スタッフ プロフィール

氏名奥宮 清人
氏名(かな)おくみや きよひと
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名准教授
生年1961
学歴高知医科大学医学部医学科卒(1986)
職歴高知医科大学附属病院老年病科研修医(1986)、東京都老人医療センター、循環器科・医員(1988)、住友病院、神経内科・医員(1990)、滋賀医科大学第一解剖学教室研究従事者(1992)、高知医科大学附属病院老年病科助手(1992)、高知医科大学附属病院老年病科講師(2000)、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学医学部内科老年病学部門留学(2002–2003)、総合地球環境学研究所研究部助教授(2004)
学位博士(医学)(高知医大1996)、医師免許証(医籍登録番号第299199号)(1986)
専攻・バックグラウンドフィールド医学、老年医学、神経内科学
所属学会日本公衆衛生学会、日本老年医学会、日本神経学会、日本内科学会、日本高血圧学会、日本登山医学会
受賞歴日本老年医学会・ノバルティス医学学術賞(2002)

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

奥宮清人 2013年03月 高所と健康・病気 -低酸素適応と生活変化-. 西村書店, 東京, 171pp.  

【分担執筆】

奥宮清人 2013年03月 第4章. 身体に刻み込まれた地球環境問題. 奥宮清人,稲村哲也編 続・生老病死のエコロジー:ヒマラヤ・アンデスに生きる-身体・こころ・時間. 昭和堂, 京都, pp.189-224.  

奥宮清人 2012年04月 パーキンソン病. 北徹編 健康長寿学大事典—EBMからQOLまでー. 西村書店, 東京都, pp.319-324.  

奥宮清人 2011年03月 「ヒマラヤ生活習慣病モデル」への挑戦―糖尿病アクセル仮説. 奥宮清人編 生老病死のエコロジー:チベット・ヒマラヤに生きる. 昭和堂, 京都市左京区, pp.232-238.  

奥宮清人 2009年04月 高所脳浮腫. 松林公蔵編 登山の医学ハンドブック(改訂第2版). 杏林書院, 東京, pp.206-211.  

大塚邦明, Tsering Norboo, 大塚敬子、津越智子、上田裕子、林航、石川元直、堀田典寛、奥宮清人 2009年04月 生活環境の違いと血管機能、高地地域住民のCAVI. 折茂肇、斎藤康編 新しい動脈硬化指標CAVIのすべてー基礎から臨床応用までー. 日経メディカル開発, 東京, pp.60-72.  

Okumiya K 2009 Diabetes Mellitus. Akimichi T (ed.) An illustrated eco-history of the Mekong River basin. . White Lotus, Bangkok, Thailand, pp.113-114.  

奥宮清人、石根昌幸、翠川裕、岩佐光広、松林公蔵. 2008年05月 弟3章 生活と疾病ー疾病転換と健康観の変化 . 秋道智彌編 論集 モンスーンアジアの生態史ー地域と地球をつなぐー 弟3巻 くらしと身体の生態史. 弘文堂, pp.47-64.  

奥宮清人 2008年03月 高地のくらしから近代文明を見直す. 総合地球環境学研究所編 地球の処方箋. 地球研叢書. 昭和堂, 京都, pp.10-13.  

著書(編集等)

【編集・共編】

奥宮清人,稲村哲也編 2013年03月 続・生老病死のエコロジー:ヒマラヤ・アンデスに生きる-身体・こころ・時間. 昭和堂, 京都, 316pp.  

奥宮清人編 2011年03月 生老病死のエコロジー:チベット・ヒマラヤに生きる. 昭和堂, 京都市左京区, 241pp.  

論文

【原著】

木村友美、福富江利子、石川元直、諏訪邦明、大塚邦明、松林公蔵、Tsering Norboo、奥宮清人. 2013年03月 ラダークにおける住民の栄養摂取量と糖尿病との関連. ヒマラヤ学誌 14 :39-45.(査読付).  

福富江利子、松林公蔵、坂本龍太、和田泰三、木村友美、大塚邦明、石川元直、Tsering Norboo、奥宮清人. 2013年03月 インド・ラダーク高所住民のGDS-15、老研式活動能力指標に対する回答の実態―高知県T町と比較してー. ヒマラヤ学誌 14 :46-51.(査読付).  

今井必生、山中学、石川元直、松田晶子、木村友美、福富江利子、陳玟玲、和田泰三、坂本龍太、石本恭子、王紅心、代青湘、奥宮清人、松林公蔵. 2013年03月 地域に関連したPrimary Health Questionaire-9症状陽性率の検討―玉樹(中国)、土佐町(日本)の比較―. ヒマラヤ学誌 14 :52-58.(査読付).  

Wenling Chen、Okumiya K, Ishimoto Y, Kimura Y,Imai H, Fukutomi E, Hozo R, Ishikawa M, Matsubayashi K. 2013,03 The comparison of comprehensive geriatric functions of community-dwelling elderly people living in Cotahuasi and Puyca located in La Union Province, Arequipa, Peru. Himalayan Study Monograph 14 :59-64.(査読付).  

稲村哲也、木村友美、石本恭子、奥宮清人、平田温、松林公蔵、、今井必生、陳玟玲、葛原茂樹、瀬口春道、エヴァ・ガルシア、藤澤道子. 2013年03月 インドネシア・パプア州低地バデにおける暮らしと文化―文化人類学と医療調査の連携を探る予備的研究―. ヒマラヤ学誌 14 :228-241.(査読付).  

平田温、奥宮清人、松林公蔵、稲村哲也、M.B.インドラジャヤ、葛原茂樹、石本恭子、木村友美、今井必生、陳玟玲、瀬口春道、エヴァ・ガルシア・デル・サス、藤澤道子. 2013年03月 西ニューギニアの神経難病多発地域を歩く―第2報―辺境のジャングル・共同体・現代医学―. ヒマラヤ学誌 14 :217-227.(査読付).  

木村友美、石本恭子、稲村哲也、陳玟玲、今井必生、平田温、葛原茂樹、瀬口春道、エヴァ・ガルシア、藤澤道子、松林公蔵、奥宮清人. 2013年03月 開発途上地域における糖尿病にみる健康教育の重要性-インドネシア・パプア州での症例より-. ヒマラヤ学誌 14 :211-216.(査読付).  

中岡隆志、川崎孝広、Tsering Norboo、松林公蔵、大塚邦明、奥宮清人 2013年03月 Chronoastrobiologyの視点から見た高所住民の健康:CME(coronal mass ejection)とラダークの洪水. ヒマラヤ学誌 14 :65-81.(査読付).  

Chen W, Fukutomi E, Wada T, Ishimoto Y, Kimura Y, Kasahara Y, Sakamoto R, Okumiya K, Matsubayashi K. 2013,01 Comprehensive geriatric functional analysis of elderly populations in four categories of the long-term care insurance system in a rural, depopulated and aging town in Japan. Geriatr Gerontol Int. 13 :63-69.(査読付).  

Fukutomi E, Kimura Y, Wada T, Okumiya K, Matsubayashi K. 2013,01 Long-term care prevention project in Japan.. Lancet 12 :381.(査読付).  

Hirosaki M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Konno A, Kimura Y, Fukutomi E, Chen W, Nakatsuka M, Fujisawa M, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Wada T, Matsubayashi K. 2012,12 Positive affect as a predictor of lower risk of functional decline in community-dwelling elderly in Japan. Geriatr Gerontol Int. [Epub ahead of print]. DOI:10.1111/ggi.12008..(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/ggi.12008.

Kimura Y, Ogawa H, Yoshihara A, Yamaga T, Takiguchi T, Wada T, Sakamoto R, Ishimoto Y, Fukutomi E, Chen W, Fujisawa M, Okumiya K, Otsuka K, Miyazaki H, Matsubayashi K. 2012,12 Evaluation of chewing ability and its relationship with activities of daily living, depression, cognitive status and food intake in the community-dwelling elderly.. Geriatr Gerontol Int. [Epub ahead of print]. DOI:10.1111/ggi.12006..(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/ggi.12006.

Fukutomi E, Okumiya K, Wada T, Sakamoto R, Ishimoto Y, Kimura Y, Kasahara Y, Chen WL, Imai H, Fujisawa M, Otuka K, Matsubayashi K. 2012,11 Importance of cognitive assessment as part of the "Kihon Checklist" developed by the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare for prediction of frailty at a 2-year follow up. . Geriatr Gerontol Int. [Epub ahead of print]. DOI:10.1111/j.1447-0594.2012.00959.x. .(査読付).  http://dx.doi.org/10.1111/j.1447-0594.2012.00959.x.

Okumiya K*, Sakamoto R, Kimura Y, Ishimoto Y, Fukutomi E, Kasahara Y, Chen WL, Ishine M, Wada T, Fujisawa M, Imai H, Ishikawa M, Yamamoto N, Otsuka K, and Kozo Matsubayashi 2012,10 J curve association between economic status and diabetes independently of functional disability in Japanese elderly. Geriatr Gerontol Int. 12(10) :755-756.(査読付).  

Ishimoto Y, Wada T, Kasahara Y, Kimura Y, Fukutomi E, Chen W, Hirosaki M, Nakatsuka M, Fujisawa M, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Matsubayashi K. 2012,10 Fall Risk Index predicts functional decline regardless of fall experiences among community-dwelling elderly. Geriatr Gerontol Int. 12(4) :659-666.(査読付).  

Fujisawa M, Ishimoto Y, Chen W, Ida Bagus Manuaba I, Del Saz EG, Okumiya K, Wada T, Kimura Y, Imai H, Matsubayashi K. 2012,09 Correlation of systolic blood pressure with age and body mass index in native Papuan populations. Hypertens Res 35 :959-960.(査読付).  

Kimura Y, Wada T, Okumiya K, Ishimoto Y, Fukutomi E, Kasahara Y, Chen W, Sakamoto R, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2012,08 Eating alone among community-dwelling Japanese elderly: association with depression and food diversity. J Nutr Health Aging 16 :728-731.(査読付).  

Imai H, Wada T, Sakamoto R, Kasahara Y, Ishimoto Y, Kimura Y, Fukutomi E, Wenling C, Okumiya K, Otsuka K, Matsubayashi K. 2012,06 Activities of daily living rather than depressive symptoms increase the risk of 4-year mortality in Japanese community-dwelling elderly people. J Am Geriatr Soc. 60(6) :1191-1193.(査読付).  

石川元直, 山中学, 中嶋俊, 諏訪邦明, 松田晶子, 中岡隆志,奥宮清人,松林公蔵, 大塚邦明. 2012年05月 ヒマラヤ・アンデス高地における標高と高齢者うつ病との関連. ヒマラヤ学誌 13 :68-77.(査読付).  

今井必生、石川元直、松田晶子、木村友美、福富江利子、陳玟玲、和田泰三、坂本龍太、石本恭子、王紅心、代青湘、奥宮清人、松林公蔵. 2012年05月 うつ病の認識とヘルプシーキング行動―半構造化説明モデル面接を用いた横断調査. ヒマラヤ学誌 13 :78-85.(査読付).  

木村友美、 松林公蔵、坂本龍太、石本恭子、福富江利子、和田泰三、大塚邦明、石川元直、宝蔵麗子、諏訪邦明、Hongxing Wang、Qingxiang Dai、Ri Li Ge、Haisheng Qiao、Tsering Norboo、奥宮清人. 2012年05月 高所住民における食多様性と健康度との関連-青海省・ラダークにおける市街部と郡部での比較-. ヒマラヤ学誌 13 :86-93.(査読付).  

中岡隆志、大塚由美恵、川崎孝広、西村芳子、石川元直、大塚邦明、松林公蔵、Tsering Norboo、奥宮清人. 2012年05月 ヒマラヤ地域住民に観察される化学受容器反射感受性の亢進. ヒマラヤ学誌 13 :23-37.(査読付).  

福富江利子、松林公蔵、坂本龍太、和田泰三、木村友美、大塚邦明、石川元直、諏訪邦明、Tsering Norboo、奥宮清人. 2012年05月 ラダーク3地域の主観的QOLの比較~うつ症状と幸福度に着目して~. ヒマラヤ学誌 13 :94-101.(査読付).  

中岡隆志、石川元直、大塚由美恵、川崎孝広、大塚邦明、松林公蔵、Tsering Norboo、奥宮清人. 2012年05月 時間医学からみたラダック地域高地住民の健康. ヒマラヤ学誌 13 :38-52.(査読付).  

Wenling C,Wada T, Ishimoto Y, Kimura Y, Fukutomi E, Imai H, Sakamoto R, Okumiya K, Otsuka K, Fujisawa M, Matsubayashi K. 2012,04 Association between Geriatric Function and Subjective Economy among Elderly Living in a Rural Community in Japan. J Am Geriatr Soc. 60(4) :802-803.(査読付).  

Ishikawa M*, Yamamoto N, Yamanaka G, Suwa K, Nakajima S, Hozo R, Norboo T, Okumiya K, Matsubayashi K, Otsuka K. 2012,04 Disaster-related psychiatric disorders among survivors of flooding in Ladakh, India. Int J Soc Psychiatry. Epub ahead of print.(査読付).  

Yamamoto N, Ishizawa K, Ishikawa M, Yamanaka G, Yamanaka T, Murakami S, Hiraiwa T, Okumiya K, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Wada T, Matsubayashi K, Otsuka K. 2012,01 Cognitive function with subclinical hypothyroidism in very high elderly people without dementia – one year follow up. Geriatr Gerontol Int 12(1) :164-165.(査読付).  

Wada T, Kasahara Y, Matsubayashi K, Ishimoto Y, Fukutomi E, Kimura,Y Imai H, Chen WL, Sakamoto R, Okumiya K. Ishine M, Fujisawa M. 2011,11 Fifteen-item geriatric depression scale predicts 8-year mortality in older Japanese. J Am Geriatr Soc. 59(10) :1971-1973.(査読付).  

Sakamoto R, Okumiya K, Ishine M, Lhadon K, Lhamo S, Rinchen S, Dorji N, Dorji T, Fujisawa M, Otsuka K, Wada T, Matsubayashi K. 2011,11 Subjective quality of life among the community-dwelling elderly in the Kingdom of Bhutan compared with those in Japan.. J Am Geriatr Soc 59 :2157-2159.(査読付).  

Okumiya K, Ishine M, Kasahara Y, Wada T, Sakamoto R, Kosaka Y, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kimura Y, Fujisawa M, Otsuka K, Tan X, Zhang H, Zhao H, Er WN, Yin S, Matsubayashi K. 2011,11 The effects of socioeconomic globalization on health and aging in highlanders compared to lowlanders in Yunnan, China, and Kochi, Japan. Ecol Res. 26 :1027-1038.(査読付).  

Hirosaki M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Konno A, Kimura Y, Fukutomi E, Ling CW, Nakatsuka M, Fujisawa M, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Wada T, Matsubayashi K 2011,10 Self-rated happiness is associated with functional ability, mood, quality of life and income, but not with medical condition in community-dwelling elderly in Japan. Geriatr Gerontol Int 11(4) :531-533.(査読付).  

Okumiya K, Fukutomi E, Kimura Y, Ishimoto Y, Chen WL, Ishikawa M, Hozo R, Sakamoto R, Wada T, Otsuka K, Inamura T, Lazo M, Lu JP, Garcia PJ, Matsubayashi K. 2011,10 Strong association between polycythemia and glucose intolerance in older adults living at high altitudes in the Andes. J Am Geriatr Soc 59(10) :1971-1973.(査読付).  

Matsubayashi K, Ishine M, Wada T, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kasahara Y, Kimura,Y, Fukutomi E, Ling CW, Sakamoto R, Fujisawa M, Otsuka K, Okumiya K. 2011,08 “ Field Medicine” for reconsidering “Optimal Ageing”. J Am Geriatr Soc 59(8) :1568-1570.(査読付).  

小坂康之、Bhaskar Saikia、Tasong Mingki、Hui Tag、Tomo Riba、安藤和雄、奥宮清人 2011年05月 インド、アルナーチャル・プラデーシュ州における野生食用・薬用植物利用の特徴. ヒマラヤ学誌 12 :101-116.(査読付).  

石本恭子、奥宮清人、坂本龍太、木村友美、小坂康之、Dani Duri、安藤和雄、松林公蔵 2011年05月 BrokpaとUnpaにおける血圧と年齢相関の比較. ヒマラヤ学誌 12 :117-122.(査読付).  

木村友美、福富江利子、石川元直、諏訪邦明、大塚邦明、坂本龍太、和田泰三、石本恭子、松林公蔵、木村友美、Tsering Norboo、奥宮清人 2011年05月 ラダークにおける基本料理の栄養成分データベースの構築. ヒマラヤ学誌 12 :32-39.(査読付).  

坂本龍太、松林公蔵、奥宮清人 2011年05月 ブータン・カリン高齢者健診予備報告. ヒマラヤ学誌 12 :149-157.(査読付).  

福富江利子、松林公蔵、坂本龍太、和田泰三、石本恭子、木村友美、野瀬光弘、竹田晋也、山口哲由、池田菜穂、平田晶弘、月原敏博、大塚邦明、石川元直、諏訪邦明、Tsering Norboo, 奥宮清人 2011年05月 歩数計からみたインド北西 部ラダーク・ドムカル高所住民の生活習慣—運動量と食生活—. ヒマラヤ学誌 12 :23-31.(査読付).  

石川元直、山本直宗、山中学、諏訪邦明、宝蔵麗子、中島俊、Tsering Norboo, 木村友美、福富江利子、奥宮清人、 松林公蔵、大塚邦 2011年05月 ラダーク豪雨災害避難住民におけるストレス関連障害. ヒマラヤ学誌 12 :7-14.(査読付).  

宝蔵麗子、諏訪邦明、中島俊、石川元直、山本直宗、Tsering Norboo, 奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 2011年05月 アンデス・ラダーク地域住民における高所適応の検討. ヒマラヤ学誌 12 :15-22.(査読付).  

奥宮清人、その他 2010年12月 高所住民の生活習慣病と老化の変容-高所適応と生活変化の相互作用-. 登山医学 (30) :32-36.(査読付).  

石本恭子、奥宮清人 その他 2010年12月 インド、アルナーチャル・プラデーシュ州ディラン在住の中・高年住民の健康度に関する男女の比較. 登山医学 (30) :65-72.(査読付).  

奥宮清人、坂本龍太、石本恭子、木村友美、月原敏博、竹田晋也、小坂康之、野瀬光弘、山口哲由、石川元直、中島俊、宝蔵麗子、Tsering Norboo、Ri-Li Ge、大塚邦明、松林公蔵 2010年05月 高所環境とグローバリゼーション-生活習慣病と老化の変容. ヒマラヤ学誌 11 :2-10.(査読付).  

松林公蔵、木村友美、石本恭子、和田泰三、大塚邦明、石川元直、宝蔵玲子、山口哲由、坂本龍太、石根昌幸、小坂康之、Hongxing Wang、Qingxiang Dai、Ri-Li Ge、Haisheng Qiao、奥宮清人 2010年05月 中国青海省高地高齢者における老年医学的総合機能評価. ヒマラヤ学誌 11 :11-20.(査読付).  

木村友美、松林公蔵、坂本龍太、石本恭子、和田泰三、大塚邦明、石川元直、宝蔵玲子、Hongxing Wang、Qingxiang Dai、Ri-Li Ge、Haisheng Qiao、奥宮清人 2010年05月 中国青海省の高齢者における肉類摂取頻度と健康との関連. ヒマラヤ学誌 11 :29-35.(査読付).  

Tamang JP, Okumiya K, Kosaka Y 2010,05 Cultural adaptation of the Himalayan ethnic foods with special reference to Sikkim, Arunachal Pradesh and Ldakh. Himalayan Study Monographs 11 :177-185.(査読付).  

中島俊、宝蔵麗子、石川元直、山本直宗、山中学、Tsering Norboo、坂本龍太、奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 2010年05月 ラダーク地域チベット住民における高所適応. ヒマラヤ学誌 11 :54-60.(査読付).  

石川元直、山本直宗、山中学、中島俊、宝蔵麗子、Tsering Norboo、Ri-Li Ge、坂本龍太、奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 2010年05月 ラダーク・青海省高地住民におけるうつ病研究. ヒマラヤ学誌 11 :45-53.(査読付).  

大塚邦明、Tsering Norboo、西村芳子、山中学、石川元直、中島俊、宝蔵麗子、坂本龍太、松林公蔵、奥宮清人 2010年05月 ヒマラヤ地域住民の生活習慣の調査と、心血管系機能の高所適応に見られる男女差. ヒマラヤ学誌 11 :36-44.(査読付).  

坂本龍太、松林公蔵、木村友美、石根昌幸、和田泰三、Hongxing Wang、Qingxiang Dai、Airong Yang、Haisheng Qiao、Jidong Gao、Zhanquan Li、Yongshou Zhang、Ri-Li Ge、奥宮清人 2010年05月 チベット高地における老化と酸化ストレス. ヒマラヤ学誌 11 :29-35.(査読付).  

Okumiya K, Sakamoto R, Kimura Y, Ishimoto Y, Wada T, Ishine M, Ishikawa M, Nakajima S, Hozo R, Ge RL, Norboo T, Otsuka K, Matsubayashi K. 2010 Diabetes mellitus and Hypertension in Elderly Highlanders in Asia. J Am Geriatr Soc 58(6) :1193-1195.(査読付).  

Wada T, Ishimoto Y, Hirosaki M, Konno A, Kasahara Y, Kimura Y, Nakatsuka H, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2010 Twenty-one-item fall risk index predicts falls in elderly community-dwelling Japanese. J Am Geriatr Soc 57(12) :2369-2371.(査読付).  

Hirosaki M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Konno A, Kimura Y, Fukutomi E, Ling CW, Nakatsuka M, Fujisawa M, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Wada T, Matsubayashi K. 2010 Self-rated health and comprehensive geriatric functions in community-living older adults in Japan. J Am Geriatr Soc 58(1) :207-209.(査読付).  

Matsubayashi K, Sakagami T, Wada T, Ishine M, Sakamoto R, Yamanaka G, Otsuka K, Fujisawa M, Okumiya K. 2010 Mood disorders in community-dwelling older adults in Asia. J Am Geriatr Soc. 58(1) :213-214.(査読付).  

Matsubayashi K, Wada T, Ishine M, Sakamoto R, Okumiya K, Ishikawa M, Yamanaka G, Yamamoto N, Otsuka K, Nishinaga M, Doi Y, Murakami S, Fujisawa M, Yano S. 2010 Community-based geriatric assessment and preventive intervention lowered medical expenses for the elderly. J Am Geriatr Soc. 58(4) :791-793.(査読付).  

Yamamoto N, Yamanaka G, Ishizawa K, Ishikawa M, Murakami S, Yamanaka T, Okumiya K, Ishine M, Matsubayashi K, Otsuka K. 2010 Insomnia increases insulin resistance and insulin secretion in elderly people. J Am Geriatr Soc 58(4) :801-804.(査読付).  

Okumiya K, Sakamoto R, Kimura Y, Ishimoto Y, Wada T, Ishine M, Ishikawa M, Nakajima S, Hozo R, Ge RL, Norboo T, Otsuka K, Matsubayashi K. 2010 Strong Association Between Polycythemia and Glucose Intolerance in Elderly high-altitude dwellers in Asia. J Am Geriatr Soc 58(3) :609-611.(査読付).  

Miyano I, Nishinaga M, Takata J, Shimizu Y, Okumiya K, Matsubayashi K, Ozawa T, Sugiura T, Yasuda N, Doi Y. 2010 Association between brachial-ankle pulse wave velocity and 3-year mortality in community-dwelling older adults. Hypertens Res 33(7) :678-682.(査読付).  

Sakamoto R, Ohno A, Nakahara T, Satomura K, Iwanaga S, Kouyama Y, Kura F, Noami M, Kusaka K, Funato T, Takeda M, Matsubayashi K, Okumiya K, Kato N, Yamaguchi K. 2009,11 Is driving a car a risk for Legionnaires' disease?. Epidemiol Infect 137(11) :1615-1622.(査読付).  

Matsubayashi K, Ishine M, Wada T, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kasahara Y, Kimura Y, Konno A, Nakatsuka M, Sakamoto R, Fujisawa M, Okumiya K, Otsuka K. 2009,09 Changing attitudes of elderly Japanese toward disease. J Am Geriatr Soc 57(9) :1732-1733.(査読付).  

Sakamoto R, Ohno A, Nakahara T, Satomura K, Iwanaga S, Kouyama Y, Kura F, Kato N, Matsubayashi K, Okumiya K, Yamaguchi K. 2009,08 Legionella pneumophila in rainwater on roads. Emerg Infect Dis. 15(8) :1295-1297.(査読付).  

Shimizu Y, Nishinaga M, Takata J, Miyano I, Okumiya K, Matsubayashi K, Ozawa T, Yasuda N, Doi Y. 2009,06 B-type natriuretic peptide is predictive of hospitalization in community-dwelling elderly without heart diseases. Geriatr Gerontol Int. 9(2) :148-154.(査読付).  

Hirosaki M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Kimura Y, Konno A, Sakamoto R, Nakatsuka M, Ishine M, Wada T, Okumiya K, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2009,06 Community-dwelling elderly Japanese people with hobbies are healthier than those lacking hobbies.. J Am Geriatr Soc 57(6) :1132-1133.(査読付).  

Ishimoto Y, Wada T, Hirosaki M, Kasahara Y, Kimura Y, Konno A, Nakatsuka M, Sakamoto R, Ishine M, Okumiya K, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2009,05 Age and sex significantly influence fall risk in community-dwelling elderly people in Japan. J Am Geriatr Soc 57(5) :930-932.(査読付).  

奥宮清人、坂本龍太、木村友美 、小坂康之、Hongxin Wang、Qingxiang Dai、Airong Yang、Haisheng Qiao、Jidong Gao、Zhanquan Li、Yongshou Zhang、Ri-Li Ge、松林公蔵. 2009年05月 中国青海省海晏県の医学調査・高齢者包括機能評価と今後の課題. ヒマラヤ学誌 10 :4-9.(査読付).  

Kimura Y, Wada T, Ishine M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Konno A, Nakatsuka M, Sakamoto R, Okumiya K, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2009,05 Food diversity is closely associated with activities of daily living, depression, and quality of life in community-dwelling elderly people. J Am Geriatr Soc 57(5) :922-924.(査読付).  

奥宮清人、坂本龍太、月原敏博、竹田晋也、小坂康之、山口哲由、Tsering Norboo、 大塚邦明、松林公蔵. 2009年05月 インド・ラダックの医学調査と今後の課題. ヒマラヤ学誌 10 :10-15.(査読付).  

Sakamoto R, Ohno A, Nakahara T, Satomura K, Iwanaga S, Saito M, Okumiya K, Yamaguchi K. 2009,04 A patient with Legionnaires' disease transferred after a traffic accident. BMJ Case Rep. Epub 2009 Apr 14.. DOI:pii: bcr09.2008.0893. 10.1136/bcr.09.2008.0893..(査読付).  http://dx.doi.org/pii: bcr09.2008.0893. 10.1136/bcr.09.2008.0893.

Kimura Y, Wada T, Ishine M, Ishimoto Y, Kasahara Y, Hirosaki M, Konno A, Nakatsuka M, Sakamoto R, Okumiya K, Otsuka K, Matsubayashi K. 2009,03 Community-dwelling elderly with chewing difficulties are more disabled, depressed and have lower quality of life scores. Geriatr Gerontol Int 9(1) :102-104.(査読付).  

Ishimoto Y, Wada T, Hirosaki M, Kasahara Y, Kimura Y, Konno A, Nakatsuka M, Ishine M, Okumiya K, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2009,02 Health-related differences between participants and nonparticipants in community-based geriatric examinations. J Am Geriatr Soc 57(2) :360-362.(査読付).  

大塚邦明, Tsering Norboo, 大塚敬子、津越智子、上田裕子、林航、石川元直、堀田典寛、奥宮清人. 2009年01月 生活環境の違いと血管機能:高知地域住民のCAVI. 折茂肇、斎藤康編 新しい動脈硬化指標CAVIのすべてー基礎から臨床応用までー. 日経メディカル開発, 東京都港区, pp.60-72.  

Kimura Y, Okumiya K, Sakamoto R, Ishine M, Wada T, Kosaka Y, Wada C, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kasahara Y, Konno A, Chen W, Otsuka K, Fujisawa M, Nakatsuka M, Nakashima M, Wang H, Dai Q, Yang A, Gao J, Li Z, Qiao H, Zhang Y, Ge RL, Matsubayashi K. 2009 Comprehensive geriatric assessment of elderly highlanders in Qinghai, China IV: comparison of food diversity and its relation to health of Han and Tibetan elderly. Geriatr Gerontol Int. 9(4) :359-365.(査読付).  

Sakamoto R, Matsubayashi K, Kimura Y, Ishine M, Kosaka Y, Wada T, Wada C, Nakatsuka M, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kasahara Y, Konno A, Chen W, Fujisawa M, Otsuka K, Nakashima M, Wang H, Dai Q, Yang A, Qiao H, Gao J, Li Z, Zhang Y, Ge RL, Okumiya K. 2009 Comprehensive geriatric assessment of elderly highlanders in Qinghai, China, III: oxidative stress and aging in Tibetan and Han elderly highlanders.. Geriatr Gerontol Int. 9(4) :352-358.(査読付).  

Matsubayashi K, Kimura Y, Sakamoto R, Wada T, Ishimoto Y, Hirosaki M, Konno A, Chen W, Ishine M, Kosaka Y, Wada C, Nakatsuka M, Otsuka K, Fujisawa M, Wang H, Dai Q, Yang A, Gao J, Li Z, Qiao H, Zhang Y, Ge RL, Okumiya K. 2009 Comprehensive geriatric assessment of elderly highlanders in Qinghai, China I: activities of daily living, quality of life and metabolic syndrome. Geriatr Gerontol Int. 9(4) :333-341.(査読付).  

Okumiya K, Sakamoto R, Kimura Y, Ishine M, Kosaka Y, Wada T, Wada C, Nakatsuka M, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kasahara Y, Konno A, Chen W, Fujisawa M, Otsuka K, Nakashima M, Wang H, Dai Q, Yang A, Qiao H, Gao J, Li Z, Zhang Y, Ge RL, Matsubayashi K. 2009 Comprehensive geriatric assessment of elderly highlanders in Qinghai, China II: the association of polycythemia with lifestyle-related diseases among the three ethnicities.. Geriatr Gerontol Int. 9(4) :342-351.(査読付).  

石根昌幸、奥宮清人、斉藤清明、笠原順子、松林公蔵. 2008年12月 中国雲南省の高所低所および日本の地域在住高齢者における総合機能評価. 登山医学 Japanese Journal of Mountain Medicine 28 :27-33.(査読付).  

Wada T, Ishine M, Ishimoto Y, Hirosaki M, Kimura Y, Kasahara Y, Okumiya K, Nishinaga M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2008,08 Community-dwelling elderly fallers in Japan are older, more disabled, and more depressed than nonfallers. J Am Geriatr Soc 56(8) :1570-1571.(査読付).  

Ishine M, Okumiya K, Kimura Y, Kasahara Y, Wada T, Yamanaka G, Hotta N, Otsuka K, Murakami S, Matsubayashi K. 2008,08 Subjective sleep disturbances were closely associated with comprehensive geriatric functions in dose-responsive manner in the community-dwelling elderly people in Japan. J Am Geriatr Soc 56(8) :1571-1573.(査読付).  

Okumiya K, Ishine M, Wada T, Fujisawa M, Pongvongsa T, Siengsounthone L, Xyavong X, Boupha B, Matsubayashi K. 2008,08 Improvement in obesity and glucose tolerance in elderly people after lifestyle changes 1 year after an oral glucose tolerance test in a rural area in Lao People's Democratic Republic. J Am Geriatr Soc 56(8) :1582-1583.(査読付).  

Okumiya K, Ishine M, Wada T, Fujisawa M, Otsuka K, Matsubayashi K. 2008,04 Lifestyle changes after oral glucose tolerance test improve glucose intolerance in community-dwelling elderly people after 1 year. J Am Geriatr Soc 56(4) :767-769.(査読付).  

Fujisawa M, Okumiya K, Maysubayashi K, Hamada T, Endo H, Doi Y. 2008,03 Factors associated with carotid atherosclerosis in the oldest elderly over 80 years in the community. Geriatrics & Gerotology International 8(1) :12-18.(査読付).  

奥宮清人,藤澤道子,石根昌幸,和田泰三,坂本龍太,平田温,Eva Garcia Del Saz,Yosefina Griapon,Arius Togodly,Naffi Sanggenafa,A.L. Rantetampang,小久保康昌,葛原茂樹,松林公蔵 2008年03月 西ニューギニアの神経変性疾患. ヒマラヤ学誌 9 :141-145.(査読付).  

Ishine M, Okumiya K, Hirosaki M, Sakamoto R, Fujisawa M, Hotta N, Otsuka K, Nishinaga M, Doi Y, Matsubayashi K 2008,02 Prevalence of hypertension and its awareness, treatment, and satisfactory control through treatment in elderly Japanese. J Am Geriatr Soc. 56(2) :374-375.(査読付).  

奥宮清人 2008年01月 日本人の老人力、逆説に学ぶ. 科学 (78) :81-84.  

奥宮清人・石根昌幸、 2007年12月 高地住民の健康とグローバリゼーション. 日本登山医学会雑誌 27.(査読付).  

Okumiya K, Ishine M, Wada T, Pongvongsa T, Boupha B, Matsubayashi K 2007,12 The close association between low economic status and glucose intolerance in elderly subjects in a rural area in Laos. J Am Geriatr Soc. 55(12) :2101-2102.(査読付).  

Fujisawa M, Ishine M, Okumiya K, Nishinaga M, Doi Y, Ozawa T, Matsubayashi K. 2007,12 Effects of long-term exercise class on prevention of falls in community-dwelling elderly: Kahoku Longitudinal Aging Study. . Geriatrics & Gerotology International .(査読付).  

奥宮清人・藤澤道子・石根昌幸・和田泰三・坂本龍太・平田温・Eva Garcia Del Saz・Yosefina Griapon・Arius Togodly・Naffi Sanggenafa・A.L. Rantetampang・小久保康昌・葛原茂樹・松林公蔵 2007年11月 インドネシア・西ニューギニア地域の神経変性疾患の実態—2001-02年、2006-07年のフィールドワークよりー. 臨床神経医学 47(11) :977-978.  

Fujisawa M, Ishine M, Okumiya K, Otsuka K, Matsubayashi K. 2007,04 Trends in diabetes. Lancet 369 :1257.(査読付).  

【総説】

Matsubayashi K and Okumiya K. 2013,03 Elderly of the Tibetan highlands and impaired glucose tolerance. Himalayan Study Monographs 14 :3-8.(査読付).  

奥宮清人、松林公蔵. 2013年03月 低酸素適応遺伝子と糖尿病アクセル仮説. ヒマラヤ学誌 14 :94-101.(査読付).  

Matsubayashi K & Okumiya K. 2012,05 Non-Caucasion highlanders and modern globalization. Himalayan Study Monographs 13 :2-10.(査読付).  

Matsubayashi K, Okumiya K. 2012,01 Field medicine: A new paradigm of geriatric medicine. Geriatr Gerontol Int. 12(1) :5-15.(査読付).  

奥宮清人*、坂本龍太、和田泰三、石根昌幸、福富江利子、木村友美、石本恭子、Wingling Chen、今井必生、石川元直、宝蔵麗子、中嶋俊、松田晶子、諏訪邦明、大塚邦明,稲村哲也, Jose Perez Lu, Marcela Lazo, Patricia J Garcia, Hongxin Wang, Qingxiang Dai, Ri-Li Ge, Tsering Norboo,松林公蔵. 2011年12月 高所住民の耐糖能異常と血中ヘモグロビン値の関連−高所適応と生活変化の相互作用. 登山医学 31 :207-212.(査読付).  

奥宮清人 2011年05月 龍の国、ブータンに学ぶ共生智(ともいきの智恵). ヒマラヤ学誌 12 :143-148.(査読付).  

Matsubayashi K & Okumiya K 2011,05 Non-Caucasion and High Altitude.. Himalayan Study Monographs 12 :3-6.(査読付).  

奥宮清人 2010年05月 「老人智」-生老病死と高地の視点からの覚え書き. ヒマラヤ学誌 12 :201-211.(査読付).  

和田泰三、奥宮清人、松林公蔵. 2009年04月 介護予防ガイドライン. 理学療法ジャーナル :819-826.(査読付).  

奥宮清人 2008年03月 高所環境と疾病―慢性高山病の現状と今後の課題―. ヒマラヤ学誌 9 :3-9.(査読付).  

奥宮清人 2007年06月 82歳のマラソンランナー、—ヒトの老化の普遍性と多様性—. エコソフィア 19 :43-51.(査読付).  

その他の出版物

【報告書】

奥宮清人 2012年04月 土佐町フィールド医学の主旨、経緯、成果の概要および今後への提言、糖尿病・予備群と生活機能、将来の介護認定、死亡との関連. 土佐町、高知県編 土佐町フィールド医学報告書2008-2011年. , .  

奥宮清人編 2010年02月 人の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応 2007年-2009年度本研究中間報告書」. 総合地球環境学研究所,  

Okumiya K(ed.) 2009,12 The first high-altitude project international conference “Global Environmental Issue in the Human Body: Disease and Aging Maifested by the Imbalance between High-altitude Adaptation and Recent Life-style Change.” December 3-4, 2009, RIHN, Kyoto. ,  

奥宮清人 2008年05月 西ニューギニア地域における神経難病の実態に関する研究. 西ニューギニア地域における神経難病の実態に関する研究, 科研B海外 (17406024),  

奥宮清人 2008年04月 糖尿病および境界型の早期発見と介入効果、耐糖能異常とADL,鬱ならびにQOLとの関係. 土佐町、高知県編 土佐町健康長寿計画報告書2004-2007年. , .  

奥宮清人編 2008年04月 人の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応 2006年-2007年度報告書. ,  

会合等での研究発表

【口頭発表】

Okumiya K, Matsubayashi K,Nakashima M. Comprehensive geriatric health status in old Tibetan people in 3 regions. VIII -ISMM (International symposium of mountain medicine), 2012,11,03-2012,11,05, Taipei, Taiwan.(本人発表).  

奥宮清人、坂本龍太、和田泰三、福富江利子、木村友美、石本恭子、Wen-Ling Chen, 石川元直、大塚邦明、松林公蔵 地域在住高齢者の糖尿病と経済状態および活動機能との関連. 第54回日本老年医学会学術集会. , 2012年06月28日-2012年06月30日, 東京.(本人発表).  

奥宮清人、坂本龍太、福富江利子、石本恭子、松林公蔵. チベット3地域の高齢者の包括的な健康状態の比較. 第32回日本登山医学会学術集会, 2012年06月16日-2012年06月17日, 福岡.(本人発表).  

Ishikawa M, Yamanaka G, Matsuda A, Nakajima S, Suwa K, Nakaoka T, Okumiya K, Matsubayashi K, Otsuka K. Depression among community-dwelling elderly people in the high-altitude regions of Himalaya and Andes. The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

Fukutomi E, , Matsubayashi K, Sakamoto R, Wada T, Kimura Y, Tsukihara T, Otsuka K, Ishikawa M, Suwa K, Norboo T, Okumiya K. Quality of Life and Happiness~among 3 regions in Ladakh. The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

Suwa K, Nakajima S, Ishikawa M, Matsuda A, Sato K, Ohmori H, Nakaoka T, Norboo T, Okumiya K, Matsubayashi K, Otsuka K. The electrocardiogram and the echocardiography findings of highlanders in Ladakh.. The 2nd high-altitude project international conference,, November 2011, Kyoto, Japan.  

Ishimoto Y, Okumiya K, Sakamoto R, Kimura Y, Kosaka Y, Duri D, Singh SK, Ando K, Matsubayashi K. Blood Pressure and Related Factors in people in Arunachal Pladesh.. The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

Matsuda A, Suwa K, Nakajima S, Ishikawa M, Nakaoka T, Sato K, Ohmori H, Okumiya K, Matsubayashi K, Otsuka K. Atrial fibrillation at high altitude.. The 2nd high-altitude project international conference,, November 2011, Kyoto, Japan.  

Imai K, Ishikawa M, Yamanaka G, Matsuda A, Ishomoto Y, Kimura Y, Fukutomi E, Chen WL, Wada T, 33.Sakamoto R, Okumiya K, Matsubayashi K. How do people cognize “Depression” diagnosed by the international criteria and act against it? – Vignette study in Yushu and Tosa.: . The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

Matsubayashi K, Okumiya K “Field medicine and optimal aging in Bhutan. The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

奥宮清人、坂本龍太、和田泰三、福富江利子、木村友美、石本恭子、Wen-Ling Chen, 石川元直、大塚邦明、松林公蔵. 高所住民の生活習慣病と血中ヘモグロビン値の関連. 第53回日本老年医学会学術集会, 2011年, 東京.(本人発表).  

奥宮清人、坂本龍太、石根昌幸、福富江利子、石本恭子、松林公蔵 アンデス高所住民の耐糖能異常と多血症との関連. 第31回日本登山医学会学術集会, 2011年, 東京.(本人発表).  

奥宮清人 高齢者のQOLと土佐町長寿計画の成果. 土佐町長寿計画講演会, 2010年10月02日-2010年10月03日, 高知県土佐町.(本人発表).  

Kozo Matsubayashi, Kiyohito Okumiya et al Hypoxic Adaptation and ADL, QOL and Metabolic Syndrome of Elderly in Qinghai Plateau in China. ISMM (International symposium of mountain medicine), 2010,08,08-2010,08,12, Peru, Arequipa.  

Yumi Kimura, Kiyohito Okumiya et al Food Diversity and Diabetes of Tibetan Highlanders. ISMM (International symposium of mountain medicine), 2010,08,08-2010,08,12, Peru, Arequipa.  

Motonao Ishikawa, Naomune Yamamoto, Gaku Yamanaka, Shun Nakajima, Reiko Hozo, Tsering Norboo, Ri-Li Ge, Ryota Sakamoto, Kiyohito Okumiya, Kozo Matsubayashi, Kuniaki Otsuka Depression among community-dwelling elderly people in the high-altitude regions of Ladakh and Qinghai. VII World Congress of high altitude medicine and physiology, 2010,08,08-2010,08,12, Arequipa, Peru.  

Eriko Fukutomi , Kiyohito Okumiya et al The association of depressions with comprehensive geriatric functions of elderly highlanders in Ethiopia. ISMM (International symposium of mountain medicine) , 2010,08,08-2010,08,12, Peru, Arequipa.  

Kiyohito Okumiya et al Strong Association Between Polycythemia and Glucose Intolerance in Elderly high-altitude dwellers in Asia. ISMM (International symposium of mountain medicine), 2010,08,08-9201,08,12, Peru, Arequipa.  

Reiko Hozo, Shun Nakajima, Motonao Ishikawa, Naomune Yamamoto, Gaku Yamanaka, Tsering Norboo, Ryota Sakamoto, Kiyohito Okumiya, Kozo Matsubayashi, Kuniaki Otsuka Differences in the ability to adapt to high altitudes between men and women of Ladakh. VII World Congress of high altitude medicine and physiology, 2010,08,08-2010,08,12, Arequipa, Peru.  

Ryota Sakamoto, Kiyohito Okumiya et al Oxidative stress in Tibetan and Han elderly highlanders. ISMM (International symposium of mountain medicine) , 2010,08,08-2010,08,12, Peru, Arequipa.  

Yumi Kimura, Kiyohito Okumiya et al Food diversity and health of Han and Tibetan elderly highlanders in Qinghai, China. ISMM (International symposium of mountain medicine), 2010,08,08-2010,08,12, Peru, Arequipa.  

奥宮清人 フィールド医学、高所プロと土佐町. 土佐町フィールド医学−高所プロ合同ワークショップ「世界の高地の健康と生活の問題を、日本の土佐町から考える」, 2010年08月02日, 高知県土佐町 早明浦荘.(本人発表).  

石川元直、山本直宗、中嶋俊、宝蔵麗子、山中学、奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 高所在住高齢者におけるうつ病. 第52回日本老年医学会総会, 2010年06月24日-2010年06月26日, 神戸市.(本人発表).  

山本直宗、山中学、分須友香、石川元直、山中崇、村上省吾、石根昌幸、奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 地域高齢者における潜在性甲状腺機能低下症と総合機能評価. 第52回日本老年医学会総会, 2010年06月24日-2010年06月26日, 神戸市.(本人発表).  

稲葉百合子、山本直宗、山中崇、分須友香、扇澤史子、磯谷一枝、松林公蔵、大塚邦明 サブテストを含めたFABとMMSE,HDS-Rによる認知機能との関連性. 第52回日本老年医学会総会, 2010年06月24日-2010年06月26日, 神戸市.  

石澤香野、山本直宗、分須友香、石川元直、高杉絵美子、山中学、山中崇、西村英樹、高橋良当、石根昌幸、奥宮清人、松林公蔵、佐倉宏、岩本安彦、大塚邦明 高齢糖尿病患者の前頭葉機能変化の解析. 第53回糖尿病学術年次総会, 2010年05月27日-2010年05月29日, .  

山本直宗、高杉絵美子、山中崇、石川元直、山中学、村上省吾、石根昌幸、奥宮清人、松林公蔵、大塚邦明 高齢者におけるCAVI (Cardio-Ankle Vascular Index) と認知機能の関連. 第6回血管メカオバイオニクス研究会, 2009年12月12日, .  

Okumiya K, et al Association of polycythemia and chronic mountain sickness with life-style related diseases in Qinghai of China. The first high-altitude project international conference “Global Environmental Issue in the Human Body: Disease and Aging Maifested by the Imbalance between High-altitude Adaptation and Recent Life-style Change.” , 2009,12,03-2009,12,04, RIHN, Kyoto..(本人発表).  

谷田貝亜紀代 ・奥宮清人・坂本龍太・Sonam Jorgyes インドラダック地域における気象観測. 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月25日-2009年11月27日, 福岡県福岡市.  

奥宮清人 フィールド医学から地球環境学へ -老人知に着目して-. 地球研所内ゼミナール、多様性領域プログラム, 2008年06月24日, .(本人発表).  

奥宮清人 ブドウ糖負荷試験後のライフスタイル変化による、地域在住高齢者の耐糖能異常の改善. 第50回日本老年医学会学術集会, 2008年06月19日-2008年06月21日, 千葉県千葉市.(本人発表).  

Kiyohito Okumiya. Disease and aging in high-altitude environments. International Symposium on Environment Change, Pathogens, and Human Linkages (Kawabata Project in RIHN), 2008,06,11-2008,06,12, Kyoto city.(本人発表).  

石根昌幸、奥宮清人、斉藤清明、笠原順子、松林公蔵. 中国雲南省の高所低所および日本の地域在住高齢者における総合機能評価. 第27回日本登山医学会学術集会, 2008年05月31日-2008年06月01日, 富山県黒部市.  

奥宮清人、門司和彦 地球環境の変化と健康ー人々のライフスタイルを変えるには. 弟26回地球研市民セミナー, 2008年05月16日, 京都市.(本人発表).  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/46/20080516_shiminseminar_26.pdf

奥宮清人 The close association between economic status and glucose intolerance in the community-dwelling elderly in Asian countries. Congress of Geriatrics and Gerontology in Asia & Oceania, 2007,10,22, 中国 北京.(本人発表).  

奥宮清人 地域在住高齢者の耐糖能異常と包括的機能との関連. 第18回日本老年医学会近畿地方会, 2007年10月13日, ピアザ淡海 滋賀県大津市.(本人発表).  

奥宮清人 The close association between economic status and glucose intolerance in the community-dwelling elderly in Asian countries. Forum of health and development in Lao PDR,, 2007,09,24, ラオス ヴィエンチャン.(本人発表).  

奥宮清人 ラオス地域在住高齢者のブドウ糖負荷試験による、糖尿病の頻度. 第49回日本老年医学会総会, 2007年06月22日, ロイトン札幌 北海道札幌市中央区.(本人発表).  

奥宮清人 高知県T町在住高齢者のブドウ糖負荷試験による、糖尿病の頻度. 第49回日本老年医学会総会, 2007年06月22日, ロイトン札幌 北海道札幌市中央区.(本人発表).  

奥宮清人 高地住民の健康とグローバリゼーション. 第27回日本登山医学シンポジウム, 2007年06月02日, 宮城蔵王ロイヤルホテル、宮城県刈田郡蔵王町.(本人発表).  

【ポスター発表】

奥宮清人 高所住民の生活習慣病と老化の変容-高所適応と生活変化の相互作用-. 第30回日本登山医学会, 2010年05月08日-2010年05月09日, 群馬県みなかみ町.(本人発表).  

Kiyohito Okumiya. The association of erythrocytosis with life-style related diseases and chrinic respiratory diseases in high-altitude elderly people. 1st Congress of Asia-Pacific Society for Mountain Medicine, 2008,11,28-2008,11,30, Delhi, India.(本人発表).  

奥宮清人 The association between economic status and Diabetes in the community-dwelling elderly in Asia. The health forum of Khon Khaen University, 2007,10,17, タイ王国 コンケン.(本人発表).  

コヴィット・カンピタック、奥宮清人 Comparison of Prevalence of Diabetes between Rural and Urban Area in Thailand and Follow-up of People with Diabetes. The health forum of Khon Khaen University, 2007,10,17, タイ王国 コンケン.  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

Matsubayashi K, Okumiya K, Nakashima M. Glucose metabolismin the elderly resident of high altitude.. VIII -ISMM (International symposium of mountain medicine), 2012,11,03-2012,11,05, Taipei, Taiwan.  

Okumiya K Human life, aging and disease in high-altitude environments: Physio-medical, ecological and cultural adaptation in “highland civilizations”. RIHN international conference, 2012,10,24-2012,10,26, Kyoto, Japan.  

Sakamoto R, Okumiya K Aging in high altitude: possible association with adaptation methods. RIHN international conference, 2012,10,24-2012,10,26, Kyoto, Japan.  

奥宮清人 高所地域高齢者の健康「パネルディスカッション1 フィールド医学からみた地域在住高齢者の健康」. 第54回日本老年医学会学術集会, 2012年, 東京.  

Okumiya K Quality of life and optimal aging learning from wisdom of highland civilizations. . The 2nd high-altitude project international conference, November 2011, Kyoto, Japan.  

Okumiya K Human life, aging and disease in high-altitude environments: Physio-medical, ecological and cultural adaptation in “highland civilizations”. Grassroot Level International Workshop in Dirang “Health and Development among Highlanders in Arunachal Pradesh, India, 2011,02,09-2011,02,10, Dirang, India.  

奥宮清人 高所住民の生活習慣病と老化の変容-高所適応と生活変化の相互作用-. 第30回日本登山医学会学術集会(シンポジウム:日本の高所・世界の高所:富士山とチベット), 2010年, 群馬.  

Okumiya K Global Environmental Issue in the human body Disease and aging manifested by the imbalance between high-altitude adaptation and recent life-style change.. The first high-altitude project international conference , November 2009, Kyoto, Japan.  

奥宮清人 ヒマラヤに生きるー生老病死と環境. 第6回地球研地域連携セミナー., 2009年, 長野.  

Okumiya K Disease and aging in high-altitude environments. . . International Symposium on Environment Change, Pathogens, and Human Linkages (Kawabata Project in RIHN), June 2008, Kyoto, Japan.  

奥宮清人、門司和彦. 地球環境の変化と健康ー人々のライフスタイルを変えるには. 第26回地球研市民セミナー, 2008年, 京都.  

奥宮清人 高山の人々の取り組み-地域理解と解決能力の可能性-,Engaging the Challenge. 「高所住民の老年医学的な諸問題、Medical and Geriatric Aspects of Highlanders」. 国連大学シンポジウム, 2007,06,27, 国際連合大学ウ・タント国際会議場 東京都渋谷区.  

奥宮清人 Fieldwork survey of neurodegenerative diseases in West New-Guinea in 2001-02 and 2006-07. 西ニューギニア地域の神経変性疾患の実態 (2001-02年、2006-07年のフィールドワークより). . 日本神経学会総会「シンポジウム:西太平洋地域における神経変性疾患および関連疾患」 , 2007年05月18日, 名古屋国際会議場 名古屋市熱田区.  

奥宮清人 中高年の継続的登山習慣の意義. 第27回日本登山医学会学術集会.シンポジウムI, 2007年, 宮城.  

奥宮清人 本邦地域高齢者の生活機能. 第46回日本老年医学会総会(シンポジウムI), 2004年, 千葉.  

学会活動(運営など)

【組織運営】

日本登山医学会, 特任理事 (学会誌編集委員長). 2010年04月-2013年03月.  

日本登山医学会, 評議員. 2007年.  

調査研究活動

【国内調査】

高知県土佐町在住高齢者の健康と包括的機能調査に関する縦断的コホート調査. 高知県土佐町, 2008年08月06日.  

高知県土佐町在住高齢者の健康と包括的機能調査に関する縦断的コホート調査. 高知県土佐町, 2007年08月.  

京都府介護ケア付きマンション居住者の包括的機能調査に関する縦断的調査 . 京都市西京区, 2007年05月.  

【海外調査】

高所住民の健康と包括的機能調査に関する予備調査. インド、ラダック, 2008年12月25日-2009年01月05日.  

高齢者の健康と包括的機能調査に関する調査. 中国青海省海晏県, 2008年08月14日-2008年08月31日.  

高所住民の健康と包括的機能調査に関する予備調査と打ち合わせ. インド、ラダック, 2008年07月24日-2008年08月03日.  

中国青海省、打合せ、フィールド調査. 中国青海省, 2007年10月.  

在住高齢者住民の糖尿病検診. 韓国、江原道、洪川郡、東面、瑞石面, 2007年08月.  

在住高齢者住民の糖尿病検診. ベトナム、フートー、ノックアン村, 2007年07月.  

在住高齢者住民の糖尿病検診. タイ、コンケン、コンケン市、タンカン村, 2007年07月.  

中国青海省、打合せ、フィールド調査. 中国青海省, 2007年04月.  

外部資金の獲得

【科研費】

西ニューギニア地域の神経変性疾患の実態と予後に関する縦断的研究(研究代表者) 2013年04月01日-2017年03月31日. 基盤研究A(海外) (25257507).  

西ニューギニア地域における神経変性疾患の実態に関する縦断的研究(研究代表者) 2009年04月01日-2012年03月31日. 基盤研究(A)海外 (21256005).  

西ニューギニア地域における神経難病の実態に関する研究(研究代表者) 2005年-2007年. 基盤研究(B)(海外) (17406024).  

地域在住高齢者および老人ホーム施設入居者のQOLに関する国際比較研究(研究代表者) 2004年-2005年. 厚労省科学研究費 ().  

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

日本老年医学会, 認定医(第96057号). 1996年.  

日本内科学会, 認定内科医(第1233号). 1992年.  

日本神経学会, 認定医(第1679号). 1991年.  

【依頼講演】

身体に刻み込まれた環境問題としての老い. 地球環境学講座「”食と健康”から地球環境問題を考える」, 2008年11月25日, 京都市.  

土佐町フィールド医学の結果報告と今年の取り組み. 土佐町フィールド医学講演会, 2007年07月20日, 土佐町健康福祉センター 高知県土佐町.  

【メディア出演など】

隠れ糖尿病に対する高知県土佐町での取り組み 生活ホットモーニング. NHK, 2008年04月02日.  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

Joint medical camp in West Kameng under Japan-Arunachal collaboration. The Arunachal Times, 2009年11月26日 朝刊, 1.  

RGU signs MoU with Japan's RIHN. The Arunachal Times, 2009年06月26日 朝刊, 1.  

食事・運動通じ、糖尿病改善、土佐町集団検診で確認、地球研・京都大など医師チーム、数百人を一年指導. 高知新聞, 2007年11月14日 朝刊.  

土佐町の高齢者、45%がかくれ糖尿・予備軍、地球研・京都大などフィールド医学医師チーム報告、昨年度検診で判明、メタボ・うつと関連も. 高知新聞, 2007年08月18日 朝刊.  

【著書等に対する書評】

石川直樹 (奥宮清人編 生老病死のエコロジー チベット・ヒマラヤに生きる に関する書評). 朝日新聞, 2011年05月01日 朝刊.  

榊原雅晴 (奥宮清人編 生老病死のエコロジー チベット・ヒマラヤに生きる に関する書評). 毎日新聞, 2011年03月13日 朝刊.