スタッフ プロフィール

氏名安富 奈津子
氏名(かな)やすとみ なつこ
所属 
職名客員准教授
生年1973
学歴京都大学理学部卒業(1996)
東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程修了(1998)
東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了(2003)
職歴科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業研究員(2003)
総合地球環境学研究所プロジェクト研究員(2009)
総合地球環境学研究所プロジェクト上級研究員(2010)
総合地球環境学研究所特任助教(2010)
総合地球環境学研究所助教(2013)
学位理学博士(東京大学 2003)
理学修士(東京大学 1998)
専攻・バックグラウンド気象学
気候学
所属学会日本気象学会
日本地球惑星科学連合
アメリカ地球物理学連合
アメリカ気象学会
水文・水資源学会
受賞歴JMSJ論文賞(2013)
水文・水資源学会国際賞(2015)
自己紹介アジアモンスーンとENSO、北極振動の年々変動と温暖化との関連について研究してきました。

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

安富奈津子 2014年01月 気候モデルとその利用. 総合地球環境学研究所編 『地球環境学マニュアル2-はかる・みせる・読みとく』. 地球環境学マニュアル, 2. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.12-13.  http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-18046-6/

論文

【原著】

関野 樹, 安富 奈津子 2014年01月 異分野混在の研究資源をいかに残すか?-「地球研アーカイブス」の試み-. 研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2014-CH-101(6) :1-6.  http://id.nii.ac.jp/1001/00098091/

A. Yatagai, K. Kamiguchi, O. Arakawa, A. Hamada, N. Yasutomi, A. Kitoh 2012,09 APHRODITE: Constructing a Long-Term Daily Gridded Precipitation Dataset for Asia Based on a Dense Network of Rain Gauges. Bulletin of the American Meteorological Society 93(9) :1401-1415. DOI:10.1175/BAMS-D-11-00122.1.(査読付).  

M. Inatsu, Y. Satake, M. Kimoto, N. Yasutomi 2012,03 GCM bias of the Western Pacific summer monsoon and its correction by two-way nesting system. Journal of the Meteorological Society of Japan 90B :1-10. DOI:10.2151/jmsj.2012-B01.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2151/jmsj.2012-B01

N. Yasutomi, A. Hamada, A. Yatagai 2011,12 Development of a Long-term Daily Gridded Temperature Dataset and Its Application to Rain/snow Discrimination of Daily Precipitation. Global Environmental Research 15(2) :165-172.(査読付).  http://rihnexap.chikyu.ac.jp/archives/getRepository.do?prkbn=2&achievementId=000012222

Yatagai, A., K. Kamiguchi, O. Arakawa, N. Yasutomi 2010,11 Daily precipitation analysis of using a dense network of rain gauges and satellite estimates over South Asia: Quality control. Proc. SPIE (7856). DOI:10.1117/12.869648.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1117/12.869648

K. Kamiguchi, O.Arakawa, A. Kitoh, A. Yatagai, A. Hamada, N. Yasutomi 2010,05 Development of APHRO_JP, the first Japanese high-resolution daily precipitation product for more than 100 years. Hydrological Research Letters 4 :60-64. DOI:10.3178/hrl.4.60.(査読付).  http://dx.doi.org/10.3178/hrl.4.60

M. Kimoto, N. Yasutomi, C. Yokoyama, S. Emori 2005 Projected changes in precipitation characteristics near Japan under the global warming.. SOLA 1 :85-88. DOI:10.2151/sola. 2005-023.(査読付).  http://dx.doi.org/10.2151/sola. 2005-023

安富奈津子,木本昌秀,2004:夏季アジアモンスーン域の主要変動モード 2004年05月 夏季アジアモンスーン域の主要変動モード. グロースベッター 42 :19-31.  

M. Kimoto, F.-F. Jin, M. Watanabe, N. Yasutomi 2001,02 Zonal-eddy coupling and a neutral mode theory for the Arctic Oscillation.. Geophysical Research Letters 28(4) :737-740. DOI:10.1029/2000GL012377.(査読付).  http://dx.doi.org/10.1029/2000GL012377

安富奈津子, 木本昌秀 1999年05月 エルニーニョと日本の冬季気候との関係について. グロースベッター 37 :57-66.  

その他の出版物

【解説】

谷田貝亜紀代,安富奈津子,齋藤仁美,石原幸司 2011年01月 エクセターワークショップ「21世紀の挑戦に応える地上気温データセットの作成」参加報告. 水文・水資源学会誌 24(1) :50-57.  

谷田貝亜紀代,安富奈津子,齋藤仁美,石原幸司 2011年01月 ワークショップ「21世紀の挑戦に応える地上気温データセットの作成」参加報告. 天気 58(1) :47-53.  

木本昌秀,Fei-Fei Jin, 渡部雅浩, 安富奈津子 2001年 北極振動の力学. 月刊海洋/号外特集 24 :157-161.  

【報告書】

安富奈津子 2015年03月 列島プロジェクトにおける知の跳躍. 総合地球環境学研究所「知の跳躍」プロジェクト編 イノベーションの場としての地球研 知はいかに跳躍するか(イリ河プロジェクト、列島プロジェクト、エリアケイパビリティプロジェクト). 総合地球環境学の総合評価システム構築事業, 人間文化研究機構機構長裁量経費, pp.92-190.  

安富奈津子 2012年03月 地点観測に基づく高解像度グリッドデータの作成. 平成23年度「異常気象と長期変動」研究集会報告. , pp.140-143.  

谷田貝亜紀代、渡邉 紹裕、窪田 順平、鼎 信次郎、谷口 真人、安富 奈津子、鬼頭昭雄、上口賢治 2011年07月 環境省環境研究総合推進費終了研究成果報告書 アジアの水資源への温暖化影響評価のための日降水量グリッドデータの作成(A-0601). アジアの水資源への温暖化影響評価のための日降水量グリッドデータの作成, 環境省環境研究総合推進費 (A-0601), 92pp.  

安富奈津子,木本昌秀 2007年03月 地球温暖化下での夏季アジアモンスーンの主要変動モード . 平成18年度「異常気象と長期変動」研究集会報告. , pp.165-170.  

安富奈津子,木本昌秀 2007年 夏季アジアモンスーン域の主要変動モード. 研究領域「水の循環系モデリングと利用システム」研究課題「階層的モデリングによる広域水循環予測」最終報告書. 階層的モデリングによる広域水循環予測, 戦略的創造研究推進事業 CREST, .  

安富奈津子,木本昌秀 2005年03月 2004 年夏の再現実験. 平成16年度「異常気象と長期変動」研究集会報告. , pp.23-27.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

渡辺一生, 柿岡諒, 濱田信吾, 王智弘, 安富奈津子 2015年01月 トランスディスプリナリティを議論する 現地ワークショップを終えて. 地球研ニュース (52) :6-8.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/2517/newsletter_52.pdf

安富奈津子, 佐野雅規, 橋本慧子, 山下正弘, 熊澤輝一 2015年01月 サイエンス教育から考える地球環境学 自然はこんなに不思議でおもしろい!気づく気持ちをどう植えつけるのか. 地球研ニュース (52) :12-15.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/2517/newsletter_52.pdf

安富奈津子, 佐野雅規, 橋本慧子, 山下正弘, 熊澤輝一, 檜山哲哉 2014年11月 サイエンス教育から考える地球環境学 キッズセミナーの経験に学ぶ「伝える技量」. 地球研ニュース (51) :8-11.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/2438/NL51Web.pdf

安成哲三, 遠藤愛子, 安富奈津子 2013年11月 地球研アーカイブスはいかにあるべきか. 地球研ニュースレター (45) :2-4.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/1863/NL45s.pdf

会合等での研究発表

【口頭発表】

安富奈津子 地球研アーカイブズの現状と課題: 学際・プロジェクト研究成果の収集・公開・利活用. オープンサイエンスデータ推進ワークショップ, 2015年12月08日, 京都市.(本人発表).  

安富奈津子 地球研アーカイブスにおける地球環境学際研究データの収集と利用. コアプロジェクトFS 第1回研究会 オープンサイエンス時代の社会協働に基づく地球環境研究を支援する情報サービスの実現, 2015年10月02日, 地球研.(本人発表).  http://rihnexap.chikyu.ac.jp/archives/getRepository.do?prkbn=2&achievementId=000020238

関野 樹, 安富 奈津子 異分野混在の研究資源をいかに残すか?. 第101回 情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会発表会, 2014年01月25日, 同志社大学.  

N. Yasutomi Effects of increase of observation data input on terrestrial climatological mean temperature over Asia. 日本地球惑星連合2013年大会, 2013,05,19-2013,05,23, 千葉県千葉市.(本人発表).  

A. Yatagai, K. Kamiguchi, O. Arakawa, N. Yasutomi, A. Kitoh APHRODITE: Constructing a Long-term Daily Gridded Precipitation Dataset for Asia Based on a Dense Network of Rain Gauges. International Conference on Open data & Information for a changing planet , 2012,10,28-2012,10,31, Taipei, Taiwan.  

N. Yasutomi, A. Hamada, A. Yatagai Development of Long-term Daily Temperature Dataset Based on Observation. AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly 2012, 2012,08,13-2012,08,17, Sentosa, Singapore.(本人発表).  

安富奈津子,濱田篤,上口賢治,荒川理,谷田貝亜紀代 APHRODITE気温観測データに基づく日平均グリッドデータと雨雪判別情報の作成. 日本地球惑星連合2012年大会, 2012年05月20日-2012年05月25日, 千葉県千葉市.(本人発表).  

安富奈津子 地点観測に基づく高解像度グリッドデータの作成. 第8回「異常気象と長期変動」研究集会, 2011年11月08日-2011年11月09日, 京都府宇治市.(本人発表).  

安富奈津子,上口賢治,濱田篤,荒川理,谷田貝亜紀代 長期高解像度日平均降水データからみた20世紀初頭からの日本の梅雨期降水の長期変化. 日本気象学会秋季大会, 2010年10月27日-2010年10月29日, 京都府京都市.(本人発表).  

N. Yasutomi, A. Hamada, K. Kamiguchi, O. Arakawa, A. Yatagai Changes in the seasonal march of East Asian summer monsoon variability analysed in a 57-year highly resoluted daily precipitation dataset. Western Pacific Geophysics Meeting, 2010,06,22-2010,06,25, Taipei, Taiwan.(本人発表).  

N. Yasutomi, K. Kamiguchi, O. Arakawa, A. Hamada, A. Yatagai Changes in the seasonal march of the East Asian summer monsoon rainfall analysed in highly resoluted daily gridded data. 日本地球惑星連合2010年大会, 2010,05,23-2010,05,28, 千葉県千葉市.(本人発表).  

安富奈津子 高解像度日平均降水データから求めた夏季降水の季節進行と長期変化. 日本気象学会2009年秋季大会, 2009年11月25日-2009年11月27日, 福岡市.(本人発表).  

N. Yasutomi Time evolution of the east Asian summer monsoon analysed in highly-resolved gridded precipitation data based on observed rain gauges . The 4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, 2009,11,08-2009,11,10, 茨城県つくば市.(本人発表).  

安富奈津子,木本昌秀,江守正多 CCSR/NIES/FRCGC T106 CGCM から得られた地球温暖化時の夏季アジアモンスーン域の主要変動モード. 日本気象学会2006年秋季大会, 2006年10月25日-2006年10月27日, 名古屋市.(本人発表).  

安富奈津子,木本昌秀,江守正多 CCSR/NIES/FRCGC T106 AGCMによって再現された日本付近の降水分布. 日本気象学会2004年秋季大会, 2004年10月06日-2004年10月08日, 福岡市.(本人発表).  

N. Yasutomi, M. Kimoto Principal modes of Asian summer monsoon variability. The 4th International Symposium on Asian monsoon systems, May 2004, Kunming, China.(本人発表).  

N. Yasutomi, M. Kimoto Detection and dynamics of Asian summer monsoon variability. International Asian monsoon symposium, February 2004, Honolulu, USA.(本人発表).  

N. Yasutomi, M. Kimoto Principal modes of Asian summer monsoon variability. The 3rd International Symposium on Asian monsoon systems, December 2001, 沖縄県那覇市.(本人発表).  

【ポスター発表】

安富奈津子 地上気温気候平均場における高地観測データ入力の影響評価. 日本気象学会2015年秋季大会, 2015年10月27日-2015年10月29日, 京都市.(本人発表).  

Natsuko Yasutomi Estimated changes in climatological mean temperature in highland region of South Asia by increasing observational data input. 12th Annual meeting of Asia Oceania Geosciences Society, 2015,08,03-2015,08,07, Singapore.(本人発表).  

安富奈津子・関野樹 地球研アーカイブズにおける地球環境学際研究データの収集と利用. 日本地球惑星連合2015年大会, 2015年05月24日-2015年05月28日, 千葉県千葉市.(本人発表).  http://rihnexap.chikyu.ac.jp/archives/getRepository.do?prkbn=2&achievementId=000019957

Yasutomi, N. Effects of increase of observational data input on terrestrial climatological mean temperature over Asia. AOGS-AGU(WGPM) Joint Assembly 2014, 2014,07,28-2014,08,01, 北海道札幌市.(本人発表).  

Yasutomi, N., T. Sekino RIHN Archives - for transdisciplinary research on global environmental studies. 日本地球惑星連合2014年大会, 2014,04,28-2014,05,02, 神奈川県横浜市.(本人発表).  

A. Yatagai, N. Yasutomi, A. Hamada, A. Kitoh, K. Kamiguchi, O. Arakawa APHRODITE: Constructing a Long-term Daily Gridded Precipitation Dataset for Asia Based on a Dense Network of Rain Gauges. European Geosciences Union General Assembly 2012, 2012,04,22-2012,04,27, Vienna, Austria.  

濱田篤,上口賢治,荒川理,安富奈津子,谷田貝亜紀代 雨量計観測に基いた長期高解像度日降水グリッドデータセットAPHRODITEの作成. 日本気象学会春季大会, 2010年05月23日-2010年05月26日, 東京都渋谷区.  

A. Hamada, K. Kamiguchi, O. Arakawa, N. Yasutomi, A. Yatagai A 57-year Daily Gridded Precipitation Dataset for Asia Based on a Dense Network of Rain Gauges -APHRODITE project-. European Geosciences Union General Assenbly, 2010,05,03-2010,05,07, Vienna, Austria.  

N. Yasutomi, M. Kimoto Principal modes of Asian summer monsoon variability: Detection and changes . American Geophysical Union, 2009 Fall Meeting, 2009,12,14-2009,12,18, San Francisco, USA.(本人発表).  

A. I. Yatagai, N. Yasutomi, A. Hamada, K. Kamiguchi, O. Arakawa A 47-Year Daily Gridded Precipitation Dataset for Asia Based on a Dense Network of Rain Gauges -APHRODITE project-. American Geophysical Union, 2009 Fall Meeting, 2009,12,14-2009,12,18, San Francisco, USA.(本人発表).  

N. Yasutomi, M. Kimoto Detection and dynamics of Asian summer monsoon variability. XXIII General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics, July 2003, 札幌市.(本人発表).  

安富奈津子,木本昌秀 北半球夏季アジアモンスーン域主要変動モードの維持形成機構. 日本気象学会2003年春季大会, 2003年05月21日-2003年05月24日, 茨城県つくば市.(本人発表).  

安富奈津子,木本昌秀 北半球夏季におけるアジアモンスーン域の主要変動モード -その時間・空間発展. 日本気象学会2001年秋季大会, 2001年10月10日-2001年10月12日, 岐阜市.(本人発表).  

安富奈津子,木本昌秀 北半球夏季におけるアジアモンスーン域の主要変動モード. 日本気象学会2001年春季大会, 2001年05月08日-2001年05月10日, 東京都文京区.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

阿部健一、安富奈津子 「花街のおかあさんに聞く 環境問題と京の衣食住」対談. 第60回地球研市民セミナー, 2014年10月17日, 京都市.  http://archives.chikyu.ac.jp/archives/MaterialR.do?shiryouid=5981

阿部健一、安富奈津子 パネルディスカッション座長. 第13回地球研フォーラム「地球環境をどうデザインするか」, 2014年07月12日, 京都市.  http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/event/forum/13/index.html

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

日本気象学会2015年秋季大会, 実行委員 (保育施設利用支援、女性の集い企画運営). 2015年10月28日-2015年10月30日, 京都市.  

その他の成果物等

【標本・資料などの蒐集、データセットの構築】

アジアの水資源への温暖化影響評価のための日降水量/日平均気温グリッドデータの作成 (日平均気温データの作成) 2012年04月. http://www.chikyu.ac.jp/precip/.  http://www.chikyu.ac.jp/precip/

調査研究活動

【海外調査】

タイ・ラヨーンにおける漁業者と気象当局者への聞き取り調査およびデータ収集. タイ王国ラヨーン県、バンコク, 2015年02月27日-2015年03月05日.  

海外研究動向調査. 北京市, 2013年07月01日-2013年07月05日.  

外部資金の獲得

【科研費】

日平均および気候平均気温グリッドデータに対する高地観測データ入力の重要性の評価(研究代表者) 2015年04月-2018年03月. 基盤研究(C)(一般) (15K05291).  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

ネーチャー・クライシス 水が鳴らす警鐘 連載第22回. 日本経済新聞, 2009年12月27日 朝刊.  

教育

【非常勤講師】

京都学園大学, バイオ環境学部, 地球科学. 2013年04月-2013年09月.  

同志社大学, 理工学部環境システム学科, 環境システム学概論. 2011年05月-2011年05月.