総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名川端 善一郎
氏名(かな)かわばた ぜんいちろう
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名教授
着任日2005-04-01
離任日 
生年1946
学歴東北大学理学部生物学科卒業(1971)
東北大学大学院理学研究科修士課程修了(1973)
東北大学大学院理学研究科博士課程退学(1975)
職歴東北大学理学部文部技官 (1975)
東北大学理学部助手(1977)
愛媛大学農学部講師(1981)
愛媛大学農学部助教授(1983)
愛媛大学農学部教授 (1996)
京都大学生態学研究センター教授(1998)
愛媛大学沿岸環境科学研究センター教授(併任)(1999)
総合地球環境学研究所教授(2005)
学位理学博士(東北大学 1977)
理学修士(東北大学 1973)
専攻・バックグラウンド微生物生態学
水域生態系生態学
所属学会日本生態学会
日本微生物生態学会
日本陸水学会
日本水処理生物学会
環境バイオテクノロジー学会
日本水産学会
水環境学会
環境科学会
国際理論応用陸水学会
日本自然保護協会
受賞歴平成12年度愛媛出版文化賞(共著)(2000)
自己紹介人間の環境改変が感染症の発生拡大を招くという仮説を実証し、感染症を未然に防ぐ環境を明らかにします。
ホームページhttp://www.chikyu.ac.jp/z/z-top.html

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

川端 善一郎 2010年10月 遺伝子の水平伝播. 立本成文 日高敏隆監修 総合地球環境学研究所編 地球環境学辞典. 弘文堂, 東京, pp.72-73.

川端 善一郎 2010年10月 コイヘルペスウイルス感染症. 立本成文 日高敏隆監修 総合地球環境学研究所編 地球環境学辞典. 弘文堂, 東京, pp.284-285.

川端 善一郎 2010年10月 淡水生物多様性の危機. 立本成文 日高敏隆監修 総合地球環境学研究所編 地球環境学辞典. 弘文堂, 東京, pp.168-169.

川端 善一郎 2009年12月 水質改善から健康な湖つくりへ−湖が持つ共通な性質. 信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所編 山岳科学ブックレットNo.3「山と自然に魅せられて-研究の現場から未来への提言-」. 中日新聞社, 愛知県, pp.42-44.

川端 善一郎 2009年 人と思考過程の相互作用. 服部 勉・日本土壌微生物学会編編 「過去」と対話してみませんか?. 博友社, pp.117-120.

川端 善一郎 2009年 水質改善から健康な湖つくりへ−湖が持つ共通な性質. 信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所編編 山と自然に魅せられて−研究の現場から未来への提言. 山岳ブッックレット, 3. 中日新聞社, pp.42-44.

川端 善一郎 2008年11月 カスケード効果. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.162.

川端 善一郎 2008年11月 ミクロコスム. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.950.

川端 善一郎 2008年11月 食物網. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.513-514.

川端 善一郎 2008年11月 食う食われる関係. 本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.270.

川端 善一郎 2008年11月 エコトロン. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.76.

川端 善一郎 2008年11月 メソコスム. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.965.

川端 善一郎 2008年11月 生食連鎖. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.570.

川端 善一郎 2008年11月 生食者. 日本科学者会議編集編 環境事典. 旬報社, 東京, pp.570.

川端 善一郎 2006年10月 病原微生物と人間の相互作用環. 日本微生物生態学会教育研究部会編 微生物ってなに?. 日科技連, 東京, pp.184-194.

川端 善一郎他 2006年03月 . 日本陸水学会編 陸水の事典. 講談社サイエンティフィック, 東京都, pp.1-578.

論文

【原著】

Honjo M. N., Minamoto, T., Kawabata, Z 2012,03 Reservoirs of Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3) DNA in sediments of natural lakes and ponds. Applied and Environmental Microbiology 155:183-190. DOI:10.1016/j.vetmic.2011.09.005 (査読付).

Perrings, C., Naeem, S., Ahrestani, F., Bunker, D. E., Burkill, P., Ganziani, G., Elmqvist, T., Ferrati, R., Fuhrman, J., Jaksic, F., Kawabata, Z., Kinzig, A., Mace, G. M., Milano, F., Mooney, H., Prieur-Richard, A. H., Tschirhart, J., and Weisser, W 2011,11 Ecosystem services, targets and indicators for the conservation and sustainable use of biodiversity. Frontiers in Ecology and the Environment 9:512-520. DOI:10.1890/100212 (査読付).

Kawabata, Z., Minamoto, T., Honjo, MN., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, AA., Kohmatsu, Y., Asano, K., Itayama, T., Ichijo, T., Omori, K., Okuda, N., Kakehashi, M., Nasu, M., Matsui, K., Matsuoka, M., Kong , H., Takahara, T., Wu, D., and Yonekura, R 2011,10 Environment-KHV-carp-human linkage as a model for environmental diseases. Ecological Research. DOI:10.1007/s11284-011-0881-9 (査読付). Special feature

Fuma S, Kawaguchi I, Kubota Y, Yoshida S, Kawabata Z, Polikarpov GG 2011,09 Effects of chronic γ-irradiation on the aquatic microbial microcosm: equi-dosimetric comparison with effects of heavy metals. Journal of Environmental Radioactivity. DOI:DOI: 1016/j.jenvrad.2011.09.005 (査読付).

Kawabata, Z 2011,09 Environmental change, pathogens, and human linkages. Part 1: ecological case studies. Ecological Research 26(5):863-864. DOI:10.1007/s11284-011-0875-7 (査読付). Special Fuature

Minamoto, T., Honjo, M. N., Yamanaka, H., Uchii, K., and Kawabata, Z 2011,07 Nationwide Cyprinid herpesvirus 3 contamination in natural rivers of Japan. Research in Veterinary Science. DOI:10.1016/j.rvsc.2011.06.004 (査読付).

Takahara, T., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Honjo, M., Minamoto, T., Yonekura, R., Itayama, T., Kohmatsu, Y., Ito, T., Kawabata, Z 2011,07 Stress response to temparature fluctuation during a day of common carp Cyprinus carpio L. Hydrobiologia 675(1):65-73. DOI:10.1007/s10750-011-0796-z (査読付).

Minamoto, T., Honjo, M.N.,Yamanaka, H., Tanaka, N., Itayama, T., Kawabata, Z. 2011,06 Detection of cyprinid herpesvirus 3 DNA in Lake Plankton. Research in Veterinary Science 90(3):530-532. DOI:10.1016/j.rvsc.2010.07.006 (査読付).

Uchii, K., Telschow, A., Minamoto, T., Yamanaka, H., Honjo, M. N., Matsui, K., Kawabata, Z 2011,02 Transmission dynamics of an emerging infectious disease in wildlife through host reproductive cycles. ISME Journal 5(2):244-251. DOI:10.1038/ismej.2010.123 (査読付).

Yamanaka, H., Sogabe, A., Handoh, I. C., Kawabata, Z. 2011,01 The effectiveness of clove oil as an anaesthetic on adult common carp, Cyprinus carpio L. Journal of Animal and Veterinary Advances 10(2):210-213. DOI:10.3923/javaa.2011.210.213 (査読付).

Yamamura, N., Telschow, A., Uchii, K., Kawabata, Z. 2011,01 A basic equation for population dynamics with destruction of breeding habitats and its application to outbreak of cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3). Ecological Research 26(1):181-189. DOI:10.1007/s11284-010-0775-2 (査読付).

Minamoto T., Yamanaka H., Takahara T., Honjo M. N., Kawabata Z 2011 Surveillance of fish species composition using environmental DNA. Limnology. DOI:10.1007/s10201-011-0362-4 (査読付).

川端 善一郎 2011年 環境疾患予防学という生態系保全の新しい視点. 日本野生動物医学学会誌 16(2):83-88. (査読付).

Kawabata, Z 2011 Environmental change, pathogens, and human linkages. Part 2: concepts and perspectives. Ecological Research. DOI:10.1007/s11284-011-0885-5 (査読付). in press. Special Feature

Perrings, C., Naeem, S., Ahrestani, F., Bunker, D. E., Burkill, P., Ganziani, G., Elmqvist, T., Ferrati, R., Fuhrman, J., Jaksic, F., Kawabata, Z., Kinzig, A., Mace, G. M., Milano, F., Mooney, H., Prieur-Richard, A. H., Tschirhart, J., and Weisser, W. 2010,12 Biodiversity Transcends Services. Science 330(6012):1744-1745. DOI:10.1126/science.330.6012.1744-c (査読付).

Perrings, C., Naeem, S., Ahrestani, F., Bunker, D. E., Burkill, P., Canziani, G., Elmqvist, T., Ferrati, R., Fuhrman, J., Jaksic, F., Kawabata, Z., Kinzig, A., Mace, G. M., Milano, F., Mooney, H., Prieur-Richard, A. H., Tschirhart, J., and Weisser, W. 2010,10 Ecosystem services for 2020. Science 330(6002):323-324. DOI:10.1126/science.1196431 (査読付).

Yamanaka, H., Kohmatsu, Y., Minamoto, T. and Kawabata, Z. 2010,04 Spatial variation and temporal stability of littoral water temperature relative to lakeshore morphometry: environmental analysisi from the view of fish thermal ecology. Limnology 11(1):71-76. DOI:10.1007/s10201-009-0281-9 (査読付).

Honjo, M. N., Minamoto, T., Matsui, K., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Iida, T. and Kawabata, Z. 2010,01 Quantification of cyprinid herpesvirus 3 in environmental water by using an external standard virus. Applied Environmental Microbiology 76(1):161-168. DOI:10.1128/AEM.02011-09 (査読付).

内井 喜美子、川端 善一郎 2009年12月 コイヘルペスウイルス病の侵入を外来種問題として捉える(総説). 陸水学会誌 70(3):267-272. DOI:10.3739/rikusui.70.267 (査読付). 特集:生物学的侵入と人間活動

Xuechu Chen, Xiaodong Wang, Hainan Kong, Deyi Wu, Shengbin He, Zen'ichro Kawabata 2009,12 Seasonal variation of mixing depths and its influence on phytoplankton dynamics in the Zeya reservoir, China. Limnology 10(3):159-165. DOI:10.1007/s10201-009-0292-6 (査読付).

Minamoto, T., Honjo, M. N. and Kawabata, Z. 2009,11 Seasonal distribution of cyprinid herpesvirus 3 in Lake Biwa, Japan. Applied Environmental Microbiology 75(21):6900-6904. DOI:10.1128/AEM.01411-09 (査読付).

Uchii, K., Matsui. K., Iida, T. and Kawabata, Z. 2009,10 Distribution of the introduced cyprinid herpesvirus 3 in a wild population of common carp (Cyprinus carpio). Journal of Fish Diseases 32(10):857-864. DOI:10.1111/j.1365-2761.2009.01064.x (査読付).

Minamoto T., Honjo M. N., Uchii K., Yamanaka H., Suzuki A. A., Kohmatsu Y., Iida T.and Kawabata Z. 2009,03 Detection of cyprinid herpesvirus 3 DNA in river water during and after an outbreak. Vet. Microbiol 135(3-4):261-266. DOI:DOI:10.1016/j.vetmic.2008.09.081. (査読付).

Matsui, K., Honjo, M., Kohmatsu, Y., Uchii, K., Ryuji Yonekura, R. and Kawabata, Z. 2008,01 Detection and significance of koi herpesvirus (KHV) in freshwater environments. Freshwater Biology 53(6):1262-1272. DOI:10.1111/j.1365-2427.2007.01874.x (査読付).

Sekino, T. Genkai-Kato, M. Kawabata, Z. i. Melnik, N. G. Logacheva, N. P. Belykh, O. I. Obolkina, L. A. Bondarenko, N. A. Khodzher, T. V. Gorbunova, L. A. 2007,12 Role of phytoplankton size distribution in lake ecosystems revealed by a comparison of whole plankton community structure between Lake Baikal and Lake Biwa. Limnology 8(3):227-232. DOI:10.1007/s10201-007-0218-0 (査読付).

Miki, T., Ueki, M., Kawabata, Z. and Yamamura, N. 2007,07 Long-term dynamics of catabolic plasmids introduced to a microbial community in a polluted environment: mathematical model. FEMS Microbiology Ecology 62(2):211-221. DOI:10.1111/j.1574-6941.2007.00357.x (査読付).

Uchii, K., Okuda, N., Yonekura, R., Karube, Z., Matsui, K. and Kawabata, Z. 2007,04 Trophic polymorphism in bluegill sunfish (Lepomis macrochirus) introduced into Lake Biwa: Evidence from stable isotope analysis. Limnology 8(1):59-63. DOI:10.1007/s10201-006-0196-7 (査読付).

Honjo, M., Matsui, K., Ishii, N., Nakanishi, M. and Kawabata, Z. 2007,01 Viral abundance and its related factors in a stratified lake. Archiv fuer Hydrobiologie  168(1):105-112. DOI:10.1127/1863-9135/2007/0168-0105 (査読付).

Dudgeon, D., Arthington, A. H., Gessner, M.O., Kawabata, Z., Knowler, D. J., Leveque, C., Naiman, R. J., Prieur-Richard, A., Soto, D., Stiassny, M. J. and Sullivan, C. A. 2006,05 Freshwater biodiversity: importance, threats, status and conservation challenges. The Biological Reviews 81(2):163-182. DOI:10.1017/S1464793105006950 (査読付).

Uchii, K., Matsui, K., Yonekura, R., Tani, K., Kenzaka, T., Nasu, M. and Kawabata, Z 2006,04 Genetic and Physiological Characterization of the Intestinal Bacterial Microbiota of Bluegill (Lepomis macrochirus) with Three Different Feeding Habits. Microbial Ecology 51(3):277-284. DOI:10.1007/s00248-006-9018-z (査読付).

Kawabata, Z. and Czeschlik, D 2006,04 Online first publication. Limnology 7(1):1. DOI:10.1007/s10201-006-0168-y (査読付).

Honjo, M., Matsui, K., Ueki, M., Nakamura, R. Fuhrman, J. A. and Kawabata, Z 2006,03 Diversity of virus-like agents killing Microcystis aeruginosa in a hyper-eutrophic pond. Journal of Plankton Research 28(4):407-412. DOI:10.1093/plankt/fbi128 (査読付).

【総説】

内井 喜美子、川端 善一郎. 2009年 コイヘルペスウイルス病の侵入を外来種問題として捉える(総説). 陸水学会誌 70:267-272.

その他の出版物

【解説】

川端善一郎  2006年 1.土と基礎の生態学.2.生態系の特性.. 土と基礎 54(10):30-36.

【報告書】

川端善一郎 2007年 研究成果報告書. アクアトロンを用いた水域生態系における遺伝子伝播経路の解析, 平成16年度〜18年度科学研究費補助金 (基盤研究(A)), 175pp.

Kawabata, Z. 2006年 Gene dynamics in natural aquatic ecosystems. Report of granted research. The Asahi Glass Foundation, 20pp.

Naiman, R.J., Prieur-Richard, A-H.,Arthington, A.,Dudgeon, D., Gessner, M. O., Kawabata, Z., Knowler, D.,O’Keeffe, J., Leveque, C., Soto, D., Stiassny, M. and Sullivan, C. (2006) freshwaterBIODIVERSITY: Challenges for freshwater biodiversity research. DIVERSITAS Report N°5:48. . . .

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

川端 善一郎 2012年 地球研プロジェクト「病原生物と人間の相互作用環」の挑戦と得られた結果:生態学コミュニティーに向けて. 京都大学生態学研究センターニュース :5. 京都大学生態学研究センター

川端 善一郎 2012年 地域で考え世界に発信する共生の知恵 − 琵琶湖はいきもののゆりかご. ハーモニーvol. 39 (5月号)第9回いっしょに地球をさわってみよう.地球研発わくわく自然塾 :13-14.

川端 善一郎 2011年05月 つながっている研究. 京都大学生態学研究センター創立20周年記念誌、センターニュース特別号 :19-20.

湯本 貴和、川端 善一郎、山村 則男、酒井 章子、神松 幸弘、遠藤 崇浩  2010年04月 特集1.COP10に向けて.座談会「COP10に向けて」. Humanity & Nature Newsletter地球研ニュース 25:2-4.

川端 善一郎 2010年01月 病原生物と人間の相互作用環. 天地人(RIHN-Cina Newsletter) 9:4-5.

川端 善一郎 2008年11月 国際シンポジウム「Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages」から国際共同イ二シアティブ研究へ始動. 京都大学生態学研究センターニュース 102:15-16.

川端 善一郎 2008年10月 環境疾患予防学事始. 天地人RIHN-Cina Newsletter 4:7.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/95/Tenchijin_news4.pdf

川端 善一郎 2007年 土と基礎の生態学.8.講座を終えるにあたって. 土と基礎 55(3):41-42.

会合等での研究発表

【口頭発表】

Kawabata Z, Environments–Pathogen–Host Linkage, Symposium on Interactions of Pathogen–Host with Environments. The East Asian Federation of Ecological Societies, 2012.03.21, Otsu, Japan.

Kawabata Z, Summary and perspectives, Symposium on Interactions of Pathogen–Host with Environments. The East Asian Federation of Ecological Societies, 2012.03.21, Otsu, Japan.

高原 輝彦、土居 秀幸、源 利文(地球研)、山中 裕樹、川端 善一郎 湖水中に溶存するDNA断片から魚類のバイオマスを推定する. 日本生態学会, 2012.03.17-2012.03.21, 大津.

内井 喜美子、源 利文、川端 善一郎 新興病原体コイヘルペスウイルスの野生宿主個体群における持続性. 日本生態学会, 2012年03月17日-2012年03月21日, 大津.

Honjo, M. N., Minamoto, T. and Kawabata, Z Seasonal and spatial distribution of Cyprinid herpesvirus 1 and Cyprinid herpesvirus 2 in Lake Biwa, Japan. The 59th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, 2012.03.17-2012.03.21, Otsu, Japan.

Takahara T, Doi H, Minamoto T, Yamanaka H, and Kawabata Z, Detection and Quantification of Fish Presence/Biomass using Environmental DNA to Monitor Population Sustainability. Hiroshima International Symposium on Sustainability Sciences, 2012.03.08, Hiroshima.

川端 善一郎 趣旨説明:水辺の保全と琵琶湖の未来可能性. 第10回地球研地域連携セミナー, 2012年01月14日, 大津.

川端 善一郎 病原生物と人間の相互作用. 京都大学生態学研究センター, 2012.01.13, 大津.

川端 善一郎 感染症を生み出す人間活動. 報道関係機関と地球研との懇談会, 2011年12月12日, 京都.

府馬 正一, 川口 勇生, 久保田 善久, 吉田 聡, 川端 善一郎 ガンマ線の連続照射がモデル実験生態系に与える影響:重金属との比較. 放射線影響学会, 2011年11月, 神戸.

Kawabata Z, Synthesis, Beyond Collapse: Transformation of human-environmental relationships, past, present and future. RIHN 6 th International Symposium, 2011.10.28, Kyoto.

Kawabata Z, Linkage of environmental alteration, pathogen and human. Symposium on Emergence of viral Diseases: Ecology and Evolution of Koi Herpes Virus, 2011.07.04-2011.07.06, Muenster, Germany.

板山 朋聡, Whangchai Niwoot, Chitmanat Chanagun, 川端 善一郎 タイ北部ピン河の河川環境と養魚への影響調査研究. 日本水環境学会年会, 2011年03月18日, 札幌.

源 利文、山中 裕樹、本庄 三恵、川端 善一郎 環境DNAを用いた魚類相把握法の開発. 第58回 日本生態学会札幌大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.

高原 輝彦, 山中 裕樹, 鈴木 新, 本庄 三恵, 源 利文, 米倉 竜次,板山 朋聡, 神松 幸弘, 伊東 尚史, 川端 善一郎 コイにとっての岸辺環境の有用性とストレス回避のトレードオフ. 第58回日本生態学会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.

内井 喜美子、奥田 昇、源 利文、川端 善一郎 コイヘルペスウイルス病が琵琶湖の野生型コイへもたらした影響. 第58回 日本生態学会札幌大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.

山中 裕樹、源 利文、高原 輝彦、川端 善一郎 水温の変動パタンが魚類の生理コストに与える影響について. 第58回 日本生態学会札幌大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.

山中 裕樹、源 利文、Deyi Wu、Hainan Kong、Liu Bin、Zhi-hong Wei5、川端 善一郎 中国雲南省Erhai湖における水温の時空間分布パターン. 日本陸水学会第75回大会, 2010年09月17日-2010年09月20日, 弘前.

源 利文、本庄 三恵、山中 裕樹、内井 喜美子、川端 善一郎 全国の自然河川におけるコイヘルペスウイルスの分布. 日本陸水学会第75回大会, 2010年09月17日-2010年09月20日, 弘前.

本庄 三恵、源 利文、山中 裕樹、高原 輝彦、川端 善一郎 琵琶湖内湖におけるコイヘルペスウイルスの時空間的変動. 日本陸水学会第75回大会, 2010年09月17日-2010年09月20日, 弘前.

村上 和人、稲森 隆平、稲森 悠平、杉浦 桂、鹿野 秀一、川端 善一郎、雨宮 隆 水処理等における環境評価リスク評価のためのマイクロコズムを活用した解析技法. 第13回日本水環境学会シンポジウム, 2010年09月08日, 京都.

Tomoaki Itayama, Masahiro Koide, Nobuyuki Tanaka, Tomoyuki Yasukawa, Tomokazu Matsue, Zen'ichiro Kawabata Development of microdevices and measurement methods in water environmental studies. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010.05.13-2010.05.18, The Hebrew University, Jerusalem, Israel.

Mie N. Honjo, Toshifumi Minamoto, and Prof. Zen'ichiro Kawabata Detection of cyprinid herpesvirus-3 (CyHV-3) in environmental water and sediments. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010.05.13-2010.05.18, The Hebrew University, Jerusalem, Israel.

Toshifumi Minamoto, Mie N. Honjo, and Prof. Zen'ichiro Kawabata Seasonal dynamics of CyHV-3 in natural freshwater environments. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010.05.13-2010.05.18, The Hebrew University, Jerusalem, Israel.

Kawabata, Z. Linkage of environment, KHV and humans. Workshop on the Linkage between CyHV-3(KHV) and Humans, 2010.05.13-2010.05.18, The Hebrew University, Jerusalem, Israel.

本庄 三恵、源 利文、川端 善一郎 堆積物におけるヘルペスウイルスの検出・定量. 日本生態学会, 2010年03月17日, 東京.

源 利文、本庄 三恵、内井 喜美子、山中 裕樹、鈴木 新、神松 幸、米倉 竜次、大森 浩二、板山 朋聡、田中 伸幸、浅野 耕太、白江 祐介、奥田 昇、川端 善一郎 コイヘルペスウイルス感染症と人間の相互作用環. 日本生態学会, 2010年03月17日, 東京.

川端 善一郎 環境疾患予防学と生態学. 日本生態学会, 2010年03月17日, 東京.

山村 則男、Telschow, A., 内井 喜美子 繁殖場の破壊−個体群動態−コイへルペスの大流行. 日本生態学会, 2010年03月17日, 東京.

田中 伸幸(NPO法人環境生態工学研究所)、板山 朋聡(明星大学)、本庄 三恵、源 利文、川端 善一郎(地球研) 環境水中の低密度ウイルスに対する濃縮システムの開発. 水環境学会年会, 2010年03月15日-2010年03月17日, 福岡.

山村 則男、内井 喜美子、川端 善一郎、Arndt Telschow. A basic equation for population dynamics with destruction of breeding habitats and its application to outbreak of KHV disease. 個体群生態学会, 2009年10月17日-2009年10月18日, 同志社大学 京都.

源 利文、本庄 三恵、川端 善一郎 琵琶湖におけるコイヘルペスウイルスの動態解析. 第74回日本陸水学会, 2009年09月17日, 大分.

山中 裕樹, 曽我部 篤, 大森 浩二, 源 利文, 内井 喜美子, 本庄 三恵, 鈴木 新, 神松 幸弘, 川端 善一郎 野外におけるコイの行動性体温調節とその季節変化:コイヘルペスウイルス病蔓延時期との対応について. 第74回日本陸水学会, 2009年09月17日, 大分.

Yamamura, N., Telschow, A., Uchii, K. and Kawabata, Z. A basic equation for population dynamics with destruction of breeding habitats and its application to outbreak of KHV disease. 日本数理生物学会, 2009年09月09日-2009年09月11日, 東京駒場.

内井 喜美子、米倉 竜次、松井 一彰、奥田 昇、川端 善一郎 新たな餌資源への適応を腸内細菌群集の変化から考える:移入種ブルーギルをモデルに. 日本生態学会, 2009年03月19日, 松山.

山中 裕樹、神松 幸弘、源 利文、本庄 三恵、内井 喜美子、鈴木 新、川端善一郎 湖岸形態と水温分布:魚類への影響の考察 . 日本生態学会, 2009年03月18日, 盛岡.

内井 喜美子・Arndt Telschow, 川端 善一郎 宿主繁殖生態を利用した病原ウイルスの伝播メカニズム. 日本生態学会, 2009年03月17日, 東京.

山中 裕樹、曽我部 篤、大森 浩二、源 利文、三木 健、齋藤 保久、内井 喜美子、本庄 三恵、鈴木 新、神松 幸弘、川端 善一郎 コイの行動性体温調節と環境水温の時空間的不均一性がコイヘルペスウイルス症の蔓延に与える影響について. 日本生態学会, 2009年03月17日, 東京.

源 利文、本庄 三恵、川端 善一郎 琵琶湖におけるコイヘルペスウイルスの分布と季節変化. 第56回日本生態学会大会, 2009年03月17日-2009年03月21日, 岩手県岩手郡滝沢村、盛岡市.

内井 喜美子, 川端 善一郎 外来病原微生物コイヘルペスウイルスの在来宿主個体群への定着機構. 日本生態学会第56回大会, 2009年03月17日-2009年03月21日, 盛岡市.

内井 喜美子, 石原 猛, 浅野 耕太, 川端 善一郎 コイヘルペスウイルスの侵入とコイ産業. 日本陸水学会第73回大会, 2008年10月10日-2008年10月13日, 札幌市.

本庄 三恵、源 利文、松井 一彰、内井 喜美子、山中 裕樹、鈴木 新、神松 幸弘、飯田 貴次、川端 善一郎 環境水中に存在するコイヘルペスウイルスの定量. 日本陸水学会第73回大会, 2008年10月10日-2008年10月13日, 札幌市.

Tanaka, N., i Itayama, T., Minamoto,T., Honjo, M., and Kawabata, Z Development of a rapid concentration system for virus in environmental water.. 12th International Conferarence on Integrated Diffuse Pollution Management (IWA DIPCON 2008), Research Center for Environmental and Hazardous Substance Management (EHMS), 2008.08.25-2008.08.29, タイ.

石井 伸昌、府馬 正一、中森 泰三、川端 善一郎 講演要旨161 マイクロコズムを用いた実験から見えてくるもの:細胞外DNAとメタトランスクリプトーム解析. 日本進化学会, 2008年08月22日-2008年08月24日, 東京.

Kawabata Z., Minamoto T., Honjo M. N., Uchii K.,Yamanaka H., Suzuki A., Kohmatsu Y. KHV-carp-human linkages: a case study in Lake Biwa, Japan. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008.06.11-2008.06.12, 京都. (本人発表).

川端 善一郎  コメント:エコロジカルリスク管理と自然再生. 平成18年度発足特定領域研究「持続可能な発展の重層的環境ガバナンス」シンポジウム, 2008年03月21日, 京都.

川端 善一郎 環境中の細菌を迅速・高精度に検出する。. 第80回日本細菌学会総会 ワークショップ, 2007年03月26日, 大阪.

川端 善一郎 病原生物と人間の相互作用環. 日本生態学会、自由集会, 2007年03月22日, 松山.

Kawabata, Z. Cross-cutting networks with emphasis on freshwater biodiversity. GEOSS Symposium on Integrated Observation for Sustainable Development in the Pacific Region. Tokyo. , 2007.01.12.  http://www.earthobservations.org

【ポスター発表】

高原 輝彦、山中 裕樹、鈴木 新、本庄 三恵、源 利文、米倉 竜次、板山 朋聡、神松 幸弘、伊東 尚史、川端 善一郎 コイにとっての岸辺環境の有用性とストレス回避のトレードオフ. 第58回 日本生態学会札幌大会, 2011年03月08日-2011年03月12日, 札幌.

Kawabata, Z. Destruction of littoral zone, koi herpesvirus, and human linkages: A case study of Lake Biwa, Japan. DIVERSITAS Open Science Conference(DIVERSITAS OS2), 2009.10.14-2009.10.16, Cape Town, South Africa..

Uchii, K., Matsui, K. and Kawabata,Z. Distribution of cyprinid herpesvirus 3 in a wild population of common carp (Cyprinus carpio). International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2009.06.11, 京都.

山中 裕樹、神松 幸弘、源 利文、本庄 三恵、内井 喜美子、鈴木 新、川端 善一郎 湖岸形態と水温分布:魚類への影響の考察. 日本生態学会第56回全国大会, 2009年03月17日-2009年03月21日, 盛岡市.

松井 一彰、本庄 三恵、川端 善一郎、内井 喜美子 大腸菌における遺伝子水平伝播経路を指標にした淡水環境特性の評価. 第24回日本微生物生態学会, 2008年11月25日-2008年11月28日, 札幌.

Minamoto, T., Honjo, N. M., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki, A. A., Kohmatsu, Y., Kawabata, Z. Detection of koi herpesvirus DNA from natural river water. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages , 2008.06.11, 京都.

Honjo, N. M., Minamoto, T., Matsui, K., Uchii, K., Yamanaka, H., Suzuki,A. A., Kohmatsu, Y., Iida, T., Kawabata, Z. Quantification method of Koi herpesvirus (KHV) in environmental water using cation-coated filtermethod and external standard virus. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008.06.11, 京都.

Itayama, T., Tanaka, N., Honjo, N. M., Minamoto, T., Kawabata, Z. Development of an on site rapid concentration system for virus in environmental water. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages, 2008.06.11, 京都.

Yamanaka, H., Sogabe, A., Kohmatsu, Y., Minamoto, T., Honjo, N. M.,Uchii, K., Suzuki, A. A., Omori, K., Kawabata, Z. Relationship of lake morphometry and shore configuration to the temperature distribution inlagoons, and implications for its effect on fish health. International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages , 2008.06.11, 京都.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

川端 善一郎 環境疾患予防学という生態系保全の新しい視点. シンポジウム「保全医学的考え方に基づく感染症とのつきあい方2」、第16回日本野生動物医学会, 2010年09月02日, 福岡.

Kawabata, Z. KHV and human linkage. Faculty of Fisheries Technology and Aquatic Resource.Maejyo University, 2010.06.07, Cheng Mai, Thailand.

川端 善一郎 感染症モデルとしてのコイヘルペスウイルス病. シンポジウム保全医学的考え方に基づく感染症とのつき合い方, 2009年09月04日, 富山.

Kawabata, Z. Environmental change, pathogen, and human linkage :A case study of Lake Biwa, Japan. (invited). Special Symposium, Aquatic Ecosystem Restoration, World City Water Forum 2009(WCWF2009), 2009.08.21, Inchon, Korea.

Kawabara, Z. Concept of environmental disease. , 2009.06.25, Dali, Yunnan, China.

川端 善一郎 コイヘルペルウイルス感染症を事例とした病原生物と人間の相互作用環の解明. シンポジウム:生態学と持続可能性科学の新しい関係、日本生態学会, 2009年03月18日, 盛岡.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

Interactions of pathogen-host with environments, The 5th EAFES International Congress. 2012年03月21日, Otsu, Japan.

New ecologies of disease: Observing and theorizing human-pathogen interactions, RIHN 6th International Symposium, Beyond Collapse: Transformation of human-environmental relationships, past (present and future). 2011年10月26日-2011年10月28日, Kyoto.

International Symposium on Environmental Change, Pathogens, and Human Linkages , 主催 (総合環境学研究所 プロジェクト 「病原生物と人間の相互作用環」 ). 2008年06月11日-2008年06月13日, 京都.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/34/20080611_final_English_poster.pdf

調査研究活動

【国内調査】

全国の一級河川における病原生物の生態調査 . 全国, 2008年07月-2008年08月.

【海外調査】

水環境・住血吸虫調査. ロイトックトック(ケニヤ), 2011年03月30日-2011年04月08日.

水質・ウイルス調査. アーハイ(中国雲南省大理市), 2011年02月24日-2011年03月02日.

水質・ウイルス調査. ピン河(タイ、チェンマイ), 2011年02月05日-2011年02月08日.

水質・ウイルス調査. アーハイ(中国雲南省大理市), 2010年11月20日-2010年11月27日.

水質・ウイルス調査. アーハイ(中国雲南省大理市), 2010年08月02日-2010年08月12日.

水質・ウイルス調査. ピン河(タイ、チェンマイ), 2010年07月05日-2010年07月11日.

水質・ウイルス調査. アーハイ(中国雲南省大理市), 2010年05月29日-2010年06月04日.

水質調査. アーハイ(中国), 2010年03月21日-2010年03月28日.

水質調査. アーハイ(中国), 2010年01月15日-2010年01月23日.

水質調査. アーハイ(中国), 2009年06月20日-2009年06月28日.

水質調査. 中国雲南省大理市アーハイ, 2009年02月23日-2009年03月03日.

岸辺環境改変調査(現地視察 川端・呉). 浙江省 太湖, 中国, 2008年07月10日-2008年07月14日.

巣湖における水辺の環境調査. 中国 巣湖市, 2007年04月.

外部資金の獲得

【科研費】

アクアトロンを用いた水域生態系における遺伝子伝播経路の解析(研究代表者) 2005年-2007年. 基盤研究(A)  (平成16年度〜18年度科学研究費補助金).

【受託研究】

マイクロコズムを用いた生態系リスク影響評価システム手法の開発 2010年04月-2011年03月. 環境省環境研究・技術開発推進, 戦略指定領域.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

日本水処理生物学会, 編集委員.

Journal of Environmental Biotechnology, 編集委員.

日本微生物生態学会, 評議委員.

日本学術振興会, 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員.

京都大学生態学研究センター, 運営員会委員.

DIVERSITAS, ecoSERVICE委員.

日本野生動物医学会, 感染症対策委員会委員.

日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会, DIVERSITAS小委員会委員.

【共同研究員、所外客員など】

京都大学生態学研究センター専門委員会常設委員会将来計画委員会, 委員 .

京都大学生態学研究センター, 協力研究員.

国立環境研究所, 客員研究員.

愛媛大学沿岸環境科学研究センター, 客員研究員.

独立行政法人新エネルギー・産業技総合開発機構(NEDO), 技術委員.

国際生物多様性科学委員会(DIVERSITAS)淡水生物多様性委員会, 委員.

中国Erhai 湖沼環境研究, 中心研究顧問.

京都大学生態学研究センター, 客員教授.

【依頼講演】

環境疾患セミナー KHV-Carp-Human Linckages: case study in Lake Biwa, Japan. 大阪大学大学院 薬学研究科 講義, 2008年10月29日, 吹田市.

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

知遊自在、学問オフロード.異分野交流 開く新天地.重要度増す基礎研究. 朝日新聞, 2012年02月27日 夕刊, 4面.

Koi-Karpfen-Virus im Visier: Deutsch-japonische Tagung zu Evolution und Oekologie des Ki-Herpesvirus. 2011年06月29日, Universitaet Muenster .  http://www.wwu.de/Rektorat/exec/upm.php?rubrik=Alle&neu=1&monat=201106&nummer=14447

Deutsch-japanische Tagung zum Koi-Herpesvirus. Recklinghaeuser Zeitung, 2011年06月29日.  http://www.recklinghaeuser-zeitung.de/nachrichten/region/muenster/Deutsch-japanische-Tagung-zum-Koi-Herpesvirus;art1331,499600

Herpesvirus bedroht Zierfische, Muensterlaendische Volkszeitung. Muensterland, 2011年06月29日.  http://www.mv-online.de/aktuelles/muensterland/1574143_Herpesvirus_bedroht_Zierfische.html

Deutsch-japanische Tagung zum Koi-Herpesvirus. 2011年06月29日, MuensterscheZeitung .  http://www.muensterschezeitung.de/lokales/muenster/Deutsch-japanische-Tagung-zum-Koi-Her pesvirus;art993,1332110

ネイチャー・クライシス、水が鳴らす警鐘、汚濁した湖、再生に挑む. 日本経済新聞, 2009年11月29日 朝刊, 11面.

ネイチャー・クライシス、水が鳴らす警鐘、コイヘルペスなお危険. 日本経済新聞, 2009年11月22日 朝刊, 11面.

山ひと自然28−研究の現場から. 中日新聞, 2009年11月14日 朝刊, 17面.

コイヘルペスまだ存在. 朝日新聞, 2009年10月09日(ネット版、滋賀版).

琵琶湖に高濃度KHV、北区の研究所調査、自然界に定着判明. 読売新聞, 2009年10月09日 朝刊, 31面.

琵琶湖コイヘルペス高濃度、地球環境研教授ら調査「大量発生恐れも」. 京都新聞, 2009年10月09日 朝刊, 32面.

コイヘルペス琵琶湖に定着か、地球環境研調査. 毎日新聞, 2009年10月09日 朝刊, 26面.