本研究

プロジェクト区分FR
プロジェクト名グローバルサプライチェーンを通じた都市、企業、家庭の環境影響評価に関する研究
プロジェクト名(略称)サプライチェーンプロジェクト
プロジェクトリーダー金本 圭一朗
プログラム/研究軸実践プログラム2:多様な資源の公正な利用と管理
キーワードサプライチェーン, MRIO, 環境影響

 

○研究目的と内容

研究概要

 中国をはじめとする途上国の急激な成長は、地球環境問題の深刻化の主な要因となっています。これまでの研究により、先進国での消費がグローバルサプライチェーンを通じて、途上国での環境負荷物質排出を引き起こしていることが明らかになってきました。例えば、各国の消費がどの程度生物多様性に影響を与えているのかを明らかにした論文によって、貿易が約1/3の種を絶滅の危機に晒していることが明らかになりました。また、サプライチェーンと地理情報データを結びつけることに成功し、生物の生息域や二酸化炭素排出と各国との消費を結びつけてきました。しかしながら、グローバルサプライチェーンと環境負荷だけでなく、その環境負荷がどのような環境影響を引き起こしているのかについては十分に明らかになっていません。本研究では、都市、企業、家庭の行動がグローバルサプライチェーンをとおして、どのように環境影響を引き起こしているのかを明らかにします。

 

研究目的・背景・地球環境問題の解決にどう資する研究なのか?

 地球環境問題が非常に深刻化していることは、多くの人がニュースなどで知っています。例えば、中国やインドでPM2.5 汚染が進み、多くの人が亡くなったり、東南アジアやブラジルのアマゾンで生物が絶滅の危機に晒されていたりしていることをニュースで読んだことも多いと思います。しかしながら、それは中国やインド、東南アジアやブラジルだけの問題と言ってしまっていいのでしょうか。なぜ、そこで環境問題が起こっているのかを考えると、その問題の解決策と私たちがどのように関わらなければいけないのかが見えてきます。中国やインドでPM2.5 を排出している工場は、ある程度の製品を日本や欧米諸国に輸出するために作っています。また、絶滅の危機に晒されている生物は、森林伐採や乱獲、ダム建設などが原因とされており、そこで伐採された木材は私たちが普段住んでいる家などに、ダムで生み出された電力はアルミニウム精錬のために利用され、その一部は私たちの普段使っている製品に形を変えています。この研究では、世界各国で深刻化している地球環境問題と、都市や企業の調達や家庭での消費とを結びつけ、そこから導き出される解決策を探るために研究をおこなっています。

○本年度の課題と成果

これまでの研究で、世界13,000の各都市の消費によって、どの程度の二酸化炭素がサプライチェーンを通して排出されているのかを明らかにしてきました。世界の都市は、その都市の中だけで完結しているのではなく、都市の外で生産された製品やサービスを消費しており、その過程で排出された環境負荷を理解することは、都市の持続可能性を理解することに役立ちます。世界の各都市の次に、日本の家計消費のマイクロデータとサプライチェーンデータベースを統合することに成功しました。これにより、日本の各都市の二酸化炭素排出を推計することができ、各市区町村のレベルで、二酸化炭素排出がどの程度であるかを容易に知ることができます。

○共同研究者名(所属・役職・研究分担事項)

金本圭一朗 ( 総合地球環境学研究所 研究部・准教授 )

NGUYENHoang ( 総合地球環境学研究所 研究部・上級研究員 )

FRYJacob Redman ( 総合地球環境学研究所 研究部・上級研究員 )

TAHERZADEHOliver Ahrash ( 総合地球環境学研究所 研究部・上級研究員 )

FARABI-ASL Hadi ( 総合地球環境学研究所 研究部・研究員 )

李  帝明 ( 総合地球環境学研究所 研究部・研究員 )

山田 大貴 ( 総合地球環境学研究所 研究部・研究員 )

片渕 結矢 ( 総合地球環境学研究所 研究部・研究推進員 )

南齋 規介 ( 国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター国際資源循環研究室・室長 )

茶谷  聡 ( 国立環境研究所 地域環境研究センター・主任研究員 )

仲岡 雅裕 ( 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター・教授 )

松八重一代 ( 東北大学 大学院環境科学研究科・教授 )

大野  肇 ( 東北大学 大学院工学研究科化学工学専攻・助教 )

村上 進亮 ( 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻・准教授 )

杉原  創 ( 東京農工大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻・特任准教授 )

奥岡佳次郎 ( 岐阜大学 新学部設置準備室・准教授 )

加河 茂美 ( 九州大学 大学院環境学研究科・教授 )

藤井 秀道 ( 九州大学 経済学研究院国際経済経営部門・准教授 )

重富 陽介 ( 長崎大学 大学院経済学研究院国際経済経営部門・准教授 )

伊坪 徳宏 ( 東京都市大学 大学院水産・環境科学総合研究科・教授(研究科長:H29) )

近藤 康之 ( 早稲田大学 大学院環境情報学研究科・教授 )

朝山慎一郎 ( 早稲田大学 大学院経済学研究科・日本学術振興会特別研究員 )

山本 裕基 ( 長崎大学 大学院政治経済学術院・准教授 )

種田あずさ ( 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター・主任研究員 )

SUHSangwon ( University of California Santa Barbara 水産・環境科学総合研究科環境科学領域・教授 )

ODATomohiro ( NASA・研究員 )

HERTWICHEdgar ( Norwegian University of Science and Technology・教授 )

MORANDaniel ( Norwegian University of Science and Technology・上級研究員 )

LENZENManfred ( The University of Sydney・教授 )

VERONESFrancesca ( Norwegian University of Science and Technology・准教授 )

GESCHKEArne ( The University of Sydney・教授 )

○今後の課題

ある家庭や企業、都市がその中だけで成り立っているわけではなく、その外から多くの製品やサービスを調達したり、買ってくることによって成り立っています。そして、その過程で多くの環境負荷を排出したり、環境影響を引き起こしたりしています。しかしながら、その影響は十分に明らかになっていません、本研究成果がその影響を一部ではありますが見える化し、消費や調達が変化するようになればと考えています。

論文

【原著】

Keiichiro Kanemoto, Daniel Moran, Yosuke Shigetomi, Christian Reynolds, Yasushi Kondo. 2019,12 “Meat consumption does not explain differences in household food carbon footprints in Japan”. One Earth 1(4):464-471. DOI:10.1016/j.oneear.2019.12.004 (査読付).

Daniel Moran, Keiichiro Kanemoto, Magnus Jiborn, Richard Wood, Johannes Többen, Karen Seto. 2018,06 Carbon footprints of 13 000 cities. Environmental Research Letters 13(6). DOI:10.1088/1748-9326/aac72a (査読付).

【総説】

Keiichiro Kanemoto, Daniel Moran. 2019,09 “Carbon Footprint Accounting for the Rising Global South: Status and Opportunities”. One Earth 1(1):35-38. DOI:10.1016/j.oneear.2019.08.006

会合等での研究発表

【口頭発表】

⾦本圭⼀朗, ⼟中哲秀. “サプライチェーンネットワークのエッジ・クラスター分析”. 環太平洋産業連関分析学会, 2019年11月01日-2019年11月03日, 福岡県福岡市. (本人発表).

Tesshu Hanaka, Keiichiro Kanemoto, Shigemi Kagawa. “Structural Similarity Analysis based on the Network Characteristics of Sectors”. The 27th International Input-Output Conference, July 2019, Glasgow, Scotland. (本人発表).

Keiichiro Kanemoto, Tesshu Hanaka. “Edge Clustering for Supply Chain Networks”. The 27th International Input-Output Conference, July 2019, Glasgow, Scotland. (本人発表).

報道等による成果の紹介

【報道機関による取材】

Eating out, ice cream and booze may be worse for climate change than meat. MarketWatch, 2020年01月06日.  https://www.marketwatch.com/story/dining-out-dessert-and-booze-may-be-worse-for-climate-change-than-meat-2019-12-26

To Lower Your Carbon Footprint, Red Meat Isn’t The Only Food You Should Avoid. The University Network, 2020年01月.  https://www.tun.com/blog/to-lower-your-carbon-footprint-red-meat-isnt-the-only-food-you-should-avoid/

CO2排出が多いのはこんな家庭 全国6万世帯の調査で判明. 大学ジャーナルオンライン, 2019年12月30日.  https://univ-journal.jp/29744/

Japan study finds meat isn’t the only diet-linked climate foe. Sustainability Times, 2019年12月29日.  https://www.sustainability-times.com/green-consumerism/japan-study-finds-meat-isnt-the-only-diet-linked-climate-foe/

Study: Household Carbon Footprints In Japan Driven By Sweets And Alcohol, Not Meat. International Business Times, 2019年12月24日.  https://www.ibtimes.com/study-household-carbon-footprints-japan-driven-sweets-alcohol-not-meat-2890573

A weakness for booze and sweets, not meat, increases household carbon footprints. Quartz, 2019年12月24日.  https://qz.com/1774089/booze-and-sweets-not-meat-may-increase-your-carbon-footprint/

Ciò che inquina di più a tavola sono alcol e dolci . RTL 102.5, 2019年12月21日. (その他)  https://www.rtl.it/notizie/articoli/cio-che-inquina-di-piu-a-tavola-sono-alcol-e-dolci/

環境展望台・地球研など、食のカーボンフットプリント削減に向けた新しい消費スタイルを提示. 国立研究開発法人 国立環境研究所, 2019年12月20日.  http://tenbou.nies.go.jp/news/jnews/detail.php?i=28544

Hogares con alta huella de carbono, identificados por dulces y alcohol, pero no por alto consumo de carne. La Vanguardia, 2019年12月20日. (その他)  https://www.lavanguardia.com/vida/20191220/472371246155/hogares-con-alta-huella-de-carbono-identificados-por-dulces-y-alcohol-pero-no-por-alto-consumo-de-carne.html

Want To Limit Your Carbon Footprint? Study Says You May Want To Avoid This. mindbodygreen, 2019年12月20日.  https://www.mindbodygreen.com/articles/want-to-limit-your-carbon-footprint-its-not-all-about-meat-alcohol-and-sweets-contribute

Greenhouse gases caused by food and transport means obesity is accelerating climate change, new study finds. iNews, 2019年12月20日.  https://inews.co.uk/news/environment/obesity-accelerating-climate-change-food-transport-greenhouse-gases-new-study-1346541

Sweets and Dining Out, Not Meat, Linked to Bigger Carbon Footprint . Courthouse News, 2019年12月20日.  https://www.courthousenews.com/sweets-and-dining-out-not-meat-linked-to-bigger-carbon-footprint/

Families that eat out at restaurants and consume large amounts of sweets and alcohol are likely to have a higher carbon footprint than MEAT eaters, study claims. DailyMail, 2019年12月20日.  https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7814169/Dining-buying-lots-sweets-alcohol-gives-higher-carbon-footprints-MEAT-eating.html