総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名長田 俊樹
氏名(かな)おさだ としき
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名客員教授
着任日2003-10-01
離任日 
生年1954
学歴北海道大学文学部文学科卒(1981)、北海道大学大学院文学研究科言語学専攻修士課程修了(1984)、ラーンチー大学部族地域言語学科博士課程修了(1990)
職歴淑徳巣鴨高校非常勤講師(1991)、国際日本文化センター助手(1992)、京都造形芸術大学芸術学部教授(2001)、総合地球環境学研究所教授(2003)
学位Ph.D.(ラーンチー大学 1991)、文学修士(北海道大学 1984)
専攻・バックグラウンド言語学、南アジア研究
所属学会日本言語学会、日本南アジア学会

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

長田俊樹 2012年03月 インダス・プロジェクトの軌跡. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 61pp.

【分担執筆】

長田俊樹 2010年10月 言語多様性の生成. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂, 東京都千代田区, pp.152-153.

長田俊樹 2010年10月 インダス文明と環境変化. 総合地球環境学研究所編 地球環境学事典. 弘文堂, 東京都千代田区, pp.438-439.

長田俊樹・宇野隆夫・寺村裕史 2010年03月 南アジア・インダス文明都市の歴史空間. 宇野隆夫編 ユーラシア古代都市・集落の歴史空間を読む. 勉誠出版, 東京, pp.129-158.

長田俊樹 2010年03月 インダス文明ははたして大河文明か. 秋道智彌編 水と文明-制御と共存の新たな視点. 昭和堂, 京都市左京区, pp.51-74.

OSADA Toshiki 2008,05 Mundari. Gregory D.S. Anderson (ed.) The Munda Languages. Routledge Language Family Series, 3. Routledge, Abingdon (UK), pp.99-164.

OSADA Toshiki, Gregory D.S. Anderson, David Harrison 2008,05 Ho and the other Kherwarian languages. Gregory D.S. Anderson (ed.) The Munda Languages. Routledge Language Family Series, 3. Routledge, Abingdon (UK), pp.195-255.

長田俊樹 2007 Reciprocals in Mundari. Vladimir P. Nedjalkov (ed.) Reciprocal Constructions. Typological Studies in Language, 71. John Benjamin, Amsterdam/Philadelphia, pp.1575-1590.

【翻訳・共訳】

長田俊樹,佐藤洋一郎 2008年06月 農耕起源の人類史. 地球研ライブラリー6. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, 560pp. 原著: ピーター・ベルウッド著 First Farmers. Blackwell, オックスフォード(イギリス), 360pp.

著書(編集等)

【編集・共編】

長田俊樹・大西正幸 (ed.) 2012,03 Language atlas of South Asia. Harvard Oriental Series, Opera Minora , Vol. 8. , Department of South Asian Studies, Harvard University, 164pp.

Jeewan Singh Kharakwal, Y. S. Rawat, Toshiki Osada (ed.) 2012,03 Excavation at Kanmer : 2005-06-2008-09. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 844pp.

Toshiki Osada, Michael Witzel (ed.) 2011,12 Cultural relations between the Indus and the Iranian plateau during th e third millennium BCE . Harvard Oriental Series, Opera Minora, Vol.7. Department of South Asian Studies, Harvard University, Cambridge, Massachusetts, USA, 382pp.

長田俊樹・遠藤仁 (ed.) 2011,10 Current Studies on the Indus Civilization Vol. 9. Manohar, Delhi, India

長田俊樹・遠藤仁 (ed.) 2011,08 Occasional Paper 12: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区,

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2011,07 Current Studies on the Indus Civilization Vol. 7. Manohar, Delhi, India, 187pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2011,05 Current Studies on the Indus Civilization Vol. 4. Manohar, Delhi, India, 178pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2011,05 Current Studies on the Indus Civilization Vol. 5. Manohar, Delhi, India, 109pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2011,03 Occasional Paper 10: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区,

Vasant Shinde, Toshiki Osada, Manmohan Kumar (ed.) 2011,03 Excavations at Girawad : district Rohtak, Haryana, India, 2006 . 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 263pp.

Vasant Shinde, Toshiki Osada, Manmohan Kumar (ed.) 2011,03 Excavations at Farmana : district Rohtak, Haryana, India, 2006-2008. 総合地球環境学研究所, 京都市北区,

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2010,08 Current Studies on the Indus Civilization Vol 1. 地球研ライブラリー, 9. Manohar, New Delhi, 178pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2010,08 Current Studies on the Indus Civilization Vol. 3. 地球研ライブラリー, 11. Manohar, Delhi, 109pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2010,08 Current Studies on the Indus Civilization Vol.2. 地球研ライブラリー, 10. Manohar, Delhi, 137pp.

長田俊樹・大西正幸 (ed.) 2010,07 Language Atlas of South Asia. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 160pp.

長田俊樹 (ed.) 2009,11 Indus Civilization: Text and Context, Vol 2.. 地球研ライブラリー, 7. Manohar, Delhi, 170pp.

長田俊樹 (ed.) 2009,11 Linguistics, Archaeology and the Human Past in South Asia. 地球研ライブラリー, 8. Manohar, Delhi, 263pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2009 Occasional Paper 7: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 177pp.

長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) 2009 Occasional Paper 9: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 163pp.

長田俊樹,上杉彰紀 (ed.) 2008 Occasional Paper 3: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 178pp.

長田俊樹,上杉彰紀 (ed.) 2008 Occasional Paper 4: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 137pp.

長田俊樹,上杉彰紀 (ed.) 2008 Occasional Paper 5: Linguistics, Archaeology and the Human Past.. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 109pp.

長田俊樹,上杉彰紀 (ed.) 2008 Occasional Paper 6: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, 116pp.

論文

【原著】

Nicholas Evans, Toshiki Osada 2011,08 Mundari reciprocals. Nicholas Evans, Alice Gaby, Stephen Levinson and Asifa Majid (ed.) Reciprocals and Semantic Typology.. John Benjamin, Amsterdam, (査読付).

長田俊樹 2011,07 Grammatical outline of Mundari. 遠藤光暁 (ed.) Papers in Austroasiatic and Austronesian Linguistics. 東ユーラシア言語研究会, pp.39-67.

Toshiki Osada 2010,03 Changing the name of the society of Japanese Linguistics: From Kokugo Gakkai to Nihongo Gakkai. James Baxter (ed.) Globalization, Localization, and Japanese Studies in the Asia-Pacific Region. International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, pp.239-244.

長田俊樹 2009年12月 20世紀に作られたオル・チキ文字. 町田和彦編 図説 世界の文字とことば. 河出書房, 東京都, pp.16.

Jeewan Singh Kharakwal, Y. S. Rawat, Toshiki Osada 2009,12 Excavations at Kanmer: A Harappan site in Kachchh, Gujarat. Puratattva 39:147-164. (査読付).

Toshiki Osada 2009,11 How many Proto-Munda words in Sanskrit?-with special reference to agricultural vocabulary. Toshiki Osada (ed.) Linguistics, Archaeology and the Human Past in South Asia. Manohar, Delhi, pp.127-146.

Jeewan Singh Kharakwal, Y. S. Rawat, Toshiki Osada 2009,11 Kanmer: A Harappan site in Kachchh, Gujarat, India. Toshiki Osada (ed.) Indus Civilization: Text and Context, Vol.2. Manohar, Delhi, pp.29-54.

長田俊樹 2009年03月 ムンダ語の感情語. 地球研言語記述論集 1:35-66.

Vasant Shinde, Toshiki Osada, M.M. Sharma, Akinori Uesugi, Takao Uno, Hideaki Maemoku, Prabodh Shirvalkar, Shweta Sinha Deshpande, Amol Kulkarni, Amrita Sarkar, Anjana Reddy, Vinay Rao and Vivek Dangi 2008 Exploration in the Ghaggar Basin and excavations at Girawad, Farmana (Rohtak District) and Mitathal (Bhiwani District), Haryana, India. 長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) Occasional Paper 3: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.77-157.

Vasant Shinde, Toshiki Osada, Akinori Uesugi, Manmohan Kumar 2008 A report on excavations at Farmana 2007-08. 長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) Occasional Paper 6: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.1-116.

Jeewan Singh Kharakwal, Y.S. Rawat, Toshiki Osada 2008 Preliminary observations on the excavation at Kanmer, Kachchh, India 2006-2007. 長田俊樹・上杉彰紀 (ed.) Occasional Paper 5: Linguistics, Archaeology and the Human Past. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.5-24.

Kharakwal, J.S., Y.S.Rawat, Toshiki Osada 2007 Kanmer: A Harappan site in Kachchh, Gujarat, India. Toshiki Osada (ed.) Occasional Paper 2: Linguistics, Archaeology and the Human Past.. 総合地球環境学研究所, 京都市北区, pp.21-46.

その他の出版物

【解説】

長田俊樹 2011年08月 『日本語再建私説』解題. KOTONOHA(100):1-2.

長田俊樹 2008年06月 解題:言語学の立場から. 農耕起源の人類史. 地球研ライブラリー, 6. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.451-463.

【その他の著作(新聞)】

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(下). 西日本新聞, 2010年06月19日 夕刊.

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(上). 西日本新聞, 2010年06月18日 夕刊.

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(下). 北海道新聞, 2010年05月22日 夕刊.

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(上). 北海道新聞, 2010年05月21日 夕刊.

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(下). 中日新聞, 2010年05月07日 夕刊, 11面.

長田俊樹 インダス文明遺跡発掘報告(上). 中日新聞, 2009年05月07日 夕刊, 6面.

長田俊樹 インダス文明発掘記(10). 聖教新聞, 2008年12月04日 朝刊.

長田俊樹 インダス文明発掘記(3). 聖教新聞, 2008年10月16日 朝刊.

長田俊樹 インダス文明発掘記(2). 聖教新聞, 2008年10月09日 朝刊.

長田俊樹 インダス文明発掘記(1). 聖教新聞, 2008年10月02日 朝刊.

長田俊樹 イラン・ジーロフト遺跡-新たな文明の可能性. 北海道新聞, 2008年06月25日 夕刊.

長田俊樹 インダス文明と環境問題. 聖教新聞, 2007年12月18日 朝刊.

【その他の著作(商業誌)】

長田俊樹 2010年01月 稲作文化を守って生きる人々、ムンダ人. ヴェスタ 77:8-9.

長田俊樹 2007年 インド初めての旅. まほら :14-15.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

長田俊樹 2011年03月 プロジェクトリーダーに迫る!環境変化だけでは語れないインダス文明の崩壊. 地球研ニュースレター (32):4-5.

長田俊樹 2009年12月 出版物紹介:地球研ライブラリーIndus Civilization: Text and Context; Linguistics, Archaeology and the Human Past in South Asia. 地球研ニュースレター 23:16.

長田俊樹 2008年10月 出版物紹介:地球研ライブラリー『農耕起源の人類史』. 地球研ニュースレター 16:15.

長田俊樹 2008年08月 インダス・プロジェクトが国際シンポジウムを開催. 地球研ニュースレター 15:10-11.

長田俊樹 2008年06月 文明・環境史の課題をインダス文明にみる. 地球研ニュースレター (14):4-5.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/79/newsletter_14.pdf

長田俊樹 2007年05月 トルクメニスタンで考えたこと. 日文研 (38):84-91.

会合等での研究発表

【口頭発表】

長田俊樹 Collapse or transformation? Beyond environmental determinism for the Indus Civilization. 地球研国際シンポジウム, 2011.10.26-2011.10.28, 京都市北区. (本人発表).

長田俊樹 An Ethnolinguistic Study of Munda Rice Culture in Jharkhand, India. Rice and Languages across Asia, 2011.09.21-2011.09.23, Cornell University. (本人発表).

長田俊樹 Environmental changes and the Indus civilization: a report on the major outcome of our RIHN project 2007-2011. EGU, 2011.04.03-2011.04.09, Wien. (本人発表).

長田俊樹 Environmental changes and the Indus civilization: a report on the major outcome of our RIHN project 2007-2011. AGU Chapman Meeting, 2011.03.21-2011.03.25, Santa Fe, USA. (本人発表).

長田俊樹 A comparative study of Munda creation myths. Radcliffe Exploratory Seminar on Comparative Mythology, 2010.10.06-2010.10.07, Harvard University. (本人発表).

長田俊樹 Indus project of RIHN. Harvard Roundtable, 2010.10.04-2010.10.05, Harvard University. (本人発表).

長田俊樹 環境変化とインダス文明. 日本地球惑星科学連合, 2010年05月-2010年05月, 幕張メッセ. (本人発表).

Toshiki Osada Environmental Change and Indus Civilization. Bhuj Roudtable, 2010.01.29-2010.01.30, Bhuj, India. (本人発表).

Toshiki Osada Environmental Change and Indus Civlization. Indo-Pacific Prehistory Association, 2009.11.26-2009.12.05, Hanoi. (本人発表).

Toshiki Osada Echo formation in Mundari. 4th Austroasiatic Linguistics International Conference, 2009.10.29-2009.10.30, Mahidol University, Salaya, Thailand.

Toshiki Osada Rice rituals in Mundari. Himalayan communities, cultures and traditional knowledge, 2009.07.02-2009.07.05, Binsar, India. (本人発表).

長田俊樹 インダス文明ははたして大河文明か. 人と水シンポジウム, 2009年02月11日, 東京. (本人発表).

OSADA Toshiki RIHN's Indus Project. Harvard Roundtable, 2008.05.07-9228.05.08, Harvard University, Cambridge, USA. (本人発表).

長田俊樹 Expressives in Mundari. 3rd International Austroasiatic Linguistic Conference, 2007.11.25-9227.11.27, インド・プネー. (本人発表).

Kharakwal, J.S., Y.S. Rawat, Toshiki Osada Kanmer: A Harappansite in Kachchch, Gujarat, India. South Asian Archaeology Conference, 2007.07.01-2007.07.07, イタリア・ラヴェンナ. (本人発表).

社会活動・所外活動

【依頼講演】

地球研インダスプロジェクトを語る. シルクロード友の会, 2008年09月06日, 奈良女子大学、奈良市.