総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名井上 元
氏名(かな)いのうえ げん
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名教授
着任日2008-07-01
離任日 
生年1945
学歴昭和44年3月 東京大学教養学部基礎科学科 卒業
昭和46年3月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専門課程修士修了
昭和50年3月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専門課程博士修了
職歴昭和50年5月 国立公害研究所 研究員
昭和53年6月 同上 主任研究員
昭和53年7月 米国 カンサス州立大学ポストドクター
昭和62年4月 西ドイツ ブッパータール大学客員研究員
平成元年3月 国立公害研究所 主任企画官付き国際研究協力官
平成2年7月 国立環境研究所 大気圏環境部大気動態研究室長
平成2年10月 同上 地球環境研究センター 研究管理官併任
平成5年4月 同上 地球環境研究グループ 温暖化現象解明研究チーム 総合研究官
平成7年4月 同上 大気圏環境部 上席研究官、地球環境研究グループ 上席研究官(併任)
平成10年4月 同上 地球環境研究センター 総括研究管理官
平成13年4月 同上 地球温暖化研究プロジェクト リーダー(併任)
平成17年4月 東京工業大学 原子炉工学研究所 教授(併任)
平成18年4月 名古屋大学大学院環境学研究科 教授
学位理学博士(東京大学 1975)
専攻・バックグラウンド物理学(分子分光学)
化学(気相化学反応)
気象学(温室効果ガスモニタリング)
地球科学(炭素循環)
所属学会日本気象学会
日本地球科学会
大気化学会
受賞歴日本気象学会堀内賞(平成15年11月)  
自己紹介1. 分光学的手法による大気化学の研究
• 環境庁国立公害研究所での光化学スモッグに関する研究
• 気相の化学反応に係るCH3O、SiH2などのラジカルのレーザー誘起蛍光法による研究
2. レーザーを使った新しい光-分子相互作用に関する研究
• 新プロセス、光会合(Photoassociation)を発見(XeCl)
• 励起状態間のエネルギー移動の研究
3. 温室効果ガスに関する観測研究
• 温室効果ガスのモニタリング ①波照間・落石のモニタリングステーション、②貨物船による大気観測、③シベリアにおける航空機によるモニタリング、④苫小牧における森林の二酸化炭素収支のモニタリング
• シベリアにおける二酸化炭素やメタンの発生・吸収の観測研究
• パイプラインからの天然ガス漏洩観測(ロシア、ウクライナ、ウズベキスタン)。
• SnO2半導体メタンセンサの開発
• Greenhouse Gases Inventory Officeを開設
• 西シベリアのCO2、CH4の観測網(8ヶ所)
• 旅客機による二酸化炭素測定器の定常観測
4. 衛星による温室効果ガスの観測プロジェクト
• 温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の提案、GOSATチーフサイエンティスト
5. 国内・国際的な研究計画への参画
• IGBP-Northern Eurasia StudyのScience Steering Committee委員
• IGBP、WCRP、IHDPのGlobal Carbon Project事務局を国立環境研究所に招致
• IGCO(Integrated Global Carbon Observing Strategy)のSSC
• AsiaFluxネットワーク設立(事務局長)
• 総合科学技術会議の環境・エネルギーG「地球温暖化研究イニシャティブ」に参画
• 日本学術会議の連携会員として複合新領域の環境部会に参画

 

論文

【原著】

Shamil Maksyutov1,2, Nikolay Kadygrov, Yumiko Nakatsuka1, Prabir K. Patra2, Takakiyo Nakazawa2,3, Tatsuya Yokota1, Gen Inoue 4 2009 PROJECTED IMPACT OF THE GOSAT OBSERVATIONS ON REGIONAL CO2 FLUX ESTIMATIONS AS A FUNCTION OF TOTAL RETRIEVAL ERROR . リモセン学会誌. (査読付).

Kei Shiomi, Isamu Morino, Osamu Uchino, Tatsuya Yokota, and Gen Inoue 2009 GOSAT Calibration and Validation plan. リモートセンシング学会誌. (査読付).

Nakayama T., H. Fukuda, S. Hashimoto, M. Kawasaki, I. Morino, G. Inoue, 2007 Buffer-gas pressure broadening for the (0003)  (0000) band of N2O measured with continuous-wave cavity ring-down spectroscopy. Chem. Phys 334:196-203. (査読付).

Nakayama T., Fukuda H., Kamikawa T., Sakamoto Y., Sugita A., Kawasaki M., Amano T., Sato H., and Sakaki S., Morino I., Inoue G. 2007 Effective interaction energy of water dimer at room temperature: An experimental and theoretical study. J. Chem. Phys 127:134302. (査読付).

Nakayama T., Fukuda H., Kamikawa T., Sugita A., Kawasaki M., Morino I., Inoue G. 2007 Measurements of the 3ν3 band of 14N15N16O and 15N14N16O with continuous-wave cavity ring-down spectroscopy. Chemical Physics 334:196-203. (査読付).

Stephens B.B., Gurney K.R., Tans P., Sweeney C., Peters W., Bruhwiler L., Ciais P., Ramonet M., Bousquet P., Nakazawa T., Aoki S., Machida T., Inoue G., Vinnichenko N., Lloyd J., Jordan A., Shibistova O., Langenfelds R., Steele P., Francey R., Denning S. 2007 Weak Northern and strong tropical land carbon uptake from vertical profiles of atmospheric CO2. Science 316:1732-1735. (査読付).

Nakamichi M., Kawasaki M., Morino I., Inoue G. 2006 Pressure broadening coefficients of CO2 in the 1.500 nm band with cavity ring-down spectroscopy. Phys. Chem.:364. (査読付).

井上 元 GOSATと炭素循環研究 Contribution of GOSAT to Carbon-cycle Research. リモートセンシング学会誌. 日本語

会合等での研究発表

【口頭発表】

Toru SAKAI1), Takahiro SASAI2), Nakako KOBAYASHI1), Tetsuya HIYAMA3), Kazukiyo YAMAMOTO4), Yasushi YAMAGUCHI2) and Gen INOUE1 Flood detection and monitoring around Lena river in Siberia with SPOT-VGT. AGU Fall meeting, 2009.12.14-9999, California, USA.

R. Wada1, J. K. Pearce1,2, T. Nakayama1, Y Matsumi1, G. Inoue3, T. Hiyama4, T. Shibata5 In Situ Observation of Carbon Dioxide Isotope Ratios in Nagoya Using a Mid-IR Absorption Spectrometer. IGAC-SPARC 2009, 2009.10.25-9999, 京都大学 芝蘭会館 稲盛ホール.

Gen Inoiue Carbon Monitoring from Space. 60th International Astronautical Congress, 2009.10.12-9999, Daejeon, Republic of Korea. (本人発表).

Matsumi Y.1, Nakayama T. 1, Kawasaki M. 2, Inoue G. 3, Uematsu S. 4, Shimizu K. Development of balloon-borne CO2 instruments. ICDC9, 2009.09.13-9999, Jena, Germany. (本人発表).

井上元 航空機や衛星による温室効果ガスの観測が解明する大気化学. 航空プログラムシンポジウム, 2009年09月10日, 東京都、日本科学未来館. (本人発表).

Gen Inoue Greenhouse gases Observing SATellite. Fifth Japan-EU Workshop on Climate Change Research, 2009.07.06-9999, Tokyo. (本人発表).

松見 豊、井出 智幸、中山 智喜、川崎 昌博、井上 元 CO2センサ搭載小型気球の開発と計測試験. 地球科学会, 2009年05月16日-2009年05月21日, 千葉県幕張メッセ国際会議場. 2009年5月16日(土)~21日(木)

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

あなたも一言 夕方ニュース   「ここに注目」. NHKラジオ第一, 2008年01月23日.