総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名中村 亮
氏名(かな)なかむら りょう
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名プロジェクト研究員
着任日2008-04-01
離任日 
生年1976
学歴静岡大学人文学部言語文化学科卒業(2000)
名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程入学(2001)
名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了(2003)
名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程入学(2003)
名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了(2008)
職歴名古屋大学大学院文学研究科ティーチング・アシスタント(2003―2007)
名古屋大学大学院文学研究科チューター(2006)
名古屋大学大学院文学研究科非常勤職員(2006)
総合地球環境学研究所プロジェクト研究員(2008―)
学位博士(文学)(名古屋大学 2008)
修士(文学)(名古屋大学 2003)
学士(文学)(静岡大学  2000)
専攻・バックグラウンド文化人類学
環境人類学
スワヒリ海村社会の比較研究
所属学会日本アフリカ学会(2003―)
日本宗教学会(2008―)
日本文化人類学会(2008―)
日本中東学会(2009―)
日本ナイル・エチオピア学会(2011―)
地域漁業学会(2013―)
自己紹介タンザニア・スワヒリ海岸の南部にうかぶ「キルワ(Kilwa Kisiwani)」という小島で、マングローブとサンゴ礁の海に生きる人々の生活文化について研究しています。本プロジェクト(「アラブ社会におけるなりわい生態系の研究:ポスト石油時代にむけて」プロジェクトリーダー:縄田浩志)に参加することで、スワヒリ海村社会の事例を、アラビア半島沿岸やアフロ・ユーラシア内陸乾燥地のアラブ社会とまで比較研究できるという恵まれた機会をいただきました。ポスト石油時代をより良く生きぬくために必要なことは何かについて、海に生きる人々の視点より考えてゆきます。

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

縄田浩志・中村亮 2013年12月 「乾燥地マングローブへの視点」. 中村亮・縄田浩志編 『マングローブ』. アラブのなりわい生態系, 3. 臨川書店, 京都市左京区, pp.5-19.

中村亮・縄田浩志 2013年12月 「マングローブと海辺の生態基盤の回復」. 中村亮・縄田浩志編 『マングローブ』. アラブのなりわい生態系, 3. 臨川書店, 京都市左京区, pp.303-317.

中村亮 2013年12月 「沙漠の海の魚つき林」. 中村亮・縄田浩志編 『マングローブ』. アラブのなりわい生態系, 3. 臨川書店, 京都市左京区, pp.169-175.

中村亮 2013年12月 「スワヒリ海岸のマングローブの利用と歴史的役割:タンザニア南部キルワ島の事例より」. 中村亮・縄田浩志編 『マングローブ』. アラブのなりわい生態系, 3. 臨川書店, 京都市左京区, pp.121-150.

NAKAMURA, Ryo 2013,02 "Mangrove Use on the Kilwa Island, Southern Swahili Coast in Tanzania". Hiroshi NAWATA (ed.) Dryland Mangroves: Frontier Research and Conservation. Arab Subsistence Monograph Series, Volume 2. Shoukadoh Book Sellers, Kamigyo-ku, Kyoto, pp.38-41. (in English and Arabic)

NAKAMURA, Ryo 2013,01 "Utumiaji wa Mikoko katika Kilwa Kisiwani, Kusini mwa Mwambao wa Kiswahili, Tanzania (Direct and Environmental Uses of Mangrove Resources on Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania)". Hiroshi NAWATA・Shun ISHIYAMA・Ryo NAKAMURA (ed.) Exploitation and Conservation of Middle East Tree Resources in the Oil Era. Arab Subsistence Monograph Series, Volume 1. Shoukadoh Book Sellers, Kamigyo-ku, Kyoto, pp.103-132. (in Swahili, English, and Arabic)

NAKAMURA, Ryo 2011 "Seafood Preservation and Economic Strategy of the Dried Fish Trade in Kilwa Kisiwani, Southern Swahili Coast, Tanzania". Sam Maghimbi, Isaria N. Kimambo, and Kazuhiko SUGIMURA (ed.) Comparative Perspectives on Moral Economy: Africa and Southeast Asia. Dar es Salaam University Press, Dar es Salaam, Tanzania, pp.273-291.

中村亮 2011年05月 「スワヒリ海村社会のジニ信仰:キルワ島の場合」. 嶋田義仁編 『シャーマニズムの諸相』. アジア遊学, 141. 勉誠出版, 千代田区神田神保町, pp.168-192.  http://www.bensey.co.jp/book/2399.html

中村亮 2007年 「スワヒリ海岸キルワ島の男子割礼の唄 Songs of Boys’ Circumcision at Kilwa Island on Southern Swahili Coast」. 篠田知和基編 『神話・象徴・文化3 MYTHES・SYMBOLES・CULTURES 3』. 楽瑯書院, pp.185-206.

著書(編集等)

【編集・共編】

中村亮・縄田浩志編 2013年12月 『マングローブ』. アラブのなりわい生態系, 3. 臨川書店, 京都市左京区, 323pp.  http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%82%8F%E3%81%84%E7%94%9F%E6%85%8B%E7%B3%BB-%E4%B8%AD%E6%9D%91-%E4%BA%AE/dp/4653042136

嶋田義仁・中村亮編 2007年04月 日野舜也著『スワヒリ社会研究』. イスラーム圏アフリカ論集, 1. 名古屋大学大学院文学研究科・比較人文学研究室, 名古屋市千種区不老町, 507pp. 科学研究費補助金基盤A「アフリカ・イスラーム圏における白色系民族と黒色系民族の紛争と共存の宗教人類学研究(代表:嶋田義仁、名古屋大学教授)」(課題番号:18251006)による出版  http://books.google.co.jp/books/about/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%92%E3%83%AA%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A0%94%E7%A9%B6.html?id=ktzIXwAACAAJ&redir_esc=y

論文

【原著】

NAKAMURA, Ryo 2013 "Coastal resource use and management on Kilwa Island,southern Swahili Coast, Tanzania". AWERProcedia Advences in Applied Sciences 1:364-370. (査読付).  http://www.world-education-center.org/index.php/paas/article/viewArticle/2265

中村亮 2012年12月 「メンバーによる研究紹介―中村亮」. 『アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明』 2:179-186. (査読付).  http://afroasia.lit.nagoya-u.ac.jp/dryland/afroeurasia/pg347.html

NAKAMURA, Ryo 2012,03 "Maritime Environments of Swahili Civilizations: The Mangrove Inland Sea of Kilwa Island, Tanzania". Afro-Eurasian Inner Dry Land Civilizations 1:81-89. (査読付).  http://afroasia.lit.nagoya-u.ac.jp/dryland/afroeurasia/pg347.html

NAKAMURA, Ryo 2011,04 "Multi-ethnic Coexistence in Kilwa Island, Tanzania: The Basic Ecology and Fishing Cultures of a Swahili Maritime Society". SHIMA: The International Journal of Research into Island Cultures 5(1):44-68. (査読付).  http://shimajournal.org/issues/v5n1/e.%20Nakamura%20Shima%20v5n1%2044-68.pdf

NAKAMURA, Ryo 2010,07 “Direct and Environmental Uses of Mangrove Resources on Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania”. 『日本中東学会年報』 26(1):215-240. (査読付).  http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/filter/kyujitai.cgi?url=ci.nii.ac.jp/naid/110007703376

中村亮 2007年 「スワヒリ海岸キルワ島の海環境と船の文化:ダウ船とは何か?The Maritime Environments and the Boats of Kilwa Kisiwani, Southern Swahili Coast: What is a “Dhow”?」. 『アフリカ研究』 71:1-19. (査読付).  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/africa/2007/71/_contents/-char/ja/

中村亮 2007年 「キルワ島の海環境とキルワ王国 The Maritime Environments of Kilwa Island and Kilwa Kingdom」. 『比較人文学研究年報』 4:49-62. (査読付).  http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~human/nenpou/n4/n4_nakamura%20ryo.pdf

その他の出版物

【報告書】

NAKAMURA, Ryo 2013,03 "Maritime Anthropology on Fishery in Jizan and Farasan Islands, Southern Part of the Red Sea in the Kingdom of Saudi Arabia (13 March to 29 March, 2013)". Hiroshi Nawata (ed.) A Study of Human Impacts on Mangrove Habitats along the Northern and Southern Parts of the Red Sea Coast in the Kingdom of Saudi Arabia (2011-2013). pp.1-22.

NAKAMURA, Ryo 2013,03 "Utumiaji wa mikoko katika Kilwa Kisiwani, kusini mwa mwambao wa kiswahili, Tanzania" (in Swahili with English abstract). Y. Shimada (ed.) African Religious Dynamics, Vol.1. pp.111-125. (その他)

中村亮 2013年02月 「スワヒリ海村キルワ島の漁撈文化:バントゥ起源の内海漁撈とアラブ起源の外海漁撈」. 嶋田義仁編 『イスラーム圏アフリカ論集』Vol.5. pp.135-162.

NAKAMURA, Ryo and Adel Mohamed Saleh 2012,08 "Maritime Anthropology along the Red Sea in Sudan: Fishing Culture in Dungonab and Boat Culture in Suakin". Hiroshi Nawata (ed.) Investigative Report: A Study of Human Subsistence Ecosystems in Arab Societies (2011-2013). pp.73-86.

NAKAMURA, Ryo 2010,08 “Anthropological Study on the Ababda Maritime Society in the Southern Parts of the Red Sea coast in Egypt”. Hiroshi Nawata (ed.) Investigative Report August 2010: Study of Human Impacts on Mangrove Habitats in Egypt (2009-2013). pp.12-21.

NAKAMURA, Ryo 2009 "Seafood Preservation and Economic Strategy in a Maritime Society: A Case Study of the Dried Fish Trade in Kilwa Kisiwani on the Southern Swahili Coast". SUGIMURA, Kazuhiko (ed.) Comparative Perspectives on Moral Economy: Africa and Southeast Asia. 赤道アフリカ農村におけるモラル・エコノミーの特質と変容に関する比較研究(代表:杉村和彦,福井県立大学), 科学研究費補助金基盤A (15255018), pp.195-209.

中村亮 2008年 「ユネスコ世界遺産をめぐる二つの挿話」. 嶋田義仁編 『伝統的知識と技術の再活性化によるアフリカの草の根的開発(Grass Root Development)と環境保護』. 伝統的知識と技術の再活性化によるアフリカの草の根的開発(Grass Root Development)と環境保護(代表:嶋田義仁,名古屋大学), 国際協力イニシアティブ, pp.109-112.

中村亮 2008年 「スワヒリ海村キルワ島のバントゥ系住民とアラブ系住民の居住空間の棲み分けCoexistence of Residence Place of the Arab and the Bantu in Kilwa Island, Southern Swahili Coast」. 嶋田義仁編 『イスラーム圏アフリカ論集Ⅳ』. アフリカ・イスラーム圏における白色系民族と黒色系民族の紛争と共存の宗教人類学研究, 科学研究費補助金基盤A (18251006), pp.153-162.

中村亮 2007年 「スワヒリ海岸キルワ島の干物交易とモラル・エコノミー-海村社会の海産物保存と経済戦略-」. 杉村和彦編 『赤道アフリカ農村におけるモラル・エコノミーの特質と変 容に関する比較研究』. 赤道アフリカ農村におけるモラル・エコノミーの特質と変 容に関する比較研究(代表:杉村和彦,福井県立大学), 科学研究費補助金基盤A (15255018), pp.72-86.

中村亮 2006年 「滅亡したキルワ王国の石造遺跡と遺跡をめぐる信仰 The Religious Attitude Concerning the Ruins of the Perished Kilwa Kingdom on the Swahili Coast」. 嶋田義仁編 『アフリカ伝統王国研究III』. アフリカ伝統王国の不平等階層性と多部族的・超部族的地域形成をめぐる理論的研究(代表:嶋田義仁,名古屋大学), 科学研究費補助金基盤B (14310146), pp.313-338.

【書評】

中村亮 2003年 アフリカ日和 (早川千晶 2000年 アフリカ日和 に関する書評). 『アフリカ研究』 62:89.

【その他の著作(商業誌)】

中村亮 2011年11月 「風と潮にいきるひとびと:スワヒリ海岸キルワ島の魚柵漁」. 『BIOSTORY』 16:68-69.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

中村亮 2010年04月 「男子割礼にともなう唄の文化:タンザニア南部の島社会と伝統」. ニュースレター『地球研ニュース』 (25):9.

【その他】

Adel Mohamed SALEH, Ryo NAKAMURA, and Moamer Elraib Ali MOHAMAD 2013,10 "Resources Uses of Coastal Fisheries in Sudan", Abstracts of RIHN 8th International Symposium: Risk Societies, Edge Environments: Ecosystems and Livelihoods in the Balance, RIHN, p. 3.

NAKAMURA, Ryo 2012 Mangrove Inland Sea and Swahili Civilizations: A Case Study on Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania. *Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, 10p.

NAKAMURA, Ryo 2010 Socio-Cultural Structure in Swahili Maritime Society: From the Case of Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania. *Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, 25p.

NAKAMURA, Ryo 2008 "Local Mangrove Resource Use on Kilwa Island, Southern Swahili Coast", NAWATA, Hiroshi (ed.), A Study of Human Subsistence Ecosystems with Mangrove in Drylands: To Prevent a New Outbreak of Environmental Problems. RIHN, Kyoto, JAPAN, pp. 26-27. (英語,アラビア語対訳)

NAKAMURA, Ryo 2008 "Multi-ethnic Coexistence in Swahili Society: Multiple Ecological Sea Zones and Two Fishing Cultures in Kilwa Island, Tanzania", Abstracts of RIHN 3rd International Symposium: The Futurability of Islands: Beyond Endemism and Vulnerability, RIHN, p. 18.

NAKAMURA, Ryo 2008 "On the Local Mangrove Resource Use of Kilwa Island in Southern Swahili Coast", Ninth International Conference on Dryland Development Sustainable Development in Drylands: Meeting the Challenge if Global Climate Change. Abstracts of Oral Presentations. IDDC, pp. 120-121.

NAKAMURA, Ryo 2008 Maritime Environment and Life of the Former Islamic Kilwa Kingdom formed at Mangrove Inland Sea. 12p. *progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology.

中村亮 2008年 『旧海洋イスラーム王国キルワ島にみるスワヒリ海村の構造』 博士学位論文 名古屋大学大学院文学研究科 220頁.  http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/10227

NAKAMURA, Ryo 2007 Dried Fish Trade and Moral Economy of Kilwa Kisiwani on the Southern Swahili Coast: On the Seafood Keep and the Economic Strategy of Maritime Society. 18p. *progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology.

NAKAMURA, Ryo 2004 On The Local Trading of Dried Fish. 12p. *progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology.

NAKAMURA, Ryo 2003 A Maritime Ethnography on Kilwa Kisiwani, Swahili Coast. 10p. *progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology.

会合等での研究発表

【口頭発表】

中村亮 「乾燥地サンゴ海域の漁撈文化:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区の資源利用」. 民族自然誌研究会第73回例会, 2014年01月25日, 京都大学楽友会館. (本人発表).

中村亮 「乾燥熱帯沿岸域の資源の利用と保全:スーダン紅海北部ドンゴナーブ海洋保護区の漁撈文化」. 地域漁業学会第55回大会, 2013年10月26日-2013年10月27日, 鹿児島大学・水産学部. (本人発表).

Adel Mohamed SALEH, Ryo NAKAMURA, Moamer Eltaib Ali MOHAMAD "Resources Use of Coastal Fisheries in Sudan". RIHN 8th International Symposium: Risk Societies, Edge Environments: Ecosystems and Livelihoods in the Balance , 2013.10.23-2013.10.25, RIHN, Kyoto, Japan.

中村亮 「インド洋西海域世界の漁撈文化」. アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明 総合シンポジウム, 2013年07月20日-2013年07月21日, 名古屋大学大学院文学研究科. (本人発表).

中村亮 「スーダン紅海沿岸ドンゴナーブにみる乾燥熱帯沿岸域の漁撈文化:海洋保護区における資源の利用と管理」. 日本アフリカ学会第50回学術大会, 2013年05月25日-2013年05月26日, 東京大学. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Coastal resource use and management of Kilwa Island in the southern Swahili Coast, Tanzania". Global Conference on Environmental Studies (CENVISU-2013), 2013.04.24-2013.04.27, Antalya, Turkey. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Multi-ethnic Coexistence in a Swahili Maritime Society as seen through Basic Ecology and Fishing Cultures of Kilwa Island, Tanzania". Workshop on Afro-Eurasian Dry Lands in the Central Eurasian Studies Society 2012 Annual Conference, 2012.10.17-2012.10.18, Indiana University, USA. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Multi-ethnic Coexistence in a Swahili Maritime Society: Basic Ecology and Fishing Culture on Kilwa Island, Tanzania". AA Science Platform Program: The 4th International Symposium, 50th Anniversary of Africa Nation State as Renaissance, 2011.10.08-2011.10.10, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海岸キルワ島のジニ(精霊)信仰」. 日本アフリカ学会第48回学術大会, 2011年05月20日-2011年05月22日, 弘前大学. (本人発表).

中村亮 「インド洋西海域の船の文化」. 第一回 紅海社会研究会, 2011年05月15日, 東京外国語大学本郷サテライト会議室. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海村社会の多民族共存:タンザニア・キルワ島の生態的基礎と漁撈文化」. 中部人類学談話会第203回例会, 2011年01月29日, 椙山女学院. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo “Boat Culture in the Western Indian Ocean”. JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research(S): Historico-Ecological Studies of Afro-Eurasian Inner Dry Land Civilizations and Their Modern Changes from the Viewpoint of Pastoralism, 2nd International Symposium: Saharan Civilization, 2010.12.22-2010.12.24, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo “The Dryland Fishing Culture of the Ababda Maritime Society along the Red Sea Coast of Southern Egypt”. RIHN Satellite Symposium for IAS International Conference 2010 at Kyoto, Keystone Species of Human Subsistence Ecosystems in Arab Societies, 2010.12.20-2010.12.21, Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "The Bantu and Arab Cultures on Kilwa Island as seen through Jini". AA Science Platform Program: Religious Dynamics of Contemporary Africa Concerning the destruction of Traditional Life Mode and New Religious Movement, The 2nd International Symposium: 50th Anniversary of Africa Nation States as Renaissance, 2010.12.13-2010.12.15, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海岸南部タンザニア・キルワ島におけるマングローブ資源の直接利用と環境利用」. 日本中東学会第26回年次大会, 2010年05月08日-2010年05月09日, 中央大学. (本人発表).

中村亮 「インド洋西海域世界の比較研究:ケニア・ラム諸島の漁撈文化」. アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文化研究 第二回国際ワークショップ, 2010年01月23日-2010年01月24日, 名古屋大学. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Maritime Environments and Multi-ethnic Coexistence in Swahili Society: The Current Situation of the Former Islamic Kingdom, Kilwa Island, Southern Tanzania". アジア・アフリカ学術形成基盤事業「伝統的生活様式の崩壊と再宗教化をめぐる現代アフリカにおける宗教動態(Religious Dynamics of Contemporary Africa concerning the Destruction of Traditional Life Mode and New Religious Movement)」(日本側拠点機関:名古屋大学大学院文学研究科,コーディネーター:嶋田義仁,名古屋大学教授), 2009.12.13-2009.12.15, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Spirit (jini) and Magic (uchawi) Beliefs in Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania". アジア・アフリカ学術形成基盤事業「伝統的生活様式の崩壊と再宗教化をめぐる現代アフリカにおける宗教動態(Religious Dynamics of Contemporary Africa concerning the Destruction of Traditional Life Mode and New Religious Movement)」(日本側拠点機関:名古屋大学大学院文学研究科,コーディネーター:嶋田義仁,名古屋大学教授), 2009.10.10, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Maritime Environments of the Swahili Coastal Civilizations". The 16th International Congress of IUAES, 2009.07.27-2009.07.31, Yunnan University, Kunming, China. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Ecological Basics in Kilwa Island, Southern Swahili Coast". Afro-Eurasia Civilizations: The 1st International Workshop, 2009.07.18-2009.07.20, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海村キルワ島のマングローブ内海地域社会」. 日本文化人類学会第43回研究大会, 2009年05月30日-2009年05月31日, 国立民族学博物館,大阪国際交流センター. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Local Mangrove Resource Use of Kilwa Island in Southern Swahili Coast". INTERNATIONAL DRYLAND DEVELOPMENT COMMISSION (IDDC), Ninth International Conference on the Development of Drylands, 2008.11.07-2008.11.10, Bibliotheca Alexandrina, Alexandria Egypt. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Multi-Ethnic Coexistence in Swahili Society: Multiple Ecological Sea Zones and Two Fishing Cultures in Kilwa Island, Tanzania". The 3rd RIHN International Symposium, The Futurability of Islands: Beyond Endemism and Vulnerability, 2008.10.22-2008.10.23, Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto Japan. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海岸キルワ島の海環境と住民生活:マングローブ資源利用を中心に」. 日本アフリカ学会第45回学術大会, 2008年05月24日-2008年05月25日, 龍谷大学. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "African State Formations and Indian Ocean: A Case of Kilwa Island, Southern Swahili Coast". International Symposium on African Kingdoms with Professor Emanuel Terray, March 2008, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

NAKAMURA, Ryo "Eco-Sea and Mode of Living of Kilwa Island, Southern Swahili Coast". The Comparative Studies of Ethnic Relations in Swahili and Sahel, February 2008, Nagoya University, Aichi, Japan. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海岸キルワ島の干物交易に見る海の経済活動」. 日本アフリカ学会第43回学術大会, 2006年05月, 大阪大学. (本人発表).

中村亮 「スワヒリ海岸/風と潮に生きる人びと:キルワ・キシワニの魚柵漁の事例より」. 日本アフリカ学会第42回学術大会, 2005年05月, 東京外国語大学. (本人発表).

【ポスター発表】

中村亮 「スワヒリ海村の漁撈文化:タンザニア・キルワ島におけるバントゥ起源の内海漁撈とアラブ起源の外海漁撈」. 日本アフリカ学会第46回学術大会, 2009年05月23日-2009年05月24日, 東京農業大学. (本人発表).

【招待講演・特別講演、パネリスト】

中村亮 「インド洋西海域世界のマングローブ海村文化の比較:タンザニア、ケニア、そしてエジプト」. 第16回 日本マングローブ学会 大会, 2010年11月06日-2010年11月07日, 東京農業大学.

中村亮 「地域共同体のねがい:東アフリカ・タンザニアの男子割礼の事例より」. 国連「持続可能な発展のための教育(ESD)の10年」 ユース・フォーラム, 2007年09月, 名古屋大学.

調査研究活動

【国内調査】

千葉県銚子市外川におけるキンメダイ漁をめぐる漁師の自主的資源管理について. 千葉県銚子市外川, 2013年06月09日-2013年06月14日.

【海外調査】

マレーシア・サバ州・バトゥプティ村(Batu Puteh)における熱帯雨林内水面における漁撈文化と地域振興. マレーシア・サバ州・バトゥプティ村, 2013年12月07日-2013年12月19日.

タンザニア南部沿岸資源の利用と管理の比較研究. ムトゥワラ(Mnazi Bay Ruvuma Estuary Marine Park)とキルワ島, 2013年07月31日-2013年08月24日.

Global Conference on Environmental Studies (CENVISU-2013)への参加発表およびアンタルヤ沿岸部での現地調査. トルコ, 2013年04月22日-2013年04月30日.

サウジ・アラビア紅海沿岸南部ジザーンおよびファラサン島における海洋人類学. ジザーン、ファラサン島, 2013年03月10日-20130231.

タンザニア南部キルワ島における海洋資源保護と漁撈文化についての現地調査. タンザニア, 2012年07月26日-2012年08月27日.

ポート・スーダン(ドンゴナーブ)における海洋民族学調査. スーダン, 2012年05月19日-2012年06月20日.

エチオピア南部(チャモ湖、アバヤ湖、アワサ湖)における淡水漁撈調査. エチオピア, 2012年02月28日-2012年03月11日.

ポート・スーダン(ドンゴナーブ、サワーキン)における海洋民族学調査. スーダン, 2012年02月10日-2012年02月27日.

Saudi Wildlife Authority(SWA)での研究打ち合わせおよび、サウジ・アラビア紅海沿岸部でのマングローブ調査. サウジ・アラビア, 2011年11月23日-2011年12月14日.

タンザニア北部沿岸(タンガ)と南部沿岸(キルワ)における海洋資源保護と漁撈文化についての現地調査. タンザニア, 2011年07月10日-2011年07月25日.

ポート・スーダン(ドンゴナーブ、サワーキン)における海洋民族学調査. スーダン, 2011年06月23日-2011年07月10日.

ソコトラ島(イエメン)とペンバ島、キルワ島(タンザニア)における海洋民族学研究. イエメン、タンザニア, 2011年02月22日-2011年03月22日.

スーダン・ガダーリフ州のソルガム農耕について調査. スーダン, 2010年11月19日-2010年12月01日.

タンザニア南部のキルワ島とマフィア島の海洋公園についての比較調査. タンザニア, 2010年08月16日-2010年09月17日.

エジプト南部紅海沿岸のベドウィンAbabda海村文化についての現地調査. エジプト, 2010年07月20日-2010年08月12日.

イタリア(Slow Food, ItalyとBioversity International)とシリア(ICARDA: International Center for Agricultural Research in the Dry Areas)における国際研究の動向調査. イタリア,シリア, 2010年03月.

ケニア・ラム島とタンザニア・キルワ島の比較研究:船の文化,漁撈文化、精霊憑依(1か月). ケニア,タンザニア, 2009年08月25日-2009年09月25日.

ケニア・ラム島にてスワヒリ海村の比較研究:海環境,物質文化,漁撈文化,民族構成,信仰(1か月). ケニア, 2009年03月.

エジプト,アレキサンドリア及びカイロ旧市街地における現地調査:資料収集(2週間). エジプト, 2008年11月.

タンザニア南部のキルワ島とマフィア島の海洋公園についての比較調査(1か月). タンザニア, 2008年07月.

タンザニア南部沿岸地域の精霊信仰についての現地調査(キルワ、パンデ、マンダワ)(2か月). タンザニア, 2007年05月.

タンザニアとケニアのスワヒリ交易都市の比較調査(ザンジバル、マリンディ、ワタム、モンバサ)(1か月). タンザニア,ケニア, 2006年12月.

タンザニア南部キルワ島にて現地調査:漁撈文化,信仰(男子割礼、精霊信仰)(7か月). タンザニア, 2004年07月.

タンザニア南部キルワ島にて現地調査:漁撈文化,信仰(男子割礼、精霊信仰)(5か月). タンザニア, 2003年09月.

タンザニア南部キルワ島にて現地調査:海環境(マングローブ、サンゴ礁),物質文化(船、漁具)(6か月). タンザニア, 2002年01月.

タンザニア都市郊外テメケ地方にて現地調査:都市文化,居住空間(3か月). タンザニア, 2000年12月.

外部資金の獲得

【科研費】

「インド洋西海域世界の比較研究:資源利用と管理にみる多民族共存と環境・生活影響評価」(研究代表者) 2013年04月-2016年03月. 科学研究費補助金若手研究B (25770311).  http://kaken.nii.ac.jp/d/p/25770311.ja.html

「資源利用と管理に着目したスワヒリ海村の環境・生活影響評価と多民族共存の比較研究」(研究代表者) 2010年04月-2013年03月. 科学研究費補助金若手研究B (22720336).  http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22720336

「牧畜文化解析によるアフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明とその現代的動態の研究(代表:嶋田義仁,名古屋大学)」(研究分担者) 2009年04月-2014年03月. 科学研究費補助金基盤研究S (21221011).  http://afroasia.lit.nagoya-u.ac.jp/dryland/

「資源利用と民族共存に関する歴史・自然環境分析を用いたスワヒリ海村社会の比較研究」(研究代表者) 2008年04月-2010年03月. 科学研究費補助金若手研究スタートアップ (20820067).  http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20820067

【その他の競争的資金】

「スワヒリ海村社会の資源利用と民族共存に関する文化人類学的比較研究:キルワ島イスラーム海村社会とイブ島キリスト教海村社会を事例に(代表:中村亮)」 2008年-2009年. 平成20年度笹川研究助成.

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

文化遺産国際協力コンソーシアム・アフリカ分科会, 委員. 2011年06月-2012年03月.  http://www.jcic-heritage.jp/

教育

【非常勤講師】

愛知江南短期大学, 国際文化コース. 2008年7月4日授業担当

同志社大学, 理工学部環境システム学科, 環境システム学概論 Ⅰ、2013年7月7日講義担当「海洋保護区に生きる:アフリカの沿岸資源の利用と管理」.

同志社大学, 理工学部環境システム学科, 環境システム学概論 Ⅰ、2011年5月13日講義担当「アフリカ海村のなりわい生態系:タンザニアの小さな島より」.