2000,05 Are morphological characters distinctive enough to discriminate between two species of freshwater eels, Anguilla celebesensis and A. interioris ?. Ichthyological Research 47 :157-161.(査読付).ISSN 1341-8998.  

AOYAMA, Jun, Noritaka MOCHIOKA, Tsuguo OTAKE, Satoshi ISHIKAWA, Yutaka KAWAKAMI, Peter CASTLE, Mutsumi NISHIDA and Katsumi TSUKAMOTO 1999,11 Distribution and dispersal of agnuillid leptocephali in the western Pacific revealed by molecular analysis.. Marine Ecology Progress Series 188 :193-200.(査読付).ISSN 0171-8630.  

HASHIMOTO, Hiroaki, Takuro SHIBUNO, Satoshi ISHIKAWA, Kenji GUSHIMA 1995,09 Fluctuations in fish catch of middle-sized pelagic fish in the Seto Inland Sea,Japan.. Scientia Marina 59(3-4) :499-506.(査読付).ISSN 0214-8358.  

ISHIKAWA, Satoshi , Hiroaki HASHIMOTO, Kenji GUSHIMA 1995,06 Incidental Catch of Sardines by the Seine Fishery in Hiroshima Bay.. Fisheries Science 61(1) :523-524.(査読付).ISSN0919-9268.  

Satoshi Ishikawa, Takeshi Miyai, Katsumi Tsukamoto Comparison of techniques for preparing Japanese eel otolith for aging.. . Fish. Res. Rep. Seri., 5. NSW Fish. Res. Inst., pp.123.(査読付).  

Ryutaro KAMIYAMA, Tsutomu MIYATA, Hisashi KUROKURA, Satoshi ISHIKAWA 2015,02 The impact of distribution change on fisheries in Southeast Asia: a case study in the Batan Estuary, Aklan, Central Philippines. Fisheries Science 81(2) :401-408. DOI:DOI 10.1007/s12562-015-0855-x.(査読付).  http://dx.doi.org/DOI 10.1007/s12562-015-0855-x

花森功仁子,石川智士,齋藤寛,田中克典,岡田喜裕,佐藤洋一郎 2012年09月 DNAの欠失領域を用いた栽培イネOryza sativa L.の熱帯ジャポニカ型と温帯ジャポニカ型の識別マーカの作出と登呂Ⅰ期遺跡から出土した炭化米種子への応用. 東海大学海洋学部紀要 9.(査読付).  

石川智士 2012年05月 漁業懇話会の活動. 日本水産学会誌 78(3) :488-488.特別公開シンポジウム 「震災被災地の水産業と漁村の復興」記事.  

花森功仁子・石川智士・齋藤寛・田中淳一・佐藤洋一郎・岡田喜裕 2012年05月 rpl16領域およびPS-ID領域によるチャの系統解析. DNA多型 20 :94-98.(査読付).  

Kazuhiro Enomoto, Satoshi Ishikawa, Mina Hori, Hort Sitha, Srun Lim Song, Nao Thuok and Hisashi Kurokura 2011,06 Data mining and stock assessment of fisheries resources in Tonle Sap Lake, Cambodia. Fisheries Science, 77(2) :713-722.(査読付).  

花森功仁子,石川智士,齋藤寛,田淵宏朗,望月峰子,岡田喜裕 2011年05月 古代から近世におけるイネの品種名称と遺伝解析の比較研究. DNA多型学会誌 19 :298-307.(査読付).  

早瀬善正、種倉俊之、社家間太郎、松永育之、吉川尚、松浦弘行、石川智士 2011年03月 愛知県幡豆町の干潟および岩礁域潮間帯の貝類相. 東海大学海洋研究所研究報告 32 :11-33.(査読付).  

AKIRA P. TAKAGI, SATOSHI ISHIKAWA, THUOK NAO, SRUN LIM SONG3, SITHA HORT, KHAMPHAY THAMMAVONG, BOUNTHONG SAPHAKDY,AKHANE PHOMSOUVANHM, MUTSUMI NISHIDA and HISASHI KUROKURA 2010,09 Genetic differentiation and distribution routes of the bronze featherback Notopterus notopterus (Osteoglossiformes: Notopteridae) in Indochina. Biological Journal of the Linnean Society 101 :575-582.(査読付).  

AKIRA P. TAKAGI, SATOSHI ISHIKAWA, THUOK NAO, SRUN LIM SONG, SITHA HORT, KHAMPHAY THAMMAVONG, BOUNTHONG SAPHAKDY,AKHANE PHOMSOUVANHM, MUTSUMI NISHIDA and HISASHI KUROKURA, 2010,06 Population structure of the climbing perch, Anabas testudineus, in the lower Mekong River basin,. Fisheries Management and Ecology 18 :145-153.(査読付).  

石川 智士 2010年03月 タイ沿岸域における水産資源利用と管理. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター編 . 農学国際協力, 11. pp.125-135.  

Ishikawa Satoshi 2009,12 Challenging Project for sustainable use of coastal fisheries resources in Southeast Asia- New concept “Area Capability”. JSPS – NRCT Seminar 2009. Rayong, Thailand, pp.52-53.  

石川 智士 2009年11月 水産研究と地域開発の統合を目指したネットワーク構築の可能性. 農学国際協力. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター, pp.99-110.  

石川智士 2009年03月 平成20年度関東支部箱根ワークショップについて. 日本水産学会誌 75(2) :291-293.  

Ishikawa Satoshi, Arimoto Takafumi 2008,10 Sustainable use of Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia. Proceedings of JSPS Core University Program on Productivity techniques and effective utilization of aquatic animal resources to the new Century-IV. Tokyo, Japan, pp.33-34.  

石川 智士 2008年09月 平成20年度日本水産学会春季大会を運営して。. 日本水産学会誌 74(5) :956-960.  

石川 智士・マーシー・ワイルダー・黒倉 寿 2006年01月 メコン河流域の水産業5―ベトナム・メコンデルタの養殖. 日本水産学会誌 72(1) :94-96.  

黒倉 寿・石川 智士 2006年01月 メコン河流域の水産業6―水産開発の多面性と地域開発. 日本水産学会誌 72(1) :97-99.  

C. Shioda, S. Ishikawa, Y. Midorikawa, S. Nakamura, K. Sano, H. Chagi, S. Duangtavanh, S. 2005,12 Customers survey of large scale markets in Vientiane for risk assessments of food-bone disease relating with Imported Marine products.. Bounthong and Hisashi Kurokura (ed.) Proceedings of International Symposium on the Development of Water Resource Management System in Mekong Watershed. Bangkok, Thailand, pp.105-111.  

Takagi A.P, Ishikawa S, Nao T, Hort S, Nakatani M, Nishida M, Kurokura H 2005,12 Populatin viability analysis of the Bronze featherback Notopterus notopterus in Camboida.. Proceedings of the Third International Symposium on Southeast Asian water Environment,. Bangkok, Thailand, pp.33-40.  

Satoshi Nakamura, Yutaka Midorikawa, Akira Sugiyama, Shigehiro Akachi, Kaoru Midorikawa, C. Khampheng, Trikhouane Phouthavane, Kousuke Sano, Chieko Shiota, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura, Boungnong Nouopha. 2005,12 Study on enteropathogenic bacteria in Lao PDR – Recent observation on human and foods at Vientiane Capital Area.. Proceedings of International Symposium on the Development of Water Resource Management System in Mekong Watershed.. Bangkok, Thailand, pp.92-96.  

石川 智士・堀 美菜・高橋 信吾・黒倉 寿 2005年11月 メコン河流域の水産業3―カンボジアにおける水産資源のコミュニティーベースマネージメント. 日本水産学会誌 71(6) :1016-1018.  

石川 智士・堀 美菜・高木 映・黒倉 寿 2005年11月 メコン河流域の水産業4―カンボジアの小規模内水面漁業. 日本水産学会誌 71(6) :1019-1021.  

Kazuhiro Enomoto, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura, Hort Sitha, and Nao Thuok 2005,10 Relationship between fluctuation of water level and fish catches of Henicorhynchus spp and Chhana microleptes in Kampong Thom Province. Proceedings of International Symposium on Sustainable Development in the Mekong Basin. Ho Chi Minh City, Vietnam, pp.64-75.  

石川 智士・佐野 幸輔・黒倉 寿 2005年09月 メコン河流域の水産業1―ラオスにおける水産物流通の変化. 日本水産学会誌 71(5) :859-861.  

石川 智士・池ノ上 宏・黒倉 寿 2005年09月 メコン河流域の水産業2―ラオスの小規模養殖の現状と展望. 日本水産学会誌 71(5) :862-864.  

Mina Hori, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura, Heng Ponley, Thay Somony, Ly Vuthy, Nao Thuok 2004,12 Household study of small-scale fisheries in Kompong Thom province, Cambodia. Proceedings of the Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment. pp.437-444.  

Akira Takaki, Satoshi Ishikawa, Nao Thuok, Mutsumi Nishida, Hisashi Kurokura 2004,12 Genetic Variation in the mitochondrial DNA of the bronze featherback Notopterus notopterus. Proceedings of the Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment.  

Tomoe Ohira, Satoshi Ishikawa, Cao Quoc Nam, Nguyen Duy Can, Hisashi Kurokura 2004,12 Study on the economical aspects of VAC system in Mekong Delta, Proceedings of the Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment. .  

石川智士 2002年05月 " FISH FOR THE PEOPLE" アセアン—東南アジア漁業開発センター会議—新世紀における持続的漁業の発展, ASEAN-SEAFDEC CONFERENCE on Sustainable Fisheries for Food Security in the New Millennium. 日本水産学会誌.  

Satoshi Ishikawa 2000,01 Eel fisheries and research in Japan. . Fish. Res. Rep. Seri., 5. NSW Fish. Res. Inst., pp.29 -31.ISSN1442-0147.  

Satoshi Ishikawa, Jun Aoyama, Katsumi Tsukamoto 2000,01 Traditional sampling gear for Yellow eel in Japan. . . Fish. Res. Rep. Seri. , 5. NSW Fish. Res. Inst., pp.110-115.ISSN1442-0147.  

【総説】

石川智士 2011年09月 漁業被災地域からの要望とそれに応じるための支援策とは. 日本水産学会漁業懇話会講演会要旨集 59.  

石川智士 2010年03月 タイ沿岸域における水産資源利用と管理.. 農学国際協力 11 :125-135.  

その他の出版物

【報告書】

ALTAMIRANO Jon, KUROKURA Hisashi, SALAYO Nerissa, BATICADOS Didi, SUYO Jee Grace, ISHIKAWA Satoshi 2014,03 Community-based Shrimp Stock Enhancement for Coastal Socio-ecological Restoration in the Phiippines. Maria Rowena R. Romana-Eguia・Fe D. Parado-Estepa・Nerissa D. Salayo・Ma. Junemie Hazel Lebata-Ramos (ed.) Resource enhancement and sustainable aquaculture practices in Southeast Asia: Challenges in responsible production of aquatic speceis. , pp.159-167.  http://rihnexap.chikyu.ac.jp/archives/getRepository.do?prkbn=2&achievementId=000019803

【その他の著作(商業誌)】

石川智士 2014年12月 「つくる漁業」の国際展開―フィリピンでのエビ放流事業. BIOSTORY 22 :62-63.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

ISHIKAWA Satoshi, WATANABE Kazuo, THEPAROONRAT Yuttana, AMORNPIYAKRIT Taweekiet, MANAJIT Nopporn, YASOOK Nakaret, ARNUPAPBOON Sukchai, 2015年06月 Balancing Fishery Resource Utilization and Conservation for Environmental Sustainability and Socio-economic Stability. Fish for the People 13(1) :13-20.ISSN:1685-6546.  http://www.seafdec.org/publications/

ISHIKAWA Satoshi 2009年12月 Challenging Project for sustainable use of coastal fisheries resources in Southeast Asia- New concept “Area Capability”. JSPS – NRCT Seminar 2009 Proceeding :52-53.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

吉川尚、武藤望生、柿岡諒、高木映 石川智士、堀美菜、林崎健一、Hort Sitha、Nao Thuok 乾季及び雨季のトンレサップ湖における魚類群集の食性解析. 第4回同位体環境学シンポジウム, 2015年12月25日-2015年12月25日, 地球研、京都市.  

有元貴文 ・U.Khrueniam・K.Phuttharaksa A.Munprasit・T.Amornpiyakrit・N.Manajit・ 吉川 尚・今 考悦・石川智士・岡本侑樹 タイ国ラヨン県定置網の技術移転後の12年間の経緯. 平成27年度 日本水産学会秋季大会, 2015年09月22日, 宮城県仙台市.  

江幡恵吾 ・ Anukorn Boutson・有元貴文 ・ Nakaret Yasook ・ 渡辺一生 ・ 石川智士 タイ国ラヨーン沿岸における釣り漁業の季節変化. 平成27年度 日本水産学会秋季大会, 2015年09月22日, 宮城県仙台市.  

Ricardo Babaran, Gerald F. Quinitio, Harold M. Monteclaro, Satoshi Ishikawa, Kazuo Watanabe Impact survey of Super Typhoon “Yolanda” on Basic Livelihoods and Ecosystem Health in Panay of Philippines. International Workshop on Disaster Risk Reduction under the e-ASIA Joint Research Program and Typhoon Yolanda related J-RAPID Program , 2015,04,15-2015,04,17, Quezon City, Philippines.(本人発表).  

IKEJIMA Kou, TAKEUCHI Kaori, KON Koetsu, YOSHIKAWA Takashi, ANASCO Nathaniel, ISHIKAWA Satoshi Distribution of Juvenile Shrimps and Fishes in Abandoned Fishponds in Batan Bay Estuary, Philippines: A preliminary analysis with Potential natural disturbance. International Science Conference on Fisheries and Aquaculture Sciences: towards disaster and climate resiience, 2014,10,22-2014,10,24, Iloilo City, Philippines.  

山下幸志, 江幡恵吾, BOUTSON, Anukorn, 有元貴文, 渡辺一生, 石川智士 インターバルカメラを用いた魚かご内部の連続撮影. 日本水産学会春季大会, 2015年03月27日-2015年03月31日, 東京海洋大学.  

岡本侑樹、石川智士、今考悦、渡邉一哉、吉川尚、Jintana Salaenoi タイ南部バンドン湾の貝類養殖域における食物網構造. 平成26年度日本水産学会春季大会 ミニシンポジウム題目「微量元素・同位体を指標とした沿岸域の物質動態研究の現状と展望」, 2014年03月31日-2014年03月31日, 北海道函館市.  

石川智士・渡辺一生・伏見浩・ 黒倉寿・有元貴文 漁村振興とエリアケイパビリティーの向上. 平成27年度日本水産学会春季大会, 2015年03月27日-2015年03月31日, 東京都港区.(本人発表).  

Jon P. Altamirano, Hisashi Kurokura, Hiroshi Fushimi, Kazuo Watanabe, Satoshi Ishikawa Optimal strategies in rearing shrimps for stock enhancement in the Philippines. 平成27年度日本水産学会春季大会, 2015,03,27-2015,03,31, 東京都港区.  

DB Baticados, JGB Suyo, ND Salayo, JP Altamirano, H. Kurokura, K. Watanabe, S. Ishikawa The potential contribution of stock enhancement to empowerment of a fishing community: the case in New Washington, Aklan, central Philippines. 平成27年度日本水産学会春季大会, 2015,03,27-2015,03,31, 東京都港区.  

宮田勉, 堀美菜, スミトラ ルアンシヴァク・ジャリア, ソーンクリアン タニアラック, スアスィ ラタナ ティヤー, 石川智士, 渡辺一生 タイランド・ラヨン県における漁業構造. 日本水産学会大会, 2015年03月27日-2015年03月31日, 東京海洋大学.  

江幡恵吾, BOUTSON Anukorn, 有元貴文, YASOOK Nakaret, 渡辺一生, 石川智士 タイ国ラヨーン沿岸におけるカニ刺網漁業の季節変化. 日本水産学会春季大会, 2015年03月27日-2015年03月31日, 東京海洋大学.  

Satoshi ISHIKAWA Decision-making process at local coastal communities based on scientific information on biodiversity and ecosystem services. 日本生態学会シンポジウム、Global and regional integration of social-ecological study toward sustainable use of biodiversity and ecosystem services, 2015,03,21, 鹿児島県鹿児島市.(本人発表).  

有元貴文・U. Khrueniam・N. Manajit・吉川尚・今考悦・岡本侑樹・石川智士 平均栄養段階によるタイ国定置網のインパクト評価 -Selective fishing vs. Balanced harvesting-. , 2014年09月20日, 九州大学(福岡市).  

吉川尚・佐々木将大・山田美帆・松浦弘行・堀美菜・Hort Sitha・Nao Thuok・石川智士 カンボジア王国トンレサップ湖の栄養状態とプランクトン出現種. 平成27年度日本水産学会春季大会, 2015年03月28日-2015年03月31日, 東京都港区.要旨集 P113.  

宮本浩史・吉川尚・高木映・石川智士・堀美菜・Hort Sitha・Nao Thuok カンボジア王国トンレサップ湖流入河川水の栄養塩及び微量元素. 平成26年度日本水産学会春季大会, 2014年03月28日-2014年03月31日, 函館市.要旨集 P137.  

江幡恵吾, BOUTSON, Anukorn , 有元貴文, YASOOK, Nakaret, 渡辺一生, 石川智士 タイ国ラヨーン沿岸における浮式イカかご漁業の季節変化. 日本水産学会秋季大会, 2014年09月22日, 九州大学.  

堀 美菜・石川智士 カンボジア王国トンレサープ湖における第二次漁業改革と中規模漁業への影響. 平成26年度日本水産学会春季大会, 2014年03月28日-2014年03月31日, 函館市.要旨集 P27.  

武藤文人・鈴木健太・野原健司 ・佐藤 崇・武藤望生・石川智士 チリ・ペルー産マルアナゴの遺伝学的・形態学的比較. 平成26年度日本水産学会春季大会, 2014年03月26日-2014年03月31日, 北海道函館市.  

石川智士 熱帯沿岸域における住民参加型資源管理と地域開発. 北京大学環境科学工学院・総合地球環境学研究所共催地球環境学講座, 2014年03月12日, 中国北京.(本人発表).  

神山龍太郎・宮田 勉・黒倉 壽・石川智士 途上国漁村の社会関係資本が漁業管理意識に及ぼす影響の定量的分析―フィリピン国バタン湾の事例. 平成25年日本水産学会春季大会, 2013年03月26日-2013年03月30日, 東京都港区.  

ISHIKAWA, Satoshi “ Area Capability” as a new concept of rural development harmonizing ecosystem health and welfare building. BIT’s 2nd Annual World Congress of Marine Biotechnology-2012, 2012,09,20-2012,09,23, Dalian, China.(本人発表).  

高木 映・石川智士・小河久志 ・武藤文人 DNA分析を用いた各国産ツナ缶詰類の原料種判別の可能性. 平成24年度日本水産学会秋季大会, 2012年09月14日-2012年09月17日, 山口県下関市.  

花森功仁子,石川智士,齋藤寛,岡田喜裕,佐藤洋一郎 チャ(Camellia sinensis (L.)O.Kunts) 近縁種間の節同定におけるrps16領域の有効性の検討. 第20回日本DNA多型学会学術集会, 2011年12月01日-2011年12月02日, 横浜市.  

神山龍太郎・Jon P. Altamirano、黒倉 壽・石川智士 フィリピン国パナイ島におけるエビ養殖業の盛衰が地域の漁獲物流通に与えた影響. 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011年09月28日-2011年10月02日, 長崎市.  

高木 映・河野泰之・黒倉 壽・石川智士 タイ国ラヨーン地域における水産業の実態とその特徴. 平成23年度日本水産学会秋季大会, 2011年09月28日-2011年10月02日, 長崎市.  

石川智士・吉川尚・松浦弘行・仁木将人・田口理恵・石川金男・鈴木聡 三河湾幡豆町沿岸域における生物環境データベースの構築―(3)水産学を用いた環境教育. 平成23年度日本水産学会春季大会, 2011年03月28日-2011年03月31日, 東京都品川区.  

早瀬善正・種倉俊之・社家間太郎・松永育之・吉川尚・松浦弘行・石川智士 三河湾幡豆町沿岸域における生物環境データベースの構築―(4)潮間帯の貝類相. 平成23年度日本水産学会春季大会, 2011年03月25日-2011年03月31日, 東京都品川区.  

花森功仁子,石川智士,齋藤寛,岡田喜裕,佐藤洋一郎 弥生時代の遺跡から出土したイネ種子のDNA分析. 日本文化財科学会第27回大会, 2010年06月26日-2010年06月27日, 大阪府吹田市.  

川端 繁人、堀 美菜、中根 幸則、Ratana Munprasit, 石川 智士 タイ王国ラヨーン県スワンソンビーチにおける地引網漁について. 平成22年度日本水産学会春季大会, 2010年03月26日-2010年03月30日, 藤沢市、神奈川.  

石川智士・松浦弘行・吉川尚・深谷隆春・中根孝典・三浦正義・石川金男・林大・種倉俊之・松永育之・早瀬善正 三河湾幡豆町沿岸域における生物環境データベースの構築(1). 平成22年度日本水産学会春季大会, 2010年03月26日-2010年03月20日, 神奈川県藤沢市.  

花森功仁子,石川智士,齋藤寛,金三津道子,岡田喜裕,佐藤洋一郎 竹ノ内Ⅱ遺跡より出土したイネ種子のDNA分析. 日本文化財科学会第26回大会, 2009年07月11日-2009年07月12日, 名古屋市.  

石川 智士・熊谷 圭知・新本 万里子・豊田 由貴夫・加藤 登 パプアニューギニア国・東セピック州クラインビットにおけるヒ素問題. 平成21年度日本水産学会春季大会, 2009年03月, 東京.(本人発表).  

三好 晃治・渡辺 貴光・石川 智士・佐野 幸輔・Nouhack LIEPVISAY・黒倉 寿 ラオス淡水魚養殖現場における水生昆虫による食害に関する研究1 . 平成21年度日本水産学会春季大会, 2009年03月, 東京.  

堀美菜・石川智士・Vuthy Ly・Thuok Nao・黒倉寿 途上国における漁家調査方法の提案―カンボジアの事例から―. 平成21年度日本水産学会春季大会, 2009年03月, 東京.  

佐野 幸輔・石川 智士・渡辺 貴光・三好 晃治・Nouhack LIEPVISAY・黒倉 寿 ラオス淡水魚養殖現場における 水生昆虫による食害に関する研究2. 平成21年度日本水産学会春季大会, 2009年03月, 東京.  

Satoshi Ishikawa “Sustainable Use of Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia”. 5th World Fisheries Congress Satellite Workshop, October 2008, Kanagawa.(本人発表).  

高木 映、石川 智士、中谷 将典、ナオトック、ホートシータ、西田 睦、黒倉 寿 カンボジアにおけるキノボリウオAnabas testudineusの遺伝的多様性. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年04月, 高知.  

Hisashi Kurokura ,Mina Hori, Kazuhiko Enomoto, Satoshi Ishikawa and Nao Thok. Small-scale fishing by farmer in Kompong Thom province. Cambodia ―Social background of fisheries by farmers - Asian Science and Technology Seminar in Malaysia, March 2006, .  

山田紗英子,石川智士,佐野幸輔,茶木博之,Chanthanboun Sirimanotham, Boakeo Vongamnat, Bouasavanh Viensombath, 黒倉寿 ラオス農村部における小規模養殖について. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月, 高知.  

Hisashi Kurokura ,Mina Hori, Kazuhiko Enomoto, Satoshi Ishikawa and Nao Thok. Small-scale fishing . by farmer in Cambodia AGS annual meeting, March 2006, Bangkok, Thailand.  

堀美菜,石川智士,リーブッティー,ナオトック,黒倉寿 カンボジア王国トンレサップ湖における仲買人と漁民の関わり. 平成18年度日本水産学会大会, 2006年03月, 高知.  

C. Shioda, S. Ishikawa, Y. Midorikawa, S. Nakamura, K. Sano, H. Chagi, S. Duangtavanh, S. Bounthong and Hisashi Kurokura. Customers survey of large scale markets in Vientiane for risk assessments of food-born disease relating with imported marine products. Second International Symposium on the Development of Water Resource Management System in Mekong Watershed., December 2005, Bangkok,Thailand..  

Saeko Yamada, Satoshi Ishikawa, Kousuke Sano, Hiroyuki Chagi, Chanthaboun Sirimanotham, Boakeo Vongamnat, Bouasavanh Viensombath, and Hisashi Kurokura Socioeconomic diversity in the northern part of Lao PDR, an important aspect for sustainable development . The third international symposium on Southeast Asian Water Environment., December 2005, AIT Center, Bangkok Thailand.  

Kazuhiro Enomoto, Satoshi Ishikawa, Hort Sitha, Nao Thuok and Hisashi Kurokura Assessment of hydrologic changes in fisheries resources of Henichorhynchus spp. by model with hydrologic parameters. The third international symposium on Southeast Asian Water Environment., December 2005, AIT Center, Bangkok Thailand.  

Takagi, A.P., Ishikawa, S., Nao, T., Hort, S., Nakatani, M., Nishida, M. and Kurokura H.、 Population viability analysis of the Bronze featherback Notopterus notopterus in Cambodia.. The third international symposium on Southeast Asian Water Environment., December 2005, AIT Center, Bangkok Thailand.  

Kazuhiro Enomoto, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura, Hort Sitha, and Nao Thuok Relationship between fluctuation of water level and fish catches of Henicorhynchus spp and Chhana microleptes in Kampong Thom Province. International Symposium on Sustainable Development in the Mekong Basin, October 2005, Ho Chi Minh City, Vietnam.  

石川 智士,高木 映,ナオトック, ホートシータ,西田 睦,黒倉 寿 カンボジア・メコン川流域におけるThynnichthys thynnoidesの遺伝的多様性. 日本魚類学会大会, 2005年09月, 仙台.(本人発表).  

中村 みほ、高木 映、石川 智士、中谷 将典、ナオトック、ホートシータ、宮 正樹,西田 睦、黒倉 寿 メコン川流域におけるHenicorhynchus siamensisの遺伝的多様性. 日本魚類学会大会, 2005年09月, 仙台.  

高木 映、石川 智士、中谷 将典、ナオトック、ホートシータ、西田 睦、黒倉 寿 メコン川流域におけるNotopterus notopterusの遺伝的多様性. 日本魚類学会大会, 2005年09月, 仙台.  

Tomoe Ohira, Satoshi Ishikawa, Cao Quoc Nam, Nguyen Duy Can, Hisashi Kurokura Study on the economical aspects of VAC system in Mekong Delta. The Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment, 2004,12,02, Hanoi, Vietnam.  

Mina Hori, Satoshi Ishikawa, Hisashi Kurokura, Heng Ponley, Thay Somony, Ly Vuthy, Nao Thuok Household study of small-scale fisheries in Kompong Thom province. The Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment, 2004,12,02, Hanoi, Vietnam.  

Akira Takaki, Satoshi Ishikawa, Nao Thuok, Mutsumi Nishida, Hisashi Kurokura Genetic Variation in the mitochondrial DNA of the bronze featherback Notopterus notopterus. The Second International Symposium on Southeast Asian Water Environment,, 2004,12,02, Hanoi, Vietnam.  

Satoshi Ishikawa Inland Capture Fishery in Cambodia. . JST internal Seminar. 2004, 12, , December 2004, Tokyo Japan.(本人発表).  

石川智士 「ウナギの資源と保全」成長期の生物学・集団. 東京大学海洋研究所共同利用研究集会, 2004年07月, .(本人発表).  

Satoshi Ishikawa INDICATORS FOR SUSTAINABLE FISHERIES. ASEAN-SEAFDEC Conference on Sustainable Fisheries for Food Security in the New Millennium “Fish For the People”, 2001,11,19-2001,11,24, Bangkok, Thailand,.(本人発表).  

Satoshi Ishikawa, Katsumi Tsukamoto Utility of microsatellite for Eel Study.. The 3rd East Asia Symposium on eel research., 2000,11,17, Keelung, Taiwan.(本人発表).  

Shun Watanabe, Ishikawa Satoshi, Aoyama Jun., Tsukamoto Katsumi Inter- and intra-populational variation in vertebral counts of Anguilla marmorata.. International Symposium on Diversity of Fishes Tokyo, February 2000, .  

Satoshi Ishikawa, Jun Aoyama, Katsumi Tsukamoto A traditional sampling gear for yellow eels in Japan. EEL Sampling workshop at Fsiheries Research Institute of New South Walse, August 1999, Australia.(本人発表).  

Satoshi Ishikawa, Takeshi Miyai, Katsumi Tsukamoto Comparison of techniques for preparing Japanese eel otoliths for aging.. EEL Sampling workshop at Fsiheries Research Institute of New South Walse, August 1999, Australia.(本人発表).  

Satoshi Ishikawa, Takeshi Miyai, Katsumi Tsukamoto Comparison of techniques for preparing Japanese eel otoliths for aging. EEL Sampling workshop at Fsiheries Research Institute of New South Walse, August 1999, Australia.(本人発表).  

石川 智士,西田 睦,青山 潤,塚本 勝巳 日本に来遊するシラスウナギ遺伝的変異. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.  

青山 潤,望岡 典隆,大竹 二雄,石川 智士,川上 優,ピーターキャッスル,西田 睦,塚本 勝巳 太平洋西部海域におけるウナギ属レプトケファルスの分布. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.  

渡邊 俊,青山 潤,石川 智士,塚本 勝巳 ウナギ属18種・亜種の形態計測と種内変異. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.  

望岡 典隆,大竹 二雄,鈴木 譲,石川 智士 マリアナ諸島西方の海山域で採集されたウナギ属魚類仔魚とウナギ目卵. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.  

木村 呼郎,石川 智士,東海 正,西田 睦,塚本 勝巳 mtDNA塩基配列データに基づくマアナゴの集団構造. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.(本人発表).  

鈴木 邦宏,川合 範明,稲垣 正,石川 智士,渡邊 俊,木村 呼郎,張寰,岡村 明浩,塚本 勝巳 駿河丸によるウナギ産卵場調査. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1999年04月, 東京水産大学.  

石川 智士 オオウナギの集団構造. 平成10年度東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「分子海洋学-分子生態学と海洋学の接点-」, 1999年03月, 東京大学海洋研究所.(本人発表).  

木村 呼郎,石川 智士 マアナゴの集団構造. 第2回アナゴ漁業資源研究会, 1999年01月, 神奈川県水産総合研究所,神奈川.  

石川 智士 インド・太平洋海域におけるオオウナギの分布と集団構造. 平成10年度東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「ウナギのライフサイクルの解明と制御」, 1998年11月, 東京大学海洋研究所.(本人発表).  

石川 智士 分子を用いたウナギの生態研究. 東京大学COE支援プログラム, 1998年11月, 東京大学海洋研究所.(本人発表).  

北野 聡,井口 恵一朗,石川 智士,西田 睦 上高地の移入カワマスに宿る在来イワナのゴースト. 平成10年度日本魚類学会大会, 1998年09月, 高知.  

石川 智士,西田 睦,青山 潤,塚本 勝巳 太平洋におけるオオウナギの遺伝的集団構造. 平成9年度日本水産学会春季大会, 1997年04月, 東京水産大学.  

井上 潤,西田 睦,石川 智士,青山 潤,塚本 勝巳 ウナギ目魚類の系統解析:12SrRNA遺伝子データの有効性の検討. 平成9年度日本水産学会春季大, 1997年04月, 東京.  

石川 智士,西田 睦,青山 潤,塚本 勝巳 Anguilla. marmorataのmtDNAのDループ領域における塩基配列の差異. 平成8年度日本水産学会春季大会, 1996年04月, 日本大学.(本人発表).  

石川 智士,西田 睦,塚本 勝巳 核ゲノム分析によるオオウナギの集団構造の検討. 平成11年度日本水産学会春季大会, 1994年04月, 東京水産大学.(本人発表).  

石川 智士,橋本博明,具島健二 広島湾におけるシラスパッチ網のマイワシとカタクチイワシの混獲状況. 成5年度日本水産学会中国・四国支部秋季大会, 1993年10月, 水産大学校.(本人発表).  

北野 聡,井口 恵一朗,石川 智士,西田 睦 イワナとカワマスの交雑現象. 平成10年度生態学会大会, 1993年03月, 松本.  

堀 美菜,石川 智士,Ponley Heng,Somony Thay,Vuthy Ly,Thuok Nao,黒倉 壽 カンボジア・トンレサップ湖周辺の農業実態. 農業土木学会, , 岐阜.  

【ポスター発表】

渡邊 証・高嶋 優・有元貴文・馬場 治・武田誠一・江幡恵吾・ BOUTSON Anukorn・MANAJIT Nopporn・ 渡辺一生・石川智士、 タイ王国ラヨン県における定置網漁業者の兼業収入シミュレーション. 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016年03月27日-2016年03月30日, 東京都港区.  

今 孝悦・岸野友子・小川裕也・ANASCO Nathaniel Anasco・ 岡本侑樹・神崎 護・吉川 尚・ 池島 耕・石川智士 マングローブの植林が放棄養殖池の底生動物群集に与える影響. 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016年03月27日-2016年03月30日, 東京都港区.  

溝口泰彬・池島 耕・竹内加織・岩田夏実・今 考悦・ 吉川 尚・ANASCO Nathaniel C・石川智士 フィリピン・バタン湾における放棄養殖池とその周辺環境における魚類とエビ類の分布. 平成28年度日本水産学会春季大会, 2016年03月27日-2016年03月30日, 東京都港区.  

石川智士・渡辺一生 ・河野泰之 エリアケイパビリティーサイクルによる 沿岸地域の活性化. 平成27年度日本水産学会春季大会, 2015年03月27日-2015年03月31日, 東京都港区.(本人発表).  

船越圭佑・宮本浩史・吉川・尚・高木映・堀美菜・申 基斐・中野孝教・岡本侑樹・石川智士・Hort Sitha・Nao Thuok カンボジア王国のトンレサップ湖における微量元素濃度. 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア, 2014年11月28日, 富士市.  

佐々木将大・山田美帆・吉川 尚・松浦弘行・石川智士 カンボジア王国トンレサップ湖の栄養状態とプランクトン出現種. 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア, 2014年11月28日, 富士市.要旨集 P77.  

小関佑太・吉川尚・武藤望生・高木映・堀美菜・石川智士・Hort Sitha・Nao Thuok カンボジア王国トンレサップ湖の魚類群集の食性解析. 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア, 2014年11月28日, 富士市.要旨集 P78.  

岡本侑樹・石川智士・申基澈・中野孝教・Le Van An ベトナム中部における河川水・海水のストロンチウム同位体比の水系間比較と季節変動. 平成26年度 日本水産学会秋季大会, 2014年09月19日-2014年09月22日, 九州大学 福岡市.  

岡本侑樹・石川智士・申基澈・中野孝教・渡邉一哉・吉川尚・Jintana Salaenoi タイ南部・バンドン湾における貝類養殖漁場の水質評価 ‐微量元素分析を用いて‐. 平成26年度日本水産学会秋季大会, 2014年09月19日-2014年09月22日, 九州大学(福岡市).  

宮本浩史・吉川尚・高木映・石川智士 カンボジア王国トンレサップ湖流入河川の栄養塩及び微量元素濃度. 第3回同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2013年12月18日, 京都市北区.  

今孝悦・石川智士 河口域における定性動物群集の食物網構造の推定. 第3回同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2012年12月18日, 京都市北区.  

古賀太・佐藤晴彦・吉川尚・松浦弘行・仁木将人・野原健司・林崎・健一・石川智士 炭素及び窒素の安定同位体比を指標とした三河湾東幡豆干潟の食物網構造の解析. 第3回同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2013年12月18日, 京都市北区.  

岡本侑樹・渡辺一哉・吉川尚・Jintana Salaenoi・石川智士 タイ南部バンドン湾におけるCN安定同位体比を用いたフードウェブの推定. 第3回同位体環境学シンポジウム, 2013年12月17日-2013年12月18日, 京都市北区.  

川端繁人・石川智士 熊本県沿岸域における底曳網漁の経営改善に関する考察、. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2010年12月11日, 静岡県浜松市.  

阿部瑛・川端繁人・石川智士 熊本沿岸漁業におけるワニエソの販売市場拡大が収益に与えた影響. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2010年12月11日, 静岡県浜松市.  

細根一貴・岩田仲弘・難波憲二・石川智士 魚類の呼吸生理に対する懸濁物質の影響-粘土鉱物によるヒラメの呼吸生理反応. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2010年12月11日, 静岡県浜松市.  

中島拓也・山本茂雄・石川智士 三河湾及び周辺地域におけるアサリの遺伝的特長と多様性に関する研究. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2010年12月11日, 静岡県浜松市.  

Akira P. Takagi, Satoshi Ishikawa, Mutsumi Nishida, Hisashi Kurokura, Genetic differentiation and distribution pathways of the bronze featherback Notopterus notopterus and the climbing perch Anabas testudineus in Southeast Asia.. "International Symposium on Biodiversity Sciences 2010, 2010,07,31-2010,08,03, 愛知県名古屋市.  

三好 晃治・矢幡 千晶・花森 功仁子・小倉 久明・葉 信明・鄭新鴻・福井 篤・魚谷 逸朗・石川 智士 マイクロサテライトDNA分析によるサクラエビの遺伝的多様性. 平成22年度日本水産学会春季大会, 2010年03月26日-2010年03月30日, 藤沢市、神奈川.  

石川 智士、松浦 弘之、吉川 尚、深谷 隆春、三浦 正義、石川 金男、林 大、種倉 俊之、松永 育之、早瀬 善正 三河湾幡豆町沿岸域における生物環境データベースの構築―(1). 平成22年度日本水産学会春季大会, 2010年03月26日-2010年03月30日, 藤沢市、神奈川.  

武吉 栄泉・横山 修輔・花森 功仁子・山本 茂雄・石川 智士 三河湾及び浜名湖におけるアサリの遺伝的多様性に関する研究. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2009年12月05日, 浜松市.  

川端 繁人・石川 智士 天草五和におけるイルカウォッチングと漁業者の関係. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2009年12月05日, 浜松市.  

三好 晃治・花森 功仁子・矢幡 千晶・石川 智士 マイクロサテライトDNAマーカーを用いたサクラエビの遺伝的多様性に関する研究. 浜名湖をめぐる研究者の会, 2009年12月05日, 浜松市.  

花森功仁子・岡田喜裕・石川智士・金三津道子・佐藤洋一郎 竹ノ内Ⅱ遺跡より出土したイネ種子のDNA 分析. 日本文化財科学会第26回大会, 2009年07月11日-2009年07月12日, 名古屋大学、愛知.  

山田紗英子・石川智士・佐野幸輔・茶木博之・枝浩樹・Manichit Lathichak・Bouakeo Vongamnat・Chantaboun Sirimanotham・黒倉寿 ラオス北部における養殖普及のための社会学的考察. 平成19年度日本水産学会春季大会, 2007年03月, 東京.  

石川智士・高木映・鄭新鴻・西田睦・福井篤・魚谷逸朗 ミトコンドリアDNA分析によるサクラエビの遺伝的多様性. 平成19年度日本水産学会春季大会, 2007年03月, 東京.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

石川智士 エリアケイパビリティー:地域資源活用のすすめ. 総合地球環境学研究所未来設計イニシアティブ国際シンポジウム2016、多様な自然・文化複合を踏まえた未来可能な社会への転換―地球環境学における新たな挑戦―, 2016年03月05日, 東京都千代田区.  

石川智士 地域創生のための超学際研究を目指して-エリアケイパビリティーアプローチの紹介. 高知大学自然科学系プロジェクト「水・バイオマス」公開シンポジウム, 2016年03月04日, 高知市.  

ISHIKAWA Satoshi Area-capability study for sustainable development in the Coastal zone. 2nd International conference on fisheries and aquatic sciences ICFAS2016, 2016,01,26, Philippines, Iloilo city.  

石川智士 地域創生と環境研究―地域資源活用のすすめ―. 第3回人間文化研究機構メディア懇談会, 2016年01月13日, 東京都港区.  

石川智士 生物多様性と地域開発. 大学共同利用機関シンポジウム2015, 2015年11月19日, 東京.  

ISHIKAWA Satoshi Acoustic technology can contribute positively to the development of area-capability cycles for coastal fisheries. The Ninth Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustic Society, AFAS2015 , 2015,11,16-2015,11,17, Bangkok, Thailand.  

石川智士 海の利用と社会の変化. 「水と社会」・愛知県立大学/総合地球環境学研究所合同セミナー, 2015年08月07日, 京都市北区 地球研.  

ISHIKAWA Satoshi Decision-making process at local coastal communities based on scientific information on biodiversity and ecosystem services. 日本生態学会 Symposium “ Global and regional integration of social-ecological study toward sustainable use of biodiversity and ecosystem services” , 2015,03,21, 鹿児島市.  

石川智士 環境保全、地域開発における環境教育とは:エリアケイパビリティーサイクルと環境教育. 第3回海洋タウンミーティングin石垣島, 2015年02月21日, .  

石川智士 エリアケイパビリティーサイクルとは:地域開発を見直す新たな考え方. 第14回 地球研地域連携セミナー, 2015年02月15日, 大分県宇佐市.  

石川 智士 人と環境の良好な関係とは何か?-エリアケイパビリティーサイクルという考え方. サステナビリティウィーク北大・地球研合同ワークショップ 「地域や人びとに寄り添う研究のあり方とは?」, 2014年11月01日-2014年11月01日, 北海道大学 札幌キャンパス 学術交流会館 (札幌市).  

石川 智士 熱帯沿岸域における資源管理の可能性. システム農学会2014年度秋季大会in京都 シンポジウム「地球環境問題解決へのシステム論的アプローチ」, 2014年10月17日-2014年10月17日, 京都大学 (京都市).  

Satoshi ISHIKAWA How can researchers contribute to promote local institutional ecosystem governance in the coastal zone of Asia?. JSPS Symposium Program "Long-term Sustainability through Place-based, Small-scale economies", 2014,09,26-2014,09,28, The Center for Japanese Studies, UC Berkeley.  

ISHIKAWA,Satoshi Co-design, Co-produce of local people, researchers, and governments for sustainable rural development in Southeast Asian Coastal zone. 東北大学整体適応グローバルCOE、第4回生態適応フォーラム「Interface between Science and Policy」, 2012,12,12-2012,12,13, 宮城県仙台市.  

石川智士 パネリスト. 国際シンポジウム「農林水産研究分野で国際的に活躍できる日本人研究者の育成の現状と課題」、農学知的支援ネットワーク、名古屋大学農学国際教育協力研究センター共催、, 2012,11,09-2012,11,09, 東京都千代田区.  

石川智士 魚の値段はどう決まる?. 2010年度 多文化関係学会年次大会, 2010年10月16日, 静岡県静岡市.  

石川智士 地域力(エリアケイパビリティ)アップに向けたプロジェクト活動. 氷見市市民セミナー, 2010年10月08日, 富山県氷見市.  

石川智士 環境と沖縄. 神奈川県立横浜栄高等学校, 2010年10月06日, 横浜市.  

石川智士 漁業懇話会の活動. 長崎県・長崎市・日本水産学会理事会 主催・特別公開シンポジウム 「震災被災地の水産業と漁村の復興」, 2010年10月02日, 長崎県長崎市.  

石川智士 漁業被災地域からの要望とそれに応じるための支援策とは. 第59 回漁業懇話会講演会, 2010年09月28日, 長崎県長崎市.  

石川智士 漁業・地域・流通をつなぐ技術. 平成22年度日本水産学会漁業懇話会講演会, 2010年02月26日, 神奈川.  

Satoshi Ishikawa Challenging Project on Sustainable use of coastal fisheries resources in Southeast Asia. JSPS-NRCT Joint Seminar 2009, 2009,12,14, Rayong Thailand.  

石川 智士 「タイ沿岸域における水産資源の管理」. 名古屋大学第10回オープンフォーラム, 2009年11月30日, 名古屋大学野依国際交流会館.  

石川 智士 観光と環境保全. 八重山タウンミーティング, 2009年11月13日, 石垣市健康福祉センター.  

石川 智士 「メコン河の魚と人の関わり」. 静岡県静岡市清水区有度国際セミナー, 2009年08月29日, 有度生涯学習センター 静岡.  

石川 智士 サクラエビの遺伝的多様性と産地特定マーカーの作出. 第50回記念東海大学海洋学部産学官交流講演会, 2009年03月13日, 静岡県静岡市清水区商工会議所.  

石川 智士 「生物多様性と地域社会」. 幡豆町町制80周年記念「幡豆の自然の恵みと人々のなりわいを考える」セミナー・愛知県生物多様性キャラバンセミナー, 2008年11月29日, 愛知県幡豆町.  

石川 智士 水産研究と地域開発の統合を目指したネットワーク構築の可能性. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター第9回オープンフォーラム, 2008年10月31日, .  

石川 智士、有元 貴文 東南アジアにおける沿岸域水産資源管理. JSPS-NRCTジョイントセミナー, 2008,10,25, タイ、ラヨーン.  

石川 智士 東南アジアにおける淡水魚の遺伝的多様性と保全について. 第2回生態史研究会, 2008年10月10日, 総合地球環境学研究所.  

石川 智士 カンボジアの水産資源の開発. 東京大学 日本・アジアに関する研究教育ネットワーク研究会, 2007年07月20日, 東京大学農学部.  

石川 智士 トンレサープの魚と人-社会システムの変化と持続的発展の可能性について. 熱帯生態学会公開シンポジウム「エコ・コモンズのゆくえ -熱帯における水・人・生物」, 2005年06月, 京都.  

石川 智士 科学の水産学,国際間の水産学. 東海大学松前重義記念基金学術セミナ-, 2005年05月, 静岡.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

PANEL 1.40 “Small-scale fisheries and coastal communities in Southeast Asia” at “Southeast Asian Studies in Asia” Conference (SEASIA2015), コンビーナー (総括). 2015年12月12日, 京都市左京区 京都国際会館.  

2015年度三河湾市民セミナー「幡豆の海と人々」, 総括 (総括). 2015年12月06日, 愛知県西尾市.  

第3回 地球研・国語研合同セミナー, コンビーナー (コンビーナー). 2015年10月05日, 京都市北区 地球研.  

地球研・国語研合同セミナー, 総括 (総括). 2015年06月12日, 京都市北区 地球研.  

第3回海洋タウンミーティングin石垣島, 総括 (総括). 2015年02月21日, 沖縄県石垣市.  

3rd Joint Seminar of CACE project, Organizer (MC). 2014年10月24日-2014年10月26日, Iloilo and Aklan, Philippines.  

平成26年度日本水産学会春季大会, ミニシンポジウム「微量元素・同位体を指標とした沿岸域の物質動態研究の現状と展望」企画責任者 (企画立案・総括). 2014年03月31日, 北海道函館市.  

平成25年度日本水産学会春季大会・第61回漁業懇話会講演会「グローバル人材育成へのODA活用―水産系大学の取り組みと将来への展開―」 , 主催者 (司会・コンビーナー). 2013年03月26日-2013年03月26日, 東京都港区.  

平成24年度日本水産学会秋季大会・第60回 漁業懇話会講演会・「元気な水産業のために-6次産業化の可能性」, 主催者 (司会・コンビーナー). 2012年09月14日-2012年09月14日, 山口県下関市.  

2008年度日本水産学会春季大会 (大会事務局庶務担当、大会運営全般). 2008年03月27日-2008年03月31日, 静岡県静岡市清水区.  

2006年度日本魚類学会大会 (事務局総務担当、大会運営全般). 2006年10月07日-2006年10月10日, 静岡県静岡市.  

【組織運営】

独立行政法人 水産総合研究センター, 研究課題評価会議・課題評価委員. 2009年-2010年.  

日本水産学会, 漁業懇話会委員. 2008年-2012年. 2011年度 副委員長、2012年度 委員長.  

日本水産学会, 水産教育推進委員会委員. 2008年-2010年.  

調査研究活動

【国内調査】

浜名湖漁業調査. 静岡県浜松市, 2013年02月11日-2013年02月13日. 浜名湖で実施されたエビ放流事業と漁協の活動変化に関する聞き取り調査.  

三河湾沿岸一調査. 愛知県西尾市幡豆町, 2012年06月15日-2012年06月16日. 東幡豆漁協主催の小学生による沿岸生態系調査活動にも参加した.  

【海外調査】

カンボジア・区画漁業権(Lot)停止に伴う小規模漁業の影響調査. カンボジア国, 2013年02月03日-2013年02月09日. 乾季の調査を実施.  

フィリピン国パナイ島沿岸域調査. フィリピン国パナイ島, 2012年09月26日-2012年10月03日. パナイ島北部と南部の漁村において、漁業と水産物利用状況に関する調査.  

ベトナム国フエにおける水産業調査. ベトナム国 フエ, 2012年09月01日-2012年09月06日. フエの沿岸漁業と内陸部における養殖業の実態調査.  

カンボジア・区画漁業権(Lot)停止に伴う小規模漁業への影響調査. カンボジア国, 2012年08月19日-2012年08月26日. 雨季調査.  

マレーシア ペナン島漁村調査. マレーシア国 ペナン島, 2012年08月05日-2012年08月07日.  

タイ国 ラヨーン地域沿岸調査. タイ国 ラヨーン県, 2012年06月17日-2012年06月20日. 定置網設置地域における漁村調査.  

外部資金の獲得

【科研費】

カンボジアの区画漁業権停止が資源管理と小規模漁業に与える影響調査(研究代表者) 2012年04月01日-2014年03月31日. 基盤研究(C) ().  

基盤研究(A)「ラオス全土水質マップ作成による地域ジオ/エコヘルス研究の推進」(研究分担者) 2012年04月01日-2016年03月31日. 基盤研究(A) ().  

基盤研究(A)「東南アジア農山漁村の生業転換と持続型生存基盤の再構築」(研究分担者) 2010年04月01日-2014年03月31日. 基盤研究(A) ().  

「東南アジアにおける水産資源・水圏環境の保全・管理システムに関する研究」(研究分担者) 2007年-2009年. 海外学術調査 ().  

「パプアニューギニアにおける自然環境の資源化と「開発」思想の形成」(研究分担者) 2007年-2009年. ().  

「ウナギ属魚類の起源と進化に関する研究」(研究分担者) 1999年-2001年. 国際学術研究 ().  

 「DNA解析と日齢査定によるウナギの接岸回遊機構の解明」(研究分担者) 1996年-1997年. ().  

「ウナギ属魚類の起源・進化と適応機構に関する研究」(研究分担者) 1996年-1998年. 国際学術研究-海外学術調査 ().  

【各省庁等からの研究費(科研費以外)】

台風30号のフィリピン・ビサヤス地方における住民生活基盤と生態系への影響調査 2014年04月01日-2015年04月30日. 戦略的国際科学技術協力推進事業(J-RAPID).  

【その他の競争的資金】

Trans-system, unified approach for global and regional integration of social-ecological study toward sustainable use of biodiversity and ecosystem services 2015年12月01日-2016年12月31日. Belmont Forum Collaborative Research Action on Scenarios of biodiversity and ecosystem services. Co-PI.  

「サクラエビの遺伝的多様性と産地特定マーカーの作出」 2006年04月01日-2006年03月31日. 財団法人静岡総合研究機構学術教育研究推進事業費補助金交付申請書, 一般研究助成.  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

三菱総合研究所, 水産物流通情報発信・分析委託事業のうち世界の自由貿易体制が我が国の水産業に及ぼす影響の把握・分析」 検討委員会 (委員). 2012年11月-2013年03月.  

三菱総合研究所, 水産資源管理基礎調査 検討委員会 (委員). 2012年05月-2013年03月.  

JICA, 水産資源管理(共同資源管理)国内支援委員会 (委員). 2012年04月-2016年03月.  

農学知的支援ネットワーク, 運営委員会 (委員). 2010年09月-2017年03月.  

東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC), 技術協力委員会委員. 2008年-2016年.  

【共同研究員、所外客員など】

株式会社自然産業研究所, 平成25 年度水産物流通情報発信・分析委託事業のうち世界の自由貿易体制が我が国の水産業に及ぼす影響の把握・分析・検討委員会 (検討委員). 2013年09月-2014年03月.  

京都大学東南アジア研究所, 客員准教授. 2010年04月.  

総合地球環境学研究所, 客員准教授. 2008年04月.  

教育

【非常勤講師】

東海大学, 海洋学部, 海の利用と国際協力. 2013年04月-2016年03月.  

東海大学, 海洋学部, 海の自然観察実習. 2013年04月-2016年03月.  

東海大学, 海洋学部, 砂浜生態系の保全. 2013年04月-2016年03月.  

東海大学, 海洋学部環境社会学科, 環境といきもの. 2012年04月-2016年03月.  

東海大学, 海洋学部環境社会学科, 海洋生態系の保全. 2012年04月-2016年03月.