スタッフ プロフィール

氏名湯本 貴和
氏名(かな)ゆもと たかかず
所属総合地球環境学研究所 研究部
職名教授
生年1959
学歴京都大学理学部卒(1982)、京都大学大学院理学研究科植物学専攻修士課程修了(1984)、京都大学大学院理学研究科植物学専攻博士課程修了(1987)
職歴日本学術振興会特別研究員(1987)、神戸大学教養部助手(1989)、神戸大学教養部講師(1992)、神戸大学理学部講師(1992)、京都大学生態学研究センター助教授(1994)、総合地球環境学研究所研究部教授(2003)
学位博士(理学)(京都大学 1987)、修士(理学)(京都大学 1984)
専攻・バックグラウンド生態学
所属学会日本生態学会、日本植物学会、日本熱帯生態学会、日本アフリカ学会、種生物学会、日本植生史学会、野生生物保護学会
自己紹介大学院のころから、高山植物や熱帯雨林などで、一貫して送粉と種子散布という動物と植物の相互作用の研究をしてきました。本来の動物と植物との関係を探るため、なるべく人間の手が加わっていない自然で研究をおこなってきたわけですが、日本の自然を考える場合には、人間活動の歴史をじゅうぶんに考慮に入れないと大きな過ちをおかす危険があります。地球研では、あえて日本列島において人間活動が自然に与えてきたインパクトを歴史諸科学との連携で解明するプロジェクト、列島プロジェクトを立ち上げました。この領域は、最近多くの生態学者や社会学者が関心をもっている「里山」あるいは中山間地の研究と大きく重なります。わたしは、「里山」研究ではまったくの新参者ですが、これまで原生的な自然を見てきたものとして従来の「里山」研究にない、なにか新しい視座を提供できるのではないか、また、動物と植物との共生を扱ってきたものとして「自然と人間との共生」の実態について整理できるのではないかという野望をもって、列島プロジェクトを進めています。

 

著書(執筆等)

【単著・共著】

湯本貴和・磯野宏夫 2008年05月 熱帯雨林生命の森. 湯本貴和・磯野宏夫, 152pp.  

【分担執筆】

湯本貴和 2012年04月 相模の国の生態系と古代遺跡—聖なる泉を守る杜. 鎌田東二編 日本の聖地文化—寒川神社と相模国の古社. 創元社, 大阪府大阪市, pp.112-143.  

湯本貴和 2012年03月 生業と供養思想—資源管理と持続的な利用. 秋道智彌編 日本の環境思想の基層—人文知からの問い. 岩波書店, 東京都千代田区, pp.180-201.  

湯本貴和(調整役代表執筆者) 2012年03月 なぜ里山・里海の変化は問題なのか?. 国際連合大学高等研究所/日本の里山・里海評価委員会編 里山・里海—自然の恵みと人々の暮らし. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.61-75.  

数研出版 2012年03月 第3編生物の多様性と生態系. 高校生物基礎教授資料. 数研出版, 東京都千代田区, pp.141-198.  

数研出版 2012年03月 第3編生物の多様性と生態系. 新編高校生物基礎教授資料. 数研出版, 東京都千代田区, pp.145-196.  

大黒俊哉・湯本貴和・松田裕之・林直樹(調整役代表執筆者) 2012年03月 里山・里海の現状と変化の要因は何か?. 国際連合大学高等研究所/日本の里山・里海評価委員会編 里山・里海—自然の恵みと人々の暮らし. 朝倉書店, 東京都新宿区, pp.35-60.  

数研出版 2012年01月 第3編生物の多様性と生態系. 高校生物基礎. 数研出版, 東京都千代田区, pp.140-199.  

数研出版 2012年01月 第3編生物の多様性と生態系. 新編高校生物基礎. 数研出版, 東京都千代田区, pp.116-157.  

Okuro, T., Yumoto, T., Matsuda, H., Hayashi, N. 2012 What are the key drivers of changes and current status of satoyama and satoumi?. Anantha K. D., Nakamura, K., Takeuchi, K., Watanabe, M. & Nishi, M. (ed.) Satoyama- Satoumi Ecosystems and Human Well-Being. United Nations University Press, Tokyo, pp.60-124.  

Yumoto, T. 2012 Why is satoyama and satoumi a concern?. Anantha K. D., Nakamura, K., Takeuchi, K., Watanabe, M. & Nishi, M. (ed.) Satoyama- Satoumi Ecosystems and Human Well-Being. United Nations University Press, Tokyo, pp.125-154.  

湯本貴和 2011年10月 生物多様性の持続的利用と破綻の歴史. 山村則男編 生物多様性をどう生かすか. 地球研叢書 . 昭和堂, 京都市左京区, pp.104-135.  

湯本貴和 2011年03月 地域の豊かさを考える-生物多様性と生態系サービス. 安渓遊地・当山昌直編 奄美沖縄環境史資料集成. 南方新社, 鹿児島県鹿児島市, pp.769-788.  

大住克博・湯本貴和 2011年03月 森林資源の持続と枯渇. 湯本貴和編 里と林の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 3. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.249-264.  

湯本貴和・大住克博 2011年03月 森から林、そして里. 湯本貴和編 里と林の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 3. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.11-16.  

湯本貴和 2011年02月 日本列島における「賢明な利用」と重層するガバナンス. 湯本貴和編 環境史とは何か. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 1. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.11-20.  

湯本貴和 2011年02月 日本列島はなぜ生物多様性のホットスポットなのか. 湯本貴和編 環境史とは何か. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 1. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.21-32.  

今村彰生・湯本貴和・辻野亮 2011年01月 生物文化多様性とは何か. 湯本貴和編 環境史とは何か. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 1. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.55-73.  

Yumoto, T. & Uesedo, Y. 2011 A future for tradition: cultural preservation and transmission on Taketomi Island, Okinawa, Japan. Baldacchino, G. & Niles, D. (ed.) Island Futures. Springer, Tokyo, pp.139-152.  

湯本貴和 2009年03月 生態系を巡回する水. 総合地球環境学研究所編 水と人の未来可能性. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.69-107.  

湯本貴和 2008年10月 身近な自然資源を見直そう. 総合地球環境学研究所編 地球の処方箋—環境問題の根源に迫る. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.72-75.  

湯本貴和・米田穣 2008年03月 日本列島に住む人々は何を食べてきたか. 湯本貴和編 食卓から地球環境がみえる—食と農の持続可能性. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.25-60.  

湯本貴和 2007年08月 種子散布の生物学. 京都大学総合博物館・京都大学生態学研究センター編 生物の多様性ってなんだろう?. 学術選書, 27. 京都大学学術出版会, 京都市左京区, pp.24-39.  

湯本貴和 2007年07月 屋久島における研究者の役割. 金谷整一・吉丸博志編 屋久島の森のすがた. 文一総合出版, 東京都新宿区, pp.203-217.  

湯本貴和 2007年06月 日本列島に人間と野生動物の共生をさぐる. 大学出版部協会編 ナチュラルヒストリーの時間. 大学出版部協会, 東京都文京区, pp.51-54.  

湯本貴和 2007年03月 植物の宝庫・屋久島. 秋道智彌編 水と世界遺産. 小学館, 東京都千代田区, pp.93-107.  

湯本貴和 2007年03月 森の一万年史から. 秋道智彌・日高敏隆編 森は誰のものか?. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, pp.25-54.  

著書(編集等)

【編集・共編】

湯本貴和編 2011年04月 環境史をとらえる技法. 日本列島の三万五千年—人と自然の環境史, 6. 文一総合出版, 東京都新宿区, 248pp.  

湯本貴和編 2011年03月 山と森の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 5. 文一総合出版, 東京都新宿区, 381pp.  

湯本貴和編 2011年03月 野と原の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 2. 文一総合出版, 東京都新宿区, 333pp.  

湯本貴和編 2011年03月 里と林の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 3. 文一総合出版, 東京都新宿区, 284pp.  

湯本貴和・須賀丈編 2011年03月 信州の草原ーその歴史をさぐる. ほおずき書籍, 長野市, 175pp.  

湯本貴和編 2011年03月 島と海と森の環境史. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 4. 文一総合出版, 東京都新宿区, 351pp.  

湯本貴和編 2011年02月 環境史とは何か. 日本列島の三万五千年ー人と自然の環境史, 1. 文一総合出版, 東京都新宿区, 310pp.  

湯本貴和編 2008年03月 食卓から地球環境がみえる—食と農の持続可能性. 地球研叢書. 昭和堂, 京都市左京区, 157pp.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/56/200803_shokutakukara.jpg

論文

【原著】

Yumoto, T. 2011 Historical perspectives on the relationships between humanity and nature in Japan. Landscape Ecology in Asian Culture (Hong, S.K., Wu, J., Kim, J. E. & Nakagoshi, N. Eds.). Springer, Tokyo, pp.3-10.(査読付).  

Yumoto, T. 2011 The future of islands. Ogasawara Research 37 :97-102.(査読付).  

佐々木尚子・高原光・湯本貴和 2011年 堆積物中の花粉組成からみた京都盆地周辺における「里山」林の成立過程. 地球環境 16(2) :115-127.(査読付).  

松井淳・堀井麻美・柳哲平・森野里美・今村彰生・幸田良介・辻野亮・湯本貴和・高田研一 2011年 大峯山地前鬼地域における森林植生の現状とニホンジカによる影響. 保全生態学研究 16 :111-119.(査読付).  

湯本貴和 2011年 島の未来を考える. 科学 81(8) :2-7.(査読付).  

Kusaka, S., Nakano, T., Yumoto, T. & Nakatsukasa, M. 2011 Strontium isotope evidence of migration and diet in relation to ritual tooth ablation: a case study from Inariyama Jomon site, Japan. Journal of Archaeological Science 38 :166-174.(査読付).  

湯本貴和 2011年 輪廻転生と殺生—ブータンと日本の場合. ヒマラヤ学誌 12 :158-162.(査読付).  

湯本貴和 2010年 日本列島はなぜ生物多様性のホットスポットなのか. 生物科学 61 :117-125.(査読付).  

Tsujino, R., Fujita, N., Katayama, M., Kawase, D., Matsui, K., Seo, A., Shimamura, T., Takemon, Y., Tsujimura, N., Yumoto, T. & Ushimaru, A. 2010 Restoration of floating mat bog vegetation after eutrophication damages by improving water quality in a small pond. Limnology 11 :289-297.(査読付).  

Kawase, D., Hayashi, K., Takeuchi, Y. & Yumoto, T. 2010 Population genetic structure of Lilium japonicum and serpentine plant Lilium japonicum var. abeanum by using developed microsatellite DNA polymorphism marker. Plant Biosystems 144 :29-37.(査読付).  

Kusaka, S., Hyodo, F., Yumoto, T. & Nakatsukasa, M. 2010 Carbon and nitrogen analysis on the diet of Jomon populations from two coastal regions of Japan. Journal of Archaeological Science 37 :1968-1977.(査読付).  

Tsujino, R., Ishimaru, E., & Yumoto, T. 2010 Distribution patterns of five mammals in the Jomon period, middle Edo period, and the present, in the Japanese Archipelago. Mammal Study 35 :179-189.(査読付).  

Kawase, D., Yumoto, T. & Sato, K. 2010 Phylogeography of serpentine rare plants Arenaria katoana (Caryophyllaceae). Acta Phytotaxonomica et Geobotanica 60 :19-25.(査読付).  

湯本貴和 2010年 文理融合的アプローチによる半自然草原維持プロセスの解明. 日本草地学会誌 56 :220-224.(査読付).  

Kawase, D., Tsumura, Y., Tomaru, N., Seo, A. & Yumoto. T. 2010 Genetic structure of an endemic Japanese conifer, Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae), by using microsatellite markers. Journal of Heredity 101 :292-297.(査読付).  

Tsujino, R. & Yumoto, T. 2009 Topography-specific seed dispersal by Japanese macaques in a lowland forest on Yakushima Island, Japan. Journal of Animal Ecology 78 :119-125.(査読付).  

Hosaka, T., Yumoto, T., Kojima, H., Komai, F. & Md. Noor N. S. 2009 Community structure of pre-dispersal seed predatory insects on eleven Shorea (Dipterocarpaceae) species. Journal of Tropical Ecology 25 :625-636.(査読付).  

Kusaka, S., Ando, A., Nakano, T., Yumoto, T., Ishimaru, E., Yoneda, M., Hyodo, F. & Katayama, K. 2009 A strontium isotope analysis on the relationship between ritual tooth ablation and migration among the Jomon people in Japan. Journal of Archaeological Science 36 :2289-2297.(査読付).  

Kitamura, S., Suzuki, S., Yumoto, T., Wohandee, P. & Poonswad. P. 2009 Evidence of the consumption of fallen figs by Oriental Pied Hornbill Anthracoceros albirostris on the ground in Khao Yai National Park, Thailand. Ornithological Science 8 :75-79.(査読付).  

Kitamura, S., Yumoto, T., Poonswad, P., Suzuki ,S., & Wohande, P. 2008 Rare seed predating mammals determine seed fate of Canarium euphyllum, a large-seeded tree species in a moist evergreen forest, Thailand. Ecological Research 23 :169-177.(査読付).  

Yamagiwa, J., Basabose, A. K., Kaleme, K. & Yumoto, T. 2008 Phenology of fruits consumed by a sympatric population of gorillas and chimpanzees in Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of Congo. African Study Monographs (Supplementary Issue) 39 :3-22.(査読付).  

Kitamura, S., Yumoto, T., Noma, N., Chuailua, P., Maruhashi, T., Wohandee, P., & Poonswad, P. 2008 Aggregated seed dispersal by wreathed hornbills at a roost site in a moist evergreen forest of Thailand. Ecological Research 23 :943-952.(査読付).  

Imamura, A. & Yumoto, T. 2008 Dynamics of fruit-body production and mycorrhiza formation of ectomycorrhizal ammonia fungi in warm temperate forests in Japan. Mycoscinece 49 :42-55.(査読付).  

Kusaka, S., Ikarashi, T., Hyodo, F., Yumoto, T. & Katayama, K. 2008 Variability in stable isotope ratios in two Late-Final Jomon communities in the Tokai coastal region and its relationship with sex and ritual tooth ablation. Anthropological Science 116 :171-181.(査読付).  

寺川眞理、松井淳、濱田知宏、野間直彦、湯本貴和 2008年 ニホンザル不在の種子島におけるヤマモモの種子散布効果の減少. 保全生態学研究 13 :161-167.(査読付).  

Terakawa, M., Isagi, Y., Matsui, K. & Yumoto, T. 2008 Microsatellite analysis of the maternal origin of Myrica rubra seeds in the feces of Japanese macaques. Ecological Research 25 :663-670.(査読付).  

石丸恵利子、海野徹也、米田 穣、柴田康行、湯本貴和、陀安一郎 2008年 海産魚類の産地同定からみた水産資源の流通の展開-中四国地方を中心とした魚類遺存体の炭素・窒素同位体分析の視角から. 考古学と自然科学 57 :1-20.(査読付).  

Tsujino, R. & Yumoto, T. 2008 Seedling establishment of five evergreen tree species in relation to topography, sika deer (Cervus nippon yakushimae) and soil surface environments. Journal of Plant Research 121 :537-546.(査読付).  

Suzuki, S., Kitamura, S., Kon, M., Poonswad, P., Chuailua, P., Plongmai, K., Yumoto, T., Noma, N. Maruhashi, T. & Wohandee, P. 2007 Fruit visitation patterns of small mammals on the forest floor in a tropical seasonal forest in Thailand. Tropics 16 :17-29.(査読付).  

Kawase, D., Yumoto, T., Hayashi K., Sato K. 2007 Molecular phylogenetic analysis of the infraspecific taxa of Erigeron thunbergii A. Gray distributed in ultramafic rock sites. Plant Species Biology 22 :107-115.(査読付).  

Kitamura, S., Yumoto, T., Poonswad, P. & Wohande, P. 2007 Frugivory and seed dispersal by Asian elephants, Elephas maximus, in a moist evergreen forest of Thailand . Journal of Tropical Ecology 23 :373-375.(査読付).  

Sato, H., Yumoto, T. & Murakami, N. 2007 Cryptic species and host specificity in the ectomycorrhizal genus Strobilomyces (Strobilomycetaceae). American Journal of Botany 94 :1630-1641.(査読付).  

Tsujino, R. & Yumoto, T. 2007 Spatial distribution patterns of trees at different life stages in a warm temperate forest. Journal of Plant Research 120 :687-695.(査読付).  

辻野亮、松井淳、丑丸敦史、瀬尾明弘、川瀬大樹、内橋尚妙、鈴木健司、高橋淳子、湯本貴和、竹門康弘 2007年 深泥池湿原へのニホンジカの侵入と植生に対する採食圧. 保全生態学研究 12 :20-27.(査読付).  

【総説】

湯本貴和 2012年 カミ、人、自然-熊楠が求めた共生の杜. 季刊民族学 139 :40-44.  

湯本貴和 2011年 里山問題のなかの生物多様性. ビオフィリア 7(2) :6-11.  

湯本貴和 2011年 里山問題のなかの生物多様性. ビオフィリア 7(2) :6-11.  

湯本貴和 2011年 日本列島の温帯性針葉樹. ビオストーリー 15 :102-107.  

湯本貴和 2010年 里山保全の多面的展開と現代的意義. 農業と経済 76(10) :30-37.  

湯本貴和 2010年 地球環境における共生システムとは. 環境と健康 23 :296-306.  

その他の出版物

【解説】

湯本貴和 2011年 地球環境学と日高敏隆さん. 生物科学 62(2) :82-84.  

湯本貴和 2007年 雪のない雪国. まほら 51 :54-55.  

会合等での研究発表

【口頭発表】

湯本貴和 森林の効用と豊かさを考える. 人間文化研究機構第17回公開講演会・シンポジウム「遠い森林、近い森:関係性を問う」, 2011年10月07日, 京都市左京区.(本人発表).  

湯本貴和 熱帯雨林の不思議な生き物たち. 地球研オープンハウス, 2011年08月05日, 京都市北区.(本人発表).  

湯本貴和 日本列島の環境史から学ぶ:地球研分野横断型プロジェクトから. 生物多様性条約:利用と保全の調和を考える, 2011年02月26日, 東京都千代田区.(本人発表).  

Yumoto, T. Satoyama landscape and its implication for biodiversity conservation. The Third International Conference on Forest Related Traditional Knowledge and Culture in Asia, 2010,12,14-2010,12,15, Kanazawa.(本人発表).  

Yumoto, T. History of Satoyama Japan and its implication in the modern environmental issues. 5th EAFES Conference, 2010,09,14-2010,09,17, Sanju, Korea.(本人発表).  

Yumoto, T., Matsuda, H. Ecosystem management at community initiatives in Biosphere Reserves in Japan. 5th EAFES, 2010,09,14-2010,09,17, Sanju, Korea.(本人発表).  

湯本貴和 日本列島の「食」の多様性と持続的な資源利用. 人間文化研究機構第13回公開講演会・シンポジウム「食:生物多様性と文化多様性の接点」, 2010年07月16日, 東京都千代田区.(本人発表).  

湯本貴和 持続的利用と収奪的利用を分かつもの. 第9回地球研フォーラム, 2010年07月10日, 京都市左京区.(本人発表).  

湯本貴和・秋道智彌 里山・里地・里海の文化的価値とコモンズの歴史. 里山・里地・里海の価値とその管理:新しいコモンズ論の展開に向けて, 2010年07月09日, 東京都渋谷区.(本人発表).  

Yumoto, T. Satoyama concept: The case of bio-cultural landscape in the Japanese Archipelago. International Conference on Biological and Cultural Diversity for Development, 2010,06,08-2010,06,10, Montreal, Canada.(本人発表).  

Yumoto, T. Human-nature interaction and climate in the Japanese Archipelago. 2010 PAGES Regional Workshop in Japan, 2010,06,05-2010,06,06, 名古屋市.(本人発表).  

Yumoto, T. Ecosystem services provided by Satoyama and culture. URBIO : 2nd International Conference of Urban Biodiversity and Design, 2010,05,18-2010,05,22, Nagoya.(本人発表).  

Yumoto,T. Cultural service provided by Satoyama landscape and its role for the conservation of biodiversity. World Congress of Agroforestry, 2009,08,23-2009,08,28, UNEP本部 ナイロビ、ケニア.(本人発表).  

Yumoto, T. Satoyama as refugia of endangered plants and animals in Japan. International Congress of Ecology, 2009,08,16-2009,08,21, Brisbane Convention & Exhibition Centre, ブリスベン、オーストラリア.(本人発表).  

【招待講演・特別講演、パネリスト】

湯本貴和 照葉樹林の自然と人々の暮らしを現在に活かす. 九州環境教育ミーティングin 綾「照葉の森とつながる生命」, 2012年03月03日, 宮崎県綾町.  

湯本貴和 共生と相克の森・熱帯雨林. 日本アフリカ学会公開講演会「大森林のエコシステム:最先端の研究者の複合的まなざし」, 2011年05月20日, 青森県弘前市.  

湯本貴和 生物多様性はなぜ大切か:熱帯雨林から日々の食卓まで. 第19回岐阜フォーラム, 2010年11月06日, 岐阜市.  

Yumoto, T. . COP10 satellite meeting “A joint programme of work on biological and cultural diversity” , 2010,10,25, Nagoya.  

湯本貴和 生態系サービ スの変遷と里山の歴史. 環境社会学会研究例会「里山の再検討」, 2010年10月24日, 東京都渋谷区.  

湯本貴和 世界の課題:森林. COP10社会と学術の対話フォーラム「生物多様性を主流に」, 2010年09月04日-2010年09月05日, .  

湯本貴和 文理融合的アプローチによる半自然草地維持プロセスの解明. 日本草地学会三重大会, 2010年03月26日-2010年03月28日, 津市.  

湯本貴和 日本列島に人間と自然の関係史を探るー文理融合プロジェクトの試み. 東京農工大学野生動物管理システム構築プロジェクト研究会, 2009年10月23日, 東京都府中市.  

湯本貴和 これからの里山ー生物と文化の多様性を見つめて. 日本森林学会公開シンポジウム, 2009年03月26日, 京都大学.  

Yumoto,T Ecosystem service provided by Satoyama and its sustainable use. Ryukoku University International Symposium: Satoyama; nature as culture, 2008年12月13日, 龍谷大学.  

Yumoto, T. Loss of diversity is a global environmental crisis. In search of sustainable well-being 2008, 2008,09,12, 東京ステーションコンファレンス.  

学会活動(運営など)

【組織運営】

日本生態学会, 常任委員 (EAFES/INTECOL 担当). 2010年01月-2011年12月.  

種生物学会, 理事. 2007年01月-2009年12月.  

日本熱帯生態学会, 評議員. 2007年01月-2011年12月.  

野生動物保護学会, 理事 (英文学術誌担当). 2007年01月-2011年12月.  

日本生態学会, 保全生態学研究編集委員長. 2006年01月-2008年12月.  

社会活動・所外活動

【依頼講演】

岩手の自然と人々. 日本民家集落博物館連続講座「馬と人との共生」, 2010年11月27日, 大阪府豊中市.  

地域の豊かさを実感するには:自然のワイズユースとは何か. 世界遺産「屋久島」と都市型里山「相生山緑地」から学ぶもの, 2010年10月24日, 名古屋市.  

縄文の人間と自然の関わりから現代を考える. 世界古代文明フォーラム「古代から学ぶ生物多様性:自然開発の歴史と共生の世界観」, 2010年10月09日, 愛知県長久手町.  

食卓から熱帯林まで. だれもしらない ほんとうの生物多様性問題, 2010年07月24日, 京都市左京区.  

食卓から熱帯林までー生態系サービスで私たちは生きている. わかったつもりを問い直すー生物多様性って何?, 2010年06月06日, 大阪市.  

地域の豊かさとは. 環境フォーラムin 淡路島, 2010年05月15日, 兵庫県淡路市.  

地球環境における共生システムとは. いのちの科学フォーラム市民公開講座, 2010年02月06日, 京都市左京区.  

現代の照葉樹林を考える. 地域づくりワークンググループ委員会, 2010年01月14日, 宮崎県綾町.  

熱帯雨林ー生命の森とその危機. 神戸国際大学学術講演会, 2009年12月04日, 神戸市灘区.  

現代における照葉樹林の文化的社会的な意味. 照葉樹林研究フォーラム, 2009年11月22日, 宮崎市.  

生きものたちの宝庫「原っぱ」. 梅小路公園の未来を考える会, 2009年10月25日, 京都市左京区法然院.  

生物と文化の多様性はなぜ必要か. 地球研地域セミナー, 2009年02月13日, 名護市.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/156/20090213-14_chiikiseminar_5.pdf

自然との共生とは?. サイエンスカフェくましろ, 2009年01月17日, 南あわじ市.  

奄美の自然と人々との関わり. 日本民家集落博物館講座, 2008年11月29日, 豊中市.  

熱帯雨林を通して見る地球環境. 兵庫県立三原高校特別授業, 2008年11月28日, 南あわじ市.  

食と通して環境問題を考える. 兵庫県立三原高校特別授業, 2008年11月28日, 南あわじ市.  

食卓から地球環境が見える. 江東区エコリーダー養成講座, 2008年11月15日, 東京都江東区.  

熱帯林の自然ーその多様性の秘密. 地球環境大学2008講座, 2008年09月27日, 大阪市立自然史博物館.  

生物多様性とは何か. 滋賀県商工会議所, 2008年09月01日, 大津市.  

身近な「食」を通し生活環境を考える. 南あわじ市女性農業教室, 2008年08月27日, 南あわじ市.  

屋久島野外博物館の10年. 屋久島野外博物館構想10年周年シンポジウム, 2008年08月24日, 鹿児島県屋久島町.  

巨大哺乳類と人間:ゾウがいた自然とは?. 忠類ナウマン象記念館開館20周年記念講演会, 2008年08月10日, 北海道幕別町.  

生物多様性はなぜ重要か?. 科学技術展望懇談会, 2008年08月04日, 東京都千代田区.  

動物と人間の未来. カフェ山がめ, 2008年07月29日, 沖縄県東村.  

生物と文化の多様性はなぜ大切か. 沖縄大学・環境文化論講座, 2008年07月28日, 那覇市.  

森でみつけた共生と共存. 洛北SSH特別講義, 2008年07月16日, 洛北高校.  

地球環境問題としての「食」. 北区民環境セミナー, 2008年07月12日, 総合地球環境学研究所 .  

花や果実で動物を操って生きる植物. こころの広場, 2008年06月22日, 京都府庁.  

熱帯雨林の生きものたちと人間の未来. 京都精華大学・地球環境学講座, 2008年06月10日, 京都市中京区.  

ゆずるは山を歩いてみよう. サイエンスカフェくましろ, 2008年04月27日, 南あわじ市.  

日本列島における人間と自然のかかわり. 神戸大学大学院GPサイエンスカフェ, 2008年03月06日, 神戸市灘区.  

熱帯雨林の生きものたちが危ない. 京都市科博連サイエンス・フェスティバル, 2008年02月09日, 京都市南区.  

里山里地の生態系と人間活動の歴史. 里山里地の生物多様性:能登半島にトキが舞う日をめざして, 2008年01月26日, 石川県輪島市.  

野生動物とむかいあって生きるには. 生物多様性と野生動物被害対策を考えるシンポジウム, 2008年01月24日, 京都市上京区.  

熱帯雨林の生物多様性とその将来. 紫野高校スーパーコンパス事業, 2008年01月21日, 京都市北区.  

人にとって「食」とは?. 子育て「健康」研究会, 2007年12月08日, 滋賀県栗東市.  

秋山郷の植生と植物の利用法. 日本民家博物館連続講座, 2007年11月10日, 大阪府豊中市.  

熱帯雨林の生き物たちと人間の未来. 京都精華大学公開講座 地球環境学講座, 2007年11月06日, 京都市上京区.  

身近な自然を守るとはどういうことか. 東アジアにつながる能登半島:地球環境問題の視点から, 2007年10月28日, 石川県珠洲市.  

地球研は地球環境問題にどう取り組むべきか. 日本科学技術ジャーナリスト会議関西月例会, 2007年09月28日, 京都市北区.  

鎮守の森は原始の照葉樹林の生き残りか?. 第20回地球研市民セミナー, 2007年09月21日, 京都市左京区.  

北の縄文と森の文化ー人と自然との関わり パネリスト. 北の縄文フォーラム, 2007年09月16日, 岩手県一戸町.  

伊豆の、花と海。パネリスト. 地球研 伊東セミナー, 2007年09月15日, 静岡県伊東市.  http://archives-contents.chikyu.ac.jp/263/img03430.pdf

日本の自然と国土. 近畿農政局情報交換会, 2007年09月12日, 京都市上京区.  

熱帯雨林の多様性. モンキーカレッジ第3回, 2007年07月15日, 愛知県犬山市.  

日本人と森. 第10回鎮守の森フェスタ, 2007年06月10日, 京都市左京区.  

【メディア出演など】

現代のことば:震災復興. 京都新聞, 2012年02月29日 夕刊, 7面.  

現代のことば:聖地感覚. 京都新聞, 2012年01月15日 夕刊, 7面.  

現代のことば:生き物ブランド農産物. 京都新聞, 2011年10月22日 夕刊, 7面.  

森林とのかかわりを求めて1. 森の豊かさを考える. 産経新聞, 2011年09月27日 朝刊, 23面.  

現代のことば:里山の将来. 京都新聞, 2011年09月05日 夕刊, 7面.  

現代のことば:世界遺産に思う. 京都新聞, 2011年07月11日 夕刊, 7面.  

国際森林年:恵み生かす仕組みを. 読売新聞, 2011年01月01日 朝刊(京都版), 36面.  

オオカミ絶滅 まわるツケ. 朝日新聞, 2010年11月26日 朝刊, 36面.  

せかいSATO フェスタ. 朝日新聞, 2010年10月31日 朝刊, 17面.  

安住紳一郎の日曜天国 (「生物多様性とは?」について取材). TBS, 2010年10月17日.  

奇跡の地球物語「屋久島:古代よりいき続ける神秘」 (出演). テレビ朝日, 2010年06月13日.  

人めぐり、音めぐり (ゲスト). KBS京都ラジオ, 2007年07月03日.  

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

逆説の夏1. 暑苦しいを暑楽しく. 朝日新聞, 2011年08月15日 夕刊, 4面.  

Biodiversity: Charcoal and Butterflies. 2010年04月01日, The Japan Journal 6(12) :36-37.  

列島の環境史づくり. 京都新聞, 2010年01月12日 朝刊, 8面.  

COP10の課題:生態系価値確認の好機. 京都新聞, 2010年01月01日 朝刊, 29面.  

教育

【非常勤講師】

京都精華大学, 芸術学部, 生物学. 2006年04月-2011年03月.