総合地球環境学研究所

スタッフ プロフィール

氏名内山 純蔵
氏名(かな)うちやま じゅんぞう
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名客員准教授
着任日2003-10-01
離任日 
生年1967
学歴東京大学文学部2類考古学専修課程卒業(1991)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程(前期)修了(1993)
University of Durham, Department of Archaeology, MA in EnvironmentalArchaeology(1996)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程(後期)単位修得(1997)
職歴富山大学人文学部国際文化学科講師(1998)
富山大学人文学部国際文化学科助教授(2001)
総合地球環境学研究所研究部准教授(2003)
学位博士(文学)(総合研究大学院大学 2002)
MA in Environmental Archaeoology (with distinction)(ダーラム大学 1996)
修士(人間・環境学)(京都大学 1993)
専攻・バックグラウンド先史人類学
動物考古学
所属学会生き物文化誌学会

 

著書(執筆等)

【分担執筆】

内山純蔵 2011年03月 景観の視点から琉球列島を考える試み. 高宮広士・伊藤慎二編 先史・原史時代の琉球列島-ヒトと景観-. 考古学リーダー, 19. 六一書房, 東京都千代田区, pp.1-8. 巻頭言

内山純蔵/カティ・リンドストロム 2011年03月 景観の三時代-新石器化、現代化、そして未来-. 内山純蔵・カティ リンドストロム編 景観の大変容-新石器化と現代化. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第2巻. 昭和堂, 京都市左京区, pp.1-46.

ZEBALLOS, Carlos; BORRE, Caroline; LINDSTRÖM, Kati; UCHIYAMA; Junzo 2011,02 GIS Approach to Historical Landscape Changes: The Case of Modernization at Lake Biwa in Central Japan. ROCA Zoran・CLAVAL Paul・AGNEW John (ed.) Landscapes, Identities and Development. Ashgate Publishing, UK, pp.403-418.

内山純蔵 2010年10月 人と動物の関わりあい3 シカ・イノシシ. 小杉康・谷口康浩・西田泰民・水ノ江和同・矢野健一編 人と動物の関わりあい−食料資源と生業圏−. 縄文時代の考古学, 4. 同成社, 東京都千代田区, pp.167-179.

UCHIYAMA,Junzo;BAUSCH,Ilona 2010,07 Beyond the Landscape of "Affluent Foragers": The Role of Long-distance Trade among Complex foragers in Jomon Japan. Studies of LAndscape History on East Asian Inland Seas. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, pp.91-98.

内山純蔵 2010年03月 なぜ貝塚は消え去ったのか-移動する世界の中心. 内山純蔵・カティ リンドストロム編 水辺の多様性. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第1巻. 昭和堂, 京都市左京区, pp.120-144.

内山純蔵 2010年03月 異界への憧れと恐れが物語る日本海の風景-縄文から現代へのメッセージ-. 内山純蔵・カティ リンドストロム編 東アジア内海の環境と文化. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第1巻. 桂書房, 富山県富山市, pp.345-358.

内山純蔵/カティ・リンドストロム 2010年03月 景観と歴史-環境問題の新たな認識へ向けて. 内山純蔵・カティ リンドストロム編 水辺の多様性. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第1巻. 昭和堂, 京都市左京区, pp.1-33.

UCHIYAMA, Junzo 2008,12 Vertical or Horizontal Landscape? The prehistoric Long- Term Perspectives on the History of the East Asian Inland Seas. SCHOTTENHAMMER, Angela (ed.) The East Asian Mediterranean: Maritime Crossroads of Culture, Commerce and Human Migration. East Asian Economic and Socio-cultural Studies: East Asian Maritime History, 6. Harrassowitz, Wiesbaden, Germany, pp.25-52.

【翻訳・共訳】

内山純蔵 2008年07月 第2章 問題提起-農耕の起源と拡散. 長田俊樹・佐藤洋一郎編 農耕起源の人類史. 地球研ライブラリー, 6. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.17-65. 原著: BELLWOOD, Peter著 FIRST FARMERS: The Origins of Agricultural Societies. Blackwell Publishing, Oxford, UK,

著書(編集等)

【編集・共編】

内山純蔵・カティ リンドストロム編 2011年03月 景観の大変容-新石器化と現代化-. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第2巻. 昭和堂, 京都市左京区, 252pp.

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS, Carlos; MAKIBAYASHI, Keisuke (ed.) (ed.) 2010,07 Studies of Landscape Histry on East Asian Inland Seas. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, 218pp.

内山純蔵・中井精一・中村大編 2010年03月 東アジア内海の環境と文化. 日本海総合研究プロジェクト研究報告, 5. 桂書房, 富山県富山市, 373pp. 監修:金関恕

内山純蔵・カティ リンドストロム編 2010年03月 水辺の多様性. 東アジア内海文化圏の景観史と環境, 第1巻. 昭和堂, 京都市左京区, 221pp.

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS, Carlos; NAKAMURA, Oki (ed.) 2009,01 NEOMAP Interim Report 2008. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, 260pp.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/3328/NEOMAP_INTERIM_REPORT_2008_Redacted.pdf

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS, Carlos; MAKIBAYASHI, Keisuke (ed.) 2009,01 Neolithisation and Landscape: NEOMAP International Workshop. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, 174pp.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/3325/NEOLITHISATION_AND_LANDSCAPE_Redacted.pdf

【監修】

中井精一・ダニエル ロング編 (内山純蔵監修) 2011年03月 世界の言語景観 日本の言語景観. 桂書房, 富山県富山市, 264pp.

論文

【原著】

Junzo Uchiyama 2011 Jomon and Yayoi Styles: A Worldview Transition within Neolithisation in the Japanese Archiperago. Tiina Peil (ed.) The Space of Culture the Place of Nature in Estonia and Beyond. Approaches to Culture Theory, 1. Tartu University Press., Tartu, Estonia, pp.136-152.

UCHIYAMA, Junzo 2009,01 Resource Management and Landscape Diversity in Jomon Japan. UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS, Carlos; MAKIBAYASHI, Keisuke (ed.) Neolithisation and Landscape: NEOMAP International Workshop. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, pp.3-24.

UCHIYAMA, Junzo 2009,01 Jomon Style and Yayoi Style: The Worldview Transition in the Central Japanese Archipelago with Neolithisation, as Seen from the Representations in Pottery and Settlement. UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS, Carlos; MAKIBAYASHI, Keisuke (ed.) NEOMAP Interim Report 2008. NEOMAP, Kita-ku, Kyoto, pp.139-154.

UCHIYAMA, Junzo 2008,03 Why did shell-middens disappear?: Considerations on the drastic decrease of shell-middens in the Jomon Period. Neolithic and Neolithisation in Japanese Sea Basin: Individual and Historical Landscape. Far East National University, Vladivostok, Russia, pp.225-236.

その他の出版物

【報告書】

内山純蔵 2008年03月 入江内湖遺跡2004年度 T96 出土動物遺存体. 一般国道8号米原バイパス建設に伴う発掘調査報告書2 入江内湖遺跡2. pp.148-162.

【その他の著作(新聞)】

内山純蔵 災害免れた松島の貝塚 縄文人の自然や暮らしの思想を復興策に. 日本経済新聞, 2011年06月28日 朝刊, 40面.

内山純蔵 定住支えたコイ科魚類 湖と人と. 毎日新聞, 2007年08月07日 朝刊(滋賀版).

【その他の著作(商業誌)】

内山純蔵 2007年 本当に残すべきもの、本当に守るべきものはなんなのか. 高2EnCollege 入試対策 小論文(Benesse 進研ゼミ高校講座) (2007年11月):20. ベネッセコーポレーション

会合等での研究発表

【口頭発表】

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati; ZEBALLOS VELARDE, Carlos Renzo; BORRE, Caroline; NAKAMURA, Oki; MATSUMORI Tomohiko Using GIS for large-span historical research comparing prehistoric and modern landscapes: a case from East Asia. PECSRL 24th Session, 2010.08.24, Riga, Latvia.

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati Inland Sea as a Unit for Environmental History: East Asian Inland Sea from Prehistory to Future. GeoMed2010 The 2nd International Geography Symposium (Session21), 2010.06.04, Kemer/Antalya, Turkey. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo Jomon Style and Yayoi Style: Worldview transitionwith Neolithisation in central Japan. Second CECT (Centre of Excellence in Cultural Theory) Autumn Conference: Spatiality, memory and visualisation of culture/nature relationships: theoretical aspects, 2009.10.22, Tallinn, Estonia. (本人発表).  http://www.ut.ee/CECT/work/autumn_conferences.html

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati Imaging Future: Images of Affluent Past as Models for Future's Landscape. 14th International Conference of Historical Geographers (ICHG), 2009.08.23, Kyoto, Japan. (本人発表).  http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/ichg/

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati Landscape, History and Global Environmental Issues: Report on an Interdisciplinary Research Project on East Asian Inland Seas. The International Human Dimensions Programme on Global Environmental Change (IHDP) Open Meeting 2009, 2009.04.26-2009.04.30, Bonn, Germany.  http://www.openmeeting2009.org/

UCHIYAMA, Junzo Understanding Neoithisation of East Asian Inland Seas: Resource management and landscape diversity in Jomon Japan. Symposium: "Landscape Neolithization along East Asian Inland Seas" for the 74th Annual Meeting of teh Society of American Archaeology (SAA), 2009.04.22-2009.04.26, Atlanta, USA. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo Reluctant Neolithisation? Resource management and landscape diversity in Jomon Japan. The international workshop “Sedentism: Worldwide research perspectives for the shift of human societies from mobile to settled ways of life” hosted by the German Archaeological Institute, 2008.10.24, Berlin, Germany. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo; LINDSTRÖM, Kati Landscape History in Fight with Global Environmental Problems: a Report on a Multidisciplinary Research Project on East Asian Inland Seas. “Landscape History and Landscape Heritage” Parallel Session C 4.2 at the Permanent European Conference for the Study of the Rural Landscape (PECSRL) 23rd Session — Landscapes, Identities and Developments, 2008.09.05, Óbidos, Portugal. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo Prehistoric landscape shifts as seen from human-wild boar relations in Jomon Japan. Prehistoric Landscape Shifts in the East Asian Inland Seas” Session at the 4th worldwide conference of Society for East Asian Archaeology (SEAA), 2008.06.03, Bejing, China. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo Why did shell-middens disappear?: Considerations on the drastic decrease of shell-middens in the Jomon Period. International Conference Neolithisation and Modernisation: Landscape History on East Asia Inland Seas, 2008.03.18-2008.03.19, Vladivostok, Russia. (本人発表).

UCHIYAMA, Junzo Why did shell-middens disappear?: Considerations on the drastic decrease of shell-middens in the Jomon Period. 73rd Annual Meeting of the Society for American Archaeology, March 2008, Vancouver, Canada. (本人発表).

内山純蔵 はじめて人が海に乗り出したとき-関東地方の縄文時代の視点-. ワークショップ2「生き物と景観2:生物にとっての「うみ」」 生き物文化誌学会 第5回学術大会, 2007年06月22日, 藤沢市、神奈川県. (本人発表).

【ポスター発表】

UCHIYAMA, Junzo; BAUSCH, Ilona Beyond the landscape of “Affluent Foragers”: The role of long-distance trade among complex foragers in Jomon Japan. 1st Landscape Archaeology Conference (LAC2010), 2010.01.26-2010.01.28, Amsterdam, The Netherlands. (本人発表).  http://www.vu.nl/en/news-agenda/agenda/conferences/lac2010/index.asp

【招待講演・特別講演、パネリスト】

内山純蔵 景観とは何か:形成の地域性とプロセス. 日本海総合研究プロジェクト国際シンポジウム「世界の言語景観・日本の言語景観」, 2010年01月23日-2010年01月24日, 富山県富山市.

UCHIYAMA, Junzo Creating neighbours or creating periphery? The long-term perspectives on the landscape history of the East Asian Inland Seas. The East Asian Mediterranean: Maritime Crossroads of Culture, Commerce, and Human Migration, 2007.11.02, Munich University, Munich, Germany.

学会活動(運営など)

【企画・運営・オーガナイズ】

第10回地球研フォーラム「足もとの水を見つめなおす」, 司会. 2011年07月03日, 京都市.

第5回地球研国際シンポジウム「多様性の過去と未来」, 司会ほか (Session1; Landscape as a Source of Cultural Diversity 及び Session2; Summary and Round-Table Discussion). 2010年10月13日-2010年10月15日, 京都市(地球研). Session1は司会、Session2はSession1の概要説明と討論

文明環境史プログラム国際シンポジウム「人類文明の未来に向けて SF作家と地球研の対話」, 実行委員会 (議長). 2009年08月28日-2009年08月29日, 京都市(地球研).

Symposium: "Landscape Neolithization along East Asian Inland Seas" for the 74th Annual Meeting of the Society of American Archaeology (SAA), Organizer. 2009年04月24日-2009年, Atlanta, USA.

吹田市立博物館平成20年度秋季特別展関連シンポジウム「とりあえずビール!ビールをめぐる世界の景観」, オーガナイザー (シンポジウム総括). 2008年11月15日, 大阪府吹田市.

Session ″"Neolithic" Landscape in East asia”, The 6th World Archaeological Congress, Organizer. 2008年07月, Dublin, Ireland.

The 4th worldwide conference of Society for East Asian Archaeology (SEAA)においてセッション”Prehistoric Landscape Shifts in the East Asian Inland Seas” , セッション・オーガナイザー. 2008年06月03日, 北京.

生き物文化誌学会 第5回学術大会, セッションオーガナイザー・座長 (ワークショップ2 「生き物と景観2:生物にとっての「うみ」」). 2007年06月22日, 神奈川県藤沢市.

【組織運営】

生き物文化誌学会, 評議員. 2007年07月. 現在に至る

滋賀県立琵琶湖博物館 開館10周年記念事業 第15回企画展示『琵琶湖のコイ・フナの物語−東アジアの中の湖と人−』, 展示担当 (縄文時代コーナー展示、組織運営). 2007年07月-2007年11月.

その他の成果物等

【その他】

2008年03月 富山県立高校入学試験問題「国語」長文問題に2005年4月「文化の多様性は必要か?」日高敏隆編『生物多様性はなぜ必要か?』昭和堂:97-138採用

調査研究活動

【国内調査】

北陸地方の新石器化期に関する資料調査. 新潟県長岡市、十日町市、長野県茅野市, 2008年11月12日-2008年11月13日. (内山純蔵; GILLAM, Christopher; JORDAN, Peter; ZEBALLOS, Carlos; 中村大)

新石器化期に関する資料調査. 福井県若狭市、滋賀県長浜市, 2008年11月02日. (内山純蔵; GILLAM, Christopher; JORDAN, Peter; SEYOCK, Barbara; ZEBALLOS, Carlos; 細谷葵; 槙林啓介; 中村大)

新石器化期に関する資料収集. 広島県庄原市, 2008年08月05日-2008年08月07日. (内山純蔵; 槙林啓介)

北海道および東北地方北部の新石器化期に関わる資料収集. 北海道千歳市、江別市、礼文町、青森県八戸市、青森市, 2008年07月10日-2008年07月14日. (BAUSCH, Ilona、内山純蔵)

新潟平野の景観史調査. 新潟県長岡市, 2007年08月-2007年08月.

北陸地方の新石器化期の景観変遷調査. 富山県富山市, 2007年07月-2007年07月.

菊池川流域および有明海沿岸の景観史調査. 熊本県菊池市, 2007年05月-2007年05月.

新潟平野の景観史調査. 新潟県長岡市, 2007年05月-2007年05月.

【海外調査】

地中海における水田稲作調査. スペイン王国ヴァレンシア地方, 2007年11月-2007年11月.

ロシア沿海州の景観史調査. ロシア連邦ウラジオストク, 2007年07月-2007年08月.

中国南部(銭塘江流域)の景観史調査. 中華人民共和国浙江省, 2007年06月-2007年07月.

朝鮮半島南部の景観史調査. 大韓民国釜山市, 2007年04月-2007年04月.

外部資金の獲得

【科研費】

日本海沿岸社会の地域特性と言語に関する類型論的研究(研究分担者) 2006年04月01日-2009年03月31日. 言語学 (18320065).

社会活動・所外活動

【他の研究機関から委嘱された委員など】

財団法人富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所, (富山県氷見市上久津呂遺跡調査分析指導). 2007年11月

【共同研究員、所外客員など】

國學院大学研究開発推進機構伝統文化リサーチセンター, 客員教授. 2007年04月  http://www.kokugakuin.ac.jp/oard/index7.html

【依頼講演】

はるかな水辺:琵琶湖の景観史. 京都精華大学公開講座GARDEN04 地球環境学講座「<地球時代>の水 水をどう手に入れるか?編」第3回 , 2010年01月19日, 京都市. 会場:COCON烏丸shin-bi

人間にとっての琵琶湖とは:魚と人の関わりの歴史を中心にして. 滋賀県立琵琶湖博物館開館10周年記念事業 第15回企画展時関連シンポジウム『東アジアにおける生き物と人−これからの関係を探る−』第1部, 2007年07月28日, 滋賀県草津市.

【メディア出演など】

ガラスの地球を救えスペシャル 見つめよう!今そこにある危機。そして再生へ (コメンテーター). 朝日放送(ABC), 2008年04月29日.

【その他】

2011年04月16日 同志社女子大学学生(学芸学部情報メディア学科)への特別講義 地球研にて開催

2010年10月26日 特別授業「くらしの変化とごみ」京都市立室町小学校(4年生) 室町小学校にて開催

2010年04月24日 同志社女子大学学生(学芸学部情報メディア学科)への特別講義 地球研にて開催

2009年10月29日 オランダ・ライデン大学考古学部における特別講義 Complex strategy in Jomon Japan: a zooarchaeological perspective

2009年10月26日 エストニア・タルト大学における特別講義 Understanding Neolithisation of East Asian Inland Seas

2009年10月21日 エストニア・タリン大学における特別講義 Understanding Neolithisation of East Asian Inland Seas

2009年10月02日 特別授業「生き物のくらしと自然かんきょう-「ゴミ」の歴史」京都市立室町小学校(4年生)

2009年05月16日 同志社女子大学学生(学芸学部情報メディア学科)への特別講義「東アジア内海の新石器化と現代化:景観の形成史」 地球研で開催

2009年03月04日 特別授業「生き物のくらしと自然かんきょう-昔の人の生活について」京都市立室町小学校(6年生)

2009年01月15日 富山県氷見市上久津呂遺跡調査分析指導、財団法人富山県文化振興財団 埋蔵文化財調査事務所において

2008年10月09日 特別授業「生き物のくらしと自然かんきょう-縄文時代人に学ぶ環境の心」京都市立室町小学校(4年生)

2008年09月29日 富山県氷見市上久津呂遺跡調査分析指導、財団法人富山県文化振興財団 埋蔵文化財調査事務所において

2008年02月 オランダ・ライデン大学考古学部における特別講義 History, Culture and Landscape: Could "Affluent Feudalism" be an Ideal Landscape Image for Future?

2007年11月27日 富山大学における講義「日本海学」、富山県日本海学推進機構による講座

2007年11月26日 富山国際大学における講義「地域学概説」、富山県日本海学推進機構による講座

2007年11月21日 富山県氷見市上久津呂遺跡調査分析指導、財団法人富山県文化振興財団 埋蔵文化財調査事務所において

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

縄文人に学ぶ職住分離 津波被害まぬがれた松島の貝塚の場合. 朝日小学生新聞, 2011年10月24日, 1面.

SF作家と学者、「環境」議論. 日本経済新聞, 2009年08月06日 夕刊, 13面.

遺跡の動物の骨に人の営みを見る. 京都新聞, 2008年10月08日 朝刊, 10面.

縄文人、イノシシ飼育!?京の研究者新説. 京都新聞, 2008年09月10日 朝刊, 26面.

【著書等に対する書評】

稲畑航平 2009年05月 書評 内山純蔵著『縄文の動物考古学-西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像』 (書評 内山純蔵著『縄文の動物考古学-西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像』 2007年03月 縄文の動物考古学-西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像 に関する書評). 史林 92(3):606-612.

2007年06月 新刊GUIDE 内山純蔵著『縄文の動物考古学』昭和堂 (内山純蔵 2007年02月 縄文の動物考古学-西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像- に関する書評). 日経サイエンス(6月号):131.