スタッフ プロフィール

氏名村松 伸
氏名(かな)むらまつ しん
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名教授
生年1954
学歴東京大学工学部建築学科卒業(1978)
東京大学工学系大学院建築学専攻博士課程(1980)
東京大学工学系大学院建築学専攻博士課程満期退学(1987)
職歴東京大学生産技術研究所助手(1988)
ソウル国立大学建築学科客員研究員(学術振興会若手研究者)(1991)
ハーヴァード大学芸術学部客員研究員(文部省短期在外研究員)(1997)
東京大学生産技術研究所助教授(2004)
東京大学生産技術研究所教授(2008)
総合地球環境学研究所教授(2009)
学位工学博士(1988)
専攻・バックグラウンドアジア都市・建築・空間史
アジア近代建築および町並みの保存と再生
受賞歴第15回大平正芳賞(1999)
JIA ゴールデングローブ賞2011 特別賞

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

村松伸、趙斉、近藤亮介編 2015年03月 風を感じる―異なるディシプリンと出会うとき. 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム多文化共生・統合人間学プログラム (IHS) 「共生のプラクシス」教育プロジェクト, 107pp.  

伊東豊雄、村松伸、太田浩史、田口純子 2014年12月 伊東豊雄 子ども建築塾. LIXIL出版  

村松伸+達古袋なかなか大学校編 2014年01月 達古袋三十六景‐風景が力をもつ時‐. 総合地球環境学研究所, 79pp  

村松伸+京都・岡崎「百人百景」実行委員会 2013年04月 「百人百景」京都市岡崎. シリーズ 人と風と景と. 京都通信社, 96pp.  

【分担執筆】

村松伸 2010年 東西近代建築研究三十年之我見. 中国近代建築 建築与保護 七. 清華大学出版社, pp.3-8.  

村松伸 2010年 『アジア近代建築総覧』構築の動向と課題. 日本近代建築史研究の軌跡『日本近代建築総覧』刊行から30年を考える. 日本建築学会, pp.26-27.  

村松伸 2010年 Savagery and Civilization Ito Chuta : An Architectural in Asia. THE CRESCEND and THE SUN Three Japanese in Istanbul. , pp.147-158.  

村松伸 2010 日本的中国古代建築資料収集状況及今後的課題. 数字化視野下的円明園. 中西書局, 北京, pp.44-46. (中国語)  

Shin Muramatsu 2009,01 Why and How We Should Inherit Urban Environment Cultural Resources:Identifying,Listing,Evaluating,and Making Good Use of Urban Environmental Cultural Resources in Asia. Y.Fujio・T.Noguchi  (ed.) Stock Management for Sustainable Urban Regeneration. Springer, pp.57-65.  

村松伸、木村武史、加藤雄三、沖大幹 2008年 千年持続学の確立. 木村武史編 千年持続学の構築. 人社シリーズ本, 13. 東信堂, 東京都文京区.  

村松伸 2007年 空間文化資源の評価とその継承-異なる時空の建築都市を視る意味. 藤野陽三、野口貴文編 アーバンストックの持続再生. 技報堂出版.  

著書(編集等)

【監修】

mAAN INDONESIA Shin Muramatsu (superviseor) 2008,05 rumaha silaban silaban’s house. , (英語,その他)  

論文

【原著】

ヤマンラール水野 美奈子 , 長場 紘 , 村松 伸 [他] 2014年06月 世界の中の日本・日本の中の世界(2007-2009年) : イスタンブル旧日本総領事館と日本の文明開化思潮 (世界の中の日本、日本の中の世界 : イスタンブル旧日本総領事館と日本の文明開化思潮). 龍谷大学国際社会文化研究所紀要 (16) :9-59.  

新田龍希・林憲吾・三村豊・村松伸 2008年 住宅の形態に見る近代パレンバンの文化交流・融合・混在 インドネシア・パレンバンの都市環境文化資源に関する研究その2. 日本建築学会学術講演梗概集 .  

野儀和人、浦田智子、村松伸 2007年07月 住宅変容過程におけるロシア・ソビエトの侵入と伝統空間 サマルカンドの都市・建築研究その7. 日本建築学会学術講演梗概集 :335-336.  

亀井由紀子、村松伸 2007年 歴史的遺産の保全をめぐる国家と住民の関係性 サマルカンドの都市・建築研究その 8. :337-338.  

その他の出版物

【解説】

村松伸 2013年06月 メガ都市と地球環境問題―地球研メガ都市プロジェクトからの経験を通して. 人文学研究情報誌『HUMAN――知の森へのいざない』 (2) :133-141.  

村松伸 2008年03月 街を視る力、街に参加する力―街理解リテラシー構築プログラムの試みー. 建築雑誌 (123) :32.  

村松伸 2007年12月 全球都市全史学のミッションとは何ですか?. 10+1 (49) :172-173.  

村松伸 2009年07月 撤去という保存―継承の知恵を育てる. すまいろん2009夏すまいのテクノロジー :48.  

【報告書】

村松伸 2015年03月 地方小都市の再生モデルの構築―震災復興を契機とした矢吹町のまちづくり― 特集に関して. 生産研究 67巻2号. , pp.139.  

藤井恵介、王貴祥、村松伸 2015年03月 SEIKEN SYMPOSIUM 東アジア前近代建築・都市史円卓会議報告書『東アジア建築史研究の現状と課題』. ,  

村松伸 2015年02月 むらとまちのアイドル:なかなか遺産と小さな地域への統合的貢献. 人間文化研究機構 連携研究「アジアにおける自然と文化の重層的関係の歴史的解明」最終年度成果報告書. , pp.405-412.  

Shin Muramatsu, Ami A Meutia, Yuta Uchiyama 2014年10月 Development of Green Open Space in Jakarta Megacity-Past, Present and Future. ,  

村松伸編 2008年10月 ジャカルタプレインタビュー調査報告書. , 125pp.  

村松伸 2008年03月 普通のアジア都市に立ち向かう時―メダン・アクションスタディのねらい. 東京大学21世紀COEプログラム「都市空間の持続再生学の創出」編 メダンを事例とした投入資源制約下の適正成長戦略の構想(メダンアクションスタディー)最終報告書. , pp.3.  

【書評】

村松伸 2015年03月 晴れときどき書評 人性みな善なり! 『 朱子学』. 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所報「地球研ニュース」 隔月刊 Humanity & Nature Newsletter 53 :15.  

【その他の著作(商業誌)】

村松伸 2012年09月 「まち環境」を学びほぐす京都・岡崎 百人百景. 総合教育機関ECC『ハーモニー』 (40) :13-14.  

村松研究室 2011年 連載 大学の勉強って こんなにおもしろい!第17回. 四谷大塚ドリーム・ナビ .  

村松伸、岡部明子、石川幹子 2009年07月 グリーンな都市が、未来の地球を救う. Pen (248) :42-45.  

村松伸 2008年07月 特集「上海」-進化する都市の未来へ。. ヒルズクラブ (30) :2-3.  

村松伸 2008年06月 小川一真 落日の紫禁城を記録する. 芸術新潮 :117.  

Shin Muramatsu 2008年04月 I WISH THAT YOU HAVE MANY SILABA. Sketsa (24) :66-67.  

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

村松伸 2014年04月 アンケート東大教師が新入生にすすめる本. University Press 43(4) :25-26.  

村松伸 2014年03月 東アジア建築文明圏のなかの日本建築. 奈良から日本と東アジアの未来を考える NARASIAQ 7 :16-21.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

村松伸 How can knowledge produced by the humanities contribute to global environmental issues? −The Experience of RIHN’s Megacities Project −. 地球環境問題に対する人文的アプローチに関する国際ワークショップ , 2013年03月16日, 京都大学・稲盛財団記念館 .  

村松伸、谷川竜一 パダンの都市形成と建築遺産―震災復興にむけて. 古都の震災―2009年9月西スマトラ地震で壊れなかったもの, 2009年11月21日, 京都大学稲盛財団記念館2階213号室.(本人発表).  

村松伸 . 国際シンポジウム「東アジアの都市環境文化資源をいかに継承するか?」, 2009年06月03日-2009年06月04日, 東京都目黒区. (日本語,中国語) (本人発表).  

【ポスター発表】

東京大学村松研究室 なかなか遺産. 東京大学生研公開, 2013年05月31日-2013年06月01日, 東京大学生産技術研究所.  

東京大学村松研究室 都市の拡大・縮小の原因を歴史的に解明する:全球都市全史プロジェクト. 東京大学生研公開, 2008年05月29日-2008年05月31日, 東京大学生産技術研究所.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

村松伸 なかなか遺産とその意義. なかなか遺産 森文「旭館」認証記念講演会, 2015年03月22日, 愛媛県喜多郡内子町.  

村松伸 Asia’s Megacities will Save the Earth! – Megacities and Sustainability. ジャボデタベック2015・国際シンポジウム, 2015年03月16日-2015年03月17日, インドネシア・ボゴール.  

村松伸 自然とともに都市でしみじみ生きる. 「都市と生物多様性」研究会, 2015年03月05日, 兵庫県神戸市.  

村松伸 Towns, Villages and their Icons: Using Local Standards to Revive Local Communities. CULTURAL URBAN RENAISSANCE Urban Regeneration through Culture in East Asia KIA会議, 2014年11月07日, 韓国 光州.  

村松伸 パネルディスカッション. 竹中環境シンポジウム2014-爆発するアジア、その環境と建築・都市, 2014年10月10日, 東京都江東区.  

村松伸 建築家伊東忠太が東京都慰霊堂に遺したもの. 首都防災ウィーク関連企画 連続シンポジウム「記憶をつなぐ、いま語り継ぐこと」, 2013年06月29日, 東京都慰霊堂.  

村松伸 繭倉の解体―そして何もなくなった!?. 「近代木造の哀しみーなぜ近代木造は滅びていくのか」, 2012年03月26日, 東京大学生産技術研究所 コンベンションホール.  

村松伸 都市の多様性-その生成の仕組みと保全. 中国環境問題研究拠点国際シンポジウム, 2009年11月02日, 中国・上海.  

村松伸 『環境人』を育てる-渋谷区立上原小学校『ぼくらは街の探検隊』5年間の試みー. 2009年度第6回東京大学AGSサステイナビリティ戦略セミナー, 2009年09月18日, 東京大学理学部1号館小柴ホール.  

村松伸 Together with the Global Community, Putting Life into Asian Industrial Heritage: the mAAN Strategy. 国際産業遺産会議, 2009,08,22-2009,09,02, ドイツ・ミュンヘン.  

村松伸 都市とは?―5000 年の歴史とその未来. 高校生のための金曜講座 第5 回, 2009年05月15日, 東京大学18号館ホール.  

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

東京大学駒場リサーチキャンパス生研公開 (ポスターギャラリー展示「都市は地球の友だちか」). 2014年06月06日-2014年06月07日.  

東京大学駒場リサーチキャンパス生研公開 (シンポジウム「身近なまちから創発する学問・社会リテラシー:『ぼくらはまちの探検隊』の10年を通して」). 2014年06月06日.  

ワークショップ「第10回 ぼくらは街の探検隊(2013年、渋谷区立上原小6年生×東京大学)―都市リテラシイの構築と普及―」. 2014年06月03日, 先端科学技術研究センター4号館2階講堂.  

ワークショップ「第9回 ぼくらは街の探検隊(2013年、渋谷区立上原小6年生×東京大学)―都市リテラシイの構築と普及―」 (企画). 2013年05月31日, 東京大学生産技術研究所.  

Atap Jakaruta Monthly Seminar Series, Sttering Committee. 2013年05月25日-2014年04月19日, ジャカルタ(インドネシア).  https://www.atap-jakarta.org/en/column/the-second-seminar-will-be-held-on-15th-june

ワークショップ 都市リテラシー構築, 大会委員長 (運営、監督). 2013年04月10日-2013年05月31日, 渋谷区上原小学校、東京大学生産技術研究所.  http://www.shinlab.iis.u-tokyo.ac.jp/sukoyuru/kids/

シンポジウム「持続可能なまちづくりとは?福島県矢吹町と東京大学生産技術研究所の協働の試み」, 代表メンバー. 2013年04月05日, 東京大学生産技術研究所 .  

展示会「矢吹百人百景 大正ロマンの館展」. 2012年07月08日-2012年07月16日, 福島県西白河郡矢吹町.  

ワークショップ「第8回ぼくらは街の探検隊発表会(2012年、渋谷区立上原小学校6年生x東京大学)-都市リテラシイの構築と普及ー」. 2012年06月01日, 東京大学生産技術研究所.  

展示会「京都岡崎百人百景」京都岡崎展, 代表 (総括). 2012年05月16日-2012年05月21日.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/topics/2012/event_120304_annai.html

矢吹町復興まちづくり合同会議, 代表メンバー (ワークショップ開催、アドバイザー). 2012年05月01日-2013年, 福島県西白河郡矢吹町やぶき復興まちづくりセンター.  

展示会「京都岡崎百人百景」京都上賀茂展. 2012年04月18日-2012年04月24日, 総合地球環境学研究所.  

第10回 ジャカルタ都市研究会 アジア・メガ都市の価値観を捕捉する, プロジェクト代表. 2012年02月04日, 東京大学生産技術研究所.  

シンポジウム主催 「大槌の未来につなぐ:記録から記憶へ、そして、教育」. 2011年12月11日, 岩手県大槌町中央公民館.  

ワークショップ「第4回ぼくらは街の探検隊発表会2008 アーバン・リテラシィ教育プログラム」 (企画). 2008年05月29日, 東京大学生産技術研究所.  

その他の成果物等

【企画・運営(展示など)】

mAAN Sutudies, . 2012年02月10日, 東京大学生産技術研究所.  

シンポジウム参加 「大槌の過去、現在、未来を考える車座会議」, . 2011年10月10日, 岩手県大槌町中央公民館.  

公開特別講演会 Envisioning the Future of East Asian Mega-Urban Regions -Challenges of Development and Sustainability- (東アジアにおけるメガ・アーバン・リージョンの将来像), . 2011年10月03日, 東京大学中島董一郎記念ホール(農学部フードサイエンス棟).  

ワークショップ「第7回 ぼくらは街の探検隊(2011年、渋谷区立上原小6年生×東京大学)―都市リテラシイの構築と普及―」, . 2011年06月06日, .  

東京大学生研公開 展示「鎮魂と再生:インド、ボパールの化学工場」, . 2011年06月03日-2011年06月04日, 東京大学生産技術研究所.  

アートイベント shibuya1000 第4回, . 2011年03月03日-2011年03月11日, 渋谷駅地下コンコース.  

アートイベント shibuya1000 第3回, . 2011年02月05日-2011年02月13日, 渋谷駅地下コンコース.  

国際シンポジウム「東アジアの都市環境文化資源をいかに継承するか?」, 実行委員 (企画・運営). 2009年06月03日-2009年06月04日, 東京大学生産技術研究所An棟コンベンションホール.  

繭倉ワークショップ, (企画・運営). 2007年, 福島県須賀川市市民会館.  

【創作活動】

Silaban Workshop (監修) 2008年. DVD, 自費作成. (日本語,英語)  

ぼくらはまちの探検隊 (監修) 2008年. DVD, 自費作成.  

【その他】

2008年 「ジャカルタヘリテイジマップ」  

調査研究活動

【国内調査】

小学生のための都市遺産・資産発見プログラム. 代々木上原, 2014年05月.  

小学生のための都市遺産・資産発見プログラム. 代々木上原, 2004年05月-2012年05月.  

東日本大震災 復興調査 岩手県 大槌町 おもかげプロジェクト. 岩手県 大槌町 矢吹町, .  

なかなか遺産. 一関市達古袋小学校、愛媛県内子町 森文「旭館」, .  

矢吹復興まちづくり車座会議. , .  

京都町屋遺産・資産「岡崎百人百景」. , .  

【海外調査】

世界の17都市居住類型調査. コルカタ(インド), 2013年03月23日-2013年03月31日.  

まち環境リテラシー 都市部交通体系視察調査. ロスアンゼルス(アメリカ), 2013年03月02日-2013年03月12日.  

文化的対応物件調査. ジャカルタ(インドネシア)、シンガポール(シンガポール)、ソウル(韓国), 2012年09月13日-2013年.  

まち環境リテラシー教育調査. ヘルシンキ(フィンランド)、イエーティポリ(スウェーデン, 2012年06月02日-2012年06月15日.  

歴史的建物遺産保存方法および都市部の建物保村再生,都市保全についての調査. 北京、上海、広州(中国)、ボパール(インド)、韓国, 2009年04月-2014年03月.  

外部資金の獲得

【その他の競争的資金】

都市環境分化資源の総合評価手法の構築とその循環モデルの検証ーインドネシア全域への展開と日本への還元 2009年04月01日-2011年03月30日. 奨学寄付金, 人文社会分野.  

社会活動・所外活動

【依頼講演】

. 「ハウスビジョン 2013TOKYO EXHIBITION」トークセッション, 2013年03月18日, 東京 お台場・青海駅前特設会場.  

達古袋小学校の保存活用 文化的・建築的な価値について. 達古袋小学校の保存活用, 2012年12月06日, 岩手県一関市 達古袋小学校.  

今後の中国・アジアでの建築設計フィールド. 国際連続シンポジウム「外に出よう!建築家02」, 2012年09月29日, 東京都渋谷区 JIA館.  

街のつながりを探す-まち環境への文化適応の価値. すかがわ復興防災まちづくり活動, 2012年09月23日, 福島県須賀川市中央公民館.  

伊東忠太と都市京都. NHK文化センター京都教室「えこえこてくてく:京都エコロジー散歩」, 2012年07月25日, .  

「都市に関する5つの疑問:都市は地球を救えるのか?」. NExTプログラム共通講義, 2012年07月20日, .  

【メディア出演など】

学会の生態系 (対談). 2013年07月,建築雑誌 (2013年7月号) :8-13.  

「まち環境」を学びほぐす京都・岡崎 百人百景. 2012年09月,総合教育機関ECC機関誌「ハーモニー」 (40号) :13-14.  

フロンティア列伝「都市の健康 未来へ調整」. 朝日新聞, 2012年04月04日 夕刊(京都版), 5面.  

唐招提寺平成の大改修 4000日の全記録 (コメンテーター). BS-TBS, 2009年11月26日.  

【その他】

2015年03月28日 「子供建築塾 千駄ヶ谷のまち公開発表会」 講師:伊東豊雄、太田浩史、村松伸   会場:東京大学先端科学技術研究センター4号館2階大講堂  

2015年03月22日 森文「旭館」なかなか遺産第2号認証式  

2015年01月24日 袋井百人百景シンポジウム パネリスト:村松伸、松隈章(聴竹居倶楽部代表) 会場:静岡県袋井市総合センター4階・大会議室  

2014年11月05日 京都国際環境シンポジウム 分科会:テーマ「都市間協働による東アジアの持続可能な低炭素都市づくり」 コーディネーター:村松伸 会場:国立京都国際会館 アネックスホール  

2014年10月18日 びわ湖・こどもアートセッション2014 in大津 ワークショップ「びわ湖のほとりで妖怪“とともに”を探そう!―びわ湖と人の関係を考えよう―」 講師:村松伸 会場:びわ湖ホール 研修室  

2014年06月14日 UTalk:「まち」と和合する 福武ホール1階UTカフェ  ゲスト:村松伸  

2014年03月09日 伊藤建築塾における子供建築塾、こどもけんちく研究会  「子ども建築塾 恵比寿のまち公開発表会」   講師:伊東豊雄、太田浩史、村松伸   会場:東京大学先端科学技術研究センター4号館2階大講堂  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

住民力でこれからも 内子旭館「なかなか遺産」認証式. 愛媛新聞, 2015年03月23日 朝刊, 9面.  

和風建築にバルコニー、櫓、そして内子住民の愛と情熱 旭館は「なかなか遺産」 これは!と「国際委員会」認証. 愛媛新聞, 2015年03月19日 朝刊, 9面.  

旭館 なかなかユニーク. 読売新聞, 2015年03月15日 朝刊(愛媛版), 33面.  

旭館が「なかなか遺産」に. 産経新聞, 2015年03月13日 朝刊(愛媛版), 26面.  

3月22日に指定書授与 旭館が「なかなか遺産」. 週刊 愛媛経済レポート, 2015年03月09日 .  

昭和初期の風情・住民の愛情 旧映画館 なかなか遺産に. 朝日新聞, 2015年02月27日 朝刊(愛媛版), 29面.  

旭館で石巻復興映画、「なかなか遺産」認定も. 週刊 愛媛経済レポート, 2014年12月29日 .  

快適な居住性確保 竹中工務店環境シンポ. 建設通信新聞, 2014年10月14日 朝刊, 3面.  

「爆発するアジアの建築・都市」テーマ 竹中工務店が環境シンポ. 日刊建設工業新聞, 2014年10月14日 朝刊, 3面.  

長~く愛して 岩手の旧小学校 廊下119.125メートル 「なかなか遺産」第1号. 朝日新聞, 2014年09月13日 夕刊(大阪版), 7面.  

走りたい 廊下119メートル 残したい―岩手の旧校「なかなか遺産」1号. 朝日新聞, 2014年09月12日 夕刊, 15面.  

旧達古袋小 長さなかなか 国際推進委 「遺産」第1号に認定. 岩手日日新聞社 IWANICHI ONLINE, 2014年08月25日 .  

最新の科学を実感 矢吹中生徒が東大見学. 福島民報, 2013年06月08日 , 17面.  

東大生研と福島・矢吹町 持続可能な復興へ覚書 まちむすびも本格始動. 建設通信新聞, 2012年07月09日 朝刊, 2面.  

2012再起 復興託す大正ロマン 矢吹の被災洋館 街活性化へ再生 地元連携し計画始動. 福島民報, 2012年05月01日 朝刊, 21面.  

教育

【博士論文等の審査】

(2014) 7件(博士4件、修士3件).  

(2012) 4件.  

【非常勤講師】

京都精華大学, 京都町屋遺産・資産「エコロジー空間論」. 2011年04月-2014年03月.  http://www.chikyu.ac.jp/archive/topics/2013/seminnar_130502-0613.html